<   2013年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『箒木(ホウキギ)が赤く色付いて・・・・・』

ホウキギはホウキグサとも言われます・・・・・
夏のグリーンから秋の紅葉まで楽しむ事が出来ますので最近は多くの場所で観光用に植えられている所も多くなりましたが殆どがスキー場などの広い斜面です・・・

今日載せたものは愛知県の『フラワーパーク江南』で写してものですが岐阜県の郡上市の『ひるがの高原』ではスキー場にオフシーズンだけ『コキアパーク』として観光客に見せています~



『まんまるコキア』 ヒユ科バッシア属の一年草になっていますが以前はアカザ科コキア属の植物でした
学名はBassia scopariaと言います~
以前はKochia scopariaと言っていました(私としてはこちらの方が馴染みがあります)

1.
d0054276_21341869.jpg

原産地は中国です

箒のような細かい茎が特徴的で秋に紅葉して葉も茎も真っ赤になります~^^




2.
d0054276_21344925.jpg

以前は茎を乾燥して実際に箒として利用されることもありました・・・・・

実は『とんぶり』と言い秋田県特産の食べ物になっています
別名を『畑のキャビア』なんて言う事もありました~♪^^




3.
d0054276_21351735.jpg

可愛いですね~^^




4.
d0054276_21353596.jpg


5.
d0054276_21363458.jpg


6.
d0054276_2138744.jpg


7.
d0054276_2139895.jpg


8.
d0054276_21425696.jpg


9.
d0054276_21453056.jpg


10.
d0054276_21582537.jpg


今日は写真を16枚載せる用意をしていましたがパソコンと回線の調子が悪くて11枚目から載せられなくなってしまいました・・・><

パソコンの動作も遅くてコメントの返事と更新に2時間近く掛かりました・・・><
なんとか修復出来るように色々やってみたいと思いますが時間の関係で皆様のブログに出掛けてコメントが書けない場合はお許しを・・・・・






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-09-30 22:51 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『木曽川水園の彼岸花風景』

彼岸花もそろそろ終盤になりました・・・・・
自然の中で見られる彼岸花のように色褪せないうちに載せたいと思います~

今日は河川環境楽園の木曽川水園に少しだけ立ち寄ってからエーザイの薬草園に出掛けて色々な花を見た後で展示館の中の特別展示されている薬の歴史などを見て来ました~

それから今まで行った事の無かった『フラワーパーク江南』を散策して帰りました~
色々な植物や風景との出逢いがあって楽しい一日でした・・・・・♪^^




『水郷に咲く彼岸花達』

1.
d0054276_19282076.jpg



2.
d0054276_19283240.jpg



3.
d0054276_19284299.jpg



4.
d0054276_19285366.jpg



5.
d0054276_1929412.jpg



6.
d0054276_19291752.jpg



7.
d0054276_19292880.jpg



8.
d0054276_19293880.jpg



9.
d0054276_19294996.jpg



10.
d0054276_1930118.jpg



11.
d0054276_19301113.jpg



12.
d0054276_19302223.jpg



13.
d0054276_19303323.jpg



14.
d0054276_19304222.jpg



15.
d0054276_19305880.jpg


今日は風景写真のようになっていますので写真毎の説明は省きました・・・

今日出掛けた『くすり博物館』の薬草園に県外から多くの人が来ていました
何処かの大学などの関係者なのかも知れません・・・・・
掛の人の説明を真剣に聞いていましたので私と連れ合いも便乗して説明を聞いていました~^^

『フラワーパーク江南』に行く時にナビの入れ間違いですぐ近くの『すいとぴあ江南』へ入ってしまって花が見られず木々ばかりなので近くに居た人に聞いて慌てて場所を移動しましたがこの『すいとぴあ江南』も散策は楽しそうでした~

