<   2010年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『西洋引蓬(セイヨウヒキヨモギ)』

長良川の堤防や川原には色々な植物が生えています・・・・・
在来種は勿論、帰化植物として定着しているものも多く見られますが新しく進出して来た植物も毎年のように増え続けています・・・・・

今日の植物は「ゴマノハグサ科」の植物ですが、今までに生えていたオオイヌノフグリやタチイヌノフグリとは別物のような植物です・・・・・

『マツバウンラン』が繁殖し始め、続いて『ヒサウチソウ』が急に勢力を増して来た堤防と川原ですが、今度は『セイヨウヒキヨモギ』が今年は目立つようになりました・・・・・


1.『長良川の河川敷に咲いていた西洋引蓬(セイヨウヒキヨモギ)』
d0054276_1932515.jpg

ゴマノハグサ科の植物です
地中海沿岸が原産の植物と言う事ですがここまでの経路は分かっていません・・・・・





2.『全体が黄色の植物です』
d0054276_19321832.jpg

1973年に千葉県で初めて発見されました・・・・・
まだ比較的新しい帰化植物になります





3.『姿はヒサウチソウに似ています』
d0054276_19323054.jpg

このセイヨウヒキヨモギはまだ河川敷に生えているだけですがヒサウチソウのように堤防全体に広がるのも時間の問題のようです・・・・・><





4.『花の形はムラサキサギゴケやヒサウチソウのようです』
d0054276_19325151.jpg

ヒサウチソウと同じで『半寄生植物』だと言う事です・・・・・





5.『黄色一色なのでよく目立ちます』
d0054276_1933381.jpg



6.『参考に一緒に咲いていた久内草(ヒサウチソウ)を載せます』
d0054276_19331772.jpg

この植物もまだ咲き続けています
今年はヒサウチソウも大発生しています・・・・・





7.『この植物とセイヨウヒキヨモギが今物凄く増えています』
d0054276_19332888.jpg



マツバウンランが5~6年前から、ヒサウチソウが3年前から堤防に発生しています

セイヨウヒキヨモギを長良川の近くで初めて見たのは2年ほど前にほんの僅かな個体を見ましたがそれがこれ程繁殖するとは思いませんでした・・・・・

これからも新しい植物の国内繁殖が見られるのでしょうね・・・・・><

在来種にとっては済みにくい環境になりますね~~♪



(M20)
by shizenkaze | 2010-05-31 19:47 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『時計草(トケイソウ)』

最近は地球温暖化予防の為の日陰を作る植物としてツタや蔓植物が植えられるようになりましたが、この『トケイソウ』も同じ意味で色々な所に植えられるようになりました・・・・・^^

岐阜市の近くでも見られるようになりましたが、隣の各務原市には多くられる場所があります

今日の『トケイソウ』は各務原消防署の壁面に咲いていたものですが、同じ各務原市の河川環境楽園内でも見られます・・・・・



1.『時計のような花を咲かせる時計草』
d0054276_18512899.jpg

トケイソウは南米、ブラジル原産のトケイソウ科トケイソウ属の植物で別名をパッション・フラワーと言います(パッションフルーツも同じ仲間です・・・・・^^)





2.『とても変わった花です』
d0054276_18514493.jpg

花の季節は5月から9月頃だと言う事なので当分は楽しめそうです~^^




3.『まだ蕾も沢山見られます・・・・・』
d0054276_18515775.jpg



4.『文字盤に長針と短針、それに秒針も~^^』
d0054276_18521181.jpg

名前のとおり本当に見たまま『時計』ですね~~^^





5.『珍しい花ですが少し不気味??』
d0054276_18522378.jpg



6.『緑が涼しそうでした・・・・・♪』
d0054276_18524047.jpg


時計草には多くの種類があるようで、大きさや色の違うものや形の違うものも見られるようです
とにかく一度見たら忘れられませんね・・・・・♪


『各務原市の消防署の住所は岐阜県各務原市那加桜町1の69です』
    駐車場は公共の駐車場が利用できます(少しの時間なら無料です)




