<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『今日は苔見でも・・・・・♪^^』

毎日毎日寒い日が続いていますが今日は少しだけ暖かい陽気になりました・・・・・
それでも堤防や河川敷等にはまだ花は咲いていませんでした~><

折角の散策日和なので何か見られないかといつものカメラ片手に河川敷と青柳公園等を歩いてみました
何となく緑色をしているのは今の季節では『コケ』が多いですね~^^
そんな訳で今日は『コケ』を何種類も写して来ましたが名前の分からないものが多かったので写真だけ載せる事にしましたので『ずっコケないで』見てくださいね~^^




『コケティッシュな苔達~^^』

1.『これは良く知っている苔でした・・・・』
d0054276_2042025.jpg

河川敷では良く見られる『スナゴケ』です~
この苔だけは良く知っています・・・・・♪^^




2.
d0054276_20421239.jpg



3.
d0054276_20422188.jpg

忠節橋をバックに青空背景で写してみました~^^
コっケいですね~~(笑)




4.『同じ所で見た苔です』
d0054276_20423273.jpg

何となく日本庭園の岩みたいに見えますが全部の大きさは5cm程度です~




5.
d0054276_20424392.jpg



6.『この苔も河川敷で見られました・・・・・^^』
d0054276_20425353.jpg



7.
d0054276_2043391.jpg



8.『青柳公園のケヤキにくっ付いていた苔・・・・・^^』
d0054276_20431353.jpg



9.『公園のブロックに生えていた苔~』
d0054276_2043236.jpg



10.『地面に沢山見られた苔達・・・・・♪』
d0054276_20433577.jpg



11.
d0054276_20434567.jpg



12.『会社の敷地内で見た苔・・・・・』
d0054276_20435633.jpg

スナゴケに似ていますが何となく違うような気がしました・・・・・




13.
d0054276_2044564.jpg



14.
d0054276_20441622.jpg



15.
d0054276_20442784.jpg



16.『池近くの湿気の多い所に生えていました~』
d0054276_20444232.jpg



17.
d0054276_2044534.jpg



18.『建物の近くにある駐車スペースで見た苔・・・・・』
d0054276_2045381.jpg



19.
d0054276_20451224.jpg



20.
d0054276_20452318.jpg

苔の種類なんてどれくらいあるのでしょうね?
何となく『苔が生えてる・・・』と思う事はあってもジックリ眺めることなんて無いですね・・・・・

苔(こけ)は地表や岩の上に這いつくばるように成長し広がるような植物的なもので狭義のコケは苔類、蘚類、ツノゴケ類の総称としてコケ植物を指しますが、コケはそれに加え『菌類』と『藻類』の共生体になっている『地衣類』や、一部のごく小型の維管束植物や藻類、シダ植物などが含まれています・・・・・
語源は『木毛』なのでも元々は樹の幹などに生えている小さな植物の総称だと言う説もあります・・・・・
岩茸など食用として利用されるの苔の種類ももありますね~~♪^^


しゃがんで苔に向ってシャッターを切っていると路肩に車を停めてお弁当を食べていたり仮眠している人が不思議そうに窓からこちらを見ていました・・・・・





(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-01-31 21:11 | 身近な自然の話 | Comments(26)

『鳧(ケリ)がケリケリケリケリと鳴いて・・・・・』

日曜に買い物に出掛けたスーパー前にある農地でケリを見かけました・・・・・
この近くでは良く見かけるのでカメラを持って出掛けたのが幸いで飛んでいる姿も撮る事が出来ました~

『タゲリ』にはなかなか出逢う事が出来ませんがこの『ケリ』には今までにも何度となく出逢っています
いつも姿を見るより先に鳴き声で存在を知る事が多い鳥です・・・・・
あの『ケリケリケリケリ・・・・・』なんて騒々しく鳴く鳥なんて他にはあまり聞かないように思えます~♪^^



『足は長いのに気は短そうな鳥です・・・・・^^』 チドリ科タゲリ属
学名はVanellus cinereusと言います~
別の漢字表記では『計里、水札』と書く事もあるようです・・・・・♪

