カテゴリ:身近な自然の話( 2135 )

和製のムスカリ? (藪蘭)


d0054276_19512616.jpg
近くの公園や神社もお寺にも良く生えていて綺麗で可愛い花を咲かせています・・・・・
d0054276_19515269.jpg

アップして見ると何となくムスカリの花にも似ているような気がしますが私だけでしょうか?
d0054276_19521143.jpg

ヤブラン(ユリ科)で他にもヒメヤブランと言う仲間がありますが、探してみたところ近くには見当たりませんでした・・・・・
d0054276_19522969.jpg

同じユリ科のジャノヒゲやオオバジャノヒゲが日陰を好むのに対してヤブランは日があたる場所でも元気に花を咲かせていました・・・・・
d0054276_19524742.jpg

香りに誘われて蜂や虻がたくさん来て蜜を吸っていましたが余程美味しいのか私が5mmまで接近しても逃
げませんでした~~^^
d0054276_19582570.jpg

この写真は粕森公園で写したものですが花が咲き始めていて、蕾と共に綺麗な薄い紫色をしていました・・・・・


次回は『長良川植物図譜』を載せる予定です・・・・・



このブログへのコメントを宜しくお願いします・・・・・♪
by shizenkaze | 2009-07-13 19:56 | 身近な自然の話 | Comments(16)

風、そして旅立ち・・・・・

梅雨の晴れ間に粕森公園と言う小さな公園で一つの旅立ちに出会いました・・・・・
d0054276_12102417.jpg

少し冷やりとした風が吹く中、公園の遊具の下に咲いていた蒲公英の綿毛が少しずつ風に乗って飛び始めました・・・・・
d0054276_12104376.jpg

これからどこまで飛んで行き、新しい命を咲かせるのでしょう・・・・・
d0054276_12111147.jpg

d0054276_12113772.jpg

風が他の蒲公英にも旅立ちの手助けをしていました・・・・・
d0054276_12115296.jpg

カメラを向けてから2分ほどの出来事でした・・・・・
この写真もトリミング無しで掲載しています~♪

小さな自然の営みにも目を向ければ新しい発見をする事が出来ますね~~^^




皆様からのコメントをお願いします・・・・・^^
by shizenkaze | 2009-07-12 12:14 | 身近な自然の話 | Comments(23)

楽園の向日葵 (河川環境楽園)

今日は午後から各務ヶ原市にある『河川環境楽園』まで出掛けました

ここは国営木曾三川公園の一部として国道と東海北陸道から直接入る事が出来る自然公園です
d0054276_202968.jpg

中には『アクアトトギフ』と言う世界中の淡水魚を集めた水族館もありますが、今日は時間が無かった事で自然公園の一部を見て歩きました・・・・・
d0054276_2023279.jpg

最初に訪れた所に向日葵がたくさん咲いていましたので写して来ましたが、それぞれの名前は判りませんので向日葵の写真だけをアップしました~~^^
d0054276_2025580.jpg

d0054276_2031251.jpg

d0054276_2032785.jpg

d0054276_2034152.jpg

d0054276_2035670.jpg

他にも色々な花が咲いていましたので後日アップする事にします・・・・・

これからも『長良川植物図譜』で長良川の堤防や川原に咲いている植物を紹介しますが、別の自然の事も並行して書きたいと思いますので宜しくお願いします~^^
by shizenkaze | 2009-07-11 20:05 | 身近な自然の話 | Comments(14)

長良川植物図譜7

花屋さんで見られる高価で品の良い花は綺麗ですが私達の身近な所にある堤防や川原にも良く見れば可愛い花、綺麗な花、面白い花等を目にする事が出来ます・・・・・

『カワラマツバ』 アカネ科
d0054276_1953336.jpg

日本全国の日当たりの良い川原や道端で見られる植物です

普通はこの花のように白いものが多いのですが稀に黄色い花を咲かせるキバナノカワラマツバと言う種類もあります



『スズメノヒエ』 イネ科
d0054276_19533344.jpg

スズメが食べるヒエと名前が付けられていますが私はスズメがこの植物の実を好んで食べているところを見た事が有りません~^^

緑色で黒線が入った一見何かの幼虫にも見えます・・・・・



『ヘクソカズラ』 アカネ科
d0054276_19535758.jpg

堤防では不思議と階段の近くばかりに生えていました

名前が屁糞蔓(ヘクソカズラ)と付けられているのは匂いが良くないからですが、この植物の花と葉を匂いを我慢して良く揉んでからヒビやアカギレに付けると良くなるという民間薬のひとつです・・・・・

