カテゴリ:身近な自然の話( 2135 )

『この向日葵の近くにいます~』

引越しのために暫くブログを休んでいましたが今日からブログを再開致します~
まだ片付けものをしながらなのでカメラ散策ができませんが少しずつ家の周辺などで見たものを写しながら更新したいと思います~

今日載せたヒマワリは息子夫婦が子供に見せたいと種を蒔いて育てたものです
今まで自然のものや植物などには興味がないように思っていた息子でしたが自分でヒマワリの種を蒔いて先日の台風5号で一度倒れたものに支えを付けて花が咲くようにしていました・・・・・

1.
d0054276_1915355.jpg

今まで園芸などに全く興味のなかった息子なので庭の隅に適当に直播きしたものでしたが何とか花が綺麗に咲きました・・・・
芽が出て少しずつ大きくなったのを見て慌てて周囲に柵をつけたようです~(o ̄∇ ̄o)♪



2.
d0054276_19154683.jpg

3.
d0054276_19155585.jpg

4.
d0054276_1916439.jpg

家の前に植えたヒマワリは1本だけ大きくなりましたが同じ種なのに花の大きさが3倍くらいになっていました~
土壌の栄養が違うのでしょうね・・・・・
ここに咲いているものはどれも背の低いハイブリッドタイプのヒマワリのようです~



5.
d0054276_19161434.jpg

花が終わって種が採れれば来年はもっとたくさんのヒマワリが見られそうです・・・・・
これからは多少はアドバイス等もしながら息子夫婦や孫達と仲良く暮らしたいです♪



6.
d0054276_19162367.jpg

7.
d0054276_191633100.jpg

昨日の朝に引越し業者が来て荷物がここに来たのが11時頃・・・・・
大体のものを纏めて寝られる状態にして1日が終わりました
今日は昼前に内科と眼科へ行ってから残っているものを少し運びました
昼からはホームセンターとスーパーで買い物をしましたが疲れが出たのか軽い貧血状態になりましたがすぐ収まったので買い物を続けていました・・・・・
私と連れ合いも疲れましたが愛猫(ビアンカ)も家の雰囲気が変わり昨日は1日ゲージの中から出て来なくて食欲もありませんでした・・・・・
今日は何とか馴れ始めました~(o ̄∇ ̄o)♪

明日は出た粗大ゴミを岐阜市の処理場に運んだり不用品をリサイクルコーナーに持って行ったりする予定で月曜日が会社の臨時休みになっているので市役所に行って住所変更等の手続きをする予定です

時間があれば少しだけでも郊外に出かけたいと思っています~

暫くは今までのようなブログは無理かも知れませんが宜しくお願いします・・・・・・




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-26 19:34 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『昼の堤防と帰り道に出逢ったもの・・・・・』

今日も蒸し暑い一日でした・・・・・
昼の休みに堤防を少し歩いてみましたが暑さと疲れからなのか少し目眩を感じたのですぐ職場に戻りました・・・・・
あまり見られる花も無かったので帰りに粕森公園や途中の街中で見た花や実を撮りました・・・・・


1.『狐の孫(キツネノマゴ)』 キツネノマゴ科キツネノマゴ属の一年草
学名はJusticia procumbens
d0054276_20222065.jpg

2.
d0054276_20223345.jpg

(長良川の堤防で撮影)



3.『錦草(ニシキソウ)』 トウダイグサ科ニシキソウ属の一年草
学名はChamaesyce humifusa
d0054276_20224476.jpg

4.
d0054276_20225798.jpg

(長良川の堤防で撮影)



5.『小錦草(コニシキソウ)』 トウダイグサ科ニシキソウ属の一年草
学名はChamaesyce maculata
d0054276_202388.jpg

6.
d0054276_20232079.jpg

(長良川の堤防で撮影)



7.『藪蘭(ヤブラン)』 キジカクシ科ヤブラン属の多年草
学名はLiriope muscari
d0054276_20233423.jpg

8.
d0054276_20234759.jpg

9.
d0054276_2024019.jpg

10.
d0054276_20241264.jpg

(粕森公園で撮影)



11.『隠蓑(カクレミノ)』 ウコギ科カクレミノ属の常緑亜高木
学名はDendropanax trifidus
d0054276_20242440.jpg

12.
d0054276_20245542.jpg

13.
d0054276_2025918.jpg

14.
d0054276_20252487.jpg

(粕森公園で撮影)



15.『七変化(シチヘンゲ) ランタナ』 クマツヅラ科シチヘンゲ属の常緑小低木
学名はLantana camara
d0054276_20253698.jpg

16.
d0054276_20254856.jpg

17.
d0054276_2026190.jpg

ランタナの実も可愛いですね~(o ̄∇ ̄o)♪



18.
d0054276_20261372.jpg

19.
d0054276_20262819.jpg

(殿町通りで撮影)

今日はいつもの散歩用カメラを持って会社に出かけました
堤防から河川敷に行くつもりでしたがこの暑さでは行けませんでした・・・・・
明日は何を載せようかと迷っていますが今日は21日で引越しの日まで4日間なので明日は何か載せて明後日頃から25日までお休みもいいかなと考えています

