<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『自然の中から今年一年のお礼を込めて・・・・・』

2013年も残り僅かになりました・・・・・
今年も私は好きな所に出かけて色々興味のあるものをカメラに収める事が出来ました
岐阜市内を中心に周辺の市町村や県外でにも出かけて足元の小さな自然達を楽しんだり今までであった事が無かった植物や虫達にも出会えました~

来年も今年と同じような事が続けられれば幸せだと感じています
私のブログを見て頂いた多くの皆様に感謝いたします~
また新しい年『2014年』も宜しくお願いいたします・・・・♪^^



『河跡湖公園と大野極楽寺公園にて・・・・・』

1.『各務原市川島町の河跡湖公園』
d0054276_2121548.jpg



2.
d0054276_21212572.jpg



3.
d0054276_21214026.jpg



4.
d0054276_21215743.jpg



5.
d0054276_21221921.jpg



6.
d0054276_21223970.jpg



7.
d0054276_21231260.jpg



8.
d0054276_21232865.jpg



9.
d0054276_21234862.jpg




10.『大野極楽寺公園(愛知県一宮市)』
d0054276_212401.jpg



11.
d0054276_21241561.jpg



12.
d0054276_21243018.jpg



13.
d0054276_2124476.jpg



14.
d0054276_2125210.jpg



15.
d0054276_21252291.jpg

今年の最後は風景で終わる事にしました・・・・・
来年(と言っても明日ですが~)の最初はなるべくお正月に合うようなものを載せたいですね~

パソコンの調子と私の体調が良い間は年中無休で更新したいと思っています~
新しい年も宜しくお願いします~

皆様にとって来年がより良い年で幸せ多い一年になりますように・・・・・♪






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
by shizenkaze | 2013-12-31 23:54 | 私の好きな場所 | Comments(18)

『権萃(ゴンズイ)と真弓(マユミ)の実・・・♪』

今日載せた二つの実は全く科が違いますが同じようなピンク色の実を付けます・・・・・
実の生る季節も全く同じなので見比べると楽しいですね~^^

どちらも木曽川水園で写しました・・・・・♪^^


1.『権萃(ゴンズイ)』の実  ミツバウツギ科ゴンズイ属 の落葉小高木
学名はEuscaphis japonicaと言います~
d0054276_20472422.jpg

別名にはショウベンノキ、クロクサギ、ハゼナ、キツネノチャブクロ等と言う少し可哀想な名前もあります
名前の由来も魚のゴンズイのように役に立たない事から付けられたようなのでこれも可哀想ですね・・・・・
でも実際には自然界の中では役に立たないものなんて無いようですね~♪




2.
d0054276_20473474.jpg

まだ開ききっていない実も見られますが開いて中の種子が見られるものや落ちてしまったものもありますね・・・・・




3.
d0054276_2048239.jpg



4.
d0054276_20481570.jpg

濃いピンクの袋果の中から黒い種子が見られる姿は綺麗で可愛く思えます~
マメ科のトキリマメやタンキリマメもこんな感じの実が見られますね・・・・・
科が違っていても良く似た実を付けるものってありますね~^^




5.
d0054276_20482630.jpg



6.
d0054276_20484052.jpg

先日のツルウメモドキもそうですが実の外皮がこのように3つに割れるものって多く見られますね~
一番理想的な割れ方なんでしょうかね?^^




7.
d0054276_20485333.jpg



8.
d0054276_20492146.jpg



9.
d0054276_20493216.jpg

何となく柔らかくてゼリーみたいに感じます~
鳥達にはこれもご馳走なんでしょうかね?^^





10.『真弓(マユミ)の実~』  ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木
学名はEuonymus hamiltonianusと言います
d0054276_20494582.jpg

こうして上のゴンズイと続けて載せても違和感無く続きに思えますね~
でも全く科が違う植物になります・・・・・
マユミはニシキギ科なので先日のツルウメモドキと同じ科になります~




11.
d0054276_20495681.jpg

日本と中国の林に自生する樹木で秋の果実と種子と紅葉を楽しむ庭木として親しまれていて盆栽に仕立てられることもあるようです~^^

別名をヤマニシキギとも呼ばれるようです・・・・・




12.
d0054276_20501135.jpg

雌雄異株で葉は対生で細かいのこぎり歯(鋸歯)があって葉脈がはっきりしています・・・・・
1年目の枝は緑色をしています
近縁種のツリバナは新芽が鋭く尖っていますがマユミの芽は丸々としているので優しく感じます~
老木になると幹には縦の裂け目が目立ってきます・・・・・

