<   2014年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『山桑(ヤマグワ)の教え・・・・・・・・』

先日(29日)に1本の木を私が『トウカエデ』と思って紹介しましたが見て頂いたブロ友さんから指摘があり自分でも何か変なように思って気持ちがスッキリしませんでした・・・・・

今日確認のために私が好きで『私指定重要保護樹』にしていた『ヤマグワ』を良く調べてみました
葉や実が多く見られる季節には下草が鬱蒼としているので近寄れませんでしたが今日は草も少なくくっ付く実と格闘しながら色々写してみました・・・・・

そして29日に載せた所のものも再度載せて比べられるように今日も写してきました・・・・・



『初夏に沢山の実が生っていたヤマグワの木』 クワ科クワ属の落葉小高木
学名,はMorus australisと言います~
1.
d0054276_20383670.jpg

この写真は2012年の5月26日に写した私のいつもの散歩コースで見られる『ヤマグワ』です・・・
毎年沢山の葉が茂り青々として涼しげに感じていました~^^




2.
d0054276_20385063.jpg

食べられるクワの実も毎年沢山生っていて鳥達も良く食べにきていました~
クワの実は同じように熟しても赤と黒の実が見られますね・・・・^^
(2012年5月26日撮影)




3.
d0054276_20391032.jpg

今日(1月31日)のヤマグワです~
落葉樹なのでスッカリ葉が落ちています・・・・・^^




4.
d0054276_20392866.jpg

この光景では先日載せた木と比べる事は出来ませんね・・・・・




5.
d0054276_2040340.jpg

でも散って乾燥している葉を見ると似ているように感じます・・・・・♪




6.
d0054276_20402865.jpg

葉の形が変わっているものを探して先日写した葉のようにして写してみました・・・・・
こうして見ると全く同じですね・・・・・

トウカエデは全部が3つに分かれている形で大きさももう少し小振りです




7.
d0054276_20405354.jpg

葉痕と春待芽を写す為に藪の中へ入って写しました・・・・・




8.
d0054276_2041517.jpg



9.
d0054276_20411441.jpg

先日載せたものと全く同じのようですね・・・・・




10.
d0054276_20414551.jpg

葉痕の形や模様も春待芽の色や大きさも全く一緒でした・・・・・
これはこの『ヤマグワ』と先日写した木が同じだと言う事になりますね~♪^^




11.
d0054276_20421535.jpg



12.
d0054276_20424937.jpg

このヤマグワは叢の中でこんな感じで生えています・・・・
29日に写した木は忠節橋のすぐ近くに生えていてお互いの距離は今日測ってみましたが私の足で410歩でした・・・・・・
正確ではないですが約200m程だと思います~♪^^




13.
d0054276_2043564.jpg

これが初夏に実の生る河川敷のヤマグワです・・・・・^^




14.
d0054276_2043291.jpg

近くに寄って見るとこんな感じでした・・・・・^^




15.
d0054276_20434155.jpg

そしてこちらが29日に『トウカエデ』じゃないかと思っていた木です・・・・・
こうして比べてみると樹形も同じですね~

ただ言える事は何年も前から気が付いて眺めていた木なのですが実が生っている事は一度も確認していません・・・・・
雌雄異株の樹木なので時には同株のものもあるようですがこちらは『雄株』だと思います・・・・
春になりば開花するので雄花は茎の先端から房状に垂れ下がり雌花は枝の基部の方につくので再度確認したいと思っています

もしこの木が雄株なら下流にある私が贔屓していたヤマグワの雌花に花粉を飛ばして受粉させている相手なのでしょうね~
約200m風下まで風に乗せて花粉を飛ばしたり鳥達や虫達も少しは協力しているのかも知れませんが自然の営みって凄いです・・・・・^^




16.
d0054276_20435360.jpg



17.
d0054276_2044527.jpg

これは橋近くの木の葉痕と春待芽です・・・
全く同じですね・・・・・

自分が気に入っていて実が沢山生っているので『私指定重要保護樹』なんて言っていたヤマグワなのに少し違う所で見ると他の木と間違えてしまうのは本当に恥ずかしい事ですね・・・・・
今回の事で植物達が好きでも本当にどれだけ知っているのか自分に対して疑問が出てしまいました