まだ決めていませんがパソコンは24日までこのままにしておくつもりなのでギリギリまで更新するかも知れないです~(o ̄∇ ̄o)♪




(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-08-21 20:52 | 身近な自然の話 | Comments(12)

『高砂百合(タカサゴユリ)と赤芽槲(アカメガシワ)と長良川・・・・・』

岐阜県道94号線を走り三輪神社に寄ってから岐阜市街に向かいました・・・・・
途中の溝口公園前を通り普段だと溝口童子から坂を登って県道94号のバイパストンネルを通りますがこの日は通らず下の道を走りました・・・・・

番場山の麓の護岸に毎年多くのタカサゴユリが咲くので連れ合いに見せたかったので少し遠回りしました~♪

今年も例年のようにたくさんのタカサゴユリが咲いていました・・・・・
道路から長良川を見るとここでもアカメガシワの雌花が見られました~


1.『長良川の風景~』
d0054276_202351.jpg

長良川は河口から上流の高鷲まで1本の河川ですが関市近くで今川と分かれてこの近くで再び合流しています・・・・・
写真の場所は合流部より少し上流になります~
遠くに岐関(ぎせき)大橋が見えます・・・・・♪



2.
d0054276_202539.jpg




3.『高砂百合の咲く風景』
d0054276_203658.jpg

山の斜面にたくさんの高砂百合が見られますがまだ蕾も多かったです~



4.
d0054276_2032168.jpg




5.『高砂百合(タカサゴユリ)』 ユリ科ユリ属の多年草
学名はLilium formosanum
d0054276_2033454.jpg

原産地は台湾で観賞用に1923年~1937年に導入されたと言われています
花は横からやや下向きに咲き花被片は6枚で白色で外面の特に中肋に沿って淡い赤紫色の筋が見られます~
花全体が白色のテッポウユリの近縁で両者の間に『シンテッポウユリ』と呼ばれる雑種ができています・・・・・・・
シンテッポウユリはタカサゴユリによく似ていますが花は白色で筋は見られません~♪



6.
d0054276_2034611.jpg

7.
d0054276_204546.jpg

誰が植えた訳でもなく毎年同じように花を咲かせます~
でも時々テッポウユリやシンテッポウユリのような花が見られることもあります・・・・・
今年はタカサゴユリだけのようでした~(o ̄∇ ̄o)♪



8.
d0054276_2041679.jpg

9.
d0054276_2042889.jpg

10.
d0054276_2044280.jpg

11.
d0054276_2045519.jpg

12.
d0054276_205740.jpg

13.
d0054276_2052147.jpg

14.
d0054276_2053194.jpg

15.
d0054276_2054578.jpg

16.
d0054276_2055744.jpg

17.
d0054276_2061061.jpg

タカサゴユリの咲いている山裾の反対側は長良川です~
河原に車を停めてディーキャンプ等をしている人が見られました・・・・・
長良川では禁止エリアもありますが殆どの場所でキャンプやバーベキューが楽しめます
次に来る人のために汚さないようにして来た時以上に綺麗にして帰って欲しいです~



18.
d0054276_2062293.jpg

川面を背景にして撮ってみましたが花が咲いていなくて蕾ばかりでした~(´;ω;`)



19.『赤芽槲(アカメガシワ)』 トウダイグサ科アカメガシワ属の落葉高木
学名はMallotus japonicus
d0054276_2063639.jpg

長良川発電所の所でも咲いていたので写しましたがここにもアカメガシワの雌花が咲いていました
本当に今年はアカメガシワによく出逢います~(o ̄∇ ̄o)♪



20.
d0054276_2064918.jpg

花穂(花序)があまり綺麗ではありませんでした・・・・・
こうして見ると長良川発電所で見たアカメガシワの花は姿がとても綺麗でした~♪



21.
d0054276_207138.jpg

22.
d0054276_2071565.jpg

長良川を背景にたくさんの花を咲かせていました~

今日は岐阜市内でも激しい雨が降りました・・・・・
今も降り続いています~゚(゚´Д`゚)゚
名古屋市や多治見市で激しい雨が降りましたがそれに近い豪雨となりました
昨日今日は雷雨が続いて気象状況がとても不安定になっているようです・・・・・

25日の朝から引越ししますが今のところ片付けものをしながらブログ更新を続けたいと思っていますがどうしても無理になれば数日はお休みするかも知れません~
それに今度行く所は息子がインターネットをしているので環境は出来ているようですが私のPCで無線ランをするのは初めてなのですぐ使用できるかどうかも判りませんので暫くは平常更新が出来ないかも知れません・・・・・・・

なるべく更新は続けたいと思っています~(o ̄∇ ̄o)♪






(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-18 20:40 | 身近な自然の話 | Comments(12)

『夏水仙(ナツズイセン)や臭木(クサギ)の花の咲く川沿いの道~』

洲原のヒマワリを見て帰る時に盆休み期間で国道が混みそうなので途中の立花トンネルを出てすぐに国道から離れて国道156号とは長良川の対岸になる道を走りました~
この道は昔はスキーシーズンなどでは渋滞を避けて走ることが出来る抜け道でしたが今はナビがあるので多くの人が知る道になってしまいました~
この日も他県から来た車が走っていました・・・・・・

