カテゴリ:風景( 217 )

『渓流と滝と花達と・・・・・』

粥川から国道156号に戻り岐阜市方面に向かいました・・・・・
途中で釜ヶ滝にも寄る事にしましたが前回と同じで幾つかある滝の一番手前にある第三の滝だけ見て来ました・・・・・
この釜ヶ滝の駐車場辺りでも花が見られることがあるので散策を楽しみました~

去年は花が終わりかけていたイワタバコも花を見ることができました・・・・・
思いもよらずキツリフネにも出逢えたので寄って良かったと思いました~(o ̄∇ ̄o)♪


1.『釜ヶ滝渓谷の流れ・・・・・』
d0054276_20171320.jpg

駐車場のすぐ近くに見られます・・・・・
この先に流しそうめんの『滝茶屋』がありますがその中を通って滝に向かいます~



2.
d0054276_20172597.jpg

土曜日だったので駐車場には多くの車が停まっていましたが滝茶屋の客が大半で滝への散策路には人は少なかったです~



3.
d0054276_20173786.jpg

4.
d0054276_20174925.jpg

5.
d0054276_2018063.jpg

6.
d0054276_20181298.jpg

前回は暑い日でしたが谷風は涼しく感じられました
この日は少し風が吹くとヒンヤリして冷え性の連れ合いは『寒い~』と言っていました・・・・・



7.
d0054276_20182380.jpg

8.
d0054276_20183540.jpg




9.『岩煙草(イワタバコ)』 イワタバコ科イワタバコ属の多年草
学名はConandron ramondioides
d0054276_20184651.jpg

山の岩肌に生え葉がタバコの葉に似るために名付けられました・・・・
短い根茎で岩の隙間などに付着します
土とは異なるので常に湿った岩場でないと生活できない植物です・・・・・・♪
林道脇など日陰で適当な明るさがある場所で岩を覆うように見られます~



10.
d0054276_20185998.jpg

11.
d0054276_20191167.jpg

葉は冬には枯れますが新葉が縮んだ冬芽として越冬します~



12.
d0054276_20192657.jpg

13.
d0054276_20193810.jpg




14.『流れ・・・・・』
d0054276_20195110.jpg

15.
d0054276_2020388.jpg

16.
d0054276_20201613.jpg

17.
d0054276_20202965.jpg

18.
d0054276_20204115.jpg




19.『逞しき木々達』
d0054276_2020541.jpg

渓流の流れに沿って散策路を歩いていると岩や山肌から苔生した木々が見られます
曲がったまま伸びたものや岩を割ってでも真っ直ぐ生えている木々も見られます・・・・・
自然の中に生きているもの全ては逞しいように思えました~



20.
d0054276_2021798.jpg

21.
d0054276_20212258.jpg

象のように見える木~(*´∀`*)



22.
d0054276_20213599.jpg




23.『釜ヶ滝 第三の滝』 落差20m
d0054276_20215049.jpg

これが第三の滝です・・・・・
第一の滝と第二の滝は坂や階段を進まないと見られませんので最近はここだけで引き返しています
途中に行者の滝もありますが今回は載せませんでした



24.
d0054276_2022464.jpg

25.
d0054276_20221764.jpg

26.
d0054276_20223032.jpg

27.
d0054276_20224469.jpg

28.
d0054276_20225739.jpg




29.『苔生した風景~』
d0054276_20231030.jpg

30.
d0054276_20232348.jpg

31.
d0054276_20233869.jpg

32.
d0054276_20234993.jpg

33.
d0054276_202419.jpg

シダの仲間も多いです~



34.
d0054276_20241377.jpg

35.
d0054276_20242498.jpg

キノコ(ホコリタケ)が湿った苔の上に出ていました~♪



36.
d0054276_20243532.jpg




37.『黄釣船(キツリフネ)』 ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草
学名はImpatiens noli-tangere
d0054276_20244752.jpg

ここでキツリフネに出逢えるとは思っていませんでした~
嬉しい出逢いでした・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



38.
d0054276_2025111.jpg

39.
d0054276_20251442.jpg

40.
d0054276_20252627.jpg

41.
d0054276_2025406.jpg

42.
d0054276_20255144.jpg




43.『水玉草(ミズタマソウ)』 アカバナ科ミズタマソウ属の多年草
学名はCircaea mollis
d0054276_2026230.jpg

駐車場近くの山裾で見ました~


44.
d0054276_20261690.jpg

45.
d0054276_20262562.jpg


岐阜市内から1時間程度で行けるので時間が少なくてもここなら滝を見に行けます~
他にもこれくらいで行ける滝はあります・・・・・

朝から少し遠くまで行きたいのですがなかなか出掛けられないです・・・・・゚(゚´Д`゚)゚
白川郷や高山が無理なら郡上八幡や琵琶湖の畔でのんびり散策したいです~

明日からは岐阜薬科大学の薬草園で見た花等を載せる予定です・・・・・




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-12 21:07 | 風景 | Comments(10)

『近代化産業遺産の長良川発電所と赤芽槲(アカメガシワ)の雌花・・・』

美濃市の長良川近くに車を停めて周囲の散策をしていました~
クサギの花を撮っていた場所の近くには以前も載せた『長良川発電所』があります・・・・・
レンガ造りの建物は1910年(明治43年)に完成して運用開始された発電所で運開当時は日本で2番目の規模のようでした・・・・・
長良川では最も古い水力発電所になっています~

発電所のフェンスの向こうに咲いていたアカメガシワの雌花を見つけましたので一緒に撮りました~


1.『長良川と長良川発電所』
d0054276_20301696.jpg

長良川の右岸に見えるレンガ造りの建物は国道156号からもよく見えます~



2.
d0054276_20303057.jpg




3.『中部電力長良川発電所』
d0054276_20304410.jpg

長良川発電所は現在の美濃市付近一帯に電灯電力を供給することを目的として明治43年2月に発電力4200キロワットの水力発電量で完成しました・・・・・

最初に長良川の水力発電に着目しその企画調査を行ったのは岐阜の事業家(旧岩村藩士)の小林重正でした・・・・・
明治31年に官庁の許可を得たものの日清戦争後の不況で着工に手間取り当時の名古屋電灯株式会社が引き継ぎ15年の歳月をかけて完成しました
発電された電気は約52キロも離れた名古屋市に送られ当時開催中の関西共進会場内のイルミネーションを点灯し歴史の一頁を飾ったと言われています~♪


