カテゴリ:身近な自然の話( 2009 )

『実・鳥・花・猫・空~~(木曽川水園にて)』

今日は土曜日に出掛けた河川環境楽園の木曽川水園で見たもの達を載せます・・・・・
タイトルのように今日載せたものは繋がりのないバラバラの写真です~(o ̄∇ ̄o)♪

ここも今年になって何度も行きましたが代わり映えしないので同じようなものになってしまいます
ですから少し違ってものも撮りたくなりました・・・・・


1.『熨斗蘭(ノシラン)  実』  クサギカズラ科ジャノヒゲ属の多年草
学名はOphiopogon jaburanと言います~
d0054276_2019879.jpg

2.
d0054276_20192393.jpg

3.
d0054276_2019396.jpg

4.
d0054276_2020368.jpg

5.
d0054276_20202242.jpg

6.
d0054276_20203930.jpg

7.
d0054276_20205643.jpg

8.
d0054276_20212356.jpg

9.
d0054276_20213427.jpg




10.『四十雀(シジュウカラ)』  シジュウカラ科シジュウカラ 属
学名はParus minorと言います~
d0054276_20214748.jpg

11.
d0054276_20215942.jpg

12.
d0054276_20221055.jpg




13.『猫(ネコ)』  ネコ科ネコ属
学名はFelis silvestris catusと言います~
d0054276_20222683.jpg

この猫はこの近くにいつもいます
この写真を撮った1週間くらい前にもこの場所でカワセミが飛んでいるのを見ながら巣穴を探していました
何となく我慢強いのか執念深い性格の猫のようです~



14.
d0054276_20224038.jpg

15.
d0054276_20225442.jpg

16.
d0054276_2023854.jpg




17.『山茶花(サザンカ)』  ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹
学名はCamellia sasanquaと言います~
d0054276_20231977.jpg

自然発見館の前に咲いていました~(*´∀`*)



18.
d0054276_2023304.jpg

19.
d0054276_202455.jpg

20.
d0054276_20241753.jpg




21.『飛行機雲(ひこうきぐも)』  別名は航跡雲(こうせきうん)
英名はcontrail(コントレイル)と言います~
d0054276_20243181.jpg

この日はたくさんの航空機が河川環境楽園の上を飛んでいました
飛行機雲が彼方此方で見られました~(o ̄∇ ̄o)♪



22.
d0054276_20244454.jpg

23.
d0054276_20245624.jpg

24.
d0054276_20251192.jpg

今日は朝は雨でしたが気温は昨日より暖かく感じました・・・・・
昼頃には止みました

明日から暫くは天気が良さそうですが明日の気温は今日より5度近く低くなるようです
明日で1月も終わりですね
2017年になったかと思うともう1ヶ月過ぎてしまいます・・・・・・






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-01-30 20:47 | 身近な自然の話 | Comments(10)

『エーザイ薬樹園で出逢ったもの達~』

私が出掛ける散策コースでは一番回数が多い『河川環境楽園~フラワーパーク江南』の途中に『かさだ広場』と『河跡湖公園』と『エーザイ薬草園・薬樹園』があります・・・・・

今日は薬樹園で出逢えた木々を紹介したいと思います~
この薬草園と薬樹園でも花は殆ど見られませんでした・・・・・(´;ω;`)


1.『草木瓜(クサボケ)  花』  バラ科ボケ属の落葉低木
学名はChaenomeles japonicaと言います~
d0054276_20124993.jpg

薬樹園で唯一花を咲かせていた木でした・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



2.
d0054276_2013362.jpg

3.
d0054276_20131543.jpg

4.
d0054276_20132797.jpg

5.
d0054276_20134130.jpg

6.
d0054276_2013513.jpg




7.『天台烏薬(テンダイウヤク)  春待芽』  クスノキ科クロモジ属の常緑低木
学名はLindera strychnifolia F. Vill.と言います~
d0054276_2014419.jpg

中国中南部の原産で江戸時代に薬用として入って来ました・・・・
雌雄異株で4月に小さな黄色の花をつけ秋に黒い果実をつけます~
根が薬用の烏薬(うやく)で中国の天台山から良品が産出したのでその名があります・・・・・
漢方では芳香性健胃薬や痛み止めとして消化管機能の衰えた症状に用いられています~



8.
d0054276_20141682.jpg

9.
d0054276_20142526.jpg




10.『金柑(キンカン)  果実』  ミカン科キンカン属の常緑低木
学名はFortunellaと言います~  
d0054276_20143818.jpg

11.
d0054276_20145020.jpg




12.『橙(ダイダイ)  果実』  ミカン科ミカン属の常緑低木
学名はCitrus aurantiumと言います~
d0054276_2015212.jpg

13.
d0054276_20151241.jpg





14.『姫譲葉(ヒメユズリハ)  葉』  ユズリハ科ユズリハ属の常緑高木
学名はDaphniphyllum teijsmanniiと言います~
d0054276_20152683.jpg