この事をしっかり考えてこれからは今まで以上に良く観察したいと思いました・・・・・
間違って載せた29日の内容には一部の訂正を書き加えますが間違いを消さないで残すようにします~

時々このような事がありますので気が付かれましたらドンドン教えてください~
宜しくお願いします・・・・・








(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-01-31 21:24 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『葛達の顔(葉痕)を集めてみました~^^』

今日は朝からずっと雨でした・・・・・
お昼休みに河川敷に出掛けられなかったので昨日写したクズの葉痕を色々載せる事にしました~
木々の葉痕は同じようなものが見られるだけですがクズは葉痕にも個性があるので楽しむ事が出来ます・・・^^
葉痕は『ヨウコン』と読みますが『ハコン』でも『ハアト』でも別にいいでしょうね~^^

『ヨウコンこそここへ~クッククック~私の青い鳥・・・・・』とか『ハアトのエースが出て来ない・・・♪』なんて歌いながら探していると幸せをハコンで来るかも知れないですね~(笑)



『クズの葉痕に見える顔達~』  マメ科クズ属の蔓性の多年草
学名はPueraria lobata または Pueraria montana var. lobataと言います~
学名の最後に付けられている『lobata』って『炉端』の事なのか『路端』の事なのかどうなんでしょうね~?^^
1.
d0054276_2029118.jpg

どうですか?
耳まで付いているように見えて可愛い動物のように見えませんか?^^




2.
d0054276_20291158.jpg

こんな顔をした人が近くにいるような気がしますね~♪




3.
d0054276_20292094.jpg

何となく赤ちゃんみたい・・・・・^^




4.
d0054276_20292818.jpg

長~い帽子を被ったおじさんのようです・・・・・^^




5.
d0054276_20293754.jpg

『私って暗い・・・?』なんて言っているような陰気な顔ですね・・・><




6.
d0054276_20294791.jpg

近寄り難いような感じですね~><




7.
d0054276_20295611.jpg

眠いよ~~




8.
d0054276_203054.jpg

『こんにちは・・・・山のタヌキです~』なんて・・・^^




9.
d0054276_20301493.jpg

太陽の光を一杯に浴びて気持ち良さそうです~^^




10.
d0054276_20302214.jpg

『ミミズク人間です~』って顔じゃないですか~?^^




11.
d0054276_2031228.jpg

こんな顔の人が今日の帰り道に商店街を歩いていました・・・・・(笑)




12.
d0054276_20311155.jpg

こんな顔の友達が学生時代にいました~^^
今頃何してるかな・・・・・♪^^




13.
d0054276_20311977.jpg

クズの葉痕って本当に見ていて楽しいです~
同じようなものもあれば全く違うものも見られるので本当に友達のような顔があって探しながら一人で笑っていました~^^




14.
d0054276_20315847.jpg

どうですか?
皆さんも近くの空き地や河川敷で『クズ』の葉痕を見て楽しんでみませんか~^^




15.
d0054276_20323183.jpg

明日は晴れそうなので河川敷に出掛けて何か撮りたいですね~^^


昨日載せた『トウカエデ』はやっぱり別の植物かも知れません・・・・
コメントに書かれていたような『ヤマグワ』の特徴も多く見られました
私が散策している河川敷には私が個人的に好きと言っている『ヤマグワ』が1本だけあって毎年実を実らせています・・・・
ヤマグワは雌雄別株なのでこの木が雌木だと判りますが雌木だけでは実は生りません・・・・・
今まで『もしかしたら両性の木かな?』と思っていたのですがあのトウカエデと思っていた木がヤマグワの雄木だとすれば約100mの距離なので花粉が飛んで受粉してもおかしくなさそうです・・・・
今日気が付きましたが雨で出掛けられませんでしたので晴れたら河川敷のヤマグワの下に散っている葉を調べようと思います・・・・・

ヤマグワは古いものは葉が一定になりますが若い木ではトウカエデやカシワのような姿になるものも見られるので確認して正しく訂正するようにしたいです~^^
『落葉樹の冬時期の判別は難しい・・・』なんて曖昧な事では困りますのでとことん調べますね~^^






(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-01-30 21:03 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『トウカエデ(実際はヤマグワでした)の葉痕と春待芽~♪』

