2017年 09月 11日 ( 1 )

『星宮神社と矢納ケ滝』

昨日は柳ケ瀬商店街のジュラシックアーケードを載せましたので今日は土曜日に出掛けた郡上市美並の粥川辺りを散策した時の写真に戻ります~

ツリフネソウ等を見た所から少し行くと星宮神社(ほしのみやじんじゃ)があります
高賀山を囲む高賀六社の一社で粥川谷(長良川支流)にあります・・・・・
神体が仏像(虚空蔵菩薩)であることや平安時代 ~鎌倉時代の懸仏があるなど廃仏毀釈以前の神仏習合の形が残っています・・・・・
かつて別当寺であった粥川寺は円空ゆかりの寺であり雑役のかたわら経文や手習いを教えられた場所と伝えられています~


1.『粥川周辺を歩いて・・・・・』
d0054276_19301357.jpg

ここの近くにヤマジノホトトギスやヒカゲカズラが見られました・・・・・



2.
d0054276_19302316.jpg

3.
d0054276_19303670.jpg

この場所にツルボが多く見られました~
アキノタムラソウもここに咲いていました・・・・・・



4.
d0054276_19304821.jpg

山に囲まれている所では空が少し狭く感じます~(o ̄∇ ̄o)♪



5.『星宮神社の参道から境内へ』
d0054276_1931232.jpg

石灯籠がたくさん並んでいます・・・・・



6.
d0054276_19311584.jpg

星宮神社の境内に入りました・・・・・♪



7.
d0054276_19312699.jpg

8.
d0054276_19313988.jpg

拝殿と本殿が見られます・・・・・
拝殿も再建されていますが本殿は享保12年(1727年)以降の再建のものになっています~



9.
d0054276_19315344.jpg

10.
d0054276_1932617.jpg

11.
d0054276_19323663.jpg

美並ふるさと館には円空仏が展示されています(入館料210円)



12.
d0054276_19324976.jpg

13.
d0054276_193322.jpg

14.
d0054276_19331717.jpg

15.
d0054276_19332846.jpg

16.
d0054276_19333934.jpg

17.
d0054276_19335166.jpg

威厳のある本殿です・・・・・



18.
d0054276_1934270.jpg

19.
d0054276_1934155.jpg

20.
d0054276_19342658.jpg

21.
d0054276_1934389.jpg

粥川地区の氏子は粥川谷の鰻を捕まえたり食したりすることを禁忌としています・・・・・
これは粥川谷の鰻が藤原高光に正しい道を教えたことによって『さるとらへび』を退治できたことから鰻が星宮(明星天子)の使いとされていたからです・・・・・
やがて明星天子と虚空蔵菩薩が同一とされ鰻は虚空蔵菩薩の使いとなってこの地域独自の民間信仰となりました・・・・・
他に牛返し岩より上では牛を飼わないということも虚空蔵菩薩信仰の影響と言われています(虚空蔵菩薩は丑年の干支守であることから)
粥川地区の氏子の多くは粥川谷の鰻以外の鰻も食べないと言われるので『土用丑の日に鰻を食べない地域』としてニュースなどで話題になることもあるようです~



22.
d0054276_19345415.jpg

23.
d0054276_1935798.jpg

左鎌の奉納が行われています・・・・・
これは双生児の場合は一方が左遣いとされていて双生児の大碓命と小碓命のうち大碓命が左遣いであったことに由来しています(大碓命は美濃国を開拓したと伝えられています)
所願の成就を祈る時に左鎌を奉納していました・・・・・
かつては鎌を板壁に突き刺して奉納していたようですが現在は左鎌が描かれた絵馬になっています~



24.
d0054276_19351668.jpg

本殿に近寄ってみました・・・・・



25.
d0054276_19353018.jpg

星宮神社の本殿正面です・・・・・
厳かで近寄るのも憚りましたが近くまでの道のようなものがあったので行ってみました・・・・



26.
d0054276_19354225.jpg

27.
d0054276_19355544.jpg

28.
d0054276_1936726.jpg

拝殿には賽銭箱はありませんでした・・・・・



29.『粥川の流れ・・・・・』
d0054276_19361937.jpg

30.
d0054276_19362864.jpg

31.
d0054276_19364187.jpg

32.
d0054276_19365193.jpg




33.『矢納ヶ淵(やとうがふち)の矢納ヶ滝(やとうがたき)』
d0054276_1937520.jpg

滝の上流にはあまり行かなかったので少し先に行きましたがツリフネソウ以外には珍しい植物も見られなかったので戻りました・・・・・



34.
d0054276_1937151.jpg

矢納ヶ滝(やとうがたき)は今までに何度も載せています・・・・・
小さな滝ですが伝説が残っているので近くに行くときは寄ってしまいます~



35.
d0054276_19372671.jpg

鬼退治の為に天皇から遣わされた藤原高光(三十六歌仙)が鬼退治の際に矢をこの渕に納めたことから矢納ヶ渕と呼ばれるようになったそうです・・・・・
この矢納ヶ滝よりも藤原高光の伝説の残る矢納ヶ渕が綺麗です~
いつ見てもエメラルドグリーンの水をたたえていて気持ちが穏やかになります・・・・・



36.
d0054276_19373784.jpg

37.
d0054276_19374926.jpg

この日は水量が少し多いような気がしました・・・・・
とても涼しかったです~



38.
d0054276_19375880.jpg

39.
d0054276_19381011.jpg

長良川は私が一番好きな川です・・・・・
数えられない程の支流もありその支流に注ぐ細流の全てが私は好きです~
岐阜市で生まれ育ち岐阜市の水道水(源泉は長良川の伏流水)を飲みこの歳になっているので私の体の60~65%は長良川の水のような気がします・・・・・

もし叶うことであれば末期の水はその日に流れている長良川の流れを汲んだものが飲みたいです~

明日はこの場所から南下して釜ヶ滝に寄って写したものを載せる予定です~




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-11 20:22 | 神社仏閣 | Comments(14)