<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『小啄木鳥(コゲラ)』

キツツキの仲間は私にとって憧れの野鳥ですが近くの山等ではドラミング(木を突っつく音)が聞こえるものの姿があまり見られなくて写真に撮ることが出来ないでいました・・・・><

今までに撮ったキツツキは『コゲラ』だけで他の仲間はまだ近くで見たこともありませんでした

今日載せた『コゲラ』は河川環境楽園の木曽川水園にある梅林で写したものですが生憎の曇り空だったので綺麗な羽根の色が出ませんでした・・・・・



『梅と小啄木鳥(コゲラ)』 キツツキ科アカゲラ属コゲラ種
学名をDendrocopos kizukiと言います・・・・・
英語名はJapanese pygmy woodpeckerで『日本の小さなキツツキ』って言います~^^

1.『木曽川水園の梅の木にいました~^^』
d0054276_20261335.jpg

種名の「kizuki」は本種(コゲラ)を捕獲記録した時の採集地が豊後の杵築(大分県杵築市)だった事から付けられたものです・・・・・^^




2.
d0054276_20262554.jpg



3.
d0054276_20263654.jpg



4.
d0054276_20264862.jpg



5.
d0054276_20265987.jpg



6.『梅にコゲラ~^^』
d0054276_20271342.jpg

『梅にウグイス』や『梅にメジロ』は春の写真ではとても良い被写体になるので多くのカメラマンが狙っていますね・・・・・
でも『梅にコゲラ』だって決して引けをとりませんよ~♪^^




7.
d0054276_2027266.jpg



8.
d0054276_20273731.jpg


通勤途中に見られるモクレンも今日は花が大きく開いて見られました・・・・・
道路脇の街路樹下に植えられていたレンギョウも黄色い花を車が通る度に揺らしていました~

沈丁花も可愛い花の姿と素敵な香りで咲き誇った顔を見せています
染井吉野も花を咲かせていましたが陽の当たる所には多く咲き気温の上がらない所のものはまだ蕾だけでした・・・・・・

これから1本咲きの名のある桜もたくさん見られる並木の桜も綺麗な花を咲かせて私達の目を楽しませてくれますね~




(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2012-03-31 20:44 | | Comments(19)

『山茱萸(サンシュユ)』

今日載せたサンシュユの写真は『木曽川水園』で写したものなので『もう遅いかな?』と思って載せるのを躊躇ってましたが今日の通勤途中に見た庭に咲いていたサンシュユがまだ綺麗に花を咲かせていましたので大丈夫だと思ってアップする事にしました~^^

秋に生る赤い実も可愛いものですが春に咲く黄色い花の集まりはとても綺麗なのでよく写します・・・・・♪^^

宮崎県の民謡『稗搗節(ひえつきぶし)』の歌詞は『庭のサンシュウの木 なる鈴かけて鈴の鳴るときゃ 出ておじゃれよ鈴の鳴るときゃ 何と言うて出ましょ駒(うま)に水くりょと言うて出ましょ・・・・・』ですがこの中に出て来る『サンシュウ』は『サンシュユ』では無く『サンショ(山椒)』の事なので今日のサンシュユとは全く関係が無いようです~^^
ずっと前に気になっていたので調べた事がありました~♪^^



『山茱萸(サンシュユ)』 ミズキ目ミズキ科ミズキ属サンシュユ種
学名はCornus officinalis Sieb. et Zuccと言います~^^
別名をハルコガネバナ、アキサンゴ、ヤマグミとも呼ばれています・・・・・♪

1.
d0054276_20184347.jpg

山茱萸の音読みがそのまま和名になっています・・・
早春に葉がつく前に木一面に黄色の花を付ける事から『ハルコガネバナ』とも呼ばれる事もあり、秋に生るグミのような赤い実を珊瑚に例えて『アキサンゴ』とも呼ばれます~^^

この沢山集まって咲く黄色い花はとても綺麗で可愛いですね~^^




2.
d0054276_20185592.jpg



3.
d0054276_2019595.jpg

高さ3-15 mになる落葉小高木で樹皮は薄茶色です
葉は互生して長さ4-10 cm程の楕円形で両面に毛が見られます~
3月から5月にかけて若葉が出る前に花弁が4枚ある鮮黄色の小花を木一面に集めて付けます・・・
花弁は4個で反り返り雄しべは4個見られます~
夏になると葉がイラガやカナブンの食害を受ける事が多くなります・・・・・
晩秋に付ける紅色楕円形の実は渋くて生食出来ません~><