長良川の河川敷に見られる木でしたが葉に特徴があるのに名前が判らずずっと調べていましたが今日やっと判りました・・・・・^^
花も実も見ていなかったので調べながらドンドン他の科の方向に向かっていたのでこの木が美江寺公園にもあった『トウカエデ』とは思ってもいませんでした・・・・・><
木の大きさも太さも違っていたので判らなかったようです~

枯れて散っている葉も良く観察しました・・・・・・・^^



『河川敷の唐楓(トウカエデ)』  カエデ科カエデ属の落葉高木
『私の間違いで実際はヤマグワでした(クワ科クワ属)』
学名はAcer buergerianumと言います~
ですから学名はMorus australisが正しいものです・・・・・
1.
d0054276_20512910.jpg

トウカエデ(本当はヤマグワ)の葉痕です~
あまり顔のようには見えないですね・・・・・^^




2.
d0054276_20515831.jpg

葉痕の上に春待芽(葉芽)が見られます・・・・・
まん丸で可愛く見えました~♪^^




3.
d0054276_2052715.jpg



4.
d0054276_20521598.jpg



5.
d0054276_20522366.jpg

枝の先に見られる春待芽は特等席を取ったようで何となく誇らしげに見えました~^^




6.
d0054276_20523249.jpg

忠節橋をバックに春を待つ芽達が並んでいました~^^




7.
d0054276_2053030.jpg



8.
d0054276_20531342.jpg

今はこんな姿なので葉が茂っていた時に名前が判らなかったのだからどうしようもないですね・・・><
樹肌と葉痕と春待芽でおおよその見当を付けました・・・・・^^
(でも間違えてしまいました・・・・・><)




9.
d0054276_20532498.jpg



10.
d0054276_205333100.jpg

残っていた枯葉に何かの繭らしきものが付いていました~
春になったらここから孵化して出て来るのでしょうがどんな虫なんでしょうね?^^




11.
d0054276_20534353.jpg

長良川は今日も穏やかに流れていました・・・・・
この木に少し前にジョウビタキが来てとまりましたがすぐに飛んで行きました・・・・・^^




12.
d0054276_20535246.jpg

下に落ちていたこの木の枯葉ですが少し厚めで艶があったように感じられました・・・
トウカエデの葉のように思いましたが別のものなのかな・・・?
少しは弱気になっていましたがやっぱり間違えていたようです・・・・・><
有り触れた形の葉ではないのですが私の持っている樹木図鑑8冊で調べるとどうしてもトウカエデに辿り着きます・・・・・^^
私がいつも見ていて贔屓にしている『ヤマグワ』だとは思いつきませんでした・・・><




13.
d0054276_2054071.jpg



14.
d0054276_20543073.jpg

まだ樹齢も若いようなのですがトウカエデの花の咲く時期に何度も来て調べようと思っています
カエデに付物のプロペラのような実はここではまだ確認していません・・・><
カエデではなくヤマグワだったのでこんどは花を写したいですね^^




15.
d0054276_20551131.jpg

最初はブナ科のアカガシワ(アメリカンオーク)じゃないかと思ったり他の木々にも似ているものがあって本当に迷いました・・・・・迷った挙句に間違えたようですね~><
樹木に詳しい人ならすぐに判るのでしょうが私では悩みますね・・・・・><
春に花が見られればまた載せたいと思います~♪^^

本当はクワ科のヤマグワでしたが全く別の植物だと思ってしまったので少し訂正しました
まことに恥ずかしい内容で申し訳ありませんでした・・・><






(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-01-29 21:22 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『松尾池周辺の散策~^^』

