カテゴリ:博物館・資料館( 18 )

『謹賀新年 (今年のブログは能面から・・・)』

明けましておめでとうございます
いつも私の拙いブログを見て下さり本当に有難うございます~
今年も昨年同様宜しくお願い申し上げます・・・・・・

自然をメインのブログですが今年は博物館に展示されていた『能面』を最初に載せることにしました
能(のう)は日本の伝統芸能である能楽の一分野で江戸時代までは猿楽と呼ばれて狂言と共に能楽と総称されるようになったのは明治維新後のことになります・・・・・

今日は関市にある岐阜県博物館のマイミュージアムに展示されていた能面を紹介します
この展示会は既に終了になっていますので見に出かけられても見る事ができません・・・・・


1.『岐阜県博物館内のマイミュージアムで開催されていた能面展』
d0054276_07253.jpg

歴史的に古いものではなく現代の能面作家の作品になります 



2.
d0054276_073711.jpg

3.
d0054276_074870.jpg

4.
d0054276_08273.jpg

5.
d0054276_081481.jpg

6.
d0054276_082759.jpg

能には欠かせない鼓も展示されていました・・・・・



7.
d0054276_083942.jpg

8.
d0054276_085080.jpg

9.
d0054276_09160.jpg

10.
d0054276_091147.jpg

11.
d0054276_092428.jpg

12.
d0054276_093666.jpg

13.
d0054276_094861.jpg

14.
d0054276_010034.jpg

15.
d0054276_0101314.jpg

16.
d0054276_0102486.jpg

17.
d0054276_0103724.jpg

18.
d0054276_0105542.jpg

19.
d0054276_0111058.jpg

20.
d0054276_0112194.jpg

21.
d0054276_0113518.jpg

22.
d0054276_0114971.jpg

23.
d0054276_012274.jpg

岐阜県には『能』に関したものも多くあります
毎年長良川の河川敷では『薪能(まきのう)』も行われます・・・・・
神社などに能舞台が造られている所も見られます



24.
d0054276_0121424.jpg

25.
d0054276_0122738.jpg

26.
d0054276_0123970.jpg

27.
d0054276_0125343.jpg

能に関わる見台や張扇や拍子板も見られました・・・・・・



28.
d0054276_013337.jpg

29.
d0054276_0131492.jpg

30.
d0054276_0132711.jpg

31.
d0054276_0133840.jpg

32.
d0054276_0135033.jpg

33.
d0054276_014128.jpg

撮影がOKの展示室ですがガラスの反射があるので綺麗には写せませんでした・・・・・



34.
d0054276_0141392.jpg

今日新年の最初に能面を載せたのは・・・・・・
一年を通して色々な人に出逢います
それらの人達にはそれぞれに違う顔があります
笑っている顔や優しい顔もあれば本心には怒った顔や意地悪そうな顔があるかも知れません
よく表情のない人に対して『能面のようだ』と言いますが実際には能面は正面から見れば表情は同じに見えますが角度や光の当たり具合で表情が変化します・・・・・・

人間である以上私もこの1年間には泣き顔を見せることも怒った顔になることもあると思いますが笑顔が一番多く見せられるように過ごしたいと思っています~

今年も皆様に見て楽しんで頂けるようなものを多く載せたいと思っています
今年もよろしくお願いいたします






(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-01-01 00:34 | 博物館・資料館 | Comments(20)

『内藤記念くすり博物館(エーザイ)の薬草園と館内・・・』

私がよく出かけているエーザイ薬草園(正式名は内藤記念くすり博物館薬草園)も今の季節には花が見られず薬樹園の木々に生っている実も同じようなものばかりでした・・・・・
少し散策してから『くすり博物館』の館内を見学しました
今の企画展は『感染症の世界・顧みられない熱帯病を中心として』ですが以前紹介しましたので今回は3Fの『エーザイコーナー』を見て来ました・・・・・
このエーザイ・コーポレート・ラウンジにはエーザイ(株)の歴史や創業者の業績を紹介した社史コーナーや製品の紹介コーナーと認知症に関する情報スペースがあります~♪



『薬樹園』
1.『信濃柿(シナノガキ)  実』  カキノキ科カキノキ属の落葉高木
学名はDiospyros japonica Sieb. & Zucc.と言います~
d0054276_19453113.jpg

2.
d0054276_19454749.jpg

3.
d0054276_1946156.jpg

4.
d0054276_19461234.jpg

5.
d0054276_19462784.jpg




6.『梔子(クチナシ)  実』  アカネ科クチナシ属の常緑低木
学名はGardenia jasminoidesと言います~
d0054276_1946381.jpg

7.
d0054276_19465182.jpg




8.『老鴉柿(ロウヤガキ)  実』  カキノキ科カキノキ属の落葉高木
学名はDiospyros rhombifoliaと言います~
d0054276_1947279.jpg

9.
d0054276_19471537.jpg




10.『薬樹園風景』
d0054276_19472986.jpg

今の季節は寂しいですね・・・・・
春になれば木々達にも花が咲き賑やかになります~♪



11.
d0054276_19474450.jpg




12.『薬草園風景』
d0054276_19475953.jpg

薬草園はもっと寂しい風景になっています・・・・・(´;ω;`)
ここも来年の春頃まではこんな状態が続きます~



13.
d0054276_19481574.jpg




14.『内藤記念くすり博物館』
d0054276_19482835.jpg

年に2回程の企画展などがあるので今までに館内を3度程紹介しています
内藤記念くすり博物館はエーザイの創業者『内藤豊次氏』により1971年(昭和46年)に設立されました



15.
d0054276_1948446.jpg

エーザイ(株)の歴史が見られるコーナーです



16.
d0054276_1948567.jpg

17.
d0054276_1949941.jpg

内藤祐次氏(2代目社長)の社長室(復元)
大正9年8月3日生まれで父豊次が創業した日本衛材(現エーザイ)に昭和20年入社して41年社長になり63年会長になりました
独自製品の開発を方針としてビタミン剤,胃薬,鼻炎治療薬を開発して業績をのばし食品・化学事業にも進出しました・・・・・
日本製薬工業協会会長もされていましたが平成17年10月11日に85歳で死去されました



18.
d0054276_19492136.jpg

絵が趣味で沢山の絵を描かれていたようです・・・・・(*´∀`*)