4.
d0054276_20191591.jpg



5.
d0054276_20192676.jpg

完熟した果実から核を除いて乾燥したものを山茱萸(さんしゅゆ)と言って漢方では収斂(しゅうれん)、強壮剤、腰痛、耳鳴り、遺精、インポテンス、糖尿病などの治療に用いるようです~^^
リンゴ酸や酒石酸等を含んでいるので味は酸っぱく酒に浸した山茱萸酒は強壮強精作用があると言われています~♪




6.
d0054276_20193798.jpg

いつもこの花を写しながら心の中で『イチ、ニ~、サンシュユ、イチ、ニ~、サンシュユ』なんて呟いてしまいます・・・・・♪^^




7.
d0054276_20194760.jpg



8.
d0054276_20195870.jpg

ミズキ科の花の中では花の大きさが小さいものになりますがたくさん集まって咲くのでよく目に付きます
遠くからでも見えるこの黄色は『ほっ』とする美しさですね~♪^^




9.
d0054276_2020992.jpg



10.
d0054276_20202296.jpg


明日の土曜日は仕事ですが天気が悪くなるようで朝から雨になるみたいです・・・・・
最近は週末になると天気が悪くなりますね~><

今度の日曜にはタイヤ交換をしないと・・・・・><
もう雪が降る事は無いでしょうからね~~^^

午後からは色々な花に逢いに出掛けたいと思っています・・・・・




(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-03-30 20:39 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『花木(ハナノキ)の花が愛らしく・・・・・♪』

粕森公園南にある遊歩道の途中にある少し開けた場所に『河津桜』や『紅梅』等と一緒に咲いていました・・・
毎年季節になると写していますが今年は天気の関係で3回通いました~^^

モミジの仲間としてはとても風変わりな木ですね・・・・^^
蜜が多いのか香が良いのかミツバチ達が沢山集まっていました・・・・・



『房のように咲くハナノキの花~^^』 カエデ科カエデ属ハナノキ種
学名をAcer pycnanthumと言います~^^
『Acer』は化石で見られる古いカエデ科の植物にも付けられています・・・・・^^

1.『ボンボンのように見える花です~』
d0054276_20135438.jpg

日本の固有種で『長野・岐阜・愛知・滋賀』の4県にだけ自生する樹木です・・・
最近では街路樹や公園等に植栽されているので各地で見られる事も多くなりました~^^

樹高は20mほどで雌雄異株になります
花期は3~4月で新芽が吹く前に赤い花を咲かせます・・・・・
これが『ハナノキ』の名前の由来になっています~
落葉樹で秋には鮮やかに葉が紅葉または黄葉して見えます




2.『蜜が美味しいのか蜂が良く来ています~^^』
d0054276_2014824.jpg

国の天然記念物に指定されています・・・
愛知県の県木になっています~^^
全国的に少なく自生地が狭い為に環境省のレッドブックでは絶滅危惧II類に指定されている樹木になります




3.『小さな花が沢山集まって咲いています・・・・・』
d0054276_2014185.jpg

岐阜県では恵那市と東白川村がそれぞれに市花、村花に指定しています~^^
長野県にも指定されている所があるようです・・・・・




4.『長いシベが一杯見えて可愛い花です~♪^^』
d0054276_20142952.jpg

普通のカエデの花は小さな花が一つずつ咲くので近くを歩いても気が付かない人もいますがハナノキの花はフサフサな感じで見られるので立ち止まって眺めている人もいますね・・・・・^^




5.『ミツバチの接近・・・・・^^』
d0054276_20144055.jpg

カメラを構えてハナノキの花を写していたらミツバチが丁度飛んで来ました・・・・・
なかなかピントが合わなかったので数枚の中で一番良かった写真です~♪^^




6.『青空に似合う花です~』
d0054276_20145115.jpg

薄赤い花の色が青い空には似合います・・・・・
曇りの日にも写しましたが花の色がくすんで見えましたので全部ボツにして撮り直しました~^^




7.『カエデ(モミジ)の仲間の花には見えないですね^^』
d0054276_201533.jpg

普通に見られるカエデ科の植物の花は長い花柄の先に赤い小さな花が一つ咲くものばかりなのでこのハナノキのような花はカエデ科には珍しいですね?
花には気がついてもこれがカエデの仲間とは判らない人が多いです・・・・・




8.『花は幾つくらいあるのでしょうね?^^』
d0054276_20151425.jpg

シベの数から見ても固まっている花の数が多い事は判りますね~^^
いったいどのくらいの数の花が集まっているのでしょうね?




