<   2012年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『水辺近くの綿毛がキラリ☆・・・・・♪^^』

岐阜公園で色々なものを写しながらのんびりと歩いていました・・・・・
公園内には石灯籠がある池が何箇所にも見られますがロープウェイ乗り場下の大きい池の周りに綿毛になっている植物が見られました・・・・・^^

近くで見れば『石蕗(ツワブキ)』の綿毛だと判りました~
そう言えば秋頃にこの場所で毎年のようにツワブキの花を池をバックに写していたのを思い出しました・・・・・
池近くには休憩出来る東屋があったり甘味処も少し離れた所にあるので持って来たお弁当を食べながら休憩したり出来ます・・・・・^^

ツワブキの綿毛はタンポポやノゲシのような真っ白でなく少し薄茶色っぽいものですが今日のような寒い冬に見られる綿毛なので健気で可愛く思えます~~♪^^




『石蕗(ツワブキ)』 キク科ツワブキ属

1.『ツワブキの綿毛~^^』
d0054276_201910100.jpg



2.『石灯籠のある池の畔に生えていました・・・・♪』
d0054276_20192379.jpg



3.『風に乗って旅立った仲間沢山いたようです~』
d0054276_20193432.jpg



4.『逆光だと輝いて見えるようですね・・・・・^^』
d0054276_20194765.jpg



5.『花~終花~綿毛・・・・・何となく物寂しい感じがします』
d0054276_20195941.jpg



6.『まだ2株だけ花が咲いていました~^^』
d0054276_20201066.jpg



7.『水辺ではツワブキが良く見られます』
d0054276_20202212.jpg



8.『旅立つ前の静けさかな?』
d0054276_20203431.jpg



9.『綿毛の旅立ち風景が撮りたいです・・・・・』
d0054276_20205072.jpg



10.『今日が無理なら明日の風に願いを込めて・・・・・』
d0054276_2021286.jpg

いつかツワブキやタンポポなどの綿毛が風に乗って一斉に旅立つ姿を写真に撮ってみたいと思いながら何年も過ぎてしまいました・・・・・

今日が無理なら明日吹く風に期待をしてみたいと思います~
もしそれでも駄目なら次に吹く風を待つ事にします・・・・・





(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2012-01-31 20:38 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『岐阜公園の雪吊りと菰巻きのある風景~』

昨日の昼前に出かけた岐阜公園で赤い実の生っている『タマミズキ』を写してから少しだけ公園内を散策していました・・・・・

寒い地方の公園などで見られる『雪吊り』と『菰巻き』が公園内の松の木に見られましたので写しました~

暖かな地方の人には珍しいかも知れませんが雪の多い所などでは『冬の風物詩』になっているのでこの季節にはよく見掛けます・・・・・



『岐阜公園の風景』

1.『雪吊りと菰巻き』
d0054276_20231290.jpg



2.『巻いてある菰(こも)の中が暖かいので害虫達が潜り込みます・・・』
d0054276_20232730.jpg

江戸時代から大名庭園で行われてきたとされる害虫駆除の方法で、マツカレハの幼虫(マツケムシ)を除去する方法のひとつです・・・・・
マツカレハの中齢幼虫は冬になると地上に降りて枯れ葉の中等で越冬する習性を持っています
このため11月頃にマツやヒマラヤスギの幹の地上2m程の高さに藁でできた「こも(菰)」を巻き付けます・・・春先になって、この「こも」の中で越冬したマツカレハの幼虫を「こも」と一緒に焼いてマツカレハの駆除をする方法ですが最近は天敵も一緒に殺してしまうという事も判っていて疑問視される事も多いようです~




