<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

『春を待つ芽達・・・・・』

今朝は昨日降っていた雪が車の屋根に10cmほど積もっていました~
また気温もドンドン低くなってとても寒くなっていました・・・・・><

今日は昨日載せた写真を写した所の周辺で見た木達の『春待芽(はるまちめ)』を載せてみたいと思います~
あまり珍しいものは見られませんでしたがもうすぐやって来る春を待ちわびるような『芽』が可愛く思えましたので見てください~^^



『春待芽(冬芽や新芽、葉芽や花芽の事・・・・・)』

1.『ソメイヨシノ』 バラ科サクラ属
d0054276_20343457.jpg



2.
d0054276_20344796.jpg




3.『ハナミズキ』 ミズキ科ミズキ属ハナミズキ亜科
d0054276_20345895.jpg



4.
d0054276_2035106.jpg



5.
d0054276_20352043.jpg



6.
d0054276_20353162.jpg




7.『レッドロビン(ベニカナメモチ)』 バラ科カナメモチ属
d0054276_20354275.jpg



8.
d0054276_2035536.jpg




9.『山茶花(種類不明)』 ツバキ科ツバキ属
d0054276_2036428.jpg



10.
d0054276_20361484.jpg


もうすぐやって来る春を待っているような『芽』達です・・・・・
暖かくなると他の植物も一斉に新しい芽を増やして花を咲かせ葉を茂らせて私達を楽しませてくれます~

今日の堤防には花は何も見られませんでした・・・・・
毎年最初に咲くオオイヌノフグリもまだ見られませんでした・・・・・
ホトケノザも葉は見られますが花はまで当分見られないような感じでした~><
毎年2月10日前後には見られるのですが今年は明日が10日になりますが全然気配がしません
やっぱり今年は気温が低くて地表も地面下の温度も例年より低いようです・・・・・




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-02-09 20:51 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『センペルセコイアとメタセコイア』

今日は二種類の『セコイア』が並木になっている『岐阜中央病院』の入り口近くで写して来た写真を載せます
二種類のセコイアは全く逆で『センペルセコイア』は常緑樹で『メタセコイア』は落葉樹です・・・・・
これは同じ科の中で見られる性質の異なる樹木として他の種類にも見られます(ブナ科のナラとカシの違いに似ていますね・・・・・^^)

メタセコイアは多く見られますがセンペルセコイアは少ないかも知れませんね?
ここではメタセコイアには名札がありましたがセンベルセコイアには名札が見られませんでした・・・・



1.『センペルセコイア』 スギ科セコイア属
d0054276_20164693.jpg

学名:Sequoia sempervirens (Lamb.) Endl.
常緑針葉大高木で樹皮は赤褐色で厚く細長く縦に裂けます
枝は水平またはやや下垂して光沢があります・・・・・
樹冠は円錐形に見られ葉は互生して側枝上につくものと葉柄が少し捻れて櫛の歯状につくものとがあります共に線状披針形をしています
上面は暗緑色で雌雄同株の樹木です・・・・・
球果は卵形をしていて黒褐赤色です~種子は楕円形をしています・・・・♪^^




2.『たくさんの雌花が付いています』
d0054276_2017222.jpg

センペルセコイアはイチイモドキやセコイアメスギとも呼ばれる事があります・・・・・
花の付き方は杉の仲間だけあって葉柄の先に付きます~
触ればポロリと落ちそうな感じがしますが本当は強そうです(触れませんでしたが・・・・・^^)




3.『メタセコイアとは少し感じが違いますね?』
d0054276_20171322.jpg

メタセコイアの雌花の方が少し大きかったような気がしますが今は見られないので比べる事は出来ません・・・・><




4.『色具合が可愛く思えました~』
d0054276_20172497.jpg

これは花なのでこのような色をしていますが球果は杉等と同じで小さなマツボックリのような姿をしています
沢山集めてリースの飾りにする事も出来ますね~
マツボックリより小さくて可愛らしいリースに合いそうですね~^^