『お詫び』
4日間ほどパソコンかインターネット回線の異常でブログの写真についての説明や皆様からのコメントの返事も書けませんでした・・・・・
一つの動作をするのに数分以上掛かるのでリンクをさせて頂いている皆様のブログにも行けませんでしたが、今日何とか以前のような状態に戻す事が出来ましたので今まで通りのブログが続けられると思います・・・・・^^

これからもブログ「自然風だより」を宜しくお願いしますね~^^♪
by shizenkaze | 2010-05-30 19:04 | 身近な自然の話 | Comments(32)

『モミジのプロペラ』

モミジが小さな赤い花を付けてからだいぶ日にちが経って今では小さなプロペラ(種子)が目に付くようになりました・・・・・

1.
d0054276_222565.jpg


2.
d0054276_2224479.jpg


3.
d0054276_2232886.jpg


4.
d0054276_224244.jpg


5.
d0054276_2243965.jpg



とても綺麗な色をしていました・・・・・

それにとても可愛く思えました~^^

ネット回線なのかPCそのもののトラブルなのか判りませんがなかなか直りません・・・・・><

去年PCの初期不良でメーカー修理に出してから1年ほどになります・・・・・

直って欲しいと思うのですが段々悪くなってゆくみたいで心配です~><



(E-510)
by shizenkaze | 2010-05-29 22:09 | 身近な自然の話 | Comments(10)

『堤防と川原のナデシコ達』

長良川の堤防と川原で見た『ナデシコ科』の花達です・・・・・

花のことを色々詳しく書きたいのですがネットの回線トラブルなのか時間が掛かりすぎるので撮って来た写真だけ載せました・・・・・><

この3日間PCが思うように使えなくて滅入っています・・・・・


1.
d0054276_20262335.jpg



2.
d0054276_2027371.jpg



3.
d0054276_2027408.jpg



4.
d0054276_20293350.jpg



5.
d0054276_20301682.jpg



6.
d0054276_20312228.jpg



7.
d0054276_2032233.jpg



8.
d0054276_2033629.jpg



ただ写真を並べただけになってしまいました・・・・・><

自分のブログにアクセスするのにも時間が掛かるので皆さんのブログへ伺う事も困難になっています

5つのブログへお邪魔するのに1時間掛かっては他に何も出来なくなるので暫くは御邪魔できないと思っています・・・・・回線が良くなれば前の記事も全部拝見しますので宜しくお願いします・・・・・


それから・・・・・私のブログへ来て頂いている多くの皆様にはより良い内容のブログを見て頂きたいのですがここ暫くはPCの関係で自分でも納得したものが出せません・・・・・><

悔しい気持ちで一杯です~!!

ネットの回線が元に戻りましたら楽しい自然の事をたくさん載せますので宜しくお願いします・・・・^^♪




(M20)
by shizenkaze | 2010-05-28 20:42 | 身近な自然の話 | Comments(11)

『堤防で見た初めてのトクサ科植物』

少し前から気が付いていた植物なので名前を調べようと色々していました・・・・・

以前紹介した『ミモチスギナ』も普通のスギナ(ツクシ)より知られていないものなので、スギナには他にも何種類かあるようです・・・・・

この植物も初めは『ミモチスギナ』だと思って見過ごしていましたが全然違う事に気が付きました・・・・・

ハカマ状の部分から葉が全く出ていないのでスギナよりも『トクサ』に近いのではと思っています

イヌスギナと言うものもありますが、それは葉が出ていてミモチスギナに少し似ています

『イヌドクサ』が一番近いように思うのですが確信が持てなくて今日写真を掲載してご存知の方が居れば教えて頂きたいと思っています・・・・・^^


1.
d0054276_2043131.jpg



2.
d0054276_2064380.jpg



3.
d0054276_2074299.jpg



4.
d0054276_2085765.jpg



5.
d0054276_20105759.jpg



6.
d0054276_20115611.jpg



7.
d0054276_20124235.jpg



見慣れない植物がドンドン増えているような気がします・・・・・

ここ5年間で少なくても16種の植物が長良川の堤防に進出して来ました・・・・・><

今日の植物はトクサ科で間違いないと思いますが正式な名前が『イヌドクサ』なのか知りたいと思っています・・・・・

またヒサウチソウと全く同じで花だけが黄色のものも最近河川敷で見られるようになりましたが、これも名前が判らない植物でした・・・・・

コメントをして頂いても2日前からインターネットの回線が変になっているのかクリックする度に『待機中』で長く掛かっています・・・・・今日も写真を1枚アップするのに5分掛かるので皆様への返事がすぐに書けませんのでお許しください・・・・♪

何とかならないものでしょうかね・・・・・?