途中でナツズイセンが咲いていたので車を停めて撮りました~
別の場所ではクサギの花を見つけたので空き地に車を停めて撮りながら付近の散策をしました・・・・・


1.『長良川に架かる3つの橋・・・・・』
d0054276_2020797.jpg

立花トンネルから長良川に沿って下に降りる細い道を走っていて振り向くと橋が3つ並んで見られます~(o ̄∇ ̄o)♪



2.
d0054276_20202191.jpg

一番奥の橋が国道156号の橋で私がよく通る橋です~
真ん中は長良川鉄道の鉄橋になります・・・・・
そして一番手前の橋が東海北陸道の橋です~



3.『夏水仙(ナツズイセン)』 ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草
学名はLycoris squamigera
d0054276_20203229.jpg

最近特にこの花をよく見かけます~
見られる場所で植えたものかどうかは判りますが全く人が植えないような所でも咲いているので不思議に思います~
このナツズイセンは道路際の民家前に咲いていました~



4.
d0054276_20204484.jpg

5.
d0054276_20205839.jpg

6.
d0054276_2021975.jpg

7.
d0054276_20212288.jpg

8.
d0054276_20213243.jpg




9.『韮(ニラ)』 ヒガンバナ科ネギ属の多年草
学名はAllium tuberosum
d0054276_20214558.jpg

ナツズイセンの近くで見られましたが種子が溢れて咲いたもののようでした~♪



10.『松葉菊(マツバギク)』 ハマミズナ科(ツルナ科)マツバギク属(ランプラントゥス属)の多年草
学名はLampranthus spectabilis
d0054276_2022084.jpg

このマツバギクも近くの石塀の下に咲いていました~



11.
d0054276_2022126.jpg

12.
d0054276_20222532.jpg




13.『臭木(クサギ)』 シソ科クサギ属の落葉小高木
d0054276_20223780.jpg

このクサギはナツズイセンの咲いていた場所から200m程下流の長良川発電所近くの駐車スペース前に見られました~
ここに車を停めてクサギを写してから長良川発電所の周辺も散策しました~



14.
d0054276_20224978.jpg

15.
d0054276_2023149.jpg

16.
d0054276_20231410.jpg

17.
d0054276_20232414.jpg

ブロ友さんの所でクサギの花を見て私も出逢いたいと思っていましたがすぐに出逢うことができて良かったです~



18.
d0054276_20233646.jpg




19.『穏やかに流れる長良川』
d0054276_20235165.jpg

この辺りの長良川は流れも穏やかでゆっくり流れています~
この辺りでも釣りをしたり泳ぐ人もいますが長良川では美濃市にある美濃橋下がバーベキューや水泳場等で人気があります~
河川敷や道路際に数百台の車が停められていました~



20.
d0054276_2024428.jpg

長閑な風景です~♪



21.
d0054276_20241988.jpg




22.『川鵜(カワウ)』 ウ科ウ属
学名はPhalacrocorax carbo
d0054276_20243255.jpg

長良川の川の流れの中にある岩の上にカワウがいました~
長良川では全国に有名な鵜飼がありますが使われるウはカワウではなくウミウです~
カワウでは鵜飼のための調教が難しいようです・・・・・

今日は一日中雨の天気でした
昼前から夕方まで片付けものでした・・・・・
本棚の本が全て無くなり昔やっていた釣りクラブに関する会報や資料や当時交流のあった著名人からの手紙なども大切に保管してありましたが思い切って処分しました・・・・・

明日から2日間仕事ですがまた3日間休みになります~
次の3日間の休みで片付けものを終わらせたいです・・・・・・





(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-15 21:04 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『浜栲(ハマゴウ)や鬼百合(オニユリ)やアニスヒソップ等の花達・・・・・』

今日は天気が良くて暑い一日になりました・・・・・
盆休みの3日目でしたが相変わらず朝から私の部屋の本棚の整理をしたり引き出しに入っていた色々なガラクタ(私には宝物なんですが~)を片付けていました~

今日も薬草園や薬樹園で見た植物達を載せます・・・・・


1.『浜栲(ハマゴウ)』 シソ科ハマゴウ属の常緑小低木
学名はVitex rotundifolia
d0054276_20285316.jpg

本州、四国、九州、沖縄に分布し海岸の砂浜に群生しますが内陸の淡水湖の琵琶湖沿岸にも生育しています~
世界では中国、朝鮮、東南アジア、ポリネシア、オーストラリアに分布して砂が吹き飛ばされて何mも横に伸びた茎が露出する場合もあるようです・・・・・
砂に埋もれても負けずに伸びるのは海浜植物として重要な適応と言えますね~



2.
d0054276_2029713.jpg

3.
d0054276_20291924.jpg

4.
d0054276_20293077.jpg

5.
d0054276_20293918.jpg

6.
d0054276_20295252.jpg

カメラを変えてアップで撮りましたら色が変わってしまいました
実際の色は1~5の写真の色に近いです~



7.
d0054276_2030195.jpg




8.『アニスヒソップ』 シソ科カワミドリ属の多年草
学名はAgastache foeniculum
d0054276_20301798.jpg

別名をアガスターシェ(Agastache)、ジャイアントヒソップ、フェンネルヒソップと言うハーブです~♪
原産地は北アメリカやメキシコです・・・・・(*´∀`*)
野生では乾燥した潅木帯や草原などに生え高さは90cmほどになります・・・・・
葉は卵形で先端が尖り縁には鋸歯があって対生します~
全体に『アニス(Pimpinellaanisum)』のような芳香があり6月から10月ごろに枝先に穂状花序を出して紫色から白色の小さな私の好きな唇形花を咲かせます~~

