カテゴリ:小旅行( 61 )

『清水湧く地蔵川の梅花藻風景~』

昨日の続きで同じような写真も多いですが今日は地蔵川の源のような『居醒の清水』から醒ヶ井駅方面に向かって歩きながら撮った写真を載せます・・・・

地蔵川は水質も綺麗で水温も低くこの流れの中に希少な魚『ハリヨ』が棲んでいて大切に保護されています~


1.
d0054276_20382748.jpg

『居醒の清水』は醒井の加茂神社に湧き出る名水で古くは『古事記』や『日本書紀』にも登場し『日本武尊』が熱病に倒れた時に体毒を洗い流した霊水とも伝えられます・・・・・

神社の境内脇の石垣の下から湧き出て旧中山道のほとりを地蔵川となって流れるこの水は近在の『西行水』や『十王水』と共に醒井の人々にとって欠かせない生活の水になっています~
平成20年6月には『平成の名水百選(環境省)』に選ばれました・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



2.
d0054276_20384391.jpg

3.
d0054276_2039169.jpg

加茂神社の鳥居です~



4.
d0054276_20391877.jpg

5.
d0054276_20393519.jpg

日本武尊(やまとたけるのみこと)が祀られています~



6.
d0054276_20395241.jpg

7.
d0054276_204086.jpg

ここから梅花藻の咲く下流へと流れて行きます・・・・・



8.
d0054276_20402323.jpg

9.
d0054276_20403876.jpg

10.
d0054276_20405353.jpg

11.
d0054276_20411081.jpg

雨森芳洲の句が書かれています
雨森芳洲は江戸時代中期の儒者で寛文8年(1668年)に近江国伊香郡雨森村(現滋賀県長浜市高月町雨森)の町医者の子として生まれました・・・・・



12.
d0054276_20412623.jpg

13.
d0054276_20414371.jpg

14.
d0054276_20415867.jpg

15.
d0054276_20421599.jpg

個人宅の橋には色々なものが見られます~
その家の趣味なども判るようですね・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



16.
d0054276_20422954.jpg

梅花藻達が夏の太陽を眩しがっているように思えました~



17.
d0054276_20424360.jpg

18.
d0054276_20425928.jpg

19.
d0054276_20431637.jpg

20.
d0054276_20433165.jpg

可愛い花です~(o ̄∇ ̄o)♪



21.
d0054276_20434487.jpg

22.
d0054276_2044027.jpg

ここに住んでいる人達は花が好きなんですね~
どの家も花が置かれていました・・・・・♪



23.
d0054276_20441693.jpg

24.
d0054276_20442886.jpg

25.
d0054276_20444585.jpg

川は野菜洗いやものを冷やす時にも使われていますので所々に段が作られていて川近くに行けます



26.
d0054276_20445988.jpg

27.
d0054276_20451221.jpg

28.
d0054276_20452970.jpg

29.
d0054276_20454573.jpg

30.
d0054276_2046357.jpg

31.
d0054276_20461649.jpg

目玉焼きのように見えて可愛くて楽しくなる花です~(o ̄∇ ̄o)♪



32.
d0054276_20462946.jpg

33.
d0054276_20464160.jpg

34.
d0054276_20465971.jpg

ソルスベリにノキシノブのような植物が見られました~
他の植物も見られたので人為的にされているのかと思いましたがジット見ていると自然のもののようでした~♪



35.
d0054276_20471761.jpg

36.
d0054276_20473220.jpg

ここは地蔵川でも観光客が殆ど行かない場所です・・・・・
見学者の多い街並みの川は綺麗に清掃がされていますがこの辺は何もされていなく自然のままになっています・・・・・
紫陽花が彼方此方に咲いていました~♪



37.
d0054276_2047488.jpg

紫陽花達の下にも梅花藻が見られます~



38.
d0054276_2048676.jpg

清掃がされないので梅花藻の上にも葉等が付いて見られました



39.
d0054276_2048206.jpg

40.
d0054276_20483565.jpg

でも綺麗に見られる所もあるので私は毎回ここにも寄ることにしています~(o ̄∇ ̄o)♪



41.
d0054276_20485198.jpg

42.
d0054276_2049560.jpg

観光地でも少し離れれば観光客の来ない素敵な所があることを経験していますので白川郷や高山や郡上八幡等でも地元の人でもあまり知らないような場所で風景などを楽しんでいます~♪



43.
d0054276_20491910.jpg

44.
d0054276_20493543.jpg

ここもたくさんの梅花藻が咲いていました・・・・・
私と連れ合いの他には誰もいませんでした~(o ̄∇ ̄o)♪

今日は昼前に愛猫(ビアンカ)を病院に連れて行ってから郡上市方面へ出かけました
途中で美濃市の蓮畑で蓮を見てから美並町の釜ヶ滝で渓流と滝を楽しみました・・・・・
帰りにたくさんのニホンザルを見ましたが写真はその中の1匹しか撮れませんでした・・・・・





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-07-08 21:26 | 小旅行 | Comments(10)

『流れに咲く梅花藻の花(地蔵川の梅花藻)』

今日は昼少し前から毎年見ている滋賀県米原市醒ヶ井の地蔵川まで梅花藻(バイカモ)を見に行きました
予定では近場の薬草園くらいを散策しようと思っていましたが毎年のデーターを見ていると今の季節には梅花藻を見ている事が多かったので急遽出かけることにしました~

国道21号を走り大垣市から関ヶ原市を通り滋賀県の米原市に入ります・・・・・
東海道線の醒ヶ井駅近くに車を停めて地蔵川に向かいました
今日は金曜日の平日なので観光客は少なかったですが駅の駐車場は殆ど満車状態でした
観光バスも1台見られましたが歩いている人は少なかったです(1時過ぎ・・・)

台風の影響はなく地蔵川の水位はあまり高くありませんでしたので梅花藻がよく見えました~


1.『地蔵川の流れる風景~』
d0054276_214282.jpg

地蔵川は生活の場所を流れている川です・・・・・
各家の前には橋が架けられていて普通の生活がここにはあります~



2.
d0054276_214189.jpg

呉服屋さんが冷たい飲もみものやカキ氷を売っていて橋の上に椅子やテーブルがありました
帰りに私達もここでカキ氷を食べました(イチゴも抹茶も200円でした~♪)



3.
d0054276_2143746.jpg

まだ紫陽花が綺麗に咲いていました
川の中の小さな水車は水流で回転して中に入れた芋などを洗う道具です~(*´∀`*)



4.『梅花藻(バイカモ)』 キンポウゲ科キンポウゲ属の沈水多年草
学名はRanunculus nipponicus var. submersus
d0054276_2145162.jpg