1.
d0054276_20501825.jpg

スーパーの前を通っている道路の反対側にボツンと見られました・・・・・




2.
d0054276_2050293.jpg

足が長いのでスタイルが良い鳥に見えますね~^^




3.
d0054276_20503982.jpg



4.
d0054276_20504877.jpg

羽根を広げると何となくカモメのような模様に見えますね・・・・・^^




5.
d0054276_20505958.jpg



6.
d0054276_2051848.jpg

飛びながら『ケリケリケリケリ・・・・・』と鳴いていました~
遠くまで聞こえるような大きな鳴き声です~




7.
d0054276_20511973.jpg

外敵を集団で追い払うような性格の鳥のようなので気が荒そうに見えますね・・・・・




8.
d0054276_20513094.jpg

着地体勢へ・・・・・♪^^




9.
d0054276_20514028.jpg

他の鳥(チドリやシギの仲間?)の近くに向って降りて行きました~^^




10.
d0054276_20514996.jpg

降りたケリの横をスタコラスタコラと他の鳥が駆け足で通って行きました・・・・・^^

普段は買い物をするのにカメラなんて持って行きませんが時々この近くで『ケリケリケリケリ・・・・』なんて鳴き声が聞かれるのでこの日は期待半分でカメラを持って行きました・・・・・

いつか『タゲリ』も撮りたいですね~
以前はこの場所でも猫のような鳴き声の『タゲリ』の鳴き声を聞いた事がありますのでいる事は判っているのですが・・・・・・・♪^^





(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-01-30 21:08 | | Comments(24)

『マガモの集団飛行と綿毛達~』

今日のお昼休みに長良川の河川敷を歩いていましたら空から賑やかな鳴き声が聞こえました・・・・・
沢山のマガモ達が長良川の上空を旋回していました
きっと降りる場所を探していたのでしょうね~^^

普段はカルガモやオナガガモが多い長良川なのでこんなマガモ達の姿は久しぶりでした~^^

河川敷で見られたキク科の花達の綿毛姿も少し見られましたので写して来ました・・・・・♪^^



『長良川の河川敷で・・・・・♪』

1.『真鴨(マガモ)達の飛行~』
d0054276_20542410.jpg

雪を被った山をバックに長良川上空を沢山のマガモ達が飛んでいました・・・・・^^




2.
d0054276_20543611.jpg



3.
d0054276_20544569.jpg

気持ち良さそうに飛んでいますね~^^




4.
d0054276_20545318.jpg



5.
d0054276_2055152.jpg

この周辺は禁猟区なので打たれる事が無いので安心しているようですね・・・・♪^^




6.
d0054276_20551370.jpg

どれくらいのスピードなのか判りませんが結構速く飛びますね・・・・・^^




7.『カラスの交通指導員^^』
d0054276_20552160.jpg

『そこのマガモ達・・・・・ここは40km以下で飛ぶように~』なんて言ってるみたいでした~(笑)




8.『セイタカアワダチソウ』 キク科アキノキリンソウ属の多年草
学名はSolidago canadensis var. scabraと言います~
d0054276_20553160.jpg

青空をバックにして・・・・・^^




9.
d0054276_20554287.jpg



10.
d0054276_20555318.jpg




11.『オニノゲシ』 キク科ノゲシ属の越年草
学名はSonchus asper Hillと言います~
d0054276_2056450.jpg

『鬼』なんて付けられていますが綿毛は真っ白でとても柔らかです~^^
葉が硬くて重のような部分に触ると痛いのでオニノゲシなんて付けられています・・・・・




12.
d0054276_20561337.jpg



13.
d0054276_20562273.jpg



14.
d0054276_20563370.jpg




15.『オオアレチノギク』 キク科イズハハコ属
学名はConyza sumatrensisと言います~
d0054276_20564379.jpg

この植物と『ヒメムカシヨモギ』はとてもよく似ているので綿毛姿では判断が難しいですが残っている葉でオオアレチノギクとしました・・・・・♪^^


河川敷にはまだ花達の姿は見られないです・・・・・
もう少しすれば何か咲くと思いますが風が冷たいこんな季節には植物だって震えています・・・・・

でも鳥達は元気でした
コンデジなので無理でしたがホオジロやアカハラ、カワラヒワやセグロセキレイなどが見られました
名前の判らない鳥も2種類ほどいました~~><





(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-01-29 21:20 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『山県市にある四国八十八カ所霊場の小石仏』