 
4.
d0054276_20305613.jpg

5.
d0054276_20311128.jpg

6.
d0054276_20312580.jpg

発電所本館は赤煉瓦づくりの煉瓦造建築で昭和56年の改修後に発電機建物は本館南側に離れて新築されて赤煉瓦タイル貼りになりました・・・・・
湯ノ洞水路橋は発電所の水槽に導かれるまでの4.9キロの導水路の途中に設けられた煉瓦造の水路橋で水路橋の構造は長さ61メートルで幅約6メートルの煉瓦造5連アーチ構造となっています~
煉瓦の積み方は長手だけの段と小口だけの段と一段置きに積むイギリス積みのスタイルをとっています・・・・・
日谷水路橋は発電所から水路を遡ってほどないところに位置していて構造は長さ約54メートルで幅約8メートルの鉄筋コンクリート造表面赤煉瓦貼仕上げの5連アーチ構造になっています~♪



7.
d0054276_20313937.jpg

8.
d0054276_20315452.jpg

9.
d0054276_2032731.jpg

長良川発電所の横に見学路のような道があります・・・・・
そのフェンス内にアカメガシワがたくさん生えていて花をつけていました~



10.
d0054276_20322096.jpg

中部電力長良川発電所の建物をバックにアカメガシワの雌花穂を撮りました~
今年はこの木によく出逢いました・・・・・



11.『赤芽槲(アカメガシワ)』 トウダイグサ科アカメガシワ属の落葉高木
学名はMallotus japonicus
d0054276_20323486.jpg

新芽が鮮紅色である事と葉が柏のように大きくなる事から命名されたと言う説があります~
柏が生息していない地域ではこの木の葉を柏の葉の代用として柏餅を作ったことからアカメガシワと呼ぶようになったとも言われています~



12.
d0054276_20324816.jpg

この風景もいいですね~(o ̄∇ ̄o)♪

アカメガシワの樹皮にはベルゲニン、ルチン、タンニン、葉にはゲラニイン、ルチン、マロプレノールとそのリノレン酸エステル、種子には強心配糖体のコロトキシゲニン、マロゲニン、コログラウシゲニンなどを含み胃潰瘍、十二指腸潰瘍、痔、腫物等の薬効があるので古くから利用されています~



13.
d0054276_2033036.jpg

14.
d0054276_20331255.jpg




15.『長良川に架かる橋(立花橋)』
d0054276_20332673.jpg

1938年(昭和13年)に出来た橋長106.0mで幅員5.5mの橋梁形式『ゲルバー式RC』の橋です~
この橋は2代目で1920年(大正9年)に初代の立花橋(木造の吊橋)が開通していました・・・・・
橋の両側に石灯籠のようなものがあるのが珍しいと思います~(o ̄∇ ̄o)♪

今日は朝からシトシトと雨が降っていました
昼前にはやみました・・・・・
最近はカラっとした天気がなくて気分的にスッキリしませんね・・・・・

明日仕事に出かけて明後日からの3日間は片付けもののラストスパートです~



(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-16 21:19 | 風景 | Comments(12)

『洲原ひまわりの里のヒマワリ達~』

今日は最近行く市のゴミ処理場でなく以前よく行っていた東部の処理場へ片付けて出たものを運んでから少しドライブに出かけました~
処理場は国道156号の芥見近くなのでそのまま国道を北上しました・・・・・
途中の関市で昼になったのでうどんを食べに入りました~
盆休み中なので月曜日でも混んでいました

昨日から郡上市では日本三大盆踊りになっている『郡上踊り』の徹夜踊りが始まっているので参加者や見学者らしき車が多く北に向かっていて国道が混んでいました・・・・・゚(゚´Д`゚)゚
あまり奥に行くのは大変なので美濃市の洲原で毎年見ている『洲原ひまわりの里』でヒマワリを見てから戻ることにしました~


1.『洲原ひまわりの里』
d0054276_20404321.jpg

長良川沿いの長閑な景色に囲まれた洲原地域ふれあいセンターに隣接する『洲原ひまわりの里』では7月下旬から8月中旬にかけて約3万本のヒマワリが咲き誇ります~
さまざまな品種のヒマワリが栽培されていてカラフルなヒマワリ畑が楽しめます・・・・・

8月上旬から中旬にかけては『ヒマワリ迷路』も登場します~
ヒマワリ迷路の開花期間中はヒマワリの上を魔女が飛んでいるように見える写真を各自で撮影して投稿する『魔女コンテスト』もやっています~(o ̄∇ ̄o)♪



2.
d0054276_20405668.jpg

『洲原地域ふれあいセンター』の建物がヒマワリに合っていて毎年撮ってしまいます~



3.
d0054276_2041880.jpg

4.
d0054276_20412238.jpg

ここには1本の茎からたくさんのヒマワリが咲く品種も多いです・・・・・



5.
d0054276_20413638.jpg

6.
d0054276_20415331.jpg

7.
d0054276_2042899.jpg

右に見える赤い橋は『洲原橋(すはらばし)』です~
国道156号からこの橋を渡って行きます・・・・・・



8.
d0054276_20422314.jpg

9.
d0054276_20423669.jpg

10.
d0054276_20424983.jpg

このタイプのヒマワリも綺麗に咲いていました~



11.
d0054276_2043059.jpg

12.
d0054276_20431686.jpg

ヒマワリ迷路です~
ここはまだ良いですが反対側のヒマワリ畑は先日の台風5号の影響で倒れてしまったものが多かったようでした・・・・・
写真に撮るには偲びなかったので撮りませんでした・・・・・(´;ω;`)



