2017年 02月 16日 ( 1 )

『節分草(セツブンソウ)と鶫(ツグミ)達・・・・・』

毎年出掛けている滋賀県の伊吹山麓のセツブンソウ群生地にはまだ行けませんが各務原市の河川環境楽園・木曽川水園でセツブンソウを見ました・・・・・
日曜日に出掛けたので今週末だともう少し多く見られると思います~

最近ツグミをよく見掛けますがブロ友さんの所で見るツグミは真ん丸姿ですが今まで見たツグミは普通の姿でした・・・・・・
この日に出逢ったツグミは真ん丸でフワフワの姿でした・・・・・
やっぱり冬季節の鳥はふっくらしている方が可愛いですね~♪


1.『節分草(セツブンソウ)』  キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草
学名はShibateranthis pinnatifidaと言います~
d0054276_20124246.jpg

日本の固有種で本州の関東地方から中国地方にかけて分布しています
自然のものは雑木林などの半日陰地で見られます~(*´∀`*)
この花も春の妖精(スプリング・エフェメラル)のひとつですね~~

茎先に1輪の花をつけますが5弁の白い花弁のように見えるのは萼です~♪
本当の花弁は退化して花の中心にある黄色い蜜槽と呼ばれるものになっています
花の下には掌状に切れ込んだ総苞がありますがこれはキンポウゲ科の植物には多い特徴ですね~♪



2.
d0054276_20125556.jpg

3.
d0054276_2013644.jpg

開き始めのセツブンソウは特に可愛く感じました~(o ̄∇ ̄o)♪



4.
d0054276_20131788.jpg

5.
d0054276_20132869.jpg

6.
d0054276_20133853.jpg

7.
d0054276_20135010.jpg

8.
d0054276_2014069.jpg

蕾もありました~♪



9.『フキノトウ』
d0054276_2014114.jpg

フキの葉がたくさんある所を注意して探しましたらフキノトウが出ていました
これくらいのフキノトウでも開いているので山菜としての利用には遅いですね~
もちろんここのフキノトウは採取禁止です~♪



10.
d0054276_2014221.jpg

木曽川水園の水位も元のようになりました~♪



11.『鴨達~』
d0054276_20143656.jpg

カルガモもコガモも岸に上がって昼寝の真っ最中のようです~



12.
d0054276_20144781.jpg

13.
d0054276_201509.jpg

14.
d0054276_20151267.jpg

15.
d0054276_20152412.jpg

16.
d0054276_20153745.jpg




17.『鶫(ツグミ)』  ツグミ科ツグミ属
学名はTurdus eunomusと言います~
d0054276_20154986.jpg

いつもは胸を張って歩いていますがこの日は真ん丸姿で見られました~
寒さを凌ぐためにフワフワの羽毛になっているようで可愛く思えました・・・・・



18.
d0054276_2016244.jpg

19.
d0054276_20161344.jpg

20.
d0054276_20162985.jpg

21.
d0054276_20164264.jpg




22.『手作り雛人形が増えていました~』
d0054276_20165666.jpg

自然発見館の所に飾ってある自然素材で手作りの雛人形がひとつ増えていました~
顔はマツボックリで鼻は何かの実で目はフウセンカズラの種子でした・・・・・・
耳は椿の実の外殻で顔が牛みたいに見えますね~(o ̄∇ ̄o)♪

自然発見館には自然クラフトのスタッフがいるのでその人が造っているのでしょうね~

今週も4日間仕事をして来ました・・・・・
明日は休みですが天気が悪くなりそうです~(´;ω;`)
晴れたら近場を散策しようと思っています・・・・・





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-02-16 20:37 | 身近な自然の話 | Comments(20)