カテゴリ:身近な自然の話( 2204 )

『百年公園(関市)で見た木々の実達~』

今日から仕事でした・・・・・
新年早々職場で嫌な事もありましたが今年も明るく能天気で過ごそうと思っています~♪

今日は6日に出掛けた関市の百年公園を散策して出逢った木々の実を載せます・・・・・
これら以外にも実は見られましたが5種類だけ撮ったものを紹介します~
鮮やかなものが多ければ良かったのですが地味なものが多かったです・・・・・


1.『冬青(ソヨゴ)』 モチノキ科モチノキ属の常緑小高木
学名はIlex pedunculosa Miq.
d0054276_20304579.jpg

別名のフクラシバと呼ぶ地方もあります~
雌雄異株なので果実が付くのは雌株だけです・・・・・
風に揺れて周囲の葉っぱ同士がこすれると『ソヨソヨ』と音を立てることからソヨゴという名が付けられたそうです~



2.
d0054276_20305767.jpg

3.
d0054276_2031844.jpg

4.
d0054276_20311771.jpg

5.
d0054276_20312835.jpg

果実は5~6cmの柄があってぶら下がり径7mmほどで丸くて可愛いです~
モチノキ科の樹木の中では私が一番気に入っています・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



6.
d0054276_20313888.jpg

7.
d0054276_20315199.jpg




8.『梅擬(ウメモドキ)』 モチノキ科モチノキ属の落葉低木
学名はIlex serrata
d0054276_2032184.jpg

ソヨゴと同じモチノキ科モチノキ属ですがこちらは落葉樹なので葉が落ちて実だけが枝に残っています~
野鳥の好物のようなので今は多いですが次第に食べられて数が減るのでしょうね・・・・・



9.
d0054276_2032122.jpg

10.
d0054276_20322345.jpg

11.
d0054276_2032337.jpg

12.
d0054276_20324464.jpg

13.
d0054276_20325457.jpg

14.
d0054276_20331227.jpg

15.
d0054276_20332374.jpg




16.『南京櫨(ナンキンハゼ)』 トウダイグサ科ナンキンハゼ属の落葉高木
学名はTriadica sebifera
d0054276_20333637.jpg

河川敷のものは白い蝋質の部分が見られたり鳥に食べられたりしていましたがここの実はまだ殻の付いたものが多くて白く見られませんでした・・・・・
木は彼方此方に見られました~



17.
d0054276_20334891.jpg

18.
d0054276_20335741.jpg

19.
d0054276_2034687.jpg

20.
d0054276_2034185.jpg

21.
d0054276_20342735.jpg

可愛いエナガがナンキンハゼの実を食べに集まっていました~



22.
d0054276_20343722.jpg

23.
d0054276_20344981.jpg




24.『令法(リョウブ)』 リョウブ科リョウブ属の落葉小高木
学名はClethra barbinervis
d0054276_20345951.jpg

若葉はリョウブ飯等として山菜として利用されます~
庭木としても植えられることが多いです・・・・・(*´∀`*)
古名を『ハタツモリ』と言うようですが間違って『初タモリ』なんて呼んでしまいそうですね~♪



25.
d0054276_2035820.jpg

26.
d0054276_20351925.jpg

27.
d0054276_20352968.jpg

28.
d0054276_20354248.jpg

一見ウルシ科の植物のように見えますね・・・・・
野山でよく見られる『ヌルデ』にも雰囲気がよく似ています~(´;ω;`)
ウルシ科の植物とは葉や葉の付き方や樹肌が違いますし実にツンと出ているものが見られるのでシッカリ覚えると被れずに済みそうです・・・・・



29.
d0054276_20355439.jpg




30.『山漆(ヤマウルシ)』 ウルシ科ウルシ属の落葉低木
学名はToxicodendron trichocarpum
d0054276_2036684.jpg

リョウブと比べられるので載せてみました~
ウルシもヤマウルシとよく似ています・・・・・



31.
d0054276_20361658.jpg

実もよく見れば違いが判りますが春にタラの芽と間違えてウルシの芽を採っている人を見ることがあります・・・・・
注意してもタラの芽だと言い張るのでそれ以上は言えませんが家に帰って天麩羅にする前に手が痒くなるので気が付くかも知れないですね・・・・・