5.『敷地内から入り口方面を見て・・・・』
d0054276_20173733.jpg

こんな感じで沢山見られます~
葉はメタセコイアと同じようで触っても痛くなくて柔らかい葉です・・・・・




6.『入り口方面から駐車場を見ればこんな感じです~』
d0054276_20174861.jpg

突き当りが外来やお見舞いに来られる人用の駐車場になっています・・・・・
センペルセコイアは向かって左に見られます~^^




7.『センペルセコイアの下には緑色のヘデラが見られました』
d0054276_2018010.jpg

センペルセコイアが並んでいる下には緑色が綺麗なヘデラが敷き詰められたように見られました~
とても綺麗なグリーンです・・・・・♪^^




8.『こちらは落葉したメタセコイアです』 スギ科メタセコイア属
d0054276_20181371.jpg

学名:Metasequoia glyptostroboides
公園などでは良く見られますね~^^
こちらは落葉樹なので葉が全部落ちていました・・・・・
樹形が綺麗なので葉が無い時でも綺麗に見られますね~~

長良公園ではメタセコイアにイルミネーションを飾って冬の演出を2年前までしていました~




9.『メタセコイアの下には赤っぽくなっているヘデラが見られました・・・^^』
d0054276_201825100.jpg

センペルセコイアの下のヘデラは緑ばかりでしたがこちらのメタセコイアの下は赤くなっているものばかりでした・・・・・^^
この病院に委託されている造園業の人が綺麗に見られるために分けて植えたのだと思いますが粋な感じで気に入っています・・・・・^^




10.『センペルセコイアとメタセコイアの並木道~♪^^』
d0054276_20183873.jpg

二つのセコイアが一度に見られる風景です・・・・・^^
今はメタセコイアが落葉しているのでハッキリとした違いが判りますが両方に葉が見られる新緑の季節には良く見ないと違いが判らず通ってしまいそうですね・・・・・♪^^

ここにはハナミズキや山茶花等も植えられています~
道路際の垣根にはレッドロビンが植えられていたり駐車場近くでは紫陽花等の花も季節には見られるようになっています・・・・・♪^^

病院は自分の病気や怪我でも嫌だしお見舞いでもあまり行きたい場所ではありませんが周囲の環境に配慮されたものがあると少しだけ『ほっ』とします・・・・・^^





(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-02-08 21:10 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『三輪神社と大きな杉の木・・・・・♪^^』

昨日のブログで私の創作した物語を載せましたが話の中に書かれていた『三輪神社(みわじんじゃ)』は存在する神社です・・・・・
岐阜市内では最北東に位置する『三輪地区』にあります

私がブログで『自然風だより』をする以前に出していたミニコミ誌の『自然風だより』でここに見られる『岐阜市指定天然記念物の大杉』を紹介した事がありました・・・・・
ブログでの紹介は今回が初めてになります~~♪^^



『三輪神社』 岐阜県岐阜市三輪965番地

1.『三輪神社全景』
d0054276_19445374.jpg

三輪神社(みわじんじゃ)は岐阜市にある神社で旧社格は郷社になっています・・・・・
創建時期は不明ですが『美濃国神名帳』の正二位美和大明神に該当すると言います
一説では大和国の大神神社から分詞した神社とも言われています・・・・・♪^^
真長寺(三輪釈迦)は三輪神社の別当寺としてこの場所より西に建立されています

江戸時代は歴代の美濃郡代の崇敬を集めていたと言われています
1873年(明治6年)に郷社となり、1943年(昭和18年)に県社への昇格が予定されていましたが、太平洋戦争の激化で延期となり、終戦のために昇格は実現されませんでした・・・・・




2.『石の橋は通行可(?)』
d0054276_1945684.jpg

『通っては駄目』とは書かれていませんでした・・・・・
それに通行を禁ずる柵のようなものも無いのでこの橋は通っても良いのでしょうね・・・・・^^
でも普通の橋がすぐ左側にあります~^^