今日は河川敷で葉痕や春待芽を写したのですが樹木名が判らなくなってしまったので以前撮った松尾池の周辺写真を載せる事にしました~^^

今日写したものは名前が判り次第載せる事にします~♪^^



『松尾池と岩舟渓谷の入口辺り~^^』
1.
d0054276_20224824.jpg

池周辺の道から見た水面と木々達~




2.
d0054276_20231763.jpg

今年は松尾池にも鴨達の姿が少ないです・・・・・><




3.
d0054276_20232615.jpg

静かな空間が繋がって見えるだけでした~♪




4.
d0054276_2023539.jpg



5.
d0054276_2024532.jpg



6.
d0054276_20241472.jpg

映りこむ風景もあまり綺麗ではありませんでした・・・・・
もう少し綺麗な風景が写したかったです~><




7.
d0054276_20244442.jpg



8.
d0054276_20245482.jpg



9.
d0054276_202524100.jpg

『岩舟荘』はとても雰囲気の良い料理屋さんでしたがお店を閉められて何年にもなります
手入れも大変なのでここを買い取る人も居ないみたいです・・・・・




10.
d0054276_20253346.jpg

池の水面を移していると藪の中からオシドリ達が出て来て泳ぎだしました~^^
数は例年と比べると少ないです・・・><




11.
d0054276_2025442.jpg

岩舟渓谷をほんの少しだけ歩いてみました・・・・・^^




12.
d0054276_20255598.jpg

この流れの上流には岐阜市に4つある滝の一つ『萩の滝』が見られます・・・^^
小さい滝ですが岐阜市内では珍しいので皆さんが訪れます~♪




13.
d0054276_20263928.jpg

この渓谷沿いの道を歩くと岐阜市内で一番高い山『百々ケ峰(どどがみね)』の山頂に行けます
この山から岐阜城が見下ろせます~^^




14.
d0054276_2027964.jpg

登山道は整備されているので誰でも登る事が出来るようになっています~
新緑の頃がいいでしょうね~^^




15.
d0054276_20273240.jpg

トイレもあるのでファミリー登山されている人も多いです~^^


前々から気になっていた長良川の河川敷に生えていた木で葉に特徴があるのですぐ判ると思っていましたが以前葉が茂っているときにも写して調べたのですが判らず今日写した葉痕や春待芽だけでは判り難いかも知れないですが所持している植物図鑑や樹木図鑑とネットなどでよく調べようと思います~

葉はカシワやナラカシワのように思えたのですが今は落葉樹なので葉が全く見られません・・・><
うろ覚えでは難しいかな?







(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-01-28 20:53 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『河川敷の針槐(ハリエンジュ)』

今日は昼の散歩で少し遠くまで歩きました
忠節橋の下流にある大縄場大橋近くに『ハリエンジュ』があったのを思い出したので見に行ってきました・・・・
今の季節には葉が無いので棘がよく目立っていました・・・・・♪


『棘が鋭いハリエンジュ・・・』 マメ科ハリエンジュ属の落葉高木
学名はRobinia pseudoacaciaと言います~
1.
d0054276_20524310.jpg

北米原産で日本には1873年に渡来した樹木で用途は街路樹や公園樹等の外に砂防や土止めに植栽されています・・・

別名をニセアカシアとも言います~
この棘に囲まれたものが葉痕です・・・・・^^




2.
d0054276_2053918.jpg

樹高は20~25mになります・・・・・
葉は初夏に白色の総状花序で蝶形花を下垂させます
奇数羽状複葉で小葉は薄く5~9対で基部に1対のトゲ(托葉に由来)が見られます・・・・

小葉は楕円形で3~9対で5~6月頃に強い芳香のある白い蝶形の花を10~15cmほどの房状に大量に咲かせます・・・・・
花の後に平たい5cmほどの鞘に包まれた4~5個の豆ができます・・・・・^^




3.
d0054276_20532420.jpg

観賞用として価値が高いことから街路樹や公園にも植えられますが幹に鋭い棘があり剪定しにくく根から不定芽が多数出たり風で倒れやすいなどの理由で庭木などにはあまり向かないと言われています~
棘のない園芸用の品種もあるようです・・・・・^^

後ろに見えるのが『大縄場大橋』です~♪




4.
d0054276_20542777.jpg

所々に実が見られますが木の割りに小さいので判り難いですね~><




5.
d0054276_20545643.jpg

鋭い棘です・・・・・
少し触れましたが痛かったです・・・・・><




6.
d0054276_2055994.jpg

ハリエンジュの実が生っています~^^




7.
d0054276_2056440.jpg

蔓性なのでこんな蔓が見られました~^^




8.
d0054276_20563611.jpg

こうして見るとマメ科って言う事が良く判りますね~♪^^




9.
d0054276_20572476.jpg

幹にもこんな鋭い棘があります
知らずに寄り掛かったら大変ですね~><




10.
d0054276_20581096.jpg

こんな木が茂っているような所を歩きたくないですね~
この棘に気をつけながら撮っていたので足元のアレチヌスビトハギのくっ付きに気が付かず会社に戻ったらズボンに一杯の種子がくっ付いていたので取るのに一苦労しました~><