『すいとぴあ江南』に『フラワーパーク江南』に『大野極楽寺公園』と『138タワー公園』それに『薬草園』や『河川環境楽園』と『河跡湖公園』等が近くにあるこの周辺はとても素敵な所に思いました・・・・・
これからもこの一帯には何度も出掛けそうです~♪




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-09-29 22:52 | 身近な自然の話 | Comments(26)

『風船唐綿(フウセントウワタ)の花』

最近は以前のように見られなくなりましたが植えられる植物達にも流行廃りがあるのか何年も前には何処にでも植えられていて丸くてトゲトゲがたくさん付いている実を生らせていました~

姿が楽しいので好きな植物でしたがここ何年も花を見る事がありませんでしたが河川環境楽園の片隅に咲いているのが見られたので嬉しくなりました・・・・・
実が出来かけていましたがまだ指先ほどの大きさでした~



『昔のテレビゲームに出て来る宇宙船のような姿の花~』 ガガイモ科フウセントウワタ属の常緑亜低木ですが一年草とされる事が多いようです・・・・・
学名はGomphocarpus physocarpusと言います~
シノニム法ではGomphocarpus fruticosus R. Br.になります・・・・♪

1.
d0054276_218118.jpg

別名をフウセンダマノキと言う事もあります~

南アフリカ原産の多年草(常緑亜低木とも言われます)ですが普通は春まき一年草として扱う事が多いようです・・・
花も可愛いのですが花より風船状の果実の方が鑑賞の対象とされますね~^^




2.
d0054276_2110946.jpg



3.
d0054276_21105011.jpg

似た仲間には『トウワタ』がありますが花は赤いですが姿は良く似ています
でもフウセントウワタのように実が風船状にはなりません~^^

ガガイモ科ですがキョウチクトウ科とする分類法もあるようで今は分類法の中途の時期のようで判り辛いように思えます・・・><




4.
d0054276_21112426.jpg



5.
d0054276_21122852.jpg



6.
d0054276_21131125.jpg

小さな実が生りかけているのが見られました・・・・・^^
まだまだ実の赤ちゃんですね~^^




7.
d0054276_21133948.jpg

フウセントウワタの実も可愛いので時々枝のまま飾っている所もありますが先日のガマの穂のように綿毛が飛び出す頃には気をつけないと部屋中に種の付いた綿毛が飛び散ります~><




8.
d0054276_2114631.jpg



9.
d0054276_21145591.jpg

小さくても形が風船状になっていますね・・・・・^^
初めて見た時には感激した事を思い出しました~♪




10.
d0054276_21153710.jpg



11.
d0054276_2118076.jpg



12.
d0054276_21182110.jpg

1本の茎から別れてたくさんの花が見られます~
一つ一つの花も可愛いですがこのように咲いている花姿もいいですね・・・・・^^




13.
d0054276_211993.jpg

フウセントウワタやフウセンカズラのように『フウセン何々』と付けられている植物ってどれも実が可愛いですね・・・・・^^

今週の月曜(秋分の日)に連れ合いとエーザイの薬草園に出掛けましたが閉園日だったので入れませんでしたので明日はエーザイの薬草園か薬科大学の薬草園のどちらかに行ってみようと思います~

長良川の堤防に『草刈をしますのでご協力を・・・』と案内板が出ていました
これで堤防のセンニンソウは刈られてしまうので堤防では仙人の髭は見られなくなります・・・・・><
別の場所を見つけておいて良かった~♪







(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-09-28 23:20 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『野原薊(ノハラアザミ)の可愛い花~』

野山に出掛けると今頃の季節には『ノハラアザミ』の花を良く見かけます・・・・
春に見られる『ノアザミ』とは双子のように似ていますが秋にはノアザミは見られませんので今見られるものは『ノハラアザミ』です・・・・・^^

アザミ達の管状花の中にある針のようなオシベは虫や動物が触れると花粉をジワジワと出しますので何も見られない花に触れて暫く待っているとシベの先から出て来る花粉が見られます~^^