(M20)
by shizenkaze | 2010-05-27 20:22 | 身近な自然の話 | Comments(7)

『野茨(ノイバラ)』

今日は長良川の川原にたくさん咲いている『野茨』の花を載せました・・・・・

秋頃には赤い実が付いてその風景も綺麗です~^^


1.『野茨の花』
d0054276_20345790.jpg


2.
d0054276_20354317.jpg


3.
d0054276_20362278.jpg


4.『花の風景』
d0054276_20374270.jpg


5.
d0054276_20382275.jpg


6.
d0054276_2039782.jpg


7.『イタチハギと同じ場所に咲いていました・・・・・』
d0054276_20442999.jpg


8.『花のアップ』
d0054276_20452928.jpg


9.
d0054276_2047771.jpg



10.『たくさんの花が咲いていて綺麗です』
d0054276_20482718.jpg




昨日からインターネット接続が良くなくて画像を1枚アップさせるだけでも5分から7分ほど掛かり、確認をしながら今日のブログを作っていますが始めてからこれだけなのに2時間掛かってしまいました・・・・・><

どうも回線の調子が悪いみたいです・・・・・

PCは調子良く動くのですがネットに関しては昨日と同じで今日も時間が掛かります

写真の説明もこの状態では書いていると時間が掛かると思いますので今日はこれだけの簡単な内容になってしまいました・・・・・♪

コメントへのお返事は書くつもりでいますがすぐの返事は無理だと思いますので宜しくお願いしますね~^^


(E-410)
by shizenkaze | 2010-05-26 20:57 | 身近な自然の話 | Comments(11)

『大金鶏菊(オオキンケイギク)』 現代の象徴のような花・・・・・

長良川の堤防にも川原にもオオキンケイギクが咲いています・・・・・

北アメリカ原産のキク科の植物で花も大きく綺麗に見えます

5年程前には岐阜県の各務原市の川島町、笠田では『オオキンケイギク祭り』が行われて大勢の人達で賑うほどの人気花でした・・・・・

それが『特定外来生物』に指定されると同時に祭りも中止になり二度と開催出来なくなりました・・・・・

まだ気付かなくて庭などで栽培している所も多く見られます・・・・・

花は何も悪くは無いのですよね・・・・・♪


1.『今日見てきました・・・・・^^』
d0054276_19154433.jpg



2.『長良川の堤防では一際綺麗に咲いています』
d0054276_1916278.jpg



3.『蕾』
d0054276_19161681.jpg



4.『花は綺麗な花です・・・・・』
d0054276_19162941.jpg



5.『アップで・・・・・♪』
d0054276_19164346.jpg



6.『長良川を見ているように咲いていました』
d0054276_1916577.jpg



7.『いつかは駆除されてしまうのですね・・・・・』
d0054276_1921440.jpg


人の勝手な判断で持て囃されたり殺戮されたり・・・・・><

こんな話なんて数えられない位無数にあるのでしょうね・・・・・

『特定外来生物指定』も『絶滅危惧種指定』も人間が神様にでもなったつもりでやった結果なんですね・・・・・

今この時間にも消えて行く『種』があります・・・・・><

『絶滅危惧種』・・・・・人

そうならないためにも・・・・・

考えなきゃならない事は一杯あります~~♪



(M20)
by shizenkaze | 2010-05-25 19:36 | 身近な自然の話 | Comments(25)

『小判草と姫小判草』

今日は朝から強い雨が降り続き恒例になっている昼休みの堤防と川原の散歩は無理でしたので、先日に堤防で写して来た『小判草』と川原で写して来た『姫小判草』を載せる事にしました・・・・・