最近はネットで簡単に調べられるので便利ですが元が違っていたらどうにもなりません~
やっぱりネットでも専門のものを見るか図鑑を買って調べる方が良いでしょうね・・・・・
でも以前買ったキノコ図鑑に食用キノコと有毒キノコの写真が入れ替わっていたものがありましたので100%信用するのも・・・・・・・(難しい事ですね~)

強い寒気が来ているようです
インフルエンザも流行っています・・・・・
気を付けてくださいね~




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-01-09 22:37 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『木曽川水園を歩きながら・・・・・』

国営木曽三川公園・河川環境楽園の中にあり私がよく散策している木曽川水園は『フィールドミュージアム』とも呼ばれています・・・・・
全長500mの流れに源流部から下流部までの河川環境が見られるようになっています~

もし河川環境楽園に来られる事がありましたら最初に『自然発見館』に寄ってパンフレット『フィールドミュージアム・マップ』を手にするといいです・・・・・


1.
d0054276_19585374.jpg

木曽川水園の上流部には渓流が岩に囲まれながら流れています・・・・・



2.
d0054276_1959375.jpg

ここにはキセキレイやビンズイがよく見られます・・・・・
周辺の木々にはシジュウカラやエナガも多く見られます~
去年はここにキクイタダキがいて鳥撮りカメラマンで賑わっていました・・・・・



3.
d0054276_19591573.jpg

河川環境楽園は河川環境に親しむ為に作られました・・・・・
長良川や木曽川の源流部から下流部までを見るのは大変ですがここでは短時間で川を学ぶ事ができます・・・・・
この写真に見える大きな岩も人工岩なので特殊樹脂で作られた岩の中はウレタンが注入されています



4.
d0054276_19592731.jpg

初めて来た人はこの風景全てを本当の自然だと思うことでしょう~
それほど精巧にできています・・・・・
勿論生えている草木は全部本物です~(o ̄∇ ̄o)♪



5.
d0054276_1959388.jpg

アカマツやクロマツそしてゴヨウマツなどの松も多くてマツボックリがよく落ちています
モミやクマシデやアカシデにイヌシデも見られ近くの山より木々が豊富に思えます~



6.
d0054276_19595065.jpg

7.
d0054276_200365.jpg

8.
d0054276_2001699.jpg

一気に下流部まで歩いて来ました・・・・・
木道がある葦原にはガマやヒメガマやミクリ等の親水植物やオミナエシやオトコエシやフジバカマやキキョウ等の花も多く見られます~



9.
d0054276_2002790.jpg

モズがいました~
優しい顔なのでメスのモズでした・・・・・



10.
d0054276_2003879.jpg

11.
d0054276_2005171.jpg

12.
d0054276_201133.jpg

13.
d0054276_2012110.jpg

14.
d0054276_2013691.jpg

下流部ではカモが多く見られます・・・・・
カルガモが一番多いですね~



15.
d0054276_2015122.jpg

16.
d0054276_2021143.jpg

17.
d0054276_2022353.jpg

18.
d0054276_2023375.jpg

19.
d0054276_2024236.jpg

20.
d0054276_2025251.jpg

オオバンもここには多くて人気者になっています~



21.
d0054276_203464.jpg

オカヨシガモの♀は優しい顔をしています~



22.
d0054276_2031563.jpg

オカヨシガモの♂も優しい顔に見えますね~



23.
d0054276_2032597.jpg

24.
d0054276_203361.jpg

オカヨシガモの雌雄はとても仲がいいです~
ナカヨシガモ(仲良し鴨)と呼びたいです・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



25.
d0054276_203484.jpg

ここの風景は好きなので私のブログでは何度も載せてしまいます~



26.
d0054276_2035951.jpg

27.
d0054276_2041061.jpg

ヤマフジの実が生っていました・・・・
藤棚で見られるノダフジの実より大きくて野性的な感じがしました~



28.
d0054276_2042167.jpg

29.
d0054276_2043387.jpg

クズの莢に見られる産毛が逆光でキラキラして見られました~

今日は昼から郡上方面に向かいましたが途中に寄った釜ヶ滝は駐車場辺りで工事をしていて入れず他に行こうと思っていたら雨が降り出したので引き返しました・・・・・
関市辺りで雨が止んだので百年公園を少し散策してきました~
今日は朝から冷え切っていました・・・・・゚(゚´Д`゚)゚