11.
d0054276_20584237.jpg

ペラペラな豆果が風に揺れていました~
こんな実の中の小さな種子からこんなに大きな木が育つのですね~^^




12.
d0054276_20591434.jpg

『頭上注意』って立て札が必要ですね~(笑)
でも刺されば笑い事じゃないですね・・・・・><




13.
d0054276_2101528.jpg

ハリエンジュにイラガの繭が見られました・・・・・
ここなら鳥達から守られるでしょうね~♪




14.
d0054276_211667.jpg

河川敷に生えていたハリエンジュの姿です
今度は花の季節に写したいですね~^^




15.
d0054276_2112213.jpg

長良川の河川敷でも忠節橋から大縄場大橋までは私の散策コースなので大体何が見られるかは判っているつもりなんですが時々新しくここにやって来た『新顔さん』も見られる事があるので楽しいですね~^^

これから暖かくなると花も咲くので散策がとても楽しくなります~^^

今日はパソコンの調子が悪くて変換の度に『応答なし』になってしまいこのブログを更新するのに1時間半近く掛かってしまいました・・・・・><






(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-01-27 21:34 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『梅林公園の素心蝋梅(ソシンロウバイ)』

今日は昼前から私の母の13回忌の法要で姉夫婦と息子夫婦と娘が来ていたので外に出掛ける事もなく過ごしていましたがお坊様が帰られてから近くの料理屋で食事をして家に戻り休憩をしている間に少しだけ梅林公園に出掛けて素心蝋梅を写しました~
時間が無かったので慌てて撮りましたので綺麗には写せませんでした~><


『暫く見られる素心蝋梅の花~』 ロウバイ科ロウバイ属 の落葉低木
学名はChimonanthus praecox f. concolorと言います~
1.
d0054276_20535845.jpg

ソシンロウバイのソシンとは花弁や花芯まで同じ色の花を中国では『素心』と呼ぶことに由来していて蝋月(旧暦12月)に咲く事と花が蝋細工に似ているためにソシンロウバイと呼ばれます~^^




2.
d0054276_20545043.jpg

葉の展開に先立って花径2cmくらいの花をたくさん咲かせます~
花被片はたくさんあります・・・・・♪
蝋梅(ロウバイ)は内側の花被片が濃い紫色になりますが素心蝋梅(ソシンロウバイ)は花被片全体が黄色一色です・・・・・
私はこのソシンロウバイの方が少しだけ好きです~^^




3.
d0054276_2055282.jpg

水仙に似た芳香を漂わせるので写真を写していても気持ちよく過ごせます・・・・・^^
英名はウインタースイート(winter sweet)と言われるようで甘い香りは外国でも好かれるようですね~




4.
d0054276_20552544.jpg



5.
d0054276_20555820.jpg



6.
d0054276_2056741.jpg



7.
d0054276_2056185.jpg



8.
d0054276_20564623.jpg



9.
d0054276_20565481.jpg



10.
d0054276_2057641.jpg



11.
d0054276_20571662.jpg

梅林公園には公園の南側とSLの置かれている児童遊具広場近くにたくさん植えられています~
ソシンロウバイじゃないロウバイは僅かですが公園の南東口に見られますが今日は写しませんでした・・・




12.
d0054276_20572439.jpg

今日は午後から近くで色々撮りたいと思っていましたが時間が無くて他には行けませんでした
た明日から暫くは河川敷や職場近くで何か写そうと思っています~^^






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-01-26 21:20 | 身近な自然の話 | Comments(26)

『長良川河川敷で見た葉痕や春待芽等~^^』

今日は仕事だったので昼休みに河川敷を散策してきました・・・・・^^
あまり珍しいものは見られませんでしたが今までに載せなかった葉痕も見られたので写してきました~^^