実がたくさん生っていたヒメユズリハも今は実が落ちて葉だ蹴になっていました・・・・・



15.
d0054276_20153757.jpg

16.
d0054276_20154847.jpg




17.『萵苣木(エゴノキ)  木と虫こぶ』  エゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木
学名はStyrax japonicaと言います~
d0054276_20155922.jpg

エゴノキに見られる『ネコアシ』です・・・・・
ネコアシはエゴノネコアシアブラムシ(カメムシ目・アブラムシ科)の作った『虫こぶ』です



18.
d0054276_20161121.jpg

19.
d0054276_20162372.jpg




20.『畑湿地(ハタケシメジ)  キノコ』  シメジ科シメジ属
学名はLyophyllum decastesと言います~
d0054276_20163579.jpg

薬樹園の少し小高い所に見られました~
勿論これは植えたものではなくて自然発生したキノコです・・・・・
食用として利用されますが生えてから日が経っているようで傷みが見られました~
こんなキノコを自然の山や野で見かけたら嬉しくなるでしょうね~(o ̄∇ ̄o)♪



21.
d0054276_20164865.jpg

22.
d0054276_2017418.jpg

23.
d0054276_20171713.jpg

24.
d0054276_20173495.jpg




25.『旱蓮木(カンレンボク)  実』  ヌマミズキ科カレンボク属の落葉高木
学名はCamptotheca acuminata Decneと言います~
d0054276_20174621.jpg

バナナのような姿で見られたカンレンボクの実も今はカラカラに乾いていました~



26.
d0054276_2017587.jpg

27.
d0054276_20181118.jpg

28.
d0054276_2018224.jpg

29.
d0054276_20183656.jpg




30.『薬樹園の木々達』
d0054276_20185118.jpg

全ての木々に名前が付けられているのでとても判りやすいです~
ここに白樺が1本ありますが気温の高いところなので見ているだけで可哀想に思えます・・・・・



31.
d0054276_2019742.jpg

32.
d0054276_20192117.jpg




33.『巣箱~♪』
d0054276_20193688.jpg

今までは無かったと思うのですが1本の木に巣箱が取り付けられていました
まだ新しいように見えますね~(o ̄∇ ̄o)♪
ここのスタッフが作って取り付けたもののようですが優しい人がいるのですね~(*´∀`*)



34.『内藤記念くすり博物館が見える風景~』
d0054276_20194992.jpg

くすり博物館は無料で見られます・・・・・
毎年2回ほどの特別展があって色々なものが見られます
全国にある私立博物館としての人気がベスト5に入ったこともあるようです~

今日は先日の寒さと比べると少しは気温が高かったようですがそれでも寒いですね
寒いと遠くまでは出かけたくないです~゚(゚´Д`゚)゚




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-01-26 21:04 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『フラワーパーク江南の木々と風景~』

フラワーパーク江南も相変わらず花の少ない季節でした・・・・・
今回は今まで写さなかった木を撮ってみました~

野鳥はジョウビタキのメスとツグミとスズメくらいしか出逢えませんでした
寒い日でしたので来ている人はとても少なく駐車場はガラ~ンとしていました・・・・・


1.
d0054276_20211439.jpg

花達も少なく何となく寂しげに見えますね・・・・・



2.
d0054276_20213247.jpg

寄せ植えのツリーだけはいつも綺麗な花を見せています~♪



3.
d0054276_20214520.jpg




4.『突き抜きユーカリ(ツキヌキユーカリ)』  フトモモ科ユーカリ属
学名はEucalyptus perrinianaと言います~
d0054276_20215849.jpg

5.
d0054276_2022910.jpg

6.
d0054276_2022215.jpg

7.
d0054276_2022347.jpg




8.『欧州唐檜(オウシュウトウヒ)』  マツ科トウヒ属の針葉樹
学名はPicea abiesと言います~
d0054276_20224888.jpg

ここでは『ドイツトウヒ』として紹介されていました
他には『ヨーロッパトウヒ』や『ドイツマツ』の別名もあります~



9.
d0054276_2023133.jpg

10.
d0054276_20231516.jpg




11.『素心蝋梅(ソシンロウバイ)』  ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木
学名はChimonanthus praecoxと言います~
d0054276_20232994.jpg

12.
d0054276_20233877.jpg

13.
d0054276_20235084.jpg




14.『白木蓮(ハクモクレン)』  モクレン科モクレン属の落葉低木
学名はMagnolia heptapetaと言います~
d0054276_2024292.jpg

15.
d0054276_20241344.jpg

16.
d0054276_20242576.jpg




17.『落羽松(ラクウショウ)』  スギ科ヌマスギ属の落葉針葉樹
学名はTaxodium distichumと言います~
d0054276_20244060.jpg




18.『莢蒾(ガマズミ)』  スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木
学名はViburnum dilatatumと言います~
d0054276_20245478.jpg




