<   2009年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

太陽の花・向日葵

夏と言えば『向日葵』、そして向日葵と言えば『夏』・・・・・
d0054276_2004445.jpg

特に広い場所に向日葵が咲いているのを見ると気持ちが晴れ晴れしてしまいます・・・・♪
d0054276_201554.jpg

この写真の向日葵は岐阜県の大垣市にある休耕田を地域の人達が向日葵畑にしている所です
d0054276_201225.jpg

数は数えられない位でとても凄いです~^^
d0054276_2014751.jpg

私は向日葵をみて思い浮かぶのは1970年ころに上映された映画『ひまわり』で主演のマルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンがひまわり畑を舞台にして戦争と愛情、悲恋をテーマにしたもので感動を受けました・・・・・(古いですね^^)

それから、ヒマワリと言えば『ゴッホ』なのですが・・・・・

ゴッホって本当にヒマワリを見た事が有るのでしょうかね~?

ゴッホの書いたヒマワリは全て花瓶の花ばかりで自然の中に咲いている花を書いた作品は一枚も有りませんので私はゴッホは本当は実物のヒマワリを知らなくて他の人が画いた絵を参考にして書いたのではと学生時代から思っていました~~(私の想像ですよ^^)
d0054276_202882.jpg

何はともあれ、青空の下で『これでもか~!』と咲いているヒマワリ達は夏には最高の花だと感じています・・・・・^^
by shizenkaze | 2009-07-19 20:03 | 身近な自然の話 | Comments(18)

小さな足元の物語

自販機の下でカンコーヒーやジュースを買いに来る人を毎日見ているタデ科やイネ科の植物達・・・・・

「飲んだらちゃんと空き缶入れに捨ててね・・・・・」と言っているみたい^^
d0054276_20201899.jpg




側溝の蓋と道路の隙間に生えていたタンポポ・・・・・

「タバコの吸殻を側溝に捨てないで・・・煙たくて仕方ないの・・・・」
d0054276_20205067.jpg




物干しのポールに巻き付いていたヤマイモ科の仲間・・・・・

「毎日洗濯物で日陰になるけれど涼しくて気持ちの良い事もあるよ~^^」
d0054276_2021994.jpg




建物と道路の隙間に生えていたイネ科の植物・・・・・

「犬って可愛いけど後始末はちゃんとしてね・・・・臭うから!」
d0054276_2021261.jpg




ブロック塀の上に生えているオシロイバナ・・・

「水は少ないし暑いしここは辛いね・・・・」
d0054276_20214398.jpg




鉄骨やコンクリートに囲まれた所にひっそりと咲いているブライダルベール・・・・・

「買ったばかりの時には大切にしてくれたのに今は捨てられて勝手に根付いちゃった・・・・・ブライダルベールなんて素敵な名前なのにね・・・」
d0054276_2022552.jpg

by shizenkaze | 2009-07-18 20:24 | 身近な自然の話 | Comments(20)

カラスと仲良くなれた~^^

先日の事ですが、岐阜市北部にあるジャスコ近くの川にヌートリアを写しに出掛けたのですが時間が少し遅かったせいか目当てのヌートリアは見られませんでした・・・・・

川と言っても幅が3m有るか無いか位の川ですが近くの高校生位の子供が竿を出していました

私も以前は釣りをやっていたので彼が何を狙っているのかはすぐ解かり、川を覗いて見ていました・・・・・

30cm位のブラックバスが何匹も泳いでいたのでしばらく眺めながらカメラを構えて写真を撮り始めました

しばらくして何者かの気配を感じて横を向くと一羽のカラスがガードレールの上にとまっていました・・・・
d0054276_19514633.jpg

私がそのまま川に向かってシャッターを切っていると近くまでやって来てこちらを見ていました

私がカメラを向けると初めは不思議そうな顔をしましたがすぐに馴れたのか色々な仕草をしていました
d0054276_19521729.jpg

再び川を泳いでいるブラックバスを写し始めると私のすぐ近くまで寄って来てガードレールから私を見ていました・・・・・

最後には私の着ているベストのベルト部分を嘴で突っついたり横からカメラを覗き込む位になりしばらく相手をしていましたが、こちらにも事情があるのでその場を後にしましたが車に乗り込んでエンジンを掛けた時に少し前にある街灯の上に来ていて私を見ていました・・・・・