今日は少し暖かく感じられました~♪^^


1.『木大角豆(キササゲ)』 ノウゼンカズラ科キササゲ属の落葉高木
学名はCatalpa ovataと言います~
d0054276_20334551.jpg

葉痕と春待芽が一緒に見られました~^^




2.
d0054276_2034179.jpg

中国原産とされていますが日本各地の河川敷などの湿った場所に野生化した帰化植物になります・・・
花期は6~7月で淡い黄色の内側に紫色の斑点がある可愛い花を咲かせます~^^

果実は細長いさく果でササゲ(大角豆)に似るのでキササゲ(木大角豆)と呼ばれます・・・・・♪




3.
d0054276_20343229.jpg

両側に葉痕が見られてその上に今年の葉芽が出来ていました~^^




4.
d0054276_20352299.jpg

何となく宇宙から来た生物か海に棲む軟体動物のようにも見えますね~^^




5.
d0054276_20354987.jpg



6.
d0054276_20361778.jpg

長良川の河川敷に生えているキササゲです~
去年初めて花を写せました・・・・・^^

今年も綺麗で可愛いこの花を写そうと思っています~♪^^





7.『駒繋(コマツナギ)』 マメ科コマツナギ属の草状低木
学名はIndigofera pseudotinctoriaと言います~
d0054276_20362562.jpg

河川敷のコマツナギには去年の実がまだ生っていましたが今年の新葉も見られるようになりました~^^




8.
d0054276_20365297.jpg

右下に見えるのがコマツナギの豆果です~^^





9.『野茨(ノイバラ)』 バラ科バラ属の落葉性の蔓性低木
学名はRosa multifloraと言います~
d0054276_2037328.jpg

ノイバラにも去年の実がまだたくさん残っていましたが今年の新しい葉芽や新葉が見られました~
ちょっぴり赤くなっている春待芽が可愛く思えました~^^




10.
d0054276_20371284.jpg



11.
d0054276_2037393.jpg

小さな春待芽の近くには鋭い薔薇の棘が見られました・・・・・





12.『丸葉柳(マルバヤナギ)』 ヤナギ科ヤナギ属
学名はSalix chaenomeloidesと言います~
d0054276_2038725.jpg

別名をアカメヤナギ、ケアカメヤナギと呼ぶ事もあります~

本州東北以南〜九州、朝鮮半島、中国中部以南の湿地に分布する落葉高木。雌雄別株で花期は4〜5月頃、日本に自生するヤナギ属の中では最も花期が遅い。葉は楕円形で、鋸歯のある円形の托葉が付属する。

細長い葉の種が多いヤナギ類の中で本種の葉は丸みのある形をしていることから『マルバヤナギ』の名が付けられました・・・・・
新芽が赤いことからアカメヤナギの別名があります~^^

並んでいる春待芽(葉芽)達・・・・・^^




13.
d0054276_20383771.jpg

マルバヤナギ(アカメヤナギ)の樹姿~^^
河川敷には良く見られます・・・・・♪


明日は私の母の13回忌の法要がありますので午後から時間があれば近くで何か写しに出掛けたいと思っています~^^
そろそろ梅林公園の蝋梅も綺麗に咲いているでしょうね・・・・・





(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-01-25 21:16 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『花水木(ハナミズキ)の残り実達・・・♪』

長良公園には色々な木々が植えられていて年に何度か見に行っています
ハンカチノキの実やナツメの実を写した日に駐車場横に見られたハナミズキの実も写しましたが実も熟しきっているようでシワも多くなっていました
柔らかくなっているようなので鳥達も食べに来るのでしょうね?^^

実と一緒に花芽や葉芽の『春待芽』も見られました
見ていると1本の木の中に『新旧交代』を感じました・・・・・



『まだ見られたハナミズキの実』 ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木
学名はCornus floridaと言います~
1.
d0054276_20413198.jpg

別名をアメリカヤマボウシともいいますね~^^

ハナミズキの名はミズキの仲間で花が特に目立つので付けられたようです~
別名のアメリカヤマボウシの名はアメリカ原産で日本の近縁種の『ヤマボウシ』に似ていることから付けられたようです~♪