19.『山茶花(サザンカ)』  ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹
学名はCamellia sasanquaと言います~
d0054276_202566.jpg




20.『紫陽花(アジサイ)』  アジサイ科アジサイ属の落葉低木
学名はHydrangea macrophyllaと言います~
d0054276_20252068.jpg

21.
d0054276_20253330.jpg

22.
d0054276_20254657.jpg




23.『尉鶲(ジョウビタキ)』  ツグミ科ジョウビタキ属
学名はPhoenicurus auroreusと言います~
d0054276_20255759.jpg




24.『糊空木(ノリウツギ)』  アジサイ科アジサイ属の落葉低木
学名はHydrangea paniculataと言います~
d0054276_2026989.jpg

25.
d0054276_20262169.jpg




26.『雀(スズメ)』  スズメ科スズメ属
学名はPasser montanusと言います~
d0054276_2026321.jpg




27.『フラワーパーク江南の風景・・・・・』
d0054276_20264621.jpg

28.
d0054276_20265855.jpg

29.
d0054276_20271221.jpg

30.
d0054276_20272744.jpg

31.
d0054276_2027427.jpg




32.『鶫(ツグミ)』 ツグミ科ツグミ属
学名はTurdus eunomusと言います~ 
d0054276_20275642.jpg

芝生広場に沢山のツグミがいました・・・・・
30羽はいたと思います~(o ̄∇ ̄o)♪



33.
d0054276_2028876.jpg

34.
d0054276_20282359.jpg

35.
d0054276_20283787.jpg




36.『クリスタルフラワー』
d0054276_20284986.jpg

37.
d0054276_2029186.jpg

今の季節は植物観察は難しいですね・・・・・
あと2ヶ月くらいは我慢しなくてはならないのかな~(´;ω;`)

今日も寒くなりましたが岐阜市では雪は見られませんでした
今度の寒波は北海道は当然のように豪雪になっていて気温もマイナス更新をしていますが西日本も雪が多くて今までとは少し違いますね

道路の凍結で事故も多くなっています
皆様も交通安全に気を付けてくださいね・・・・・・・




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-01-25 21:15 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『松毬状の実と水の無い木曽川水園の池風景~』

鳥を写したり猫を撮ったり色々な風景も見られる河川環境楽園ですがやっぱり木々や植物を真剣に撮ってしまいます~(o ̄∇ ̄o)♪
今日は木曽川水園で見た松毬等の実と清掃のために水が抜かれていた最下流の池風景を載せます・・・・・

国営木曽三川公園の13箇所の内で一番多く出かけている河川環境楽園が私には一番馴染んでいます~♪


1.栂『(ツガ)  松毬』  マツ科ツガ属の常緑針葉樹
学名はTsuga sieboldiiと言います~
d0054276_2019128.jpg

2.
d0054276_20192827.jpg

3.
d0054276_20194410.jpg




4.『赤松(アカマツ)  松毬』  マツ科マツ属の常緑針葉樹
学名はPinus densifloraと言います~
d0054276_20195739.jpg

5.
d0054276_2020111.jpg

6.
d0054276_20202466.jpg




7.『熊四手(クマシデ)  果実』  カバノキ科クマシデ属の落葉広葉樹
学名はCarpinus japonicaと言います~
d0054276_20203458.jpg

8.
d0054276_20204541.jpg

9.
d0054276_20205742.jpg

これがクマシデなのかハッキリしませんでしたが似た仲間の数種類と比べてみましたが該当するものが見られませんでしたのでクマシデとして載せました・・・・・



10.
d0054276_2021980.jpg

11.
d0054276_20212399.jpg




12.『榛の木(ハンノキ)  果実』  カバノキ科ハンノキ属の落葉高木
学名はAlnus japonicaと言います~
d0054276_20213616.jpg

13.
d0054276_20215096.jpg



14.『百合の木(ユリノキ)  翼果』  モクレン科ユリノキ属の落葉高木
学名はLiriodendron tulipiferaと言います~
d0054276_2022368.jpg




15.『粗樫(アラカシ)  堅果』  ブナ科コナラ属の常緑広葉樹
学名はQuercus glaucaと言います~    
d0054276_20221937.jpg




16.『白梅』
d0054276_20223255.jpg




17.『小さな流れ・・・・・』
d0054276_20224932.jpg




18.『水の無い木曽川水園下流池の風景~』
d0054276_2023333.jpg

毎年恒例の清掃作業のために上流部の滝の上からここまでの水が無くなっていました
一部残っている所にコガモ達が避難していましたが川などへ行くことになると思います~



19.
d0054276_20231971.jpg

20.
d0054276_20233297.jpg

21.
d0054276_20234535.jpg

22.
d0054276_20235930.jpg

木曽川水園を流れている川は人工河川なのでこうして清掃をしないとヘドロが溜まり水質が悪くなります
本当の河川が近くを流れているので水路を使って水を引けば良いのでしょうがここは河川環境楽園として説明のために造られたものなので態と人工河川にしています・・・・・
清掃作業は毎年見ていますが大変なことです・・・・・



