<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『源平咲の木瓜(ボケ)の花~』

今日は岐阜市内で見られた花で私のお気に入りの『木瓜(ボケ)』を昨日写しましので載せることにしました~

梅林公園の梅で源平咲の『輪ちがい』を以前載せましたが今日の『木瓜』も梅林公園に咲いているものですが東側の道路際なので気が付かない人も多いです~♪
源平咲でも紅白では無く紅白と淡紅と絞りが見られる4色咲きになっていてとても綺麗で可愛い花です~♪



『可愛い源平咲の木瓜です~』 バラ科ボケ属の落葉低木
学名はChaenomeles speciosaと言います~
1.
d0054276_20295661.jpg

原産地は中国です・・・・・
日本では平安時代の頃の帰化植物になります~
本州と四国と九州にかけて植栽されていたり時には自生もしています・・・・・




2.
d0054276_20304592.jpg

花は3~4月に葉よりも先に開き短枝の脇に数個つきます~
花の径は2.5~3.5cm程で色は基本的には淡紅ですが緋紅や白と紅の斑(絞り)や白が見られます~




3.
d0054276_20323842.jpg

ボケはバラ科の樹木ですが桜や梅より林檎に近いものです~(*´∀`*)




4.
d0054276_20344648.jpg

優しい色ですね~♪




5.
d0054276_20354149.jpg

源平咲なので蕾も色が綺麗で可愛く思えました~(#^.^#)




6.
d0054276_20363692.jpg



7.
d0054276_2037196.jpg



8.
d0054276_20381134.jpg



9.
d0054276_20385555.jpg

ピントがズレましたが花が開きかけで可愛らしく思えたので載せました~




10.
d0054276_2040674.jpg



11.
d0054276_20421361.jpg

一度に色の違う花が見られる『源平咲』は前にも書きましたが得した気分になりますね~
これから見られる花桃の源平咲も楽しみです~♪^^




12.
d0054276_20425531.jpg

梅林公園の一番東の道路際で水仙の花と一緒に見られます~
広い道路から入る時はコンビニの横から入る事ができます・・・・・・♪




13.
d0054276_2044823.jpg

この日は珍しいものは見られませんでしたが私の好きな足元に咲いているような花達をのんびり写すことができました・・・・・

今日通勤途中で見た旧明徳小学校のハクモクレンの花が全部散っていました
ここ最近の強い風の仕業のようですね・・・・・><
でも他所の家の庭に咲いていたシモクレンやコブシはまだ咲いていたので不思議な気がしました~

岐阜市の盲学校近くにもシデコブシが咲いていました・・・・・
MTBに乗ってゆっくり走っていると色々な花達が目に飛び込んできます~
まるで『私も撮ってよ・・・』って言ってるみたいでした~(*´∀`*)





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-03-31 21:06 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『片栗(カタクリ)も咲いて・・・・・』

今日は天気予報のとおり朝から雨が降り続いていました
岐阜市内では激しい雨にはなりませんでしたがそれでもカメラを持って出かける事は出来ませんでした・・・・・

午後からは梅林公園や近くをカメラ散歩しました~(*´∀`*)
今日載せた『カタクリ』は先週写したものです
もし今日の天気が良かったら朝から出かけて写し直そうと思っていましたがそれは出来ませんでした



『山県(やまがた)市のカタクリの花~』 ユリ科カタクリ属の多年草
学名はErythronium japonicum Decneと言います~
1.
d0054276_20322670.jpg

北東アジアと日本に分布する植物で日本では北海道、本州、四国、九州の平地から山地の林内にかけて広く分布していますが特に中部地方以北に多く分布していますが四国と九州では少ないようです~

岡山県では北部の市町村を中心に分布が確認されているようですが九州では熊本県だけに分布していて日本のカタクリの南限となっています~♪




2.
d0054276_20323961.jpg

早春に地上に展開してその後葉や茎は枯れてしまいます・・・・・
地上に姿を現す期間は4~5週間程度ですが群落での開花期間は2週間程と短くなります~
儚く咲くカタクリも『スプリング・エフェメラル(春の妖精)』と呼ばれていますね・・・・・

種子には蟻が好む薄黄色のエライオソームという物質が付いているので種子が蟻に拾われることによって生育地を広げるようです~~
こんな種子のバラ撒き方はスミレなどにも見られますね~(*´∀`*)