花は初夏に新しい梢の根本近くにつきます~
薄い緑で四弁の小花です
果実は枝にぶら下がるようにしてつき小さく角ばった四裂の姿で秋の果実の色は品種により白、薄紅、濃紅と異なりますがどれも熟すと果皮が4つに割れて鮮烈な赤い種子が4つ現れます・・・・・^^
3つに割れるゴンズイとはここが違いますね~^^




13.
d0054276_20502433.jpg



14.
d0054276_20504354.jpg

雌木1本で果実がなるので何本も植えられなければ雌木1本植えれば花も実も楽しめますね~
雌雄別株でもこういう種類はいいですね~♪^^




15.
d0054276_20505519.jpg



16.
d0054276_2051773.jpg



17.
d0054276_20511735.jpg

材質が強い上によくしなる為に弓の材料として知られ名前の由来になっています・・・・・
この木で作られた弓や単なる弓の美称も真弓と言いますね~^^

新芽は山菜として利用されて天麩羅やおひたしなどに向きますが種子に含まれる脂肪油には薬理作用の激しい成分が含まれているので少量でも吐き気や下痢になり大量に摂取すれば筋肉の麻痺を引き起こすために種子は絶対に食べてはいけません・・・・・><




18.
d0054276_20512984.jpg



19.
d0054276_20515989.jpg

28日には仕事を終えてすぐに河川環境楽園の木曽川水園に向かい昨日は家族(連れ合いと遊びに来ていた娘)をショッピングモールに連れて行き私は一宮の大野公園へ写真を撮りに行っていました・・・・・
今日は連れ合いが最後の仕事で出かけて行ったので木曽川水園に出かけて写真を写してきました
今シーズン最初のジョウビタキにも出会えウグイスもエナガも写せました~

明日は大晦日なので何処にも出かけず家にいるつもりです・・・・・





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-12-30 21:33 | 身近な自然の話 | Comments(30)

『山茱萸(サンシュユ)の実 赤く・・・・・♪』

ツルウメモドキの実を写して先に進むと背の高い木に赤い実が生っているのを見ました・・・・・
グミの実のような色と大きさでしたが以前ここで花も見ていたのですぐに『サンシュユ』の実だと判りました
木曽川水園全体では3本のサンシュユが見られます
散策路上流部と茅葺屋根の古民家裏と自然発見館の近くです~

こんな具合に赤くなって見られる木々の種類って本当に多いですね・・・・・
よく間違えるのでもっと勉強しないと駄目ですね~><




『サンシュユの実も美味しそうです・・・・・^^』  ミズキ目ミズキ科の落葉小高木
学名はCornus officinalis Sieb. et Zuccと言います~

1.
d0054276_21214571.jpg

別名をハルコガネバナ、アキサンゴ、ヤマグミとも呼ばれます・・・・・^^
中国や朝鮮半島が原産地で江戸時代享保年間に朝鮮経由で漢種の種子が日本に持ち込まれのが始まりです・・・・・
薬用植物として栽培されるようになりましたが日本では観賞用として庭木などにも利用されているものが多いです・・・・・
日当たりの良い肥沃地などによく見られます~^^




2.
d0054276_21215669.jpg

晩秋に付ける紅色楕円形の実は一見美味しそうですが他等は渋くて生食には向かないようです~><
内部にある種子を取り除き乾燥させた果肉(正確には偽果)は生薬に利用され「サンシュユ」の名で日本薬局方に収録されていて強精薬や止血や解熱作用があると言われています~

果肉は長さ1.4cm程の楕円形で牛車腎気丸や八味地黄丸等の漢方方剤にも使われています・・・・・




3.
d0054276_21221338.jpg

山茱萸の音読みが和名の『サンシュユ』の由来です・・・・・
早春の葉がつく前に木一面に黄色の花をつけることから『ハルコガネバナ』とも呼ばれますが秋の『グミ』のような赤い実を珊瑚に例えて「アキサンゴ」とも呼ばれます~^^




4.
d0054276_21224867.jpg



5.
d0054276_2123446.jpg

この赤い実も見ているだけで楽しくなります~♪^^




6.
d0054276_21231815.jpg

この実を見ているとつい『イチ・ニッ・サンシュユ~ ニイ・ニッ・サンシュユ~』なんて掛け声が心の中で出てしまいます・・・・・(笑)