9.『並んで咲いています・・・』
d0054276_20152638.jpg

行儀良く枝に並んで花が咲いています・・・
何となくチアリーダー達が手に持っているボンボンのように見えますね~
風で揺れれば応援してくれているように思えます・・・・・
『フレーフレーニッポン』『フレーフレー皆さん~』って・・・・♪^^




10.『離れて見るとこんな感じです~^^』
d0054276_20154358.jpg

葉の出る前に花が咲くのでこんな感じで暫く見る事が出来ます・・・・・
自生地は狭いですが関東や関西の植物園や大きな公園でしたら見られると思います~
こんな楽しい花なので是非見られれば眺めてくださいね~~♪^^

今日の帰宅途中に粕森公園の横を通って来ましたがレンギョウやユキヤナギが咲き始めていました
今日はとても暖かかったので春を待っていた花達が一斉に動き出したように思えました~

堤防に毎年顔を覗かせるムスカリも昨日から顔を出していました・・・・・♪^^




(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2012-03-29 20:53 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『河津桜(カワヅザクラ)』

今日も仕事帰りに近くを通りましたが殆ど満開でした・・・・・^^
写した時は少し前だったので蕾も見られましたが今日の河津桜は蕾が見られないくらいに花を咲かせていました・・・・・

私の家の近くで見られる河津桜は粕森(かしもり)公園にある2本と遊歩道途中に見られる1本の3本ですが遊歩道横の木が一番大きいので毎年この木を写しています~^^

ここに河津桜があると気が付いたのはまだ3年ほど前でした
写真には写していながら種類が判りませんでしたが皆さんのブログで名前を知って喜んだ事を思い出しました~♪^^



『粕森公園の河津桜』 バラ科サクラ属
オオシマザクラ (Cerasus speciosa (Koidz.) H.Ohba, 1992 ) とカンヒザクラ (Cerasus campanulata (Maxim.) A.N. Vassiljeva, 1957 )の自然交雑種であると推定されていて現在は早くから咲く桜として人気があり各地で見られるようになりました~^^
カワヅザクラの学名は Cerasus lannesiana Carrière, 1872 'Kawazu-zakura'と言います~^^

1.
d0054276_20223481.jpg



2.
d0054276_20224840.jpg



3.
d0054276_2023135.jpg



4.
d0054276_20231125.jpg



5.
d0054276_20232112.jpg



6.
d0054276_20233131.jpg



7.
d0054276_20234290.jpg



8.
d0054276_20235381.jpg



9.
d0054276_2024497.jpg



10.
d0054276_2024153.jpg


今年の桜の開花は例年より2週間近く遅れていると聞きますが四国の高知では例年より早く開花したとニュースで言っていました・・・・・^^
もう満開になっている所もあるようですね~♪^^

今年の桜は何処で写そうかと今から悩んでいます・・・
日本桜100選に指定されている所が岐阜には3箇所ありますが人が多いので静かで『人が少なく花の多い^^』所を考えています~^^




(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-03-28 20:31 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『梅林に響く・・・♪』

平年と比べると2週間も3週間も遅れ遅れになった今年の梅の花ですが今は梅林公園では香が漂い鳥や蜜を求める虫達の姿も見られるようになりました~

岐阜の梅林公園の梅祭りは3月3日と4日がメインでしたが天候が悪かった事と梅が咲き揃っていなかった事でそれ以降の土日にも色々なイベントが行われました~♪

梅の香が漂う中をのんびりと散策していた時の写真を今日は載せてみます・・・・・^^



『香と響で風流に・・・・・♪^^』

1.
d0054276_20133127.jpg



2.
d0054276_2013436.jpg



3.
d0054276_2013554.jpg



4.
d0054276_201454.jpg



5.
d0054276_20141783.jpg



6.
d0054276_20142914.jpg



7.
d0054276_20144260.jpg



8.
d0054276_20145388.jpg



9.
d0054276_2015419.jpg



10.
d0054276_20151821.jpg


今日は梅の花だけでなく芝生広場で演奏されていた琴と尺八と三味線演奏のスナップも入れてみました・・・
梅林の梅の花の香りと琴の調べを感じて頂けたら嬉しいです~♪^^

