カテゴリ:神社仏閣( 104 )

『大智寺(だいちじ)の彼岸花』

今日は昼前から私の家の墓参りと連れ合いの実家の墓参りに出掛けました・・・・・
家のお墓は岐阜市の上加納墓地で連れ合いの実家のお墓は本巣市にありますので色付いた柿畑を眺めながら車を走らせました~
お墓参りを済ませてから天気が曇っていて雨の心配がありましたので遠くには行かず来た道に咲く彼岸花を見ながら岐阜市に向かいましたが『彼岸花なら大智寺に行ってみようか?』と言うことになり岐阜市北野にある大智寺に向かいました・・・・・


1.『大智寺参道手前にある得月池』
d0054276_20171059.jpg

駐車場のすぐ近くにあるので休日にはカメラマンが多く来ています~
岐阜市内の彼岸花の名所としては有名ですが今日は平日なのでカメラマンが数名いただけでした・・・・・



2.
d0054276_20172243.jpg

3.
d0054276_20173131.jpg

4.
d0054276_20174011.jpg

まだ蕾も多く見られました~



5.
d0054276_20175085.jpg

6.
d0054276_2018040.jpg

白花彼岸花も数は多くないですが見られます・・・・・



7.
d0054276_2018979.jpg

8.
d0054276_20182069.jpg

9.
d0054276_20183043.jpg

10.
d0054276_20184252.jpg

11.
d0054276_20185146.jpg

12.
d0054276_2019138.jpg

13.
d0054276_20191419.jpg

14.
d0054276_20192481.jpg




15.『大智寺の正門』
d0054276_20193417.jpg

岐阜市にある臨済宗妙心寺派別格地寺院で山号は雲黄山と言います・・・・・
本尊は釈迦如来です
開創は明応9年(1500年)で開山始祖は岐阜瑞龍寺悟渓和尚八哲の一人の玉浦宗眠で開基人は北野城主の鷲見保重です・・・・・
江戸時代には18石8斗の御朱印を受け葵の紋が許されています~
境内には樹齢800年を越す大ヒノキがあります・・・・・

近年には本堂古瓦を使用した瓦土塀(信長塀)が注目されていjます・・・・

美濃派俳諧の始祖各務支考は大智寺で6~19歳まで大智寺の弟子として過ごし正徳元年(1711年)この地に戻って終の棲家とした『獅子庵』が残されています~



16.
d0054276_20194369.jpg

参道の門に付けられている紋幕には徳川葵の紋が見られます・・・・・



17.『信長塀(瓦土塀)』
d0054276_20195238.jpg

本堂古瓦を再利用した瓦土塀は今で言えばリサイクルになるのでしょうね・・・・・
私が知っているお寺では3箇所にありました~



18.
d0054276_2020461.jpg

この光景が好きです~



19.『大檜(ヒノキ)』
d0054276_20201484.jpg

説明板によれば幹周/6.60m、樹高/30m、樹齢/推定700年のヒノキで岐阜県指定の天然記念物になっています~



20.
d0054276_20202490.jpg




21.『鐘楼』
d0054276_2020364.jpg

22.
d0054276_20204462.jpg

23.
d0054276_20205415.jpg




24.『得月池の彼岸花風景』
d0054276_2021573.jpg

得月池の周囲には散策用の小道や渡石等があるので一周して彼岸花を見ることができます~
途中で同じくらいか少し年配のカメラマン二人に会って話をしました・・・・・
ここには毎年来られるようでした~(o ̄∇ ̄o)♪



25.
d0054276_20211513.jpg

26.
d0054276_20212688.jpg

やっぱり彼岸花の風景は真っ赤な花がいいですね~(*´∀`*)



27.
d0054276_20213744.jpg

28.
d0054276_20214779.jpg

29.
d0054276_20215591.jpg

30.
d0054276_2022617.jpg

31.
d0054276_20221462.jpg




32.『信長塀のある風景・・・』
d0054276_20222565.jpg

先程の場所の反対側からの風景です~
大智寺の塀は全てこの信長塀になっています・・・・・



33.
d0054276_20223694.jpg

34.
d0054276_2022458.jpg

35.
d0054276_20225350.jpg

古瓦と漆喰で出来ている塀です・・・・・
資源の再利用だけでなくデザイン的にも素晴らしいと思います~



36.
d0054276_2023391.jpg

徳川葵の紋が新しい瓦にはたくさん付いています



37.
d0054276_20231585.jpg

根気のいる作業だと思います・・・・・
多治見市の永保寺の塀はここより長かったように思いますが大変な作業だっただろうと思って眺めていました・・・・・



38.
d0054276_20232632.jpg

39.
d0054276_20233655.jpg

40.
d0054276_20234636.jpg

41.
d0054276_20235695.jpg

塀の内側から見た風景です~



42.
d0054276_2024649.jpg

境内には彼岸花は見られませんでしたが一面の苔が綺麗でした~♪



43.
d0054276_20241731.jpg

44.
d0054276_20242915.jpg

45.
d0054276_20243812.jpg

ここを通って少し歩くと駐車場に出られます・・・・・
この先には広い墓地があります
たくさんのニラの花が咲いていましたが花が終わりに近付いているようでした・・・・・

駐車場から参道沿いに歩いているとたくさんのマルバルコウソウとマメアサガオが咲いていました~
そしてクサギの実も見られました~





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-22 21:10 | 神社仏閣 | Comments(18)

『星宮神社と矢納ケ滝』

昨日は柳ケ瀬商店街のジュラシックアーケードを載せましたので今日は土曜日に出掛けた郡上市美並の粥川辺りを散策した時の写真に戻ります~

ツリフネソウ等を見た所から少し行くと星宮神社(ほしのみやじんじゃ)があります
高賀山を囲む高賀六社の一社で粥川谷(長良川支流)にあります・・・・・
神体が仏像(虚空蔵菩薩)であることや平安時代 ~鎌倉時代の懸仏があるなど廃仏毀釈以前の神仏習合の形が残っています・・・・・
かつて別当寺であった粥川寺は円空ゆかりの寺であり雑役のかたわら経文や手習いを教えられた場所と伝えられています~


