<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

『紫陽花と株杉のある風景~』

岐阜県関市の板取地区て゜毎年行われている『アジサイ祭り』のメイン会場になっている『21世紀の森』には3万本以上の紫陽花が植えられています・・・・・

奥牧谷に位置する『21世紀の森公園』はとても良く整備された公園で付近の山々への登山道入り口にもなっています・・・・・♪

その21世紀の森公園には全国的に珍しいといわれる巨大な『株杉』が密集する森があってその巨大株杉数は100株以上存在していると言われています~
全国から多くのカメラマンがこの神秘な光景を写すために訪れます



『21世紀の森風景・・・』 
1.
d0054276_2095544.jpg

東海北陸道美濃インターより清流板取川に沿って1時間ほど北にあります・・・・・
平成の大合併で関市となった板取町(旧武儀郡板取村)は町の中心を板取川が流れています
縦断する国道は『アジサイロード』と呼ばれて『日本の道百選』にもなっています~

6月半ばから7月初旬にかけて道の両端では約7万本の紫陽花が咲き誇っていてこの『21世紀の森』と合わせると10万本以上の紫陽花が見られます・・・・・(*´∀`*)




2.
d0054276_2010794.jpg



3.
d0054276_20102279.jpg



4.
d0054276_20103662.jpg

ここの紫陽花は一般的なアジサイ(学名はHydrangea macrophylla)が多く植えられています
でも額紫陽花や色々な品種の紫陽花も見られます~♪




5.
d0054276_20105047.jpg

うしろに見える建物は管理事務所や色々な研修などに使われるもののようです~
紫陽花の中に建っているので落ち着いて見えますね・・・・・




6.
d0054276_201144.jpg



7.
d0054276_2011181.jpg



8.
d0054276_20113248.jpg



9.
d0054276_2011466.jpg



10.
d0054276_2012192.jpg

正式な名前は『21世紀の森 あじさい庭園』と言うようですね~(*´∀`*)




11.
d0054276_20121555.jpg



12.
d0054276_20122869.jpg

紫陽花が植えられている奥には杉の森が続いています・・・・・
あじさい祭りのようなイベントの無い時はとても静かな所で場合によれば自分だけって言うこともあります~




13.
d0054276_20124389.jpg



14.
d0054276_2012583.jpg

この杉の森の中に『株杉』が見られます~




15.
d0054276_20131445.jpg



16.
d0054276_20132941.jpg

『株杉』は何年もかかって伐採された株の上に新しい木が生えて成長したものなど色々な形が見られます
この場所には約100株の株杉が見られるといいますが規模としては他には無い規模のようです・・・・・




17.
d0054276_20134191.jpg

私は気軽に手持ちで撮っていましたがシッカリ三脚を立てて時間をかけて写すと神秘的な光景が撮れるでしょうね・・・・・
薄暗い所なので三脚はあった方がいいでしょうね・・・・・
そして絞り込んで写せば素敵なものが撮れそうです~(#^.^#)




18.
d0054276_20135624.jpg



19.
d0054276_20141154.jpg



20.
d0054276_20142957.jpg



21.
d0054276_20144310.jpg



22.
d0054276_20145874.jpg



23.
d0054276_20151252.jpg

この株杉だけを撮りに行ってみたい気がします・・・・・♪




24.
d0054276_20152845.jpg

ハッキリ見え難いかも知れませんが太い株の上に何本もの杉の木が生えています
こうした光景が彼方此方で見られます・・・・・

ここにはマムシがいるかも知れないので出来れば長靴を履いて足元を防御した方が良さそうです・・・・・
近くに『スズメバチやマムシに注意』なんて立札がありました~゚(゚´Д`゚)゚




25.
d0054276_20154423.jpg

株杉の散策路を抜けると紫陽花が植えられている所に出ました・・・・・
薄暗い場所から明るくて紫陽花の花が見られる場所に出ると『ほっ』とします~(*´∀`*)




26.
d0054276_20155573.jpg



27.
d0054276_201684.jpg

山の中段に見られる紫陽花も綺麗でした・・・・・




28.
d0054276_20162158.jpg

板取地区は関市でも山の奥になりますので周囲は山ばかりです・・・・・
この辺も私がフライフィッシングをしていた頃ではホームグランドのような所ばかりなので道には詳しいです~




29.
d0054276_20163678.jpg

株杉の見られる所は細い登山道のような散策路ですが緊急時に散策路を逸れればこんな舗装道路にも出ることができます・・・・・
シッカリ知っていれば安心ですね~♪




30.
d0054276_20165341.jpg

21世紀の森のイベント会場近くから紫陽花を見に歩いている人たちも多く見られました・・・・・
しばらくは花が見られますので株杉と一緒に見に行くならこれからがいいでしょうね~(#^.^#)