『可愛い花には棘がある~^^』  キク科アザミ属の多年草
学名はCirsium tanakaeと言います~

1.
d0054276_2031534.jpg

頭花は紅紫色で枝の先に直立していています・・・
頭花は小さな筒状花の集合体で筒状花は両性花なので雄シベと雌シベを持っています~

花の先にある針のような棒が雄シベで先が枝分かれしているものが雌シベの花柱になります~
総包片は短い針状になっていてやや反り返のます・・・・

野薊(ノアザミ)は頭花の付け根にある総苞が膨れて粘着しますが野原薊(ノハラアザミ)は総包片が短い針状になっていてやや反り返り粘着はしません~♪




2.
d0054276_20321962.jpg

日本固有種で北海道から本州の中部地方にかけて山地の草原や日当たりのいい斜面に分布しています~




3.
d0054276_20324181.jpg

属名の『Cirsium』 はギリシャ語の『cirsos(静脈腫)』から来ています・・・・・
静脈腫に薬効のある植物につけられた名前が転用されたようです~^^

種小名の『tanakae』は信州の植物を研究した『田中芳男さんの・・・』と言う意味になっています
このように発見した人の名前を付けることも多いですね~
新種を発見して自分の名前を付けられたら楽しいでしょうね・・・・・^^




4.
d0054276_20325885.jpg



5.
d0054276_20332530.jpg

花に触れるとこのようにオシベの先から花粉が滲み出て来ます~
花粉を無駄なく使おうとしているアザミの知恵なんですね~^^




6.
d0054276_20335252.jpg



7.
d0054276_20341192.jpg



8.
d0054276_20343298.jpg

このノハラアザミは河川環境楽園の木曽川水園の外れに咲いていました
ここから帰る時に笠松町の競馬場付近の堤防にも自然に生えたノハラアザミがたくさん見られました~




9.
d0054276_20345617.jpg



10.
d0054276_20351338.jpg



11.
d0054276_20353185.jpg

触ると痛いアザミの葉の棘です・・・・
『あたいに触ると怪我するよ・・・!』なんてチョッピリ怖いお嬢さんのようですね~^^




12.
d0054276_20355119.jpg


モリアザミやフジアザミの根を『ヤマゴボウ』と言って味噌漬けなどにして売られていますがアザミ達の茎も蕗のようにして油炒めにしてから煮ると美味しく食べられます・・・・
こんな可愛いものを食べるなんて・・・と言われそうですがアザミは逞しいのでそれくらいで無くなってしまう事は無いですね・・・・・

自然からの恵みに感謝して食する事も自然を大切にする心が生まれる元になると信じています~^^







(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-09-27 21:52 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『今年も出逢えた 狸豆(タヌキマメ)の花』

毎年見に行っている達目洞のタヌキマメに今年も花が咲いていました~
岐阜市内でもタヌキマメが生えている所は少なくて私が決めて見に行く場所はここだけです・・・・

去年より数が少なくなっているように思いました
自然の中に一人生えしている植物達は繁殖力が強くなければそこから消えてしまう運命なのでしょうね
出来る限りここに残って毎年花を咲かせて欲しいものです~^^




『たんたんタヌキのタヌキマメ~♪』  マメ科タヌキマメ属の一年草です
学名はCrotalaria sessiliflora L.と言います~

1.
d0054276_2123124.jpg

本州(東北地方南部以西)・四国・九州、朝鮮・中国・東南アジア・インドに見られます

名前の由来は果実が褐色の毛を持つ萼に包まれた様子をタヌキに見立てたとも言われますが他には花を前から見た様子がタヌキの顔に似ていることから『タヌキマメ』となったとも言われています~
私としては花が狸の顔に似ているって言う方を応援したいですね~^^