1.『粥川周辺を歩いて・・・・・』
d0054276_19301357.jpg

ここの近くにヤマジノホトトギスやヒカゲカズラが見られました・・・・・



2.
d0054276_19302316.jpg

3.
d0054276_19303670.jpg

この場所にツルボが多く見られました~
アキノタムラソウもここに咲いていました・・・・・・



4.
d0054276_19304821.jpg

山に囲まれている所では空が少し狭く感じます~(o ̄∇ ̄o)♪



5.『星宮神社の参道から境内へ』
d0054276_1931232.jpg

石灯籠がたくさん並んでいます・・・・・



6.
d0054276_19311584.jpg

星宮神社の境内に入りました・・・・・♪



7.
d0054276_19312699.jpg

8.
d0054276_19313988.jpg

拝殿と本殿が見られます・・・・・
拝殿も再建されていますが本殿は享保12年(1727年)以降の再建のものになっています~



9.
d0054276_19315344.jpg

10.
d0054276_1932617.jpg

11.
d0054276_19323663.jpg

美並ふるさと館には円空仏が展示されています(入館料210円)



12.
d0054276_19324976.jpg

13.
d0054276_193322.jpg

14.
d0054276_19331717.jpg

15.
d0054276_19332846.jpg

16.
d0054276_19333934.jpg

17.
d0054276_19335166.jpg

威厳のある本殿です・・・・・



18.
d0054276_1934270.jpg

19.
d0054276_1934155.jpg

20.
d0054276_19342658.jpg

21.
d0054276_1934389.jpg

粥川地区の氏子は粥川谷の鰻を捕まえたり食したりすることを禁忌としています・・・・・
これは粥川谷の鰻が藤原高光に正しい道を教えたことによって『さるとらへび』を退治できたことから鰻が星宮(明星天子)の使いとされていたからです・・・・・
やがて明星天子と虚空蔵菩薩が同一とされ鰻は虚空蔵菩薩の使いとなってこの地域独自の民間信仰となりました・・・・・
他に牛返し岩より上では牛を飼わないということも虚空蔵菩薩信仰の影響と言われています(虚空蔵菩薩は丑年の干支守であることから)
粥川地区の氏子の多くは粥川谷の鰻以外の鰻も食べないと言われるので『土用丑の日に鰻を食べない地域』としてニュースなどで話題になることもあるようです~



22.
d0054276_19345415.jpg

23.
d0054276_1935798.jpg

左鎌の奉納が行われています・・・・・
これは双生児の場合は一方が左遣いとされていて双生児の大碓命と小碓命のうち大碓命が左遣いであったことに由来しています(大碓命は美濃国を開拓したと伝えられています)
所願の成就を祈る時に左鎌を奉納していました・・・・・
かつては鎌を板壁に突き刺して奉納していたようですが現在は左鎌が描かれた絵馬になっています~



24.
d0054276_19351668.jpg

本殿に近寄ってみました・・・・・



25.
d0054276_19353018.jpg

星宮神社の本殿正面です・・・・・
厳かで近寄るのも憚りましたが近くまでの道のようなものがあったので行ってみました・・・・



26.
d0054276_19354225.jpg

27.
d0054276_19355544.jpg

28.
d0054276_1936726.jpg

拝殿には賽銭箱はありませんでした・・・・・



29.『粥川の流れ・・・・・』
d0054276_19361937.jpg

30.
d0054276_19362864.jpg

31.
d0054276_19364187.jpg

32.
d0054276_19365193.jpg




33.『矢納ヶ淵(やとうがふち)の矢納ヶ滝(やとうがたき)』
d0054276_1937520.jpg

滝の上流にはあまり行かなかったので少し先に行きましたがツリフネソウ以外には珍しい植物も見られなかったので戻りました・・・・・



34.
d0054276_1937151.jpg

矢納ヶ滝(やとうがたき)は今までに何度も載せています・・・・・
小さな滝ですが伝説が残っているので近くに行くときは寄ってしまいます~



35.
d0054276_19372671.jpg

鬼退治の為に天皇から遣わされた藤原高光(三十六歌仙)が鬼退治の際に矢をこの渕に納めたことから矢納ヶ渕と呼ばれるようになったそうです・・・・・
この矢納ヶ滝よりも藤原高光の伝説の残る矢納ヶ渕が綺麗です~
いつ見てもエメラルドグリーンの水をたたえていて気持ちが穏やかになります・・・・・



36.
d0054276_19373784.jpg

37.
d0054276_19374926.jpg

この日は水量が少し多いような気がしました・・・・・
とても涼しかったです~



38.
d0054276_19375880.jpg

39.
d0054276_19381011.jpg

長良川は私が一番好きな川です・・・・・
数えられない程の支流もありその支流に注ぐ細流の全てが私は好きです~
岐阜市で生まれ育ち岐阜市の水道水(源泉は長良川の伏流水)を飲みこの歳になっているので私の体の60~65%は長良川の水のような気がします・・・・・

もし叶うことであれば末期の水はその日に流れている長良川の流れを汲んだものが飲みたいです~

明日はこの場所から南下して釜ヶ滝に寄って写したものを載せる予定です~




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-11 20:22 | 神社仏閣 | Comments(14)

『円鏡寺本坊と大師堂 そして時の太鼓の西順寺へ』

円鏡寺の境内を散策し綺麗な池風景や本堂を参拝してから楼門から少し離れた円鏡寺本坊と大師堂に向かいました・・・・・
道路脇にあったウォーキングマップを見るとこの周辺にも色々な寺院や歴史的な建造物があることに気がつき散策をしてみました~


1.『円鏡寺本坊の山門』
d0054276_20442520.jpg

本堂に向かう楼門と比べると小さい山門です・・・・・



2.
d0054276_2044387.jpg

3.
d0054276_20444852.jpg

4.『太師堂とクロガネモチの木』
d0054276_20445833.jpg

円鏡寺大師堂の前の庭園には樹齢200年余りで幹周り3mそして樹高9mのクロガネモチの大木があり10mを超える広がりを持つ枝ぶりに手入れされています・・・・・・
この木は別名『夫婦和合のモチ』と言われています~♪