日本固有種です・・・・・
冷水を好むため北日本では水路や河川などに広く分布している所もありますが西日本などでは上流や湧き水のある地域に分布域が限られるので都道府県別レッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている場合も多くあります~
岐阜県では郡上市の山間部の河川でも見られます・・・・・
でもこちらの方が近いので毎年ここに来ています~



5.
d0054276_215565.jpg

水量がちょうど良くてたくさん見られました~
水量が多過ぎると水中になってしまうので写真が撮りにくくなります・・・・・



6.
d0054276_2152238.jpg

7.
d0054276_2153962.jpg

川の中にある緑色の藻(葉)の上で白い点々になって見えるのが梅花藻の花です~



8.
d0054276_2155563.jpg

梅花藻の花がビッシリ咲いていました~♪



9.
d0054276_2161096.jpg

10.
d0054276_2162762.jpg

11.
d0054276_2164326.jpg

ここで見られた紫陽花は装飾花が大きいものが多かったです~



12.
d0054276_217019.jpg

八重のザクロの花が彼方此方に見られました・・・・・



13.
d0054276_2171491.jpg

14.
d0054276_2172860.jpg

15.
d0054276_2174115.jpg

梅花藻のアップ~(o ̄∇ ̄o)♪



16.
d0054276_2175265.jpg

17.
d0054276_218763.jpg

18.
d0054276_2182276.jpg

今日も梅花藻より地蔵川の風景を多く撮ってしまいました~
この風景を見ていると撮りたくなります・・・・・・



19.
d0054276_2183786.jpg

本当に大きな装飾花の紫陽花です~(o ̄∇ ̄o)♪
気温が低いので紫陽花や他の花達も綺麗に咲いていました~



20.
d0054276_2185643.jpg

21.
d0054276_2191149.jpg

イチジクの実がたくさん生っていました~



22.
d0054276_2192379.jpg

23.
d0054276_2193835.jpg

24.
d0054276_2195229.jpg

半夏生(ハンゲショウ)も地蔵川の川岸に咲いていました・・・・・



25.
d0054276_2110942.jpg

26.
d0054276_2110263.jpg

竹で作られた橋の手摺りが粋ですね~
住んでいる人がどんな人なのか想像できそうです・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



27.
d0054276_21104360.jpg

28.
d0054276_21105779.jpg

コボウズオトギリの実が見られました~



29.
d0054276_211114100.jpg

地蔵川 紫陽花 竹簾・・・・・
素敵な風景でした~♪



30.
d0054276_21113362.jpg

梅花藻達は写真に撮り難い花です
多く咲いているので主役が見つかりません・・・・・・(´;ω;`)



31.
d0054276_21114776.jpg

32.
d0054276_2112068.jpg

33.
d0054276_21121526.jpg

米原市醒井宿資料館の前が梅花藻のビューポイントです
土日にはゆっくり撮れないですが今日は誰もいませんでした~(*´∀`*)



34.
d0054276_21123227.jpg

イッパイ咲いている梅花藻達~(o ̄∇ ̄o)♪



35.
d0054276_21124926.jpg

梅花藻がどのくらい咲いているのでしょうね?
100だと思えば200~ 200だと思えば400~・・・・・倍か~もぉ~(バイカモ) m(_ _)m



36.
d0054276_2113536.jpg

37.
d0054276_21132140.jpg

地蔵川の上にネムノキやサルスベリが咲く所があります
その花が散る季節には散ったピンクの花と梅花藻が並んで見られるのでその光景を撮ろうと訪れるカメラマンが多いです~
私も過去に2度その光景に出逢えました~(o ̄∇ ̄o)♪



38.
d0054276_21133861.jpg

39.
d0054276_21135537.jpg

40.
d0054276_21141454.jpg

まだ今年はサルスベリの花は咲いていませんでした・・・・・・



41.
d0054276_21143280.jpg

42.
d0054276_21144816.jpg

43.
d0054276_2115367.jpg

醒ヶ井駅から歩いて行くと最初に出逢う地蔵川の風景です
この小さな橋が観光客の最初のスナップ相手になるようです~(o ̄∇ ̄o)♪



44.
d0054276_21151986.jpg

地蔵川に沿って民家が立ち並んでいます・・・・・
この川の中にスイカや缶ビールを冷やしている家もよく見かけます~
天然の冷蔵庫みたいですね・・・・・・・

今日は醒ヶ井の地蔵川で梅花藻を見てから帰りに山室湿原に寄ってみました
花はあまり見られませんでしたがハッチョウトンボに出逢えました・・・・・

明日も地蔵川の梅花藻と川風景等を載せたいと思います~





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-07-07 22:01 | 小旅行 | Comments(16)

『金山巨石群(岩屋岩蔭遺跡)を歩いて・・・』

金山巨石群は岐阜県下呂市金山町岩瀬字高平 にある巨石記念物で構成される巨石遺構です・・・・・
巨石群を構成する岩屋岩蔭遺跡では岐阜県と旧金山町の発掘調査により縄文時代から遺跡が使用されていたことが判り地元民間の調査では巨石群で天文観測が行われさらに太陽暦が使われていたことがうかがえるとしています~
これまでの研究から金山巨石群を構築したのは証拠のある8000年前を含むおよそ1万2000年前から7000年前頃までに、高度な天文知識を持つ縄文人であったと推定ができるようです・・・・・

金山巨石群は岐阜県指定史跡『岩屋岩蔭遺跡』のある『岩屋岩蔭遺跡巨石群』と40m東の『線刻石のある巨石群』および東へ600m 高低差250m程の『東の山巨石群』の3個所の巨石群の総称です~

2年前にも私のブログで紹介しましたがもう一度載せることにします・・・・・
細かな説明は現地にある案内板を写しましたので参考にしてください~


1.
d0054276_20303772.jpg

『岩屋岩蔭遺跡』の案内板があるのですぐ判ります・・・・・



2.
d0054276_20305349.jpg

『妙見神社(岩屋神社)』は下呂市金山町祖師野にある祖師野八幡宮の飛地境内で岩屋岩蔭遺跡の洞穴に社殿が残っています・・・・・
祭神は天常立神(一説には国常立神)で祖師野八幡宮に合祀されています
金山巨石群では太陽や北斗七星などの天文観測とともに自然崇拝として太陽信仰と北辰信仰が行われていたことがうかがえます・・・・・♪