19.
d0054276_1949312.jpg




20.『展示室』
d0054276_1949431.jpg

21.
d0054276_19495581.jpg

22.
d0054276_1950684.jpg

23.
d0054276_19501957.jpg

24.
d0054276_19503184.jpg

25.
d0054276_19504337.jpg

エレベーターが現在修理中のようなので階段を使ってロビーに降ります・・・・・



26.『ロビー』
d0054276_19505891.jpg

ロビーは本館の玄関を入ったところにありすぐ左手に受付カウンターがあります
無料でご見学いただけますが入ったら名前の記帳をします・・・・・



27.
d0054276_19513187.jpg

ロビーには人車製薬機や薬屋の看板などが展示されていて休憩スペースも設けられています
無料の『ウコン茶』等のサービスもあります~



28.
d0054276_19514790.jpg

ここで発行された書籍も多く書店などにある同じような書物より安く売られています
興味のある方にとっては大変素晴らしいものがあります~



29.『人車製薬機(復元)』
d0054276_19515873.jpg

30.
d0054276_19521083.jpg

31.
d0054276_19522221.jpg

32.
d0054276_19523593.jpg

江戸時代にこんなものが作られているのは凄いことですね・・・・・
日本人のカラクリ技術は素晴らしいと感じます~~(o ̄∇ ̄o)♪



33.
d0054276_19524687.jpg

34.
d0054276_19525867.jpg

35.
d0054276_19531042.jpg

博物館の入口から見た風景です~
左が薬草園で右が薬樹園になります・・・・・・
この先はエーザイ㈱の川島工園(製薬会社の敷地)で一般者は立ち入る事ができません

ここはいつも綺麗に整備されているので気持ちよく見学ができます
冬は見るものが限定しますが他の季節は私にとってとても楽しく散策できるので感謝しながら散策しています
また来年の春からはここでたくさんの植物との出逢いがあると思います~




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-12-11 20:39 | 博物館・資料館 | Comments(14)

『百年公園と岐阜県博物館』

11月3日は文化の日でした・・・・・
岐阜県の県教育委員会は県美術館(岐阜市)、県博物館(関市)、県現代陶芸美術館(多治見市)、国史跡高山陣屋(高山市)の県有4施設を無料開放しました・・・・・
この中で興味があった関市百年公園の中にある『県博物館』へ行きました

無料開放で多くの人が来ていました~
一部だけ写真撮影が出来ましたが特別展『東海地方の円空仏・その造形と足跡をたどる』や常設展の『人文展示室』と『自然展示室』は撮影禁止になっているので撮影は出来ませんでした・・・・・
百年公園の紅葉風景も少し載せました~♪



1.『百年公園の風景~』
d0054276_20164235.jpg

北口から入ってすぐの場所ですが木々の紅葉が少し始まっていました・・・・・



2.
d0054276_20165866.jpg

3.
d0054276_20171370.jpg

散策道の一部はまだ紅葉していなく緑が多く見られました



4.
d0054276_2017289.jpg

この公園は県営の都市公園で1971年(昭和46年)に岐阜県置県100周年記念事業として計画され1975年(昭和50年)開設されました・・・・・
『100』のモニュメントがシンボルになっています~(o ̄∇ ̄o)♪



5.
d0054276_20174432.jpg

『らくらく号』は散策道から建博物館前まで無料で乗れます・・・・・
私達も乗って行きました~(*´∀`*)
帰りは下り坂なので歩きましたよ・・・・・



6.『岐阜県博物館』
d0054276_20175941.jpg

先日はマイミュージアムギャラリーで『百徳きもの作品展・布の縁を紡いで』を写して載せました・・・・・
今回は特別展と常設展とマイミュージアムギャラリーすべてを見ました~



7.
d0054276_20181239.jpg

『ミュージアムショップ』には恐竜模型や化石や円空仏の写真などを売っていました・・・・・



8.
d0054276_20182565.jpg

この恐竜骨格標本はレプリカで記念撮影が撮れるようになっていました



9.
d0054276_20183741.jpg

10.
d0054276_20185180.jpg

11.
d0054276_2019491.jpg

12.
d0054276_20191696.jpg

13.
d0054276_20192824.jpg

14.
d0054276_20194011.jpg

この化石が発掘された場所は私もよく知っている所です・・・・・
手取層群と言って富山県、石川県、福井県、岐阜県にまたがる中生代ジュラ紀中期から白亜紀前期にかけての地層で恐竜や植物等の化石が多く発掘されることで世界的に知られる所です~
何度も行ったことがありますが私のメインは中生代ではなくて古生代なのでカンブリア紀からペルム紀の地層に出かけることが多かったです~♪



15.
d0054276_20195339.jpg

16.
d0054276_2020629.jpg

17.
d0054276_20201723.jpg

18.
d0054276_20202942.jpg

ここの学芸員と話していたのですが詳しい事が判らないようなので年配者の学芸員のような人に声をかけて少し話をしていました
以前大垣の化石館でみた化石と日本最古の化石のことを話していましたがようやく私が納得できる結果になりました~
さすがベテランの学芸員でした・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

私が所有している化石(数百点)を博物館に寄贈する話もしました(私個人の所有のものなので役立てて欲しいです)



19.
d0054276_20204266.jpg

20.
d0054276_20205652.jpg

21.
d0054276_2021881.jpg

古民家の模型がありました・・・・・



22.
d0054276_20212284.jpg

こうして写すと本物の家のようですね~(o ̄∇ ̄o)♪



23.
d0054276_2021364.jpg

精巧に作られていました~♪



24.
d0054276_20214826.jpg

長良川の伝統漁法『鵜飼』の鵜匠と鵜の姿も見られます~



25.
d0054276_2021591.jpg

埴輪等のレプリカが置いてありますが本物は『人文展示室』でいろいろ見られました~



26.
d0054276_20221324.jpg

懐かしい『昭和』の茶の間~
こんな部屋で私も暮らしていました・・・・・・

今もこれに近いですが~(o ̄∇ ̄o)♪



27.
d0054276_20222588.jpg




28.『百年公園を歩きながら・・・・・』
d0054276_20223934.jpg

細い流れの近くにはミゾソバがたくさん生えていました・・・・・



29.
d0054276_20225377.jpg

30.
d0054276_202391.jpg

31.
d0054276_20232637.jpg

32.
d0054276_202341100.jpg

祝日で駐車場も満車状態でしたが広いので人が少なく感じます・・・・・



33.
d0054276_2024580.jpg

34.
d0054276_20242075.jpg

これくらいの紅葉風景が好きです~(o ̄∇ ̄o)♪



35.
d0054276_2024321.jpg

ナンキンハゼの実が爆ぜて中の白い蝋質のものが現れていました~
葉も色付いて綺麗でした・・・・・♪



36.
d0054276_20244436.jpg

37.
d0054276_20245878.jpg

ナンキンハゼの葉はいろいろな色になって綺麗だと思います~
長良川の河川敷のナンキンハゼの木は大水で流されたゴミが絡まっていました
実も少なかったのでここで見たナンキンハゼの実が多くて楽しかったです~♪



38.
d0054276_20251312.jpg

こんな感じの光景が好きです~



39.
d0054276_20253025.jpg

駐車場脇のアメリカフウ(モミジバフウ)並木では葉が赤くなったアメリカフウが綺麗に見えました・・・・・



40.
d0054276_2025475.jpg

まるで楓のように見えますね~(o ̄∇ ̄o)♪



41.
d0054276_2026215.jpg

42.
d0054276_2026161.jpg

緑の山の前で赤くなった葉が綺麗でした・・・・・

今日は谷汲に出かけて横蔵寺と華厳寺を歩いてきました
紅葉はまだ僅かでしたが気持ちよく散策ができました・・・・・♪


9月に行き付けの内科で血液内の数値が異常と言われその日に市民病院で検査して別の日にMRI検査をしてから次の週に検査入院をしましたが本日結果が判りました
心配していた結果ではありませんでした・・・・・
少し細菌性の反応が残っているので抗生物質を飲んで次は3ヶ月後に一度検査をするように言われましたが心の中では入院手術をある程度覚悟していましたので本当に『ほっ』としました