5.
d0054276_20451084.jpg

6.
d0054276_20452054.jpg

7.
d0054276_20453135.jpg

8.
d0054276_20454213.jpg

9.『本坊から見た山門』
d0054276_2045529.jpg

10.
d0054276_2046484.jpg

11.
d0054276_20461864.jpg

12.
d0054276_20462851.jpg

13.
d0054276_20464122.jpg

14.
d0054276_20465229.jpg

15.
d0054276_2047314.jpg

16.『円鏡寺本坊』
d0054276_20471592.jpg

この本坊だけでも普通のお寺くらいはあります・・・・・
本堂や薬師堂などを合わせると大きい事が判ります~



17.『時の太鼓の西順寺』
d0054276_20472625.jpg

円鏡寺から暫く歩きました・・・・・
『時の太鼓』は有名なので一度は見たかったのですが太鼓そのものは見られませんでした・・・・・



18.
d0054276_2047364.jpg

19.
d0054276_20474994.jpg

旗本初代戸田光賢は元禄10年(1697)馬術の御前披露で妙技を見せ将軍徳川綱吉から『時の太鼓』を許されるという破格の栄誉を受けました・・・・・
この時を告げる太鼓は大名にしか許されなかったもので特に打ち上げの打法は御三家にしか許されない貴重なものでした・・・・・
以来明治維新まで北方村(現北方町)に太鼓の音で時を告げて住民の生活の目安としました・・・・・
現在は毎年6月10日の『時の記念日』に古式に則り打たれます~♪



20.
d0054276_20475892.jpg

この太鼓櫓の中に『時の太鼓』があります・・・・・



21.
d0054276_2048920.jpg

22.
d0054276_20481740.jpg

23.
d0054276_20482942.jpg

24.
d0054276_2048399.jpg

今まで見たくてもなかなか出掛けられなかった所も多いです・・・・・
引越しの事でバタバタしていて僅かな合間に出掛けられた事がかえって良かったようです~
時間がたっぷりあれば遠くに出かけたでしょうから近場を詳しく散策することは出来なかったかも知れません・・・・・

これからは近くでも知らなかった所に足ほ運ぼうと思います~

今日は朝から市役所で住所変更などの手続きや免許の住所変更や車の移動手続きや市営墓地の住所変更など殆ど済ませました・・・・・
来週くらいには手続き等は全て終わらせたいです~(o ̄∇ ̄o)♪



(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-28 21:13 | 神社仏閣 | Comments(12)

『円鏡寺を歩いて(美濃三弘法第一札所)』

今日は昼前に岐阜市の粗大ごみ処理場に行ってから北方町(本巣郡)にある北方弘法(円鏡寺)に行きました・・・・・
美濃三弘法の内の三田洞弘法は何度も出かけていますし鏡島弘法も2~3度行っていましたがこの北方弘法(円鏡寺)は近くを通ることが多かったですが境内を歩くのは初めてでした・・・・・

北方町は歴史的なものが多いところなので今日は2か所に行ってみました
日曜日でしたが巡礼の夫婦以外には出逢いませんでした~♪


1.『円鏡寺参道』
d0054276_1937056.jpg

円鏡寺(えんきょうじ)は岐阜県本巣郡北方町にある高野山真言宗別格本山の寺院で山号は池鏡山と言います・・・・・
本尊は木造聖観音菩薩立像と木造不動明王立像
東海三十六不動尊第三十二番、美濃七福神(弁財天)、文化財を多く所有し『美濃の正倉院』と呼ばれています~
またここは庭園が美しい事でも有名です・・・・・



2.
d0054276_19371246.jpg

3.『楼門』
d0054276_19372381.jpg

1296年(永仁4年)建立 入母屋造、檜皮葺で明治神宮の南楼門のモデルとなったと言われています
大工は八重則光、小工は八重則定 1909年(明治42年)4月5日国指定重要文化財指定

寺伝によれば811年(弘仁2年)嵯峨天皇の勅命により空海が創建したといい不動明王を本尊とし定照寺と名づけられましたが後に補陀落上人により聖観音菩薩が安置されたことにより補陀落院と改称されたと言われています・・・・・
988年)永延2年)良祐により現在の伽藍の元が築かれ一条天皇より『池鏡山 円鏡寺』の名を授かりました・・・・・
境内に池を造った際に明鏡が出土しこれを献上したことによります・・・・・
1731年(享保16年)4月12日の火災で観音堂が焼失しましたが1741年(寛保1年)3月に観音堂が再建されました・・・・・
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などの歴代権力者からの保護を受けていて朱印状も受けています~1914年(大正3年)に楼門が修築されました~♪



4.『木造金剛力士(仁王)立像』
d0054276_19373680.jpg

鎌倉時代の作 金剛力士と呼ばれます像高各230.3cm 1925年(大正14年)4月24日国指定重要文化財指定



5.
d0054276_19374820.jpg

6.
d0054276_193878.jpg

7.
d0054276_19381760.jpg

8.『薬師堂』
d0054276_19405426.jpg

9.『境内にある池』
d0054276_194152.jpg

10.
d0054276_19411749.jpg

11.『振り返って見た楼門』
d0054276_19413358.jpg

12.『弁天堂』
d0054276_19414411.jpg

13.
d0054276_19415773.jpg

14.
d0054276_1942852.jpg

15.『聖徳太子堂』
d0054276_19421988.jpg

16.『魚供養観音菩薩』
d0054276_1942304.jpg

17.
d0054276_19424617.jpg

18.
d0054276_19425874.jpg

19.
d0054276_19431268.jpg

20.『鐘楼』
d0054276_19433173.jpg

21.
d0054276_19434517.jpg

22.『本堂(観音堂)』
d0054276_19435821.jpg

23.
d0054276_1944945.jpg

24.
d0054276_19442180.jpg

25.
d0054276_19443312.jpg

26.
d0054276_19444953.jpg

27.
d0054276_1945481.jpg

28.『三重塔』
d0054276_19451320.jpg

29.
d0054276_19452549.jpg

30.
d0054276_19453828.jpg

31.
d0054276_19455317.jpg

32.
d0054276_1946524.jpg

33.
d0054276_19462151.jpg

34.
d0054276_19463198.jpg

35.
d0054276_19464410.jpg

36.
d0054276_19465624.jpg

37.
d0054276_1947955.jpg

38.
d0054276_19472225.jpg


岐阜市周辺にはまだ私が出かけていないところが多くあります
元気なうちに色々出かけたいと思っています~

明日は市役所などで色々な手続きをします・・・・・
その他にも免許の書き換えや銀行の住所変更やクレジットカードの変更などまだまだする事が一杯です・・・・・・


(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-27 20:21 | 神社仏閣 | Comments(12)