13.
d0054276_20433044.jpg

14.
d0054276_20434552.jpg

15.
d0054276_2044276.jpg

背が一番高いヒマワリは5m以上はありそうでした~
最近こんなヒマワリは少なくなりました・・・・・(*´∀`*)



16.
d0054276_20441674.jpg

17.
d0054276_20442816.jpg

18.
d0054276_20444219.jpg

19.
d0054276_20445695.jpg

20.
d0054276_2045856.jpg

ヒマワリ達をアップで・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



21.
d0054276_20452275.jpg

22.
d0054276_20453784.jpg

23.
d0054276_204549100.jpg

24.
d0054276_2046221.jpg

最近はこの黒いハチをよく見かけます・・・・・
外来種の『台湾竹熊蜂(タイワンタケクマバチ)』と言うハチでクマバチの仲間です
中国南部からインドや台湾に幅広く分布していますが2006年に愛知県豊田市で本種の侵入が初めて報告されてから愛知県と岐阜県に定着が広がっているハチになります・・・・・

刺されれば痛いですがスズメバチのような毒性は無いと言われています



25.
d0054276_20461674.jpg

26.
d0054276_2046294.jpg

『魔女コンテスト』の案内看板が飾られていました~
去年まで無かったような気がします・・・・・(*´∀`*)



27.
d0054276_20464246.jpg

この写真のように魔女の姿でヒマワリの上を飛ぶ光景を撮ります~
合成写真ではないですよ・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



28.『朝鮮朝顔(チョウセンアサガオ) 実』 ナス科チョウセンアサガオ属の多年草
学名はDatura metel
d0054276_20465695.jpg

洲原地域ふれあいセンターの敷地内に見られました~
花は萎んでいましたがトゲトゲの特徴ある実がたくさん生っていました・・・・・



29.
d0054276_2047625.jpg

30.
d0054276_20471838.jpg

実が割れて中の種子が見えているものもありました~



31.『長良川の鮎釣師達~』
d0054276_20473228.jpg

洲原ひまわりの里の前を長良川が流れています~
洲原地域ふれあいセンターの駐車場から長良川を見ると鮎釣りの釣人が数名見られました~
私は鮎釣りは1度したくらいですがこの場所より少し上流にある上河和橋の辺りには釣りをしていた初期の頃には良く出掛けていました・・・・・
型の良いアマゴが釣れるポイントでした~(o ̄∇ ̄o)♪



32.
d0054276_2047472.jpg

33.
d0054276_2048286.jpg

34.
d0054276_20481536.jpg

長良川の鮎釣りは友釣りです・・・・・
この釣人は今鮎が釣れた瞬間のようです~



35.
d0054276_20482921.jpg

36.
d0054276_20484338.jpg

オトリ鮎(地域によって呼び名が変わります 種鮎や親鮎等と言う所もあります)の状態をチェックしているようです~
やっぱりオトリ鮎が元気だと釣果が出るようです~
でも私の知っている名人は死んだ鮎でも竿さばきで生きたように見せてちゃんと釣りました~
今は天の川で鮎釣りをしているかも知れません~♪



37.
d0054276_20485838.jpg

今日はここから国道156号を使わず横道に逸れて長良川を眺めながら古い発電所の前を通って三輪神社から自宅に向かいました~
途中で私がよく撮っている高砂百合の見られるところも通り車を停めて少し写真を撮りました~

盆休みも明日が最終日ですが明日も片付けものです~
水木と仕事に出かけるとまた3日間休みになるのでその3日間で片付けものを終わらせたいと思います~

天気予報では明日から天気が悪くなりそうです・・・・・・




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-14 21:40 | 風景 | Comments(14)

『円空街道の鯖大師石像や円空仏と粥川の橋の鰻飾りなど・・・・・』

郡上市美並町粥川の散策を長く続けましたが今日で終了です~
今日は川干谷川と粥川が合流する場所で見られた円空仏などが立てられている風景と粥川の橋に付けられていたウナギの飾りプレート等を載せることにしました~

この辺は伝説の多いところです~
藤原高光の鬼退治の伝説の舞台で粥川のウナギが鬼の居所へと藤原高光を導いたと言われている場所であったり円空上人が誕生した地であると言われて数多いものが残されています~


1.
d0054276_2041075.jpg

県道白川~内ケ谷線(通称・円空街道)と円空岩に向かう林道の分岐に見られました・・・・・
これらの円空仏は円空上人が彫られたものではありませんがこの地域には数多くの円空仏が見られます・・・・・
国道156号から入って今回通って来た道沿いには数十の円空仏(木彫仏)が見られます~



2.
d0054276_20411746.jpg

3.
d0054276_20413126.jpg

『鯖大師』の説明が書かれていました~♪



4.
d0054276_20414740.jpg

この辺は『歴史と伝説のふるさと』として『円空と山伏・鬼退治伝説と鰻の群棲地』を観光アピールしています~
自然も川や渓流そしていろいろな木々や植物も多くて散策は楽しいところです~



5.
d0054276_2042117.jpg

6.
d0054276_20421595.jpg

7.
d0054276_20422746.jpg

サルスベリも綺麗に咲いていました~
背の低い矮性のサルスベリのようでした・・・・・



8.
d0054276_20424349.jpg

カーブミラーにも円空仏~(o ̄∇ ̄o)♪



9.
d0054276_20425989.jpg

10.
d0054276_2043155.jpg

11.
d0054276_20433414.jpg

橋の欄干にも円空仏を使ったものが付けられています・・・・・
これの本物は星宮神社近くの『ふるさと館』で見られるようです~(o ̄∇ ̄o)♪



12.
d0054276_20434893.jpg

サルスベリと一緒に・・・・・・♪



13.
d0054276_2044230.jpg

この橋に取り付けられていた鰻のプレートです
橋全体には6枚付けられていました~

ここにある伝説です・・・・・
昔瓢ヶ岳には鬼が住んでいて度々粥川の里に下りて来て人々を悩ませていました・・・・・
そこで御門の命により藤原高光が鬼退治をすることになったのですが鬼は変幻自在に行方をくらまし見つける事ができずに高光は困り果てました・・・・・
すると目の前に一匹のウナギが現れ道案内をするかのように前を行くのであとを追うと高光は鬼を見つけだすことができて持っていた弓矢で見事退治することができました・・・・・