3.
d0054276_2031787.jpg

4.
d0054276_20312835.jpg

巨石に囲まれたように妙見神社があります・・・・・



5.
d0054276_20314147.jpg

6.
d0054276_20315546.jpg

どう見ても自然に出来たものではないですね・・・・・
古代人がどのようにしてこんなものを創り出し利用していたのか今も研究されています~



7.
d0054276_20321067.jpg

8.
d0054276_20322447.jpg

9.
d0054276_2032451.jpg

10.
d0054276_2033014.jpg

11.
d0054276_20331760.jpg

12.
d0054276_20333035.jpg

13.
d0054276_20334668.jpg

14.
d0054276_2034158.jpg

15.
d0054276_20341668.jpg

16.
d0054276_20342980.jpg

17.
d0054276_2034452.jpg

18.
d0054276_2035017.jpg

19.
d0054276_20351580.jpg

20.
d0054276_20352937.jpg

21.
d0054276_20354666.jpg

22.
d0054276_2036156.jpg

23.
d0054276_20361527.jpg

24.
d0054276_20362994.jpg

25.
d0054276_20364678.jpg

26.
d0054276_2037550.jpg

27.
d0054276_20371948.jpg

28.
d0054276_20373346.jpg

29.
d0054276_20374785.jpg

30.
d0054276_2038382.jpg

31.
d0054276_20381479.jpg

巨石の構成が判るようにパンフレットの配置図を載せておきます~



32.
d0054276_20382969.jpg

遺跡の前の渓流です・・・・・
全く私達以外には人影もなく静かでした・・・・・



33.
d0054276_20384425.jpg

34.
d0054276_20385836.jpg

縄文時代の人々は岩を削ったり移動させて疲れた時にこの流れで喉の渇きを癒したのかも知れないですね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



35.
d0054276_20391358.jpg

1万2000年前に人々がここに来る何万年も前から川の流れは続いていたのでしょう・・・・・
そう思うと人類の歴史なんてまだ短いものですね~~



36.
d0054276_20392810.jpg

37.
d0054276_20394334.jpg


3日間に渡り岐阜県下呂市の横谷峽と巨石遺跡の紹介をしました・・・・・
明日は各務原市浄化センターのバラ園と周辺の風景を載せる予定です~

職場にも暖房が入るようになりました
朝夕はとても寒く感じます・・・・・
今日の昼前に鳴き声がするので窓から眺めると会社の敷地の電線にモズがとまっていました~
今シーズン初めてのモズとの出逢いでした・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2016-11-01 21:03 | 小旅行 | Comments(16)

『横谷峡の滝見散策~【紅葉滝(もみじたき)・鶏鳴滝(けいめいたき)】』

今日は横谷峡四つの滝の残り二つの滝『紅葉滝(もみじたき)と鶏鳴滝(けいめいたき)』を紹介しますが今日は滝と横谷川の流れの他にこの周辺で見られた花や実やキノコも載せてみました~

昨日載せた2番目の二見滝から次の紅葉滝までが一番距離が有ります(800m)
でも紅葉始めた木々を眺めながらの散策は楽しかったです・・・・・


1.
d0054276_20131644.jpg

青い空に僅かな紅葉の赤が輝いて見えました・・・・・



2.
d0054276_20133214.jpg

色付き始めの頃が好きです~(o ̄∇ ̄o)♪



3.『姥百合(ウバユリ) 実』  ユリ科ウバユリ属の多年草
学名はCardiocrinum cordatumと言います~
d0054276_2013459.jpg

川沿いにウバユリの実が見られました・・・・・
彼方此方にありました~(*´∀`*)



4.
d0054276_20135885.jpg




5.『紅葉滝(もみじたき)落差9m』
d0054276_20141336.jpg

この滝に降りるのが一番疲れます・・・・・
鉄製の階段と木製の階段を降りて行きます~
去年はここでツリフネソウ達を見ました・・・・・



6.
d0054276_2014326.jpg

滝の横に倒木があるのが少し気になりますね・・・・・(´;ω;`)



7.
d0054276_20144786.jpg

8.
d0054276_2015718.jpg

9.
d0054276_20152313.jpg

10.
d0054276_20153835.jpg




11.『蝮草(マムシグサ) 実』  サトイモ科テンナンショウ属の多年草
学名はArisaema serratumと言います~
d0054276_20155684.jpg

去年は緑色の実を見たので同じような場所を探しましたら数箇所でマムシグサの実が見られました・・・・・
半分赤くなっていました~♪



12.
d0054276_201699.jpg




13.『紅花襤褸菊(ベニバナボロギク)』  キク科ベニバナボロギク属の一年草
学名はCrassocephalum crepidioidesと言います~
d0054276_20162139.jpg

これが花の姿です~
これ以上は開かずに最後は綿毛になります・・・・・♪



14.
d0054276_20163724.jpg

15.
d0054276_20165327.jpg

これが紅葉滝の階段です・・・・・
若い人なら平気でしょうが運動不足の私には息が切れました~゚(゚´Д`゚)゚



16.
d0054276_2017960.jpg




17.『秋丁字(アキチョウジ)』  シソ科ヤマハッカ属の多年草
学名はPlectranthus longitubsと言います~
d0054276_20172320.jpg

18.
d0054276_20173460.jpg

19.
d0054276_20174969.jpg

20.
d0054276_2018984.jpg




21.『キノコたち~♪』
d0054276_20182388.jpg

22.
d0054276_20184128.jpg

23.
d0054276_20185573.jpg

24.
d0054276_2019841.jpg

これは『杉枝茸(スギエダダケ)』です・・・・・
小さいキノコですが食用になるようです~(o ̄∇ ̄o)♪



25.『岩のトンネル』
d0054276_2019234.jpg

車も通れる道に岩のトンネルがあります~
山の一部を刳り貫いてセメントで固めたものだと思いますが迫力あります・・・・・



26.
d0054276_20193918.jpg

27.
d0054276_20195614.jpg

28.
d0054276_20201162.jpg

小さな流れも多く見られました~



29.
d0054276_20202677.jpg

30.
d0054276_20204327.jpg




31.『鶏鳴滝(けいめいたき)落差33m』
d0054276_20205910.jpg

木々の隙間から鶏鳴滝(けいめいたき)が見られます・・・・・
紅葉滝から300mの場所です~



32.
d0054276_2021146.jpg

横谷峡四つの滝の中では一番落差のある滝になります~
この滝には滝の名前の由来となる鶏と黄金姫(こがねひめ)伝説が古くから残っていて一昨年のブログで紹介しています・・・・・



33.
d0054276_2021318.jpg

34.
d0054276_20214894.jpg

35.
d0054276_2022546.jpg

36.
d0054276_20222149.jpg

37.
d0054276_20223910.jpg

38.
d0054276_20225616.jpg

39.
d0054276_20231348.jpg

気持ちの良い青空と木々の色でした~(o ̄∇ ̄o)♪



40.
d0054276_20233085.jpg




41.『杉平茸(スギヒラタケ)』  キシメジ科スギヒラタケ属のキノコ
学名はPleurocybella porrigensと言います~
d0054276_20234946.jpg