『日本最初の女優・川上貞奴が私財で建立した貞照寺』

毎日引越しの準備で自然の中でのカメラ散策が出来ずにいます・・・・・
今日は春に撮っていて載せる事が出来なかった各務原市にあるお寺を載せることにしました
写してから日が経っていますがお寺の建物なので載せても大丈夫かなと思いましたが遠景の中に今見られない花が写っているものもありますのでご容赦ください~

このお寺は諸芸上達や芸事成就にご利益があるといわれ芸能人の参拝も多いようです・・・・・


1.『貞照寺(ていしょうじ)山門』
d0054276_20152517.jpg

登録有形文化財になっている山門です・・・・・
両側に阿吽の仁王像が見られます



2.『本堂』 岐阜県各務原市鵜沼宝積寺町5丁目189
d0054276_201538100.jpg

岐阜県各務原市にある真言宗智山派の寺院で山号は成田山(なりたさん)と言います~
東海三十六不動尊第三十霊場になっています・・・・・
日本最初の女優である川上貞奴が私財で建立した寺です
本尊は不動明王で川上貞奴は幼少の頃から成田山を信仰していたと言われています~



3.
d0054276_20155415.jpg

4.
d0054276_2016783.jpg

本堂・庫裏・書院・鐘楼・門・宝物倉・稲荷堂・浄水舎が登録有形文化財となっています・・・・・



5.
d0054276_20162015.jpg

1933年(昭和8年)10月28日建立
川上貞奴は入門してここを中心に信仰生活を送りました・・・・・
当初は『金剛山桃光院貞照寺』の名称でした
金剛山桃光院貞照寺の桃光院は恋仲であった福澤桃介が由来と言われています~
1946年(昭和21年)12月7日 に川上貞奴が死去し貞照寺に葬られました・・・・・



6.
d0054276_2016334.jpg

本堂から見た山門です・・・・・



7.『山門の仁王像』
d0054276_20164860.jpg

8.
d0054276_201758.jpg

9.
d0054276_20172267.jpg

10.
d0054276_20174265.jpg

本堂から見た境内風景です・・・・・♪



11.『鐘楼』
d0054276_20175840.jpg

この鐘楼も登録有形文化財になっています~



12.『本堂』
d0054276_20181245.jpg

これから参拝します・・・・・
私は車の中には数珠をいつも置いてありますので数珠を持って参拝するようにしています



13.
d0054276_20182471.jpg

1960年(昭和35年)に荒廃していた貞照寺は成田山名古屋別院の管理下におかれ『成田山貞照寺』に改称しました・・・・・



14.
d0054276_20183889.jpg




15.『参拝された芸能人達の名前がありました』
d0054276_20185225.jpg

知っている人達の名前も多いですね~(o ̄∇ ̄o)♪



16.
d0054276_2019584.jpg

17.
d0054276_20191686.jpg




18.『本堂から見た風景~』
d0054276_20193011.jpg

境内も広く遠くには山々が並びとても景色の良いところでした~
子供達が携帯やお寺の建物の中に多く見られました
ここでは子供達に自由にさせているようでした~(*´∀`*)



19.
d0054276_20194540.jpg




20.『本道の外壁に飾られていた川上貞奴の生涯』
d0054276_2020178.jpg

川上貞奴の生涯を本堂の外壁にたくさんの彫刻で描かれていました・・・・・



21.
d0054276_2020176.jpg

22.
d0054276_20203668.jpg

23.
d0054276_20205210.jpg

24.
d0054276_202165.jpg

25.
d0054276_20211934.jpg

26.
d0054276_20213199.jpg




27.『たくさんの不動明王像達』
d0054276_20214647.jpg

お地蔵さまのように不動明王像等が並べられていました
信者の皆さんが奉納したものです・・・・・・



28.
d0054276_2022167.jpg

1985年(昭和60年)のNHK大河ドラマ『春の波涛』で全国的に有名になったようです・・・・・



29.
d0054276_20221662.jpg




30.『子育て水子地蔵』
d0054276_20223386.jpg

ここには多くのお地蔵様が祀られていました
子供のために親が立てたものですね・・・・・



31.
d0054276_20224895.jpg




32.『川上貞奴の墓』
d0054276_2023325.jpg

ここに日本最初の女優と言われた川上貞奴さんが葬られています・・・・・
墓の前には立派な観音像がありました



33.
d0054276_20231749.jpg

本堂からは離れた場所でとても静かな所にありました・・・・・
今も多くの芸能関係者が訪れているようです



34.
d0054276_20233035.jpg


今日は雲は多かったですが青空も見られとても暑い一日でした・・・・・
朝から片付けして途中で町内の人達の所に挨拶に行きました
だいぶ片付きましたが生まれてから住んでいる家なので親の代からのものも多く私の趣味のものも山程あって処理も大変でした・・・・・
多趣味ということは人生楽しいものですが後になると『人の人生=ゴミの山』って気がしてきました~(´;ω;`)
でも今まで楽しかった思い出に決別して新しい思い出をこれから少しずつ作りたいですね~

明日は今日よりハードになりそうです~゚(゚´Д`゚)゚






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-19 21:08 | 神社仏閣 | Comments(12)

『長良川百日紅街道と三輪神社』

長良川水力発電所から県道291号(御手洗立花線)を走り『道の駅むげ川』を通って県道93号(川島三輪線)に向かいました
『長良川百日紅街道』を走って少しだけ百日紅並木を楽しみました・・・・・
(岐阜県道59号北野乙狩線と岐阜県道94号岐阜美濃線の通称を『長良川百日紅街道』と言い岐阜市(長良橋横から)と山県市と美濃市までの約30kmを通っています)

その途中にある三輪神社にも寄ってみました
この神社の近くをよく通るので今までに何度も載せています~

私の創作写真物語でも2度この場所を使いました・・・・・



1.『長良川百日紅街道の風景~』
d0054276_20393022.jpg

2.
d0054276_20394622.jpg

3.
d0054276_2040120.jpg

岐阜県道94号岐阜美濃線の通称を『長良川百日紅街道』と言います~
長い距離にサルスベリが植えられています・・・・・
桃花と紅花と白花の3種が見られます~(o ̄∇ ̄o)♪