ご心配して頂いた皆様に良い結果が報告できて嬉しく思います~
これからは自分の体を労わりながら今までのようにブログを通じて皆様との交流を深めたいと思います
これからもよろしくお願いいたします~(*´∀`*)





(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-11-04 21:24 | 博物館・資料館 | Comments(12)

『百年公園と岐阜県博物館(マイミュージアムギャラリー)』

今日は朝から雨で時々強く降っていました・・・・・
家から出たのは昼食を食べに行った回転寿司屋とホームセンターやドラッグストアやスーパーだけでした

昨日までの続きで今日は百年公園の風景を少し載せて撮った日は別になりますが公園内にある岐阜県博物館の中にある『マイミュージアムギャラリー(ここは無料)』でやっていた『百徳きもの作品展・布の縁を紡いで』と言う展示を見て写しましたので載せることにしました~


1.
d0054276_20214199.jpg

公園内の木々も種類によって色付いていました・・・・・
これくらいの頃も綺麗に思えます~



2.
d0054276_20215752.jpg

紅葉している木々の中でもハナミズキの紅葉は他のものより少し早いですね~
よく目に付きました・・・・・(*´∀`*)



3.
d0054276_20221412.jpg

散策道の途中にある『鹿威し(ししおどし)』は水量が多かったので忙しく音を立てていました~♪



4.
d0054276_20223294.jpg

何箇所もあるテーブル&ベンチには人は見られませんでした・・・・・
子連れファミリーは児童遊具のあるトリム広場で遊んでいてカップル達は散策道を歩いていました~



5.
d0054276_20224826.jpg

6.
d0054276_2023420.jpg

他の木に絡みついたヤマノイモの実がよく見られます~



7.
d0054276_20231967.jpg

ヤマノイモの実の姿はこんな形です~
ムカゴを実だと思われる人も多いですが実はこのような面白い形でたくさん生っています・・・・・(*´∀`*)



8.
d0054276_20233188.jpg

9.
d0054276_20234679.jpg

百年公園の花菖蒲園も今の季節はこんな寂しい光景になっていました・・・・・
花菖蒲の季節には祭りも開催されて賑わいます~



10.
d0054276_2024185.jpg

11.
d0054276_202417100.jpg

親子で秋を楽しんでいました~
小さな子供はドングリが好きですね・・・・・・
・・・と言う私は爺さんなのにドングリが好きです~(´∀`)



12.
d0054276_20243439.jpg

13.
d0054276_20244944.jpg

茅葺屋根の古民家です・・・・・
私の家から1時間以内で見られる茅葺古民家は3箇所あります
各務原市の河川環境楽園・木曽川水園の古民家と岐阜市北野のファミリーパークにある古民家とこの関市百年公園のものです~
全てダム建設で水没した岐阜県の徳山から移築されたもので世界遺産の白川郷のものではありません



14.
d0054276_2025353.jpg

木曽川水園の古民家は管理をしっかりされていて屋根の葺替えもされましたがここは予算も大変で傷みが多くなり最近ではこの中で予定していたイベントも中止になったようで屋内への立ち入りも禁止されています



15.
d0054276_2025159.jpg

造りは他の2箇所と同じようになっています~
建物の外から写しました・・・・・・♪



16.
d0054276_20253094.jpg

屋根の上にはヒメジョオンが・・・・・・・
『や~ね~!』と死語のような駄洒落が出そうなくらい古い建物です~♪



17.
d0054276_20254561.jpg

古民家のすぐ近くに博物館があります
散策道から坂道なので足の不自由な人のために『スロープカー(ケーブルカーのようなもの)』が無料で運行されています~
楽しそうなので乗って行きました・・・・・

博物館で見られる常設展は330円で特別展・企画展は800円ですがマイミュージアムギャラリーと呼ばれる展示室は無料で見られます・・・・・



18.
d0054276_202559100.jpg

もう終わりましたが2016/09/17(土)~ 2016/10/16(日)まで第5回展示『百徳きもの作品展・布の縁を紡いで』と言う展示がありましたので入って見てきました・・・・・
この室内は写真撮影OKになっています~



19.
d0054276_20261239.jpg

『百徳きもの』とは金沢に江戸時代から伝わる子どもの健やかな成長を願う人々の願いから生まれた産育習俗の一つで近隣・縁者百人から百の徳を得るようにと着物の端切れをもらい縫い合わせた着物です・・・
この民俗文化にこめられた思いを現代に生かそうと『百徳キルトの会』の会員10名余が着物の端切れを用いて制作した『百徳きもの』や『ちゃんちゃんこ』等のパッチワークキルト作品が展示されていました~



20.
d0054276_2026264.jpg

使わなくなった衣類等をリサイクルして別のものにする事は大切なことだと思います



21.
d0054276_20263974.jpg

22.
d0054276_20265219.jpg

23.
d0054276_2027683.jpg

24.
d0054276_20272298.jpg

25.
d0054276_20273699.jpg

26.
d0054276_20275026.jpg

27.
d0054276_2028398.jpg

28.
d0054276_20281785.jpg

29.
d0054276_20283273.jpg

30.
d0054276_20285295.jpg

31.
d0054276_2029794.jpg

32.
d0054276_20292269.jpg

33.
d0054276_20293643.jpg

34.
d0054276_20295174.jpg

35.
d0054276_2030568.jpg

36.
d0054276_20301822.jpg

37.
d0054276_20303274.jpg

38.
d0054276_2030464.jpg

39.
d0054276_2031133.jpg

40.
d0054276_20311557.jpg

41.
d0054276_20312962.jpg

42.
d0054276_20314344.jpg

43.
d0054276_20315881.jpg

44.
d0054276_20321371.jpg

室内で人工の明かりでしたのでWBを変更せず写してしまいましたので色が全体に赤っぽくなったり場所によっては青っぽくなったものになってしまいました・・・・・
でも丁寧に針を一刺し一刺しして作られた作品の細かな作業は判りますね~
自然のものではありませんが自然を大切にすることはどこかで自然と繋がっているような気がします~

マイミュージアムギャラリーでは2016/10/29(土)~ 2016/11/27(日)まで
第6回展示『能面展・平家物語への誘い』が見られます
無料なので興味のある人はお出かけください~(o ̄∇ ̄o)♪



45.
d0054276_20322971.jpg

まだ雨が降っていますが明日は晴れそうです・・・・・

紅葉を探して北に向かいたいと思いますが朝起きた時の空次第です~(o ̄∇ ̄o)♪






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2016-10-28 21:14 | 博物館・資料館 | Comments(18)