以前は食用キノコとしてキノコ図鑑に紹介されていましたが10年ほど前から『毒キノコ』とされました・・・・・
私の持っている30冊以上のキノコ図鑑は全てが無毒になっていますが平成16年にこのキノコによる中毒例が判ったために現在では食べないようにと警告されています~



42.
d0054276_20243486.jpg




43.『土栗(ツチグリ)』  ニセショウロ目ツチグリ科ツチグリ属のキノコ
学名はAstraeus sp.と言います~
d0054276_20245046.jpg

内部が白い幼菌のうちは食用になります・・・・・
東南アジアなどでは缶詰にもされるようですが日本ではあまり食べられません・・・・・

東北地方の南部(特に福島県など)ではマメダンゴやママダンゴと呼ばれて6月下旬から7月上旬にかけての梅雨の時期になると季節の味として食卓へ上ることもあるようです~
味噌汁の具や佃煮などにされることが多いキノコです・・・・・



44.
d0054276_20251029.jpg

たくさん生えているのを見た事がなかったので見られて嬉しかったです~(o ̄∇ ̄o)♪



45.
d0054276_20253622.jpg

46.
d0054276_20255833.jpg

こんな交通標識は都会の人は見る機会が無いでしょうね?
珍しいと思われそうなので撮ってみました~♪



47.
d0054276_20261629.jpg

48.
d0054276_20263328.jpg

49.
d0054276_20265053.jpg

横谷峡を散策しながら水の流れを撮りました・・・・・
夏の暑さを忘れるのには遅くて秋の綺麗な紅葉風景には少し早かったかも知れませんがそれでも自然の中に佇んでいると色々なものから何かのパワーを貰えるような気がしました~

ここから岩屋ダムの近くにある『金山巨石群 岩屋岩蔭遺跡』に向かいました・・・・・
『金山巨石群 岩屋岩蔭遺跡』は縄文人の古代天文台として縄文時代に太陽暦が使われていたことがうかがえる遺跡です・・・・・・
明日はここを紹介したいと思っています~♪





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2016-10-31 21:29 | 小旅行 | Comments(16)

『横谷峡の滝見散策~【白滝(しらたき)・二見滝(ふたみたき)】』

今日は昨日出かけた岐阜県下呂市金山にある横谷峡(よこたにきょう)を歩きながら見た滝の風景や渓流風景を載せます・・・・・
一昨年も去年も出掛けましたが去年より3週間遅く行きましたので紅葉は少しですが去年よりは見られました~

夏だったら涼しい光景ですが今の季節も別の雰囲気を体験出来て楽しい散策になりました・・・・・


1.
d0054276_1933779.jpg

横谷峡(よこたにきょう)は岐阜県下呂市金山地域にある峡谷で4つの滝があり『横谷峡四(よ)つの滝』として岐阜県指定名勝になっています・・・・・



2.
d0054276_1933226.jpg

馬瀬川の支流横谷川にあって岩を深くえぐって峡谷を成しています・・・・・
下から白滝(しらたき)・二見滝(ふたみたき)・紅葉滝(もみじたき)・鶏鳴滝(けいめいたき)と4つの滝がああります~
白滝の手前200mには駐車場があり近くにはトイレも設置されていますが二見滝と紅葉滝にはありません~最上流部の鶏鳴滝には駐車場はありますが車は入り口付近の駐車場に停めて歩いた方がいいでしょうね



3.
d0054276_19333860.jpg




4.『白滝(しらたき)落差17m』
d0054276_19335436.jpg

駐車場から200m程にあって散策路からすぐに滝の近くまで行けます~
綺麗な滝です~(*´∀`*)



5.
d0054276_193491.jpg

6.
d0054276_19342897.jpg

7.
d0054276_19344338.jpg

8.
d0054276_19345743.jpg

9.
d0054276_19351257.jpg

10.
d0054276_19352843.jpg

11.
d0054276_1935507.jpg

12.
d0054276_1936657.jpg

13.
d0054276_19362232.jpg

14.
d0054276_19363623.jpg




15.『二見滝(ふたみだき)落差9m』
d0054276_19365045.jpg

白滝から200m程の所にあります・・・・・
鉄製の階段を下りて近くまで行きます
右端に私の連れ合いが後ろ姿で特別出演~\(//∇//)\



16.
d0054276_1937624.jpg

ここにある4つの滝の中でここだけが2段の滝になっています
この日は雨の後だったので水量が多かったように感じました
雨に濡れた岩が滑りやすくて以前写した場所には行けませんでした・・・・・



17.
d0054276_19372246.jpg

18.
d0054276_19373753.jpg

19.
d0054276_19375485.jpg

木々が色付くのはもう少し先のようですがこれくらいの紅葉が私は好きです~♪



20.
d0054276_1938107.jpg

海の無い岐阜県に生まれ育った私は川が大好きです
渓流釣りをしていた頃は釣りそのものより川の近くにいられることが嬉しかったてす~



21.
d0054276_19382710.jpg

22.
d0054276_19384326.jpg

23.
d0054276_19385932.jpg

24.
d0054276_19391331.jpg

流れ落ちる滝の最上部を眺めていると吸い込まれそうになります・・・・・



25.
d0054276_19392956.jpg

26.
d0054276_19394716.jpg

27.
d0054276_1940464.jpg

この谷で釣りをしたことはありませんがきっとアマゴやイワナがいるのでしょうね・・・・・
国の天然記念物の『大山椒魚(オオサンショウウオ)』が生息しているようです~



28.
d0054276_19402171.jpg

これは滝じゃなく湧水が上から流れ落ちていたものです~♪



29.
d0054276_19403711.jpg

30.
d0054276_19405336.jpg

31.
d0054276_1941782.jpg

32.
d0054276_19412354.jpg

33.
d0054276_19413894.jpg

34.
d0054276_19415452.jpg

道路(散策路)のすぐ横を渓流が流れています
やっぱり車で上流まで行くより下から歩いてゆっくり散策するのが楽しいですね~
ここで色々なキノコや植物も見られました・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



35.
d0054276_19421276.jpg

岩肌を伝う湧水がシダ達を生き生きとさせています~



36.
d0054276_19422940.jpg

車も通れる道路ですが私が行った土曜日でも車は2台通っただけでカップルと若い女性のグループと私達と同年代のような夫婦の3組が散策していました・・・・・
紅葉が綺麗になる11月半ばは観光客が多くなるでしょうね~



