2017年 11月 08日 ( 1 )

『樅(モミ)と五葉松(ゴヨウマツ)と熊四手(クマシデ)と赤四手(アカシデ)の松毬達~』

この季節に街中でも郊外や山裾でも木々に実が良く見られます・・・・・
特にマツ科やスギ科の木々には可愛い松毬・球果が見られて楽しいです~
カバノキ科の木々にも生っている松毬状の実が面白いです・・・・・

今日は日曜に出掛けた河川環境楽園・木曽川水園で見た松毬・球果を載せました~
去年は自然の中に落ちている松毬を何種類も拾って家に飾りましたが引越しの際に処分したのでこれから再び集めたいです~(自然公園などでは植物採取は落ちている実もダメになっています~゚(゚´Д`゚)゚


1.『樅(モミ)』 マツ科モミ属の常緑針葉樹
学名はAbies firma
d0054276_20204134.jpg

樹高は40mにも達するものもあります・・・・・
日本に自生するモミ属では最も葉が大きくて硬く若枝には軟毛が生えています~
葉は細くて固い針状で先端は二叉して鋭く尖るが老木では先の丸まった葉になります・・・・・
球果は10~15cmと大きく最初は緑色ですが10月頃成熟すると灰褐色になります
成熟すると鱗片がパラパラと脱落するのでマツボックリの様にそのままの姿で落下することはありません・・・・・



2.
d0054276_20205165.jpg

3.
d0054276_2021191.jpg

4.
d0054276_2021919.jpg

5.
d0054276_20211853.jpg

6.
d0054276_20212893.jpg

キセキレイがいた水辺・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



7.『五葉松(ゴヨウマツ)』 マツ科マツ属の常緑針葉樹
学名はPinus parviflora
d0054276_20214194.jpg

ゴヨウマツはヒメコマツとも呼ばれ北海道南部から九州の山地に生育しています~
樹高は30mで直径1mにまで成長する常緑針葉樹で亜高山帯の尾根や急傾斜の露岩地などに生育しています~
葉は1カ所から5枚出るので『五葉松』と言われます~
葉の長さは3~6cmで短くて柔らかく捻れています・・・・・
葉の表面に白い気孔列があるので白い筋のように見えます
球果は翌年の秋に熟し長さ5~8cm程です~
葉が小さくて密に付くので庭木や盆栽に仕立てられる事が多いです・・・・・



8.
d0054276_20215016.jpg

9.
d0054276_2022620.jpg

10.
d0054276_20222082.jpg

11.
d0054276_20223074.jpg

12.
d0054276_20224128.jpg

この岩の上を猫が走って行きました・・・・・
どこから来てどこに行ったのでしょうね?



13.『車輪梅(シャリンバイ)』 バラ科シャリンバイ属の常緑低木
学名はRhaphiolepis indica var. umbellata
d0054276_20225017.jpg

車輪状に出る葉と花序のひとつひとつの花が梅に似ているのでこの名が付けられました・・・・・
花は白色で初夏に咲きます~
やや肉厚な葉は長楕円形で寒い地方では紅葉することもあります
秋に黒紫の実をつけます・・・・・
株はこんもりまとまり境栽などによく用いられますし大気汚染や潮害に強いので高速道路や海岸に近い公園などにもよく植栽されています~♪
変種に葉が丸みを帯びたマルバシャリンバイや葉が小さいヒメシャリンバイがあります・・・



14.
d0054276_2023075.jpg

15.
d0054276_20231243.jpg

16.
d0054276_20232252.jpg

17.
d0054276_20233261.jpg

18.
d0054276_20234276.jpg

19.
d0054276_20235226.jpg

20.
d0054276_2024049.jpg

各務原市でもこれくらいの紅葉が見られるようになりました~



21.『熊四手(クマシデ)』 カバノキ科クマシデ属の落葉広葉樹
学名はCarpinus japonica
d0054276_20241053.jpg

クマシデは本州・四国・九州に分布する落葉高木で暖温帯上部から冷温帯に分布し谷筋から尾根筋まで生育範囲は広いです~
材が堅いのでカタシデの別名もあるようです・・・・・
葉は長さ6~11cmで細長く比較的大型で側脈が明瞭でたくさんあり15~24対もある点が他の仲間との区別点の一つになります~
3月の中ごろから4月にかけ枝先に新葉の展開と同時に長い尾状花序を形成して夏には長さ5cm程の特徴ある果穂を下垂させます・・・・・



22.
d0054276_2024209.jpg

23.
d0054276_20243270.jpg

24.
d0054276_20244071.jpg

25.
d0054276_20245077.jpg

クマシデのこの果穂の姿が好きです~



26.
d0054276_2025064.jpg

27.
d0054276_20259100.jpg

28.
d0054276_20251978.jpg




29.『赤四手(アカシデ)』 カバノキ科クマシデ属の落葉高木
学名はCarpinus laxiflora
d0054276_20253088.jpg

アカシデは北海道南部から九州、朝鮮に分布する落葉高木で低地から丘陵地帯の二次林に生育しています・・・・・
幹は肥大成長が均等に行われないために凸凹になります~
葉は長さ4~7cmで端正な形をしていますがこの仲間としては小さい方です・・・・・
花は3~4月に咲き尾状に垂れ下がり秋に生る果実には翼があり種子は風で散布されます~
アカシデの和名は新芽の芽出しが赤いから名付けられたもののようです~♪
紅葉の美しい木です~(*´∀`*)



30.
d0054276_20255023.jpg

31.
d0054276_20255925.jpg

アカシデの果穂はクマシデより疎らです・・・・・
ここでは見られませんが他にイヌシデもあります~



32.
d0054276_2026995.jpg

33.
d0054276_20262051.jpg

34.
d0054276_20263422.jpg

35.
d0054276_20264547.jpg

36.
d0054276_20265510.jpg

色付く葉を見ていると何となく楽しくなります~
『葉葉葉ハハハははは・・・・』と笑いたくなります・・・・・(*´∀`*)



37.
d0054276_2027615.jpg

明後日の金曜日には毎年出掛けている郡上市から高山市に続く『せせらぎ街道』に行こうと思っています~
ここ2年続けて出掛けて毎年同じような風景を撮っていますので今年は少し別の角度で紅葉風景を撮ってみたいと思います~

最近使っているカメラじゃなくて古い機種(800万画素)のデジイチ2台を使ってみようかと思いますが吉と出るか凶と出るかは判らないです~




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-11-08 21:22 | 身近な自然の話 | Comments(12)