2.
d0054276_20414129.jpg

北アメリカ原産で日本における植栽は1912年に当時の東京市長の尾崎行雄氏がアメリカ合衆国ワシントンD.C.へサクラ(ソメイヨシノ)を贈った事で1915年にその返礼として贈られたのが始まりと言われています・・・
今では何処にでも見られる有り触れた花になっていますね~^^




3.
d0054276_20415365.jpg

英名では『ドッグウッド』と呼ばれていますがこれは花水木の樹皮を煎じて犬の皮膚炎やノミ退治に使ったことからこう呼ばれるようになったらしいです・・・・・
歌にも歌われていたハナミズキにこんなエピソードがあるなんて知らなかったでしょうね~(笑)




4.
d0054276_204222.jpg

枝には葉芽が見られその先には花芽が付いていますね~
実と一緒に見られるのも楽しいです・・・・♪^^




5.
d0054276_20421163.jpg

まだこんなにたくさんの実が生っていました・・・・・

家の近くの金公園前の街路樹のハナミズキにはこんなにたくさんの実は生っていません
岐阜の盲学校前の並木のハナミズキの実は殆どが落ちたようになっていました~




6.
d0054276_20422737.jpg

青い空に赤い実が良く似合いますね~^^




7.
d0054276_20423695.jpg



8.
d0054276_20424642.jpg

ハナミズキの花は花弁に見える部分の真ん中に粒々に見られますがその粒々の一つ一つがこの赤い実になるのですね~^^

良く熟れて鳥にとってはご馳走のようなのに食べに来るのをあまり見掛けないですね~♪




9.
d0054276_20425672.jpg

上部には今年咲く花芽達がスタンバイしています~
この春待芽ってジックリ見ると神社仏閣等で見られる擬宝珠の形に似ていますね~♪




10.
d0054276_2043590.jpg



11.
d0054276_20431521.jpg



12.
d0054276_20432587.jpg

長良公園のメタセコイアです・・・・・
大きな木で以前は冬の間にイルミネーションが飾られましたが今は予算と人手の関係でされなくなりました




13.
d0054276_20433443.jpg



14.
d0054276_20434485.jpg



15.
d0054276_20435730.jpg

岐阜市内で一番高い山『 百々ケ峰(418m)』に見られる電波反射装置がこの公園から良く見えます~




16.
d0054276_2044692.jpg

長良公園から見た岐阜城です~
岐阜市で2番目に高い金華山(329m)の山頂にあります・・・・♪^^
私が岐阜城をこの角度から写す事は少ないですね~~♪^^

今週は土曜も仕事なので何かを撮りに出掛けるのは日曜だけになりましたが天気が良くないようです・・・・
これからは平日の昼に河川敷に出掛けて色々写さないとネタ切れになりそうです~(笑)
by shizenkaze | 2014-01-24 21:15 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『春待芽(はるまちめ)がいっぱい~♪』

寒い日が続きますが土曜日あたりは暖かくなるらしいですね~
『三寒四温』と言われますがまだまだ暖かくなる季節には程遠い状態ですね・・・・・

そんな寒い季節でも木々の枝には春を待つ葉芽や花芽が見られるようになりました~
今日は近くで見かけたそんな『春待芽』を色々載せたいと思います・・・・・^^


『は~るよ来い~は~や~く来い・・・・・♪』 粕森公園と水道山遊歩道付近にて~^^

1.『粗樫(アラカシ)』 ブナ科コナラ属の常緑広葉樹
学名はQuercus glaucaと言います~ 
d0054276_20305528.jpg



2.
d0054276_20311218.jpg



3.
d0054276_20312417.jpg





4.『高砂芙蓉(タカサゴフヨウ)』 アオイ科ヤノネボンテンカ(パポニア)属の草本性常緑半低木
学名はPavonia hastata cavと言います~
d0054276_20313476.jpg



5.
d0054276_20314498.jpg






6.『大崖石榴(オオイタビ)』 クワ科イチジク属の常緑蔓性木本
学名はFicus pumilaと言います~
d0054276_20315422.jpg



7.
d0054276_2032490.jpg



8.
d0054276_203214100.jpg






9.『花水木(ハナミズキ)』 ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木
学名はCornus floridaと言います~
d0054276_20322443.jpg