37.
d0054276_1942464.jpg

湿気が多いのでシダやキノコが多く見られました~



38.
d0054276_1943110.jpg

39.
d0054276_19431774.jpg

40.
d0054276_1944289.jpg

41.
d0054276_19441782.jpg

山の紅葉もまだまだでした・・・・・



42.
d0054276_19443229.jpg

43.
d0054276_19445482.jpg

44.
d0054276_19452324.jpg

木の種類によっては山の麓でもこんなに紅葉している木もありました・・・・・
明日は今日の続きで残りの滝2つと出逢った植物や風景を載せたいと思っています~

今日は初めて各務原市で開催されていた『岐阜基地航空祭 2016』に行きましたが混雑するので基地内には入らずいつも桜を撮っている『各務原市浄化センター』の堤防から飛んでいた航空機を少しだけ撮りました
時間があったので浄化センターのバラ園や施設内の公園も写していました・・・・・

明日で10月も終わりです
11月は私にとってどんな月になるのか不安ですがいつものように前を向いて明るく笑っていたいです~(*´∀`*)





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2016-10-30 20:27 | 小旅行 | Comments(20)

『今年も白樺(シラカバ)に逢いたくて・・・・・』

毎年白樺に逢いたくなります・・・・・
今年は春に水芭蕉を見に行った時に逢いましたが夏の緑多い季節の白樺も見たくて夫婦滝から足を伸ばしました

ひるがの高原を過ぎて高山市の牧戸にある『であいの森』が私と白樺のコンタクトの場所になっています~
あまり人が来ないのでのんびり散策ができます~
この日も私が来た時には車が1台停められていただけで暫くして帰られたので私と連れ合いの二人だけになりました・・・・・

近くに『クマ注意』の立札があったので腰にクマ避け鈴を付けて散策を始めました~



1.
d0054276_20215056.jpg

『であいの森』の駐車場の近くを流れている『御手洗(みたらい)川』です・・・・・
紅葉の頃に写して今までには何度も載せた流れです~



2.
d0054276_2022893.jpg

3.
d0054276_20222476.jpg

私の大好きな白樺(シラカバ)が青い空の下で綺麗な緑の葉を風に揺らしていました~
正式和名は『シラカンバ』ですがシラカバと表記します・・・・・



4.
d0054276_20223944.jpg

他の木々の幹より白く輝いていますね~(o ̄∇ ̄o)♪



5.
d0054276_20225232.jpg

『栃木(トチノキ)』も大きな葉が光に透けていてとても綺麗でした~♪



6.
d0054276_2023864.jpg

これは『桂(カツラ)』の木です・・・・・
ハート型の葉が綺麗です~♪



7.
d0054276_20232456.jpg

であいの森にはカツラ並木があります・・・・・
岐阜市のテニテオの並木もカツラですがまだ木が小さいのでここのような姿になるのは随分後でしょうね
ここのようになれば楽しく散策できるのにって思うのですがその頃は私は居ないでしょうね・・・・・(´;ω;`)



8.
d0054276_20234748.jpg

9.
d0054276_2024334.jpg

この辺はまだシラカバは少ないです・・・・・
もう少し先へ歩いて行きます~



10.
d0054276_20241883.jpg

であいの森の奥にある『であい橋』の上から下を流れる御手洗川を毎回撮ってしまいます~
やはり紅葉のシーズンが一番綺麗ですね・・・・・



11.
d0054276_2024338.jpg

12.
d0054276_20244882.jpg

13.
d0054276_2025225.jpg

まだまだ夏の空ですが日陰では風が涼しく感じられました~♪



14.
d0054276_2025163.jpg

15.
d0054276_2025322.jpg

『であい橋』を渡ると整備された散策路が続いています・・・・・
ここは落葉松(カラマツ)が多く落とした葉が地面に積もっています
散策路には雨水捌け用の凹みがありますがその上にカラマツの葉が積もっていて気を付けないとズッコケます~゚(゚´Д`゚)゚



16.
d0054276_20254729.jpg

白樺林の奥には休憩用の東屋が設けられています~
ここには10回くらい来ていて連れ合いと来たのは今回で2年目ですが一人で来ていた時にはここで白樺を見ながらパンとカンコーヒーの昼食タイムをとっていたことも多かったです~



17.
d0054276_2026396.jpg

この日も心の中で『また逢いに来たよ~』なんてシラカバ達に声をかけました~♪



18.
d0054276_20261976.jpg

19.
d0054276_2026355.jpg

『♪白樺~~青空~~自然風~~♪』なんて歌いたくなる風景です・・・・・・



20.
d0054276_20265281.jpg

岐阜県より西でも白樺は見られますが自然林としての白樺林は岐阜県が南限といいます・・・・・
いつも行くエーザイの薬樹園に1本ありますが白樺とは呼べないほど哀れな姿で立っています
私の家から一番近い白樺林は『ひるがの高原』ですがそれより手前ではダイナランドのスキー場など標高が高ければ見られます・・・・・



21.
d0054276_2027713.jpg

東屋の近くから見られる御手洗川と吊り橋・・・・・
御手洗川は庄川の支流になります~



22.
d0054276_20272271.jpg

23.
d0054276_20273722.jpg

この姿を見ているととても嬉しくなります・・・・・
そしてまた秋にも逢いたくなりました~♪



24.
d0054276_20275389.jpg

25.
d0054276_20281328.jpg

ここには他にも色々な木々や植物が見られます
夏椿や木槿から羊歯類や苔達がこの森で暮らしています~(*´∀`*)



26.
d0054276_20282961.jpg

27.
d0054276_20284227.jpg

東屋の柱に貼られていた『危険クマ出没注意』の案内~~
この周囲でクマの居そうな雰囲気を感じたことは一度もありませんがこんな貼り紙を見ると何となく出そうですね・・・・・
木々にもクマの爪砥跡が見られなく周囲にも糞などを今まで見ていないのでたぶんここには来ないのではと思いますが何かあってからだと市町村の管理不足と言われるので貼られているのだと思います~



28.
d0054276_20285927.jpg

29.
d0054276_20291599.jpg

30.
d0054276_20293038.jpg

31.
d0054276_20294671.jpg

32.
d0054276_2030412.jpg

ひと回りして『であい橋』を渡り元の場所に戻りました・・・・・
カツラの向こうでシラカバが手を振っているように思えました~♪

この『であいの森』から『ひるがの高原』に戻り『湿原植物園』を散策しました・・・・・
そして帰りに『分水嶺公園』にも立ち寄って僅かでしたが散策をしました~


盆休みの続きみたいな事で金曜から火曜まで5日間休みになっています
今日は写真撮りは休みにしていつもの定期検診の内科と少しメガネが合わなくなっていたのでメガネ屋に行っただけでした・・・・・
明日は近くで何か撮りたいです~
暑さと多く発生する台風が心配ですので無理せず過ごす事に心掛けたいと思っています






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2016-08-22 21:23 | 小旅行 | Comments(16)