2.
d0054276_21231896.jpg

日当たりの良い草地に生える高さ20~70cmの一年草で茎は直立して植物全体に褐色の長い毛が見られます・・・・・
葉は日本に生えるマメ科植物には稀な小葉1枚から成っていて長さ4~11cmの線形をしています・・・

茎の先に2~20個の青紫色の花をつけるようですが達目洞では付く数は少ないようです・・・・・
褐色の長毛を密に生やした萼は長さ1cm程で花の基部を覆っています~
花の後になるとさらに1.5cm程に成長して豆果を包みます・・・・・

豆果は熟すと割れて中から多数の種子を出します~




3.
d0054276_21233737.jpg

どうですか?
立ち上がったタヌキに見えませんか?^^




4.
d0054276_21243529.jpg



5.
d0054276_21244815.jpg



6.
d0054276_2125937.jpg

何度も紹介していますので詳しい説明は控えめにしておきますね~^^




7.
d0054276_21253267.jpg



8.
d0054276_2126942.jpg



9.
d0054276_21262581.jpg



10.
d0054276_21264899.jpg



11.
d0054276_21305047.jpg



12.
d0054276_21311220.jpg



13.
d0054276_2131391.jpg



14.
d0054276_21325475.jpg

花の色が何色にも見えますが実際は少しの濃い薄いはありますがこれほどの違いはありません
使用しているカメラの特性とレンズの性質で色の違いが出てるように思われます
肉眼で見た色は1.3.7のように色でした~^^




15.
d0054276_21334439.jpg


このタヌキマメは達目洞の湿地散策の入り口に立っている案内板の左にある細い下り坂の周辺に見られキツネノマゴやイシミカワと一緒に見られます・・・・・
近くにはコマツナギやナガボノワレモコウやゲンノショウコ(白花)も見られます~

ヒメコウホネは夏の休憩のようで10月に入ればまた見られると思います・・・・・^^

ここは自然の宝庫です
貴重な在来種や希少種も見られます・・・・・
見学される方はルールとマナーを守って採取したり傷めたりする事の無いようにして散策をお願いします
他からの外来種なども持ち込まないようにしてくださいね~♪







(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-09-26 21:55 | 身近な自然の話 | Comments(12)

『紅白の彼岸花咲く風景~~本巣市にて』

日曜に出掛けた本巣市の国道から少し離れた地方道の一角に普通の赤い彼岸花と白い花の彼岸花が纏まって咲いている所があります・・・・・

毎年見ている所なので今年も咲いているだろうと思い家に向う車を途中でUターンさせて見に行きました
私が写真を写している間は連れ合いも彼方此方で花を見ていました~
ふと気配を感じて振り合えるとそこに居たのは連れ合いではなく1匹のワンコでした・・・・・

人懐っこいワンコの相手をしながら2色の彼岸花を写していました~^^



『稲の近くに咲いていた彼岸花達・・・』 ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草
学名はLycoris radiataと言います~

1.
d0054276_2115641.jpg

今年はこちらでは彼岸花の開花が少し遅かったように思います
でもちゃんと秋分の日には間に合わせてくれたのでお彼岸の墓参りの時には色々な所で花の咲いている姿が見られました~
律儀に咲く彼岸花に感謝ですね・・・・・^^




2.
d0054276_2121671.jpg

やっぱり彼岸花はこの赤い色ですね~
白花や黄色の花も見られますし園芸種のリコリスになればピンクなど色々な色の花が見られますね・・・
『曼珠沙華』と言えるのはこの赤花だけでしょうね・・・・・♪




3.
d0054276_2123090.jpg



4.
d0054276_2124182.jpg



5.
d0054276_213078.jpg

紅白の彼岸花が並んで咲いていました~




6.
d0054276_213174.jpg

白い彼岸花は彼岸花とショウキズイセンの交配種と言われていますね・・・・
自然交配種から園芸種になったもので真っ白のものもあれば少しベージュのようなものや淡いピンク色のもの等微かな色の変化もあるようです~^^