別名のヤイトバナは真ん中が赤いのでお灸のようにみえるからです



『マツヨイグサ』 アカバナ科
d0054276_19541651.jpg

夕方になると咲き始める夜型植物です

オオマツヨイグサ、メマツヨイグサ、コマツヨイグサ、マツヨイグサ、アレチマツヨイグサが各地で見られています・・・・・



『ヒルガオ』 ヒルガオ科
d0054276_19543392.jpg

誰でも知っているアサガオに近い植物で長良川の川原にはいくつもの自生が見られます

珍しい花では有りませんが今日は雨の後で雫が花の上にあったので写してきました・・・・・

*ヒルガオの名前をアップした時に慌てていたものでユウガオと表記してしまいました。皆様からのコメントを読んでいて気が付き訂正をしましたが、ユウガオはウリ科の植物で干瓢(カンピョウ)の仲間なのでアサガオと同じ花を咲かせるヒルガオとは全く違います。
頭の中ではヒルガオと思いながらキーボードではユウガオとタイピングしてしまい皆様にご迷惑をお掛け致しました・・・・・コメント内のユウガオは私の間違いをそのままにコメントして頂いたものなのでヒルガオとして読んで戴きたくお願い致します。
今後はアップする前に細心の注意をしてこう言う事の無いように気をつけます・・・・・
コメントして頂いた皆様、ブログを見て頂いた皆様に心よりお詫び致します・・・・・ (自然風)



『ヤブカンゾウ』 ユリ科
d0054276_19545450.jpg

ノカンゾウは一重ですがヤブカンゾウは八重に咲きます

ニッコウキスゲなどと同じ仲間で、カンゾウは甘い味がするので付けられた名前です

春の芽生えを甘味噌であえると美味しい料理になりますね~^^

鍋料理にそのまま入れれば砂糖の代わりになります・・・・・



『カタバミ』 カタバミ科
d0054276_19551266.jpg

これもありふれた花ですが見ていたら撮りたくなってしまいました~^^

カタバミには蓚酸が含まれているので真鍮製品を磨くのには良いですね・・・・・



『イヌタデの花』 タデ科
d0054276_19554020.jpg

やっとイヌタデの花を見つけてきました

蕾が少ない状態で他のイヌタデと一緒の場所に咲いていました

初めは他のタデかと思いましたが花(ガク)の裏に禾状のものが出ていましたのでイヌタデと判りました・・・・・


この長良川植物図譜も続けていて良いのかな~と少し思っています・・・・・

他の自然の話も少しは書いた方が良いのではと考えてしまいました~(悩)


皆様からのコメントをお願いします~♪
by shizenkaze | 2009-07-10 19:58 | 身近な自然の話 | Comments(20)

長良川植物図譜6

『ヒメツルソバ』 タデ科
d0054276_19453973.jpg

少し湿った場所に咲いている花で葉にVの字模様があるのでスリッパやサンダルのように見えます

タニソバやミゾソバ、アキノウナギツカミ等のタデ科の花はどれも良く似ています・・・・・



『ヘラオオバコ』 オオバコ科
d0054276_19462322.jpg

ヨーロッパ原産の帰化植物で最近は長良川の堤防や川原には数が増えています

オオバコより目立つ形をしていて面白い花が付きます

白く見られるのは花ではなくオシベで花は全体が花になります・・・・・



『アレチハナガサ』 クマツヅラ科
d0054276_1946596.jpg

長良川の川原では長い期間花を咲かせています

花から落ちる種子は粉のように細かくて風などに飛ばされて増え続けているのだと思います

似た花にはヤナギハナガサ、バーベナ、クマツヅラなどがあります・・・・・



『ツボミオオバコ』 オオバコ科
d0054276_19472860.jpg

オオバコには良く見られる種類が4種類あり、その中ではオオバコより少し目立つ程度の植物です

良く似たものにトウオオバコがありますが、トウオオバコは茎と花穂がツボミオオバコよりずっと長いので区別が付きます・・・・・



『ヒメコバンソウ』 イネ科
d0054276_19475271.jpg

コバンソウの超ミニサイズの植物で普通のコバンソウが1~2cmくらいの穂なのにヒメコバンソウは2~4mmくらいの穂なので可愛いのですが写真には撮りにくい植物の一つです・・・・・