どちらもイネ科の植物でヨーロッパ(地中海近辺)が原産の帰化植物です

穂の形が小判型に見えるので小判草(コバンソウ)と言われますが、別名を俵麦(タワラムギ)とも言います


1.『小判草(コバンソウ)』 イネ科
d0054276_1930680.jpg

堤防などで今の時期には良く見られます・・・・・




2.風に揺れる小判の群れ~』
d0054276_19302460.jpg

細い茎に丸っこい穂が付いているので風が吹くと大きく靡きます・・・・・^^




3.『小判にも俵にも見えますね^^』
d0054276_19304025.jpg

別名の『タワラムギ』は小判より俵に見立てた人達が多かったからのようです・・・・・




4.『堤防では他の植物に混じって生えています』
d0054276_19305525.jpg



5.『少し色付いている穂も・・・・・』
d0054276_1931958.jpg

初めは緑色の穂が黄色く色付くと本当に黄金色の小判のように見えます・・・・・
そして俵っぽくも見えますね~~♪




6.『生花などの材料にも使われるようですね?』
d0054276_19312348.jpg

この小判草は花屋さんでも見かけますので生花に使われるようです・・・・・
園芸農家で栽培している所もあるようですね・・・・・^^





7.『姫小判草(ヒメコバンソウ)』 イネ科 別名『スズガヤ』
d0054276_19333781.jpg

ヒメコバンソウの穂は小判型と言うより三角に近くてオニギリ型のように見えます・・・・・
小判草の3分の1か4分の1程の大きさです




8.『とても小さな穂です』
d0054276_19334897.jpg

穂の大きさは4mm程でとても小さいのですが小判草より沢山の穂が付きます・・・・・
振ると音が出るように思われたので『鈴茅(スズカヤ)』とも呼ばれているみたいです~^^
これはナズナを『ペンペングサ』と言うのに似ていますね・・・・・♪




とても可愛い穂が付くので好きな植物の一つです・・・・・

この小判草も長良川の堤防では、ここ4~5年で急に増え始めました

以前は探さないと見られなかったものが今ではすぐに見つかるようになっています・・・・・^^♪



(E-410)
by shizenkaze | 2010-05-24 19:48 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『鼬萩(イタチハギ)はイタチの尻尾?^^』

毎年同じ場所に咲いている花は毎年見ないと変な気分になってしまいます・・・・・

長良川の堤防や川原を殆ど毎日のように歩いている私にとって『あそこには今頃あの花が咲いている筈』とか『もう実が付いているかな』と友人を訪ねるようにして木々や花々に逢いに行きます・・・・・

22日の土曜日のお昼にもカメラを持って川原を歩いて来ました・・・・・

この日はマメ科植物の『イタチハギ』の花に逢う為でした~~^^♪



1.『川原に咲いていたイタチハギの花』
d0054276_18465758.jpg

堤防から川原に降りて行き長良川に向かって歩くとすぐに見られます・・・・・





2.『イタチの尻尾に見えるから?』
d0054276_18471638.jpg

名前の由来は花穂がイタチの尻尾のように見えるからなんでしょうね~?
詳しい説明を見なくてもこの花を見れば判りますね~^^





3.『花のアップ』
d0054276_18473171.jpg

一つ一つは小さな花の集まりです・・・・・





4.『シベが目立ちます・・・・・』
d0054276_18474674.jpg



5.『花はこうして付いています』
d0054276_1848441.jpg



6.『色の変化が見られるので楽しいですね^^』
d0054276_1848203.jpg



7.『面白い花なのですが栽培が規制されているようです』
d0054276_1848363.jpg

この植物は以前は有用植物でしたが今では栽培などに規制がされています・・・・・><
詳しくは最後の方に書いてありますので読んで下さいね~♪





8.『マメ科の花としては少し変わっているのかな?♪』
d0054276_18484866.jpg



9.『ここでは3~4本の株が見られます』
d0054276_1849585.jpg



元々は河川等の補強の為に取り入れられた植物ですが今は使う事も少なくなり、そして放置されていたイタチハギが自然に増え始めて全国的に広がり出すと、今度は法律で規制をするような事が起きて来ます・・・・・