7.
d0054276_21233733.jpg



8.
d0054276_2124574.jpg

グミにも見えますがサクランボにも見えますね~
これが食べると渋いなんて思えないですね・・・・・><

鳥達って渋い木の実でも平気で食べていますが味覚が判らなくてお腹を満たすためだけに食べているのでしょうか・・・・・?
時々そんな事を思っています・・・・・^^




9.
d0054276_21241951.jpg



10.
d0054276_2125975.jpg

艶やかな赤~い実・・・・・♪




11.
d0054276_21252580.jpg

色が黄色だったらセンダンの実の姿にも良く似ていますね・・・・・♪
あの実も渋いようなのでそれも少し似ていますね~♪^^




12.
d0054276_21253787.jpg



13.
d0054276_21254719.jpg

たくさんの実が生っていました・・・・・
これは木曽川水園の茅葺古民家裏にあるサンシュユの木です~♪^^




14.
d0054276_2126071.jpg

自然発見館前になっていたサンシュユの実です~
陽が良く当たる場所なので実の艶々感が綺麗ですね~♪^^




15.
d0054276_21261427.jpg

今日は一宮近くに鳥を探しに出かけましたが出会ったのはモズだけでした
近くにいたバードウォッチャー達が『もうすぐルリビタキが来るから待っていたら?』と言いましたが家族と待ち合わせをしていたので帰ることにしましたがすぐ近くにオオタカも来ていたようだったので心残りでした~







(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)



 
by shizenkaze | 2013-12-29 21:50 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『蔓梅擬(ツルウメモドキ)の綺麗な実~』

今日は職場の大掃除を昼過ぎに終えてから『国営木曽参戦公園・河川環境楽園の木曽川水園』に行って色々なものを写して来ました

特に木の実が多く生っていましたので写しましたので順に載せたいと思っています~
今日写したものの中で一番好きな『ツルウメモドキ』を最初に載せる事にしました・・・・・^^



『ツルウメモドキは綺麗な実が生ります~』  ニシキギ科ツルウメモドキ属の落葉蔓性木本
学名はCelastrus orbiculatusと言います~

1.
d0054276_2039317.jpg

日本国内や東アジア一帯に自生しています・・・・・
日当たりの良い林などに生育し都市部の植え込みなどにも見られます
蔓は他の植物に絡まりながら上に伸びて茎は木化して太くなります~

よく生長し他の木を覆うこともあるようです・・・・・
葉は長さ5~12cmで幅の広い卵形から円形で鋸歯があって名の通りウメやウメモドキに似ていて互生します・・・・・
花は5月頃開花します~
黄緑色で花弁は5個で葉腋から出た集散花序につきます・・・・・
果実は秋に淡黄色に熟し3つに裂開して赤い仮種皮に被われた種子が現れますがこれが美しいので生け花や装飾用に使われることも多いです~
種子は鳥に食べられて広範囲に散布されます・・・・・♪




2.
d0054276_20391481.jpg



3.
d0054276_20392535.jpg

漢方では『南蛇藤』と言って薬用にされます・・・・・
東京の小石川植物園には大きなツルウメモドキがあってこれは徳川幕府が作った『小石川御薬園』以来のもののようです・・・・・^^




4.
d0054276_20394296.jpg



5.
d0054276_20395224.jpg

ミカンの皮を剥いたような感じで実の皮が割れると中から綺麗な実が現われます~
この色の対比が綺麗です~♪^^




6.
d0054276_20401189.jpg



7.
d0054276_20402820.jpg



8.
d0054276_20404698.jpg

こんなにたくさんの実が生っていました~
私が時々出かけている谷汲の華厳寺の参道にこの植物の蔓を丸くしただけのリースが1500円くらいで売られていました~^^




9.
d0054276_204058100.jpg



10.
d0054276_20411137.jpg

見ているだけで美味しそうな気持ちになるのは鳥たちだけじゃないですね・・・・・
私にもそう思えるようでした~^^




11.
d0054276_20412275.jpg



12.
d0054276_20413567.jpg



13.
d0054276_20415549.jpg

今な実を部屋の中に飾りたいです~
ここのものは公園なので駄目ですが今度谷汲へ出かけた時に買いたくなりました~^^




14.
d0054276_2042788.jpg



15.
d0054276_20421897.jpg


今日ここから家に戻って連れ合いを乗せて買い物に出かけましたが途中で寄った薬局から出ようとしたら車体が振動して変な音がしハンドルも変でした・・・・
慌ててタイヤを見ると右前のタイヤがホイールから外れてパンク(?)・・・・
ビックリしましたがどうにもならず道路の向こうがガソリンスタンドだったので来て貰い店まで車を運びましたがタイヤは使い物にならないとの事で取り替えてもらうのにはサイズが多いサイズじゃないので2時間待ち・・・・・><
スペアタイヤにして買い物を済ませてから注文してあるタイヤに交換してもらいました・・・・・