『大垣城と映画(聲の形)の街を散策して・・・』

今日は先日出掛けた墨俣城の後に行って見学した大垣市の『大垣城』を載せます・・・・・
そして今映画館で上映されているアニメ映画『聲の形』の舞台になっている大垣市内の水門川を少し散策して写真を写しましたので載せることにしました~

1.『大垣城』
d0054276_2018126.jpg

大垣城(おおがきじょう)は岐阜県大垣市郭町にあった日本の城で麋城(びじょう)または巨鹿城(きょろくじょう)とも呼ばれています・・・・・



2.
d0054276_20181597.jpg

大垣城の横に立つ銅像です・・・
初代大垣藩主の『戸田氏鉄』が馬に乗り軍扇を振りかざしている勇ましい姿です
氏鉄以降明治維新に至るまでの二百余年の戸田氏の偉業を讃えるために平成6年に建てられたものです~



3.
d0054276_20183156.jpg

城に向かう道です・・・・・
雨が降ったり止んだりの天気だったので写真が多く撮れませんでした



4.
d0054276_20184854.jpg

5.
d0054276_2019441.jpg

6.
d0054276_20191832.jpg

大垣城は美濃守護・土岐一族の宮川吉左衛門尉安定により天文4年(1535)に創建されたと伝えられています・・・・・・
関ケ原の戦いでは西軍・石田三成の本拠地となりその後は戸田氏が十万石の城主となり明治まで太平の世が続きました・・・・・
昭和11年(1936)に国宝に指定されましたが昭和20年(1945)7月戦災で焼失してしまいました・・・・
昭和34年(1959)4月に4層4階の天守を再建し名実ともに城下町大垣のシンボルとなりました~♪



7.
d0054276_20193050.jpg

8.
d0054276_20194558.jpg

9.
d0054276_20195950.jpg

小さな城ですが綺麗な姿の城だと思います~



10.
d0054276_2020167.jpg

11.
d0054276_20203428.jpg

城内は展示資料館になっています・・・・・
入館料は100円です~(o ̄∇ ̄o)♪



12.
d0054276_20205283.jpg

いろいろな甲冑が展示されています~



13.
d0054276_2021486.jpg

14.
d0054276_20211624.jpg

ガラスケースの中なので反射して映り込みが多くなってしまいます
仕方ないですね~~
撮影OKになっているだけ有難いです・・・・・・(*´∀`*)



15.
d0054276_20212836.jpg

鯱(しゃちほこ)・・・・・・♪



16.
d0054276_20214047.jpg

刀の展示もされています・・・・・



17.
d0054276_20215215.jpg

火縄銃も見られました・・・・・



18.
d0054276_2022530.jpg

色々な槍先がありました・・・・・
結構先が鋭いですね~



19.
d0054276_20222341.jpg

たくさんの火縄銃(種子島)が飾られていました・・・・・



20.
d0054276_20223526.jpg

21.
d0054276_20224972.jpg

22.
d0054276_2023191.jpg

23.
d0054276_20231662.jpg

窓から外を覗いたら1羽の鳩がいました~
戦国時代だったら伝書鳩にされていたかも知れないですね・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



24.
d0054276_20232866.jpg

歴代の城主の肖像画が見られます・・・・・



25.
d0054276_20234113.jpg

26.
d0054276_20235715.jpg

27.
d0054276_20241773.jpg

人工のものですが滝も見られました~♪



28.『大垣市内で水門川を見ながら・・・・・』
d0054276_20243133.jpg

大垣の街の中を流れている川です・・・・・
アニメ映画『聲の形』では桜の季節の水門川が綺麗に描かれています~



29.
d0054276_20244516.jpg

30.
d0054276_2024595.jpg

右の建物は公衆トイレですが同じようなものが水門川には多く見られます・・・・・
綺麗なトイレなので使う人には有難いですね~



31.
d0054276_2025125.jpg

松尾芭蕉の『奥の細道』結びの地なので護岸には多くの俳句が填め込まれています・・・・・
これを見ながら散策も楽しいでしょうね~



32.
d0054276_20252617.jpg

33.
d0054276_20254191.jpg

綺麗だったのでマンホールの蓋を写しました~(*´∀`*)



34.
d0054276_20255955.jpg

35.
d0054276_20261855.jpg

36.
d0054276_20263035.jpg

商店街のアーケードには映画のフラッグやバナーも多く飾られていました
お店によっては映画とコラボしてサービスをしている所もあるようでした~~
主人公がいる場所が水門川です・・・・・



37.
d0054276_20264516.jpg

偶然通りかかった高校生達・・・・・
『聲の形』の実写版みたいな感じがしたのでカメラを向けてしまいました~



38.
d0054276_202736.jpg

39.
d0054276_20271794.jpg

突然吹き出した噴水です
きっと時間によって吹き出るようになっているのだと思います~



40.
d0054276_20273151.jpg

天気が良くなかったので長く散策ができませんでした
映画を見て感動した人達がこの大垣にやって来ることも多いだろうと思います・・・・・

今年は夏から秋にかけて岐阜県を背景にしたアニメ映画が続きました
今日紹介したもの以外ではクロネコを主役にした『ルドルフとイッパイアッテナ』が岐阜市でアニメとして最大の観客を更新していると言われる『君の名は』は飛騨市でした・・・・・

アニメだけではなく今話題になっているのは若い人達に人気があるバンド『Aqua Timez』が本日(9月28日)リリースした19枚目のシングル『12月のひまわり』のミュージックビデオは岐阜市の風景だけを使ったものになっています・・・・・
メインボーカルの太志さんが岐阜市出身なので今回は岐阜市とのコラボになりました
忠節橋(私が散策している反対側でコスモスやリナリアを撮っていた場所)やJR岐阜駅にメディアコスモスの中央図書館や柳ケ瀬商店街や川原町と近くの神社や小学校と高校が映し出されています・・・・・
私がこのMVの製作者だったらきっと同じような場所で撮ったと思います
それくらい素敵なものになっていました~♪
下にリンクしておきます・・・・・
12月のひまわり




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-09-28 21:15 | 博物館・資料館 | Comments(18)

『墨俣(すのまた)一夜城を散策・・・・・』

今日は自然から少し離れて歴史的なものを載せることにしました・・・・・
24日の土曜日に出かけた岐阜県大垣市墨俣町にある『墨俣城』を紹介します~

築城時期は不明ですが長良川西岸の洲股(墨俣)の地は交通上や戦略上の要地であって戦国時代以前からしばしば合戦の舞台となっていました・・・・・(墨俣川の戦い)
斎藤氏側で築いた城は斎藤利為らが城主を務め1561年(永禄4年)~1566年(永禄9年)の織田信長による美濃侵攻にあたって木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)が僅かな期間でこの地に城を築いたと伝えられています・・・・・
これが有名な墨俣一夜城なのですが不明な点が多く様々な議論があるようです~