10.
d0054276_20323273.jpg






11.『白樫(シラカシ)』 ブナ科コナラ属の常緑高木
学名はQuercus myrsinifoliaと言います~
d0054276_20324486.jpg



12.
d0054276_20325435.jpg






13.『紫陽花(アジサイ)』 アジサイ科(以前はユキノシタ科でした)アジサイ属の落葉低木
学名はHydrangea macrophyllaと言います~
d0054276_2033559.jpg






14.『辛夷(コブシ)』 モクレン科モクレン属の落葉広葉樹高木
学名はMagnolia kobusと言います~
d0054276_20331513.jpg



15.
d0054276_20332888.jpg



16.
d0054276_20333919.jpg






17.『花之木(ハナノキ)』 カエデ科カエデ属の落葉高木
学名はAcer pycnanthumと言います~
d0054276_20335172.jpg



18.
d0054276_2034015.jpg






『おまけ』
19.『百舌(モズ)』 動物界脊索動物門鳥綱スズメ目モズ科モズ属の鳥
学名はLanius bucephalusと言います~
d0054276_20341385.jpg



20.
d0054276_20342375.jpg

今日は個々の説明は書きませんでした~
モズ以外は『春待芽』です・・・・・♪^^
でもモズだって春を待っている『眼』をしていますね・・・・・(笑)






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-01-23 21:05 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『今日は銭苔(ゼニゴケ)でも・・・・・♪^^』

少し大きな木々や実の写真が続きましたので今日は足元にひっそり生きている苔を載せる事にしました~
河川敷に多い私の好きな『スナゴケ』と比べると大きい個体で何となく番傘のように見えますが同じゼニゴケの仲間も種類が多いようで詳しい名前が判らずただ『ゼニゴケ』としました・・・・・^^

同じ種類のものでも季節によっては姿を変化させるようです・・・・・^^



『見ようによっては楽しく見えるゼニゴケ達』 ゼニゴケ科 ゼニゴケ属
学名はMarchantia polymorpha L.と言います~
1.
d0054276_20105779.jpg

昼の休みに近くを散策していて見つけました~^^
風が吹いて寒いのに健気に頑張っているように見えました・・・・・♪




2.
d0054276_2011915.jpg

ゼニゴケも条件がよければ有性生殖を行います・・・・・
雌雄異株で写真に見られるものは雌株が形成した雌器で俗に『破れ傘』と呼ばています~^^
この傘の骨の下側に卵を形成する造卵器があるので精子を含む飛沫が到達したり精子の運動によって受精が行われると下向きに胞子を形成する胞子体が形成されてやがて胞子を放出するようになります~♪

背の低い手前のものが雄株になります・・・^^




3.
d0054276_20112318.jpg

右下で色が赤っぽくなっている葉はオオイヌノフグリなのでゼニゴケの大きさが良く判りますね~^^




4.
d0054276_20113374.jpg

世界中に分布していて日本では北海道から九州まで主に人家の周辺に繁茂する事が多いです~
特に家の北側など湿気の多い場所で見られることが多いですね・・・・・♪

庭に生えるコケ類は日本庭園では喜ばれますがゼニゴケ類は地面に深く張り付いて広がり外見もさほど可愛くなくてグロテスクなので見栄えが良くないために不要植物として嫌われることも多いのですが除去しにくいようです・・・・・><




5.
d0054276_20114479.jpg

雄株より雌株の方が都市部には多いようです・・・・・
逆に郊外の住宅地などでは雄株が多く見られるようです~♪
不思議ですね~^^




6.
d0054276_20115494.jpg



7.
d0054276_2012441.jpg



8.
d0054276_20121318.jpg

可愛いと思えば可愛く見えますが綺麗とは言えないかも知れませんね・・・・・
私はこんな苔達は嫌いじゃないですよ~^^




9.
d0054276_20122264.jpg



10.
d0054276_20123254.jpg

アキノゲシがとても大きく見えますね~
苔達は小さくて気が付かずに見過ごしてしまう事も多いですが色々な種類がある植物なので少しだけでも気にしたいですね~^^

なかなか苔の名前を調べるのは大変そうですが今はネット図鑑などもあるので以前よりは調べ易くなりました
これからも足元に注意しながら散策したいです~♪^^





(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-01-22 20:34 | 身近な自然の話 | Comments(28)