何処か山の中などでこんな事にならなくて良かったと良い方に解釈しましたが正月前に散財でした・・><
こんな現象は珍しいと言っていましたがどうしてのか不思議です・・・><
でも怪我をした訳じゃないので前向きに思う事にしました~(笑&泣)







(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-12-28 21:05 | 身近な自然の話 | Comments(26)

『あの花の実もたくさん生っていました~♪』

堤防を散策しながらクコの実を写したり近くの公園の風景を写したりしながら歩いていますと空き地に見られたフェンスにたくさんの実が見られました・・・・・
あの可哀想な名前の『ヘクソカズラ』達の実です~
鳩麦や数珠玉の実のような褐色で艶やかな実は見ていると綺麗に思えます

私はヘクソカズラと普通は呼びますが別名の早乙女花(サオトメバナ)や灸花(ヤイトバナ)とは呼び難いので『パエデリア』と学名をそのまま使う事もあります~^^



『ヘクソカズラの艶のある実達~』 アカネ科ヘクソカズラ属の蔓性多年草
学名はPaederia scandensと言います~

1.
d0054276_20335831.jpg

色々な所で見られる植物です・・・・・
葉や茎に悪臭があることから屁屎葛(ヘクソカズラ)の名が付けられています
古名はクソカズラ(糞葛・屎葛)と呼ばれていたようですが本当に酷くて可哀想な名前ですね・・・・・
別名にヤイトバナやサオトメバナがあります~♪




2.
d0054276_20341326.jpg

干して乾燥させた果実や生の実を薬用としますが生の果実はかなりの臭気を放ちます・・・><
でも乾燥したものは不思議と臭いが消えるために乾燥したものを使うことの方が多いようです~
即効性ではないですが効用は認められていて『しもやけ』や『あかぎれ』などの外用民間薬に使われています




3.
d0054276_20342652.jpg



4.
d0054276_20345311.jpg

艶のある実は渋くて味わいのある褐色です~




5.
d0054276_2035963.jpg



6.
d0054276_20352259.jpg

花も固まって咲きますが同じように実も固まって見られますね~
こんなふうに乾燥しているものは嫌な臭いもないので薬用に使えますね・・・・・^^




7.
d0054276_2035406.jpg



8.
d0054276_20355068.jpg



9.
d0054276_2036399.jpg

実の色も濃い色と薄い色が見られます・・・・・
時間が経つと白っぽくなって艶も無くなります~><




10.
d0054276_20361825.jpg

たくさんの数が生っています・・・・・
実になって時間も経っているようで実の色が色々に変化していますね~




11.
d0054276_20363172.jpg



12.
d0054276_20364519.jpg

実もここまで時間が経つと薬効は無いのでしょうね・・・・・
ここまでになると鳥達も食べようとしないでしょうね~><




13.
d0054276_2037049.jpg

植物達の実も段々と少なくなっています
それでもナンテンやピラカンサやノイバラの赤い実やセンダンの黄色い実はまだたくさん木に残っているのが見られます・・・・・




『岐阜がナンバーワン』  22 ダンボール原紙生産量日本一(恵那市)

岐阜県は古くから紙工業が盛んですが東濃・木曽川沿いの恵那地域の紙産業は歴史が新しく産業経済の進展に伴う紙需要の増大に対応して段ボールなどの板紙製造業として発展しました・・・・・

大井町にある段ボール原紙を製造する王子マテリア㈱恵那工場は製紙国内最大手の王子ホールディングス㈱の100%出資子会社で国内14ヵ所の工場での国内生産シェアは25%で日本一になっています~

恵那市は恵那駅の半径1km以内に製紙工場が3つもあるので製紙産業が活発なんですね~^^






(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-12-27 21:04 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『枸杞(クコ)の実がいっぱい・・・♪』

先日に岐阜公園で写したオレンジ色の実を『フユサンゴ』と教えて頂いた時に『フユサンゴはナス科の植物だから堤防に見られたクコの実もきっと生っているのだろうな・・・』と思ったので今日の昼に出かけてみました~