今日は私のブログではあまり載せた事が無い『低山歩き』の風景なんですが普通の山歩きとは少し違い『四国八十八カ所霊場』を『あっ』と言う間に巡る事の出来る『お遍路登山』をしました~^^

『四国八十八カ所霊場』や『西国三十三箇所霊場巡り』等を全て歩いてお参りされる方もいますが時間的な事や体力的に無理な人達はこんなお参りの方法をしても決して罰が当たるような事は無いでしょうね・・・・・^^



『山形市の四国山を歩いて・・・・・』

1.
d0054276_20345085.jpg

今から260年ほど前の事になりますが・・・・・
両親を伴って四国八十八ヶ所霊場巡りの旅に出た宇野要助さんは両親が涙を流して有り難がる姿を見て『こうして実際に霊場巡りの出来ない故郷(大桑)の人のためにも・・・』と、四国山として小さな八十八ヶ所霊場を作りました・・・・・^^
起点と終点は現在は無住寺となっている正源寺になります~
ここは四国山香りの森公園の中にあって約1時間程で散策が出来ます・・・・・♪^^




2.
d0054276_203526.jpg

宇野要助さんが各札所で砂を授かり持ち帰り寺の住職や住民と協力して三年がかりでつくり上げ各札所の礎にはゆかりの砂を撒きました・・・・・

以来地域に親しまれ時を越え受け継がれてきたものです
この巡礼でも各札所の石仏に地元の人々により手縫いの前掛けや帽子が掛けられているのが見られて四国山を大切にする人達の心温まるものが感じられました~

このミニ四国八十八ヶ所巡りコースも『お砂踏み』の屋外版の一つなので実際に全路を巡ったのと同じ功徳が得られると言われています~




3.
d0054276_20351551.jpg

キ~~ンとした冷たい空気が漂っていました
静かな空間には聞こえるものは鳥の声と落ち葉を踏む音だけ・・・・・




4.
d0054276_20352699.jpg

眼下には『四国山香りの森』の『香りドーム』や『ハーブ園』が見られました
今の季節にはハーブは見られませんでしたが春になれば色々なハーブが見られるようになります




5.
d0054276_20353971.jpg

温室や水生植物等の為の池のようなものも見られました~^^




6.
d0054276_20355131.jpg



7.
d0054276_2036493.jpg

信仰心の少ない私で初詣には神社仏閣へ出掛けたり彼岸や盆には墓参りをする程度ですが休日に出掛けた所に神社やお寺があると知らず知らずの内に境内に入ってしまいます・・・・・
大それた願い事や頼み事などはしませんがただ平和に暮らしたいと思いながら手を合わせています~^^




8.
d0054276_20361720.jpg



9.
d0054276_20362985.jpg

山頂付近にあった『神明神社』です
小さな社ですが手を合わせる人達の姿が見られました・・・・・^^




10.
d0054276_2036374.jpg

山頂からの風景~^^
山頂なんて言ってもとても低い山なので見晴らしはこの程度です・・・・・(笑)




11.
d0054276_20364934.jpg



12.
d0054276_2037197.jpg



13.
d0054276_2037139.jpg

石仏の前には小さな賽銭箱がありました・・・・・
八十八箇所の霊場(札所)があるので1円入れれば88円で5円なら440円で10円入れれば880円~
四国まで出掛けてお参りしたと思えば少なくても10円ずつは入れたいですね~♪^^




14.
d0054276_20372480.jpg

散策路(登山道)はきちんと整備されています・・・・・
何も無い場所もありますがそんな場所は雨の後等は滑りやすいので注意が必要になりますね~




15.
d0054276_20373659.jpg

何度も訪れていた『四国山香りの森』でしたがこの山に登ったのは初めてでした・・・・・
山なんて書くと家の近くにある水道山(156m)にも叱られそうな超低い『丘』のような山ですが歩いていると鳥がいたりドングリが転がって来たりしたので楽しく歩けました・・・・・^^