3.『春まで菰巻きは付けられています~^^』
d0054276_2024832.jpg



4.『最近は枝が折れる程の雪は少ないですが雪吊りがされています・・・♪』
d0054276_20242359.jpg

冬に雪が付着することで木の枝が折れないように縄で枝を保持する事を『雪吊り』と言います~

樹木の幹付近に柱を立て柱の先端から各枝へと放射状に縄を張る事をりんご吊りと言います~
これが雪吊の代表的手法なのですが、これは明治以降にリンゴの栽培が日本で始まってリンゴの実の重さから枝を守るために行った初期の技法に由来するようです・・・・・
美観目的でりんご吊りを模して樹木の周囲に縄を張ったものも雪吊と言いますがこりは積雪対策では無いように思われます・・・・・
雪吊りには高い樹木の幹から縄を張ったり低い樹木の周りに3~4本の支柱を組んで縄を張る方法もあります・・・・・
他には枝をまとめて縄で縛ったものを絞りと言ってこれも雪吊の一種になります・・・・・^^




5.『日曜日なので人がいましたが写らないようにして・・・・・^^』
d0054276_20243856.jpg

日曜なので観光客も市内から来ている人もたくさんいましたが事が途切れるタイミングで写真を撮っていましたので人の気配がしない写真になっています・・・・・^^




6.『腹巻をした松の木が並んでいるので面白いですね~^^』
d0054276_20245050.jpg



7.『石灯籠のある池近くにも見られます・・・・・』
d0054276_2025421.jpg



8.『菰の中は虫だらけなのかな・・・・><』
d0054276_20251694.jpg

この中には虫が一杯なんでしょうね・・・><
害虫より益虫の方が多かったと言う悲惨なデーターが他の都市で行われた調査に出たそうです・・・><




9.『この近くにメジロが何羽もいました~^^』
d0054276_20252781.jpg

メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメが見られましたがカメラに望遠レンズを付ける前だったのでチャンスを逃しました~><




10.『花菖蒲が咲く前には雪吊りは外されています・・・・・♪^^』
d0054276_20254127.jpg

春になったら『雪吊り』も『菰巻き』も外されますのでここの菖蒲池に花菖蒲が咲き揃う時には全く見られなくなります・・・・・^^

そうして季節は春から初夏へと写って行くのですがまだまだ半年先の話ですね~~♪^^





(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-01-30 21:01 | 私の好きな場所 | Comments(16)

『金華山で見られた赤く輝く実は・・・・・♪^^』

先日に私のブログを見て頂いている方から『金華山に赤く見られる木が多くあるので気になっています・・・』とコメントがありましたので今日見て来ました~^^

常磐町辺りからも見られましたが遠過ぎるので岐阜公園まで木を見ながら自転車で走りました
岐阜公園では三重塔近くでも岐阜城近くにも見られましたが山の西側には何処でも見られるようでした~

試しに護国神社のある北側も見て来ましたが生えていないようでした~><

この赤いものは木の実です
クロガネモチ等と同じモチノキ科の『タマミズキ』と言う樹木なのですが葉は早く落ちて実だけが沢山生っているように見られます・・・・・

岐阜公園で観光客のガイドをしているボランティアの人と話をしていましたが今年は特に『タマミズキ』の実が多いようです~^^
この赤い実が雪の多い時には特に綺麗に見えるそうです~♪^^




『タマミズキの赤い実~』 モチノキ科

1.『紅葉じゃなく実が赤いのです~♪』
d0054276_2013058.jpg



2.『見事なくらいの実の数ですね~^^』
d0054276_20131362.jpg



3.『青空に赤い実が映えていました~』
d0054276_20132698.jpg



4.『実は木の上ばかりに生っていて下には見られませんでした・・・><』
d0054276_2013388.jpg



5.『三重塔近くにも見られます~^^』
d0054276_20134993.jpg



6.『珊瑚みたいに見えますね・・・・・^^』
d0054276_2014125.jpg



7.『岐阜城の下にも見られました~♪』
d0054276_20141219.jpg



8.『こんな感じで見られます・・・・・』
d0054276_20142375.jpg



9.『タマミズキは県によっては絶滅危惧種のようです・・・・・』
d0054276_2014372.jpg



10.『金華山では多く見られるようです~』
d0054276_20145013.jpg



権現山から金華山ではよく見られる樹木のように感じましたが水道山では1本も見られませんでした
金華山に生えているものも登山道近くでは気が付かれないようです(実が上部だけに見られるため)
時々落ちている実を見てタマミズキがあると分かるようだったと公園ガイドの方が言っていましたが私も近くまで行って確かめましたがマクロで写せるような所はありませんでした~><
望遠レンズで写せただけなのでいつか近くで実のアップを写したいですね・・・・・♪^^