職場から歩いて5~6分の忠節橋の南スロープ東の護岸に一人生えしているクコなんですが今では全体に繁殖していて赤や時にはオレンジ色の実をたくさん付けています~
花の季節には今まで写しに来た事が無いので来年は花も写したいです~♪^^



『目立つのに知らない人が多いクコの実達・・・・・』 ナス科クコ属の落葉低木
学名はLycium chinenseと言います~

1.
d0054276_2047288.jpg

忠節橋に向かうスロープの両側護岸は色々な植物が植えられていますがこのクコは一人生えのようです
毎年こんな赤い実がたくさん生るのですが気が付かない人が多いようです~^^




2.
d0054276_20472027.jpg

実の付き方を見るとナス科だって良く判りますね・・・・・^^

中国原産で食用や薬用に利用されますね・・・・・^^
日本や朝鮮半島、台湾、北アメリカなどにも移入され分布を広げている外来種になります~




3.
d0054276_20473268.jpg

丸く大きなものも少し痩せ気味のものも見られました~♪





4.
d0054276_20475011.jpg

他の植物も一緒にあるので葉が何種類も見られます・・・・・
葉に虫こぶのようなものがたくさん見られるものもありますね~♪




5.
d0054276_2048792.jpg

茂みの中に固まって生っているものもありました~カメラを茂みの中に入れて写しています・・・・・
こんな場合にはコンデジが楽ですね~♪^^




6.
d0054276_20482078.jpg

赤い実の他にオレンジ色のものも見られました・・・・・
何となく色変わり唐辛子みたいですね~^^




7.
d0054276_20483848.jpg

果実は酒に漬けこんでクコ酒にする他に生食やドライフルーツでも利用されます・・・・・
薬膳として粥の具にもされることがありますね~^^
柔らかい若葉も山菜として食用にされます・・・・・




8.
d0054276_20485223.jpg

熟れ過ぎて皺が出ているものも見られますね・・・・・
いつ頃路から生っているのか判りませんが私のブロ友さんのブログでは1ヶ月くらい前に見せて頂いたような記憶があるので11月には生っていたのでしょうね?^^




9.
d0054276_20491014.jpg



10.
d0054276_20493435.jpg



11.
d0054276_20495685.jpg

鳥が突っついたのでしょうか・・・・・
実が割れて仲の種子が見られるものもありました
こんな感じで種が入っているのはピーマンやトウガラシと同じですね~♪^^




12.
d0054276_20501680.jpg



13.
d0054276_2050324.jpg

今日はこのクコの実の他にヘクソカズラの実や堤防ではスミレも見ました
青柳公園を歩きながら枯れ落ち葉と少し遊びながら過ごしていました・・・・・

いつも見ているスナゴケより少し大きなコケも写しました
ゼニゴケだと思いますが建物の近くで見たものなので青空背景はとても出来ませんでした・・・・・




『岐阜がナンバーワン』  21 日本一大きい乾漆仏(岐阜市)

岐阜大仏(ぎふだいぶつ)は岐阜県岐阜市の黄檗宗金鳳山正法寺にある仏像(釈迦如来像)で岐阜県指定重要文化財にもなっています・・・・・

像高13.63m、顔の長さ3.63m、目の長さ0.66m、耳の長さ2.12m、口幅0.70m、鼻の高さ0.36m
周囲1.8mのイチョウを真柱として木材で骨格を組んで竹材を編んで仏像の形を形成してこの竹材の上に粘土を塗って一切経、阿弥陀経、法華経、観音経等の経典が書かれた美濃和紙を張り付けて漆を塗り金箔を張っています・・・・・
経典は当時の住職が読み一枚一枚貼られているのでこの事から別名を『籠大仏(かごだいぶつ)』と言います・・・・・
像高は岐阜大仏(釈迦如来)像高13.63mであって古仏では東大寺(毘盧遮那仏)の14.86mに次ぐ像高となります~
因みに鎌倉高徳院(阿弥陀如来)の鎌倉大仏は11.387mです・・・・・





(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-12-26 21:19 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『長良河川敷冬景色~♪』

今日の昼休みに長良川の河川敷をゆっくり時間をかけて歩きました・・・・・
ゆっくりと言っても仕事が始まるまでの約45分間ですが~^^

枯木と枯草色しか見られないような河川敷でも眺めたりしゃがみ込んで見つめたりしていると色々なものの色が目に入ってきます
今日は今年最後の河川敷散策風景として雪に輝いていた伊吹山も載せてみました~^^



