2017年 11月 11日 ( 1 )

『飛騨せせらぎ街道の紅葉風景(パスカル清見周辺)』

郡上市明宝の道の駅から国道472号を走って道の駅『パスカル清見』に着きました・・・・・
最近はここの道の駅で引き返していましたが今年はこの周辺を散策してから少し先まで行ってみました~♪
紅葉した山の木々は楓だけでないので色が豊富に感じました・・・・・
紅葉と黄葉の景色を眺めながらの散策はとても楽しかったです~

散策している時にイチイの木に生っている実を見つけました~
可愛い実を見ながら高山市の少し冷たい風の中を楽しく歩いていました・・・・・


1.『道の駅 パスカル清見周辺で・・・・・』
d0054276_19364131.jpg

近くを流れている馬瀬川の流れ・・・・・
明宝の道の駅裏を流れていたのは長良川支流の吉田川ですが峠を超えたのでこの流れは飛騨川に注いで木曽川と合流します~



2.
d0054276_19365226.jpg

カワセミのモニュメントが馬瀬川に架かる『カワセミ橋』にありました~



3.
d0054276_1937463.jpg

鮎を咥えているカワセミですが彩色が無いので何となく怖く見えました~(´;ω;`)



4.
d0054276_19371469.jpg

5.
d0054276_19372572.jpg

6.
d0054276_19373448.jpg

7.
d0054276_19374661.jpg

8.
d0054276_19375472.jpg

9.
d0054276_1938846.jpg

10.
d0054276_19381786.jpg

11.
d0054276_19382965.jpg

鮎釣りで有名な馬瀬川の上流になります・・・・・
この川も綺麗な水質です~



12.
d0054276_19383884.jpg

13.
d0054276_19384717.jpg

川からパスカル清見の建物を眺めて・・・・・



14.『一位(イチイ)』 イチイ科イチイ属の常緑針葉樹
学名はTaxus cuspidata
d0054276_19385666.jpg

雌雄異株(稀に雌雄同株)で高さ20m程の高木になりますが成長は遅いようです・・・・・
樹型は円錐形で幹の直径は50~100cm程になり樹皮には縦に割れ目が走ります~
葉は濃緑色で線形で先端は尖りますが柔らかく触っても痛はありません~
枝に2列に並んでいて先端では螺旋状についています・・・・・
4月頃小形の花をつけ初秋に赤い実をつけます~
種子は球形で杯状で赤い多汁質の仮種皮の内側に入っています・・・・・



15.
d0054276_1939592.jpg

果実は甘くそのまま食べられますが種子には有毒のアルカロイドのタキシン(taxine)が含まれているので種子を誤って飲み込むと中毒を起こし量によっては痙攣を起こして呼吸困難で死亡することがあるので注意が必要です・・・・・
イチイのタキシンは赤い果肉を除く葉や植物全体に含まれているので気をつけなくてはなりません



16.
d0054276_19391738.jpg

北海道や北東北の方言ではオンコと呼ばれアイヌの人達からはクネニと呼ばれています・・・・・
岐阜県では別名にもなっているアララギと呼ぶ事も多いようです~



17.
d0054276_19392656.jpg

18.
d0054276_19393673.jpg

19.
d0054276_19394647.jpg

20.
d0054276_19395653.jpg

21.
d0054276_1940816.jpg

紅葉と馬瀬川の流れ・・・・・



22.
d0054276_19401816.jpg

23.
d0054276_19402836.jpg

24.
d0054276_19403788.jpg

25.
d0054276_19404612.jpg

道の駅『パスカル清見』の中から外を写してみました~(o ̄∇ ̄o)♪



26.
d0054276_19405524.jpg

背後の山は綺麗に色付いていました~



27.『国道257を高山方面へ・・・・・』
d0054276_1941444.jpg

今までは道の駅で引換しましたが今回は少し先まで行ってみました~
高山市清見町は俳優の故菅原文太さんが暫く住んでいました・・・・・
空気と水と川の綺麗な所です~(o ̄∇ ̄o)♪



28.
d0054276_19411568.jpg

29.
d0054276_19412530.jpg

30.
d0054276_1941355.jpg

31.
d0054276_19414589.jpg

32.
d0054276_19415437.jpg

この少し先の高山市清見町楢谷には古生代デボン紀の化石が産出する所があります・・・・・



33.
d0054276_1942868.jpg

34.
d0054276_19421935.jpg

35.
d0054276_19423048.jpg

この辺りではカラマツも多く見られます~



36.
d0054276_19424120.jpg

37.
d0054276_19425052.jpg

38.
d0054276_1943070.jpg

39.
d0054276_19431012.jpg

この辺りにもイチイが多く見られました~
飛騨高山では民芸品として一位一刀彫が有名ですがその細工に使う木がイチイなので大切にされているように感じました~



40.
d0054276_19432065.jpg

41.
d0054276_19433279.jpg

42.
d0054276_19434374.jpg

43.
d0054276_19435365.jpg

44.
d0054276_1944417.jpg

45.
d0054276_19441367.jpg

46.
d0054276_19442766.jpg

紅葉の名所では楓が多いのでこのような多種の木々が多く見られる所ではそれぞれの木々の色が見られて綺麗だと思います~

ここから国道257号を戻り下呂温泉で知られている下呂市に向かいました・・・・・
これから先は今までの紅葉散策とは違う行程になりました~





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-11-11 20:29 | 小旅行 | Comments(16)