3.『手水の清水・・・・・』
d0054276_1945184.jpg

ここで手を濯ぎ身を清めて参拝します・・・・・




4.『石垣の上にある祠』
d0054276_19453099.jpg

本堂裏には石垣が続いていてその上に小さな祠が見られました
石灯籠が並び厳粛に感じられる所でした・・・・・




5.『新しい本殿の裏に見らました・・・・・』
d0054276_19454177.jpg

正面から見ると一番後ろに見られるお堂でした・・・・・
本道の裏になっているので道路からは見られませんが近付いてはいけないような気がしました
この中に祀られている神様がいるのでしょうか・・・・・




6.『歴史を感じさせる石灯籠です』
d0054276_19455689.jpg

刻まれているものが他ではあまり見ないように思いました・・・・・
何となく歴史を感じました~^^




7.『石垣の前に沢山並んでいました~』
d0054276_1946816.jpg

石灯籠が随分多く並んでいました
神社の規模としては石灯籠の数は多いのでは・・・・・と思いながら見ていました・・・♪




8.『岐阜市指定の天然記念物・三輪神社の大杉です・・・・・♪^^』
d0054276_19462033.jpg

高さは約20mで周囲が5m15cmで300年以上の樹齢がある杉の木です・・・・・
同じ木から途中で二つに分かれているように見えます~
本当はもっと高い木のようでしたが台風か雷で天辺が折れたと以前ここに関係している人から聞いた事がありました・・・・・(詳しい事は定かではありません・・・><)

赤い鳥居は昨日のブログに見られた鳥居です~




9.『神社前のお堀』
d0054276_19463381.jpg

神社前には『お堀』が続いていますがこの水は武儀川から引いているようです・・・・・
お堀は道路と神社を分けているので『俗社会』と『神の社』の境界になっているのですね~^^




10.『神社西にあった石の鳥居・・・・・』
d0054276_19464487.jpg

三輪神社の正面には赤い大きな鳥居がありますが西の外れには石の鳥居が立てられています・・・・・
鳥居は参拝に訪れる人達が人間社会から神様の所に入る一番最初の神門ですから鳥居を潜る時から参拝が始まっているのですね

岐阜市にも大きな神社から小さな神社まで数えられないほどの神社があります・・・・・
これからも出掛けた時に見られたお寺や神社の写真を写したいですね~^^


明日は自然のものを載せたいと思います~♪^^





(OLYMPUS E-330)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)

(DSC1400Z)
by shizenkaze | 2012-02-07 20:32 | 神社仏閣 | Comments(14)

『老舟の見える風景・・・・・』

岐阜市の最北東に『三輪(みわ)』と言う所があります・・・・・
もう少し行くと関市になります~~
郡上や白川村へ行く時にR156を使わず美濃市の外れまで行く近道になるので良く通りました
早期の釣りのポイントがここから少し先にあるので私の好きな所でした~

この日には久し振りに『三輪神社』の風景でも撮ろうとしましたが何気なく川(武儀川)を見たくなってカメラを提げて釣り人用の川へ降りる小道を歩きました・・・・・
この武儀川には『沈下橋』が多くあって増水した時には川の中に橋が沈み壊れるのを防いでいましたが今は近くに大きな橋が掛かり全ての沈下橋は無くなりました・・・・・


1.
d0054276_2034081.jpg

三輪神社の鳥居が見える近くから川へ降りる道があります・・・・・
私は釣りをしなくなってからこの小道を歩く事が無くなっていたので少しワクワクしながら川に向かいました




2.
d0054276_2035320.jpg

途中に使われなくなって放置してある木舟がありました・・・・・
長良川では川漁師と呼ばれる人達が昔は多くて木舟を使って鮎漁などをして生計を立てていましたが今ではとても少なくなりました・・・・・




3.
d0054276_204423.jpg

古びた木の老舟をしゃがみ込んで見てました・・・・・
すると『物好きな奴がいるもんだ・・・』と声がしましたが、その声は私の耳からではなく直接頭の中に聞こえました・・・・・




4.
d0054276_2041677.jpg

『長い事ここに居るがこんな私を眺める人間には初めて出会ったよ』と老舟が話しかけて来ました
いつからここに置かれているの?
私が聞くと『長過ぎて判らないが持ち主の親父さんが元気な頃にはいつも川の上に居た・・・娘さんの嫁入りの時には私の舟頭(ふながしら)に榊を立ててお神酒を撒いてくれたな・・・・・』
『それから孫が出来て尋ねて来ると私の中に水を入れて行水させたり水遊びさせて楽しんでいたよ・・・・』と嬉しそうな声で話してくれました~




