2017年 07月 14日 ( 1 )

『伊吹麝香草(イブキジャコウソウ)の花や支那油桐(シナアブラギリ)の実など・・・・・』

今日は愛知県の犬山市や小牧市と江南市そして岐阜県では関市から美濃加茂市や坂祝町で激しい雨が短時間で降り河川の氾濫や崖崩れもありました・・・・・
私が出掛ける範囲でも色々な被害が出ているようですが岐阜市近郊では今回の集中豪雨による被害はありませんでした・・・・・
ブログを見て頂いている皆様がテレビなどの報道を見て心配されていると思いましたのでまずこちらの状況をお伝えしました・・・・・

今日も薬草園で出逢った花達と木々に見られた実を載せることにしました~



1.『伊吹麝香草(イブキジャコウソウ) 花』 シソ科イブキジャコウソウ属の小低木
学名はThymus quinquecostatus
d0054276_20331427.jpg

花期は6~8月で枝の先端に短い花穂をつけます・・・・・
花冠は紅紫色の唇形で上唇は僅かに2裂して直立し下唇は3裂して開出します~
萼は筒状鐘形の唇形となります
雄蕊は4本で果実は分果となって少し扁平になります~
和名は伊吹山に多く見られて芳香があることから付けられました・・・・・・



2.
d0054276_20332851.jpg

3.
d0054276_20334234.jpg

4.
d0054276_20335596.jpg




5.『粟(アワ) 花』 イネ科エノコログサ属の多年草
学名はSetaria italica
d0054276_203472.jpg

東アジア原産で高さは1~2mでエノコログサを原種とすると言われます・・・・・
エノコログサとの交雑もよく現れるようですが河川敷などでこんな植物が急に見られたら驚くでしょうね~(o ̄∇ ̄o)♪



6.
d0054276_20341996.jpg

7.
d0054276_20343139.jpg




8.『男郎花(オトコエシ) 花』 オミナエシ科オミナエシ属の多年草
学名は Patrinia villosa
d0054276_20344344.jpg

オミナエシに姿形は似ていますが花の色は白くて姿は遙かに逞しく感じられます~
オミナエシと比べると見る機会は少ないようです・・・・・



9.
d0054276_20345471.jpg

10.
d0054276_2035820.jpg




11.『女郎花(オミナエシ) 花』 オミナエシ科オミナエシ属の多年草
学名は Patrinia scabiosifolia
d0054276_2035207.jpg

秋の七草の一つです・・・・・
万葉集や源氏物語にも登場する日本人には古くから馴染みの深い植物で日本~東アジアにかけて分布しています~
根を乾燥させて煎じたものを『敗醤(はいしょう)』と言って生薬や漢方として利用します~



12.
d0054276_20353286.jpg

13.
d0054276_2035456.jpg




14.『島十練子(シマトネリコ) 花』 モクセイ科トネリコ属の常緑高木
学名はFraxinus griffithii
d0054276_2036083.jpg

別名をタイワンシオジと言います~
6月から7月頃に小さな白い花を咲かせ花後は長い鞘のような白い実が成り遠くから見ると花が咲いているように見えます・・・・・・
何となくナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)っぽい感じですね~(*´∀`*)



15.
d0054276_20361383.jpg

16.
d0054276_20362621.jpg

17.
d0054276_20363981.jpg




18.『信濃柿(シナノガキ) 実』 カキノキ科カキノキ属の落葉高木
学名はDiospyros japonica Sieb. & Zucc.
d0054276_20365262.jpg

別名を『琉球豆柿(リュウキュウマメガキ)』と言います~
本州の関東地方から沖縄にかけて分布しています・・・・・



19.
d0054276_2037669.jpg

20.
d0054276_20371887.jpg




21.『栃の木(トチノキ) 実』 ムクロジ科トチノキ属の落葉広葉樹
学名はAesculus turbinata
d0054276_20373012.jpg

トチノキに実が生っていました~
岐阜県の飛騨地方では栃餅や栃の実せんべい等に加工されて土産物になっています~



22.
d0054276_20374180.jpg

23.
d0054276_20375254.jpg




24.『支那油桐(シナアブラギリ) 実』 トウダイグサ科アブラギリ属の落葉高木
学名はAleurites fordii Hemsl.
d0054276_2038340.jpg

種子から採れる桐油は不飽和脂肪酸を多く含む乾性油であるため塗料や印刷インキそして油紙の材料として盛んに使われていますがエレオステアリン酸など毒性を持つ不飽和脂肪酸を含むため食用にはできません・・・・・



25.
d0054276_20381775.jpg

26.
d0054276_20383078.jpg




27.『蝦夷譲葉(エゾユズリハ) 実』 ユズリハ科ユズリハ属の常緑低木
学名はDaphniphyllum macropodum subsp. humile
d0054276_20384148.jpg

雌雄異株で太平洋側の温暖な地方に分布するユズリハが本州の日本海側の多雪地帯に適応した亜種になっています・・・・・・
まだ色が付いていませが暫くするとブルーベリーのような色になります(食べられないです)



28.
d0054276_20385222.jpg

29.
d0054276_2039457.jpg




30.『萵苣木(エゴノキ) 虫コブ・実』 エゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木
学名はStyrax japonica
d0054276_20391657.jpg

猫の足のように見えますね~
エゴノキに果実と間違うような虫こぶが出来ますがこれは『エゴノネコアシ』という名前が付いています・・・・・
エゴノネコアシアブラムシが作るもので側芽から発達したもののようです~
6月から7月に先端が開いて羽があるアブラムシが飛び出しますがその後にアブラムシはアシボソ(イネ科の植物)に移行するようです~
アブラムシは植物に集まる虫なのでゴキブリではないですよ・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



31.
d0054276_20392725.jpg

32.
d0054276_20393952.jpg

33.
d0054276_20395122.jpg

エゴノキの実もたくさん生っていました~(o ̄∇ ̄o)♪

今日は昼前に岐阜市の粗大ゴミ処理場まで不用品を運んでから建物解体業の人と契約書を交わしました・・・・・
昼からは本の整理を少ししてリサイクルセンターへ着なくなった服やダンボールと一緒に運びました
一度にいろいろすると大変なので今日はこれだけでした・・・・・

岐阜市内にあるメディアコスモスで昨日から『信長展』のようなものをしています
いろいろな資料や3Dの映像などイベントも多いようなので少しだけ行ってみようかと思っています





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-07-14 21:36 | 身近な自然の話 | Comments(18)