23.
d0054276_20241182.jpg

24.
d0054276_20242349.jpg

25.
d0054276_20243695.jpg

毎日寒いですね・・・
今日も日本中が冷えています
北海道ではマイナス30度以下まで冷えた所もあり鳥取や岡山でも積雪が1m近い所もあったようです
東京では公園の噴水が凍ってツララが出来ていたりと大変な寒さでした

インフルエンザやノロウィルスで病院に患者が多いと聞きます
栄養をつけて手洗い&嗽をして乗り切りたいですね・・・・・

木曽川水園の樹木には名前の書かれていないものが多いので判りにくいものは調べてみましたが間違っているものがありましたら知らせて頂くと有難いです~(o ̄∇ ̄o)♪




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-01-24 21:10 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『素心蝋梅(ソシンロウバイ)と梅と日本水仙・・・』

今日の昼前に梅林公園に出かけました
ソシンロウバイが咲いている頃なので早咲きの梅も見られないかと思って行く事にしました・・・・・
そして何か野鳥にでも出会えたら・・・と期待していました~(o ̄∇ ̄o)♪

寒くて平日なので梅林公園には近くの人が散歩に来ている程度でした
今日も梅林公園には猫達の姿は見られませんでした・・・・・


1.『素心蝋梅(ソシンロウバイ)』  ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木
学名はChimonanthus praecoxと言います~
d0054276_20221050.jpg

去年剪定されたようで今までより花数が少ないように感じました
写真を撮っていると香りが私の周りに漂っていました~



2.
d0054276_20222489.jpg

3.
d0054276_20223896.jpg

4.
d0054276_20225016.jpg

5.
d0054276_2023375.jpg

6.
d0054276_20231664.jpg

7.
d0054276_20233173.jpg

8.
d0054276_20234352.jpg

9.
d0054276_20235587.jpg

10.
d0054276_2024829.jpg

11.
d0054276_20241958.jpg

12.
d0054276_20243159.jpg

13.
d0054276_20244323.jpg

14.
d0054276_20245371.jpg

15.
d0054276_2025616.jpg




16.『D-51を背景にして・・・・・』
d0054276_20251868.jpg

展示保存されている蒸気機関車『D-51 470』のすぐ横にもソシンロウバイが植えられています
児童遊具のある所にも植えられていますが今年は枝の剪定で花がとても少なくなっていました・・・・・



17.
d0054276_20253083.jpg

18.
d0054276_20254185.jpg

19.
d0054276_20255466.jpg

20.
d0054276_2026636.jpg

21.
d0054276_20261985.jpg




22.『八重の白梅』
d0054276_20263182.jpg

梅林公園を一周して梅の開花状態を見ましたがまだほんの僅かしか花が咲いていませんでした・・・・・
品種の多い梅林公園ですが白梅の八重が少し見られる程度でした~



23.
d0054276_20264376.jpg

24.
d0054276_20265539.jpg




25.『』一重の白梅
d0054276_2027887.jpg

26.
d0054276_2027249.jpg

27.
d0054276_20273589.jpg




28.『紅梅』
d0054276_2027481.jpg

紅梅は1~2本しか花が咲いていませんでしたがそれも極僅かの花でした・・・・・
もう少し暖かくなれば綺麗に咲きそろうと思います~



29.『日本水仙(ニホンズイセン)』  ヒガンバナ科スイセン属
学名はNarcissus tazettaと言います~
d0054276_2028065.jpg

梅林公園の管理所前の花壇に咲いていました
他の場所にも植えられているので梅と一緒に見る事ができます~



30.
d0054276_20281151.jpg

31.
d0054276_20282346.jpg

32.
d0054276_20283435.jpg

今日は梅林公園で久し振りにトラツグミを見ました・・・・・
他の鳥は見られませんでしたがトラツグミを何枚も撮ることができました~

昼からは河川環境楽園と河跡湖公園とエーザイ薬樹園とフラワーパーク江南に行きましたが河跡湖公園では何も写しませんでした・・・・・
冷たい風が吹き時々ミゾレのようなものが降る天気でしたが1日散策ができました~♪

岐阜市の隣にある瑞穂市に野生のナベヅルが3羽飛来しているようです
岐阜県での目撃はこれまでに2度有り今度が3度目のようで珍しいことだと言われています
3羽は家族のようで他の集団からはぐれて来てしまったようです
場所が判らないので見に行けませんが先日のコウノトリもですが最近はいろいろなものが岐阜県にやってきます~(o ̄∇ ̄o)♪




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2017-01-20 20:51 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『長良川の河川敷で出逢ったもの達・・・・・』

今日は風があり体感温度が低く感じました・・・・・
昼の休みにいつものように河川敷を一回りしてみました~

葉痕も同じようなものばかりが目に付きましたが今日は『ヤマグワ』の葉痕も見られました
散策していると薮の中からホオジロが出て来ました
大きなオニグルミの木にはムクドリ達が集まっていたりして短時間の散策が楽しいものになりました~


