2017年 08月 11日 ( 1 )

『大根草(ダイコンソウ)や犬薄荷(イヌハッカ)や胡草(エビスグサ)等の花・・・・・』

今日からお盆休みの人も多いでしょうね・・・・・
テレビを見ていると各地の高速道路で渋滞が出ているのが判りますが帰省も旅行もこの時期は大変ですね・・・・・

今日の午後に名古屋で集中豪雨があったようで道路冠水の光景をニュースで見ました
中部から関西は気温が高く関東から東は気温が低くて不安定な天気が続きそうです・・・・・

今日も薬草園で見た植物を載せます~♪


1.『大根草(ダイコンソウ)』 バラ科ダイコンソウ属の多年草
学名はGeum japonicum
d0054276_19401028.jpg

根生葉が大根の葉に似ているので名付けられました・・・・・
ダイコンソウは生薬では水楊梅(すいようばい)といいます

水楊梅は利尿、止瀉薬として、腎臓病、浮腫、膀胱炎、下痢に刻んだもの1日量15~20グラムを水0.4リットルで約2分の1量まで煎じて1日3回食前か食間に服用します・・・・・
乳幼児の湿疹や皮膚病には全草約200グラムを4~5リットルの水で約3分の2量まで煎じて患部を何度も洗浄すると良いようです~



2.
d0054276_19402490.jpg

3.
d0054276_19403436.jpg

4.
d0054276_19404761.jpg

5.
d0054276_1941018.jpg




6.『犬薄荷(イヌハッカ)』 シソ科イヌハッカ属の多年草
学名はNepeta cataria
d0054276_19411458.jpg

和名はイヌハッカですが英名をキャットニップと言います~
若葉にカルバクロール、ネペトール由来の芳香があって古くから薬草として利用された品種であり肉料理の香り付けに用いたりサラダに入れたりそしてハーブティーにも利用されます~
8月〜9月にかけて白か紫色の6mmほどの花を咲かせます・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



7.
d0054276_19412866.jpg

8.
d0054276_19414217.jpg




9.『西洋弟切(セイヨウオトギリ)』オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草
学名はHypericum perforatum
d0054276_1941553.jpg

英名をセント・ジョーンズ・ワートと言います~
セントジョーンズワートは米国ではサンシャインサプリメントとよばれNo1の売上を上げています~軽度から中度のうつ病や更年期障害,自律神経失調症,不安神経症などに効果があります・・・・・
ストレスの緩和やダイエット時のイライラ感などにも高い効果があるようです~



10.
d0054276_1942733.jpg

ハーブの先進国ドイツでは患者が『イライラする,ストレスを感じる,体がだるい,やる気が起きない』などの軽いうつ症状を示したとき処方されるのがセントジョーンズワートです・・・・・



11.
d0054276_19422127.jpg




12.『胡草(エビスグサ)』 マメ科ジャケツイバラ亜科センナ属の一年草

名はSenna obtusifolia
d0054276_19423256.jpg

種子を決明子(けつめいし)と言って漢方の生薬の一つになります~
『決明子』とは『眼をすっきりさせるタネ』という意味で石決明(せっけつめい・アワビの貝殻)と共に視力を回復させる薬として用いられて来ました・・・・・

便秘や排尿障害・高脂血症・高血圧などの生活習慣病の予防や改善にも効果があるとされ健康茶の一つとしてそのまま飲まれたり他のものと混合して売られていることもあります~
日本では炒ったものをお茶のようにお湯を注ぎ少し蒸らした後に飲むことが多いですが中国や韓国では生のものを煎じ薬として飲まれます・・・・・
少しばかり不快な青臭い匂いと苦みやえぐみがあります~



13.
d0054276_19424192.jpg

14.
d0054276_1943028.jpg

15.
d0054276_19431291.jpg

16.
d0054276_19432838.jpg

17.
d0054276_19434196.jpg




18.『棗(ナツメ)』 クロウメモドキ科ナツメ属の落葉高木
学名はZiziphus jujuba
d0054276_19435475.jpg

原産地は中国から西アジアにかけてで日本への渡来は奈良時代以前とされています・・・・・
先日来た時は花が見られましたが今では実もこんなに大きくなっています~



19.
d0054276_1944547.jpg

漢方でよく使われる生薬のひとつで緩和、強壮、利尿、鎮痙、鎮静などに応用されます・・・・・
特に緊張による痛みや急迫症状、知覚過敏などの症状を緩和して他の薬物の作用を穏かにするために他の生薬と配合した漢方薬が多くあります

滋養・強壮には大棗酒(たいそうしゅ)が効きます・・・・・ホワイトリカー1.8リットルに大棗(たいそう)300グラム、グラニュー糖150グラムを漬けます~
大棗は細かく切って3ヶ月以上冷暗所において布で漉してから1日30ミリリットルを限度に就寝前に飲用すると良いようです~(*´∀`*)



20.
d0054276_19441899.jpg

21.
d0054276_1944371.jpg

今日は昼前から片付けしていました・・・・・
運ぶ荷物も少しずつ向こうに持って行きました
使わなくなったカメラを近くのカメラ店で買い取ってもらうことにしましたがその安さにビックリ・・・
でも保管場所がないのでそれで手を打ちました~
これから釣具やキャンプ用品と古いレコードや本なども処分しなくてはならないので今年の盆休みはのんびの休んでいられないです・・・・・

明日は2箇所の墓参りに出かけますので一応カメラを持って行こうと思っています~
風景でも撮れればいいのですが~♪




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-11 20:27 | 身近な自然の話 | Comments(14)