3.
d0054276_20325049.jpg



4.
d0054276_2033220.jpg

カタクリは両性花で自家不和合性なので自家受粉による種子の形成はほとんど行われない植物になります~
花被片と雄蕊や雌蕊は紫外線をよく吸収しやすいので蜂目などの昆虫の視覚器官が感受しやすくて花へ誘発するシグナルとなっています~
花弁の模様も虫達に『蜜があるよ~』と知らせる符号のようなものです~

ハナバチの仲間のクマバチ、コマルハナバチ、マルハナバチそして蝶ではギフチョウ、ヒメギフチョウ、スジグロシロチョウなどが吸蜜に訪れ受粉を手伝っているようです~
クマバチとマルハナバチが最もカタクリの受粉に貢献しているようで・・・・・♪




5.
d0054276_20331568.jpg

可愛く優しい花ですね~♪




6.
d0054276_20332682.jpg



7.
d0054276_2033396.jpg



8.
d0054276_2033507.jpg



9.
d0054276_2034224.jpg



10.
d0054276_20341346.jpg

岐阜県内では山県市と可児市と関市と高山市にカタクリが群生している所があります~
特に可児市の群生地は有名でシーズンともなれば多くの見学者が集まって来ます・・・・・

私はまだ出掛けた事がありませんが来シーズンは出掛けようと思っています~♪




11.
d0054276_20342617.jpg



12.
d0054276_20343868.jpg



13.
d0054276_20345892.jpg



14.
d0054276_20351364.jpg



15.
d0054276_20352736.jpg



16.
d0054276_20354087.jpg



17.
d0054276_20355554.jpg

ここでもたくさんのカタクリが見られます~
私の家からそれほど遠くないので天気さえ良ければ休日にはいつでも見に行けます~
この近くに川に沿って桜並木がありましたのでその光景も見に行きたいと思っています・・・・・




18.
d0054276_2036923.jpg



19.
d0054276_20362260.jpg



20.
d0054276_20371517.jpg



21.
d0054276_2037316.jpg



22.
d0054276_20374497.jpg



23.
d0054276_2038258.jpg



24.
d0054276_20382191.jpg



25.
d0054276_2038354.jpg



26.
d0054276_20385140.jpg



27.
d0054276_2039556.jpg



28.
d0054276_20391916.jpg



29.
d0054276_20401787.jpg



30.
d0054276_2040334.jpg


カタクリの花姿は可愛いですね~
どうしてここまで花弁を反らせるのか不思議です・・・・・
シベが全部外に出ると雨が降れば花粉が流れ落ちてしまうので子孫を残すには効率が良くないように思うのですが・・・・・?

でも自然って無駄な事はしないのでちゃんとした理由があるのでしょうね~♪^^

今日はコブシの花や源平咲の木瓜の花を写したり姫踊子草や台湾楓の落実もじっくり楽しんで写しました~(*´∀`*)





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-03-30 20:11 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『山茱萸(サンシュユ)の花・・・』

今日も暖かくなりました・・・・・
通勤途中で見た公園等では染井吉野が満開になっていました~
モクレンやハクモクレンそれにコブシとシデコブシも綺麗に咲いていましたが明日は『春の嵐』になるようなので折角咲いた花がどうなるのか心配です・・・・・

今日は今綺麗に咲いているサンシュユの花を載せることにしました~
春には白やピンクも多く見られますが黄色い花が一番多いように思えます・・・・・(*´∀`*)



『春黄金花(ハルコガネバナ)とも言います~』 ミズキ科ミズキ属の落葉小高木
学名はCornus officinalis Sieb. et Zucc.と言います~
1.
d0054276_20251011.jpg

中国や朝鮮半島が原産地の樹木です~
江戸時代享保年間に朝鮮経由で漢種の種子が日本に薬用植物として持ち込まれ栽培されるようになりました・・・・・
日本では観賞用として庭木などにも利用されている事が多い木です~
日当たりの良い肥沃地に多く見られます・・・・・(*´∀`*)




2.
d0054276_20265230.jpg

別名はハルコガネバナの他に『アキサンゴ』や『ヤマグミ』とも呼ばれています~




3.
d0054276_20273219.jpg

樹皮は暗褐色で鱗状に剝離します・・・・・
葉は対生で両面ともT字状の伏毛で覆われ上面は光沢が見られます~
下面脈腋(みやくえき)に生ずる褐色の毛叢は多くて印象的です・・・・・