葉はハーブティーやサラダに利用されインディアンの人々は咳止め薬として使ったそうです~



9.
d0054276_20302633.jpg

10.
d0054276_20303963.jpg

11.
d0054276_20305046.jpg

12.
d0054276_2031583.jpg

13.
d0054276_20311689.jpg




14.『鬼百合(オニユリ)』 ユリ科ユリ属の多年草
学名はLilium lancifolium
d0054276_20312780.jpg

種子は出来ませんが葉の付け根に暗紫色のムカゴを作りそれで繁殖します~(*´∀`*)
似た仲間のコオニユリにはムカゴは出来ません・・・・・



15.
d0054276_20314028.jpg

16.
d0054276_20315163.jpg

17.
d0054276_2032335.jpg

18.
d0054276_20321699.jpg

19.
d0054276_20322677.jpg

20.
d0054276_20323941.jpg

野山などの自然の中でこの花に出逢うと嬉しくなります~
コオニユリとクルマユリも花は似ていて可愛く思えます・・・・・



21.
d0054276_20325112.jpg




22.『目薬木(メグスリノキ)』 ムクロジ科カエデ属の落葉高木
学名はAcer maximowiczianum
d0054276_2033471.jpg

日本国内だけに自生し主に標高700m付近に多く見られる木です~
大きいものでは樹高10m程になります・・・・・
雌雄異株で葉は長さ5〜13cm程度の三枚の小葉からなる複葉ですがウリカエデ等のような形の葉も見られるので全体を見ないと判り難い木です~



23.
d0054276_20331560.jpg

メグスリノキの樹皮や幹、葉などには抗菌作用や利尿作用を促進する成分(タンニン、カテキン、ロドデンドロンなど)が含まれていることが確認されていてこれらの効果から結膜炎をはじめ、かすみ目や老眼、近視など、目の健康に役立つとされてきました・・・・・
また、メグスリノキに含まれる有機物質のトリテルペンやフラボノイドに利尿効果があることや葉に含まれる配糖体の働きにより血管壁が硬くなるのを防ぎ成人病の引き金となる動脈硬化の予防、腎臓機能・肝機能の向上にも効果があるとも言われています~♪



24.
d0054276_20332764.jpg

最近の研究ではこのメグスリノキとビタミンCを併用することでガン細胞の増殖抑制効果があるという研究報告もありビタミンCと併用することも勧められています~
メグスリノキは、それぞれの部位で薬効が違うとされていて目の健康維持には小枝や葉を乾燥させたものが良くて肝臓には樹皮を使ったものが良く、動脈硬化には葉を煮出したものを飲むと良いとされています・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



25.
d0054276_20334081.jpg


今パソコンでブログを書いている部屋の床は色々なものが散乱しています~゚(゚´Д`゚)゚
朝から夕方まで片付けものをしていましたが今日は夕食後で片付けをやめました・・・・・
明日は出たゴミなどの普通ゴミは週2回のゴミ収集日(月・木)に出してから少し大き目で普通ゴミでは持って行かないものを岐阜市のゴミ処理センターまで持って行くことになっています・・・・・

昨日も今日も散策をしていませんのでゴミ処理センターに行ってから少し自然を眺めたいと思っています・・・・・
そして帰ったらまた片付けものです~(´;ω;`)





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-13 21:14 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『旱蓮木(カンレンボク)や旃那(センナ)や槐(エンジュ)等の花達~』

今日は我家のお墓参りと連れ合いの在所のお墓参りに行ってきました・・・・・
行く前にリサイクルセンターに衣料やダンボール紙と金属類を出してから供える花を買って上加納にある我家のお墓に行きましたが毎年私達が行くより先に姉夫婦が行って掃除や花を供えているのでいつも感謝しながらお参りしています・・・・・

今日はエーザイの薬樹園と薬草園で見た花を載せました
あまり珍しいものはありませんでしたがカンレンボクの花がちょうど見頃でした~(o ̄∇ ̄o)♪


1.『旱蓮木(カンレンボク)』 ヌマミズキ科(またはミズキ科)カンレンボク属の落葉高木
学名はCamptotheca acuminata
d0054276_19531197.jpg

小さなバナナのような実が生るので毎年撮っていますが花の姿も可愛いです~
こんな花の時期にはあまり撮っていなかったような気がします・・・・・



2.
d0054276_19533495.jpg

強い生命力と多くの実をつけることから子孫繁栄にたとえられる喜びの木として中国では喜樹(キジュ)と呼ばれています~(*´∀`*)