1.
d0054276_2017656.jpg

墨俣城に架かる橋に『太閤出世橋』と書かれていました・・・・・
下を流れている川は『犀川(さいかわ)』と言います~



2.
d0054276_20172280.jpg

豊臣秀吉のシンボルになっている千成瓢箪が彼方此方に見られます・・・・・



3.
d0054276_201801.jpg

墨俣城です・・・・・
現在墨俣城跡の北西側は一夜城跡として公園に整備されています・・・・・
この公園内には写真のような大垣城の天守を模した墨俣一夜城歴史資料館が建てられていますが史実上の外観とは異なっていると言われています・・・・・
公園内にある白鬚神社(式内社荒方神社の説がある)には境内社として模擬天守閣が築かれたさいに分祀された豊国神社があって豊臣秀吉が祀られています



4.
d0054276_20181772.jpg

5.
d0054276_20182985.jpg

もし秀吉公が見たとしたら驚くでしょうね・・・・・
当時の墨俣城はこんなに立派ではなかったと言われています・・・・・



6.
d0054276_20184261.jpg

7.
d0054276_20185657.jpg

木下藤吉郎秀吉(豊臣秀吉)の像が正面に見られました・・・・・


8.
d0054276_20192349.jpg

鯱(シャチホコ)



9.
d0054276_20194024.jpg

絵馬の代わりのように瓢箪(出世ひょうたん)に願をかけたものが並んでいました~



10.
d0054276_20195447.jpg

『太閤秀吉出世の泉』から水が湧き出ていました
飲めるのでしょうね・・・・・・



11.
d0054276_2020738.jpg

墨俣城(墨俣一夜城歴史資料館)の中に入りました・・・・・
入館料は200円です



12.
d0054276_20205022.jpg

13.
d0054276_2021367.jpg

14.
d0054276_20211515.jpg

15.
d0054276_20212926.jpg

16.
d0054276_20214322.jpg

色々な資料や年表が見られます~(*´∀`*)



17.
d0054276_20215573.jpg

18.
d0054276_2022684.jpg

出土した兜が展示されていました
本物のようです・・・・・



19.
d0054276_20221866.jpg

20.
d0054276_20223320.jpg

岐阜県と愛知県は戦国時代には城が多くて城址になっている所も入れれば相当な数のようです
織田と徳川の勢力争いが垣間見られますね・・・・・



21.
d0054276_20224612.jpg

秀吉はこんな顔だったのでしょうか?
そう言えば若い頃から『猿』って呼ばれていましたね・・・・・・
猿って賢い生き物なので信長や家康より頭が良かったのかも~(o ̄∇ ̄o)♪



22.
d0054276_2023095.jpg

23.
d0054276_20231450.jpg

この甲冑には徳川の家紋が付いていました・・・・・
秀吉の家紋は『五七の桐』でしたね~♪



24.
d0054276_20232617.jpg

25.
d0054276_20233790.jpg

26.
d0054276_20241674.jpg

城内から外の風景を写してみました・・・・・
秀吉像が眼下に見られます・・・・・



27.
d0054276_20242963.jpg

28.
d0054276_20244639.jpg

犀川に架かる出世橋・・・・・



29.
d0054276_2025023.jpg

刀が展示されていました
近くにいた若い歴女が写真を何枚も写していました~(*´∀`*)



30.
d0054276_202511100.jpg

種子島鉄砲も見られます・・・・・



31.
d0054276_20252549.jpg

犀川と左に見える長良川が自然の濠のようになっているのでしょうね・・・・・
岐阜城や加納城や名古屋城や清洲城に向かうにはここを通ったのでしょう
戦の要と言われればそう感じますね~



32.
d0054276_20254877.jpg

墨俣城から眺める長良川・・・・・・
戦国時代にはこんな堤防はなかったので大雨が降って増水したら大変な恐怖だったと思います



33.
d0054276_2026926.jpg

34.
d0054276_20262144.jpg

35.
d0054276_20265660.jpg

36.
d0054276_20271029.jpg

37.
d0054276_20272243.jpg

岐阜と名古屋の間にこんなに多くの城がありました
滋賀県にも多くの城があるので近くの城を散策するのも楽しそうですね~♪



38.
d0054276_2027361.jpg

よく見ればお城風の資料館なので窓がサッシになっているのが見えてしまって少し興醒めになりますが入館料が200円なので割り切ればいいでしょうね~

ここから大垣市に向かい大垣城と水門川辺りの風景も写しましたが2日間続けてお城って言うのも『自然風だより』としては考えものなので明日は別のものを載せたいと思っています~
大垣城などは明後日載せるつもりです・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

編集のミスのようで写真の説明がズレていました
見ていただいて変に思われた人には申し訳なかったです・・・・・
訂正しました~♪




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-09-26 21:24 | 博物館・資料館 | Comments(12)

『塚原遺跡公園(岐阜県関市)』

今までにも2度程この遺跡を紹介したことがありますが改めて紹介します・・・・・
関市が管理している遺跡公園で見学も無料ですが知名度としてはそれ程高くなく見学者も少ないようです
関市は板取の『シモネ池』や五郎丸ポーズで有名になった『関善光寺』が全国的に有名になりましたが『刃物の産地』や『関鵜飼』も知られています・・・・・

円空仏の円空上人の最後の地として遺跡近くにある弥勒寺には円空上人のお墓や円空仏館もあります
ここには先日出掛けた『岩門の滝』の後で寄りました~(*´∀`*)

百年公園と岐阜県博物館や数多い歴史的な神社仏閣もあり21世紀の森や紫陽花街道も素晴らしい『関市』を皆様に知って頂こうと思います・・・・・

『塚原遺跡公園』の代表者の方と色々な話ができました
少しでも役に立てればと思いました~♪


1.『塚原遺跡』
d0054276_2038654.jpg

昭和62年度に発掘した遺跡を保存整備した遺跡公園で屋外には縄文時代の竪穴建物や古墳などを復元し展示館では遺跡と出土品の展示解説をしています・・・・・

発掘調査では縄文時代の早期(第1期)と縄文時代の中期(第2期)と古墳時代後期(第3期)の遺構が発見されました・・・・・♪



2.
d0054276_20381978.jpg


3.
d0054276_20383243.jpg

4.
d0054276_203847100.jpg

5.
d0054276_2039157.jpg

6.
d0054276_20391639.jpg

遺構は
縄文時代早期 屋外炉:8基
縄文時代中期 竪穴式住居:17軒 掘立柱建物:19軒 土器捨場:5基 蒸焼場:7基
古墳時代後期 古墳:16基 古墳の周溝:11条 石室の前の穴:4基
がここには見られます・・・・・



7.
d0054276_20393199.jpg

8.
d0054276_2039441.jpg

縄文時代の住居と古墳時代に造られた古墳は同時に存在したわけではありませんが地下には3つの時代に利用されたというこの土地の歴史が残されていたことを表現するために3つの時代の遺構を共存させています