7.
d0054276_2132634.jpg



8.
d0054276_2134336.jpg



9.
d0054276_214522.jpg

優しい色合いで赤色の彼岸花とは違う愛らしさもありますね~




10.
d0054276_2142976.jpg

『稲』の前で白花の彼岸花達が『イイネ~』って言ってたようでした~♪^^




11.
d0054276_2145530.jpg

人懐っこいワンコでした・・・・・
『何写してるの? 僕と遊んでよ~』なんて言っているようで暫く私の近くをウロウロしていました
この場所から東に100m位の所に食堂のような店がありましたのでそこの飼い犬なのかも知れません・・・・・




12.
d0054276_215121.jpg

私がカメラを向けても怖がったり喜んだりする事も無く平然としていましたが飽きたのか家の方に向って走って行きました~^^

すぐ飽きたような顔しましたが秋田犬じゃなさそうですね~(笑)




13.
d0054276_215279.jpg

今年の夏が猛暑だったせいなのか彼岸花の蕾がまだ多く見られているのに咲いている花が早く色褪せたように感じました・・・・・

でも場所によっては綺麗な色の花が多く見られる所もありました・・・・・♪^^




14.
d0054276_2155133.jpg



15.
d0054276_216445.jpg



彼岸花の写真は翌日に各務原市の木曽川水園でも写しました・・・・・・
長良川の堤防や河川敷の彼岸花は写しても綺麗には見えないので写しませんでした~><

これから色々な秋の植物達と出逢えますね~
毎日が楽しく思えます・・・・・

今日の昼に見たヨモギは花が満開でした・・・・・
花粉症の皆様マスクをお忘れなく・・・・・♪





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-09-26 21:09 | 身近な自然の話 | Comments(30)

『蒲(ガマ)に穂綿が見られる季節になりました~』

毎年色々な所でガマ、コガマ、ヒメガマの花や花穂を写して載せていますがガマの綿毛状になったところは載せた事が無かったように思いました・・・・・
きっと他の花達に夢中になっていてガマの穂綿を写し忘れていたのかも知れません~

今日載せた写真は岐阜市内の梅林公園で見られるガマです
まだ綿毛(冠毛)が見られないものが多くありましたがこれから少しずつ冠毛の付いた種を遠くまで飛ばすようになるのでしょうね~^^



『ガマのある風景~』 ガマ科ガマ属の多年草の抽水植物
学名はTypha latifolia L.と言います~

1.
d0054276_21381451.jpg

葉は高さ1~2mで水中の泥の中で地下茎をのばしています・・・・・
夏に茎を伸ばして円柱形の穂をつけます~
穂の下部は赤褐色で太くこれは雌花の集まりでアメリカンドックのように見えます~^^
穂の上半分は細く雄花が集まっています・・・・
開花時には黄色い葯が一面に出るのが見られます~

この植物は風媒花なので虫達の助け無しで結実出来ます・・・^^




2.
d0054276_21382722.jpg

雄花も雌花も花弁などはなく単純な構造になっています・・・・・
雌花は結実後は綿のような冠毛を持つ微小な果実になって風によって飛散します~
水面に落ちると速やかに種子が実から放出されて水底に沈んでそこで発芽をします・・・・

強い衝撃によってでも種が飛び散ることもあるようです~^^




3.
d0054276_21384970.jpg



4.
d0054276_2139326.jpg

見れば見るほどアメリカンドックのように見えますね~^^




5.
d0054276_21561416.jpg



6.
d0054276_21565872.jpg

こんな光景を見ていると気持ちが落ち着くような気がします~^^




7.
d0054276_2158824.jpg

ガマの穂から冠毛が出ていました・・・・
この冠毛には小さな種が一つ付いています~
これから何処まで飛んで行くのでしょうね?^^




8.
d0054276_21583491.jpg



9.
d0054276_2159376.jpg

ガマの穂が冠毛で見えなくなるくらいになっていますね~
子供の頃に廊下を走っていて消火器に躓いて倒した時に消火器のような感じです~
あの時には泡だらけになりましたがガマの穂は綿毛だらけになっていて見た感じは似ています~(笑)