5.
d0054276_2042891.jpg

『親父さんが亡くなってからは誰も私を使わなくなりこの畑横に置いたままにされている』
寂しいねと私が舟に触れながら言ってみた・・・・・
『雨が降って中に溜まれば小鳥達が水浴びに来てくれるし少し朽ちて漏れ始めたら晴れた日には地面が潤って葛達がたくさん生えて私の話し相手になってくれたよ・・・』
『少し先で川と悲しい姿で泣いている奴に逢える・・・・』
そう言ったので少し先に出かける事にしてみました




6.
d0054276_2044082.jpg

川に続く小道はこの季節には花も見られず殺風景な風景に思えた・・・・・




7.
d0054276_2045283.jpg

武儀川(むぎがわ)はとても静かにゆっくりと流れていました
きっと昔はこの流れの上であの老舟は川漁師の親父さんと毎日仲良く過ごしていたんだな~とそんな風景を想像しました・・・・・




8.
d0054276_205220.jpg

時々白いサギが飛んでいたりセグロセキレイが鳴きながら川の石の上に止まっているのが見られます




9.
d0054276_2051440.jpg

近くを見るとカヌーが置いてありました・・・
捨てられているのか置いてあるのかさえも判りませんでしたが老舟が言っていた悲しい姿ってこのカヌーのことなのかも知れないなって思いました・・・・・
合成樹脂製のコールマン社のこのカヌーは私の釣り仲間も何人か使っていましたが値段が安いのは良かったらしいのですが安定が悪くて皆処分する人が殆どのようでした・・・・・

アルミと合成樹脂で出来たカヌーの言葉は私には何も聞こえませんでした・・・・・><




10.
d0054276_2052778.jpg

帰りに再び老舟の横を通りかかると・・・・・
『今度あんたが来る頃には私は朽ち果てて何も残っていないかも知れない・・・・・向こうに見える神社は人間様が神様の為にお参りする場所だから私には関係ないが人の行き来する微かな音だけでも感じられれば嬉しい事だが・・・・・』そう言って黙ってしまった・・・・

私は老舟の一部を手に取って赤い鳥居がある三輪神社の石垣の隙間にその欠片を強く差し込んだ・・・・・
これであの舟が全て朽ち果ててもこの神社へ参拝に来る人達の足音や手を叩く音をいつまでも近くで感じられるな・・・・・^^

そう思いながら小道の先に見える老舟を見れば舟先の朝露に光が反射したのか『キラリ』と光ったように思えました・・・・・♪^^




この物語は勿論私『自然風』の創作でフィクションですが一部はノンフィクションになっています~~♪^^





(OLYMPUS E-330)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
by shizenkaze | 2012-02-06 20:47 | 私の創作写真物語 | Comments(22)

『塚原遺跡公園・・・・・』

昨日の土曜日に長良川での釣り風景を写しに出かけた時に関市の長良川沿いの『塚原遺跡公園』を通りました・・・・^^
この場所は何度も通る事がありましたが立ち寄る時間が無くていつも通り過ぎるだけでしたが今回は時間も多くあったので立ち寄って写真を写す事が出来ました・・・・・^^

たくさんの遺跡が残っているので昔から『古いもの大好き』な私は少し興奮しながら楽しく散策しましたが天気も良くて穏やかな土曜日の昼前なのに私以外誰も来ていませんでした・・・・・
ここでも静かな空間を1時間近く私だけが独り占めしていました~~^^

立派な資料館もありましたがこの日は入りませんでした(無料のようでした~^^)



『塚原遺跡公園の風景』 岐阜県関市千疋1777-1

1.
d0054276_2084962.jpg

昭和62年度に発掘した遺跡を保存整備した遺跡公園になります・・・・・
屋外には縄文時代の竪穴住居や古墳などを復元したものが多く見られます~
平成20年5月に老朽化した竪穴住居と掘立柱建物を建て替えてリニューアル・オープンされたようです~