展示館にパンフレット等がありますので貰って見学すると判りやすいです~(o ̄∇ ̄o)♪



9.
d0054276_20395513.jpg

日曜でもこんな状態です・・・・・
せっかくの施設なのでもっと見て欲しいですね~



10.
d0054276_2040976.jpg

11.
d0054276_2040234.jpg

12.
d0054276_20403695.jpg

13.
d0054276_20405140.jpg

14.
d0054276_2041855.jpg

15.
d0054276_20412052.jpg

16.
d0054276_20413499.jpg

17.
d0054276_20414928.jpg

18.
d0054276_2042272.jpg

19.『塚原遺跡公園展示館』
d0054276_20421527.jpg

塚原遺跡公園展示館(つかはらいせきこうえんてんじかんTsukahara Ruins Museum)は塚原遺跡に関する資料館です・・・・・
塚原遺跡展示館と呼ばれる場合もあります~♪



20.
d0054276_20422662.jpg

21.
d0054276_20423861.jpg

22.
d0054276_20425036.jpg

こんな土器が目前にあると楽しくてドキドキします~(o ̄∇ ̄o)♪



23.
d0054276_2043177.jpg

24.
d0054276_2043116.jpg

25.
d0054276_20432275.jpg

26.
d0054276_20433360.jpg

27.
d0054276_20434665.jpg

28.
d0054276_2044096.jpg

29.
d0054276_20441058.jpg

30.
d0054276_20442352.jpg

31.
d0054276_20443452.jpg

32.
d0054276_20444695.jpg

33.
d0054276_20445918.jpg

これ程近くで土器などを見る機会は少ないので興味のある人には楽しいと思います
写真の撮影はOKです~(o ̄∇ ̄o)♪



34.
d0054276_20451034.jpg

35.
d0054276_20452277.jpg

36.
d0054276_20453725.jpg

37.
d0054276_20455158.jpg

展示館の屋上から見た風景です~
大昔の村のボスになった気分です・・・・・(*´∀`*)



38.
d0054276_2046352.jpg

今までは渓流釣りが解禁する2月に昔の釣り仲間を探しにこの辺りに来るので夏に来たのは初めてでした
日陰がなく暑いですがそれでも駐車場には他の車はなく私の車だけが停まっていました・・・・・

ここの館長(施設長)さんも関市の他の施設などと一緒にここを紹介する方法を考えているようですがなかなか実現ができないようです・・・・・
変なイベントをして人を集めると大切なものを壊されることもあるので難しいようです
遺跡跡も資料館も立派ですので多くの人に見た欲しいと思います~


『問い合わせは・・・』
塚原遺跡公園展示館 関市千疋1777番地1 (電話・ファクス)0575-28-5955
関市教育委員会 文化課 文化財保護センター
〒501-2695 関市武芸川町八幡1446番地1 電話:0575-45-0500 ファクス:0575-46-1221

テレビ局や旅行雑誌等でここを取り上げていただけるのでしたら上記まで連絡してくださいね~(*´∀`*)




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-07-27 21:19 | 博物館・資料館 | Comments(14)

『薬草園の花達とミツバチの家(養蜂資料館)』

畜産センターの近くに私がよく出かけている岐阜薬科大学の薬草園があります・・・・・
薔薇の花を写す前に少し寄って咲いていた花を写しました

薔薇園を出たあとで近くにある養蜂の資料館『ミツバチの家』も入って見てきました~
この春に内装などがリニューアルされて小さな子供達にも養蜂のことが判りやすくなっていました・・・・・


1.『伊吹麝香草(イブキジャコウソウ)』  シソ科イブキジャコウソウ属の小低木
学名はThymus quinquecostatusと言います~
d0054276_20202088.jpg

学名にも見られますがタイムの仲間です~
和名は伊吹山に多く見られて芳香があることから付けられた名前ですが他の所でも見られる植物です~



2.
d0054276_20203119.jpg


3.
d0054276_20204112.jpg


4.
d0054276_20205153.jpg

シソ科の唇形花って可愛いですね~(o ̄∇ ̄o)♪



5.
d0054276_2021121.jpg





6.『当帰(トウキ)』  セリ科シシウド属の多年草
学名はAngelica acutilobaと言います~
d0054276_20211241.jpg

セリ科植物の花は小さな花がたくさん集まって見られるものが多いですね~
どの花も可愛いので好きです~



7.
d0054276_20212533.jpg


8.
d0054276_20213745.jpg





9.『懐慶地黄(カイケイジオウ)』  ゴマノハグサ科ジオウ属の多年草
学名はRehmannia glutinosa var. hueichingensisと言います~
d0054276_20214892.jpg

中国や朝鮮半島で栽培されている薬用植物で日本には1940年に渡来して研究機関などで保存されていました・・・・・
中国の華北などに自生する赤矢地黄(アカヤジオウ)から改良された栽培種で主産地の河南省『懐慶』にちなんでカイケイジオウと名づけられました・・・・・^^



10.
d0054276_20215794.jpg

根茎を生薬の地黄(じおう)と言って補血、強壮、解熱、緩下、止渇などの薬効があります・・・・・
原種(母種)の赤矢地黄(アカヤジオウ)は奈良県で現在も栽培されています~♪^^



11.
d0054276_2022719.jpg


12.
d0054276_2022194.jpg





13.『彌猴桃(キウイ)』  マタタビ科マタタビ属の蔓性落葉樹
学名はActinidia chinensisと言います~
d0054276_20222957.jpg

キウイは雌雄異株なので雄花と雌花が其々の株に咲きます・・・・・
写した花は雌花なので白いメシベが見られます~♪
可愛いですね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



14.
d0054276_20224034.jpg


15.
d0054276_20224973.jpg


16.
d0054276_20225957.jpg

キウイもサルナシもマタタビも同じ仲間なので花の姿は似ていますがキウイは花も大きいので可愛く感じます・・・・・♪



17.
d0054276_2023950.jpg


18.
d0054276_20232041.jpg


19.
d0054276_20233129.jpg





20.『サトイモ科の小さな花が・・・・・』  サトイモ科テンナンショウ属の多年草
大まかな学名はArisaemaです~
d0054276_20234265.jpg

薬草園の花の中に一人生えのように咲いていました・・・・・
ボランティアの人達も正式な名前は判らないようで『よく見つけられましたね・・・』と言われました~♪



21.
d0054276_2023539.jpg

カラスビシャクより小さ目ですがアンテナが伸びていないのでカラスビシャクやウラシマソウでは無いようです
マムシグサの赤ちゃんでも無さそうです・・・・・(´;ω;`)



22.
d0054276_2024374.jpg





23.『公益財団法人 ミツバチの家』  岐阜県岐阜市椿洞776-3
d0054276_20241696.jpg

近代養蜂発祥の地の岐阜県に全国の養蜂家の協力で作られた施設でミツバチの不思議な世界を科学的に理解することができます・・・・・

岐阜市椿洞の畜産センターの一角にありミツバチの巣のような六角形の展示室にはミツバチに関するさまざまな子供向けの資料等がいっぱい展示されています~



24.
d0054276_2024301.jpg


25.
d0054276_20244388.jpg

蜜源植物のトチノキが建物の前に植えられていました~(*´∀`*)