4.
d0054276_20401798.jpg

5.
d0054276_20403261.jpg

6.
d0054276_20405132.jpg

7.
d0054276_2041865.jpg

8.
d0054276_20412461.jpg

9.
d0054276_20413892.jpg

10.
d0054276_20415528.jpg




11.『三輪神社』
d0054276_20422477.jpg

三輪神社(みわじんじゃ)は岐阜市三輪にある神社で旧社格は郷社です・・・・・



12.
d0054276_2042395.jpg

この杉は岐阜市の天然記念物になっています~



13.
d0054276_20425598.jpg

14.
d0054276_20431051.jpg

創建時期は不明ですが『美濃国神名帳』の正二位美和大明神に該当すると言われます・・・
一説では大和国の大神神社から分詞した神社といわれています
真長寺(三輪釈迦)は三輪神社の別当寺として建立されています・・・・・・

江戸時代は歴代の美濃郡代の崇敬を集めていたと言われています
1873年(明治6年)に郷社となり1943年(昭和18年)に県社への昇格が予定されていましたが太平洋戦争の激化で延期となり終戦のため実現されませんでした・・・・・



15.
d0054276_204324100.jpg

16.
d0054276_20434044.jpg

17.
d0054276_20435336.jpg

お賽銭を入れて参拝しました・・・・・



18.
d0054276_2044697.jpg

19.
d0054276_20442237.jpg

20.
d0054276_20443718.jpg

21.
d0054276_20445456.jpg

22.
d0054276_20451075.jpg

23.
d0054276_20452433.jpg

24.
d0054276_20453991.jpg

神社前を流れている水路から水を引いた池があります
東屋もあるので近くの人たちには憩いの場所なのかも知れません~



25.
d0054276_20455032.jpg

鯉が何匹もいました~♪



26.
d0054276_2046442.jpg


ここから自宅に向かいますが途中で高砂百合が咲いている所があるのでそちらに向かいました~

2日間の仕事を終え明日から3日間の休みになります
この3日間で片付けものを終了させたいと思っています・・・・・
あと1週間になってしまいました~(´;ω;`)
by shizenkaze | 2017-08-17 21:02 | 神社仏閣 | Comments(12)

『弓削(ゆげ)寺の紫陽花風景』

昨日載せた『ナツツバキ街道(国道303号)』に行く前に毎年出掛けている池田町の池田山西麓にある臨済宗妙心寺派の寺院『弓削寺』の紫陽花を見ました~

紫陽花の品種数はハッキリ判りませんが2万本以上の紫陽花が植えられていて毎年その数も増えているようです~♪


1.『弓削寺の紫陽花達~』
d0054276_20485918.jpg

2.
d0054276_20491243.jpg

3.
d0054276_20495257.jpg

4.
d0054276_2050763.jpg

5.
d0054276_20502564.jpg

6.
d0054276_20504297.jpg

弓削寺の鐘撞堂です・・・・・
お寺には紫陽花達は良く似合いますね~



7.
d0054276_20505712.jpg

8.
d0054276_20511477.jpg

急坂の参道の脇にも紫陽花が見られます
この参道から横にある広い場所にも紫陽花が多く植えられています~



9.
d0054276_20512780.jpg

10.
d0054276_20514119.jpg

11.
d0054276_2052282.jpg

弓削寺の正式な名前は『弓削禅寺』と言いますが普段は弓削寺と呼ばれることが多いようです~
弓削寺の山号は阿梨耶山で伝教大師が開基と伝わり開創当初は天台宗の寺院でした・・・・・
西美濃三十三霊場9番札所になっています~



12.
d0054276_20521765.jpg

13.
d0054276_2052351.jpg

14.
d0054276_20524880.jpg

15.
d0054276_2053647.jpg

弓削寺の開創は平安時代に遡ります・・・・・
弘仁8年(817年)に美濃国安八郡を伝教大師が巡錫の際に池田山に紫雲が漂っているのに気づいて訪れたところ温泉が湧きだしているのを見つけてその温泉を錫杖でかき回したところ馬頭観音が顕現したと伝わっています・・・・・
その馬頭観音を祀るために寺が建てられ奇瑞に因んで『阿梨耶山湯華寺』と名付けられた・・・・・
開創時の寺は現在の位置よりも山頂に近い位置に建っていました
その後応徳年間に白河法皇が谷汲山華厳寺を参拝の帰途に俄の病に見舞われましたがこの温泉に入り平癒したため弓削寺の寺号を下賜されました・・・・・
その際に大般若経600巻も授かりその経典を納めるため平安寺が建立されたと伝わっています
その後臨済宗に改宗して寺名も『弓削禅寺』と称するようになりました・・・・・



16.
d0054276_20532363.jpg

17.
d0054276_20533838.jpg

18.
d0054276_20535078.jpg

19.
d0054276_2054572.jpg

20.
d0054276_20542232.jpg

21.
d0054276_20543922.jpg

22.
d0054276_20545354.jpg

平成17年(2005年)に境内地を掘削したところ温泉が発見されました・・・・・
入湯施設ができ温泉客で賑わうようになりました~♪



23.
d0054276_2055695.jpg

この円空仏は新しく掘られたもので制作された人が寄付されたものです・・・・・



24.
d0054276_20552114.jpg

25.
d0054276_20553325.jpg

26.
d0054276_20555240.jpg

27.
d0054276_2056615.jpg

28.
d0054276_2056194.jpg

29.
d0054276_20563291.jpg

30.
d0054276_2056431.jpg

31.
d0054276_20565821.jpg

32.
d0054276_20571414.jpg

弓削寺の周囲の塀にも紫陽花が植えられています~



33.
d0054276_20572954.jpg

34.
d0054276_20574289.jpg

35.
d0054276_20575476.jpg

36.
d0054276_2058692.jpg

37.
d0054276_2058192.jpg

38.
d0054276_20583452.jpg

葉に虫食いが見られるものも僅かにありましたがここの紫陽花達の葉は綺麗なものが多いです~



39.
d0054276_20584766.jpg

40.
d0054276_2059338.jpg

41.
d0054276_2059163.jpg

42.
d0054276_20593197.jpg

弓削寺は山の斜面にあるお寺なので参道脇の斜面にはこんな感じで多くの紫陽花が咲いています~



43.
d0054276_205948100.jpg

山道から見上げた弓削寺の山門・・・・・
紫陽花の上には枝垂桜が多く見られました~
春も良さそうに思いました~(o ̄∇ ̄o)♪



44.
d0054276_210464.jpg

45.
d0054276_2102341.jpg

46.
d0054276_2104057.jpg

47.
d0054276_2105767.jpg

弓削寺の紫陽花は品種数はそれ程多くはないようでしたが綺麗に咲いているものが多くて何枚も撮ってしまいました~
今日は境内などの風景も載せましたが明日は紫陽花の花だけ載せようかと思っています~