今度買い物にでも行った時に再び逢えるのかな~~

雄か雌か判らないのですが、カラスに『マリア』と付けてしまいました~^^

私くらいの年齢の人ならどうして『マリア』なんて付けたのかご存知ですね~~♪
by shizenkaze | 2009-07-17 19:53 | | Comments(19)

コノテガシワ

公園や家の垣根等に白い粉をふいた金平糖のような花なのか実なのか良く見ないと分からないようなものが見られる事があります・・・・・
d0054276_2010152.jpg

これは『コノテガシワ』と言うヒノキ科の植物ですが、雌雄別々の花を咲かせるので、じっくり見ると別の紫がかった花も見ることか出来ます・・・・・

名前の由来は葉が子供の掌のように見えるからで、姿も美しいものが多い為に園芸種も増えています
d0054276_20105868.jpg

元々は中国原産で日本には江戸時代の中期にやって来たと言われています・・・・・

雄花は黄褐色で雌花は淡い紫緑色をしています
d0054276_20112099.jpg

実は10月頃から11月に青白色から褐色に熟します・・・・・

葉は鱗片葉が十字対生して付いていますが両面の色が同じ色をしている少し珍しい植物です・・・・・


今日は草の花でなくて街で見かけた木の事を書いてみました・・・・・^^
by shizenkaze | 2009-07-16 20:15 | 身近な自然の話 | Comments(16)

長良川植物図譜9

『シモツケ』 バラ科
d0054276_20155167.jpg

川原から少し手前の所に咲いていました
木はまだ小さかったのですが綺麗な花を咲かせていました・・・・・
これは木ですが同じような花の咲くシモツケソウ(バラ科)と言う植物もあります・・・・・



『コニシキソウ』 トウダイグサ科
d0054276_20161412.jpg

前に紹介したニシキソウより小型の植物で、葉に黒い模様が出るのですぐに判ります
ニシキソウより小さな花を咲かせていました・・・・・



『オミナエシ』 オミナエシ科
d0054276_20163037.jpg

秋の七草のひとつです・・・・・
漢字では女郎花と書きますが何となく可哀想な名前ですね~?



『オトコエシ』 オミナエシ科
d0054276_20164470.jpg

オミナエシに対して多毛で男っぽいのでこんな名前が付けられました・・・・・
花の色はオミナエシが黄色でオトコエシは白い花を咲かせます・・・・・



『ムシトリナデシコ』 ナデシコ科
d0054276_20165976.jpg

名前に虫取りと付いていますが食虫植物ではなく、花の下に粘る物質があるためにこに虫が付くからムシトリナデシコと言います・・・・・
ナデシコ類にはハコベからカーネーションの様な花まで種類が多く、園芸種が逃げ出しているものもあるので調べるには大変な種類の科です~~



今日も暑い一日でした
梅雨を忘れてしまうような青空も少し見られました・・・・・♪
by shizenkaze | 2009-07-15 20:18 | 身近な自然の話 | Comments(20)

長良川植物図譜8

今日の岐阜地方は気温が35度で真夏日になりました・・・・・
こんな暑い日に川原を歩いているのは他には誰もいませんでした~~^^

『トキワハゼ』 ゴマノハグサ科
d0054276_2002416.jpg

春に咲くムラサキサギゴケと瓜二つの花ですが、こちらは長い間見る事が出来ます・・・・・
ムラサキサギゴケより茎が長くて花を高く持ち上げているように感じられました・・・・・



『ツユクサ』 ツユクサ科
d0054276_2004981.jpg

可憐に見える花ですが付近に自分より背の高い植物が生えると一気に茎を伸ばして他より上に花を咲かせています・・・・・
このツユクサの栽培種をオオボウシバナと言って手書き友禅などの下絵を書く時に使います
ツユクサはお浸しにして食べられるのですが可哀想ですね・・・・・♪