2.
d0054276_209395.jpg

最初にここを訪れたのは縄文早期の人々のようです・・・
発掘された屋外炉や土器・石器などから頻繁に縄文人たちがこの地を訪れていたのは間違いないと言えますが、狩の途中に一時的に住んでいたのか或いは住居として定住に近い生活を送っていたのかは不明のようです・・・・・資料では、簡単な小屋を作り一時的なキャンプ生活の場だったと考えられているように思われると書かれていました~
それから2500年の時が流れました・・・・・^^




3.
d0054276_2091455.jpg

ずっと奥に見られる高床式最新型住居(^^)のようなものが『塚原遺跡公園資料館』です~
月曜日が休館日ですが無料で見学出来ます・・・・・^^




4.
d0054276_209305.jpg

次にここへやって来るのは縄文中期(紀元前3000ー2000年前)の縄文人です
中期の遺跡として、20~25人ほどの縄文人が暮らす4軒の竪穴住居が発見されています・・・・
これが中期の「村」の始まりでこの「村」は短期間で消滅したようで、その後本格的な「村」が作られてほぼ3世代にわたって住んでいたようです・・・・・
ここにはその時の数軒の掘立柱住居、蒸焼場・土器捨場などが復元されています
常時30人ぐらいで生活していたようです
広場の中央にある竪穴住居は一際大きく特別な住居のようで長老の住居や何か特別な用途に使われた住居ではないかと想像されています・・・・・
そしてまた2500年の時間がが流れます~^^




5.
d0054276_209429.jpg

古墳時代後期になってここには『古墳』だけが作られて『村』の跡は見られなくなりました・・・
周囲からもこの古墳を作った人々の生活痕跡は発見されていないようです~
副葬品から見て古墳時代後期(6世紀の中ごろから7世紀の終わりまで)約120年間これらの古墳は序序に造られていたように思われます・・・・
玄室は南側に入り口のある横穴式石室が大半で入り口に石を積んで開け閉めが出来るようになっているものが多く見られます
有力者の墓として何代にも用いられたようです・・・・・♪




6.
d0054276_2095695.jpg

これらの小石群は向かいの長良川から持って来たもののようです・・・
石室ばかりでなく古墳全面に葺石が施されているのが判ります
私が他の場所で見て来た古墳の中では少し珍しい古墳群のように感じます~
ここの古墳は全てが積石による古墳になっていました・・・・・^^




7.
d0054276_2010931.jpg

実際にこのようなものが上にたくさん掛けられていて風雨を凌ぐ事が出来たのかどうかは判りませんね・・・




8.
d0054276_20101940.jpg

どんな生活をしていたのか想像するだけですが楽な生活ではなかったと思います・・・・・




9.
d0054276_20103040.jpg

茅葺住宅の屋根だけがあるような住居ですね・・・・・
手と少しの道具だけで造られたものだと思いながら見ていると何か『じ~ん』としたものがこみ上げて来ます




10.
d0054276_20104580.jpg

ここの遺跡は・・・・・
『縄文時代早期』
屋外炉:8基

『縄文時代中期』
竪穴式住居:17軒
掘立柱建物:19軒
土器捨場:5基
蒸焼場:7基

『古墳時代後期』
古墳:16基
古墳の周溝:11条
石室の前の穴:4基・・・・・・が見られます~♪^^

暫くは花も見られないのでこんな写真が多くなります・・・・・


今日は梅林公園へ梅の花の開花を見に行きましたが1輪も咲いていませんでした~><
その途中で火事の消火現場に遭遇して暫く見てしまいました・・・・・
また今日は『名岐駅伝』で道路が封鎖されている所が多く自転車移動でも待機させられました・・・
火事現場と駅伝の写真も少し写しましたがブログに載せるかどうか今考え中です・・・><

明日は岐阜市北部で見た風景を載せる予定です・・・・・♪^^




(OLYMPUS E-330)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)

(DSC1400Z)
by shizenkaze | 2012-02-05 20:55 | 文化施設 | Comments(14)