1.
d0054276_20233066.jpg

河川敷から見た長良川の対岸です
遠くに雪を被った山が見えますがあの山は福井県や富山県そして石川県方面の山になります~



2.
d0054276_20234323.jpg

随分遠くですがキラキラした山は綺麗です~



3.
d0054276_20235424.jpg

こちらは少し左に向かいますが伊吹山や池田山が見られます



4.
d0054276_2024885.jpg

この場所から見える伊吹山は神々しく思えます・・・・
岐阜市内から見られる1500m程(実際は標高1377 mです)の山では一番近いです~



5.『山桑(ヤマグワ)の葉痕』   クワ科クワ属の落葉低木~高木
学名はMorus bombycisと言います~
d0054276_20241926.jpg

河川敷にある4本のヤマグワで一番近くで見られる木で写しました・・・・・
毎年実が生るので今年は集めてジャムでも作りたいです~(o ̄∇ ̄o)♪



6.
d0054276_20242997.jpg

7.
d0054276_20244164.jpg




8.栴檀『(センダン)の葉痕』
d0054276_2024538.jpg

今日もついでに撮ってみました~♪
いつもは途中の葉痕ですが今日は上部のものを撮りました・・・・・



9.
d0054276_2025688.jpg

10.
d0054276_20251826.jpg




11.『鬼胡桃(オニグルミ)の葉痕』
d0054276_20252958.jpg

やっぱりこの葉痕が顔らしく見えますね~
何度見ても楽しくなります・・・・・♪



12.
d0054276_20254127.jpg

13.
d0054276_20255226.jpg

14.
d0054276_2026687.jpg

オニグルミの木・・・・・
私が散策している所だけでも10本以上の木があります~(*´∀`*)



15.
d0054276_20262061.jpg

センダン(左)とオニグルミ(右)が一緒に見えます
こんな所なのでこの2種の葉痕が撮り易いです・・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪
センダンにはすっかり実が無くなっていました~♪



16.
d0054276_20263444.jpg

17.
d0054276_20264989.jpg

18.
d0054276_2027016.jpg

野茨(ノイバラ)に春待芽(葉芽)が見られました・・・・・
もう木々達は春の準備をしています~(o ̄∇ ̄o)♪



19.
d0054276_20271741.jpg

乾ききったセイタカアワダチソウが風に揺れていました・・・・・
後ろの笹薮の中には鳥が隠れていることが多いです
ウグイスの鳴き声がよく聞こえるのでこの中で営巣しているようです~
ここにはキジも多くいますがなかなか姿を見せてくれません



20.
d0054276_20273360.jpg

忠節橋(ちゅうせつばし)は長良川に架かる橋では一番好きな橋です~
中学時代にはこの橋を渡って学校に通いました
今は中学が別の場所に新設されたので今までのように橋を渡ることはなくなりました・・・・・



21.
d0054276_20274623.jpg

後ろに見える山が岐阜市で一番高い『百々ヶ峰(どどがみね)』です・・・・・・
標高417.9mの山です~
因みに岐阜城のある金華山は標高329mで2番目になります・・・・・♪



22.『頬白(ホオジロ)』  スズメ目ホオジロ科ホオジロ属
学名はEmberiza cioidesと言います~
d0054276_20275978.jpg

この2羽はカップルのようです~
今年最初の出逢いになりましたがいつもの散歩用コンデジなので大きく写せませんでした・・・・・



23.
d0054276_20281151.jpg

24.
d0054276_20282331.jpg




25.『椋鳥(ムクドリ)』  スズメ目ムクドリ科ムクドリ属
学名はSturnus cineraceusと言います~
d0054276_20283666.jpg

散策していましたら10数羽のムクドリが騒ぎながら飛んで来てオニグルミの枝に留まりました・・・・・
休憩タイムなのか暫くして飛び去りました・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



26.
d0054276_20284852.jpg

27.
d0054276_2029232.jpg

まだ河川敷では花が何も見られませんでした
でも木々には春待芽も見られましたので少しずつ春への準備は始まっているようでした~

足元のスナゴケはこんな寒い季節にも綺麗な緑色をしていました
ナンキンハゼやイタチハギにも小さな春待芽が出ていました・・・・・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

明日は天気が良くなさそうです
近くの梅林公園でも散策してロウバイや早咲きの梅が咲いていたら写したいです~






(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-01-19 21:09 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『葉痕(ようこん)だらけの河川敷~♪』

今日は雪も止み青空も見られました~
昼の休みに長良川の河川敷を歩きながら葉痕を写しました・・・・・
相変わらず代わり映えしませんがオニグルミとセンダンとクズの葉痕を撮ったので今日はこの3種の葉痕姿を載せることにしました~