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-01-06 20:34 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『今年も樹木や草花を眺めて・・・・・』

自然のいろいろなものや風景そして神社仏閣や文化施設など何でもアリの私のブログですがやっぱり一番多いのは植物達なのかも知れません・・・・・

今日は木曽川水園周辺で出逢った有り触れた木々や植物を載せてみました~
花の少ないこの季節に黄色い素心蝋梅の花が少しだけ見られました・・・・・


1.『素心蝋梅(ソシンロウバイ)』 ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木
学名はChimonanthus praecox
d0054276_1974050.jpg

ソシンロウバイの花が少しずつ見られるようになりました~
満開になって良い香りが漂う季節が待ち遠しいです・・・・・



2.
d0054276_1975214.jpg

3.
d0054276_198317.jpg

4.
d0054276_1982468.jpg

5.
d0054276_1983436.jpg

6.
d0054276_1984456.jpg




7.『糊空木(ノリウツギ)』 アジサイ科アジサイ属の落葉低木
学名はHydrangea paniculata
d0054276_1985541.jpg

アジサイやノリウツギの花には枯れて汚くなるものと微かに色を残してそのままドライフラワーのようになるものと分かれますね・・・・・
ここで見られるノリウツギは長くこの状態を保っています~



8.
d0054276_199763.jpg

9.
d0054276_1991777.jpg




10.『秋楡(アキニレ)』 ニレ科ニレ属の落葉高木
学名はUlmus parvifolia
d0054276_19122118.jpg

岐阜市近郊にはハルニレよりこのアキニレが多く見られます~
カワラヒワなどの野鳥が実(種子)を食べに来ることが多いので近くを通る時には暫く見上げて鳥を探してしまいます~(*´∀`*)



11.
d0054276_19123028.jpg

12.
d0054276_19124096.jpg

13.
d0054276_19124974.jpg




14.『野花菖蒲(ノハナショウブ)』 アヤメ 科アヤメ属の多年草
学名はIris ensata
d0054276_19125842.jpg

ヒオウギの実(ヌバタマ)は見る度にカメラを向けますがハナショウブやこのノハナショウブの実を撮ることは少なかったです・・・・・
今回はシッカリ撮ってみました~♪



15.
d0054276_1913875.jpg

16.
d0054276_19131972.jpg

17.
d0054276_19132948.jpg

18.
d0054276_1913397.jpg




19.『女郎花(オミナエシ)』 オミナエシ科オミナエシ属 の多年草
学名はPatrinia scabiosifolia
d0054276_19135110.jpg

黄色く綺麗に咲くオミナエシも今はこんな姿になっています~
この終花の姿も侘び寂びが感じられてカメラを向けてしまいました・・・・・



20.
d0054276_1914135.jpg

21.
d0054276_19141173.jpg

22.
d0054276_19142387.jpg

23.
d0054276_19143288.jpg




24.『霜柱(シモバシラ)』 シソ科シモバシラ属の多年草
学名はKeiskea japonica 
d0054276_19144414.jpg

木曽川水園のシモバシラはまだ寒い日でも霜柱が見られませんでした
まだ茎が綺麗で艶もありました・・・・
枯れて水管から吸い上げた水が染み出したものが凍って見られる現象なので今年は見られるのが相当遅くなりそうです・・・・・



25.『隈笹(クマザサ)』 イネ科ササ属クマザサ種
学名はSasa veitchii
d0054276_19145493.jpg

クマザサなんて撮る人は少ないかな?
クマザサを熊笹だと思っている人が居そうなのでクマザサは隈取のある笹だから名前が隈笹(クマザサ)だよって・・・・・こっそり・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