この公園より少し奥に板取温泉があります・・・・・
岐阜市内より50kmありますがこれが国道156号だと郡上八幡より奥になります
国道157号だと淡墨桜で有名な根尾谷のある樽見くらいの距離になりますので思ったより遠くにあります

でも信号も少ない道を走るので同じ距離でも名古屋に向かうより私には楽です~(*´∀`*)





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-500)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-06-30 21:03 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『紫陽花街道(アジサイロード)』

今日は関市の板取地区へ紫陽花を見に出かけました
昨日と今日は板取にある『21世紀の森』をメイン会場とした紫陽花祭りが行われていて多くの人が来ていました
今日載せたものは紫陽花祭りではなく途中の『白谷』周辺に咲いていた紫陽花風景を載せました

岐阜県関市板取の板取川に沿った峠道岐阜県道52号白鳥板取線(板取白谷~板取三洞までの23.5km)の名称は『紫陽花街道』と呼ばれていて街道沿いには約10万本以上ののアジサイが植えられています・・・・・




『アジサイロードの紫陽花たち・・・』 
1.
d0054276_20304088.jpg

街道沿いの紫陽花は植樹により生まれたもので関市に吸収合併される以前の板取村からの取り組みにより現在に至っています・・・・・
これは岐阜県の『フラワーロード事業』の一環として1976年に始められたもので『梅雨のうっとうしい時期に花を見て心を豊かにしよう』と当時の村長によって発案されたものです~

植樹としてアジサイが選ばれたのは梅雨に花が咲く挿し木によって増やすのが容易でこの地域の冬の寒さに強いなどの条件によるもののようです・・・・・

板取地区では街道沿いだけでなく地域全体の景観整備を進めるために地元の老人クラブや役場の職員などによって年間約4千本のペースで植樹を進めていて最終的には100万本を目標にしていると言われています




2.
d0054276_20305599.jpg



3.
d0054276_2031763.jpg

1986年に『日本の道100選』に選ばれました・・・・・(*´∀`*)




4.
d0054276_20312130.jpg

紫陽花の下に見えるのは板取川です・・・・
今は鮎の友釣りの最盛期なので多くの釣り人が来ていました~




5.
d0054276_20313449.jpg

国道に沿って長い散策路が作られています・・・・・
色々な紫陽花がきれいでした~(#^.^#)




6.
d0054276_20314853.jpg



7.
d0054276_2032513.jpg



8.
d0054276_20321920.jpg



9.
d0054276_20323290.jpg

釣り人のために川に降りられる場所が何箇所も作られています~(*´∀`*)




10.
d0054276_20324374.jpg



11.
d0054276_20325328.jpg



12.
d0054276_203341.jpg



13.
d0054276_20331368.jpg



14.
d0054276_20332566.jpg



15.
d0054276_20333519.jpg



16.
d0054276_20334850.jpg



17.
d0054276_20335821.jpg



18.
d0054276_20341145.jpg



19.
d0054276_20342186.jpg



20.
d0054276_20343277.jpg



21.
d0054276_20344352.jpg



22.
d0054276_20345431.jpg

この街道案内板が地域毎に立てられています・・・・・




23.
d0054276_2035548.jpg



24.
d0054276_20351793.jpg



25.
d0054276_20352840.jpg



26.
d0054276_20353988.jpg



27.
d0054276_2035536.jpg



28.
d0054276_2036352.jpg



29.
d0054276_20361473.jpg

ここには額紫陽花は少ないようでしたがそれでも色々な花が見られました~




30.
d0054276_20362765.jpg

今日はアジサイロードで見た紫陽花の花たちを載せました・・・
明日は『21世紀の森』周辺の紫陽花風景とこの森で見られる『株杉』を載せようかと思っています~

この板取地区では7月半ばまで紫陽花が見られます・・・・・
今日見ていてもまだ蕾も多く見られました~(*´∀`*)





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-500)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-06-29 20:56 | 私の好きな場所 | Comments(26)

『紫馬簾菊(ムラサキバレンギク)と葉薊(ハアザミ)の花』

今日載せた2種類の花は本来は別の呼び方をするのが普通ですが態と和名の漢字名で書いてみました・・・
植物の名前って和名や学名の他に栽培種などでは流通名もあるので全部を知らないと『この花は知っているのに名前が違う・・・』なんて事になってしまいそうですね~~(´;ω;`)