最近は体力が落ちているのでこんな所が一番いいですね~^^
500m以下の山歩きが私には似合っていそうです~~♪^^





(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-01-28 21:19 | 風景 | Comments(18)

『梅林の鳥達・・・・・』

昨日は雪が降って寒く今日の早朝には家の前の道路も凍結していました・・・・・
遠くには出掛ける気も起こらずに昼過ぎまで家の中でのんびりしていましたが何か写さなくちゃと思い買い物から帰ってから梅林公園まで行ってみました・・・・・^^

陽が当たっている場所では雪も無く地面や落葉なども乾いているようでした
鳥の鳴き声が聞こえるので自転車を停めて公園内を何週も回りながら見つけた鳥達を写しました~
梅林公園では今まで見ていなかったコゲラもいて楽しく過ごせました・・・・・^^




『梅林公園の鳥達~』

1.『シロハラ』 ツグミ科ツグミ属
学名はTurdus pallidusと言います~
d0054276_2004893.jpg



2.
d0054276_2005949.jpg



3.
d0054276_201946.jpg



4.
d0054276_2011870.jpg



5.
d0054276_2012794.jpg




6.『シジュウカラ』 シジュウカラ科シジュウカラ 属
学名はParus minorと言います~^^
d0054276_2013694.jpg




7.『ヤマガラ』 シジュウカラ科シジュウカラ属
学名はParus variusと言います~^^
d0054276_2014587.jpg




8.『コゲラ』 キツツキ科アカゲラ属
学名はDendrocopos kizukiと言います~^^
d0054276_2015752.jpg




9.『トラツグミ』 ツグミ科トラツグミ属
学名はZoothera daumaと言います~^^
d0054276_202714.jpg



10.
d0054276_2021635.jpg




11.『ヒヨドリ』 ヒヨドリ科 ヒヨドリ属
学名はHypsipetes amaurotisと言います~^^
d0054276_20226100.jpg

今日は思っていたより多くの鳥に出逢えたのでとてもラッキーでした・・・・・^^
シロハラもトラツグミも今シーズンは初めて逢えたので嬉しくなりました~
この公園には良く現れるので今まで何度も写しました・・・・
同じような場所で写しているので背景が同じようになってしまいますがそれは仕方ないですね・・・・・><

来週の日曜は2月なんですね~
岐阜県の渓流釣りの解禁は他より早くて2月1日に解禁になります
フライフィッシングをしていた頃にはとても待ち遠しい『解禁日』でした・・・・・^^

最近は毎年長良川で見られるフライフィッシャー達を写しに出掛けていましたが今年は違う所で別のものが写したいです~~^^




(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-01-27 20:23 | | Comments(24)

『雪降りの粕森公園を・・・・・♪』

今日は朝から雪が降っていました・・・・・
天気予報では昼過ぎには止みそうだと言っていたのですが昼前後に一度止んでから再び降り出して夕方になっても勢いが変わらず帰宅に困るといけないので会社も少し早く業務を終えました・・・・・

職場から借りている駐車場まで雪が積もっている風景を眺めながら運転していましたが明日の朝は凍結して大変でしょうね・・・・・

駐車場から帰る時に少し遠回りをして『粕森公園』で周囲の雪景色を写してみました
雪が降り続いて傘を差しながら弁当箱等の入っているカバンを持って写していたのでコンデジもマニュアル等は片手なので使えず全部オートなので色も画像も良くありませんが折角の『雪降り風景』なので楽しみながら写しました・・・・・