3.
d0054276_19534499.jpg

蜜が良いのかハチ達が来ていました~♪



4.
d0054276_19535760.jpg

5.
d0054276_1954775.jpg

花が終わりこれから実になります・・・・・



6.
d0054276_19541883.jpg




7.『旃那(センナ)』 マメ科ジャケツイバラ亜科センナ属の常緑低木
学名はCassia angustifolia Vahl
d0054276_19542910.jpg

センナにはアレキサンドリアセンナとチンネベリーセンナの2種がありますが薬草園などでは区別せずに『センナ』と表記されることが多そうです・・・・・
因みに学名として使用したものはチンネベリーセンナです~



8.
d0054276_19544239.jpg

エジプトやスーダン地方原産でインドなどで薬用として栽培されています・・・・・
日本では薬用植物園などで展示用として栽培されていることが多いです~♪

マメ科でも私の好きな蝶形花ではないです・・・・・(´;ω;`)
でもこの黄色い花は可愛いですね~



9.
d0054276_19545228.jpg

10.
d0054276_19555100.jpg

11.
d0054276_1955178.jpg




12.『槐(エンジュ)』 マメ科エンジュ属の落葉高木
学名はStyphnolobium japonicum
d0054276_19553067.jpg

開花は7月なので少し遅い状態です・・・・・
枝先の円錐花序に白色の蝶形花を多数開いて蜂などの重要な蜜源植物となっています~
豆果の莢は種子と種子の間が著しくくびれるので面白い姿に感じられます♪



13.
d0054276_19554130.jpg

14.
d0054276_19555422.jpg

15.
d0054276_1956560.jpg

16.
d0054276_1956173.jpg




17.『庭漆(ニワウルシ)』 ニガキ科ニワウルシ属の落葉高木
学名はAilanthus altissima
d0054276_19562915.jpg

別名をシンジュ(神樹)と言いますが標準和名はニワウルシです~
和名に『ウルシ』と付いていますがウルシ(ウルシ科)とは全くの別種なので触れても被れることはありません~(*´∀`*)



18.
d0054276_19564113.jpg

生長が早い樹木で庭木や街路樹などに用いられる事も多いですが河川敷や山裾などに普通に見られます~♪
中国では根皮や樹皮を『樗白皮(ちょはくひ)』と呼んで解熱・止瀉・止血・駆虫などに用いています~♪



19.
d0054276_19565538.jpg

20.
d0054276_1957828.jpg




21.『目箒(メボウキ)』 シソ科メボウキ属の一年草
学名はOcimum basilicum
d0054276_19572154.jpg

バジルの事です~♪
イタリア料理には欠かせないですね~(o ̄∇ ̄o)♪



22.
d0054276_19573315.jpg

バジルの種子はグルコマンナンを多く含むので水分を含むと乾燥状態の約30倍に膨張しゼリー状の物質で覆われます・・・・・
食物繊維を豊富に含むことからダイエット補助食品としても利用されていますが日本には最初は種子が漢方薬として輸入されました~
ゼリー状の物質によって目の表面の汚れを取り去る目薬とされたのでメボウキ(目箒)の名称が付けられました・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



23.
d0054276_19574257.jpg

24.
d0054276_19575389.jpg

今日は連れ合いの家のお墓参りのために本巣市まで行きましたので途中で何か撮れればと思ってカメラを持って出かけたのですがあまりにも暑くて買い物に寄ったスーパーまでノンストップで帰りましたので風景写真1枚も撮れませんでした・・・・・

ブログに載せる写真も残り少なくなっていますので僅かな時間を見つけてでも何か撮りたいです~
明日は朝から片付けです~゚(゚´Д`゚)゚




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-12 20:31 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『大根草(ダイコンソウ)や犬薄荷(イヌハッカ)や胡草(エビスグサ)等の花・・・・・』

今日からお盆休みの人も多いでしょうね・・・・・
テレビを見ていると各地の高速道路で渋滞が出ているのが判りますが帰省も旅行もこの時期は大変ですね・・・・・

今日の午後に名古屋で集中豪雨があったようで道路冠水の光景をニュースで見ました
中部から関西は気温が高く関東から東は気温が低くて不安定な天気が続きそうです・・・・・

今日も薬草園で見た植物を載せます~♪


1.『大根草(ダイコンソウ)』 バラ科ダイコンソウ属の多年草
学名はGeum japonicum
d0054276_19401028.jpg

根生葉が大根の葉に似ているので名付けられました・・・・・
ダイコンソウは生薬では水楊梅(すいようばい)といいます

水楊梅は利尿、止瀉薬として、腎臓病、浮腫、膀胱炎、下痢に刻んだもの1日量15~20グラムを水0.4リットルで約2分の1量まで煎じて1日3回食前か食間に服用します・・・・・
乳幼児の湿疹や皮膚病には全草約200グラムを4~5リットルの水で約3分の2量まで煎じて患部を何度も洗浄すると良いようです~



2.
d0054276_19402490.jpg

3.
d0054276_19403436.jpg

4.
d0054276_19404761.jpg

5.
d0054276_1941018.jpg




6.『犬薄荷(イヌハッカ)』 シソ科イヌハッカ属の多年草
学名はNepeta cataria
d0054276_19411458.jpg

和名はイヌハッカですが英名をキャットニップと言います~
若葉にカルバクロール、ネペトール由来の芳香があって古くから薬草として利用された品種であり肉料理の香り付けに用いたりサラダに入れたりそしてハーブティーにも利用されます~
8月〜9月にかけて白か紫色の6mmほどの花を咲かせます・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