『梅祭り』の幟が2月頃から街中に立てられていましたが25日に外されていました・・・・・
これからは『桜祭り』になるのかな?^^

今日帰宅途中に見て来た粕森公園の『河津桜』が満開になっていました~
たった3本の河津桜ですが見ていると嬉しくなりますね・・・・・♪^^





(OLYMPUS E-620)
(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2012-03-27 20:24 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『アケボノアセビの花~♪』

色々な所でアセビの花を見かけるようになりました・・・・・
岐阜市内で私が目にするアセビの花は白が多く見られましたが各務原市の河川環境楽園には白の花の他にピンク色の花も沢山咲いているのが見られました・・・・・
ピンク色(淡紅色)のアセビをアケボノアセビと呼んでいます~

特に『自然発見館』の前に咲いていたアケボノアセビは花も多く綺麗に咲いていましたので何枚も写してしまいました・・・・・

この花には18日と20日の二日間逢いに行きました~~♪^^



『淡紅色のアケボノアセビが可愛く咲いていました』 ツツジ科アセビ属
学名はPieris japonica D. Donと言います
別名をAndromeda japonicaと言うこともあるようです・・・・・^^


1.
d0054276_20385318.jpg



2.
d0054276_2039861.jpg



3.
d0054276_20391848.jpg



4.
d0054276_20393039.jpg



5.
d0054276_20394369.jpg



6.
d0054276_20395331.jpg



7.
d0054276_2040456.jpg



8.
d0054276_20401428.jpg



9.
d0054276_20402522.jpg



10.
d0054276_20403732.jpg


馬酔木は有毒種なので牧場などでは家畜が食べないのでこの花が多く見られる所もあるようです・・・

毒成分 アセボトキシン、グラヤノトキシン、アセボプルプリン、アセボイン、ジテルペン、アンドロメドトキシン
毒部位 全株、葉、樹皮、茎、花
毒症状 血圧低下、腹痛、下痢、嘔吐、呼吸麻痺、神経麻痺

『可愛い花には棘がある』なんて良く言われますがアセビでは『可愛い花には毒がある』でもっと怖いですね・・・・・><

ツツジ科ではレンゲツツジも有毒なので花を千切って蜜を吸ったりしないようにしてください~><
私は子供達が小さい頃には十分に注意をしました・・・・・♪





(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-03-26 20:54 | 身近な自然の話 | Comments(12)

『池と木々のある風景(悪戯気分で・・・^^)』

暖かくなったので本当はタイヤ交換をして時間があれば花の写真でも写しに出かけようと思っていましたが今日は朝から雨が降っていたので何も出来ませんでした~><

今日載せた写真は先日出掛けた『河川環境楽園・木曽川水園』の一番川下になる所で『木舟遊覧』が行われている場所になります~

曇り空でしたので周囲の木々がシルエットのようになっていてとても感じが良く見えましたのでカメラを向けてしまいました・・・・・^^



『映り込みが綺麗な風景でした~^^』

1.
d0054276_20195414.jpg



2.
d0054276_2020728.jpg



3.
d0054276_2020198.jpg



4.
d0054276_20203119.jpg



5.
d0054276_20204514.jpg



風も少なく水面が鏡のような状態でしたが時々吹いてくる風で水面に小さな細波も見られました・・・・・^^

今日載せた写真を見て既に気が付かれた方もいるでしょうね?
これがタイトルの中にある『悪戯気分』なんです・・・・・^^

もし気が付かれなかった人の為にこっそり知らせますが・・・・・
今日載せた写真は全部が天地逆なんです~^^
いつも空は上にあって地面や池は下にあるものだと何も考えずに生活していますので写真の中の空に細波が少し見られても気が付かない事もあるんですね・・・・・^^

こんな写真は特別なトリックアートでは無いのですが場合によっては心霊写真や未確認飛行物体の写真の中にもこんなトリックがあるのかも知れ無いですね~~♪^^


今日は少し遊んでみました・・・・^^




(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
by shizenkaze | 2012-03-25 20:31 | 身近な自然の話 | Comments(26)

『寒葵(カンアオイ)の花、静かに咲いて・・・・・』

カンアオイの花には馴染みの無い人も多いと思います・・・・・
葉は他の植物のように緑色をしていますが花は茶色から焦茶色でとても地味ですので余程近くに行かなければ気が付かないでしょうね・・・・・

私の住んでいる『岐阜』の名前が付けられた『ギフチョウ』が産卵する植物としてこちらでは知られています
でも最近はこの花の咲いている所も少なくなっているのでギフチョウを守っている人達の手で増やされているようです・・・・・♪^^