『少し暖かな風と一緒に河川敷散歩~』

1.
d0054276_21264934.jpg

青空とススキ・・・・・
もう種子の付いた綿毛をたくさん飛ばした後なんでしょうね・・・・・
まだ綿毛を風に靡かせながら河川敷に見られました~^^




2.
d0054276_2127656.jpg

セイタカアワダチソウも色褪せた綿毛になって少しずつ種子を風に乗せて飛ばしていました~
また広い範囲に子孫が残るのでしょうね・・・・・^^




3.
d0054276_2127192.jpg

メマツヨイグサは完全にドライフラワーになっています~
実鞘の中にはまだ少し細かな種子が残っていましたが風が吹けば下にばら蒔くのでしょうね・・・・・




4.
d0054276_21274781.jpg

イタドリの実も乾いていました~
触れるとカサカサと微かに音がしました・・・・・^^




5.
d0054276_2128143.jpg

1本のナンキンハゼの木にこの実と他に1個の実が残っていました
他に生っていた実は鳥たちに食べられたようですが残っていた2個の実は隠れていたのでしょうか?
それとも鳥が残した『木守実』なんでしょうかね~^^




6.
d0054276_21281742.jpg

河川敷では一番目立っているノイバラの実~^^
長良川の河川敷には無数に生っているので鳥が団体で来ても食べ尽くせるものじゃないでしょうね・・・・




7.
d0054276_21282954.jpg

私が見ても美味しそうに思えるので鳥達にはご馳走なんだろうな~^^




8.
d0054276_21284541.jpg

河川敷では良く目立つ木です・・・・
ヤナギの仲間ですがハッキリした名前はまだ調べていませんでした
また来年の春にでもネコヤナギのような花芽が出たら調べてみます~^^




9.
d0054276_2129767.jpg

対岸の堤防の上に見える伊吹山です~
今はすっかり雪に覆われて白くなっています・・・・・
こちらから見る伊吹山は男性的で険しく見えますが滋賀県から見る伊吹山は優しい母親のように見えると私は思います・・・・・




10.
d0054276_2129173.jpg

ヒマラヤかエベレストのように見える岐阜から見た伊吹山です~♪^^




11.
d0054276_21293185.jpg

足元で見たスナゴケも今日は少し写しました
やっぱりスナゴケも青空背景で・・・・・♪^^




12.
d0054276_21294141.jpg

センダングサの仲間たちのヒッツキがまだ多く見られます
残っているという事はまだだけにも触れられていない証拠なんですね~^^




13.
d0054276_21295955.jpg

カタバミも黄色い花を咲かせていました・・・・
遅いのか早いのかどちらなんでしょうね?^^




14.
d0054276_21301226.jpg

堤防に見られた緑色が綺麗な『ヨモギ』の葉です
春先にこれを摘んで草餅を作ってみたいですね~~
きっと市販のものより香りがいいでしょうね^^






(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-12-25 21:58 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『岐阜公園も寒さが厳しくなっています~』

先日出かけた岐阜公園の写真がまだありましたので載せる事にしました
今年中にはもう行かないので最後の岐阜公園写真になります~

早朝まで雨が降っていたので楓等の枝に雨粒が付いていました
公園内には色々な植物がありますが今は葉を落として春を待つものが多いです
その中で実を付けているものや花を咲かせているものもほんの僅かですが見られました・・・・・

公園内で見られるものもちょっぴり載せてみました・・・・♪^^




『岐阜公園を歩いて・・・・・』

1.
d0054276_2145256.jpg

楓の枝に雨の雫が付いていました~^^




2.
d0054276_215328.jpg



3.
d0054276_2151373.jpg



4.
d0054276_2152255.jpg



5.
d0054276_2153624.jpg

池に注ぐ流れも冷たそうに思われました~
やがてこの風景も白の多い風景になるのでしょうね・・・・・♪




6.
d0054276_2154927.jpg



7.
d0054276_2155725.jpg

公園の木々の下に見られたオレンジ色の実です・・・・・
何も書かれていませんでしたので名前を木にせず写していましたが何の実だったのでしょうね~?^^
この実はナス科の『フユサンゴ』だと教えて頂きました・・・・・♪
オダマキさん、ソヨカゼさん有難うございました~