26.
d0054276_1915451.jpg




27.『黒松(クロマツ)』 マツ科マツ属の常緑針葉高木
学名はPinus thunbergii
d0054276_19151488.jpg

マツも気にして見ていると結構楽しい木です~
アカマツ・クロマツ・リュウキュウマツ・ゴヨウマツ・ヒメコマツ・ハイマツ・チョウセンゴヨウ・ヤツタネゴヨウ・テーダマツ・ダイオウマツ等の種類がありますがほかにもマツ属じゃないものにもマツと名付けられたものもあります~
エゾマツやカラマツやベイマツやトドマツはマツ科でもマツ族では無いです~
いろんな松毬を集めたいです~♪



28.
d0054276_19152459.jpg

29.
d0054276_19153586.jpg

30.
d0054276_19154474.jpg

31.
d0054276_19155483.jpg




32.『赤松(アカマツ)』 マツ科マツ属の常緑針葉高木
学名はPinus densiflora
d0054276_1916427.jpg

33.
d0054276_19161393.jpg

34.
d0054276_19162139.jpg

35.
d0054276_19163243.jpg

今の季節に見られる草木の殆どが花を咲かせていなく枯れた花(終花)や実の姿になっています
でもよく見れば春になると葉を出したり花を咲かせる春待芽が見られものも多くなりました~

これからはモクレン科を初めヤナギ科やいろいろな木々の春待芽を見ながら私も春を待っていたいです~




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-01-05 20:12 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『学びの森の木々と風景・・・』

2017年も残り僅かになりました・・・・・

今日は昨日出掛けた各務原市の学びの森を散策して出逢った木々と風景の載せることにして今年のブログを終えたいと思います~♪

学びの森は旧岐阜大学跡地を整備した自然豊かな美しい公園です・・・・・
園内は桜の名所としても知られていて春になると多くの花見客で賑わいます~
広大な芝生広場で遊んだりピクニック気分でお弁当を食べたり散歩をしながら各所にある池を眺めて癒されたりと楽しみ方は人それぞれです~♪
秋には『冬ソナストリート』と呼ばれる並木があり学びの森から那加福祉センターまでイチョウやメタセコイヤの紅葉や黄葉が見られます・・・・・


1.『冬ソナストリートのイチョウ並木』
d0054276_19142544.jpg

黄葉の季節には毎年写していますが落葉の風景は初めてだと思います~



2.
d0054276_19143554.jpg

3.
d0054276_19144851.jpg

木によっては銀杏がまだたくさん生っていました・・・・・(*´∀`*)



4.
d0054276_1915155.jpg




5.『青桐(アオギリ)』 アオイ科アオギリ属の落葉高木
学名はFirmiana simplex
d0054276_19151375.jpg

今の季節に樹名札の無い木を見て名前当てをするのも楽しみになっています~
アオギリは判り易いですね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



6.
d0054276_19152519.jpg




7.『枝垂柳(シダレヤナギ)』 ヤナギ科ヤナギ属の落葉高木
学名はSalix babylonica
d0054276_19153734.jpg




8.『公孫樹(イチョウ)』 イチョウ科イチョウ属の落葉高木
学名はGinkgo biloba
d0054276_1915489.jpg




9.『栴檀(センダン)』 センダン科センダン属の落葉高木
学名はMelia azedarach
d0054276_1916149.jpg




10.『四季桜(シキザクラ)』 バラ科サクラ属の園芸品種
学名はCerasus × subhirtella ‘Semperflorens’
d0054276_1916117.jpg

11.
d0054276_19162286.jpg

12.
d0054276_19163333.jpg

13.
d0054276_19164733.jpg

14.
d0054276_19165634.jpg




15.『木々と流れを見ながら・・・・・』
d0054276_1917870.jpg

16.
d0054276_19171851.jpg

17.
d0054276_19172720.jpg

18.
d0054276_19174143.jpg

19.
d0054276_19175185.jpg

20.
d0054276_1918128.jpg




21.『百合木(ユリノキ)』 モクレン科ユリノキ属の落葉高木
学名はLiriodendron tulipifera
d0054276_1918171.jpg

とても大きなユリノキでした~♪



22.
d0054276_19182768.jpg

高過ぎて実が小さく見えるだけでした・・・・・



23.『メタセコイア』 スギ科メタセコイア属の落葉針葉樹
学名はMetasequoia glyptostroboides
d0054276_19184034.jpg