花は黄色で葉より先に開いて20~30個の小花が散形につきます
6~8mmの総苞片4個を持っているのが良く分かります~♪
果実は漿果(しようか)で鮮紅色の実です・・・・・
これはそのまま生食できるようです~(#^.^#)




4.
d0054276_2028778.jpg

暗い背景で写すと花が目立つのですがこの花は綺麗に写すのが難しいです~><




5.
d0054276_2029642.jpg

たくさん咲いているのを見ていると綺麗なので楽しくなります~
こんな花の形はウコギ科やセリ科にも見られますがやっぱりサンシュユの可愛らしさが春にはいいですね~♪




6.
d0054276_20294881.jpg



7.
d0054276_20301889.jpg



8.
d0054276_20305176.jpg

サンシュユも青空背景はいいですね~

空を見上げながら『イ~チニ~ サンシュユ~ ニ~ニッ~ サンシュユ~』なんて呟きながら撮っていました~
毎年同じことばかりで進歩がないですね~(*´∀`*)




9.
d0054276_20335054.jpg



10.
d0054276_20344588.jpg



11.
d0054276_20362113.jpg



12.
d0054276_203763.jpg



13.
d0054276_2038113.jpg

サンシュユを撮って他も散策しました
長い間見られなかった『キブシ』もこの近くで見られましたが木が弱っているのか花穂が少ししか見られませんでした~




14.
d0054276_20391024.jpg



15.
d0054276_20395697.jpg

黄色く咲く花は他にも色々写しました
日が経ってしまうといけないので早く載せないといけませんね~><

明日は天候が荒れるようなので予定していた所には行けないかも知れません
少しでも晴れ間があれば桜達も撮りたいし他の花も一杯撮りたいです~

テルテル坊主を作ろうかな~(#^.^#)






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-03-29 21:08 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『日向水木(ヒュウガミズキ)と土佐水木(トサミズキ)』

名前に『ミズキ』と付いている植物ですがハナミズキやクマノミズキのような『ミズキ科』の樹木ではなく『マンサク科』の樹木ですね~

変わった花姿をしているので珍しがられて咲いている花を近くで眺めている人たちも多いです~
ヒュウガミズキもトサミズキモ木曽川水園で見られますが木曽川水園のトサミズキは以前載せましたので今日は粕森公園近くで見られたものを載せました・・・・・

ヒュウガミズキは木曽川水園のものです~♪



『日向水木(ヒュウガミズキ)の花達~』 マンサク科トサミズキ属の落葉低木
学名は Corylopsis paucifloraと言います~
1.
d0054276_20331263.jpg

本州(石川県、福井県、岐阜県、京都府、兵庫県)、四国(高知県)、九州(宮崎県)、台湾に自生しています~
『日向』と名前についていますが宮崎県での自生は発見当時は見られず後年見られるようになったようなので『日向地方』では無いようです・・・・・
トサミズキに対して小さく『ヒメミズキ』が訛ったと言われたり自生発見が京都付近なので『日向守光秀』の名前から付けられたなど諸説があり本当の事は判っていないようです~♪




2.
d0054276_20335766.jpg



3.
d0054276_20343051.jpg

可愛い花ですね~♪




4.
d0054276_20345553.jpg



5.
d0054276_20352559.jpg

枝は細く多く分岐して高さは2~3mになります・・・・・
3~4月に展葉に先立って小型の花序を咲かせますが小さな黄色い鐘が枝に沢山ぶら下がっているように見えて可愛いですね~




6.
d0054276_20355141.jpg

トサミズキは7~8個の花を下垂するので穂状花序になりますがヒュウガミズキの花序は2~3個の花なので小さいですね~♪




7.
d0054276_20401822.jpg

木曽川水園の梅林下にこんな感じで咲いていました~(#^.^#)




8.
d0054276_20404065.jpg

柔らかくて優しく感じます~
他には無い花姿ですね・・・・・




9.
d0054276_2041324.jpg



10.
d0054276_2041409.jpg



11.
d0054276_2042425.jpg



12.
d0054276_20422179.jpg



13.
d0054276_204252100.jpg



14.
d0054276_20431133.jpg

優しく咲くヒュウガミズキを見ていると気持ちがスッキリしてきます~♪




15.
d0054276_20433949.jpg



16.
d0054276_20443981.jpg



17.
d0054276_2045125.jpg





『土佐水木(トサミズキ)の花~』 マンサク科トサミズキ属の落葉低木
学名はCorylopsis spicata Sieb. et Zucc.と言います~
18.
d0054276_2049522.jpg