7.
d0054276_19412866.jpg

8.
d0054276_19414217.jpg




9.『西洋弟切(セイヨウオトギリ)』オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草
学名はHypericum perforatum
d0054276_1941553.jpg

英名をセント・ジョーンズ・ワートと言います~
セントジョーンズワートは米国ではサンシャインサプリメントとよばれNo1の売上を上げています~軽度から中度のうつ病や更年期障害,自律神経失調症,不安神経症などに効果があります・・・・・
ストレスの緩和やダイエット時のイライラ感などにも高い効果があるようです~



10.
d0054276_1942733.jpg

ハーブの先進国ドイツでは患者が『イライラする,ストレスを感じる,体がだるい,やる気が起きない』などの軽いうつ症状を示したとき処方されるのがセントジョーンズワートです・・・・・



11.
d0054276_19422127.jpg




12.『胡草(エビスグサ)』 マメ科ジャケツイバラ亜科センナ属の一年草

名はSenna obtusifolia
d0054276_19423256.jpg

種子を決明子(けつめいし)と言って漢方の生薬の一つになります~
『決明子』とは『眼をすっきりさせるタネ』という意味で石決明(せっけつめい・アワビの貝殻)と共に視力を回復させる薬として用いられて来ました・・・・・

便秘や排尿障害・高脂血症・高血圧などの生活習慣病の予防や改善にも効果があるとされ健康茶の一つとしてそのまま飲まれたり他のものと混合して売られていることもあります~
日本では炒ったものをお茶のようにお湯を注ぎ少し蒸らした後に飲むことが多いですが中国や韓国では生のものを煎じ薬として飲まれます・・・・・
少しばかり不快な青臭い匂いと苦みやえぐみがあります~



13.
d0054276_19424192.jpg

14.
d0054276_1943028.jpg

15.
d0054276_19431291.jpg

16.
d0054276_19432838.jpg

17.
d0054276_19434196.jpg




18.『棗(ナツメ)』 クロウメモドキ科ナツメ属の落葉高木
学名はZiziphus jujuba
d0054276_19435475.jpg

原産地は中国から西アジアにかけてで日本への渡来は奈良時代以前とされています・・・・・
先日来た時は花が見られましたが今では実もこんなに大きくなっています~



19.
d0054276_1944547.jpg

漢方でよく使われる生薬のひとつで緩和、強壮、利尿、鎮痙、鎮静などに応用されます・・・・・
特に緊張による痛みや急迫症状、知覚過敏などの症状を緩和して他の薬物の作用を穏かにするために他の生薬と配合した漢方薬が多くあります

滋養・強壮には大棗酒(たいそうしゅ)が効きます・・・・・ホワイトリカー1.8リットルに大棗(たいそう)300グラム、グラニュー糖150グラムを漬けます~
大棗は細かく切って3ヶ月以上冷暗所において布で漉してから1日30ミリリットルを限度に就寝前に飲用すると良いようです~(*´∀`*)



20.
d0054276_19441899.jpg

21.
d0054276_1944371.jpg

今日は昼前から片付けしていました・・・・・
運ぶ荷物も少しずつ向こうに持って行きました
使わなくなったカメラを近くのカメラ店で買い取ってもらうことにしましたがその安さにビックリ・・・
でも保管場所がないのでそれで手を打ちました~
これから釣具やキャンプ用品と古いレコードや本なども処分しなくてはならないので今年の盆休みはのんびの休んでいられないです・・・・・

明日は2箇所の墓参りに出かけますので一応カメラを持って行こうと思っています~
風景でも撮れればいいのですが~♪




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-11 20:27 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『藤豆(フジマメ)と蝶豆(チョウマメ)と鉈豆(ナタマメ)達と・・・・・』

今日はエーザイの薬草園で見たマメ科3種とオオボウシバナとヘチマの花や時期が少し遅れてしまったメハジキを載せました・・・・・
マメ科の蝶形花やシソ科等の唇形花が好きなので見るとすぐカメラを向けてしまいます~

チョウマメやオオボウシバナのブルーがこの暑さの中では涼しく感じます~(o ̄∇ ̄o)♪


1.『藤豆(フジマメ)』 マメ科フジマメ属の蔓性植物
学名はLablab purpureus
d0054276_20202291.jpg

別名にセンゴクマメ(千石豆)やアジマメ(味豆)などがあります・・・・・
関西ではフジマメをインゲンマメと呼びインゲンマメはサンドマメと呼ばれているようです~
岐阜県では飛騨・美濃伝統野菜に『千石豆』として石川県では加賀野菜の一つとして『加賀つるまめ』の名でブランド化されています~♪



2.
d0054276_20203562.jpg

実が生っていました~(o ̄∇ ̄o)♪



3.
d0054276_20204850.jpg

4.
d0054276_2021086.jpg

5.
d0054276_20211463.jpg

6.
d0054276_20212763.jpg




7.『蝶豆(チョウマメ)』 マメ科チョウマメ属の多年草
学名はClitoria ternatea L.
d0054276_20214088.jpg

8.
d0054276_20215113.jpg




9.『鉈豆(ナタマメ)』 マメ科ナタマメ属の一年草
学名はCanavalia gladiata
d0054276_2022186.jpg




10.『大帽子花(オオボウシバナ)』 ツユクサ科ツユクサ属の栽培変種
学名はCommelina communis var. hortensis
d0054276_20221369.jpg