今の季節に葉が落ちた痕を見ると、面白い形になっているものが見られます~
冬芽を観察していると気が付きますが葉痕は葉の柄が枝に着いていた部分です・・・・・
ですから大きな葉ほど葉痕も大きく色々な形に見えますが何となく顔に見えるものが多いです~
維管束の痕も残り葉痕の中にいくつかの点となって樹によって可愛く見えたり怖く見えるものもあるので面白いです~(o ̄∇ ̄o)♪


1.『鬼胡桃(オニグルミ)』  クルミ科クルミ属の落葉高木
学名はJuglans mandshurica var. sachalinensisと言います~
d0054276_2039743.jpg

葉痕の中では一番判りやすいので良く撮っています・・・・・・
ヒツジに見えるものやサルに見えるものなどいろいろ楽しめます~♪



2.
d0054276_20392139.jpg

3.
d0054276_20393396.jpg

4.
d0054276_20394653.jpg

5.
d0054276_20395870.jpg

6.
d0054276_204091.jpg

7.
d0054276_20402136.jpg

8.
d0054276_20403290.jpg

9.
d0054276_20404393.jpg

10.
d0054276_20405688.jpg

11.
d0054276_2041971.jpg

12.
d0054276_20412077.jpg

13.
d0054276_2041337.jpg




14.『栴檀(センダン)』  センダン科センダン属の落葉高木
学名はMelia azedarachと言います~
d0054276_20414633.jpg

河川敷ではよく見られますがオニグルミの葉痕と比べると平面っぽいです~
表情も同じようなものが多いです~



15.
d0054276_20415614.jpg

16.
d0054276_2042863.jpg

17.
d0054276_20422211.jpg




18.『葛(クズ)』  マメ科クズ 属の蔓性多年草
学名はPueraria lobataと言います~
d0054276_20423222.jpg

可愛い顔や不気味な顔や森の妖精みたいな顔など一番表情が多く見られます~
小さな葉痕ではこのクズが私のお気に入りになっています・・・・・



19.
d0054276_20424552.jpg

20.
d0054276_20425797.jpg

21.
d0054276_2043974.jpg

22.
d0054276_20432074.jpg

23.
d0054276_20433047.jpg

24.
d0054276_20434221.jpg

25.
d0054276_20435359.jpg

26.
d0054276_2044540.jpg

27.
d0054276_20441646.jpg

28.
d0054276_20442794.jpg

29.
d0054276_20443986.jpg

30.
d0054276_20445095.jpg

31.
d0054276_2045168.jpg

32.
d0054276_20451167.jpg

33.
d0054276_20452198.jpg

今日は細かな事は書かずに見られた人が何に見えるかとそれぞれに楽しんで頂ければ嬉しいです~

いつもこの葉痕ばかりなので他の葉痕達を少しずつ探そうと思っています~
身近に所にもこんな顔がいっぱいあるようです・・・・・・
皆さんが自然散策している時に植物達もこんな顔で皆さんを見ているかも知れないですよ・・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪
by shizenkaze | 2017-01-17 20:58 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『シモバシラの霜柱と松毬や球果達・・・』

今日は寒くて昼頃から雪が降り始めました・・・・・
気温が低かったのできっとシモバシラの霜柱が見られるのではないかと『木曽川水園』に朝から出かけました
他に見られるものは同じようなものばかりなのでシモバシラを写して早く帰りました

写真が少ししか撮れなかったのでブログ更新の前に家にある色々な『実』を写して一緒に載せてみました~



1.『霜柱(シモバシラ)』  シソ科シモバシラ属の多年草
学名はKeiskea japonicaと言います~
d0054276_19524662.jpg

日本固有種で関東地方以南の本州から九州にかけて分布しています・・・・
シモバシラが生えていた所には冬になると氷柱が出来ます
シモバシラの茎は冬になると枯れてしまいますが根はその後長い間活動を続けるため枯れた茎の道管に水が吸い上げられ続けて外気温が氷点下になると道管内の水が凍って茎から氷柱が出来ます・・・・・
この現象からシモバシラと名前がつけられました~



2.
d0054276_19525737.jpg

3.
d0054276_19531369.jpg

4.
d0054276_19532522.jpg

この冬は気温が高かったので今まで見られませんでしたが最近の冷え込みでやっと見られるようになりました



5.
d0054276_19533811.jpg

6.
d0054276_19535031.jpg

7.
d0054276_1954284.jpg

8.
d0054276_19541423.jpg

9.
d0054276_19542778.jpg

10.
d0054276_19543896.jpg

11.
d0054276_19545080.jpg

12.
d0054276_195544.jpg

13.
d0054276_19551523.jpg

14.
d0054276_19553165.jpg




【家の中にあった松毬や球果達~】
15.『広葉杉(コウヨウザン)  球果』  スギ科コウヨウザン属の常緑針葉樹
学名はCunninghamia lanceolataと言います~
d0054276_1956279.jpg

16.
d0054276_19561696.jpg




17.『亜米利加楓(アメリカフウ)モミジバフウ  集合果』  フウ科フウ属の落葉高木
学名はLiquidambar styracifluaと言います~
d0054276_19562961.jpg