『卯建の見られる町並み(岐阜県美濃市)』

今までに何度も出掛けて載せている街並みですが今回は建物の入口に掛かっている『暖簾(のれん)』も多めに撮りました・・・・・
あまり観光客が歩かない小さな路地裏も歩いてみました~

今回の写真は全てコンデジ(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)で撮りましたがレンズに付いていた埃に気がつかずそのまま撮っていましたので写真に薄く暈けたようにものが写っているものがあります
デジイチの時には注意しているのですが初歩的なミスでした・・・・・
目立つのもは載せないようにしましたが見て頂きたい写真はそのまま載せることにしました~♪


1.
d0054276_20245048.jpg

2.
d0054276_2025335.jpg

『屋根神』と呼ばれるものです・・・・・
民家の屋根に設けられた小さな祠(ほこら)です~
この屋根の上の祠は『屋根神様』などと呼ばれ中部地方で多くみられます
『軒の神様』や単に『神様』などと呼ばれることもあります・・・・・
このような信仰の形は全国的に見ても珍しいもののようです~

屋根神の始まりは明治初期からで昭和初期に広まったと考えられています



3.
d0054276_20251685.jpg

『観光案内所』です・・・・・
この周辺の観光はここで調べられます~



4.
d0054276_20252844.jpg

5.
d0054276_2025414.jpg

6.
d0054276_20255339.jpg

7.
d0054276_2026676.jpg

8.
d0054276_20261977.jpg

9.
d0054276_20263252.jpg

10.
d0054276_2026451.jpg

お米屋さんです~



11.
d0054276_202724.jpg

無料の駐輪場です・・・・・
車も停められる駐車場に隣接しています~(o ̄∇ ̄o)♪



12.
d0054276_20271868.jpg

13.
d0054276_2027341.jpg

14.
d0054276_20274732.jpg

15.
d0054276_2028315.jpg

打ち水用の桶が置かれています~



16.
d0054276_20281563.jpg

町並みギャラリーが彼方此方にあります
ここも無料で見られます・・・・・・



17.
d0054276_20282796.jpg

ここでは美濃和紙で造られたフラワーアレンジメントが見られました~♪



18.
d0054276_20284486.jpg

酒屋さんも多くあります・・・・・



19.
d0054276_20285566.jpg

屋根の上には『卯建(うだつ)』が見られます・・・・・
本来は町屋が隣り合い連続して建てられている場合に隣家からの火事が燃え移るのを防ぐための防火壁として造られたものですが江戸時代中期頃になると装飾的な意味に重きが置かれるようになりました・・・・・
自己の財力を誇示するための手段として上方を中心に商家の屋根上には競って立派なうだつが上げられました・・・・・
うだつを上げるためにはそれなりの出費が必要だったことからこれが上がっている家は比較的裕福な家に限られていたので『生活や地位が向上しない』『状態が今ひとつ良くない』『見栄えがしない』という意味の慣用句『うだつが上がらない』の語源のひとつと考えられています~♪



20.
d0054276_2029799.jpg

21.
d0054276_20291940.jpg

隣同士で卯建を競い合っています~
よく似ていますが少し違っていますね・・・・・



22.
d0054276_20293272.jpg

23.
d0054276_20294741.jpg

24.
d0054276_2030012.jpg

25.
d0054276_20301315.jpg

普通の住宅なので日常の生活をされています
観光客のマナーとして一般住宅の前などで騒いだりする事のないようにして頂きたいですね



26.
d0054276_20302471.jpg

美濃和紙の本場ですから和紙の店が多く見られます



27.
d0054276_20303856.jpg

28.
d0054276_20304940.jpg

ここもギャラリーになっています~



29.
d0054276_2031139.jpg

ここでは外国のデザイナーによる和紙の創作展示がされています



30.
d0054276_20311227.jpg

31.
d0054276_20312422.jpg

32.
d0054276_20313790.jpg

観光客の少ない通り・・・・・
こんな雰囲気が好きです~(o ̄∇ ̄o)♪



33.
d0054276_203151100.jpg

ここにも『打ち水』に使う水がありました・・・・・



34.
d0054276_2032473.jpg

35.
d0054276_20321836.jpg

36.
d0054276_20323077.jpg

『春夏冬中』は『商い中(秋無い)』って読みます~(o ̄∇ ̄o)♪



37.
d0054276_20324280.jpg

38.
d0054276_20325588.jpg

『屋根神』も『卯建』もある表装の店です・・・・・
暖簾の下に映っている足は私と連れ合いっぽいです~(*´∀`*)



39.
d0054276_2033919.jpg

40.
d0054276_20332250.jpg

こっそり出演中~(o ̄∇ ̄o)♪



41.
d0054276_20333665.jpg

42.
d0054276_20334912.jpg

とても暑かったのでここでカキ氷を食べました
私が宇治ミルクで連れ合いは黒糖ミルクでした・・・・・・・
カキ氷を食べるのは久し振りでした~(o ̄∇ ̄o)♪



43.
d0054276_2034162.jpg

美濃市の卯建のある町並みは高山や犬山や妻籠や馬籠等とは違い古い時代からあった建物の多い町並みに新しい建物を合わすことによって生まれた風景です
外観を統一して美しい街並みを造り上げたことは大変だったと思いますがその分他とは違い観光に関してのいろいろな事がまだ途上のようになっています

これからどんなふうになるのか分かりませんが住民と観光客共に楽しめる町並みになって欲しいですね
岐阜市内にも川原町がありますがこちらもまだ中途半端です・・・・・




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-07-20 21:16 | 小旅行 | Comments(16)

『醒ヶ井地蔵川の梅花藻』

今日は参議院選挙の投票をしてから滋賀県の米原市醒ヶ井まで毎年見に出かけている梅花藻を見に行きました・・・・・
梅花藻の咲く地蔵川は水量で花が綺麗に見られるか見られないかが決まるのて心配でしたが水中に咲く花もあれば水面の上に咲いている花もあってちょうど良い状態でした(水位は少し高めでした)

本格的な観光シーズンになって観光バスが駅前の駐車場にも見られました
これからが醒ヶ井の梅花藻の季節になるのでしょうね~(*´∀`*)

今回は中山道の街並や建物などは載せず梅花藻と地蔵川の光景だけ載せました・・・・・



1.
d0054276_19444467.jpg

JR東海道線の醒ヶ井駅近くに車を停めて『水の駅』の中で昼食を食べて梅花藻の見られる『地蔵川』に向かいました
歩くとすぐに見られる地蔵川の橋から上流がビューポイントになります・・・・・