通常のツユクサに比べて大型で栽培したものでは高さ1mで花の大きさは直径4-5cmルにもなります花弁の端はやや縮れたような形状になり6月から7月の早朝にツユクサに似た青い大型の花を開花させます・・・・・
その花弁は京友禅の下絵を描く染料になる青花紙(あおばながみ)の原料として用いられるので滋賀県草津市を中心にした湖南地方で江戸時代中期から栽培されています・・・・・



11.
d0054276_2022242.jpg

12.
d0054276_20223541.jpg

13.
d0054276_20224742.jpg

14.
d0054276_2023050.jpg

15.
d0054276_20231378.jpg




16.『目弾(メハジキ)』 シソ科メハジキ属の越年草
学名はLeonurus sibiricus Leonurus
d0054276_20232468.jpg

花の咲く時期に行けなかったのでこんな状態でした・・・・・
でも好きな唇形花の花なので載せました~♪



17.
d0054276_20233784.jpg

18.
d0054276_20235079.jpg

19.
d0054276_2024379.jpg




20.『糸瓜(ヘチマ)』 ウリ科ヘチマ属の一年草
学名はLuffa cylindrica (L.) Roem
d0054276_2024151.jpg

ヘチマの黄色い花も綺麗ですね~



21.
d0054276_20242814.jpg

22.
d0054276_20243725.jpg

23.
d0054276_20245278.jpg


今日会社に行くと通勤してきた社員が『堤防の下に大きなレンズをつけたカメラマンがたくさんいた』と言いました・・・・・
別の社員も言っていましたので気になって昼休みに出掛けましたら珍鳥の『高麗鶯(コウライウグイス)』が2~3日前からいるようで遠くは神戸や横浜や静岡等からも鳥撮りさん達が来ていました
愛知県や岐阜県ナンバーの車も多く凄いカメラマンたちでした・・・・・
飛んでいる姿をチラッと見ましたが黄色い鳥でした~
私はカメラを持っていなかったのですぐ戻りました・・・・・





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-10 20:50 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『蛇瓜(ヘビウリ)や数珠玉(ジュズダマ)の花等・・・・・』

今日から各務原市川島にあるエーザイ薬草園(正式名は内藤記念くすり博物館・薬草園)で出逢った植物を暫く載せたいと思います~

今日はカラスウリやキカラスウリのような花を咲かせるヘビウリやジュズダマとゴーヤの花やコロシントウリの実を載せました~


1.『蛇瓜(ヘビウリ)』 ウリ科カラスウリ属の蔓性一年草
学名はTrichosanthes anguina
d0054276_20221214.jpg

カラスウリやキカラスウリの写真を撮るのは夜に花を咲かせる性質のために難しいのですがこのヘビウリは昼に咲くので写すのには便利です~(*´∀`*)
原産地はインドで日本には明治時代の後期に渡って来たと言います
和名の『ヘビウリ』は果実が細長く蛇のように見える事で付けられました~♪



2.
d0054276_20222514.jpg

熱帯地域では食用にするようですが美味しくないようなので日本では観賞用として栽培されている事が多いです・・・・・
草丈は3m~5mくらいにもなり巻きヒゲで他のものに絡み付いて伸びて行きます~
葉は卵円形で掌状に裂けて互生に生え葉には艶はありません・・・・・



3.
d0054276_20223376.jpg

4.
d0054276_20224538.jpg

5.
d0054276_20225772.jpg

6.
d0054276_20231056.jpg




7.『数珠玉(ジュズダマ)』 イネ科ジュズダマ属の多年草
学名はCoix lacryma-jobi
d0054276_20232312.jpg

雌雄同株で上部の葉の脇からたくさんの花穂を立てます・・・・・
硬くて艶のある苞鞘の中に雌花穂があってその先に雄花穂が垂れ下がります~♪



8.
d0054276_20233377.jpg

ハトムギはジュズダマの実の皮が薄いものを栽培して出来たもののようです~
漢方薬や飲物として重宝されていますね~
ハトムギは爪で抑えると割れるくらいですがジュズダマの実は硬くて簡単には割れないです・・・・・
自然のものは逞しいものが多いですね~(o ̄∇ ̄o)♪



9.
d0054276_20234473.jpg

10.
d0054276_20235656.jpg

根は生薬で川穀根(せんこくこん)と言って煎じて飲むとリューマチや神経痛や肩こりなどに効きます・・・・・
種子は川穀(せんこく)と言って煎じて飲むと美肌保全や健胃、解熱、利尿などの薬効があります~