『タマミズキ』の事は以前から知っていましたが実がこんなに見られる事は知りませんでした
まだまだ詳しく分からない事だらけです・・・・・
でも少しずつ疑問があれば調べたいと思う気持ちだけは無くしたくないですね~^^





(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2012-01-29 20:32 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『今日は紫陽花の葉痕でも・・・・・♪^^』

今日は長良川に掛かる忠節橋までの坂の所に見られた紫陽花(あじさい)の葉痕(ようこん)を写して来ました・・・・・^^
紫陽花は大きな花の集まりが見られるのに葉痕はとても小さいです~
でも葉痕の顔の表情はピエロのようだったりお爺さんのようだったりしてとても面白いものが多く見られます~



『紫陽花(アジサイ)の葉痕~^^』
1.
d0054276_20404155.jpg



2.
d0054276_2040534.jpg



3.
d0054276_2041448.jpg



4.
d0054276_20411530.jpg



5.
d0054276_20412670.jpg



6.
d0054276_20413858.jpg



7.
d0054276_20414928.jpg




『オマケで無花果(イチジク)の葉痕~^^』
8.
d0054276_20422061.jpg


葉痕も色々なのでこれからも色々な所で撮って見たいと思っています~^^


今日の昼前に義母が入院しましたので仕事が終わってから病院に行ってきました・・・・
それで更新が少し遅くなりましたが今後の容態によっては皆様のブログへのコメントが出来なくなったりこのブログのコメントの返事が書けなくなる場合もあるかも知れませんのでここにお知らせしておきます・・・・

無理をしないようにしてこれからもブログの更新はしたいと思っておりますので宜しくお願い致します~~♪^^




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-01-28 20:52 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『色々な葉痕(ようこん)を見て来ました~^^』

今日の雪は昼には止んで青空も見られるほどになりました・・・・・

何か目新しい『葉痕』が無いものかと河川敷を西に向かって歩きました~
今までに写していなかった葉痕もあったので写しましたがやっぱり『オニグルミ』の葉痕が一番可愛くて楽しいように思えました・・・

でもまだ見ていないものの中にもっと可愛らしいものがある筈なのでこれからも『葉痕散策』を続けたいですね~~




『河川敷で見た葉痕達・・・・・^^』

1.『ナンキンハゼ』  トウダイグサ科シラキ属
d0054276_20332726.jpg

帽子を被ったお猿の様にも見えますが私の知人にも見えました~^^




2.
d0054276_20334086.jpg

ナンキンハゼの葉痕もこんな顔のようになっているのですね~^^
いつも見ている木なのに気が付きませんでした~^^





3.『アカメヤナギ』 ヤナギ科ヤナギ属
d0054276_20335087.jpg

なんとも不気味な顔ですね~^^
ナマズにも宇宙人のようにも見えますが私はまだ宇宙人には逢った事が無いのでナマズの顔って事にしておきます~




4.
d0054276_203414.jpg

ヤナギの仲間は春待芽の方が可愛いのでそちらに目が向きますがちゃんと葉痕も見られますね~^^





5.『ハリエンジュ』 マメ科ハリエンジュ属
d0054276_20341278.jpg

ニセアカシアとも言うハリエンジュの葉痕は昔映画で見た『ガメラ』の中に出て来た『ギャオス』のような顔に見えます
このトゲトゲは鋭くて痛かったです~^^

色々な葉痕に逢いたかったのはいいですが痛かったのは嫌ですね~><





6.『オニグルミ』 クルミ科クルミ属
d0054276_20342617.jpg

やっぱりお猿に見えたりヒツジに見えたりする顔が可愛いのはオニグルミの葉痕ですね~
これこそ『葉痕(ハート)のA(エース)』ですね~~♪^^

何となく『あ~こりゃこりゃ』なんて踊っているみたいです・・・・・^^




7.
d0054276_20343648.jpg

おっす~なんて言ってるみたいですね~^^




8.
d0054276_2034464.jpg

少し面長の顔でゴザル~^^




9.
d0054276_20345771.jpg



10.
d0054276_2035844.jpg

『また見に来てね~』なんて私に言っているように思えました~^^



葉痕は探せば探すほど楽しい宝探しのような気持ちになります~^^
これからも色々な葉痕に出逢いたいですね~




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-01-27 20:58 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『鳥とりどり~^^』