今日は昼から岐阜市のゴミ処理場まで不用品を運んでから雨が降っていたので自然散策は無理になり各務原市の航空宇宙博物館へ行ってきました
現在はリニューアル工事中で戦闘機『飛燕』の分解したものが期間限定で展示されていますので見てきました・・・・・

今日の朝7時ころに長野を震源地とする地震がありました
岐阜市は震度3程のようでしたが長く感じました・・・・・
地震や大雨などの自然災害はいつ来るか判りませんので気を付けていても難しいですね・・・・・(´;ω;`)




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-06-25 21:31 | 神社仏閣 | Comments(12)

『林陽寺(りんようじ)を歩いて・・・』

今日も朝から雪が降っていて外に出たのは買い物だけでした・・・・・
気温が低く粉雪がずっと降り続いていました

今日は先日出かけた岐阜七福神のひとつになっている『林陽寺(りんようじ)』を参拝して写したものを載せることにしました・・・・・
このお寺は先代の住職が亡くなるまで私の家へ毎月の月命日などに来ていただいたお寺になりますが実際は宗派が違うのでどのような経緯だったのかは親しか判らないので今となっては全く不明になりました


1.
d0054276_20415112.jpg

林陽寺のしだれ桜は市保存樹になっています・・・・・
毎年3月第4日曜日には『しだれ桜コンサート』が催され宵になるとライトアップされた妖艶な夜桜が楽しめます



2.
d0054276_2042844.jpg

八幡山林陽寺は弘法大師の草創と伝わっています・・・・・
その後に春日明神別当観音堂として本村、丹羽左京亮の館外の鬼門守護として祠られていましたが久しく無住となり荒廃してしまいました・・・・・
1665年に宜公和尚が中興し師父の信州松本全久院(松本城主 松平丹波守菩提寺)了然玄超を開山に迎え曹洞宗寺院となりました・・・・・



3.
d0054276_20422416.jpg

4.
d0054276_20423752.jpg

5.
d0054276_20425292.jpg

6.
d0054276_2043554.jpg

岐阜七福神では布袋尊を祀るお寺になっています・・・・・
自分の体の良くないところを念じて布袋尊を撫でると御利益があるそうです~



7.
d0054276_20431814.jpg

8.
d0054276_20433080.jpg

9.
d0054276_20434614.jpg

10.
d0054276_20435975.jpg

11.
d0054276_20441252.jpg

12.
d0054276_20442471.jpg

13.
d0054276_20443851.jpg

本堂の中です・・・・・



14.
d0054276_20445048.jpg

観音像がたくさんありました・・・・・



15.
d0054276_2045259.jpg

お地蔵さまも安置されていました・・・・・



16.
d0054276_20451724.jpg

去年初めてこの枝垂れ桜の花を見ました
今年は一番綺麗な時期に見たいと思っています~



17.
d0054276_20453261.jpg

18.
d0054276_20454449.jpg

19.
d0054276_2046046.jpg

20.
d0054276_20461438.jpg

21.
d0054276_20462890.jpg

22.
d0054276_20464487.jpg

私の家は禅宗でも『臨済宗妙心寺派』なので葬式や法事等は岐阜市寺町にある『瑞龍寺』のお坊様に頼んでいます・・・・・
この『林陽寺』は『曹洞宗』なのですが十一世の層雲玄峰様とは長いお付き合いが有り今も私には不思議なことになっています
母も先代の層雲玄峰さんも今は居ないので確かめることが出来ずに今まで来てしまいました・・・・・

自然の事もですがよく考えてみると身近なことでも判らない事だらけですね



明日の雪がどうなるか判りませんがやんで欲しいです~
ブログネタが無くなりそうです・・・・・゚(゚´Д`゚)゚




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-01-14 21:11 | 神社仏閣 | Comments(18)

『伊奈波神社へ初詣・・・』

昨日は息子夫婦と一緒に金神社に行きましたが今日は昼から伊奈波神社(いなばじんじゃ)へ初詣に行きました
家の神棚に祀る御札を買う為に毎年この2箇所の神社へ行き御守りなども買っています・・・・・

元旦は混むので今日出かけましたがそれでも参拝者の事故を防ぐための通行規制がありました
指示に従いながら参道と石段を登り拝殿で参拝をしてきました


1.
d0054276_19521036.jpg

長良橋通りから伊奈波神社に通じる参道は三が日は歩行者専用になっていて参拝者が多く訪れます
岐阜市内の神社では初詣の参拝者数が一番多い神社です・・・・・



2.
d0054276_19522768.jpg

3.
d0054276_19524261.jpg

伊奈波神社の参道横に『岐阜善光寺』があってここも参拝手が多く訪れます・・・・・



4.
d0054276_19525688.jpg

5.
d0054276_19531081.jpg

6.
d0054276_19534529.jpg

鳥居の先に楼門があります・・・・・
伊奈波神社は岐阜県岐阜市にある神社です
美濃国三宮で旧社格は国幣小社
式内社『美濃国厚見郡 物部神社』の論社になります・・・・・・



7.
d0054276_1954425.jpg

垂仁天皇の第一皇子でこの地の開拓神である五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)を主祭神とし妃の淳熨斗媛命(ぬのしひめのみこと)母の日葉酢媛命(ひばすひめのみこと)外祖父の彦多都彦命(ひこたつひこのみこと)臣下の物部十千根命(もののべのとちねのみこと)を配祀しています・・・・・
これらの神を伊奈波大神と総称します

社伝によれば五十瓊敷入彦命は朝廷の命により奥州を平定しましたが五十瓊敷入彦命の成功を妬んだ陸奥守豊益の讒言により朝敵とされて現在の伊奈波神社の地で討たれたと言われています・・・・・



8.
d0054276_19541858.jpg

9.
d0054276_19543483.jpg

10.
d0054276_19544780.jpg

11.
d0054276_1955356.jpg

立派な楼門です・・・・・



12.
d0054276_19551911.jpg

社の奥にまだ沢山の柿がなっている木が見られました~
さすがにカラス達も神社の柿は採れないのかな?