『ひっそりと咲く、寒葵(カンアオイ)の花』 ウマノスズクサ科カンアオイ属
学名はAsarum nipponicum F. Maekawaと言います
学名の中にある『nipponicum』で日本の固有種だとわかります・・・・・^^
F. Maekawaさんが発見した植物なのですね~♪

1.『葉を傘のようにして咲いている寒葵の花』
d0054276_20353999.jpg

緑色の葉を傘のようにして生えているので日焼けを嫌う女性みたいですね・・・^^
光が苦手なのかも知れませんね~




2.『枯れたように見えますが生きている花です~^^』
d0054276_20355364.jpg

小型の多年草で茎は短く地面を這うようにして見られます
葉は互生で卵形~卵状楕円形をして先端は尖って基部はハート型で長さ6-10cm、幅4-7cm、濃緑色です

花のように見えるのは花弁ではなく3枚の萼片です・・・
萼片は基部でくっ付いて萼筒を形成します
オシベは12本、メシベは6本です




3.『葉には斑入りのものも見られます・・・・♪^^』
d0054276_2036445.jpg

濃い緑色の葉ですが全体に斑入りのものが多く見られるようですが斑の入らないものもありました・・・^^




4.『地面のすぐ上に花が見られます』
d0054276_20361612.jpg

茎が非常に短いので直接地面から咲いているように見られます
でもちゃんと茎はありますよ~♪^^




5.『不思議な姿ですね~^^』
d0054276_20362740.jpg

花弁ではなく萼片にしても不思議な姿をしていますね・・・
『ウマノスズクサ科』の植物にはこのような姿の変わった花が多いですね^^




6.『メシベやオシベもありますがハッキリとは見えないです・・・><』
d0054276_20363937.jpg

萼片の中を覗こうとしても暗いのでハッキリ見えませんでした・・・
そんなに大きな花では無いのでシベを写そうとすると難しいです・・・><




7.『葉はサトイモ科のようにも見えますね・・・』
d0054276_20365157.jpg

葉だけを見ているとサトイモ科のようにも見えるし他の蔓性の植物達のようにも見えますね・・・
葉の形は珍しいものでは無いです~




8.『シベらしきものが少し覗いています^^』
d0054276_2037449.jpg

萼片の中に暈けながらも何か見えているようですがこれが『シベ』なのかも知れませんね・・・^^




9.『こんな感じで咲いていました~♪^^』
d0054276_20371681.jpg

咲いていた場所は水辺近くで少し小高い所でした・・・・・
離れて見ると葉だけが見えるので気にして観察しなければ見逃してしまいます~~♪^^

山県(やまがた)市の香の森や岐阜公園、金華山にも見られますが自然に咲いているものではなく増殖の為に植えられたものです・・・・・
ギフチョウが岐阜の自然保護活動のマスコットキャラクターのようにもなっているのでカンアオイが植えられているのでしょうね・・・・・^^

ギフチョウは名和昆虫所の初代館長が発見して名付けた事は有名です・・・・・
春の妖精『ギフチョウ』の姿は去年写せましたが今年はもっと綺麗に写したいです~~♪^^






(OLYMPUS E-620)
(OLYMPUS E-330)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-03-24 21:12 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『富貴草(フッキソウ)』

『福寿草』や『吉祥草』と共にお目出度い名前の植物です・・・・・
名前の由来は『常緑でよく茂ることから富貴草』と呼ばれるようになったようです~

今日載せたものは『河川環境楽園・木曽川水園』で18日に写したものなので花があまり咲いていないようでしたが今は沢山の花を咲かせているようです~^^



『富貴草(フッキソウ)の花が可愛く見られました・・・^^』 ツゲ科フッキソウ属
学名はPachysandra terminalisと言います・・・・・♪

1.『可愛い姿が好きです^^』
d0054276_20303122.jpg

花は大きく咲かないので目立ちませんが良く見ると可愛い花です~
ツゲ科の植物は少ないので見られた時によく観察をして楽しんでいます・・・・・♪^^




2.『他には少ない花の形ですね・・・・・』
d0054276_20304455.jpg

常緑多年草で地下茎はよく伸びて繁茂して地表を覆うように見られます・・・
地上茎は高さ20~40cmで葉は互生ですが茎上に集まっているので輪生状に見えます
卵状楕円形で上部には粗い鋸歯(きょし)があって厚みはありますが柔らかです~
裏面は深緑色になっています・・・・・
晩春から初夏に茎頂に短い穂状花序を咲かせます
よく庭等に植えられフイリフッキソウ、フクリンフッキソウなどの品種も見られます~^^