『色とりどり』って表現はありますが『鳥とりどり』なんて無いですね?^^
少し前の写真になりますが出掛けた各務原市川島の『河川環境楽園』にある池の周りで見られた鳥達の写真を載せる事にしました~^^

今日は午前中から雪がチラチラしていたので何時もの河川敷散歩でカメラが出せませんでしたから今日は何も撮れませんでした・・・・・><
また天気が良くなったらたくさん写そうと思っています~^^

鳥の名前が間違っていましたら教えてくださいね~♪




『色々な鳥達・・・・・♪^^』

1.『カルガモ』 ガンカモ科
d0054276_2074152.jpg



2.
d0054276_2075738.jpg



3.
d0054276_2081083.jpg



4.
d0054276_2082272.jpg



5.
d0054276_2083635.jpg




6.『ヒドリガモ』 ガンカモ科
d0054276_2084838.jpg




7.『オオバン(中央の鳥)』 クイナ科
d0054276_209121.jpg




8.『ムクドリ』 ムクドリ科
d0054276_2091398.jpg




9.『ツグミ』 ヒタキ科
d0054276_2092714.jpg


この季節はまだ花等が野山では少ないので鳥に目が向いてしまいます・・・・・
とは言っても鳥を専門に写されている人達のような写真を写す事は出来ませんので『鳥がいたよ~』なんて証拠写真程度のものになりますがこれからも身近な所で花が多くなる時まで鳥を追いかけたいと思います~

梅林公園の早咲きの梅が蕾を少し膨らませたようだと聞きましたが花開くまでには少し時間が掛かりそうですね・・・・・

明日の朝は岐阜市内も道路に積雪が見られるようです・・・・・
寒いのは嫌だな~~><





(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2012-01-26 20:22 | | Comments(14)

『冬枯れの散歩道(長良川河川敷)』

この季節では花の姿は見られません・・・・・
自然に出来たナチュラルドライフラワーのような植物達と葉の落ちた木々達が見られるくらいで目新しいものは何も無いのですがこの風景の中を歩いていると春を待ち遠しく思っている植物達の小さな息吹が感じられるような気になります・・・・・^^

周りに見られる草達はどれも同じような色合いになっていますが地面の下では新しい命が芽生え始めているのでしょうね・・・・・♪^^


1.『いつもの散歩道~^^』
d0054276_2071282.jpg

私が殆ど毎日のようにお昼の散歩をしている長良川の河川敷の中にある未舗装の道です・・・・・
いつ歩いても何かワクワクするような気がします~^^




2.『枯れた草達の向こうに見えるのは金華山です・・・♪』
d0054276_207281.jpg

緑色の草は殆ど見られません・・・・・
薄茶色に枯れた植物達の向こうに金華山が浮かんでいるように見えていました・・・・・♪^^




3.『金華山と岐阜城は毎日眺めています~』
d0054276_207405.jpg

金華山頂にある岐阜城は通勤途中でも休日に何処かに出かけた時にでも市内の多くの場所から見えるので毎日一度は見ているような気がします~^^
斎藤道三や織田信長は逆に城から城下を眺めていたのですね~・・・・・^^




4.『河川敷の木々は落葉樹ばかりです・・・・・^^』
d0054276_2075356.jpg

河川敷を歩いていると色々な木が見られますが今の季節には葉が落ちているものばかりで常緑樹は全く見られません・・・・・
大雨の時には水に浸かるような厳しい場所なのに枯れる事無く広く枝を張り元気に立っています・・・・・^^