24.『ヒマラヤスギ』 マツ科ヒマラヤスギ属の常緑針葉樹
学名はCedrus deodara
d0054276_19184937.jpg

この木の下で去年初めて松毬(シダーローズ)を見つけました~
木の下で私の連れ合いがシダーローズを探しています・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



25.『辛夷(コブシ)』 モクレン科モクレン属の落葉広葉樹
学名はMagnolia kobus
d0054276_1919133.jpg

26.
d0054276_19191277.jpg

27.
d0054276_19192235.jpg




28.『木斛(モッコク)』 モッコク科モッコク属の常緑高木
学名はTernstroemia gymnanthera
d0054276_19193316.jpg

29.
d0054276_19194557.jpg

30.
d0054276_19195871.jpg

31.
d0054276_1920853.jpg




32.『百日紅(サルスベリ)』 ミソハギ科サルスベリ属の落葉中高木
学名はLagerstroemia indica Lagerstroemia
d0054276_19202135.jpg




33.『柏(カシワ)』 ブナ科コナラ属の落葉中高木
学名はQuercus dentata
d0054276_19203090.jpg

34.
d0054276_1920449.jpg

35.
d0054276_19205776.jpg

36.
d0054276_1921738.jpg




37.『小楢(コナラ)』 ブナ科コナラ属の落葉広葉樹
学名はQuercus serrata
d0054276_19211885.jpg




38.『公園内の風景~』
d0054276_1921297.jpg

39.
d0054276_19214299.jpg

40.
d0054276_19215312.jpg

41.
d0054276_1922626.jpg


今年最後のブログを書き終えました~
今20時を少し回ったところです・・・・・・
あと4時間足らずで新年です

今年も1年間私の拙いブログを見て頂けたことに感謝致します~
来年も宜しくお願い致します・・・・・・・
来年も年中無休で更新を続けたいと思っています~

皆様にとって2018年が明るく平穏な一年でありますように・・・・・・(*´∀`*)





(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-12-31 20:06 | 身近な自然の話 | Comments(8)

『ヒマラヤスギやアカマツの球果を見ながら・・・・・』

今日は各務原市の学びの森と市民公園を散策しました・・・・・
風が少しあって寒く感じましたが風が止むと太陽が照っていて少し暖かく感じました~
学びの森から市民公園まで散策しましたが今日は市民公園でヒマラヤスギの樹の下に落ちている松毬の破片(シダーローズ)を探しました~
彼方此方で14個のシダーローズが拾えました・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

年末なので公園に来ている人は少なく静かに散策ができました~


1.『ヒマラヤスギ 球果』 マツ科ヒマラヤスギ属の常緑針葉樹
学名はCedrus deodara
d0054276_20344574.jpg

ヒマラヤスギの球果(松毬)も枝に付いている時には普通のマツボックリ状の姿をしています~



2.
d0054276_20345539.jpg

3.
d0054276_2035636.jpg

4.
d0054276_20351789.jpg

市民公園に見られるヒマラヤスギは枝振りが凄いです~



5.
d0054276_20352585.jpg

6.
d0054276_20353868.jpg

雌花の松毬は樽形で7~13cmの長さで5~9cmの幅があって成熟(12ケ月掛かって)すると枝に付いているまま崩壊し翼状の種子を落とします・・・・・
この写真のものが翼状の種子です~♪

一緒に写っている小さな球果はメタセコイアの球果です・・・・・



7.
d0054276_20354883.jpg

8.
d0054276_20355923.jpg

9.
d0054276_20361036.jpg

松毬の上部から砕け散りますが砕けずそのまま松毬の先が地上に落ちたものがシダーローズと呼ばれるものになります~



10.
d0054276_2036212.jpg

地面がコンクリートだと殆どが砕け散りますが柔らかい土の場合には崩れずに残ることがあります
でも殆どは枝に付いている時に砕けます・・・・・



11.
d0054276_20363325.jpg

12.
d0054276_20364792.jpg

別のヒマラヤスギです~
この市民公園には3本のヒマラヤスギがあります・・・・・
隣接している学びの森にも3本あるのでここでは6本のヒマラヤスギを見ることができます~