その後高光は弓を宮に納め矢を滝に納めたのでその滝を『矢納ヶ淵』と言うようになりました~

粥川の人々は自分たちを悩ませていた鬼を退治する手伝いをしたウナギを神の使いとして崇めてそれ以後食べることを禁止したと言います・・・・・
また人々がウナギを大切にしていたこともあって昭和の半ばまでは粥川にはウナギが大量に生息し大正13年には『ウナギの群棲地』として国の天然記念物にも指定されました~(*´∀`*)

過去に病気によって大量死したこともあり現在ではあまりウナギの姿を見つけることが少なくなっていますが美並の昔を伝える資料館『美並ふるさと館』には粥川の辺でお釜を洗う女性に無数のウナギが群がっている写真を見ることができますし星宮神社の境内にある池ではたくさんの大きなウナギの姿を見ることができます・・・・・・・



14.
d0054276_20441674.jpg

ウナギをこの写真で見られたら凄く視力の良い人か嘘付きかも・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



15.
d0054276_20443029.jpg

別のプレートです~
同じ時に付けられたものでも傷み方は違いますね・・・・・
手摺りもこちらは錆が多かったです~(´;ω;`)



16.
d0054276_20444461.jpg

成魚のウナギだったらこれくらいの堰堤は簡単に上ります~



17.
d0054276_20445869.jpg

この川は粥川ではなく川干谷川です・・・・・
この奥に円空岩がありました~

暫くは3日間の休みの1日を散策日にして2日間は片付けをしようかと思っています
盆休みが5日間あるのでその間で終わらせれば・・・と考えています~
とにかく予定日が迫って来るので気持ちが苛立ちます

こんな時には自然の中で綺麗なものや可愛いものに出逢いたいです・・・・・





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-02 21:25 | 風景 | Comments(12)

『円空の森水と円空岩を見に行きました・・・・・』

岐阜県郡上市美並町粥川の瓢ケ岳の麓には微笑みの木彫仏を彫り続けた円空の出生の地という伝説があります・・・・・
今回は寄りませんでしたが星宮神社の隣にある『ふるさと館』には美並町内の円空仏が展示されています・・・・・
瓢ケ岳からの湧水を引いた星宮神社の駐車場の脇に水汲み場が作られ『円空の森水』と名付けられていて多くの人がポリタンクなどを持って水を汲みに来ています~

今日はここの風景と粥川下流部で合流している川干谷沿いの林道奥に見られる『円空岩』で撮った写真を載せます・・・・・
林道は軽自動車でも横の木の枝が車体に触れるくらい狭いところでした・・・・・


1.『円空の森水』
d0054276_2040547.jpg

湧き出ている水の説明が書かれています・・・・・
この山の反対側にも湧水で有名な『高賀神水庵』がありマラソンの高橋尚子さんが飲んでいたと言われて多くの人が汲みに来ます~
同じ源泉のようなのでこちらで汲んだ方が楽に思えます~(o ̄∇ ̄o)♪



2.
d0054276_20411131.jpg

3.
d0054276_20413564.jpg

この案内図で見るとツリフネソウとウバユリは『円空の森水』の横に見える粥川の近くです
ヒカゲノカズラは現在地から『粥川の森』に向かう途中で見ました・・・・・



4.
d0054276_20415374.jpg

本物ではありませんがこの辺りには円空仏が多く見られます
ここの県道を『円空街道』と言うようです~



5.
d0054276_2042893.jpg




6.『円空岩へ・・・・・』
d0054276_2042265.jpg

県道を国道方面に向かい途中の川干谷から林道に向かいました
谷川の流れもあり雰囲気は良いのですが道が狭くなっていきました・・・・・



7.
d0054276_20424159.jpg

この近くに車を停めて舗装してある細い道を歩きました・・・・・
案内には120mと書かれているので一安心です~(o ̄∇ ̄o)♪



8.
d0054276_2042574.jpg

軽自動車なら通れそうですが行かなくて良かったです~
円空岩がある所で道が無くなりUターンも出来ない所でした・・・・・
蛇行している細い山道をバックで120m戻るのは嫌ですね~(´;ω;`)



9.
d0054276_20431189.jpg

円空岩までの道は渓流が流れていてとても気持ちが良かったです~
金曜日でしたので人もいなくて静かなので熊にでも出逢ったらどうしようなんて連れ合いと話しながら歩きました~♪



10.
d0054276_20432796.jpg

11.
d0054276_20434231.jpg

12.
d0054276_20435531.jpg

13.
d0054276_2044849.jpg

円空岩の説明が書かれていました~



14.
d0054276_20442136.jpg

少し上から撮ったので小さく感じますが円空仏のある場所は高さが2mあるので私(身長171cm)が立ったままで楽に移動できます~



15.
d0054276_20443640.jpg

16.
d0054276_20444728.jpg

この奥は高さが50cm程なのですが手前が高くなっているので近くまで行けます・・・・・



17.
d0054276_2045193.jpg

18.
d0054276_20451452.jpg

勿論この円空仏も新しく信者の人が彫られたものなので円空上人の掘られたものではありません



19.
d0054276_2045278.jpg

20.
d0054276_20454252.jpg

円空岩の前はこんな風景になっています~
立派な杉林ですが利用されないのでしょうね・・・・・・
森林は木を利用して新しく植樹してサイクルが出来るので止められてしまえば森はいつか消えてしまいますね・・・・・