26.
d0054276_20245567.jpg

岐阜県は近代養蜂発祥の地と呼ばれています
日本での本格的な養蜂が始まるのは明治時代になってからで多採蜜で群の勢いが強い西洋ミツバチの移入と巣箱、人工巣礎、蜂蜜分離器の発明により技術が確立され、それらを導入することで現在のような近代養蜂が発展することとなりました・・・・・

明治30年代前半から養蜂業に従事し始めた岐阜県の渡辺寛氏が明治42年に月刊誌『養蜂之友』を発刊し養蜂の普及ならびに欧米の優良品種の導入や養蜂器具の作成に着手して実質的に日本における近代養蜂の基礎を築いたとされています~♪

明治43年に第1回全国養蜂家大会が岐阜県で開催されたことから岐阜県は『近代養蜂発祥の地』と言われるようになりました・・・・・



27.
d0054276_2025675.jpg

靴を脱いでスリッパに履き替えて見学します・・・・・



28.
d0054276_20251829.jpg


29.
d0054276_20253083.jpg


30.
d0054276_20254421.jpg


31.
d0054276_20255664.jpg

今年の4月29日にリニューアルオープンして室内が明るくなりました・・・・・
展示説明も子供用に向けたものが多くなり小さい子供でも楽しめますが面白がるのかな~?



32.
d0054276_2026792.jpg


33.
d0054276_20261886.jpg


34.
d0054276_20263014.jpg


35.
d0054276_20264167.jpg

無料なので夏休みの自由研究にするなら便利かも知れませんね~
このブログを見られた小学生の子供のいる人で岐阜市の近くにお住まいでしたら今年の夏休みの自由研究に是非どうぞ・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



36.
d0054276_20265689.jpg


37.
d0054276_2027988.jpg


38.
d0054276_20272046.jpg


39.
d0054276_20273215.jpg


40.
d0054276_20275885.jpg


41.
d0054276_20281445.jpg


42.
d0054276_20282532.jpg


43.
d0054276_20283733.jpg


地味な資料館(博物館)なので岐阜市在住者でも知らない人が多いようです
それに岐阜県が近代養蜂発祥の地とされている事も知らないようですが岐阜市内でも蜂蜜メーカーが彼方此方にあるので地元のハチミツが売られていることはスーパーなどで気が付いているかも知れないですね~

本当に美味しいハチミツは高いです・・・・・
でもやっぱり本物は美味しいですね~
特に岐阜では『蓮華蜂蜜』が有名です・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

皆さんが今使っている蜂蜜は『 made in Gifu』ではないですか~♪






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-05-24 21:33 | 博物館・資料館 | Comments(18)

『瀬戸蔵(せとぐら)の陶器の《ひなミッド》・・・・・』

今日は私用で愛知県瀬戸市まで出掛けました
瀬戸市は私の母が生まれた所です
親戚や従兄弟も多くいましたが今では僅かになってしまいました・・・・・

市役所で用を済ませてから一度見たかった『瀬戸蔵(せとぐら)』まで行って建物内にある窯場和食茶房・蔵所(くらしょ)で昼食を食べてから館内を散策して陶器の雛人形が飾られている『ひなミッド』を眺めたり陶器販売の店内を見ました・・・・・


1.『陶器の雛人形達と吊し雛』
d0054276_2034268.jpg

雛人形は全て陶器や硝子で出来ています・・・・・




2.
d0054276_2034392.jpg

陶器メーカーや陶芸作家と陶芸専攻の学生たちが作ったものです~




3.
d0054276_20345033.jpg

瀬戸蔵(せとぐら)は愛知県瀬戸市にある観光施設で瀬戸市民会館の跡地に建設された5階建ての施設です陶磁器ショップ、レストラン、博物館、会議室、ホールなどを備えています~♪




4.
d0054276_2035358.jpg


5.
d0054276_20351533.jpg

吊し雛も見られました・・・・・




6.
d0054276_20352912.jpg


7.
d0054276_20354169.jpg


8.
d0054276_20355293.jpg


9.
d0054276_2036653.jpg

雛壇がピラミッドのように見えるので『ひなミッド』って呼んでいるようです~(o ̄∇ ̄o)♪

今日は『ひな人形飾りつけの日』と言われているようです
2月19日は二十四節気の『雨水の日』です
雨水の日とは雪が雨になり草木も芽を出し始め春への変わり目として縁起のよい日といわれるものでこの日に雛人形を飾りつけると良縁に恵まれるとされています・・・・

今日ここの雛人形を写して載せたのは知らずに載せたので本当に奇遇です・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪




10.
d0054276_20362095.jpg


11.
d0054276_20363465.jpg


12.
d0054276_20364645.jpg


13.
d0054276_20365949.jpg


14.
d0054276_20371192.jpg


15.『瀬戸セラミックプラザ』
d0054276_20372426.jpg

陶器の製品がたくさん並べられて販売されていました
陶器メーカーの大量生産のものから窯元が一つ一つ手作りしたものや一品ものもありました~




16.
d0054276_20373619.jpg


17.
d0054276_20374873.jpg

陶器だけでなくこんな手拭いもありました~(*´∀`*)




18.
d0054276_20375977.jpg

今年の干支のものも色々あって楽しいです~♪




19.
d0054276_20381239.jpg

立雛も種類が豊富です~




20.
d0054276_20382556.jpg


21.
d0054276_20383975.jpg

猫好きには堪らない程の猫陶器がありました・・・・・
欲しいものばかりでしたが今日は我慢しました~(´;ω;`)




22.
d0054276_2038526.jpg


23.
d0054276_203944.jpg


24.
d0054276_20391914.jpg

こんな柱時計があったら毎日が楽しいでしょうね~




25.
d0054276_20393655.jpg

小さなお皿もよく見れば・・・・・猫~~(o ̄∇ ̄o)♪




26.
d0054276_20395175.jpg


27.
d0054276_2040222.jpg

猫だらけですが時々犬も混じっていたりして・・・・・(≧∇≦)




28.
d0054276_204015100.jpg


29.
d0054276_20402820.jpg

招き猫の団体ですね~(*´∀`*)
瀬戸市内にはここの他に『招き猫ミュージアム』って言う絵付け体験のできる施設もあります~




30.
d0054276_20404681.jpg


31.
d0054276_20405834.jpg


32.
d0054276_2045456.jpg

こんな渋い鉢で花を育てるのも粋ですね~♪




33.
d0054276_20413538.jpg

陶器好きには夢のような場所ですね~




34.
d0054276_20415729.jpg

吊し雛は陶器じゃなく縮緬等の布製です~(*´∀`*)




35.『窯場和食茶房・蔵所(くらしょ)』
d0054276_20421618.jpg

ここで昼食に天丼を食べました・・・・・
美味しかったです~(o ̄∇ ̄o)♪




36.
d0054276_20422844.jpg

瀬戸焼の窯場(モロ)を模した小部屋もあり店内には大きな登り窯もあるので目と舌で料理を楽しめます~




37.
d0054276_20424068.jpg


38.
d0054276_20425293.jpg


39.『建物外の柱に入っている招き猫』
d0054276_2043430.jpg

瀬戸蔵(せとぐら)の建物周囲には何本ものコンクリートで出来た円柱の柱がありますがその柱の中に招き猫が入っています・・・・・
光の具合で他のものは写せませんでしたがこの場所が反射しなく写せたので撮りました~♪




40.
d0054276_20431769.jpg

出口にあった大きな招き猫でした~
瀬戸市は『瀬戸物(せともの)』の町ですが『招き猫』も有名なんですね~
そう言えば私が子供の頃に母がやっていた料理旅館の帳場には神棚の横にたくさんの招き猫がありました
きっと出身地の瀬戸の招き猫達だったのですね・・・・・

今日は自然から離れて街中で出逢ったものを載せました・・・・・
出掛けた用事で忘れ物があるといけないので今日は連れ合いも一緒でした
娘が出産後から家にいるので世話をしていて体を休めることがあまり出来ないようなので今日は多少はのんびり出来たかな・・・・・?