10.
d0054276_21593852.jpg

ガマの仲間3種の中ではこの普通の『ガマ』が一番プロポーションが良いので好きですね~


今日堤防のセンニンソウを見ましたがあれからの変化はありませんでした
河川敷のガガイモも変化無しに思えました~






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-09-25 19:58 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『野葡萄(ノブドウ)の実が色付いて・・・』

昨日出掛けた本巣市の連れ合いの実家にノブドウが実を付けていました・・・・・
以前はここにマユミがたくさんの実を付けていたのですが最近はマユミが見られなくなって代わりにノブドウが生っていました・・・・・

ノブドウの実はヤマブドウやエビヅルやサンカクヅルのように食べる事は出来ませんが色が何色にもなって見るのには綺麗だと思います~

昨日今日と色々なものを写しましたが今日はこの『ノブドウ』を載せる事にしました・・・・・♪^^




『多彩な色が美しいノブドウの実・・・♪』 ブドウ科ノブドウ属の蔓性落葉低木
学名はAmpelopsis glandulosa var. heterophyllaと言います~

1.
d0054276_20124956.jpg

日本全国で見られる他に東アジア一帯にも分布していてアメリカにも帰化している植物です~
藪等に多く見られますが都市でも空地等に見られます・・・・・♪

葉はブドウやヤマブドウに似ていますが別属であって特に果実が葉と交互に付く等ブドウ類とは違っています・・・・・
果実は熟すと光沢のある青や紫などに色付いて綺麗ですが食味は不味いので食用にはなりません・・・・・
実の色が綺麗なので園芸植物として栽培されることもあるようです~♪




2.
d0054276_20133982.jpg

果実には『ブドウタマバエ』や『ブドウガリバチ』の幼虫の寄生(虫えい)によって虫コブ状になって異常に脹らみ白緑色や淡紫色や瑠璃色それに赤紫色になって形も大小不揃いになります・・・・・




3.
d0054276_20143173.jpg



4.
d0054276_2015636.jpg

色の変化が楽しいですね~
他の植物では『イシミカワ』と言うものがありますがこれはブドウ科と違ってタデ科ですが同じように一つの実の固まりに色々な色が見られるので綺麗ですね・・・・・




5.
d0054276_20152171.jpg



6.
d0054276_2016126.jpg



7.
d0054276_20162141.jpg



8.
d0054276_20163948.jpg

園芸種として栽培される所もあるようですがこちらでは河川敷や山裾など何処でも見られます
蔓性なので伸び過ぎると邪魔になるかも知れませんが大きな庭でもあれば片隅にこんな植物があったら楽しいでしょうね~^^




9.
d0054276_20172351.jpg



10.
d0054276_20174754.jpg



11.
d0054276_20183351.jpg



12.
d0054276_20185817.jpg

こんな感じで連れ合いの実家前に生っていました・・・・・
今は誰も住んでいないので時々見に出掛けていますが色々な植物が強かに蔓延っているので対処が必要なのですが私では出来ないので近くの人に頼んで見て頂いています・・・・・♪

昨日も今日も彼岸花を写しましたが他にも色々な花を写す事が出来ました
順に載せるようにしますが新鮮さが失われそうになったら纏めて載せようかと思っています~^^







(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-09-23 22:22 | 身近な自然の話 | Comments(30)

『ジュラシック・アーケード 2013』

今年も岐阜市内の『柳ケ瀬商店街』のイベント『ジュラシック・アーケード』が開催されました
今日明日の2日間です・・・^^

毎年見られる恐竜ロボット達の数は今年は新岐阜駅に2体行っている様なので数が少なかったのですがイベントの中身が充実していました・・・
今年は『岐阜県博物館』から恐竜や色々な化石も運ばれて無料で展示されていました~