四国の土佐だけに自生するミズキですが今は色々な所に植えられて見られるようになりました~




19.
d0054276_20501624.jpg

3~4月に葉に先立って穂状花序を垂らし淡黄色の花を7~10個咲かせます~
花全体も大きくてヒュウガミズキより遠くからでも判ります・・・・・




20.
d0054276_21195191.jpg

トサミズキ後ろで赤く見られる椿の花が黄色い花をバックアップしているように思えます~^^




21.
d0054276_20511758.jpg



22.
d0054276_20514158.jpg

トサミズキの葯は赤くてヒュウガミズキは花と同色の黄色なので見分けるのは簡単ですね~
ヒュウガミズキは優しい女性でトサミズキは少々お転婆さんのように見えます・・・・・(笑)




23.
d0054276_2052142.jpg



24.
d0054276_20522466.jpg



25.
d0054276_20524667.jpg

花が開く少し前の蕾もシベがチョロチョロしていて可愛く見えますね~
この花達も毎年欠かさず見ていますし何枚も写真を撮ってしまいます・・・・・(#^.^#)




26.
d0054276_20531114.jpg



27.
d0054276_20533956.jpg



28.
d0054276_20543777.jpg



29.
d0054276_20545899.jpg



30.
d0054276_2055345.jpg

どちらの花も科主のマンサクより目立ち過ぎるほど可愛く綺麗です~
春先の樹木に見られる黄色い花達は私達に春の訪れを知られてくれますね・・・・・

オウバイやレンギョウやヒイラギナンテンの花を見ていると本格的な春が来てこれから数多くの花達が見られると教えてくれているような気がします~

今日は私が大切にしている在来種のタンポポの『トウカイタンポポ』が2輪花を咲かせていました~
綿毛になったら種子を集めて保存しなくてはと思っています~♪^^






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-03-28 21:36 | 身近な自然の話 | Comments(30)

『富貴草(フッキソウ)の花も可愛いです~』

毎年この季節になると『咲いたかな~?』と楽しみにしている花の一つです~
キンポウゲ科やシソ科やキク科にアブラナ科の花達は多く見られますがこのフッキソウのようなツゲ科の植物は他には少ないので興味が以前からありました~♪

それに笑われるかも知れないですが富貴草の花を見ていると何となく『バレーシューズを履いて踊っているアンヨ~』のように見えて面白いです~



『富貴草の名前も目出度いですね~』 ツゲ科フッキソウ属の常緑小低木
学名はPachysandra terminalisと言います~
1.
d0054276_20191938.jpg

山の中等に自生している小低木で横に伸びる地下茎から茎が斜めに立ち上がって高さ約30cm位の大きさです~
葉は長楕円形で厚く互生なのですが輪生状に見えてしまいます~♪
春から夏に花弁のの無い白い雄花と雌花とが穂状に密につきます・・・・・
可愛い花なのでグランドカバーにしたり庭にも植えられます~




2.
d0054276_2020066.jpg

フッキソウを漢字で書けば『富貴草』でこれは常緑性で青葉が周年絶えないところを見てその姿を繁栄に準えたと言います~

別名にはキッショウソウ(吉祥草)やキチジソウ(吉事草)がありますが吉祥草は別にユリ科の植物に存在しますので使わない方がいいでしょうね~><




3.
d0054276_2020223.jpg

図鑑や本によって『常緑性の小低木』や『常緑多年草』と書かれている事があります・・・・・
どちらが正しいのかは専門家(図鑑などに関わった人達)でも考え方は異なるようですが私自身はツゲ科なので『樹木』て良いと思っています~(*´∀`*)




4.
d0054276_2020514.jpg



5.
d0054276_2021260.jpg



6.
d0054276_20211813.jpg



7.
d0054276_20213112.jpg



8.
d0054276_20214471.jpg

この葉も綺麗な色と形ですね~
場所によってはまだ蕾ばかりの所もありました・・・・・




9.
d0054276_20215721.jpg



10.
d0054276_2022996.jpg

フッキソウには花弁がないので萼からオシベが出ています~
これが緑色のミニスカートを履いてバレーシューズを付けたアンヨに見えました~(しつこいかな~)