21.
d0054276_2045578.jpg

円空岩から車を停めてある林道に向かって歩きました~
こんな所を歩きながら細かく見ればツリフネソウなども見られるでしょうね・・・・・
時間が無かったので早く散策しましたが時間があればここだけで2時間は楽しめそうです~♪



22.
d0054276_20461457.jpg

以前からここにある『円空岩』に興味がありました
他にも『円空洞』や『星宮神社』等色々見られる場所が多いです・・・・・
いつも滝のある『矢納ヶ渕』までしか行きませんがもっと上流にも綺麗な風景の見られるところが多そうです~
いつかのんびり散策したいです~





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-01 21:30 | 風景 | Comments(14)

『郡上市美並町 矢納ヶ淵を歩いて・・・』

今日は長良川の花火大会です
花火の音がずっと響いていますが今年は見に行かず家の中にいることにしました・・・・・
来週の土曜にも長良川の花火大会があります~

今日は昨日出掛けた郡上市の粥川上流にある『矢納ヶ淵』の滝と周辺の流れを載せました・・・・・
私のブログでは今までにも何度か載せています~


1.
d0054276_2023677.jpg

郡上市美並町の粥川には『矢納ヶ淵(やとがふち)』という伝説の場所があります
案内板によりますと『天暦年間(947-957年)に妖怪退治の命を受けた藤原少将高光が粥川のうなぎの案内により妖怪を退治しその矢を納めた場所が矢納ヶ淵』だそうです・・・・
ですからこの地区の氏子は粥川のうなぎを捕まえたり食したりすることを禁忌としています



2.
d0054276_20232061.jpg

星宮神社の本殿から粥川に沿って登ると小さな古い社が見られます
この社の前に上の写真の鳥居と石碑が見られます~



3.
d0054276_20233722.jpg

4.
d0054276_20235659.jpg

5.
d0054276_2024134.jpg

6.
d0054276_20242858.jpg

7.
d0054276_20244433.jpg

矢納ヶ淵には散策路が有り滝がよく見える所に滝見の場所があります



8.
d0054276_20245869.jpg

ここには大きな滝が上流に見られて右側にも小さな滝が見られます
そして滝見場所の正面にも流れ落ちる細い滝が見られます・・・・・



9.
d0054276_20251490.jpg

10.
d0054276_20252838.jpg

滝上に堰堤が見られるのが残念ですが古い時代には滝は今と同じように流れ落ちていたと思われます



11.
d0054276_20254350.jpg

二つの滝・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



12.
d0054276_20255815.jpg

正面に見られる細い滝です・・・・・



13.
d0054276_20261131.jpg

14.
d0054276_20262550.jpg

暑い季節は規模が小さくても滝を見ていると涼しく感じます~♪



15.
d0054276_20264058.jpg

粥川の流れ・・・・・



16.
d0054276_20265627.jpg

17.
d0054276_202794.jpg

18.
d0054276_20272280.jpg

19.
d0054276_2027343.jpg

20.
d0054276_20274616.jpg

21.
d0054276_2028279.jpg

22.
d0054276_20281819.jpg

23.
d0054276_20283321.jpg

ここは禁漁区なので釣りが出来ません・・・・・
粥川は1924年(大正13年)にはニホンウナギの群生地として天然記念物に指定され1986年(昭和61年)に岐阜県の名水50選に選出されました・・・・・
上流域は樹齢が百年を超える森があり粥川の森として森林公園と遊歩道が整備されています~



24.『蝮草(マムシグサ) 実』 サトイモ科テンナンショウ属の多年草
学名はArisaema serratum
d0054276_20284733.jpg

連れ合いがまたマムシグサの実を見つけました・・・・・
いつも最初に見つけるのは連れ合いです(*´∀`*)
この周辺をよく見ると彼方此方にマムシグサの実が見られました~
花を見る機会が好きないので来年は花の時期に訪れたいです・・・・・



25.
d0054276_20285919.jpg

26.
d0054276_20291299.jpg

27.
d0054276_20292645.jpg

28.
d0054276_20294295.jpg

29.
d0054276_20295653.jpg

長良川では見られない流れの風景ですが長良川の支流ではこんな光景もよく見られます~
関市洞戸と美濃市片知との境界にある瓢ヶ岳を水源地として東へ流れ長良川と注いでいます・・・・・



30.
d0054276_20301134.jpg

31.
d0054276_20302617.jpg

32.
d0054276_20304233.jpg

33.
d0054276_20305889.jpg

34.
d0054276_20311323.jpg

35.
d0054276_20312914.jpg

36.
d0054276_20314590.jpg

粥川の周辺にはこんな風景が続いています~
大きな木や苔生した岩などが静かな雰囲気を漂わせています・・・・・

ここから長良川に向かって車を走らせて途中の湧水のある所や円空上人が岩の下で修行をして円空仏を彫ったと言われる円空岩も見てきました・・・・・

今日はアルバムの整理をしました
私の幼い頃の思い出は子供達や連れ合いには関係なさそうですので思いきって私が産まれた時の写真から大学時代までの写真を処分することにしました
写真を見ていると懐かしい過去が思い出され子供の頃に遊んだ町並みもモノクロで残っていましたが私がいなくなった時に処分されるのなら自分の手で捨てることにしました
思い出を繋げてくれることは今では無理なのでしょうね・・・・・
置き場の無い所に全てを持って行くことが出来ないのですから仕方なんです゚(゚´Д`゚)゚





(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-07-29 21:12 | 風景 | Comments(12)

『岐阜県美術館周辺を歩いて・・・・・』

今日は引越し先に物置を業者が設置をするので朝からそちらに出かけていました・・・・・
時間が掛かりそうなのでその間にガソリンスタンドに寄ってから岐阜県美術館に行ってみました~
時間が無いので館内は入らず美術館の周りの風景を見ていました

撮った写真をPCに取り込んで気がつきましたがレンズキャップを外す時に触れたようでレンズの一部が曇っていたのに気がつかずそのまま撮っていましたので写真の一部が白薄く見えるものがありましたがそのまま載せることにしました・・・・不注意でした~(´;ω;`)


1.
d0054276_20413253.jpg

岐阜県美術館前の道路・・・・・
左に県立図書館があります~



2.
d0054276_20415181.jpg

岐阜県美術館の正面入口です~



3.
d0054276_2042896.jpg

4.
d0054276_2042253.jpg

木に付けられた風鈴~
これも芸術なんでしょうか?