13.
d0054276_20365726.jpg

14.
d0054276_2037921.jpg

15.
d0054276_2037192.jpg




16.『赤松(アカマツ)』 マツ科マツ属の常緑針葉樹
学名はPinus densiflora
d0054276_20372971.jpg

この公園には松が多く見られます~
枝振りの良い松が多いので絵になります・・・・・



17.
d0054276_20374295.jpg

この球果(松毬)も私の家の中にはたくさんあります~
今日もたくさん拾いました・・・・・(*´∀`*)



18.
d0054276_20375470.jpg

19.
d0054276_203852.jpg

まだ若い松ノ木もあります~



20.
d0054276_2038165.jpg

若い松でもちゃんと松毬が生っていました~♪



21.
d0054276_20382740.jpg

22.
d0054276_20383871.jpg

この公園には色々な木々が見られます~
松の他には桜やメタセコイアやラクウショウやクスノキなど大きなものが多いです~♪



23.
d0054276_2038472.jpg

24.
d0054276_20385811.jpg

25.
d0054276_20391134.jpg

26.
d0054276_20392379.jpg

27.
d0054276_20393432.jpg

松の古木にはキノコが生えていました・・・・・



28.
d0054276_20394589.jpg

29.
d0054276_20395652.jpg

30.
d0054276_204086.jpg

31.
d0054276_20401940.jpg

32.
d0054276_20402986.jpg

市民公園の噴水です・・・・・
後ろにメタセコイアと『平和の日記念モニュメント「時-平和の風」』が見られます・・・・・



33.
d0054276_20404184.jpg

34.
d0054276_20405684.jpg

写すアングルを変えて少し逆光にしてみました~



35.
d0054276_2041699.jpg




36.『今日拾った球果(松毬)等・・・・・♪』
d0054276_20411812.jpg

今日拾って来たもの達です~
広葉杉(コウヨウザン)の球果14個と赤松の球果2個です~



37.
d0054276_20412755.jpg

赤松の球果8個とヒマラヤスギの球果(シダーローズ)14個です・・・・・♪



38.
d0054276_20413928.jpg

メタセコイアの球果7個とヒマラヤスギの雄花松毬が多数です~(*´∀`*)

彼方此方で球果を拾うので私の部屋の中には球果だらけになっています~
年末年始の休暇も多いのでキュウカを楽しみたいです~(o ̄∇ ̄o)♪

今日は公園に行く前に各務原市内にある手力雄神社に寄りました
去年行った時には屋根の修理をしていて今年の春に修復完了になっていたので見て来ました・・・・・
ここではタマミズキ等の実も見る事ができました~




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-12-30 21:19 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『今年最後の木曽川水園で見た木々の実達・・・・・』

河川環境楽園も公園内の年末掃除をしていました・・・・・
水(河川)と人の共存をテーマにしている国営公園なので水路や展示水槽や池などの落ち葉取りや清掃もされていました~

木曽川水園の茅葺古民家も花餅や門松が飾られていて迎春準備は完了しているようでした~
散策して見られた鳥達は昨日載せましたので今日は木々や草の実を載せてみました・・・・・
以前散策していて気が付かなかった『イヌシデ』も見られました~
来年は戌年なので出逢えて良かったです・・・・(o ̄∇ ̄o)♪


1.『栴檀(センダン) 実』 センダン科センダン属の落葉高木
学名: Melia azedarach
d0054276_19345641.jpg

駐車場から河川環境楽園に行く途中に見られます~
よく目立っています・・・・・♪

沖縄県に自生するセンダンの抽出成分がインフルエンザウイルスを死滅させることが報告されたようなので今後にインフルエンザの新薬として現れるかも知れませんね~(*´∀`*)