今日のお昼は何とか天気がもちました・・・・・

風もあまり吹いていなかったので細かな花も写す事が出来ました~♪



毎日多くの皆様に来て頂いて感謝しています
何かコメントを書いて戴けないでしょうか?
よろしくお願いします~♪
by shizenkaze | 2009-07-09 19:50 | 身近な自然の話 | Comments(16)

長良川植物図譜5

『ハナタデ』 タデ科
d0054276_2015454.jpg

花が良く分かるタデの仲間で、花の形が梅の花に似ている事からハナタデと付けられました

昨日のイヌタデが蕾だけだったので今日、花の咲いているものを見つけに出掛けましたが先にハナタデを見つけ写真を撮っている間に雨が降り出したのでイヌタデの花は改めて撮りたいと思います・・・・・



『ヤブガラシ』 ブドウ科
d0054276_20152849.jpg

別名をビンボウカズラと言い、どこにでも生えて来て蔓を伸ばすために藪でさえも枯らしてしまうと言う事で名づけられました



『ニシキソウ』 トウダイグサ科
d0054276_20154764.jpg

川原では良く見られる植物ですが、葉に黒い模様のあるコニシキソウの方が多いようでした
花はとても小さいので見る機会は少ない植物の一つです・・・・・



『カヤツリグサ』 カヤツリグサ科
d0054276_20161680.jpg

茎の真ん中を引っ張ると蚊帳のように裂けて見えるのでカヤツリグサと名前が付けられた植物です
堤防や空き地では普通に見られる植物ですがとても地味な色をしているので気が付かない人も多いでしょうね・・・・・



『メドハギ』 マメ科
d0054276_20163057.jpg

昔、この植物の葉を取り除いたもので占いをしたと言うことが名前になりました
花の多く付くものと、全く見られないものもありますが花は葉に隠れた様な形で付いています・・・・・



今日は川原に出掛けて15分程で雨が振り出した為に慌てて戻ったのであまり綺麗な写真が撮れませんでした・・・・・(私の原則としてトリミング等はしない事にしています^^)


明日も岐阜地方は雨のようです~

晴れれば明日も長良川の川原で『お昼の散歩』をしていると思います~^^
by shizenkaze | 2009-07-08 20:18 | 身近な自然の話 | Comments(10)

長良川植物図譜4

昨日までタイトルにアップしている植物の名前を全部書いていましたが、数が多くなるとタイトルからはみ出してしまいますので、今回から『長良川植物図譜』として今まで以上の植物達を紹介したいと思います・・・・・

『ムラサキカタバミ』 カタバミ科
d0054276_19484077.jpg

日本に昔から咲いているカタバミは黄色ですが帰化植物のムラサキカタバミやイモカタバミは紫色をしています、最近は園芸種のカタバミが抜け出し植物になって色々な場所で見られることもあります
時々カタバミの葉を見ながら「四葉のクローバー無いかな?」なんて言っている人がいます・・・・・
そんな人を見かけたらちゃんとアドバイスしてくださいね~~^^


『イヌタデ』 タデ科
d0054276_19491378.jpg

どこにでも生えてくるタデ科の植物で花は細い茎の上にツブツブ状に見られますがアップで見るとこんなに可愛い花をしています

新鮮な葉を良く揉んで虫刺されの所に塗ると痒みが治まるそうです・・・・・


『コゴメノカヤツリ』 カヤツリグサ科
d0054276_1949444.jpg

田畑や道路、空き地には生えていない所が無いほど良く見られる植物で、とても地味な植物です・・・・・

図鑑などにも全体の写真しか出る事が無いのでこうした花や実(?)をじっくり見る機会が無いと思い、今日写して来ました~^^


『コバンソウ』 イネ科
d0054276_1950224.jpg

穂が小判のように見えるために付けられた名前ですが、別名の俵麦(タワラムギ)の方が似合っていると思いますね・・・・・


『マメグンバイナズナ』 アブラナ科
d0054276_19504778.jpg

グンバイナズナの実は大きくて本当に相撲の軍配のような形をしていますが、マメグンバイナズナの実は小さくて数が多く付いています

ナズナ(ペンペングサ)に少し似ています・・・・・


今日は5種類の植物をアップしました~~
途中で雨が降り出したり風が強かったりで写真撮影には良くない昼休みでした・・・・・


明日も昼にお天気だったら長良川の川原にいます・・・・・♪
by shizenkaze | 2009-07-07 19:54 | 身近な自然の話 | Comments(12)