11.
d0054276_202223100.jpg



12.
d0054276_20223548.jpg

こんなに太い雄シベの花って他にはなかなか見られないですね~
でも・・・・・雄シベって言うより『アンヨ』やら『御御足』に見えてしまう私・・・・・(#^.^#)




13.
d0054276_20225236.jpg



14.
d0054276_20231846.jpg

こんな感じで木曽川水園に咲いていました~
富貴草が見られるのはセツブンソウが咲いていた所の少し先とハリヨが見られる水槽の近くと大滝の上流で蕗やリュウキンカが見られる所に咲いています~♪^^

今日の昼休みの堤防散策でタンポポが20個程咲いていました
全部調べましたが全てが在来種のタンポポでした~
これからも多く見られるようになりますがアブラナもここは在来種が咲くので見ていて楽しくなりますね~♪





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-03-27 20:54 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『春蘭(シュンラン)も見られるようになりました~』

今の季節には私が逢いたい花達が多くてどの花から逢いに行こうかと迷ってしまいます~
セツブンソウやミスミソウそれにカタクリにも出逢えましたがやっぱり名前に『春』が付いている『春蘭』には毎年逢いたくなります~(*´∀`*)

今年も木曽川水園で春蘭に逢ってきましたがまだ花が少なかったです~
今度の日曜には綺麗に見られるでしょうね・・・・・♪

古い山菜図鑑などには山菜として紹介されていますがこんな可愛く可憐で儚い花は食べてしまうより眺めるだけにしたいですね~




『春蘭の花優しく咲いて・・・・』 単子葉植物ラン科シュンラン属
学名はCymbidium goeringiiと言います~ 
1.
d0054276_20295747.jpg

日本各地によく見られる野生蘭の一種ですが山草や東洋蘭として観賞用に栽培されることも多い植物です~
日本以外では中国にも分布していますが別種の『中国春蘭』と呼ぶこともあって区別しているようです~




2.
d0054276_2031641.jpg

シュンランはカタクリと並ぶスプリングエフェメラルの代表とも言えますね~♪
この花は優しく咲いて日本が世界に誇る事の出来る野生の蘭だと思います・・・・・(#^.^#)




3.
d0054276_20315021.jpg



4.
d0054276_20323682.jpg



5.
d0054276_2035514.jpg

十字架のような姿で見られる花はとても可愛いですね~
可愛いので自然の中に咲いているものは盗掘の被害に遭うことが多いと聞きます
自分だけが良ければ・・・なんて考えを無くしていつまでも普通に見られる花であって欲しいですね~




6.
d0054276_2036282.jpg



7.
d0054276_20364211.jpg

何となく恥ずかしそうに隠れているみたいです~
こんな姿を見ていると自分の顔が自然に微笑んでいる事に気付きます~(#^.^#)




8.
d0054276_20371322.jpg



9.
d0054276_20374621.jpg



10.
d0054276_20383131.jpg



11.
d0054276_2038596.jpg

まだ咲いている花が少なかったので正面の姿を撮るのが難しかったです~
今度の日曜にも見に出かけたいのですが天気が良くないらしいのと多分満開のように咲いているカタクリも再び見に行きたいので悩みます~><




12.
d0054276_20392894.jpg

3月から5月は色々な植物が一斉に花を咲かせるので行き先を迷っていると出逢えなくなってしまいます・・・・・・><

身体がいくつあっても足らないです~(*´∀`*)




13.
d0054276_2040440.jpg

今日は雨でしたので流石に堤防にはツクシ採りの姿は見られませんでした~
でも雨の後にはツクシも伸びますので明日はツクシ採りの人達が多く見られそうです・・・・・

今日見た青柳公園の染井吉野に花が見られたような気がしました・・・・・
これから桜もたくさん見られますね~
私の好きな桜も順に見られるので楽しみです・・・・・・・♪






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2014-03-26 21:03 | 身近な自然の話 | Comments(26)

『花木(ハナノキ)が満開です~』

ハナノキは不思議な木です~
他の木とは少し違う雰囲気で見られます・・・・・

日本の固有種で長野県南部と岐阜県南部と愛知県北東部の3県県境の主に木曽川流域の山間湿地にだけ自生している珍しい樹木です~~

自生地などは国の天然記念物に指定されています~
環境省のレッドリストでは絶滅危惧II類に選定されていますが今は移植されたものが公園などで見られます・・・・・
自生地より各地に送られて公園や植物園などで見られるようになりましたが元々は私の住んでいる所では昔から見られた木です~(*´∀`*)