5.『長良川の流れを見ていると何故かホッとします~♪^^』
d0054276_208484.jpg

散歩をしながら長良川の流れを見ています・・・・・
大雨で増水しても1~2日程で元のように戻る流れは私が子供の頃から同じように流れています
河口堰はありますが上流にダムの無い川なので流れも優しく感じています~^^




6.『散歩道から見た忠節橋と百々ケ峰や金華山』
d0054276_2081685.jpg

中学時代には3年間渡っていた忠節橋(ちゅうせつばし)が見えます・・・・・
橋の向こうには市内で一番高い山の『百々ケ峰(どどがみね)』が見られます~
川を挟んで対岸に金華山があります・・・・・
観光地としては城のある金華山の方が有名ですが散策は百々ケ峰の方が楽しいですね~^^




7.『クズやアレチウリ、カナムグラが鬱蒼としていた所も今は・・・・・』
d0054276_2082811.jpg

初夏から秋口にはここら一帯は緑色の蔓性植物で覆われています・・・・・
クズが一番多くてアレチウリやカナムグラが縺れ合い絡み合いながらテリトリーの攻防をしています・・・
でも今の季節には全くそんな気配も無くただ茶色くなった三種の残骸姿だけが風に揺れています~




8.『青空の下を歩いているだけで気分良くなります~^^』
d0054276_2083992.jpg

少し位風が冷たくてもこんな青空の下をのんびり自分一人だけで歩いていると気分が良いですね~
午前中の仕事疲れも『ほわ~ん』と消えてしまいます~~^^
そして午後からの仕事への活力も漲って来るように感じます・・・・・
自然からのパワーが身体の中に入ってくるのでしょうね~^^




9.『30分程の楽しい散歩タイムです・・・・・♪^^』
d0054276_2084976.jpg

時間にして約30分間程ですが天気の良い日の平日には殆ど出かけています・・・・・^^
以前私のブログを見て声を掛けてくれた人もいました・・・・・♪^^




10.『オマケ~♪ こんな所に椅子がありました・・・^^』
d0054276_209430.jpg

散歩途中に河原に椅子があるのを見ました・・・・・
折り畳みのパイプ椅子ですが他には何も無くてどうしてこんな所にあるのか不思議でした
不法投棄のようにも思えましたが椅子が一つだけできちんと置かれていたので捨てたものなのか使うために置いたのかも判りませんでした・・・・・

風の通り道なので風が時々この椅子に座って休むのかも知れないですね~
なんて思いながら私『自然風』も一応座ってみました~~(笑)




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-01-25 20:51 | 私の好きな場所 | Comments(18)

『葛(クズ)の葉痕も顔のよう~^^』

昨日ブログでオニグルミとセンダンの葉痕を載せましたら楽しく見て頂けましたので今日も河川敷で探してきました・・・・・^^

樹木の方がハッキリしているものが多いのですが皆さんが実際に見られるような植物で葉痕が無いものかと考えていましたが『クズ』なら何処でも見られますので今日は『クズ』の葉痕を写して来ました~

クズの場合は葉痕の形も色々に見えるので楽しいと思います・・・・・♪^^




『葛(クズ)の葉痕』 マメ科

1.『両手を挙げて笑っているみたい~』
d0054276_20163274.jpg



2.『ブタさん?^^』
d0054276_2016446.jpg



3.『陰気なチワワ?』
d0054276_20165516.jpg



4.『痩せた顔~』
d0054276_201764.jpg



5.『狸かな?』
d0054276_20171886.jpg



6.『何となく眠そう~』
d0054276_20173068.jpg



7.『埴輪・・・』
d0054276_20174165.jpg



8.『ナマケモノの顔みたい~』
d0054276_20175180.jpg



9.『可愛い生き物のようですね・・・・♪^^』
d0054276_201814.jpg



10.『こんな感じのものが一番多いかな~?^^』
d0054276_20181031.jpg



クズの場合には葉柄の太さが色々なので葉痕の顔っぽいものが色々に変化しているようですね~
狸顔だったりピエロのようだったり妖精のように思える顔も見られます・・・・・^^