ガチャガチャも化石ガチャガチャや輪投げも賞品が恐竜人形と柳ケ瀬商店街が恐竜一色になっていました




『アーケードの下にはザウルス達が・・・・♪』

1.
d0054276_20474641.jpg

今年もヤナガセ商店街に恐竜達が出現しました~
子供連れの家族で賑わっていました・・・・・^^




2.
d0054276_2047596.jpg

全てが可動式の恐竜ロボットなので首を動かしながら口を開けて鳴き声を出しています
中には怖がって泣き出す子供もいました・・・・・><




3.
d0054276_2048880.jpg

結構リアルに出来ていますね~^^




4.
d0054276_20481817.jpg

ゆっくり首を振っているかと思えば・・・・・




5.
d0054276_20482940.jpg

突然大きな口を開けて『ガォ~』なんて吼えていました・・・・・^^




6.
d0054276_20483992.jpg

マンモスの化石やアンモナイトの化石に触れる事が出来ます~
実際に触れて感動している化石マニア達も見られましたが子供達より連れて来た親の方が喜んでいるようです~^^




7.
d0054276_20484854.jpg

こんなアンモナイトの化石が置いてありました~
『アンモナイトなんて あんまり無いと~』なんて駄洒落を言って子供に冷たくされているお父さんが居ました
何となく我が身のようで『ドキッ』でした~(笑)




8.
d0054276_20485885.jpg

セントロザウルスって言う恐竜ですが角が3本あるトリケラトプスに少し似ていますね~




9.
d0054276_2049834.jpg



10.
d0054276_20491865.jpg

化石のガチャガチャがありました・・・・・
サメの歯やアンモナイトや貝などの化石が1回300円で出てきます・・・・・
私はやりませんでしたよ・・・・・(笑)




11.
d0054276_20492780.jpg

このポスターも希望者には貰えるようです~
結構お金を掛けていますね・・・・・^^




12.
d0054276_20493798.jpg

ヤナガセのアイドルらしいです・・・・・
元ヤナナのマネージャー『ミオナ』ちゃんと柳ケ瀬商店街のアイドル『ゆっこ』ちゃんと言うそうです
何となくAKB等のメンバーっぽいですが全く関係無さそうです・・・・・^^




13.
d0054276_20494729.jpg

映画館『シネックス』では『ガメラ』をやっていました・・・・
『ロイヤルホール』では昔懐かしい映画ばかりを上映している事で有名になっていて遠くからも見に来るようです~^^




14.
d0054276_20495534.jpg

ここで岐阜県博物館から持ってきた化石が見られます・・・
博物館の学芸員と話をしていましたが彼等を指導している先生は私の後輩のような人たちでした
考えてみれば私が古生物に関係していた頃にはまだ彼等は産まれていなかったのですからね~^^

久し振りに古生物(化石)の話をする相手が居て楽しかったです~
因みに私が知っていた45年前に日本最古と言われていた化石は今でもまだ最古だと言うことでした~(笑)




15.
d0054276_2050625.jpg



16.
d0054276_20501624.jpg

アーケードの下にプテラノドンが飛んで(?)いました~^^




17.
d0054276_2050268.jpg

こんなものまで用意されています~
岐阜に来られたら是非後ろから顔を出して写真を撮ってください~^^




18.
d0054276_2050372.jpg

全国ネットのテレビ番組でも紹介された『お化け屋敷』です・・・
企業などで無く商店街が運営しているお化け屋敷としては珍しいもののようで色々な県からも見学に来られたりマスコミでも紹介されました・・・・・

