2017年 03月 06日 ( 1 )

『早春の木曽川水園で・・・・・』

国営木曽三川公園の河川環境楽園(木曽川水園)も少しずつ春めいた風景が見られるようになりました
水辺に沢山の菜の花が見られ周囲のマンサクやシナマンサクも黄色い花を咲かせていました~
そして岸のキヌヤナギにも沢山の花穂蕾が銀白色に輝いていました・・・・・

ピンク色の馬酔木(曙馬酔木)も花が咲き風に揺れていました~


1.『西洋油菜(セイヨウアブラナ)』  アブラナ科アブラナ属 の二年生草
学名はBrassica napusと言います~
d0054276_20124190.jpg

普通は菜の花と言いますが菜の花と呼ばれるものには西洋芥子菜(セイヨウカラシナ)もあるので区別をするためにセイヨウアブラナと呼ぶ事が多いです~
木曽川水園のセイヨウアブラナは少し前までは養生シートが掛けられていましたが花が咲く少し前に取られて今は春の風景として綺麗に見られます~



2.
d0054276_20125970.jpg

3.
d0054276_20131070.jpg

4.
d0054276_20132157.jpg

5.
d0054276_20133214.jpg

6.
d0054276_20134413.jpg

7.
d0054276_20135540.jpg

8.
d0054276_2014698.jpg

9.
d0054276_20141874.jpg

10.
d0054276_20143117.jpg




11.『絹柳(キヌヤナギ)』  ヤナギ科ヤナギ属の落葉小高木
学名はSalix kinuyanagi Kimuraと言います~
d0054276_20144461.jpg

絹毛の密生した銀白色の花穂や葉裏などから絹柳(キヌヤナギ)とつけられました・・・・・
関東地方以西の本州と四国や九州などで栽植され野生化していることもあるようです~

見られるものの殆どが雄木のようです・・・・・
朝鮮などから渡来したものと推察されている樹木です~



12.
d0054276_20145736.jpg

13.
d0054276_2015773.jpg

14.
d0054276_20152120.jpg

15.
d0054276_20153297.jpg

16.
d0054276_20154171.jpg

17.
d0054276_20155365.jpg

18.
d0054276_2016233.jpg




19.『満作(マンサク)』 マンサク科マンサク属の落葉小高木
学名はHamamelis japonicaと言います~
d0054276_20161339.jpg

日本原産種で早春に他の花に先駆けまず咲くから『まんず咲く』から付けられたともいわれますが花が沢山ついて豊年満作のように見えるからマンサクと付けられたとも言われています~

花は2~3月になると葉に先立って開きます~
花弁は4つあって細い線形で長さ12~15mmで通常は黄色です・・・・・
萼片は外に反り返っていて内面は平滑で赤紫色を帯びています
雄シベ雌シベも同じ色をしています~♪
早春の花は開花期間が長いものが多いですが花粉を媒介する虫が少ないからだと言われています・・・



20.
d0054276_20162762.jpg

21.
d0054276_20163851.jpg




22.『曙馬酔木(アケボノアセビ)』 ツツジ科アセビ属の常緑低木
学名はPieris japonica f. roseaと言います~
d0054276_20165078.jpg

別名をベニバナアセビ(紅花馬酔木)と言う場合もありますが普通は『アケボノアセビ』と言うことが多いようです~
見られる場所によって色の濃淡がありますがここで見たものは色が可愛いピンクでした~(*´∀`*)



23.
d0054276_201712.jpg

24.
d0054276_20171260.jpg

25.
d0054276_2017243.jpg

26.
d0054276_20173684.jpg

アセビ類のベル型の花は寒い時期に咲くために霜や雪の侵入を防ぐために下向きに咲いて入り口が小さくなっています~
これだと虫による受粉は難しそうに見えますが雄シベに細長い突起があるのでこれに昆虫の口が触れると花粉を落として受粉をさせる絶妙な構造になっているようです~

普通の白いアセビは古い時代には『あしび』と呼ばれて万葉集にも多々登場しています~
この頃より庭木としてして多く栽培されていますので園芸種だと思われる事もありますが本州各地の山地などに多く自生している植物です~
このアケボノアセビのようなものは色が綺麗で品種改良をされているので『園芸種』になります



27.
d0054276_20174649.jpg




28.『支那満作(シナマンサク)』 マンサク科マンサク属の落葉小高木
学名はHamamelis mollisと言います~
d0054276_2036184.jpg

中国原産で樹高は2~7mで葉は互生して倒卵形をしていて波状の鋸歯があって表面と葉柄には軟毛があります~
日本固有のマンサクよりも葉が大きくて早い時期に咲きます・・・・・



29.
d0054276_20181149.jpg

30.
d0054276_20182325.jpg

31.
d0054276_20183445.jpg

32.
d0054276_20184745.jpg

33.
d0054276_20193100.jpg




34.『木曽川水園下流部の風景~』
d0054276_20191692.jpg

いつも写している風景ですが今は水辺に菜の花が咲き少し春っぽくなりました~(*´∀`*)



35.
d0054276_20192998.jpg

36.
d0054276_20194388.jpg

37.
d0054276_20195548.jpg

38.
d0054276_2020876.jpg


明日から気温が低くなるようです
今週末までは平年より寒い日々が続くようです・・・・・
暖かくなって風が吹けば花粉症の人達は大変になります
今年は杉花粉の飛散量が多いようですね・・・・・





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-03-06 20:49 | 身近な自然の話 | Comments(16)