18.
d0054276_19564280.jpg




19.『落羽松(ラクウショウ)  球果』  スギ科ヌマスギ属の落葉針葉樹
d0054276_19565468.jpg

バラバラになりやすいので気をつけて触っています~♪



20.『喜馬拉雅杉(ヒマラヤスギ)  松毬』  マツ科ヒマラヤスギ属の常緑針葉樹
学名はCedrus deodaraと言います~
d0054276_1957672.jpg

松毬は枝から砕けて散るので普通見られるマツボックリの姿では見られません
希に一部が残っているものがありこれがバラの花のようなので『シダーローズ』と呼んでいます



21.『栃(トチ)  裂果』  トチノキ科トチノキ属の落葉広葉樹
学名はAesculus turbinataと言います~
d0054276_19571782.jpg

岐阜県の飛騨地方ではこの実を使った栃餅や栃の実煎餅が土産物になっています~



22.『榛の木(ハンノキ)と夜叉五倍子(ヤシャブシ)  球果』  カバノキ科ハンノキ属の落葉高木
学名はAlnus japonicaと言います(ハンノキ)
学名はAlnus firma(ヤシャブシ)
d0054276_1957291.jpg

小さなハンノキの球果と比べるとヤシャブシはとても大きいです~
小牧市のふれあいの森に通じる道横にたくさん見られました・・・・・・



23.
d0054276_19574144.jpg

ブリキ製のジョウロに枝付きのヤシャブシを飾ってみました~
照明が暗いので綺麗じゃなかったです・・・・・・・


今日は朝出かけてからいつも通っている内科と眼科に行って午後からはずっと家にいました
明日は市内でも積雪があるようなので出掛けられるんどうか判らないです・・・・・
北陸から東北方面は豪雪になるようなのでそちらの皆様は気をつけてくださいね・・・・・





【4~14】
(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
【15~23】
(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-01-13 20:36 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『自然共生研究センターと木曽川水園の風景と鳥達』

国営木曽三川公園は13箇所の公園施設で出来ています
河川環境楽園は国営公園、岐阜県営公園、自然共生研究センター、東海北陸自動車道・川島PA及びハイウェイオアシスから構成された複合型の公園として整備されていますが私がブログで紹介しているところは殆どが岐阜県営公園の木曽川水園になります・・・・・・

今回は『自然共生研究センター』の国内最大の人工河川がある風景やその近くで見られた木々なども載せてみました・・・・・
いつもの散策コースも後半には載せました~(o ̄∇ ̄o)♪


1.『冬枯れ風景の中に見られる緑葉の木?』
d0054276_20395885.jpg

この2本の木だけが緑色の葉を一杯付けているように見られますね・・・・・・
でもこの姿はこの木にとって辛い光景なのかも知れません~



2.
d0054276_20402598.jpg

3.
d0054276_20404459.jpg

実はこれは他の木に絡みついているキヅタの茂った葉なんです・・・・・・



4.『木蔦(キヅタ)』  ウコギ科キヅタ属の常緑蔓性常緑樹
学名はHedera rhombeaと言います~
d0054276_2041397.jpg

絡みつかれている元の木が何であるかも判らないくらいビッシリと葉が茂っていました



5.
d0054276_20412046.jpg

6.
d0054276_20413296.jpg

キヅタの実です・・・・・
落葉性のツタはブドウ科ですがこれはヤツデやタラノキと同じウコギ科で別名を冬蔦とも言います・・・・・



7.
d0054276_20414565.jpg




8.『自然共生研究センター人工河川へ』
d0054276_2042111.jpg

ここから自然共生研究センターの敷地に入ります
この周辺には野鳥も多くいます~
(独)土木研究所の付属機関として河川・湖沼の自然環境保全・復元に関する研究を行うために整備された研究施設です・・・・・
研究棟のほか延長800mの実験河川や実験池などがあり自由に見学することができますが研究棟は平日だけ開いています・・・・・・



