長良川植物図譜9

『シモツケ』 バラ科
d0054276_20155167.jpg

川原から少し手前の所に咲いていました
木はまだ小さかったのですが綺麗な花を咲かせていました・・・・・
これは木ですが同じような花の咲くシモツケソウ(バラ科)と言う植物もあります・・・・・



『コニシキソウ』 トウダイグサ科
d0054276_20161412.jpg

前に紹介したニシキソウより小型の植物で、葉に黒い模様が出るのですぐに判ります
ニシキソウより小さな花を咲かせていました・・・・・



『オミナエシ』 オミナエシ科
d0054276_20163037.jpg

秋の七草のひとつです・・・・・
漢字では女郎花と書きますが何となく可哀想な名前ですね~?



『オトコエシ』 オミナエシ科
d0054276_20164470.jpg

オミナエシに対して多毛で男っぽいのでこんな名前が付けられました・・・・・
花の色はオミナエシが黄色でオトコエシは白い花を咲かせます・・・・・



『ムシトリナデシコ』 ナデシコ科
d0054276_20165976.jpg

名前に虫取りと付いていますが食虫植物ではなく、花の下に粘る物質があるためにこに虫が付くからムシトリナデシコと言います・・・・・
ナデシコ類にはハコベからカーネーションの様な花まで種類が多く、園芸種が逃げ出しているものもあるので調べるには大変な種類の科です~~



今日も暑い一日でした
梅雨を忘れてしまうような青空も少し見られました・・・・・♪
by shizenkaze | 2009-07-15 20:18 | 身近な自然の話 | Comments(20)
Commented by odamaki719 at 2009-07-15 21:29
こんばんは~シモツケがとても可愛いですね。
オトコエシは珍しいです。近辺では見かけないです。
ムシトリナデシコのピンクも可愛いですね。
Commented by midorizaka at 2009-07-15 21:39
ほんと、シモツケがド迫力で面白いです^^
コニシキソウも細部の細かい毛まで見えて、
なんだか、自分も小さな虫になって
見ているような気がしてきました^^;
Commented by mmina_831 at 2009-07-15 21:42
今晩は
女郎花、、、梅雨が開けましたね、でも後ひと月で立秋ですから、
早いですね〜
Commented by shizenkaze at 2009-07-15 21:54
odamakiさん シモツケはいつも見ている花なのに大きく写してみると、それぞれが綺麗で可愛い花の形をしている事が良く分かりました^^
岐阜はまだ梅雨明けしていませんが、こう言ったピンクの花を見ていると少しは暑さを忘れそうになれますね~^^
Commented by shizenkaze at 2009-07-15 21:56
緑坂さん 小さな花に近寄って写していると自分が虫になったように感じるって前にも書きましたが本当に性格が虫のようになって・・・・・
花を見るとじっとしていられなくなっています~^^
Commented by shizenkaze at 2009-07-15 21:59
mminaさん 関東甲信越は梅雨が明けましたが東海地方はまだなんですよ・・・・・
こう言う現象は時々あるらしいですが何となく飛び越されてしまって変な感じです~
早く秋になって今度は秋の植物と出逢いたいですね~(気が早過ぎですね^^)
Commented by kakko at 2009-07-15 22:00 x
こちらは昨日梅雨明けしました。夏本番で~す!
私もオミナエシ載せたんですよ~偶然ですね^^
オトコエシは探したけど咲いてなかったわ~
shizenkazeさんところで見れたので良かったです。
ムシトリナデシコも可愛いお花ですね^^
Commented by shizenkaze at 2009-07-15 22:33
kakkoさん 梅雨明けおめでとー(^^)/
こちらはまだなんですよ~~
前にも東海地方だけ取り残された梅雨明けと言うものがありました・・・・
何となく損している気分(?)です~
オミナエシ偶然ですね~
オトコエシもあるから、いつか新種で「ニューハーフエシ」も出てくるかも知れないですね~^^
ムシトリナデシコは春から今も咲き続けています・・・・・
川原に咲く花達は図太く生きていますね^^
Commented by 真凛 at 2009-07-15 23:03 x
シモツケの淡いピンクが素適に撮れていますね^^
私は写真はアート性も大切だけど記録性も大切だと思っています
だから自然風さんの写す花の写真は図鑑より花の特徴が解かるって思えますよ~~^^
暑くなったから身体に気をつけて下さいね~~
Commented by shizenkaze at 2009-07-15 23:17
真凛さん シモツケを長く見ていたのは今回が一番だったと思います^^
私の写真はアート性なんて無いですよ・・・・・
アートより「あっと驚く」方が面白いじゃないですか?
記録としては無くなるかも知れない自然のものを残したいと言う気持ちがあるので記録写真は必要だと思っています
図鑑より解かりやすいなんて大袈裟過ぎますよ~^^
とにかく楽しみながら自分のしたい事をしてるだけです・・・・・
これからもね~♪
真凛さんもお仕事や野生動物の撮影で無理しないようにして下さいね^^
Commented at 2009-07-15 23:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by noe-flour at 2009-07-16 07:09
シモツケの花、アップで見るとこ~んな感じなのですね~♪
とっても可愛いいお花でちょっとビックリで~~す♪