『粕森公園の雪の夕暮れ~』

1.『白くなった粕森公園・・・』
d0054276_20504719.jpg



2.『水路がありヤブランが沢山見られた場所にも雪、ユキ、ゆき・・・』
d0054276_2050577.jpg



3.『百日紅と欅と水道山散策路の螺旋階段も雪化粧していました』
d0054276_2051729.jpg



4.『橿森神社の近くから水道山を見ても雪~~><』
d0054276_20511891.jpg



5.『好きな欅の木とコブシの並木』
d0054276_20512989.jpg



6.『大きな百日紅の近くにカラタネオガタマの木がありますが・・・・・白くて分からないですね~^^』
d0054276_20514067.jpg



7.『粕森公園では一番格好のいい楓の木ですが・・・・・真っ白~^^』
d0054276_2051516.jpg


8.『水が壁に沿って流れる池と南側散策路の一部が上に見えます』
d0054276_2052213.jpg



9.『サルスベリやクマシデやカクレミノが近くに見られるベンチ~♪』
d0054276_2052123.jpg



10.『久し振りに雪景色を撮りました』
d0054276_20522271.jpg

今日こんなに雪が降るとは思いませんでした・・・・・><
明日は色々な所へ出掛けて写真を撮ろうと思っていましたがこの分では雪が止んでも難しいですね・・・

昨日はエキサイトのメンテナンスで困り、今日は雪降りで困りました・・・・・
自然が好きな私なので『雪』も自然現象の一つなんですから歓迎しないといけないのでしょうが・・・・・・・
やっぱり晴れて欲しいです~~♪^^




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-01-26 21:13 | 風景 | Comments(24)

『日本水仙 美しく咲いて・・・・・』

今日は先日見てきた日本水仙を載せます・・・・・
ブログメンテナンスのようなので写真だけ慌てて載せました・・・^^

1.『日本水仙』  ヒガンバナ科スイセン属
学名はNarcissus tazettaと言います~
d0054276_20441313.jpg



2.
d0054276_20442199.jpg



3.
d0054276_20442999.jpg



4.
d0054276_20443882.jpg



5.
d0054276_20444725.jpg



6.
d0054276_20445662.jpg



7.
d0054276_2045614.jpg



8.
d0054276_20451595.jpg



9.
d0054276_20452222.jpg



10.
d0054276_20453428.jpg

更新しようとゆっくり構えていましたが案内でメンテナンスがあると知り慌てて写真だけアップする事にしました・・・・・・・><

また明日は今までのように色々書いたブログにしますね~^^
エキサイトのメンテも時間が掛かりますからね・・・・・><

『追記』23時15分
エキサイトのメンテナンスが23時で完了したようです
本当に迷惑ですね~><
どうせやるなら夜中にして欲しいですね・・・・・(怒)


(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-01-25 20:49 | 身近な自然の話 | Comments(28)

『実験河川が見られる風景』

『実験河川』なんてどんな川なんだろう・・・と思われる人も多いと思いますが河川を取り巻く環境等を研究するための造られた施設『人工河川』で生き物達との共生や災害等によるダメージ、そして大雨等による河川の氾濫を調査実験するための場所になっています・・・・・

所在地は岐阜県各務原市の川島にあります
国営の木曽三川公園・河川環境楽園の近くにありますが『独立行政法人・土木研究所自然共生研究センター』と言う所が所有している施設です~

実際に近くで見ないと本当の規模などは判りませんが今日は私の写した風景を見て頂いてどんな所なのか想像してくださいね~
詳しい案内等は『ホームページ』のアドレスを書いておきますので興味のある方はそちらをご覧ください~^^



『実験河川のある風景~』

1.
d0054276_20364016.jpg

この風景を見るとこれが人工的に造られた場所だとは思えませんね・・・・・
自然環境を細かく調べて本当の自然河川と変わらない姿になっています
このような研究の為の『実験河川』としては世界でも最大級の施設のようです~^^




2.
d0054276_20365273.jpg

河川・湖沼等の自然環境と人間の共生についての研究は生態学や土木工学などの学問の境界領域にあってその考え方や手法は十分に確立されているとはいえないのが現状のようです・・・・・