2.
d0054276_19445861.jpg

雨で増水しているかと心配でしたが少し増水していましたがちょうど見頃の水位でした・・・・・
約1年振りの梅花藻との出逢いです~♪



3.
d0054276_1945936.jpg

4.
d0054276_19452243.jpg

梅花藻はキンポウゲ科キンポウゲ属の多年草の水草です・・・・・
私の持っている古い山菜の図鑑には梅花藻も山菜として載っていましたが最近は載せられているものが少なくなっているようです・・・・・
食べられる部分は葉で茹でて三杯酢で食べるとシャキシャキした歯応えが良いと言われていますがそんなにしてまで食べる事はないでしょうね~
貴重な植物なので見るだけでいいですね・・・・・・♪



5.
d0054276_19453662.jpg

6.
d0054276_1945509.jpg

7.
d0054276_1946544.jpg

地蔵川は生活している人達の家の前を流れています
住んでいる人は個々に橋を架けて生活の場として暮らしています



8.
d0054276_19461955.jpg

涼しげな光景です~



9.
d0054276_19463387.jpg

家の前に梅花藻が咲いて流れに揺らいでいます~



10.
d0054276_19464527.jpg

11.
d0054276_19465731.jpg

12.
d0054276_19471673.jpg

紫陽花もまだ綺麗に咲いている所がありました・・・・・



13.
d0054276_19473366.jpg

地蔵川に見られる緑色は梅花藻です・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



14.
d0054276_1947494.jpg

15.
d0054276_1948535.jpg

16.
d0054276_1948303.jpg

民家それぞれの橋にはいろいろな表情があります・・・・・
橋だけ写しても個性的で面白そうですね~

川に降りて流れを利用するために造られた石段なども多く見られます



17.
d0054276_19484566.jpg

川横に住んでいる人たちは何となく風流に感じます・・・・・
古い簾がいいですね~(*´∀`*)



18.
d0054276_1949162.jpg

19.
d0054276_19491661.jpg

20.
d0054276_19493057.jpg

21.
d0054276_194943100.jpg

22.
d0054276_19495425.jpg

冷涼で流れのある清流中に生育して初夏から初秋にかけて梅の花のような白い花を水中につけます・・・
葉は濃緑色で分裂し流れに沿って1m程に伸びます~♪
静水では育たず水槽での生育も困難と言われているので栽培は難しく自然のものを大切にしたいですね



23.
d0054276_1950682.jpg

24.
d0054276_19501731.jpg

25.
d0054276_19503174.jpg

26.
d0054276_19504239.jpg

27.
d0054276_19505619.jpg

28.
d0054276_19511280.jpg

個々の橋は家によっては車が通る事のできるしっかりした橋から人が通るだけの橋も多く見られ橋の上に花を飾ったりしているところも多いです~(*´∀`*)



29.
d0054276_19512878.jpg

30.
d0054276_19514577.jpg

31.
d0054276_1952061.jpg

32.
d0054276_1952169.jpg

33.
d0054276_19523029.jpg

カメラマン達が一番撮りたい光景は地蔵川の流れの上に咲いている百日紅(サルスベリ)のピンクの花が散って流れて梅花藻と一緒に見られる所なのですが私も以前はよく写しました・・・・・

今日は合歓木(ネムノキ)の散った花が梅花藻と写せました
今まで撮れなかった光景なので良かったです~



34.
d0054276_19524478.jpg

35.
d0054276_19525953.jpg

合歓木の咲いている場所は観光客が来ないような所でしたので他に誰もいませんでした
まだ綺麗に咲いていました~♪



36.
d0054276_19531125.jpg

37.
d0054276_1953278.jpg

38.
d0054276_19534375.jpg

紫陽花と梅花藻・・・・・
この場所も観光客やカメラマンが殆ど来ないところです~
数年前から醒ヶ井に来るといつも寄っています・・・・・



39.
d0054276_1954081.jpg

観光用の場所でないので地域の人の清掃活動も少ないようで梅花藻に落葉などが絡んでいることも多いですが人が来ないのは静かでいいです~(*´∀`*)



40.
d0054276_19541448.jpg

41.
d0054276_19543099.jpg

42.
d0054276_19544489.jpg

今日は梅花藻を見てから久し振りに『醒ヶ井養鱒場』に行きました
子供が小さい頃に行ってから20年振りくらいでした
雰囲気がだいぶ変わっていましたが暑かった今日でしたが日陰では川風の涼しい所もあって暫く散策していました・・・・・

いつもは梅花藻の写真を2日間続けて載せていましたが今回は今日だけにしました・・・・・
明日は養鱒場の写真を載せたいと思っています~♪






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-07-10 20:33 | 小旅行 | Comments(20)

『飛騨川の渓谷美と五宝滝公園の風景』

昨日載せた『五宝滝』がある飛騨木曽国定公園内の『五宝滝公園』を散策して写した写真を載せます
最初は途中で見た木曽川の支流になる飛騨川の深い谷も載せました・・・・・

昨日のブログで『五宝滝公園』へのカーナビ案内が細い道を教えて通られなかったと書きましたが一応道は繋がっていたようですが新しい道があるのにカーナビが判断できないということがこの公園には多いようでした
出掛けられるならカーナビを無視して道路地図と道路標識を見て走った方が良さそうです
国道256号線、41号線、県道402号線を通り北山公民館の先の道路を走って行きますと『五宝滝まで1.5km』の案内看板がありますのでそこを曲がってください~


1.『飛騨川』
d0054276_20312077.jpg

飛騨川には飛水峡や中山七里などの景勝地が多くあります・・・・・
この風景は特別な名所風景ではありませんでしたが橋の上から眺めたら素敵だったので写しました
八百津町は木曽川近くにありますが飛騨川方面から山越えをして行ったので飛騨川が写っているのです~




2.
d0054276_20313368.jpg


3.
d0054276_20314760.jpg


4.
d0054276_203218.jpg

ここを左に向かうと高山市へ行きます・・・・・




5.
d0054276_2032168.jpg


6.
d0054276_20323141.jpg

木曽川も飛騨川も深い谷が多いです
こんな風景は長良川では見られません・・・・・




7.
d0054276_20324620.jpg

ダムからの放水口のようなものが見られました~




8.
d0054276_2033168.jpg


9.
d0054276_20331571.jpg

高山線の普通列車です・・・・・
少し前にここを『特急ワイドビューひだ』が走って行くのを見ました~♪




10.『五宝滝公園』
d0054276_203330100.jpg

五宝滝公園の駐車場前には小さな流れが見られました・・・・・




11.
d0054276_20334746.jpg

ジッと見ていると魚の姿が見られました
この場所だと渓流魚では無さそうなのでカワムツかアブラバヤかタカハヤくらいでしょうね・・・・・♪




12.
d0054276_2034367.jpg


13.
d0054276_20341820.jpg

色付いている楓も見られましたが終わってしまった楓の枝に縮れて丸まっているような葉も多く見られました
散っていたものもありました・・・・・




14.
d0054276_20343495.jpg

ヤギの鳴き声がするので対岸を見たらヤギと人の姿が見られました・・・・・
勿論これはペーターと子ヤギのユキちゃんではないですね~(o ̄∇ ̄o)♪




15.
d0054276_20345116.jpg

二本の木が神木のように祀られていました・・・・・




16.
d0054276_2035780.jpg


17.
d0054276_20352281.jpg


18.
d0054276_20353956.jpg

水車小屋が見られました・・・・・
実際に使われているものと言うよりは観光客用のシンボルっぽかったです~




19.
d0054276_2035566.jpg

でも風景の中に溶け込んでいるのがとても素敵に思えました~(*´∀`*)




