ひるがの高原とミズバショウ

岐阜県郡上市にある『ひるがの高原』は一年を通じて観光客が訪れ、冬にはスキー客も多く訪れる所です

東海北陸道が開通してからは『ひるがの』を通過する人と寄って楽しむ人達に大きく分かれているようです・・・・

d0054276_2022612.jpg

『ひるがの高原』の春はミズバショウから始まります・・・・・

d0054276_203790.jpg
ミズバショウは尾瀬や鬼無里が有名ですが『ひるがの』がミズバショウの自然生育地の南限と言われています~~

ミズバショウの白い花のような部分は(仏炎ほう)と呼び、本当の花は中央の緑色をした棒のような所です



d0054276_2063211.jpg
普通ミズバショウを楽しんで見ている時には目立たない葉ですが花が終わる頃には1メートル近く伸びて芭蕉の葉のように見えるのでミズバショウと名前が付けられたようです・・・・・

ミズバショウはサトイモ科の植物で有毒植物扱いになっています

『ひるがの高原』での他の見所は『湿原植物園』と『分水嶺公園』があります

d0054276_207830.jpg
湿原植物園に入るのには料金が必要ですが、のんびり歩いて見るのには適当だと思います

分水嶺は高原入り口の近くにありすぐに分かります

なかなか分水嶺を見る機会が無いのですがここでは太平洋に流れる長良川と日本海に流れる庄川の分水が車を降りてすぐの所で見る事が出来ます・・・・・

他に牧歌の里や先には世界遺産の合掌村もありますが今回は『ひるがの高原』とミズバショウだけ紹介しました・・・・・

東海北陸道を通るよりも時間があれば国道156号を通った方が色々な自然と出遭えるので楽しいと思います
それに国道156号の脇には立ち寄り温泉が7箇所程ありますから温泉も楽しむ事が出来ます~~
by shizenkaze | 2009-05-16 20:09 | 身近な自然の話 | Comments(4)
Commented by midorizaka at 2009-05-16 20:44
分かりやすい説明と写真で、ひるがの高原に行ってきたような気分になりました~。あーさわやか。
Commented by shizenkaze at 2009-05-16 20:52
緑坂さん
私の説明で少しでも爽やか気分になって戴けて嬉しく追いました^^
これからも色々な場所で一つでも多くの自然たちと出会えたらと思っています~
Commented by sa-sa-ra at 2009-05-19 16:12
まぁ~ 湿原植物園! こんな感じなんですね~♪♪
私が見た光景と全く違い まさしく湿原ですね~!  
行くのが遅すぎたんですね・・・  でも こちらで拝見できて良かったです ^^ 
Commented by shizenkaze at 2009-05-19 20:08
sasaraさん、是非またひるがのへ出掛けて楽しんで下さいね~^^
岐阜を中心とした自然の良い場所も少しずつですが紹介したいと思っています・・・・・
名前
URL
削除用パスワード


<< ミモチスギナ オオキンケイギク >>