13.
d0054276_1955342.jpg

14.
d0054276_1955496.jpg

太鼓橋・・・・・



15.
d0054276_1956475.jpg

16.
d0054276_19561739.jpg

楼門から見える拝殿です・・・・・



17.
d0054276_19563178.jpg

18.
d0054276_19564338.jpg

19.
d0054276_1956576.jpg

拝殿前も参拝者が一杯でした・・・・・

社伝によれば景行天皇14年に武内宿禰が稲葉山北西の椿原(現在の岐阜公園内の丸山)に五十瓊敷入彦命を祀ったのに始まるとされています・・・・・
壬申の乱の際に天武天皇が当社に戦勝を祈願したと言います
天文8年(1539年)に斎藤道三が稲葉山に稲葉山城を築城するにあたり現在地に遷座しました・・・
この際にその地にあった物部十千根命を祀る物部神社を合祀し稲葉山城の鎮守とし以降も岐阜の総産土神として篤い崇敬を受けました・・・・・

明治6年に県社に列格し昭和14年に国幣小社に昇格しました
『延喜式神名帳』では美濃国厚見郡の神社として『伊奈波神社』の社名は記されていませんが小社として『物部神社』の社名がありこれが『伊奈波神社』に合祀された物部神社であるとされています
あるいは『伊奈波神社』自体が式内・物部神社であるとする説もあるようです
『美濃国神名帳』には『正一位 伊奈波大神』『従五位下 物部明神』と記載されています・・・・・



20.
d0054276_1957894.jpg

伊奈波神社の神紋は十六菊と五七の桐の重紋ですがこれは天皇皇后の紋を使っている事になるので歴史的にも認められている神社だと感じられます・・・・・



21.
d0054276_19572472.jpg

22.
d0054276_19573846.jpg

23.
d0054276_19575133.jpg

24.
d0054276_1958497.jpg

25.
d0054276_19581993.jpg

伊奈波神社にもパワースポットがあるようで普段でもカメラ女子達の姿が見られます~



26.
d0054276_19583229.jpg

27.
d0054276_19584672.jpg

重要文化財(国指定) 太刀 銘景依造
岐阜県指定重要文化財 石造狛犬 獅子頭 美濃国第三宮因幡社本縁起
岐阜市指定有形民俗文化財 山車



28.
d0054276_19585968.jpg

縁起物授与所が彼方此方に見られます・・・・・
去年までは金神社で破魔矢を買って稲葉神社では福熊手を買っていましたが今年から福熊手はやめる事にしました
でも御札と御守りは買いました・・・・



29.
d0054276_19591342.jpg

30.
d0054276_19592817.jpg

商売繁盛の福熊手がたくさん並んでいました
大きな熊手を買って担いで歩いている人も見られました・・・・・・
商売をされている人なのでしょうね~



31.
d0054276_19594233.jpg

伊奈波神社の参道から見る岐阜市の風景~



32.
d0054276_19595796.jpg

33.
d0054276_2001219.jpg

34.
d0054276_2002652.jpg

35.
d0054276_2004039.jpg

36.
d0054276_200579.jpg

37.
d0054276_2011210.jpg

38.
d0054276_2012510.jpg

帰りも他の参拝者と歩調を合わせながらゆっくり歩いていました・・・・・



39.『玉水木(タマミズキ)』  モチノキ科モチノキ属の落葉高木
学名はIlex micrococcaと言います~
d0054276_2014132.jpg

伊奈波神社の後ろに見える金華山にはタマミズキが多く見られます
今日はコンデジだけ持っての初詣でしたので大きく撮れませんでした
真っ赤に生っている実を紅葉だと思う人も多いです~



40.
d0054276_2015684.jpg

41.
d0054276_2021072.jpg

42.
d0054276_2023431.jpg

まだ喉の痛みは取れませんが明日からは少し自然散策をしようかなと思っています~
近場だけで見られる花や実や鳥を撮りたいです・・・・・・

御節料理も殆ど食べてしまったので正月気分もあまり感じなくなっています~(*´∀`*)




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-01-02 20:52 | 神社仏閣 | Comments(18)

『織田信長が崇敬した武芸八幡宮を歩いて・・・』

先日出かけた弥勒寺から関市内の貴船神社と春日神社を参拝し最後に関市武芸川町にある『武芸八幡宮(むげはちまんぐう)』に行きました・・・・・
ここには1度出掛けましたが天気が悪くてゆっくり散策できなかったので今回は隅々まで見て来ました・・・・・

武芸八幡宮は岐阜城の鬼門の方角にあることから織田信長、信忠、信孝の3代から崇敬を集めていた神社と言われています・・・・・
織田信長建立の『下馬標』や信長・信忠・信孝の『安堵状』が残されています~

例年4月中旬(4月15日に近い日曜日)に行われる例祭は『花馬まつり』として知られています・・・・・



1.『武芸八幡宮の御旅所(社務所があります)』
d0054276_20102979.jpg

ここで『花馬まつり』が行われます・・・・・



2.
d0054276_20104433.jpg

ここの左側に道があって途中にある駐車場まで行けますが私と連れ合いはここから歩いて行きました



3.
d0054276_20105932.jpg

武芸八幡宮の最初の鳥居です・・・・・



4.
d0054276_20111622.jpg

例年4月中旬(4月15日に近い日曜日)に行われる例祭は『花馬まつり』と言われ和紙と竹で造られた桜の造花を背中に飾った4頭の馬が神社の境内に駆け込むと待ち構えていた人々がらその馬に詰め寄って馬の背中の桜花を奪い取るといういものです・・・・・
この奪った花を持ち帰って家の屋根に上げておくと『落雷防止』『家運隆盛』に御利益があると伝えられています~(o ̄∇ ̄o)♪
かつては山車や神輿で行われていたようですが江戸時代後期になって馬を使うようになったと言われています・・・・・・