3.『この日はまだ蕾が多く花が少なかったです~><』
d0054276_20305517.jpg



4.
d0054276_2031954.jpg



5.
d0054276_20311931.jpg


フッキソウを草本とする図鑑、木本とする図鑑がありますね・・・・・
『Wikipedia』では『ツゲ科の常緑小低木』と書かれています~^^
『Yahoo!百科事典 』には『ツゲ科の常緑多年草』と紹介されています・・・・・
今日のブログの中では私は『常緑多年草』として紹介していますが植物の中には時々こんなものが見られるので私のような素人は混乱しますね・・・・・><

ゴマノハグサ科の樹木『桐』もキリ科にするべきだと言う意見も出ていますね・・・
植物学者さん達が何度でも話し合って一般の花好きな人達にも判り易い分類を考えて欲しいです~






(OLYMPUS E-330)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-03-23 20:57 | 身近な自然の話 | Comments(26)

『土佐水木(トサミズキ)』

今日の花は『トサミズキ』です・・・・・^^
昨日載せた『ヒュウガミズキ』と同じ『マンサク科』の植物ですが属名は『トサミズキ属』でこちらが代表のようになっているようですね~

マンサクやヒュウガミズキと同じような黄色ですがシベに特徴があるので一度見れば名前を覚えます・・・^^
下向きに咲くので低い位置に咲いている花は写し難いですね・・・><
そんな時には少し植えに咲いている花を下から見上げるようにして写すと楽です~~♪^^



『何となく御転婆みたいなトサミズキの花~♪』  マンサク科 トサミズキ属
学名はCorylopsis spicata Sieb. et Zucc.と言います・・・・・^^

1.『赤いオシベが目立ちます~』
d0054276_20133813.jpg

黄色い花に赤いオシベが見られるので良く目立っています~
こんな配色の花はこの季節には少ないので探すのは楽ですね・・・・・^^




2.『花はヒュウガミズキより少し大き目です・・・』
d0054276_20135095.jpg

昨日載せたヒュウガミズキの花より少し大きな花を咲かせます
木全体もこちらの方が高くなります~^^




3.『沢山咲くので綺麗に見えますね~^^』
d0054276_2014597.jpg

沢山集まって咲くので遠くからでも良く目立ちます・・・・・
この季節には同じ仲間が見られますがトサミズキの色は特別目立つようですね・・・・・♪^^




4.『メシベがチロリと出ていて面白いです・・・』
d0054276_20141730.jpg

赤いオシベの中央辺りからメシベがチロリ~ンと出ている姿は面白いですね^^
チロリアンランプみたいな感じに似ているのかな?^^




5.『開花したばかりのものはメシベがまだ出ていません~♪』
d0054276_20142748.jpg

蕾から花が咲きオシベが見られるようになってもメシベはまだ隠れているものが多くてすぐには見えません
でも暫くするとオシベの赤い所からメシベが顔を出して来ます・・・・・^^




6.『オシベの赤色は咲いて時間が経つと茶色くなります・・・』
d0054276_20143814.jpg

赤く見えるオシベですが時間が経つと赤色から次第に茶色に変化します・・・・・
黄色い花に赤いシベの頃がトサミズキは綺麗ですね~^^




7.『この花は見ていても飽きません・・・^^』
d0054276_20145030.jpg



8.
d0054276_201526.jpg



9.
d0054276_20151334.jpg



10.『暫くは花を楽しめますね・・・・・♪^^』
d0054276_2015261.jpg

あまり花期の長い植物ではありませんが今暫くは花を見る事が出来ます・・・・・
今月一杯は花を見る事が出来るでしょうね~~^^

咲いている場所や地域で差はありますが花を見るのには『出逢い』が大切になりますので一番綺麗な時期に見てあげたいですね・・・・・♪^^


今日のお昼休みの堤防散歩で今年初めて咲いていた『カラスノエンドウ』の花を見ました
まだ広い堤防にたった一輪でしたがこれから暖かくなると沢山咲くのが見られます~~
堤防には『カラスノエンドウ』の他に『スズメノエンドウ』と『カスマグサ』も沢山咲くのが見られます・・・・・

明日は朝から雨で午後からは降り方が強くなるようです
雨が上がると顔を出す植物達が沢山見られるのでしょうね・・・・・♪^^




(OLYMPUS E-620)
(OLYMPUS E-330)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-03-22 20:44 | 身近な自然の話 | Comments(20)