オミナエシの花もよく見かけるんですが、今までは名前とお花が一致しなかったんですよ~~(~_~;)
これからはここに来てお花の名前を調べま~~す♪
Commented by あやにゃん at 2009-07-16 15:25 x
自然風さん こんばんはー
こちらは梅雨が明けて毎日猛暑で参ってます・・・
シモツケのピンクに癒されました。
オミナエシ よく見かけていましたが、ここで名前を知りました。
ありがとう!しかし、本当、漢字で書くと可哀想ですね。
Commented by shizenkaze at 2009-07-16 18:33
鍵コメさん いらっしゃいませ~
私が鍵コメさんのブログにお邪魔したのは一つの事に対してプロフェッショナルだと感じたからです
どんな事でも人より知識がある人は尊敬に値すると思っています^^
またお邪魔しますので宜しくお願いします・・・・・
Commented by shizenkaze at 2009-07-16 18:35
noeさん シモツケをアップで見る事ってあまり無いですね~^^
どんな花でもそれぞれ特徴があって良いものですね・・・・・
オミナエシは秋の七草ですね~
私も色々知りたい事が多くて勉強中です^^
Commented by shizenkaze at 2009-07-16 18:38
あやにゃんさん こちらの梅雨明けはまだなんです・・・・・
もうすぐ明けるとは思うのですが~
オミナエシも見掛けるのに名前と一致しない人は沢山います
秋の七草も全部言える人は少ないみたいです~
春の七草を知っている人は多いのに・・・・・^^
Commented by ushinosanpo at 2009-07-16 20:02
こんばんわ、先日は拙ブログにコメントをありがとう
ございました。

さて、以前の記事を拝見・・ と、かなり以前から
ブログをやっていらしたのですねえ・・
相当なベテランさんですね。

記事のところどころから、岐阜の自然をこよなく愛する
気持ちが伝わってきます、以前は大阪にお住まいと
聞いておりますが、都会から移ってきたからこそ、
なお、自然の大切さがよくわかるのでしょうね。

拙ブログでもたまに話題にしますが、カメラマンや
観光客のマナーの悪さが目立ちます、たとえば
こちらの場所のように自然の花が沢山咲いている
ところに訪れたとすると、皆、まるで玩具を見た
子供のように「うわ~!」「キャー!」とか言って
カシャカシャ写真を撮る・・

決して誉められた行為ではないですよね、まずその
場所の自然、あるいは土地の雰囲気、文化、歴史
そういう事をちゃんと理解してから、じゃあ、そこで
何を感じたのか、(写真から)何を伝えたいのか、
そのプロセスに進む事が望ましいのだろうと思います。
Commented by ushinosanpo at 2009-07-16 20:06
つづきです、

自然風さんは、こちらのブログを通して、単に草花を
紹介するのみならず、自然の大切さを強く訴えて
いきたいのだろうと、私は感じました。

だとすると、たとえば草花の写真を撮る際にも、
そうした周囲の状景、季節の雰囲気、自然との対比、
あるいは人間と自然の共存、そういったところを
テーマに写真を撮ったら、もっと、言いたい事が良く
伝わるのではなかろうか? と思います。

図鑑の記録写真からは、残念ながらメッセージが
伝わってきません、花が綺麗に撮れているだけ
でも同様だと思います。
ブログであれば、文章で補完する事は勿論ですが、
映像で表現できれば、さらに表現が強まるのでは
ないでしょうか?
Commented by ushinosanpo at 2009-07-16 20:10
さらにつづきです、長くなってすみません。
具体的には、今回の記事のラストで

>梅雨を忘れてしまうような青空も少し見られました

と、ありますが、それが季節感とか、個人の感覚とか
そういうものに繋がっていくテーマになりうると思います

地表スレスレから、梅雨の切れ目の青空を見上げ、
すくすくと育っていく草花、そんな写真があれば、
まさに「生命感」を表現でき、同時に、「尊い命」
という表現も伝える事ができると思います。
そういう写真を見て感動したり、何かを思った人ならば
もうマナー知らずや自然破壊の行為はしなくなる
でしょう、ブログで多数の人に何かのメッセージを
伝えていく、それができれば、写真の楽しみも
また自然の中で生きていく事も、数倍楽しめる
ようになるのではないでしょうか・・
Commented by shizenkaze at 2009-07-16 20:37
私が『自然風だより』と言うブログを始める前にはホームページ、それ以前は同じタイトルのミニコミ誌を自費発行して毎月皆さんに見て頂いていました・・・・・
ミニコミ誌ではどうしても時間の差が出てしまい、花が散っていたり遡上する魚が見られなくなっていたりしましたのでブログと言う形式で続ける事にしました
私は岐阜で生まれ、岐阜で育ちましたが大学時代に大阪にいました
学生時代から自然に係わる活動をして過ごしていましたので会社員になっても話があれば子供達に自然の事を伝えたり、企業の社報等に連載で自然の話なども書かせて頂いたりしていましたが、私は大袈裟な自然保護と言う名前だけのものは嫌いなので自分が出来る範囲の事をこれからも続けたいと思っています
ushinosanpoさんが書かれた事も参考にすべき事が多く、これからのブログなどにも役に立つと感じています
今後もアドバイス、コメントをお願いしたいと思います
どうぞ宜しくお願い致します・・・・・
名前
URL
削除用パスワード


<< コノテガシワ 長良川植物図譜8 >>