クズだったら土手や河川敷や空地でも見られますので実際に見て頂けると楽しいです~
茎の股になっているような所に見られます・・・・・♪^^

これからも気が付けば写して紹介したいと思います~♪^^






(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-01-24 20:26 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『河川敷で見た小さな顔(葉痕)』

今日の昼休みにいつものように長良川の河川敷を歩いて来ました~

今日は時間を掛けていつもの場所から大縄場大橋近くまで行って戻って来ましたが途中でキジが足元から飛び出して来ましたがすぐに見られなくなりました・・・><
『写したかったな~』と思いながら歩きましたが他にもホオジロ、カシラダカ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、トビが見られましたが今日は写せませんでした~><

歩きながら生えている木々の枝に『春待芽(冬芽の事です~)』が見られないか探しましたがノイバラに小さな春待芽が見られたくらいで他には見られませんでしたが、すっかり葉を落としている『オニグルミ』と『センダン』に『葉痕(ようこん)』が見られましたので写してみました~
これは葉が落ちた痕ですが色々な顔に見えるのでとても面白くて毎年何処かで何かを写して楽しんでいます・・・・・^^



1.『オニグルミ』 クルミ科
d0054276_20373484.jpg

両手を挙げて『こんにちは~』って言っているように見えますね~^^



2.
d0054276_20374622.jpg





3.『センダン』 センダン科
d0054276_20375747.jpg

センダンは同じような葉痕ですが顔が平面的ですね~^^




4.
d0054276_2038750.jpg



5.
d0054276_2038222.jpg



6.
d0054276_2038347.jpg



7.
d0054276_20384578.jpg

今日の2種類の葉痕はヒツジやサルの顔のように見えますが人によっては他の顔に思えるので色々想像して楽しむ事が出来ますね~^^

宇宙人に見えたりテレビのタレントのような顔だったり・・・・・^^
中には自分の知り合いの顔のような見えるものまであって笑えます~~♪^^

これから春先まで色々な木々に見られますので皆さんも是非見付けて楽しんでください~^^



(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-01-23 20:48 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『樹肌美人は~?^^』

今日は休養の意味でカメラ散策はしませんでした・・・・・
出かけたのは夕方になってからの買い物だけでした~♪^^

今日載せた樹木の表皮(樹肌)写真は笠松町のトンボ天国で前に写したものです
樹皮だけを見て木の種類が分かれば大したものです・・・・・^^
造園関係や樹医さん、樹木の専門家以外では2~3の名前が判れば凄い事でしょうね~^^

以前にもこのような写真を載せましたが今回は当然種類が違います
それに今回はクイズ形式のようにして名前は最後に纏めて載せていますので悩みつつ名前当てに挑戦してください~

でも難しいので『科名』だけ付けておきますね~^^



1.『ニレ科』
d0054276_19261726.jpg



2.『クワ科』
d0054276_19263430.jpg



3.『ニレ科』
d0054276_1926462.jpg



4.『ヤナギ科』
d0054276_19265991.jpg



5.『ウルシ科』
d0054276_19271410.jpg



6.『バラ科』
d0054276_1927311.jpg



7.『モクセイ科』
d0054276_19274339.jpg



8.『ヤマモモ科』
d0054276_19275534.jpg



9.『モクレン科』
d0054276_19287100.jpg





『写真に写っていた木の名前は・・・^^』
1.アキニレ  2.マクワ(クワ)  3.エノキ  4.アカメヤナギ  5.ヌルデ  6.カマツカ  
7.イボタノキ  8.ヤマモモ  9.コブシ

科名がそのまま名前になっているものもありますが木の樹皮を見ただけでは名前って判らないものですね
この樹皮と葉、樹形や枝の付き方、花と実それに季節等で木の名前って判るものです~
少しずつこんな身近に見られる木達の名前が判るようになると散歩していても楽しいでしょうね~




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-01-22 19:41 | 身近な自然の話 | Comments(24)