『長良川のフライフィッシャー達』

岐阜県は全国的にも渓流釣りの解禁が早くて毎年2月1日に解禁になります(一部の河川は3月1日)
ですから2月初旬の長良川は中部地方の釣りファンは当然来ますが遠くは関東や関西からも釣り人が集まってきます・・・・・

特にゲーム性のある『フライフィッシング(毛鉤釣り)』や『ルーフィッシング(疑似餌釣り)』では人気のある釣り場で今の季節には『降海型のアマゴ(こちらではシラメと呼ばれる銀毛アマゴの事)』がこの季節にでも浮かんでいる小さな毛鉤に出るので人気があります・・・・・^^

私も1980年から2001年までこのような釣りのクラブで会長をしていたので懐かしくてこの季節には竿の代わりにカメラを持って川に向かってしまいます・・・・・♪^^

去年までは美濃市の美濃橋付近で写真を撮っていましたが今年は関市の『関観光ホテル』前の長良川でフライマン達を写して来ました・・・・・




『長良川と西洋毛鉤釣師達』

1.『長良川を見つめるフライマン達』
d0054276_20331099.jpg

今年は雪が少ないようなので遠くまで出かけている釣り人が多いようです・・・・・
美濃橋近くでは多くのフライマンを見ましたがこの場所には10人ほどしかいませんでした~




2.『今年の川に出会いを求めて集まって来ました・・・・・』
d0054276_20332515.jpg

毎年釣り人は自分の好きな場所や釣果の良かった川に最初は入りたがるものです・・・・
ここに来ている人達はきっとここで去年はアマゴやシラメを釣ったのでしょうね~^^

右下のフライマンはシラメ(降海型のアマゴ)を釣ったようで毛鉤を外しているようです~^^
この後すぐにリリース(釣った魚を川に戻す事)したようです・・・・・♪^^




3.『見つめるのは遠くに見られる小さな波紋だけ・・・♪』
d0054276_2033362.jpg

渓流魚が川の水面を流れてくる羽虫(ブユやヌカカ、カゲロウ)等を食べる時に水面に波紋が出ます
これを『ライズリング』や『ライズ』と言って魚が活発な餌捕りをしている事の確認になります・・・・
フライマン達は目を凝らしてこれを探すのです~~




4.『関観光ホテル前は有名なポイントです~^^』
d0054276_20334897.jpg

長良川中央漁協の管理している所では美濃橋下とこの場所が早期のフライフィッシングの好ポイントになっていますので各地からここに集まって来ます・・・・・




5.『対岸には残雪も見られました・・・』
d0054276_20344288.jpg

先日降った雪がまだ日陰では残って見られて気温も低いのですが釣り人にはそんな事は関係がありません
冷えて竿のガイド(ラインを通す部分)が凍っても川の水に浸けて溶かしてでも続けます・・・・・^^




6.『ライズリング(魚が起こす小さな波紋)を見つけると素早く・・・・・』
d0054276_2035636.jpg

近くでライズを見ると釣り人は素早くフライ(毛鉤)をキャスティング(飛ばして投げる事)します・・・・・^^




7.『アオサギも見物に来ていました~♪^^』
d0054276_20352085.jpg

近くをアオサギが2羽飛んで来て釣り人達の上を一周してから飛び去って行きました・・・・・^^




8.『前方のライズに向かって竿を振ります・・・・・』
d0054276_20353138.jpg

何年もしている人や経験が少ない人は人目で判ります~
でもそれぞれの釣り人は今を楽しんでいるので釣れなくてもガッカリする事は少ないようです・・・・・
私もしていた頃は『世界一殺生の少ない釣り人』だと自慢していました(釣れない人って言う意味ですよ^^)




9.『こんな風景を見ているとあの頃が懐かしいですね~♪^^』
d0054276_2035446.jpg

フライフィッシングやルアーフィッシング、バスフィッシングを30年近くやりました・・・・・
もう10年近く竿を振っていませんがこんな風景を見ているとあの頃自分も渓流魚達を追いかけて庄川や飛騨川、九頭竜川等を走り回っていた事がつい最近のように思い出されて懐かしくなって来ます・・・・・




