ナンジャモンジャ・・・・・

今年も金神社の東門横にある「ナンジャモンジャの木」に花が満開に咲いています
d0054276_1836549.jpg

毎年この花が咲く頃には新聞社等が写真とコメントを載せるのですがまだ今の所各社の新聞には出ていないので広い範囲のメディアとしたら私のブログが最初の紹介になるのかも・・・・・(笑)

「ナンジャモンジャ」は別名で本当の名前は「ヒトツバタゴ」と言います

モクセイ科の落葉高木でヒトツバタゴ属になります

d0054276_18374919.jpg
日本では愛知県、岐阜県、対馬に自生しているだけと言う珍しい樹木で場所によっては天然記念物になっています・・・・・

昔、この木の名前が判らずに「なんじゃもんじゃ・・・・」と皆が呼んでいたから別名の「ナンジャモンジャの木」になったそうです

大きくなると25メートル~30メートルになるらしいのですが金神社のものはそれ程大きくはありませんが市街地に立っているヒトツバタゴとしては大きいと思われます

d0054276_18382536.jpg
枝ぶりも見事なこの木は通る人が立ち止まって見るほど立派なのでプロのカメラマンやアマチュアカメラマンがいつも写しに来ています・・・・・
by shizenkaze | 2009-04-26 18:39 | 身近な自然の話 | Comments(3)
Commented by shizensessya at 2009-04-26 21:49
こんばんは はじめまして
ご来場いただいたので、こちらもお伺いしました。
似たようなネームで嬉しく思います。
私は横浜に住んでおりますが、そちらは岐阜でしょうか?
数年前に妻籠や馬籠に行ったことはあります。
峠越えは楽しかったです。
今後ともよろしくお願いします。
勝手にリンクさせていただきました。
Commented by shizenkaze at 2009-04-26 21:55
shizensessyaさん
来て頂いて嬉しく思います
写真の事はだまだなのでこれから色々と教えて頂きたいと思っています
宜しくお願いします
Commented by caps2_kana604 at 2009-04-29 09:12
この木‥何年か前に名古屋の大須の交差点で見た気がします。
最近行ったら無くなっていたけど‥雪が積もっているのかと思ったくらいでした。

なんじゃもんじゃ‥ここまでユニークな名前もそうはありませんよね?!
名前
URL
削除用パスワード


<< 片喰の謎? あまり知られていない白藤の木 >>