5.
d0054276_20424071.jpg

6.
d0054276_20425586.jpg

7.
d0054276_20431084.jpg

8.
d0054276_20432535.jpg

9.
d0054276_20433966.jpg

岐阜県美術館はオディロン・ルドンの作品所蔵が日本一です~



10.
d0054276_20435218.jpg

11.
d0054276_2044582.jpg

12.
d0054276_20442113.jpg

敷地内には色々な作品もありますが木々の種類も多くて四季を通じて自然散策も楽しめそうです~



13.
d0054276_20443722.jpg

14.
d0054276_20445462.jpg

15.
d0054276_2045919.jpg

16.
d0054276_20452122.jpg

17.
d0054276_20453782.jpg

18.
d0054276_20455378.jpg

19.
d0054276_2046953.jpg

20.
d0054276_20462625.jpg

21.
d0054276_20464238.jpg

22.
d0054276_20465633.jpg

23.
d0054276_20471487.jpg

たくさんの実を付けたエゴノキもありました~



24.
d0054276_2047307.jpg

ここにもネコアシがありました~(o ̄∇ ̄o)♪



25.
d0054276_2047456.jpg

26.
d0054276_2048024.jpg

27.
d0054276_20481426.jpg

私のブログにここの風景や木々達の姿が多くなりそうです~♪



28.
d0054276_20483073.jpg

29.
d0054276_20484519.jpg

30.
d0054276_204921.jpg

31.
d0054276_20491678.jpg

32.
d0054276_20493064.jpg

33.
d0054276_20494237.jpg

34.
d0054276_20495956.jpg

(岐阜県美術館 岐阜市宇佐4‐1‐22)

今住んでいる所から私が猫の梅之介達に逢いに行っていた梅林公園までの距離と今度住むことになった場所から岐阜県美術館までの距離がほぼ同じくらいなので自転車に乗ってここへ出掛けることも多くなるかも知れません~
近くには岐阜科学館や県立図書館もあって周辺には木々も多いです
でも水道山や粕森公園のような場所は近くにないので今まで楽しんできた自然達とは少し雰囲気が変わります・・・・・

住めば都になるようなので秋からはこの風景に慣れたいです~

今日は昼から郡上市に出かけて粥川辺を散策してきました・・・・・・
ツリフネソウやキツリフネやウバユリ(オオウバユリ?)等にも出逢えました~♪




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-07-28 21:10 | 風景 | Comments(16)

『笠松トンボ天国を歩いて・・・・・』

今日も暑い一日でした・・・・・
暑くて出かけるのが億劫になっていましたが運動不足になるといけないと思い笠松町にある『笠松トンボ天国』に出かけて少し歩いて来ました~

花は地面にヒメイワダレソウが多く見られた他にはニワウルシの実が見られたくらいでそんなに多くの植物は見られませんでした・・・・・
一番多い植物はなんと言っても『クズ』でした~(o ̄∇ ̄o)♪

トンボ天国には6つの池があって一番手前が造成池で一番奥にトンボ池があります
途中の池でカワセミを見ましたが遠くにいて手ブレの写真ばかりになりました



1.『笠松トンボ天国』
d0054276_2052321.jpg

堤防道路を走っているとトンボのモニュメントがあるのでそこから下に降りて河川環境楽園に行きますが途中にこの『笠松トンボ天国』があります~
すぐ近くに駐車スペースがあるので車が停められます・・・・・・
ここは岐阜県羽島郡笠松町にある自然保護地域(自然公園)になります~♪



2.
d0054276_20521679.jpg

トンボ天国周辺の案内図がありますので参考にするといいでしょうね~♪



3.
d0054276_20523113.jpg

すぐ最初の造成池が見られます
ここにもトンボは多くいます
水生植物ではアサザが多く見られます・・・・・
カワセミなどの鳥も多い池です~



4.
d0054276_20524487.jpg

魚達も多いようで見ているだけで何度もライズリングが水面に見られました~(o ̄∇ ̄o)♪



5.
d0054276_2053029.jpg

6.
d0054276_20531675.jpg

7.
d0054276_20533219.jpg

8.
d0054276_20534778.jpg

9.
d0054276_2054176.jpg

10.
d0054276_20541364.jpg

トンボも多く見られましたが飛んでいてなかなか留まってくれませんでした・・・・・
シオカラトンボ・オオシオカラトンボ・コシアキトンボ・ハグロトンボ・カワトンボが見られましたがトンボの写真はこのシオカラトンボ1枚になりました・・・・・゚(゚´Д`゚)゚



11.『中池』
d0054276_20542855.jpg

散策しながら歩いていると背後からカワセミが飛んできて池の一番奥の木の枝に留まりました・・・
カメラ2台で交互に撮ってみましたがピントが合っていないものやブレたものばかりで載せる写真はありませんでした~(´;ω;`)



12.
d0054276_20544167.jpg




13.『トンボ池』
d0054276_20545434.jpg

トンボ池にはトンボが多く棲息していてベッコウトンボやイトトンボなど今までに7科43種が確認されていますが現在は少し減り30種程度が棲息していると言われています~



14.
d0054276_2055763.jpg

貴重な自然が残ることから1973年(昭和48年)より笠松町が保護を行なっていて『岐阜県の名水50選』や『木曽三川三十六景』と『水と緑の環境百選』などに指定されています~(o ̄∇ ̄o)♪

1980年代後半より水質悪化が進んでいるので水質改善が急務となっている状態です・・・・・
現在では自然保護の為にブラックバスやその他の様々な生物の持込は固く禁じられていて違反者は処罰されます・・・・・