明日は一日雨のようです
一雨毎に暖かくなるといいのですが・・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-02-19 21:26 | 博物館・資料館 | Comments(16)

『人道の丘公園と杉原千畝記念館』

五宝滝公園から帰る途中で『杉原千畝(すぎはら ちうね)』に関係する場所へ行こうと思いました
皆さんも名前は知っている人が多いと思いますがユダヤ人を救出するために『命のビザ』を発行したことで知られる元外交官です・・・・・
杉原千畝は岐阜県加茂郡八百津町で産まれました

12月に唐沢寿明さん主演で映画になりますがこの杉原千畝さんの功績を色々言われる人達もいます
しかし本人の意思か国の指令かを別にしても尊い命が助かった事実は真実です・・・・・
今日は『人道の丘公園』と『杉原千畝記念館』周辺で見た風景を載せることにしました
記念館は撮影禁止でしたので写すことはできませんでした・・・・・


1.『命のビザモニュメント』
d0054276_20163439.jpg

人道の丘公園は1992年8月12日に開園しました
公園は「メモリアルゾーン」、「アクセスゾーン」、「カルチャーゾーン」、「アミューズゾーン」の4つの区域からなっています・・・・・

この『命のビザモニュメント』は園内の八百津一望の丘にあるモニュメントで積み重ねたビザをイメージした形となっています・・・・・♪




2.
d0054276_20164855.jpg

眼下に見える八百津町の風景~




3.
d0054276_2017141.jpg


4.
d0054276_20171397.jpg


5.
d0054276_20172560.jpg

3つあるモニュメントにある鐘は鳴らすことができます
それぞれ違う音色が響き渡りました・・・・・(*´∀`*)




6.
d0054276_20173697.jpg


7.
d0054276_20174960.jpg


8.
d0054276_20182976.jpg


9.
d0054276_20184238.jpg


10.
d0054276_20185498.jpg

ここにも鐘がありました・・・・・
同じように鳴らすことができます~♪




11.
d0054276_2019943.jpg


12.
d0054276_20192447.jpg

『人道の丘』に来る途中にはナイチンゲールの胸像とシュバイツァー博士の胸像がありました・・・・・




13.『シンボルモニュメント』
d0054276_2019357.jpg

平和を奏でるモニュメントと呼ばれ160本のパイプからなるパイプオルガンをイメージしたモニュメントです
デザインは伊井伸さんで最大高さは6.85mあります・・・・・♫




14.『杉原千畝像』
d0054276_20194670.jpg

1900年(明治33年)1月1日 - 1986年(昭和61年)7月31日)
父好水、母やつ、の二男として岐阜県加茂郡八百津町に生まれました。
父は成績優秀な千畝が医者になるよう願っていましたが千畝は自分の夢を追って早稲田大学高等師範部英語科予科に入学します
しかし、父の意志に反した進学だったために、家庭からの経済的支援を得られず、2年生の時に大学を中退して官費で学べる外務省のロシア語留学生となります
そこで生来の語学の才能を研いた後、外交官としての道を歩くことになります

第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原はナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情
1940年7月から8月にかけて外務省からの訓令に反して大量のビザ(通過査証)を発給しおよそ6,000人にのぼる避難民を救ったことで知られています
その避難民の多くがユダヤ系であったので海外では『日本のシンドラー』などと呼ばれることがあります




15.
d0054276_20195953.jpg


16.
d0054276_20201121.jpg


17.『杉原千畝記念館』
d0054276_20202461.jpg

建物は檜材を使用した伝統構法で造られ岐阜県21世紀ふるさとづくり芸術賞を受賞しています~
ナチスドイツから逃亡してきたユダヤ人を救出するためにビザ発行を行った当時のカウナス領事館における杉原千畝による仕事を再現した様子などが展示されています・・・・・

館内の説明文は日本語と英語の他にヘブライ語でも書かれています
毎年多くのイスラエルからの訪問者が多いようです~♫




18.
d0054276_20203774.jpg


19.
d0054276_20204941.jpg


20.
d0054276_2021262.jpg


21.
d0054276_20211513.jpg


22.
d0054276_20212794.jpg


23.
d0054276_20213994.jpg

記念館の入口です
大人は300円でした・・・・・
ビザの形をした入館証が貰えました




24.
d0054276_20215070.jpg


25.
d0054276_2022357.jpg


26.
d0054276_20221523.jpg

世界各地に伝わる古文書などを保護するユネスコの『記憶遺産』に推薦されることになり日本ユネスコ国内委員会が9月24日に2017年の登録を目指す記憶遺産の候補として『命のビザ』を含む杉原千畝の資料を選定しました・・・・・




27.
d0054276_20222770.jpg


28.
d0054276_20223936.jpg


29.『四季桜』
d0054276_20225490.jpg

記念館の中で資料や写真を見ながら歩いていた時に窓から見た風景で桜が目に入りました
館内から出てから見た方角に行きましたら山の斜面にたくさんの四季桜が見られたくさんの花が咲いていました・・・・・




30.
d0054276_2023762.jpg

この桜達は建物の陰で山の斜面なので気がつかない人もいるようでした・・・・
館内でいろいろな話をしていた館長のような人が外に出て私と目が合いましたら『裏に桜が咲いていますよ』と丁寧に教えて頂けましたので『今写してきたところです・・・とても綺麗ですね』と言うと『気が付く人が少ないので花が可哀想ですよ』と言われました~




31.
d0054276_20231950.jpg


32.
d0054276_20233130.jpg


33.
d0054276_20234344.jpg


34.
d0054276_20235716.jpg


35.
d0054276_20241189.jpg


36.
d0054276_20242326.jpg


37.
d0054276_20243749.jpg

桜と紅葉の風景もいいですね~(o ̄∇ ̄o)♪

今日は用が終わってから各務原市の『木曽川水園』に出かけてから『学びの森』と『市民公園』にも出掛けました・・・・・・
公孫樹並木を今年はこれで3度写しに行ったことになります~
今日も綺麗でしたがシンボルになっている大公孫樹はまだ緑掛かっていました・・・・・・
なかなか色付かないようです






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-11-15 20:57 | 博物館・資料館 | Comments(20)