9.
d0054276_20422119.jpg

10.
d0054276_2042371.jpg

人工河川のある敷地に入ります・・・・・



11.
d0054276_20425160.jpg

ここにはタイプの違う800mの人工河川(実験河川)が3本流れています



12.
d0054276_2043822.jpg

13.
d0054276_20432286.jpg

14.
d0054276_20433650.jpg

15.
d0054276_20435653.jpg

16.
d0054276_2044147.jpg

実験観察データーをここから河川環境楽園の西口駐車場近くに有る研究棟へ送って研究されるようです



17.
d0054276_20443194.jpg

18.
d0054276_20445189.jpg

実験河川の下流部にはこんな池があります
ここから河川環境楽園の北側を通って木曽川に流れ出ます・・・・・

ここではルリビタキやベニマシコやカワセミが見られます



19.
d0054276_2045814.jpg

先に見える道路の高架は東海北陸道のものです~♪



20.
d0054276_20452439.jpg

この周辺にも木々が多く見られます・・・・・・



21.
d0054276_20454127.jpg




22.『木曽川水園の散策・・・・・』
d0054276_20455838.jpg

いつもとは少し違う位置から茅葺古民家を撮りました・・・・・
橋の上に葉牡丹の鉢植えが並んでいます~



23.『素心蝋梅(ソシンロウバイ)』
d0054276_20461322.jpg

24.
d0054276_20462734.jpg

25.
d0054276_20464255.jpg




26.『鶫(ツグミ)』
d0054276_2047270.jpg


27.『鵯(ヒヨドリ)』
d0054276_20471766.jpg

28.
d0054276_20473322.jpg


29.『白鶺鴒』(ハクセキレイ)
d0054276_20475092.jpg


30.『雉鳩(キジバト)』
d0054276_2048544.jpg


31.『草鷸(クサシギ)』  
d0054276_20482267.jpg

名前が判らなかった鳥ですがasitano_kazeさんに教えて頂きました~



32.『百舌(モズ)  ♂』
d0054276_2048395.jpg


33.『百舌(モズ)  ♀』
d0054276_20485348.jpg

34.
d0054276_2049567.jpg

35.
d0054276_20492246.jpg


36.『(背黒鶺鴒)セグロセキレイ』
d0054276_20493748.jpg




37.『木曽川水園下流部の風景~』
d0054276_20495175.jpg

いつもの風景です・・・・・
やっぱり来ると撮ってしまいます~



38.
d0054276_205066.jpg

39.
d0054276_20502472.jpg

40.
d0054276_20504161.jpg


41.『小鴨(コガモ)  ♂』
d0054276_20505674.jpg


42.『小鴨(コガモ)  ♂♀』
d0054276_20511061.jpg


43.『軽鴨(カルガモ)』
d0054276_2051245.jpg


44.『丘葦鴨(オカヨシガモ)  ♀』
d0054276_20513916.jpg

45.
d0054276_20515425.jpg


46.『椋鳥(ムクドリ)の大群~』
d0054276_2052762.jpg


47.『木曽川本流の風景』
d0054276_20522069.jpg

木曽川水園は造られた川ですがこちらは本家本元の木曽川です
木曽川を挟んでこちらが岐阜県で対岸が愛知県になります~


今日は昼過ぎから各務原市にある『学びの森』と『市民公園』へ行って少し歩いてきました
この季節に見られる花は椿や山茶花と四季桜くらいでした
松毬などはたくさん見られました・・・・・・・






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-01-07 21:39 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『紫陽花(アジサイ)達の顔~』

昨日は午後から関市の百年公園を散策して来ました・・・・・
花は見られず目にしたものは木々の実達が殆どでした
ハンノキやヤシャブシとコナラやクヌギそしてヌルデやコマユミの実が見られました

梅雨の頃には散策路脇に見られる紫陽花達も今は終花が見られるくらいでしたが近寄れば春待芽(葉芽)が膨らんでいました・・・・・
その春待芽の下には可愛い顔(葉痕)が見られました~

今日は紫陽花の葉痕を少し載せることにします・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



1.『紫陽花(アジサイ)の葉痕(ヨウコン)・・・♪』
d0054276_204092.jpg

『葉痕』は植物が落葉したときに茎の表面に残される傷跡のことです・・・・・
葉印(よういん)と言われる事もあります
葉痕の輪郭は葉の基部の形なので円形や三日月形や線状などさまざまで葉序を示す配列や維管束の断面を示す斑点の数や分布などが顔のように見えることがあるので見つけると楽しいものです~
茎の表面がコルク組織等で覆われると葉痕は見えなくなることもあります・・・・・

木の種類によって葉痕の形が違うのでそれぞれ違う顔に見えて面白いです~
私はこの紫陽花の葉痕が一番好きで次がオニグルミやクズになります・・・・・・



2.
d0054276_204125.jpg


3.
d0054276_2042395.jpg


4.
d0054276_2045646.jpg


5.
d0054276_205790.jpg


6.
d0054276_2052066.jpg


7.
d0054276_2053176.jpg


8.
d0054276_2054292.jpg


9.
d0054276_2055474.jpg


10.
d0054276_206681.jpg


11.
d0054276_2061816.jpg


12.
d0054276_2063164.jpg


13.
d0054276_2064579.jpg


14.
d0054276_2065610.jpg

今日は葉痕の写真を並べただけになりましたが説明なんて書かなくても見るだけで面白いと思います~
他の木々の葉痕も見てください・・・・・
きっと楽しいと思います~

まだ1月なのに紫陽花はこんなに春待芽(葉芽)を見せています
紫陽花の種類などで春待目の色等も違うのですね・・・・・
葉痕の顔も太った顔や細い顔や可愛い顔が色々あって楽しいです~(o ̄∇ ̄o)♪






(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-01-05 20:20 | 身近な自然の話 | Comments(18)