『ボンボンのような花木の花~』 カエデ科カエデ属の落葉高木
学名はAcer pycnanthumと言います~
1.
d0054276_20145110.jpg

このハナノキは粕森公園に咲いています~
公園の南側で河津桜が咲いている場所の上を見上げると遊歩道の途中にある少し広い所にあります・・・・・
他に河津桜や白梅が見られます~♪




2.
d0054276_2015529.jpg

樹高は30mに達しますがここのものはまだそれほど大きくありません~
雌雄異株の樹木です・・・・・

花期は3月後半~4月で葉が展開する前に赤い花を咲かせますがこれが名前の由来となっています
花序は前年枝の葉腋に4~10個束状に見られます・・・・・(#^.^#)




3.
d0054276_20151695.jpg

他のカエデ科の花を見た事があると思いますがカエデの花が球状に集まったものと思って頂くと解りやすいでしょうね~♪




4.
d0054276_20152855.jpg



5.
d0054276_20153926.jpg



6.
d0054276_20155149.jpg

ハナノキは探せば色々な所で出会えます~
私がよく出かけている『河川環境楽園・木曽川水園』では古民家の左にある段々畑の一番上に1本見られます~

138タワーパークでは駐車場の北側に数本が並木のように見られます・・・・・
でもここで見られる木もそれ程大きくないです~




7.
d0054276_2016284.jpg

中部地方の大きな公園や自然公園にはどこにでもあったような気がします~
可児市の花フェスタ記念公園でも名古屋の東山植物園でも見ています・・・・・(*´∀`*)




8.
d0054276_20161344.jpg



9.
d0054276_20162839.jpg



10.
d0054276_20164089.jpg

枝の下に蕾も見られます~
こんな小さな蕾が膨らんでボンボンみたいな花になります~♪^^




11.
d0054276_20165364.jpg



12.
d0054276_2017562.jpg



13.
d0054276_20172029.jpg



14.
d0054276_20173388.jpg

雄花の花柄は長さ5~6mmで上向きに見られ花弁は0~5個で萼片は5個です・・・・・
雄蕊は5~6本あって葯は黒紫色になります~♪

雌花の花柄は長さ1~1.5cmで垂れ下がります
花弁は4~5個で花柱の長さは4~4.5mmになり退化雄蕊が5~6本見られます~♪




15.
d0054276_20174870.jpg



16.
d0054276_2018296.jpg



17.
d0054276_20181473.jpg



18.
d0054276_20182884.jpg

この『ハナノキ』はカエデ科ですが地方名で『シキミ(シキミ科)』をハナノキと呼ぶ地域もあるようです・・・・・




19.
d0054276_20184294.jpg

こんな感じで見られます~
可愛いし珍しいので毎年写して楽しんでいます・・・・・(*´∀`*)

岐阜市内にお住まいでまだ近くで見たことが無ければ是非見に行ってください~
可愛い花なのできっと楽しめますよ~

この粕森公園南遊歩道には他では少ない花も多く見られますので楽しいです・・・・・
タカサゴフヨウの花やオウバイにユキヤナギやニシキギの花~
それにシモツケやオオイタビの実も見られます・・・・・




20.
d0054276_20185881.jpg

今日は四国ではソメイヨシノが満開になった所もあったようですね~

コブシやハクモクレンも花を咲かせ堤防ではカラスノエンドウとスズメノエンドウとカスマグサも花を咲かせていました~

ツクシ採りの姿も今日は多く見られました~
皆さんが居なくなった夕方に堤防の下に座って斜面を見たらまだツクシが無数に出ていました~






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-03-25 20:54 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『伊吹野に咲く節分草・・・・・』

22日の土曜日に滋賀県米原市の大久保地区までセツブンソウを見に出かけました
1週間前に『セツブンソウ祭り』が開催されていたので22日は人も少ないと思って出かけましたが花も終盤になっていて散っているものも多く見られましたがそれでも綺麗に咲いている花もあったので楽しんで見て来ました~