15.
d0054276_20552160.jpg

16.
d0054276_2055364.jpg

17.
d0054276_2056663.jpg

18.
d0054276_20562018.jpg

2011年(平成23年)に『木曽川河跡湖(トンボ池)の聖牛』が『土木学会選奨土木遺産』のひとつに指定されました~



19.
d0054276_20563392.jpg

20.
d0054276_20564735.jpg

コウホネも咲いていました・・・・・
人が近寄れない場所で何となくノビノビと咲いているように見えました~(*´∀`*)



21.
d0054276_20565955.jpg

22.
d0054276_20571249.jpg

23.
d0054276_20572532.jpg

トンボ達が飛び交っていたのでコウホネを撮っていれば一緒に写るかなと思っていましが写っていませんでした~
そんなに甘くはないですね・・・・・



24.
d0054276_20573853.jpg

25.
d0054276_2057516.jpg

26.
d0054276_2058467.jpg

27.
d0054276_20581842.jpg

28.
d0054276_20583361.jpg

29.
d0054276_20584869.jpg

今日は昼過ぎ(2時頃半)からこちらへ行きました
トンボ池を散策してから河川環境楽園(木曽川水園)へ4時少し前に入って少し散策しました・・・

家の用事があっても自然の中へ少しだけでも出掛けないと駄目になりそうです~
これからも時間を見ながら自然散策をしたいです・・・・・・





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-07-17 21:38 | 風景 | Comments(11)

『渓流と滝風景と日本猿・・・』

8日に出掛けた郡上市美並町の釜ヶ滝を歩いて写した風景を今日は載せました・・・・・
家を出てから途中の美濃市でお寺の蓮を見ていたので滝の手前にある駐車場に着いたのが少し遅くなりました・・・・・

今年はここに来たのが3度目になりました~
4月13日と5月23日と今回の7月8日ですが以前はキブシやネコノメソウを見たりアミガサダケに出逢ったりと色々な植物が見られましたが今回は植物には出逢えませんでした
でも前回に出逢った日本猿達に今回も出逢えて写真もこの日は少しですが撮れました~♪

毎日暑い日が続きますので渓流と滝風景で涼んで戴ければ嬉しいです~(o ̄∇ ̄o)♪


1.
d0054276_20152032.jpg

駐車場近くの橋の上から見た流れ・・・・・
前回はここでネコノメソウを見たり小さな松毬を拾ったりしました~



2.
d0054276_20155427.jpg

駐車場から滝茶屋を通って滝に向かう散策路を歩きました~
川に吹く風が気持ちよかったです・・・・・



3.
d0054276_2016951.jpg

4.
d0054276_20162435.jpg

5.
d0054276_20163934.jpg

最初に見える『行者の滝』です・・・・・
落差18mの滝です~



6.
d0054276_20165325.jpg

滝の近くにはお地蔵さまが祀られていました・・・・・



7.
d0054276_20171079.jpg

8.
d0054276_20172519.jpg

霊場巡りのようなものらしく石仏に番号が付いていました・・・・・



9.
d0054276_20174025.jpg

10.
d0054276_20175681.jpg

11.
d0054276_20181634.jpg

流れを見ているだけで幸せな気持ちになれます~



12.
d0054276_20183251.jpg

13.
d0054276_20184898.jpg

小学生くらいの子供も楽しそうに歩いていましたが親達は少々バテ気味なのか後から歩いて行きました・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



14.
d0054276_2019588.jpg

15.
d0054276_2019211.jpg

16.
d0054276_20193612.jpg

17.
d0054276_20195480.jpg

18.
d0054276_20201159.jpg

19.
d0054276_20202860.jpg

『二の滝』は落差20mですが木々の奥に見えるので全貌がハッキリ判らない滝でした~



20.
d0054276_20204530.jpg

21.
d0054276_2021228.jpg

22.
d0054276_20211870.jpg

23.
d0054276_20213368.jpg

24.
d0054276_20214880.jpg

25.
d0054276_2022451.jpg

見上げる空は狭かったです・・・・・・



26.
d0054276_20222075.jpg

27.
d0054276_20223557.jpg

『三の滝』も落差20mです・・・・・
全体の姿が見られ三つの滝では一番手前なので見るのが楽です~
他は登りがきつくて大変です



28.
d0054276_20225143.jpg

29.
d0054276_2023625.jpg

30.
d0054276_20232120.jpg

31.
d0054276_20233423.jpg

32.
d0054276_20234878.jpg

33.
d0054276_2024331.jpg

カワトンボの仲間がたくさん見られました~
平地の水辺にいるハグロトンボはこの辺りでは見掛けませんでした・・・・・



34.
d0054276_2024177.jpg

35.
d0054276_20243361.jpg

36.
d0054276_20244931.jpg

37.
d0054276_2025464.jpg

5月に来た時には岩などの上には黄色くて可愛いヒメレンゲが群生していましたが今はスッカリ無くなっていました・・・・・・



38.
d0054276_20252016.jpg

39.
d0054276_20253437.jpg

40.
d0054276_20255112.jpg

41.
d0054276_20261021.jpg

大きなトチノキを今回も暫く眺めていました~
本当に大きいトチノキです・・・・・・・
以前たくさんの花が咲いていたので実を探しましたが見る事は出来ませんでした
上の方に生っているかも知れないですね~♪



42.
d0054276_20262622.jpg

帰りに道路を横断しているニホンザルを見かけました
暫く待っていると次から次へ現れて木々の中へ消えて行きました・・・・・
カメラを向けていると素早く走るので少し場所を移動して木陰で待っていましたら川の方から現れたサルが警戒して様子で渡らずウロウロしていましたのでカメラを向けて撮り始めました~