10.『風も無く穏やかな一日でした・・・・・』
d0054276_20355637.jpg

今日は風も無くてとても良い天気でした・・・・・
風に弱い釣り方のフライフィッシングには絶好のコンディションだったでしょうね・・・・・♪^^


今日は長良川の釣り風景を写したくて出かけましたが途中で『遺跡公園』に立ち寄ってみたり、神社を写したり冬の風景等を見たり出来ました・・・・・

花や植物達はまだ少し咲きに生りますが色々なものは今のシーズ何も見られるので楽しんでみたいと思いました・・・・・^^
今日はカメラをいくつか使っての写真散策になりました・・・・・♪^^





(OLYMPUS E-620)
(OLYMPUS E-300)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2012-02-04 21:11 | 私の好きな場所 | Comments(16)

『梅林猫(南組)の弥勒と阿修羅達・・・・・』

梅林公園にいる地域猫(野良+放浪猫)は『梅之介♀』達のいる『東組』と今日載せた『弥勒』率いる『南組』に分かれてそれぞれ暮らしています・・・・・

梅之介♀達のグループは私によく懐いているものが多いのですがこちらの南組の猫達はまだ懐いてくれません~><

ボス的存在の『弥勒(みろく)』と取り巻きの『阿修羅(あしゅら)』達がいますが最近気が付きましたが虎猫の阿修羅はなんと三つ子でした~><
同じような顔の猫があちらこちらで見られるので変だと思っていましたが近くに顔のそっくりな猫が3匹いたのでやっと三つ子だと判りました~^^



『ある日の弥勒達~』

1.『全員集合~~!!』
d0054276_20282429.jpg



2.『東組のスパイが来ているぞ・・・・><』
d0054276_20283749.jpg



3.『さっきから写真を撮っている奴ですね・・・?』
d0054276_20284917.jpg



4.『私が調べに行って来ます・・・・・♪』
d0054276_2029189.jpg



5.『頼むぞ阿修羅1号~』
d0054276_20291343.jpg



6.『ところで阿修羅2号に相談だが・・・・・』
d0054276_20292585.jpg



7.『いつも私には難しい相談ばかり言うのだから~~><』
d0054276_20293858.jpg



8.『こら・・・私に尻を向けるな・・・無礼者~~><』
d0054276_20295056.jpg



9.『嫌なら口で話せば良いものを・・・・オナラで言うなんて・・・・><』
d0054276_203019.jpg

いつも子分達に偉そうな態度をしているボスの弥勒も最近は権力が弱くなっているみたいに思えました・・・・・

不思議な事に同じ公園にいる二組の猫グループが縄張り争いなどで喧嘩をしていると言う事を聞いた事が無いので猫達なりに住み分けて暮らしているのでしょうね・・・・・^^

私達人間より平和主義なのかも知れないですね~^^

因みに子分の阿修羅は1号、2号、3号といるようなので奈良の興福寺の『阿修羅像』のように顔が3つで手が6本あって『なるほど~』と納得しました・・・・・^^





(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2012-02-03 20:48 | | Comments(20)

『とてもコケティッシュな苔達~♪^^』

今日の朝は道路も少し凍結していましたが普通通りに会社に付く事が出来ました~
でも気温が低くて帰りには再び融けかかっていた雪が凍っていました・・・・・><

昨日の昼休みに長良川の河川敷や道路脇で『苔(コケ)』の写真を色々探して撮りました・・・・・
雪が降る前で晴れていましたがコケ達が小さいのであまり綺麗には撮る事が出来ませんでした
名前も調べましたが『スナゴケ』などは判り易かったのですが判らないものを無理して判断する事は間違いの元になりますので今日は写真だけ載せる事にしました~~^^