『オオフタバムグラ』 アカネ科
d0054276_201446.jpg

これに似た植物はフタバムグラ、ヤエムグラがあり、どれもアカネ科です
花の大きさは5mm程度で長良川の川原では轍の近くや人の通った後に良く見られます・・・・・



『オシロイバナ』 オシロイバナ科
d0054276_20127100.jpg

この花は園芸種なのですが堤防にも庭にも咲いているので何かの拍子に運びこまれて来たものでしょうね・・・・・
オシロイバナには色々な色の品種があるようですが長良川の堤防や川原で咲いているのはこの色だけでした・・・・・



『アラゲハンゴンソウ』 キク科
d0054276_2014375.jpg

これも園芸植物だと思いますが堤防下の川原に続く場所に少し咲いていました
時々、川原で今まで見たことの無いような植物が見られることもありますが殆どが園芸植物で他から大雨で増水した時に運ばれて来たのだと思います~^^



これから暑さが増してお昼の堤防と川原歩きが大変になりそうです・・・・・
あまり暑くなってから出掛けると体力的に無理になって午後からの仕事に差し障りが出るといけないので気温と天気によっては散歩はお休みするだろうと思います・・・・・

『長良川植物図譜』はそのつどのんびりと続けたいと思っています~^^
by shizenkaze | 2009-07-14 20:03 | 身近な自然の話 | Comments(16)

和製のムスカリ? (藪蘭)


d0054276_19512616.jpg
近くの公園や神社もお寺にも良く生えていて綺麗で可愛い花を咲かせています・・・・・
d0054276_19515269.jpg

アップして見ると何となくムスカリの花にも似ているような気がしますが私だけでしょうか?
d0054276_19521143.jpg

ヤブラン(ユリ科)で他にもヒメヤブランと言う仲間がありますが、探してみたところ近くには見当たりませんでした・・・・・
d0054276_19522969.jpg

同じユリ科のジャノヒゲやオオバジャノヒゲが日陰を好むのに対してヤブランは日があたる場所でも元気に花を咲かせていました・・・・・
d0054276_19524742.jpg

香りに誘われて蜂や虻がたくさん来て蜜を吸っていましたが余程美味しいのか私が5mmまで接近しても逃
げませんでした~~^^
d0054276_19582570.jpg

この写真は粕森公園で写したものですが花が咲き始めていて、蕾と共に綺麗な薄い紫色をしていました・・・・・


次回は『長良川植物図譜』を載せる予定です・・・・・



このブログへのコメントを宜しくお願いします・・・・・♪
by shizenkaze | 2009-07-13 19:56 | 身近な自然の話 | Comments(16)

風、そして旅立ち・・・・・

梅雨の晴れ間に粕森公園と言う小さな公園で一つの旅立ちに出会いました・・・・・
d0054276_12102417.jpg

少し冷やりとした風が吹く中、公園の遊具の下に咲いていた蒲公英の綿毛が少しずつ風に乗って飛び始めました・・・・・
d0054276_12104376.jpg

これからどこまで飛んで行き、新しい命を咲かせるのでしょう・・・・・
d0054276_12111147.jpg

d0054276_12113772.jpg

風が他の蒲公英にも旅立ちの手助けをしていました・・・・・
d0054276_12115296.jpg

カメラを向けてから2分ほどの出来事でした・・・・・
この写真もトリミング無しで掲載しています~♪

小さな自然の営みにも目を向ければ新しい発見をする事が出来ますね~~^^




皆様からのコメントをお願いします・・・・・^^
by shizenkaze | 2009-07-12 12:14 | 身近な自然の話 | Comments(23)

楽園の向日葵 (河川環境楽園)

今日は午後から各務ヶ原市にある『河川環境楽園』まで出掛けました

ここは国営木曾三川公園の一部として国道と東海北陸道から直接入る事が出来る自然公園です
d0054276_202968.jpg

中には『アクアトトギフ』と言う世界中の淡水魚を集めた水族館もありますが、今日は時間が無かった事で自然公園の一部を見て歩きました・・・・・
d0054276_2023279.jpg