2.
d0054276_1935181.jpg




3.『迎春の準備を終えた茅葺古民家』
d0054276_1935302.jpg

門松が飾られていました~
建物には岐阜県の飛騨地方では有名な花餅も飾られていました・・・・・



4.
d0054276_1935408.jpg

5.
d0054276_19355461.jpg

古民家前の松ノ木のは雪吊りがされていました・・・・・



6.
d0054276_1936566.jpg

7.
d0054276_19362183.jpg




8.『水車小屋』
d0054276_19364594.jpg

古民家近くに有る水車小屋の水車もよく回っていました~♪



9.
d0054276_19365654.jpg




10.『熨斗蘭(ノシラン) 実』 クサギカズラ科スズラン亜科ジャノヒゲ属の多年草
学名はOphiopogon jaburan
d0054276_1937828.jpg

落実した実が多そうなのにまだ色付きが少なくこの程度でした・・・・・
綺麗にブルーに見えるのはいつなのでしょうね?
今年は全く予想がつきません・・・・・(´;ω;`)



11.
d0054276_19371890.jpg




12.『箱根空木(ハコネウツギ) 実』 スイカズラ科タニウツギ属の落葉低木
学名はWeigela coraeensis
d0054276_19373263.jpg

13.
d0054276_19374377.jpg

14.
d0054276_19375344.jpg




15.『藪蘭(ヤブラン) 実』 キジカクシ科ヤブラン属の多年草
学名はLiriope muscari
d0054276_1938736.jpg

16.
d0054276_19382652.jpg




17.『吉祥草(キチジョウソウ) 実』 キジカクシ科キチジョウソウ属の常緑多年草
学名はReineckea carnea
d0054276_19383580.jpg

18.
d0054276_19384832.jpg




19.『万両(マンリョウ) 実』 サクラソウ科ヤブコウジ属の常緑小低木
学名はArdisia crenata
d0054276_1939490.jpg

20.
d0054276_19391732.jpg

21.
d0054276_19393058.jpg

今年は色々な所で万両との出逢いがありました・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



22.
d0054276_19394088.jpg

ハリヨが飼育展示されている水槽の掃除をしていました~
ここには多くの若い公園スタッフがいます・・・・・
ボランティアや委託のスタッフもいるようです~



23.『犬四手(イヌシデ) 果穂』 カバノキ科クマシデ属の落葉高木
学名はCarpinus tschonoskii
d0054276_19395310.jpg

すぐ近くにクマシデとアカシデがあるのですがここにイヌシデがあるのを見落としていました
今まで写していなかったので撮りましたがクマシデのようには撮れませんでした・・・・・



24.
d0054276_1940763.jpg

25.
d0054276_19402022.jpg

クマシデより疎らに見えました・・・・・・
アカシデに近いように思えました~♪



26.
d0054276_1940307.jpg




27.『熊四手(クマシデ) 果穂』 カバノキ科クマシデ属の落葉広葉
学名はCarpinus japonica
d0054276_1940422.jpg

クマシデの果穂は他のシデ達と比べると大きくて綺麗に思えます~



28.
d0054276_1940557.jpg

29.
d0054276_1941812.jpg

30.
d0054276_19411925.jpg

31.
d0054276_19413272.jpg




32.『杜鵑草(ホトトギス)』 ユリ科ホトトギス属の多年草
学名はTricyrtis hirta
d0054276_19414451.jpg

花は無く今の季節にはこんな姿になっていました~
写真を撮る人って他にはいないでしょうね?



33.
d0054276_19415652.jpg

34.
d0054276_19421070.jpg

35.
d0054276_19422223.jpg

36.
d0054276_19423332.jpg

木曽川水園の下流部に出来ている小さな水の溜まった所で水中の落ち葉を取り除いていました
『希少種の水生植物をザリガニが食べてしまうので落ち葉と一緒に捕獲するんです・・・・・』と話していました~
人工的に作られた環境のようですが実際には流れの上流は自然の河川から水を引いているのでそこにいた生き物が入り込んでくる事があるのでしょうね・・・・・
外来種としてはアメリカザリガニやブルーギルにブラックバスなどが見られるようです



37.
d0054276_19424473.jpg

寒くて大変な作業ですね・・・・・
ここのスタッフ達は本当に自然が好きな人達が多いです~♪



38.『錦木(ニシキギ) 実』 ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木
学名はEuonymus alatus
d0054276_19425615.jpg