『自然共生研究センターは』河川湖沼の自然環境保全・復元のための基礎的・応用的研究を行なってその結果を広く普及することを目的としている所です・・・・・




3.
d0054276_2037339.jpg

何となく郊外の山里にでも居るような気になりますね~^^




4.
d0054276_20371472.jpg

広い場所で静かなので野鳥の姿も見られます・・・・・
ここには立ち入りは自由なのでのんびり歩いてみるのも楽しいかと思います~♪^^




5.
d0054276_20372590.jpg

『実験河川の特徴としては・・・・・』

■3本の川があります
1本の真っ直ぐな川と2本の曲がった川があります・・・
それぞれの条件を変えて比較実験を行うことが出来るようになっています

■洪水を起こすことができます
自然の川から水を引いて上流に貯め水量をコントロールしながら川に水を流すことが出来るので洪水等のような異常水位も簡単に見られます・・・

■様々な姿に造ってあります
真っ直ぐな川には水際が植物の所とコンクリートの護岸があります・・・・・
曲がった川にはワンドや自然復元ゾーンなどがあって生き物が川の空間をどのように利用しているのかを調べることが出来るようになっています・・・・・




6.
d0054276_20373548.jpg

自然なままの護岸なので水生植物が生え放題です~^^




7.
d0054276_20374793.jpg

色々な測量等の為の設備がここにあります
メインになっている建物もあるのですがこの近くには見られませんでした
他の場所に研究所のような所がありましたのでその建物がここの中枢部なのかも知れません・・・^^




8.
d0054276_20375996.jpg



9.
d0054276_2038989.jpg



10.
d0054276_20381964.jpg

この施設の詳しい事など興味を持たれましたらホームページをご覧ください~

『http://www.pwri.go.jp/team/kyousei/jpn/index.htm』




11.
d0054276_20383054.jpg

周囲には色々な木々も多く見られました・・・・・
巣箱が掛けられている木もありました~♪^^

バードウォッチングや植物観察にも適した所になっていますがジョギングやウォーキングを楽しむ人も近くの道では見かけました・・・・・^^




12.
d0054276_20384357.jpg

河川環境楽園近くの堤防下にある道路(一般車は通行不可)から入る事が出来ます・・・・・
目立つ場所にこのように案内表示がされています~

この近くには『河川環境楽園・木曽川水園』や『トンボ天国』や『木曽川』に『河跡湖公園』と『138タワー』に『大野極楽寺公園』等の他にも多くの公園や自然散策の場所があり一日では見られないほど多くの施設があります・・・・・
本当の自然も中にはありますが人工的なものも多いので年に2~3度くらいは楽しみたいですが自然の野山がやっぱりいいですね

今日は少し珍しい場所を紹介してみました・・・・・^^






(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-01-24 21:18 | 風景 | Comments(14)

『西洋蒲公英(セイヨウタンポポ)と尉鶲(ジョウビタキ)』

先日出掛けた公園を歩いていると芝生などの所にタンポポが黄色い花を咲かせていました
この季節に見られるタンポポは『セイヨウタンポポ』ばかりでこの花はいつでも見られるような気がしますね・・・

あまり花が咲いていない季節なので在来種贔屓の私ですがこの日ばかりはこのセイヨウタンポポに笑顔で接していました~^^
このタンポポを見てそろそろ本格的に堤防にカントウタンポポとトウカイタンポポを咲かせる準備をしなくてはと思いました~♪^^

木の上にいたジョウビタキも今シーズン初めて近くで写せました・・・・・^^
これからもっと多くの出会いがあるのでしょうね~?^^



1.『セイヨウタンポポ』 キク科タンポポ属の多年草
学名はTaraxacum officinale Webと言います~
d0054276_20363456.jpg



2.
d0054276_20364440.jpg



3.『終花になったセイヨウタンポポ・・・』
d0054276_20365472.jpg

花が終わり綿毛になる準備も終わっているようですね・・・・・
これから綿毛を開いて風に乗って種子を飛んで行かせるのですね~




4.
d0054276_2037437.jpg

風に乗って飛んで行ったものもありましたがまだ飛びたくないようなものも見られました・・・・・




5.
d0054276_20371496.jpg



6.
d0054276_20372383.jpg



7.
d0054276_20373531.jpg

綺麗な綿毛でした~♪^^




8.『ジョウビタキ♂』 ツグミ(ヒタキ)科ジョウビタキ属
学名はPhoenicurus auroreus Pallasと言います~
d0054276_20374546.jpg