20.
d0054276_20361236.jpg


21.『五宝滝への散策路』
d0054276_20362935.jpg

五宝滝に向かう散策路を昨日はあまり載せられませんでしたので途中で見た風景をここで紹介しておきます・・・・・・♪




22.
d0054276_2036445.jpg


23.
d0054276_20365764.jpg

小さな落ち込みが何箇所にも見られました・・・・・
夏に行けば涼しくて気持ち良いでしょうがこの日は少し肌寒かったですよ~




24.
d0054276_2037133.jpg


25.
d0054276_20372896.jpg

散策路は石畳ではなくコンクリートで石が固定されているのでとても歩きやすかったです
滝などへの散策路のほとんどは石段だったり岩などで出来た道が多いのでここは優しい道に感じました




26.
d0054276_20374316.jpg


27.
d0054276_20375942.jpg

檜だと思いますがすぐ近くまで迫って来るみたいに見えます・・・・・
手前のものなどは流れの中に根を伸ばしていました~




28.
d0054276_20381769.jpg


29.『滝から戻って・・・・・』
d0054276_20383282.jpg


30.
d0054276_20384882.jpg

滝に向かう散策路はここから行きます~♪




31.
d0054276_2039414.jpg

公園の木々も落葉が進んでいるようでした・・・・・




32.
d0054276_20392461.jpg


33.
d0054276_20393818.jpg

八百津は宮本武蔵との関わりがあるようです
詳しい事は次の写真に説明が書かれています・・・・・(*´∀`*)




34.
d0054276_20395180.jpg


35.
d0054276_2040772.jpg

帰りながら川向こうを見るとヤギだけが見られました~




36.
d0054276_20402073.jpg

川があるので放し飼いにされていても逃げないのでしょうね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪




37.
d0054276_20403436.jpg


38.
d0054276_20404739.jpg

初めて出かけた八百津の五宝滝ですが紅葉が綺麗な時だったらもっと素晴らしかったでしょうね
でも三段の滝などを見られて楽しく過ごせました・・・・・

八百津町で今一番話題になっている人・・・・・
世界記憶遺産の候補になり唐沢寿明さん主演の映画ももうすぐ公開される『杉原千畝(すぎはらちうね)』さんです・・・・・
東洋のシンドラーとも呼ばれる外交官で6000人のユダヤの人達の命を救いました

明日は『杉原千畝記念館』とその周囲にある『人道の丘公園』を紹介したいと思います~






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-11-14 21:28 | 小旅行 | Comments(20)

『五宝滝の紅葉風景』

今日は今まで出掛けたことのない加茂郡八百津町八百津にある『五宝滝』まで滝と紅葉を見に出かけました
天気は曇り空でしたが雨の心配がなさそうだったので出かけることにしましたが岐阜市内から目的地までをナビ任せにしていたら途中から車が通るのがやっとのような道に行ってしまい地図と林業などの仕事をしている人に聞きながらやっと目的地に辿りつけました・・・・・゚(゚´Д`゚)゚

予定では1時間半くらいで行けた場所に2時間以上掛かりました・・・・・

目的の場所『五宝滝公園』の駐車場に車を停めて案内板で散策する方向などを確認して歩き始めました
五宝滝公園は全長80mに及ぶ3段の滝と武蔵伝説に秘められた2つの滝をメインとした自然豊かな自然公園でハイキングや水遊びなどができる所になっています~

遠くまでは体力的に疲れそうなので三段になっている滝の少し先まで行く事にしました・・・・・


1.
d0054276_20252832.jpg


2.
d0054276_20254317.jpg


3.
d0054276_20255727.jpg


4.
d0054276_20261296.jpg


5.
d0054276_20262798.jpg

散策路が整備されていて楽に歩けるようになっています
途中には赤い太鼓橋が架けられていて雰囲気が良いです~




6.
d0054276_20264318.jpg


7.
d0054276_20265850.jpg


8.
d0054276_20271386.jpg

散策路はこのようになっています~




9.
d0054276_20272890.jpg

真赤なマムシグサの実が見られましたが金山の四つの滝と同じくこの実も連れ合いが見つけました~
赤い色には反応が早い連れ合いです~(o ̄∇ ̄o)♪




10.
d0054276_2027433.jpg


11.
d0054276_20275725.jpg

三段の滝です・・・・・
こんな滝を見たのは初めてでした~




12.
d0054276_2028114.jpg


13.
d0054276_20282648.jpg


14.
d0054276_2028419.jpg

この東屋で滝を眺めることができます
休憩にもいいですね・・・・・♪




15.
d0054276_20285784.jpg


16.
d0054276_20291291.jpg

落ち葉がいっぱいなので濡れていると滑りやすいでしょうね・・・・・
足元に気をつけながら歩きました




17.
d0054276_20292736.jpg


18.
d0054276_202942100.jpg


19.
d0054276_2029563.jpg


20.
d0054276_20301075.jpg

この橋の上からの眺めも良かったですよ~(*´∀`*)




21.
d0054276_20302517.jpg


22.
d0054276_2030398.jpg


23.
d0054276_20305437.jpg

綺麗で迫力もありました・・・・・




24.
d0054276_2031976.jpg

同じような写真がありますが行きと帰りで写しているので似た場面も多くなってしまいました~♪




25.
d0054276_20312354.jpg

一番下の滝を真上から見る事ができました・・・・・




26.
d0054276_20313962.jpg


27.
d0054276_20315331.jpg


28.
d0054276_203278.jpg


29.
d0054276_2032215.jpg


30.
d0054276_20323587.jpg


31.
d0054276_2032523.jpg

このような橋が多くありました・・・・・
赤い色は紅葉シーズンには似合いますね~




32.
d0054276_2033636.jpg


33.
d0054276_20332168.jpg


34.
d0054276_20333772.jpg


35.
d0054276_20335128.jpg


36.
d0054276_2034668.jpg

今日は気温はちょうど良かったのですが歩いていると汗が出ました・・・・・

明日はここまでの道中と五宝滝公園の一部を載せたいと思います~





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-11-13 20:53 | 小旅行 | Comments(14)