ここまでは岐阜から国道21号で関ヶ原まで行って広域農道で『伊吹の里』を経由して県道40号で現地まで行きましたが県道には多くのバードウォッチャーが車を停めて大砲のようなレンズを付けたカメラを並べていました・・・・・
オオタカが見られたようでした・・・・・(*´∀`*)

大久保のセツブンソウ群生地にある空き地に車を停めて連れ合いと一緒に散策して花を見ました~



『伊吹野の節分草~』
1.
d0054276_20202788.jpg

場所によっては花が終わって散ったあとが見られるものも多くありましたがまだ綺麗に可愛く咲いているものもたくさん見られました~




2.
d0054276_2021163.jpg



3.
d0054276_20212749.jpg

ここは以前から知っていましたが季節柄雪が降ると関ヶ原を通るのが嫌なので今まで行きませんでした・・・・・
この光景を見たら来年は積雪があっても出かけようと思いました~




4.
d0054276_20215061.jpg



5.
d0054276_20221091.jpg



6.
d0054276_20223413.jpg

本当に春の女神や妖精のようですね~
キンポウゲ科の花達はどれもこのように綺麗です~♪

花弁のように見える所は萼片て花は黄色い蜜腺になっています
キンポウゲ科の花はこのようなものが多いですね~




7.
d0054276_2023248.jpg

後ろ向きでも味がありますね~(*´∀`*)




8.
d0054276_20231950.jpg



9.
d0054276_20234077.jpg



10.
d0054276_20235436.jpg

優しく丘のような所に咲いていました~
21日に雪が降ったので散策路が濡れていて滑り易くなっていましたので気を付けながら散策していました~♪




11.
d0054276_20241267.jpg



12.
d0054276_20244810.jpg



13.
d0054276_2025866.jpg

キンポウゲ科特有の花のすぐ下に見られる葉が可愛いですね~




14.
d0054276_20252871.jpg



15.
d0054276_20255053.jpg



16.
d0054276_20261327.jpg



17.
d0054276_20263997.jpg



18.
d0054276_2027480.jpg



19.
d0054276_20272829.jpg



20.
d0054276_2027488.jpg

同じ方向を向いて咲いている姿が可愛く思えました~
セツブンソウ達も光に向かって花開くのでしょうか・・・・・?^^




21.
d0054276_202894.jpg



22.
d0054276_20283257.jpg



23.
d0054276_2029386.jpg

この群生地の前に小さなお店がありました
店のお婆さんが作った甘露煮や煮物を売っていましたので芋茎(ズイキ)の煮物を買いました
私は出かけると地元の物を買うことにしています・・・・・・♪

セツブンソウの保護基金の入れ物にも少ないですがカンパしました~




24.
d0054276_203175.jpg

米原市の道の駅『伊吹の里』から見た伊吹山です・・・・・
岐阜市から見られる伊吹の姿と比べると優しく感じます~
私がいつも見ている岐阜市からの伊吹山はエベレストやヒマラヤみたいに険しい姿で見られます~

以前載せたセツブンソウは木曽川水園に咲いていたものですが数が少なくて選ぶ事なく写していましたがここのセツブンソウは一面に見られましたのでなるべく綺麗な花を写そうと花の姿を見ながら綺麗なものを選んで写しました~

他にも色々な花が見られましたがまだ蕾のものや名前が判らないものもありましたので判れば載せようと思っています~(#^.^#)






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-03-24 20:55 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『河津桜とメジロのいる風景~』

この3連休は色々な所に出かけました・・・・・
本当でしたら昨日出かけた伊吹山の麓で見たセツブンソウ達の写真を載せるのが順序なのですが昨日の夕方に見て写せなかったメジロ達に今日出会えたので嬉しくてこちらを先に載せることにしました~♪

それに今日はメジロだけでなくもう一つの素敵な出会いもありました~♪
今日の河津桜と可愛いメジロの写真には説明は書きませんので写真だけ見てくださいね~♪^^

暖かく空も綺麗に晴れていました~(*´∀`*)




『粕森公園の河津桜とメジロ達・・・・・(#^.^#)』
1.
d0054276_20103365.jpg

梅林公園南側に見られる河津桜にはメジロがよく現れます~(*´∀`*)