相当怖いらしいので年寄りの私は心臓麻痺になるといけないので入った事がありません~
今年は明日が最後になります~^^




19.
d0054276_2050461.jpg

岐阜高島屋前の風景です~
いつもは人の少ない商店ですが今日は人が多かったです~^^




20.
d0054276_20505726.jpg

柳ケ瀬商店街から出る道にはこんな案内がされています~
何となく粋だと思ったので写ししてこれで今日の写真のラストにします~♪^^


今日は昼前から私の家と連れ合いの家の墓参りに出掛けました
途中で彼岸花が咲いていたところで車を停めて写しました・・・・・

帰ってから梅林公園などで少しだけ写真を撮っていましたが梅林公園の猫達は1匹もいませんでした
何処かで昼寝でもしているならいいんだけど・・・・・^^






(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
by shizenkaze | 2013-09-22 23:28 | 祭・行事・イベント等 | Comments(24)

『蓬(ヨモギ)にだって花は咲きます~♪』

地味な植物達の写真が続きますが私はこれらの植物達を『Jimmy(ジミ~)達』と呼んで贔屓にしています~
今日のJimmyな植物は春の芽生えには若葉を摘んで『草餅』にしたり葉に生えている毛を乾燥させて集めてお灸の『モグサ』として利用されているので本当は地味じゃなく立派な植物かも知れない・・・・・『ヨモギ』を載せました~

ヨモギだってキク科の植物なので今の季節になれば花が咲きます~
昨日載せたオオバコの花に気が付かない人も多く居ましたが今日のヨモギの花はもっと小さくて目立たないのでジックリ見て今度は野で出会った時に近くで眺めてください~^^



『これでも花です~蓬花』 キク科ヨモギ属の多年草
学名はArtemisia indica var. maximowicziiと言います~

1.
d0054276_21155839.jpg

別名にはモチグサ(餅草)、エモギ、サシモグサ、サセモグサ、サセモ、タレハグサ、モグサ、ヤキクサ、ヤイグサ等多くありますのでそれだけ馴染みのある植物なんですね~

いたる所に自生し地下茎はやや横に這って集団を作ります・・・
茎は立ち上がって少し木質化します
葉は大きく裂けて裏面には白い毛を密生させますがこれがモグサの原料になるのですね~
夏から秋にかけて茎を高く伸ばし目立たない花を咲かせます・・・・・




2.
d0054276_21171744.jpg

このヨモギもセイタカアワダチソウと同様に地下茎などから他の植物の発芽を抑制する物質を分泌させて自分のテリトリーを守っています・・・・・
この現象をアレロパシー(他感作用)と言いますね・・・・・♪




3.
d0054276_2120310.jpg



4.
d0054276_21212374.jpg

この茶色く見えるものがヨモギの花です~
ヨモギの花粉はブタクサと同様に秋の花粉症のアレルゲンでもあるのでキク科の花粉症の人には嫌な花になりますね・・・・・><




5.
d0054276_2122161.jpg

おちょぼ口に紅を咲いたようなヨモギの蕾です~
こうして見れば可愛く思えませんか?^^




6.
d0054276_2123264.jpg



7.
d0054276_212655.jpg

葉には産毛が見られますが蕾や花にも産毛が見られますね~
小さな花がたくさん付いていますが1本のヨモギにどれくらいの花が咲くのでしょうね?
そんな花の数までは図鑑やネット等でも書かれていませんね・・・・・(笑)




8.
d0054276_21264920.jpg



9.
d0054276_21272128.jpg

たくさん見られるヨモギの花達~
大きく見えますがそれ程大きくは無いですね・・・・・^^




10.
d0054276_21284896.jpg

堤防や河川敷ではこんな感じでいっぱい生えています~
ここのヨモギは岐阜市内の老舗和菓子処の草餅に使用されているようです~

草餅もスーパー等で売られているものの中には香りとして少し使って色付けにホウレンソウを使っている草餅もあるようです・・・・・
やっぱりヨモギ100%の草餅がいいですね~
私は中の餡は粒餡が好きです~(笑)








(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-09-22 19:06 | 身近な自然の話 | Comments(20)