8.
d0054276_2161368.jpg



9.
d0054276_2162499.jpg

ツワブキの花がまだ咲いています・・・・・
写したのは少し前ですがここのツワブキは遅くまで毎年咲いているようです~♪^^




10.
d0054276_2163931.jpg

岐阜公園のこの場所で『山内一豊』さんと『千代』さんが婚礼をしたと言います
記念の碑が建てられています~^^




11.
d0054276_2165086.jpg

金華山山頂までロープウェイがあります
こんなものが昔あれば信長様も楽だったでしょうね~(笑)




12.
d0054276_2165987.jpg

岐阜のシンボル・・・
金華山山頂に聳える岐阜城です~♪^^
煤払いも終えてお正月を迎えます・・・・・♪




13.
d0054276_2171133.jpg

石灯籠のある池に朝靄がかかっていました・・・・・
何となく雰囲気が良かったので暫く眺めていました~♪^^




14.
d0054276_2172530.jpg


昨日年賀状をプリントしていると急にプリンターが止まり電源が切れました
何をしても動かなくなって年賀状が出来なくなったので今日の仕事帰りに量販店でプリンターを買いました
これから設定をして賀状の続きをしないと困りますので今日はリンクしている皆様の所にお邪魔するのが遅くなるかも知れません・・・・・
どうしても無理なら明日お伺いします~♪

最新型のプリンターなので今使っているXPに対応しているか調べずに買ったしまったので冷や冷やものです・・・・・><






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-12-24 21:28 | 公園 | Comments(18)

『今日は山小屋でティータイムでも・・・・♪』

時々私のブログに登場する喫茶店の『エーデルワイス』です
名前からも想像できるようにここは山好きが集まります~^^
もちろんここは山の中じゃなく岐阜市の繁華街の中にあります~

マスターも山男でここは岐阜の『登高会』って言う登山の会の事務局になっています~
私は山には登りませんが好きなので情報を聞くためにもう長い付き合いになっています・・・・・
大学の頃から来ていたので45年くらいは付き合っていますね~^^

途中で改装されましたが同じような雰囲気は残っていて私にはのんびり出来る所になっています~^^


1.
d0054276_2183381.jpg

カウンター越しに見れば・・・・・♪




2.
d0054276_2184289.jpg

壁にはピッケルやザイル等の登山道具が飾られています
年季ものばかりで好きな人には堪らないでしょうね~^^




3.
d0054276_2185295.jpg

ホエーブス等のストーブが置かれ下には古い登山靴も置かれています・・・
壁にはカンジキなども見られます~♪




4.
d0054276_219367.jpg

山スキーの道具や山の生活で使われていた昔からの小物も色々見られます~




5.
d0054276_2191449.jpg

天井にはオイルランプやキャンドルランタンがたくさん吊るしてあります・・・・・^^




6.
d0054276_2192626.jpg

この写真だけ見ているとこの建物が街中にあるものじゃなくて本当に山の中にあるような気になります・・・・・




7.
d0054276_2193546.jpg

入り口です~
ドアの外は金公園(こがねこうえん)の噴水公園があります~^^
それだけで岐阜に住んでいる方なら場所がわかりますね・・・・・♪^^




8.
d0054276_2194316.jpg

私の指定席はこのカウンターの一番左です~^^
99%同じ所に座りますね・・・・・(笑)




9.
d0054276_2195656.jpg

山好きなら是非入って欲しいですね~
岐阜の山情報もここで聞けると思います・・・・・^^




10.
d0054276_211096.jpg

この壁面を使って以前には川原の石で作った『石魚(いお)』の個展のようなものをした事があります~
今度は写真を飾らせてもらいたいですね~♪^^




11.
d0054276_21102087.jpg

ストーブの煙突や鳩時計やランプや登山の道具が犇めき合っています~
駐車場はありませんがすぐ近くに岐阜市の市営駐車場もありますし民営の駐車場も多いので車でも来られます・・・・・^^




12.
d0054276_21103062.jpg

仕切りの上にも小さなランプが並んでいます~
こんな具合に宝探しのようにして色々に物を見つけるのも楽しいですよ(ただし人が多い時には出来ないですが・・・><)




13.
d0054276_21104291.jpg

カウンターの一番奥に私の散歩用のカメラバックが見られますね~
この日は水道山の遊歩道を写して来た帰りでした・・・・・♪^^




14.
d0054276_21105220.jpg



15.
d0054276_2111311.jpg

山の道具や山関係の本にポスターがあるので山小屋にでもいるような気持ちになってしまいます~
でも・・・・・ドアを開けて外に出ると忙しそうに早歩きしている年末の街風景がそこにあります・・・・・><