最初に訪れた所に向日葵がたくさん咲いていましたので写して来ましたが、それぞれの名前は判りませんので向日葵の写真だけをアップしました~~^^
d0054276_2025580.jpg

d0054276_2031251.jpg

d0054276_2032785.jpg

d0054276_2034152.jpg

d0054276_2035670.jpg

他にも色々な花が咲いていましたので後日アップする事にします・・・・・

これからも『長良川植物図譜』で長良川の堤防や川原に咲いている植物を紹介しますが、別の自然の事も並行して書きたいと思いますので宜しくお願いします~^^
by shizenkaze | 2009-07-11 20:05 | 身近な自然の話 | Comments(14)

長良川植物図譜7

花屋さんで見られる高価で品の良い花は綺麗ですが私達の身近な所にある堤防や川原にも良く見れば可愛い花、綺麗な花、面白い花等を目にする事が出来ます・・・・・

『カワラマツバ』 アカネ科
d0054276_1953336.jpg

日本全国の日当たりの良い川原や道端で見られる植物です

普通はこの花のように白いものが多いのですが稀に黄色い花を咲かせるキバナノカワラマツバと言う種類もあります



『スズメノヒエ』 イネ科
d0054276_19533344.jpg

スズメが食べるヒエと名前が付けられていますが私はスズメがこの植物の実を好んで食べているところを見た事が有りません~^^

緑色で黒線が入った一見何かの幼虫にも見えます・・・・・



『ヘクソカズラ』 アカネ科
d0054276_19535758.jpg

堤防では不思議と階段の近くばかりに生えていました

名前が屁糞蔓(ヘクソカズラ)と付けられているのは匂いが良くないからですが、この植物の花と葉を匂いを我慢して良く揉んでからヒビやアカギレに付けると良くなるという民間薬のひとつです・・・・・

別名のヤイトバナは真ん中が赤いのでお灸のようにみえるからです



『マツヨイグサ』 アカバナ科
d0054276_19541651.jpg

夕方になると咲き始める夜型植物です

オオマツヨイグサ、メマツヨイグサ、コマツヨイグサ、マツヨイグサ、アレチマツヨイグサが各地で見られています・・・・・



『ヒルガオ』 ヒルガオ科
d0054276_19543392.jpg

誰でも知っているアサガオに近い植物で長良川の川原にはいくつもの自生が見られます

珍しい花では有りませんが今日は雨の後で雫が花の上にあったので写してきました・・・・・

*ヒルガオの名前をアップした時に慌てていたものでユウガオと表記してしまいました。皆様からのコメントを読んでいて気が付き訂正をしましたが、ユウガオはウリ科の植物で干瓢(カンピョウ)の仲間なのでアサガオと同じ花を咲かせるヒルガオとは全く違います。
頭の中ではヒルガオと思いながらキーボードではユウガオとタイピングしてしまい皆様にご迷惑をお掛け致しました・・・・・コメント内のユウガオは私の間違いをそのままにコメントして頂いたものなのでヒルガオとして読んで戴きたくお願い致します。
今後はアップする前に細心の注意をしてこう言う事の無いように気をつけます・・・・・
コメントして頂いた皆様、ブログを見て頂いた皆様に心よりお詫び致します・・・・・ (自然風)



『ヤブカンゾウ』 ユリ科
d0054276_19545450.jpg

ノカンゾウは一重ですがヤブカンゾウは八重に咲きます

ニッコウキスゲなどと同じ仲間で、カンゾウは甘い味がするので付けられた名前です

春の芽生えを甘味噌であえると美味しい料理になりますね~^^

鍋料理にそのまま入れれば砂糖の代わりになります・・・・・



『カタバミ』 カタバミ科
d0054276_19551266.jpg

これもありふれた花ですが見ていたら撮りたくなってしまいました~^^

カタバミには蓚酸が含まれているので真鍮製品を磨くのには良いですね・・・・・



『イヌタデの花』 タデ科
d0054276_19554020.jpg

やっとイヌタデの花を見つけてきました

蕾が少ない状態で他のイヌタデと一緒の場所に咲いていました

初めは他のタデかと思いましたが花(ガク)の裏に禾状のものが出ていましたのでイヌタデと判りました・・・・・


この長良川植物図譜も続けていて良いのかな~と少し思っています・・・・・

他の自然の話も少しは書いた方が良いのではと考えてしまいました~(悩)


皆様からのコメントをお願いします~♪
by shizenkaze | 2009-07-10 19:58 | 身近な自然の話 | Comments(20)