今日載せた紫馬簾菊(ムラサキバレンギク)は『エキナセア』の事で葉薊(ハアザミ)は『アカンサス・モリス』の花です~~(*´∀`*)
どちらも各務原市のエーザイ薬草園で出会って写しました・・・・・



1.『エキナセアの花』  キク科ムラサキバレンギク属の多年草
学名はEchinacea purpureaと言います~
d0054276_20104023.jpg

北アメリカ原産の多年草で7〜10月頃に花を咲かせます~
管状花は盛り上がり舌状花は下向きに咲いています・・・・・




2.
d0054276_20105298.jpg

エキナセアには風邪やインフルエンザなどのウイルスや細菌に対する体の免疫力を高める効果がある事が分かっています・・・・
北米のネイティブインディアン達が風邪などの予防に使ってきたハーブです~(#^.^#)




3.
d0054276_2011737.jpg

この花だけ見ていると『ルドベキア』と呼ばれているオオハンゴンソウにもよく似ていますが同じキク科でも属が違っています・・・・・




4.
d0054276_20111746.jpg



5.
d0054276_20112939.jpg

何となく楽しくなる風景です~
一つ一つの花が何となく話し掛けて来るような錯覚になりました・・・・・(#^.^#)




6.
d0054276_20114095.jpg



7.
d0054276_20115350.jpg



8.
d0054276_2012490.jpg

さりげなく通り過ぎるミツバチがいました・・・・・
もう少し近くで撮っていたらハチ合わせになるところでした~~(*´∀`*)




9.
d0054276_20121528.jpg






10.『アカンサス・モリスの花』  キツネノマゴ科アカンサス属(ハアザミ 属)の多年草
学名はAcanthus mollisと言います~
d0054276_20122566.jpg

原産地は地中海沿岸です・・・・・
ハーブや薬用としても利用されるのでしょうがこの花の姿が面白いので観賞用として花壇などに植えられていることが多いようです~




11.
d0054276_20123676.jpg

キツネノマゴ科の自然種は少ないですがこのような栽培種って多いようですね・・・・・
唇形花の好きな私にはとても楽しい花でした~(*´∀`*)




12.
d0054276_20124730.jpg

色も淡くて優しく思えますね~♪^^




13.
d0054276_20125821.jpg

花が写らないようにして撮ってみましたがこんな姿でも可愛く見えました~




14.
d0054276_2013936.jpg



15.
d0054276_20132271.jpg



16.
d0054276_2013321.jpg

今日載せた2種の花は普通は学名のまま名を呼ばれています・・・・・
エキナセアは『Echinacea 』そしてアカンサスは『Acanthus』ですね・・・・・
このような名前のつけ方も多くなっています~~
変な和名をつけて呼ぶくらいなら学名のままカナ表記にした方がいいでしょうね~

今日は天気予報では一時雨だと言っていましたが一日降りませんでしたので明日に持ち越しなんてことは無いでしょうね・・・・・゚(゚´Д`゚)゚





(OLYMPUS E-500)
(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-06-28 20:46 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『アマと サボンソウと クラリーセージと ロシアンセージの花~』

今日も薬草園で見られた色々な花を載せますが今日は淡い色の花を4種載せることにしました~

派手な色の花も梅雨時にはいいでしょうがこんな淡い色の花達を見ている方が気持ちが安らぎますね・・・・・



『エーザイの薬草園にて・・・・・』

1.『亜麻(アマ)』  アマ科アマ属の一年草
学名はLinum usitatissimumと言います~
d0054276_2013988.jpg

気温の低い所で栽培剃れるので日本では北海道だけが栽培適地になっいます・・・・・
茎の繊維はリンネル(リネン)製品となりアサよりも柔らかくかつ強靭で上等な繊維とされています~
フランス語ではランと発音されるので『ランジェリー』はアマの高級繊維を使用した女性の下着から言われるようになったそうです~




2.
d0054276_2014963.jpg



3.
d0054276_20204.jpg

種子からは亜麻仁油(あまにゆ、リンシードオイル、フラックスシードオイル)が採れますがこれは食用や塗料や油彩等に用いられています~♪

花の色が優しいですね・・・・・(*´∀`*)




4.
d0054276_2021038.jpg



5.
d0054276_2022149.jpg






6.『石鹸草(サボンソウ)』  ナデシコ科サボンソウ属の多年草
学名はSaponaria officinalis L.と言います~
d0054276_2023375.jpg

ヨーロッパ原産で明治の始めに持ち込まれて広まり『シャボン』が訛って『サボン』になったと言われています
葉や茎を水中で揉むと泡が立つので石鹸の代わりに使われていました・・・・・♪