11.
d0054276_2024899.jpg

12.
d0054276_20242094.jpg

13.
d0054276_20243530.jpg

14.
d0054276_20244654.jpg

15.
d0054276_20245853.jpg

16.
d0054276_20251057.jpg

17.
d0054276_20252083.jpg

18.
d0054276_20253856.jpg




19.『苦瓜(ニガウリ) ゴーヤ』 ウリ科ツルレイシ属の一年草
学名はMomordica charantia
d0054276_20255111.jpg

ゴーヤで馴染みがありますが正式和名は『蔓茘枝(ツルレイシ)』です~
ニガウリとも呼ばれ薬草園ではニガウリと書かれた名札が付けられていました・・・・・



20.
d0054276_2026244.jpg

暑い夏にはゴーヤを使った料理が合いますね・・・・・



21.
d0054276_20261567.jpg

22.
d0054276_20262611.jpg




23.『古魯聖篤實柴胡(コロシントウリ)』 ウリ科スイカ属の蔓性一年草
学名はCitrullus colocyntbis
d0054276_20263829.jpg

ダナキル砂漠に自生して見た目はスイカにソックリですが食べると体に害を及ぼす危険生物で『悪魔の実』とも呼ばれているようです・・・・・(´;ω;`)
別名を『苦味スイカ』とも言われますが食べれば激しい下痢と脱水症状を引き起こすようです



24.
d0054276_20265253.jpg

これがスイカの原種だとも言われています・・・・・
見た目は本当にスイカそのものなのでこれを見つけたら食べてしまう人も多そうですが今のところ野生種として野山などに生えていることは無さそうです~(o ̄∇ ̄o)♪



25.
d0054276_2027742.jpg

26.
d0054276_20272134.jpg


今日も暑い一日でした・・・・・
仕事中にも水分を補給していました
最近は凍らせられるペット飲料があるので1本を凍らせて持って行ってお茶を1本と缶コーヒーも飲んでいますが今日は足らなくてスポーツドリンクも飲んでいました・・・・・

少しずつ片付けものをしています
今日はプロバイダーのヤフーに解約の連絡をしました・・・・・
ギリギリまではヤフーで更新します~(*´∀`*)




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-09 21:02 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『クリスタルフラワーとその周辺の花達~』

台風5号は岐阜市の近くを通りましたが被害もなく通勤時に見た光景でも被害のようなものは感じられませんでした・・・・・
最近は各地で大きな災害が多いのですが岐阜市近郊では大きな地震も台風も集中豪雨もなく本当に有り難い事だと思っています~

今日はフラワーパーク江南で撮ったもののラストとしてシンボル建物のクリスタルフラワーが見える風景と周囲で見た花などを載せました~
今日はブログを一度書いたのですがミスして消してしまいましたので再度書いています
ですから花の名前などは書きませんでした~゚(゚´Д`゚)゚


1.『クリスタルフラワーと水盤池』
d0054276_20493239.jpg

水盤池の中に花が飾られていることは珍しいような気がします~
この水盤池の周囲に熱帯スイレンが飾られていました・・・・・



2.
d0054276_20495114.jpg

3.
d0054276_2050444.jpg




4.『園内で出逢った色々な花達~』
d0054276_20501420.jpg

5.
d0054276_20502586.jpg

6.
d0054276_20503943.jpg

7.
d0054276_20505054.jpg

8.
d0054276_2051213.jpg

9.
d0054276_20511427.jpg

10.
d0054276_20512891.jpg

11.
d0054276_20513869.jpg

12.
d0054276_20515117.jpg

13.
d0054276_2052334.jpg

14.
d0054276_20521525.jpg

15.
d0054276_20522754.jpg

16.
d0054276_20523995.jpg

17.
d0054276_20525316.jpg

18.
d0054276_2053718.jpg

19.
d0054276_20532112.jpg




20.『水路周辺を歩いて~』
d0054276_20533993.jpg

小さな流れですが周辺には花や木々が多くて楽しめます~
近くにはミソハギが見られ奥にはサルスベリが咲いています・・・・・
どちらの花もミソハギ科なのでこうして撮ってみるのも面白いかなと感じました~(*´∀`*)



21.
d0054276_20535530.jpg

22.
d0054276_20541019.jpg

23.
d0054276_20542592.jpg

最近は岐阜市内ではシダレヤナギが少なくなりました
私が子供の頃には商店街の柳ケ瀬近くにはシダレヤナギ並木があってその街が小柳町と言われました~♪



24.
d0054276_2054365.jpg

萩も花を咲かせていました~



25.
d0054276_20545029.jpg




26.『メイン花壇の風景~』
d0054276_2055480.jpg

メイン花壇にもいろいろな花が咲いていました~



27.
d0054276_20551779.jpg

28.
d0054276_20553171.jpg

29.
d0054276_20554963.jpg

コキアも少し大きくなっていました~(o ̄∇ ̄o)♪



30.
d0054276_2056478.jpg

やっぱりこの光景がこの公園では一番いいです~
何度見てもクリスタルフラワーを入れて撮ってしまいます・・・・・

今日の昼休みに堤防に上がって長良川を見て来ました・・・・・
増水していて私が散策している場所まで流れが来ていました
一段高くなっている河川敷では岐阜高校の生徒が太鼓を叩きながら何かの応援練習をしていました
応援団の練習かも知れませんね~
暑いのに大変ですが若い人達は元気でいいです・・・・・・




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-08 21:13 | 身近な自然の話 | Comments(16)