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
by shizenkaze | 2013-12-23 21:36 | 私の好きな場所 | Comments(20)

『水道山南散策路を歩いて・・・・・』

今日はどこにも出かけませんでしたが買い物から帰ってほんの僅かな時間でしたが水道山の散策路を歩いてきました・・・・・
水道山は正式名は上加納山ですが山中に岐阜市の水道施設があったので通称の『水道山』が普通に使われています~^^

散策路を歩きましたが花は椿が咲いていただけで他のものは何も見られませんでした・・・・・



『散策路の風景~』

1.
d0054276_2133352.jpg

散策路にある路灯と斑入りアオキの葉・・・・・
アオキの葉はいつも瑞々しく見られますね~^^




2.
d0054276_2134859.jpg

タカサゴフヨウ(ヤノネボンテンカ)も今はこんな状態です~
また来年には綺麗で可愛い花を見せてくれますね・・・・・♪^^




3.
d0054276_21402.jpg

水道山にはカシやナラのドングリの生る木がとても多いです~^^




4.
d0054276_2141048.jpg



5.
d0054276_2142277.jpg

花はこの椿だけが見られました・・・・・
この散策路には季節には色々な花たちが咲いて私の目を楽しませていました~^^




6.
d0054276_2143884.jpg

ハナズオウもこんな状態です・・・
実も乾き切っていて冬枯れになっているようでした~




7.
d0054276_2145595.jpg

人口40万人を越す地方都市ですが商店街や繁華街から1kmも離れていない所にこんな立て札があるのも自然豊富な証拠なんでしょうね~(笑)
でもこの水道山で鹿を見た事も鹿のいたような跡も見たことがありません・・・・・
だけど隣の金華山ではイノシシが多く見られるようになったと聞きます~♪




8.
d0054276_2151287.jpg

水道山南遊歩道の一番上にある展望台です~
寒かったので誰もいませんでしたが暖かい時にはカップルが多いです~^^




9.
d0054276_2152698.jpg

オオイタビにはまだ実が残っていました~
クワ科でイチジクの仲間なので食べられるようですがなかなか思い切って食べようとは思えないですね・・・・・




10.
d0054276_2154743.jpg

あちこちに見られるシモツケですが結構長く花が咲いていました・・・・
でも今はさすがに見られないですね~^^




11.
d0054276_216329.jpg



12.
d0054276_2161987.jpg



13.
d0054276_2165753.jpg

遊歩道の下から上を見上げながら歩いていました・・・・・




14.
d0054276_2174443.jpg



15.
d0054276_2181492.jpg

周囲の風景・・・・・^^
岐阜市内の町並みが見られますが小さな町です~
高いビルが少ないので遠くまで見られますね・・・(笑)




16.
d0054276_2182479.jpg



17.
d0054276_2183510.jpg

山裾まで民家が建てられています~
山から鹿や猪が現れたら鉢合わせになりますね~~♪




18.
d0054276_2185015.jpg

粕森公園南の奥には水道山の裾に子供の遊び場があります
その子供遊具のある所にも『シカが出没します』の立て札が見られます・・・・・

『シカ』なんて実際に出会ったことが無いのに『シカめっつら』していても『シカたない』ですね~~><




『岐阜がナンバーワン』  20 総貯水量日本一の徳山ダム (揖斐郡揖斐川町)

一級河川・木曽川水系揖斐川最上流部に建設されたダムです
独立行政法人水資源機構が管理するロックフィルダムで堤高161m・総貯水容量6億6,000万m3は日本最大規模であり多目的ダムとしては日本最大、全ての日本のダムにおいても最大級の規模を誇ります・・・

水害常襲地帯である揖斐川の治水および東海3県の水がめとして建設されました・・・・・
ダム建設に伴い徳山村全村が水没しその後はダムの必要性について全国的な論争が起きるなど話題も多いダムでした・・・><
ダムによって形成された人造湖は旧徳山村村民からの意見により旧村名から徳山湖(とくやまこ)と命名されています・・・・・♪^^
d0054276_21491096.jpg

貯水量は浜名湖の約2倍の6億6,000万立方メートル
ダム堤頂の長さは新幹線「のぞみ号」の16車両(400メートル)を超える427メートルです





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
by shizenkaze | 2013-12-22 21:50 | 私の好きな場所 | Comments(28)