2.
d0054276_20104998.jpg


3.
d0054276_2011424.jpg


4.
d0054276_20112210.jpg


5.
d0054276_20114334.jpg


6.
d0054276_20115828.jpg


7.
d0054276_2012159.jpg


8.
d0054276_20123051.jpg


9.
d0054276_20124976.jpg


10.
d0054276_2013911.jpg

河津桜の後ろに小さな竹藪があるのでメジロは時々そこに隠れるみたいです~♪




11.
d0054276_20132365.jpg


12.
d0054276_20134011.jpg


13.
d0054276_20135868.jpg


14.
d0054276_20141646.jpg


15.
d0054276_20143829.jpg


16.
d0054276_20145597.jpg


17.
d0054276_20151881.jpg


18.
d0054276_20153463.jpg


19.
d0054276_20155142.jpg


20.
d0054276_2016166.jpg


21.
d0054276_20163078.jpg


22.
d0054276_20164635.jpg


23.
d0054276_2017471.jpg


24.
d0054276_20172925.jpg


25.
d0054276_20174760.jpg


連休の金曜にはこの粕森公園で河津桜やハナノキとレンギョウやユキヤナギを写して日曜には米原市の伊吹山裾でセツブンソウやミスミソウを写しました・・・・・
今日は昼前は粕森公園で今日載せたメジロ達を写してから各務原市の木曽川水園で色々な花を写した後に今度は岐阜市を挟んで反対側の山県市までカタクリを見に出かけました~

まるでこの3日間はミツバチにでもなったように花追いをしていました~
たくさんの花と鳥達と虫達や綺麗な風景に出会えそして素敵な人とも出逢う事が出来ました・・・・・♬

これからも時間があれば色々な所で色々なものにカメラを向けようと思っています~~





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-03-23 20:32 | | Comments(24)

『輪違い(りんちがい)の梅花』

バラ科の樹木に咲く花で同じ1本の木の中に紅白等2色や3色の花を咲かせるものを普通は『源平咲』と言っています
源平の戦いの旗印が赤と白だったのでこのように咲く花を例えて呼んだようです・・・・・
よく見られるものには花桃が有りますが木瓜や梅にも源平咲が見られます~
桜は交配するとすぐに別の品種になってしまうようなので『源平咲』になることはないと言われています~

岐阜の梅林公園に見られる梅の中で1本だけ東側で神社に向かう方向に見られる梅が『輪違い』と言う品種の梅で源平咲になります~♪


『梅林公園の輪違い~♪』 バラ科サクラ属の落葉高木 
学名はPrunus mume var.rinchigaiと言います~ 
1.
d0054276_20283287.jpg

『輪違い』は他の呼び方では『思いのまま』と言う事もあるようですが源平咲のことを言うのか品種なのか判りませんでした・・・・・




2.
d0054276_20284852.jpg



3.
d0054276_2029723.jpg

このように2色以上見られるものでは家の近くで見られる花桃がありますが梅林公園の中には木瓜の源平咲もあったような気がします~

花桃は谷汲の華厳寺前にあるビー玉公園のものが綺麗です~♪




4.
d0054276_20292818.jpg



5.
d0054276_20295155.jpg



6.
d0054276_2030716.jpg



7.
d0054276_20303191.jpg

同じ1本の木に咲く多色花の源平咲は何となく得しちゃったって気分になれるので見ていて嬉しくなりますね~




8.
d0054276_20305014.jpg



9.
d0054276_2031486.jpg


今日は滋賀県の米原市の伊吹山の裾野で見られる『セツブンソウ』の群生地まで出かけました
もうセツブンソウは花も終わりになっているようでしたがまだ綺麗に咲いているものも見られましたので写真を撮りました~

他にはミスミソウとネコノメソウも写せました・・・・・
他にも色々な花が咲くようでしたが昨日は雪が降っていたようで花を閉じているものも多く見られました・・・・・
日陰には残雪が見られました~><

帰ってから粕森の河津桜を見に行きましたらメジロが5羽いて飛び交っていましたがレンズを交換している間に飛び去ってしまいました~
また現れると思うので明日は早めに狙おうと思っています~♪^^

今日はエキサイトの調子なのか画像が全て出ていないと言うコメントが書かれていましたが今(21時50分)は全部の画像が見られると思います・・・・・
昨日は私が訪問したブロ友さんの画像が見られない事もあってエキサイトのサーバーの許容量不足なのか最近不具合も多いですね~><
一応有料(アドバンス)なので何かあればドンドン文句を言おうと思ってます~(#^.^#)





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-03-22 20:48 | 身近な自然の話 | Comments(20)