『長良川植物図譜3』 アカツメクサ・エノコログサ・オオバコ

『アカツメクサ』の花  マメ科
d0054276_2014033.jpg

別名をムラサキツメクサとも言います・・・・・

ヨーロッパ原産で今では日本中で見られる花になっています

シロツメクサに花は似ていますが葉はこちらの方が大きく、葉にはYの字模様が出ます・・・・・

夏に花を集めて乾燥させたものを煎じて飲むと体質改善の効用があるそうです~^^



『オオバコ』の花  オオバコ科
d0054276_202887.jpg

どこにでも見られる多年草で踏み付けにとても強く、未舗装の道路でも生き延びています

種子は咳止めの漢方薬などに使われたりダイエット食品としても使われています・・・・・

じっくり花を見る事なんてなかなか無いですね~?

オオバコにはこの他に、ヘラオオバコ、トウオウバコ、ツボミオオバコがあります



『エノコログサ』の穂  イネ科
d0054276_2024357.jpg

別名をネコジャラシと言いますね^^

エノコログサにも種類があり、エノコログサ、アキノエノコログサ、キンエノコロ等があります

秋になるとエノコログサにも実が付きますが、この実を集めてバターを薄く引いたフライパン等で炒ると爆ぜてポップコーンやポンハゼのようなお菓子になります・・・・・

ただし小粒なので量がいりますよ~~是非お試しを・・・・・♪



今日は川原に咲いている植物の中でも地味っぽいものを紹介しました・・・・・
by shizenkaze | 2009-07-06 20:05 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『長良川植物図譜2』 イヌホウズキとシロツメクサの花 

『イヌホウズキ』 ナス科
d0054276_1950846.jpg

植物の名前でイヌが付けられているものは「役に立たないもの」と言う意味が多く、このイヌホウズキも実は有毒なので役に立たないホウズキの仲間として名付けられています・・・・・
d0054276_19503527.jpg

d0054276_19505174.jpg

果実は初めは緑色ですが熟すと真っ黒になります・・・・・


『シロツメクサ(クローバー)』 マメ科
d0054276_19514879.jpg

四葉のクローバーを探した事のある人も多いでしょうね~
元々詰め草として昔はガラス製品を輸送する時に一緒に詰め込んだ植物なのでこう言う呼ばれ方をしました
アカツメクサ(ムラサキツメクサ)とは葉の形も違います・・・・・
どこにでも咲いていてありきたりの花ですがちゃんとマメ科特有の蝶形花を咲かせています・・・・・
アップで見るととても綺麗な花ですね~
by shizenkaze | 2009-07-04 19:52 | 身近な自然の話 | Comments(12)

『長良川植物図譜1』 ヤハズソウとタケニグサの花

長良川の堤防と川原には数えられない(?)くらいの植物が生えています・・・・・
私の自然観察のホームグランドとも言える場所なので、目にした植物や花、生き物達をこれから今まで以上紹介してみたいと思います・・・・・

『ヤハズソウ』  マメ科
d0054276_19552010.jpg

花の大きさは5mm以下で葉も1.5cm程の植物です
d0054276_19554616.jpg

葉の上下を持って引くと矢の形に千切れるのでヤハズソウと言われています・・・・・
長良川の川原では良く見られる植物で花はこれから沢山咲きます


『タケニグサ』  ケシ科
d0054276_19561127.jpg

葉の形が特別な形をしているので見た事のある人は多いと思います
ただ花が小さくて少し離れてみるとボヤ~っと何が何だか判らないようにも見えます
蕾の頃の付き方はナンテン等にも似ていますが花は細い糸状に見えます・・・・・
d0054276_1956333.jpg

タケノコを煮るときに入れると柔らかくなるとか、茎が中空なので竹に似ているとか言われ、名前が付けられたようですがタケノコは柔らかくはなりません~^^
ケシ科植物なので毒成分を持っています・・・・・

今回は『ヤハズソウ』と『タケニグサ』の2種類を紹介しましたが、これからも2~3種類ずつ身近な植物や生き物達をアップしてみます・・・・・
勿論、他の場所の自然の出来事や見た事も今まで通り載せますのでコメントなどがありましたら宜しくお願いします・・・・・♪
by shizenkaze | 2009-07-03 19:58 | 身近な自然の話 | Comments(10)