イングリッシュ・ローズ・ガーデンG

岐阜県安八郡の神戸町(ごうどちょう)にある『イングリッシュ・ローズ・ガーデンG』は750種類約2500株のバラが見られ、多くの人がバラに誘われて訪れています
d0054276_2075746.jpg


ここは全天候型のバラ園なので今日のような雨の日にでも綺麗に咲いているバラの花を堪能する事が出来ます・・・・・
d0054276_2083681.jpg


d0054276_2091633.jpg
バラで作られた花のトンネルを初め、アブラハム・ダービーが満開で、他にアンジェラ、アンブリッジ・ローズ、ゼフィリーヌ・ドゥルーアンやモーリス・ユトリロ、ドルトムントのバラの花が多種多色の華やかさで競い合って咲いています・・・・・

また、皇室シリーズとして、プリンセス・ミチコ、プリンセス・サヤカとハイネス雅、ハイネス愛が見られます

d0054276_2095979.jpg
岐阜県の神戸町と大野町はバラの生産が国内最大と言われていてローズガーデン近くにもビニールハウスや温室で多くのバラが栽培されています

ローズガーデンには500円の入場料が必要ですが、この半券を見せると近くにある『花夢館』で花や植木、園芸材料が割引になるのでお得です~

月曜日が定休日ですが休日の場合はやっています

d0054276_20103762.jpg
午前10時から午後5時までのんびりとバラを鑑賞する事が出来ます・・・・・










d0054276_20123746.jpg
by shizenkaze | 2009-05-06 20:14 | 身近な自然の話 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 堤防、4日見ぬ間に・・・・・ トチの花が咲いています >>