まだ少し実が残っていました~(*´∀`*)



39.
d0054276_1943893.jpg

40.
d0054276_19432233.jpg

流れに掛かる橋の上から西の方角(鴨達がいる下流部)を撮ってみました~
時間は午後4時頃なのに雲が多いと薄暗くなりますね・・・・・



41.『冠雪している伊吹山~』
d0054276_19433670.jpg

駐車場に向かう堤防の上から見た伊吹山です~
雪で真っ白くなっていました・・・・・
今年も山頂には行けませんでしたが来年こそは伊吹山の山頂に行こうと思います~

今日は自然散策をせずに息子と孫二人を連れて各務原市のイオンまで行っていました・・・・・
あまり行く気は無かったのですがたまのことなので行きましたが自分が見たい所には全く行けず疲れただけでした・・・・・゚(゚´Д`゚)゚

明日は出掛けて31の大晦日は家の中でのんびりしようかと思っています~




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-12-29 20:43 | 身近な自然の話 | Comments(12)

『実達と松毬遊び・・・♪』

今日も寒くなりました・・・・・
ブログに載せる写真のストックが無くなってきたので昼休みに河川敷で何かを撮ろうと思いましたが風も強くて寒かったので断念しました・・・・・゚(゚´Д`゚)゚

先日も載せましたが家に今まで拾って来た実がありますが載せていなかったものを今日は少し載せたいと思いましたが数が少なかったのでリース用に置いてある松毬(マツボックリ)を使って少し遊んでみました~
数分間での間に合わせなので大したものではないですが・・・・・(´;ω;`)



1.『榛の木(ハンノキ)』 カバノキ科ハンノキ属の落葉高木
学名はAlnus japonica
d0054276_20293465.jpg




2.『檜(ヒノキ)』 ヒノキ科ヒノキ属の針葉樹
学名はChamaecyparis obtusa
d0054276_20294320.jpg




3.『椿(ツバキ)』 ツバキ科ツバキ属の常緑低木
学名はCamellia japonica
d0054276_20295429.jpg




4.『百日紅(サルスベリ)』 ミソハギ科サルスベリ属の落葉中高木
学名はLagerstroemia indica
d0054276_2030646.jpg




5.『松毬(マツボックリ)と戯れて~』
d0054276_20301612.jpg

実が少なかったので箱の中にあるマツボックリを取り出してコピー用紙を切って丸めて中にLEDライトを入れて撮ってみました~



6.
d0054276_20302361.jpg

7.
d0054276_20303478.jpg

8.
d0054276_20304280.jpg

9.
d0054276_20305292.jpg

明日は出掛けて何か撮ろうと思います・・・・・
そして早めに帰って年賀状に取り掛かろうと思っています~

今日は12月21日なので今年も残すところ10日間になりました
今年は引越しもありドタバタした1年でしたので年末年始はのんびり過ごしたいです~




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-12-21 20:47 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『ながら川ふれあいの森の実探し~』

日曜日に出掛けた『ながら川ふれあいの森』で見掛けた草木の実を載せます~
先日は長良古津からの散策でしたが今回は三田洞からの散策でした・・・・・

この日は一人で出掛けました~♪
駐車場には相変わらず百々ヶ峰(どどがみね)への登山者の車が多く停められいてましたが鳥撮りさんの車もあったようでした・・・・・
途中で出逢った夫婦の鳥撮りさんがカケスを追い掛けていました~(o ̄∇ ̄o)♪


1.『猿捕茨(サルトリイバラ)』 サルトリイバラ科シオデ属の多年草(半低木)
学名はSmilax china
d0054276_2026459.jpg

2.
d0054276_20261676.jpg

3.
d0054276_20262669.jpg

4.
d0054276_20263524.jpg

5.
d0054276_20264477.jpg

6.
d0054276_20265425.jpg

7.
d0054276_2027378.jpg




8.『青木(アオキ)』 アオキ科アオキ属の常緑低木
学名はAucuba japonica
d0054276_20271397.jpg

9.
d0054276_20272326.jpg

10.