私にとってはシジュウカラやヤマガラと並んで一番身近な野鳥に思えます・・・・・
去年は何度も出逢いましたが今年はまだあまり出逢っていませんでしたがこれから多くの出会いがあるような気がします~♪^^




9.
d0054276_20375583.jpg

逃げないでジッとしていてくれるとより可愛く思えますね~^^

こんな姿を見ていると『私のジョウビタキ~~♪』なんて鼻歌が出てしまいます・・・・・^^




10.
d0054276_2038555.jpg


今日仕事中に流れていたFMの天気予報で『今年の桜の開花は平年並のよう』って言っていました
寒い日が続いているので私は遅れるように思っていましたが・・・・・

でも少しでも早く暖かな気候になって欲しいから天気予報が当たって欲しいです~~♪^^





(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-01-23 20:57 | 身近な自然の話 | Comments(28)

『幣辛夷(シデコブシ)の春待芽』

以前に山県(やまがた)市の四国山香りの森で見た『コブシ』の『春待芽(冬芽)』を載せましたが今日は各務原市の公園で見た『シデコブシ』の『春待芽』を載せてみました・・・・・^^

一緒に並べれば違いも判るのですが今日はシデコブシだけ載せる事にしましたので前回のコブシと見比べて頂ければと思います

コブシよりシデコブシの方が少し細いように思えますね^^



『可愛いシデコブシの春待芽』  モクレン科モクレン属
別名には『ヒメコブシ』と言う名前も付けられています
学名はMagnolia stellataと言います~

1.
d0054276_20373133.jpg

愛知県、岐阜県、三重県の一部に分布している落葉の小高木です
庭木や公園用樹として見かける事がありますが自生個体群は絶滅危惧II類に指定されている貴重種になっています・・・・・

花期は3~4月頃で白や淡く薄いピンクを帯びた直径10cm程の花を咲かせます・・・・・
花被片は12~18個くらいなのでコブシやタムシバより多くあります




2.
d0054276_20374224.jpg

幣辛夷・四手辛夷(しでこぶし)と言う名前は花の形が神前に供えられる玉串(たまぐし)や注連縄(しめなわ)に付けられる紙製の飾り『幣(しで)、四手』に似ている事に由来する和名になります・・・・・♪




3.
d0054276_20375183.jpg

伊勢湾を取り囲む愛知、岐阜、三重の丘陵の低湿地は新第三紀鮮新世(520万年前~)から第四紀更新世前期(~70万年前)の砂礫層に覆われ湧水が浸み出している所です・・・・・
このような特有の環境下に自生して他地域には見られない独特の固有植物を『東海丘陵要素植物群』と呼びますが『シデコブシ』はそのグループの一つになります~

このような植物は他には『ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)』や『ハナノキ』があります・・・・・^^




4.
d0054276_2038051.jpg

このシデコブシも『生きた化石』と言われる事があります・・・・・
メタセコイアやイチョウと同じように化石としても見られるものがあるようです~^^




5.
d0054276_2038114.jpg



6.
d0054276_20382050.jpg

コプシよりこうして見ると少し細く感じますね・・・・・
花被片が細いので春待芽もスマートなんですね~^^

出来ればモクレンやコプシよりこのシデコブシの春待芽のような体型になりたいですね~~(笑)




7.
d0054276_20383566.jpg



8.
d0054276_20384711.jpg



9.
d0054276_20385888.jpg

逆光で写すと春待芽(冬芽)の周囲がキラキラしてとても可愛く見えますね・・・・・^^
こんな姿が大好きです~^^




10.
d0054276_2039678.jpg


春が近くなるとネコヤナギやバッコヤナギ、ハクモクレンやシモクレン等毛皮のコートに身を包んだ可愛い春待芽の姿が見られるようになりますね・・・・・
私はそんな姿が大好きなので全部写真に撮りたいと思っていますが見られる場所を調べているうちに咲いてしまうこともありました・・・・・><

今年は一種類でも多く写したいです~^^





(OLYMPUS E-620)
(OLYMPUS E-500)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-01-22 21:06 | 身近な自然の話 | Comments(18)