地味なもの達ですが良く見れば綺麗だったり可愛かったりするのでたまにはコケの近くにしゃがみ込んで虫眼鏡(ルーペ)で見てやってください・・・・・^^

なかなかコケティッシュな生き物達に思います~^^




『苔達の世界へようこそ~^^』

1.『河原でよく見かける苔~^^』
d0054276_20244046.jpg

この苔は河川敷では良く見られます・・・・・
スナゴケの仲間だと思いますが今日は詳しくは書かない事にしました~^^

苔の名前を間違えてしまうとズッコケますからね・・・・・><




2.
d0054276_20245611.jpg



3.
d0054276_20251061.jpg



4.
d0054276_20252336.jpg





5.『堤防で見られた苔』
d0054276_20253764.jpg

上の苔に近い苔のようですが形が少し違いました・・・・・
苔自体の大きさもこの苔の方が小さいでした~^^




6.
d0054276_20264072.jpg





7.『ブロック塀にしがみ付いていた苔~♪』
d0054276_20265371.jpg

自販機横のブロック塀にもコケが生えていたのでルーペで観察してから写してみました・・・・・
緑色の苔の中に薄茶色のようなものが見られますが、これって苔の花なんでしょうかね~^^




8.
d0054276_2027581.jpg





9.『公園の地面で見られた柔らかい苔・・・・・♪^^』
d0054276_20271753.jpg

青柳公園のケヤキの下に固まって見られました・・・・・
触ってみると柔らかな感じがしました~^^
一つ一つの苔の形が何となく羽毛見たいな感じに見えました・・・・・♪^^




10.
d0054276_20273018.jpg



苔にもたくさんの種類があります・・・・・
専門に写真を撮られている人もいるようですが私は専門家じゃないので詳しく調べる資料がありませんので名前は判りませんが普段気にしないで通り過ぎたり知らないで踏んでいるような苔達も毎日他の植物達のように暮らしています・・・・・

よく考えれば他の植物達が枯れてしまっている寒い風が吹き晒す場所でも健気に緑色のまま生きている苔達なんですからもっと眺める機会を作り出したいですね・・・・・♪^^

こんな楽しい苔達がここにいるよ・・・・・ってニワトリのように教えたいですね~♪^^
『苔ココ~』なんて~~♪^^




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-02-02 20:49 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『枸杞(クコ)の実がいっぱい~~♪』

忠節橋(ちゅうせつばし)南の堤防斜面で先日の昼休みに紫陽花の葉痕を撮りながら他の植物などを見ていましたが階段横に無数の赤や朱色の実が生っているのに気が付きました・・・・・

近くに寄って見れば全部が『クコ』の実でした~^^
多分一人生えだと思うのですが一面に見られるのでビックリしました・・・・・
この実を集めて果実酒にすると健康に良いと聞きますのでやってみたくなりました~♪^^

それにクコの葉にも各種の栄養成分が含まれているので山菜として利用したり葉をお茶にして飲むのも良いそうですね
やってみるかどうかは別としてこんな有用な植物が近くにある事を知っただけで嬉しくなりました・・・・・♪^^

写真は1月28日と30日と2度に分けて写しましたので実に雫が付いているものが28日に写したものです



『枸杞(クコ)の実』 ナス科クコ属

1.
d0054276_20195788.jpg



2.
d0054276_20201184.jpg



3.
d0054276_20202444.jpg



4.
d0054276_20203998.jpg



5.
d0054276_20205363.jpg




6.
d0054276_2021743.jpg



7.
d0054276_2021199.jpg



8.
d0054276_20213163.jpg



9.
d0054276_20214116.jpg



10.
d0054276_20215247.jpg


今日は昼過ぎから雪が降り出しました・・・・・
仕事の終わる午後5時半には道路にも積雪が見られました
義母りいる病院まで連れ合いを迎えに行きましたが途中では冬タイヤを付けていない車がいるせいなのかノロノロ運転で渋滞していました・・・・・><
フロントガラスにも雪がぶつかって来るように降って視界も悪く皆さんも安全運転なのかとてもゆっくりでした・・・・・

明日の朝には相当積もるだろうな~と思うので明日の通勤をなににするか考えなくてはいけません~~
天気予報では『岐阜美濃地方では雪がちらつきます』と言っていただけですが『ちらつく』程度では治まらないですね~~><




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-02-01 20:32 | 身近な自然の話 | Comments(18)