イタチハギについては下記に少しだけ説明を付け加えておきますので目を通して頂ければ良く判ると思います・・・・・^^♪


『イタチハギ(マメ科)』
(要注意外来生物指定)
北アメリカ南部からメキシコ原産。マメ科の夏緑低木で、高さ1~5mになります。
イタチハギ属(クロバナエンジュ属)は世界で約15種が知られています。
日本にはこの種類の自生種はありません。
葉だけの時はハリエンジュやクララなどと間違われることがありますが、葉の下面に腺点があることで区別ができます。

1940年代以降本格的に導入された植物です。
砂防、護岸、防風、緑化、生垣、飼料、観賞用として韓国等から種子が輸入され、今では全国に分布しています。

自然性の高い亜高山帯等にも侵入し、霧ヶ峰等で在来種と競合し問題視されているようです。
生長が速く、耐暑性、耐乾性、耐陰性があります。
開花期は4~7月。
空中窒素の固定を行い、土壌窒素を蓄積する性質があります。
道路工事に伴う法面緑化に利用されるので山地にも多数が植栽され、一部が野生化しています。
根茎の土壌固定力が強いので急傾斜地でも利用されることが多く見られます。
pH2~3の強酸性地での緑化にも適合するようです。
在来郷土種と誤解されている場合がありますが、これは間違い無く帰化植物で現在は『要注意外来生物指定』になっています・・・・・


以前は地域で行われていた花の祭りなども『特定外来種指定』の影響で中止になったものも少なくありません・・・・・
今まで参加していた人に配っていた花でさえ今では花壇で育てていると逮捕及び罰金になる場合も出て来ますので注意が必要ですね・・・・・

いつかこの件につきましては詳しく書きたいと思っています・・・・・♪

今日は朝から一日中雨が降っていましたので昨日写した写真を載せました~~^^♪



(E-410)(M20)
by shizenkaze | 2010-05-23 19:04 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『エゴノキの花もそろそろ終わりです・・・・・』

粕森公園の滝池の近くにひっそりと咲いていた『エゴノキ』の花・・・・・

下には散った花がたくさん落ちていました

とても可愛い花なので少しでも残っているうちに写したくなり、カメラを持って家から直行しました~^^

この木の果実の果皮には『エゴサポニン』が多く含まれていて有毒なのですね・・・・・><

『綺麗なものには毒がある』って良く言いますが・・・・・本当のようですね~~♪


1.『とても可愛い花です』
d0054276_19175271.jpg

下向きに咲いている白くて小さな花を見ていると何故か胸が『キュン』とします・・・・・





2.『もうだいぶ散ってしまいました・・・・・』
d0054276_1918764.jpg

気が付くのが遅かったので花も散っているものが多く木の下には花の形のまま散った姿が見られました・・・・・





3.『チシャノキとも呼ぶようです~』
d0054276_19181943.jpg

この花でも見て『エゴ』でなくて『エコライフ』の事を考えましょうね~~^^





4.『下から見上げるととても綺麗でした・・・・・』
d0054276_19183480.jpg

写真を写しながら上を向いたらとても綺麗な光景が見られました・・・・・
もう少し前に来ていたらもっと綺麗だったのでしょうね~~





5.『綺麗な花が咲くのでお茶室の近くに植える事も多かったようです・・・・・』
d0054276_19184637.jpg



6.『今年はもうすぐサヨナラだね・・・・・♪^^』
d0054276_19185684.jpg

今年は君(エゴノキ)に逢うのが少し遅かったようですね・・・・・><
季節の移り変わりに注意をしながら来年の5月には蕾の頃から君に逢いたいと思います・・・・・^^
もうこの場所に君がいる事は忘れないから・・・・・♪



いつも行って歩いていた公園にも気が付いているのに時期を逃したものや、まるっきり気が付かなかったものがありました・・・・・

何気なく歩いているだけじゃ自然からのメッセージは受け取れません・・・・・

これからは今まで以上に自分のアンテナに入ってくる自然からのメッセージを逃すことなく判りたいって思います・・・・・^^



(E-410)
by shizenkaze | 2010-05-22 19:34 | 身近な自然の話 | Comments(24)