43.
d0054276_20264781.jpg

44.
d0054276_2027115.jpg

45.
d0054276_20271661.jpg

46.
d0054276_20273182.jpg

私を意識してこちらを見ながら走り去って行きました・・・・・
入って行った所の辺りを見ていると風がないのに木の枝が揺れていましたので登っていったようです

この場所前後で10数匹のニホンザルを見ました~
いつかニホンザルだけを撮りにここの場所へ行ってみたくなりました・・・・・

《お知らせ》
ブログに毎日40枚近くま写真を載せています・・・・・
このペースを続けたいと思っていますが長年住み慣れている所から近々引っ越すことになりました
去年から計画していることなのですが遊んでばかりいてその準備が全く出来ていません
借地なので今の建物を取り壊すのが9月初めになっているので8月半ばにはキチンとしなくてはなりません・・・・・・
それで暫くは写真の枚数を少なめで更新したいと思っています
夏場の暑い季節なので大変かなと思いますが秋(9月半ば~10月)には平常の更新に戻ることもできそうですのでこれからもよろしくお願いします~

引越しなどでブログをお休みする場合があれば前もってお知らせします~m(_ _)m




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-07-11 21:13 | 風景 | Comments(20)

『美濃市笠神の正林寺の蓮とキウイ』

岐阜県美濃市の笠神と言う場所にある『正林寺(しょうりんじ)』は曹洞宗のお寺で関市との境目にあり長良川がすぐ前を流れています~
お寺の門前にはここの住職が管理されている約800㎡程の蓮畑があります・・・・・

毎年出かけていますが今年はまだ少し早いようでした~


1.『正林寺の蓮畑』
d0054276_20254257.jpg

まだ蓮の花が少なくてこの風景では何となく寂しいですね・・・・・(´;ω;`)



2.『蓮(ハス)』 ハス科ハス属の水生多年草
学名はNelumbo nucifera
d0054276_20255713.jpg

少しだけ咲いている蓮もありました~



3.
d0054276_20261141.jpg

4.
d0054276_20262265.jpg

5.
d0054276_2026359.jpg

お寺と蓮の花をどうしても一緒に写したくなりました~(o ̄∇ ̄o)♪



6.
d0054276_20264535.jpg

7.
d0054276_20265620.jpg

8.
d0054276_2027726.jpg

9.
d0054276_20272140.jpg

10.
d0054276_20273665.jpg

11.
d0054276_20275111.jpg

12.
d0054276_2028368.jpg

13.
d0054276_20281412.jpg

14.
d0054276_20282658.jpg

15.
d0054276_20283626.jpg

16.
d0054276_20284880.jpg

17.
d0054276_20285985.jpg

18.
d0054276_20291130.jpg

19.
d0054276_20292236.jpg




20.『立葵(タチアオイ)』 アオイ科ビロードアオイ属の多年草
学名はAlthaea rosea
d0054276_20293578.jpg

21.
d0054276_20294666.jpg

22.
d0054276_20295740.jpg




23.『大反魂草(オオハンゴンソウ)』 キク科オオハンゴンソウ属の多年草
学名はRudbeckia laciniata
d0054276_2030940.jpg




24.『百日草(ヒャクニチソウ)』 キク科ヒャクニチソウ属の一年草
学名はZinnia
d0054276_20302374.jpg

25.
d0054276_20303460.jpg

26.
d0054276_2030457.jpg




27.『アガパンサス』 ヒガンバナ科アガパンサス属の半耐寒性多年草
学名はAgapanthus
d0054276_20305770.jpg




28.『麒麟菊(キリンギク)』 キク科ユリアザミ属の多年草
学名はLiatris spicata
d0054276_2031955.jpg

リアトリスと呼ばれることが多いようです・・・・・



29.『枇杷(ビワ)』 バラ科ビワ属の常緑高木
学名はEriobotrya japonica
d0054276_20312484.jpg

30.
d0054276_20314192.jpg

たくさんの実が生っていました・・・・・
ビワを植えられている所は多いですがこのように採らずに生るままにされている所も多いですね



31.『野葡萄(ノブドウ)』 ブドウ科ノブドウ属の蔓性落葉低木
学名はAmpelopsis glandulosa var. heterophylla
d0054276_20315444.jpg

32.
d0054276_2032569.jpg




33.『赤芽槲(アカメガシワ)』 トウダイグサ科アカメガシワ属の落葉高木
学名はMallotus japonicus
d0054276_20321657.jpg

34.
d0054276_2032293.jpg

35.
d0054276_20324442.jpg




36.『紫陽花の咲く風景~』
d0054276_20325854.jpg

まだこの辺りには紫陽花が見られました~
蓮の近くに植えられていました・・・・・・♪



37.
d0054276_2033136.jpg

38.
d0054276_20332915.jpg




39.『キウイ』 マタタビ科マタタビ属の雌雄異株の蔓性落葉樹
学名はActinidia deliciosa 
d0054276_20334125.jpg

正林寺の近くの農家がキウイを作っていました
棚にはキウイの実がたくさん生っていました~♪



40.
d0054276_20335445.jpg

41.
d0054276_2034887.jpg

このキウイは販売用のものなのか自家用のものなのか判りませんがそろそろ食べ頃のようです~



42.
d0054276_2034259.jpg

岐阜では関市や山県市等でキウイ生産が盛んのようですが美濃市や本巣市でもキウイ棚が見られます



43.
d0054276_2034372.jpg




44.『里芋(サトイモ)』 サトイモ科サトイモ属の多年草
学名はColocasia esculenta (L.) Schott
d0054276_20345261.jpg

サトイモの葉は判り易いですね・・・・・
こんな風景がよく見られます~

今日も蒸し暑い一日でした
昼過ぎに雨が降りましたが仕事が終わる前に止みました・・・・・
岐阜市内では大した雨ではありませんでしたが三重県の桑名市では集中豪雨になったようです
今年の梅雨はゲリラ豪雨や停滞豪雨もあって被害が出ています
皆様の所はどうでしょうか?

くれぐれも天候には注意してください・・・・・・






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-07-10 21:28 | 風景 | Comments(14)