5.『御獄神社』
d0054276_20113171.jpg

武芸八幡宮は境内社が多く祀られています
ここには『御獄神社』がありました・・・・・・



6.『太鼓橋』
d0054276_2011474.jpg

太鼓橋があります・・・・・
前方に隋神門が見えます



7.『下馬標』
d0054276_201245.jpg

『下馬標』が見られます・・・・(岐阜県指定重要文化財)
社伝によると八幡神社は養老元年(717)泰澄大師この地方に巡錫して大碓命の伝説を聞き命を祭って八幡神社と称しました
後に宇多天皇が美濃に行幸されたときに別当神宮寺に臣下の者を留め神社に奉仕させたと言います
これより武芸谷数郷の人々の崇敬を集め観応2年(1351)森又太郎源泰朝社殿を再興し、本殿、拝殿、五重塔、鐘楼等を建立してその頃には不動を含め十二坊が存在したと言われています

社伝の伝えるように社有地は大変広く鳥居から本殿に至る参道は実に約1000mに及び往時の盛観を偲ぶことが出来ます・・・・・
武将の信仰も篤かったようで藤原利隆(妙椿)の禁制、土岐家の守護代藤原基就・藤原利茂の禁制を、織田信長、信忠、信孝の安堵状などが現存しています

下馬標は惣門前太鼓橋を渡ったところの西側にたてられていて鑿跡の深い雄渾な書体で彫られています
刻銘は不明ですが神社の什物調査には永禄5年(1562)とあり石標の高さは1.4mで幅は0.39mです



8.『隋神門』
d0054276_20122042.jpg

9.
d0054276_20123372.jpg

隋神門を潜ると先には杉並木の参道が続いています・・・・・



10.『参道』
d0054276_20124924.jpg

どれも太く立派な杉でした・・・・
ちょうど職人さんが樹皮を剥く作業をしていました
幹が赤く見えるのは皮剥きを終えたものです・・・・・♪
並んでいる石灯籠もこの風景に溶け込んでいました



11.『琴平神社』
d0054276_2013536.jpg

境内社の一つ『琴平神社』です・・・・・



12.
d0054276_20132090.jpg

13.
d0054276_20133674.jpg

多くの杉に囲まれてとても静かな空間でした・・・・・



14.
d0054276_20135698.jpg

どれも大きな杉の木ですが前方に見えるものが一番太くて高い木でした・・・・・



15.『大杉』
d0054276_2014129.jpg

『武芸八幡神社の大杉』です・・・(岐阜県指定天然記念物)
参道にある大杉は推定樹齢約1000年で樹高38m、目通7.5m、昭和36年(1961)に岐阜県指定天然記念物に指定されました・・・・・



16.
d0054276_20142852.jpg

見上げると何かパワーが私に伝わって来るような気がしました・・・・・・(*´∀`*)



17.
d0054276_20144434.jpg

参道の横を小さく流れる川がありました・・・・・・
奥に拝殿や本殿への石段が見られます



18.
d0054276_2015078.jpg

杉並木の石段を登ります・・・・・



19.
d0054276_2015155.jpg




20.『拝殿です』
d0054276_20153233.jpg

拝殿の裏には結界が張られ滝が流れ落ちて神域の凛とした雰囲気が漂っています・・・・・



21.『太鼓楼』
d0054276_20154616.jpg

境内には十二坊を揃えていたと言われる『大聖寺』が建っていたそうですが神仏分離令の発令で『太鼓楼』と呼ばれる『鐘楼』だけが当時の名残をとどめています・・・・・
他の神社でも見られる『太鼓楼』は寺だった時代の名残なのですね



22.『境内社』
d0054276_2016384.jpg

多くの境内社がここには並んで祀られていました・・・・・



23.『本殿』
d0054276_2016185.jpg

拝殿の右奥に見られるのが本殿です
一般者は入ることが出来ません・・・・・・



24.『拝殿』
d0054276_20163216.jpg

拝殿内部です・・・・・
奥に本殿に通じる扉があります



25.
d0054276_20164879.jpg

横から見ると拝殿から本殿への通路が見られます・・・・・



26.
d0054276_2017367.jpg

27.
d0054276_2017193.jpg

28.
d0054276_20173352.jpg

さすがにここを攀じ登って隙間から本殿を撮るような事は出来ませんでした・・・・・



29.
d0054276_20174856.jpg

30.
d0054276_2018420.jpg

本殿と拝殿と境内社の見られる光景は厳かでした
心の中が『無』になったような気がします



31.
d0054276_20182047.jpg

32.
d0054276_20183497.jpg




33.『参道を見下ろして』
d0054276_20185024.jpg

これから今来た参道を戻ります・・・・・



34.
d0054276_2019590.jpg

35.
d0054276_20191928.jpg

あの大杉の前を通ります・・・・・
やっぱり貫禄がありますね~(o ̄∇ ̄o)♪



36.
d0054276_20193421.jpg

根が浅いのか彼方此方に地面の上に見られる杉の根が見られました
力強く感じます・・・・・
この木は根元で2本が繋がっていました



37.『冬苺(フユイチゴ)』  バラ科キイチゴ属の常緑匍匐性小低木
学名はRubus buergeriと言います~
d0054276_2019479.jpg

参道脇の杉の下に沢山のフユイチゴが実を付けていました
もし摘みながら歩いたとしたら車に着く頃にはバケツ一杯くらいは採れたかも知れません~
この季節に見られる野苺なので見れば楽しいですが味はカジイチゴやモミジイチゴと比べると相当落ちますね



38.
d0054276_2020145.jpg

赤い実は見れば可愛いですね~(o ̄∇ ̄o)♪



39.
d0054276_20201360.jpg

40.
d0054276_20202792.jpg

先日出かけた関市での神社仏閣巡りはこれで終了になります~

今日から休みになりましたが今日は一度も家から出ませんでした・・・・・
気温も低く寒くなっていたので今日は全く何もせずにボ~っと過ごしていました~(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-12-29 21:38 | 神社仏閣 | Comments(14)