7.
d0054276_2024478.jpg

茎先に集散花序(最初の花が枝先に付いてその下に次々と側枝を出して花が付く事)を出して淡い紅色や白い五弁花をつけます~(#^.^#)
可愛い花でナデシコ科って感じがしますね~




8.
d0054276_2025364.jpg



9.
d0054276_203557.jpg



10.
d0054276_2031628.jpg






11.『クラリーセージ』  シソ科アキギリ属の2年草
学名:はSalvia sclareaと言います~
d0054276_2032995.jpg

原産は南ヨーロッパです・・・・・
地中海地方をはじめ中央ヨーロッパ、イギリス、ロシア、モロッコ、アメリカ等でも栽培されています~♪
フランスおよびモロッコではこの植物から上質のエッセンシャルオイルが生産されます・・・・・(#^.^#)




12.
d0054276_2033934.jpg

和名を『オニサルビア』と言いますがこれは他のサルビアに比べて花穂や葉の大きさや茎の太さが群を抜いているので付けられたものですが可愛い花なのに可哀想な和名ですね・・・・・゚(゚´Д`゚)゚

花には特有の野生的な香りがあります




13.
d0054276_2034914.jpg



14.
d0054276_204196.jpg



15.
d0054276_2041284.jpg

色や花姿はとても可愛らしく思えました・・・・・
やっぱりシソ科植物の唇形花が好きな私なので少しは贔屓目で見てしまいますね~(*´∀`*)




16.
d0054276_2042136.jpg






17.『ロシアンセージ』  シソ科ペロフスキア属の半常緑低木
学名はPerovskia atriplicifoliaと言います~
d0054276_204318.jpg

原産地はパキスタンからコーカサスにかけての地域です

ロシアンセージははシソ科サルビア属ではなくシソ科ペロフスキア属の仲間でセージ類 [Salvia officnalis] とは全く別属の種になります・・・・・
別名は『秋のラベンダー』とも呼ばれ夏から秋にかけて淡い紫色(ラベンダー色)のベルベット状の蕾を沢山つけます・・・・・・




18.
d0054276_2044255.jpg



19.
d0054276_2045166.jpg

少しゴチャゴチャしていて花の姿がハッキリしていませんがシソ科特有の唇形花で可愛い花に思えました
シソ科の植物にはハーブに使われるものも多くてハーブ園や植物園や薬草園では多くの仲間が見られますね・・・・・(*´∀`*)




20.
d0054276_205141.jpg

可愛い花が多く見られましたが風があると私ではマクロ撮影が難しくなってしまうので望遠ズームで写すことが多くなります・・・・・><

こんな綺麗で可愛い花なのでマクロレンズを自由に操って撮ってあげれば良いのですが腕が悪いので困ったものです・・・・・(´;ω;`)


長良川の堤防は今月半ばに草刈が行われましたので今は何も見られません~><
河川敷でも植物達にはあまり変化がないのでここしばらくは何も写していません・・・・・
また日曜になったらどこかへ出かけてたくさん写すことになりそうです~~






(OLYMPUS E-500)
(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-06-27 20:46 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『馬の鈴草(ウマノスズクサ)と角胡麻(ツノゴマ)と木大角豆(キササゲ)の花』

今日もエーザイの薬草園と薬樹園で見られた花を載せます~
ウマノスズクサは以前から写したかった花でしたがこの薬草園に初めて来た去年の夏には花が終わっていましたので1年近く待っていました
やっと咲いたので出かけて写すことが出来ましたが綺麗に撮りませんでした~゚(゚´Д`゚)゚

ツノゴマもキササゲも以前写して載せたことがありますが綺麗で可愛い花を咲かせていたので写しました
キササゲはいつも長良川の河川敷で写していましたがこの薬樹園でも見られましたのでここで写しました~



1.『ウマノスズクサ』  ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属の多年生蔓植物
学名はAristolochia debilisと言います~
d0054276_20182418.jpg

和名の由来は葉が馬の顔の形に似ていて花の球形の部分が馬の首に掛ける鈴に似ていることから命名されたと言う説もありますが他に花の形が馬の首に掛ける鈴のようだと言うことから命名されたという二通りの説があります・・・・・




2.
d0054276_20183578.jpg

ウマノスズクサの花は雌性先熟で糞や腐肉に似た匂いで小型のハエをおびき寄せて花筒の奥の球形の部屋へと誘導します・・・・・
部屋には柱頭があってハエは後戻りが出来なくてそこに閉じ込められてしまいます~
しばらくして雄シベが花粉を出す頃になると部屋から脱出できるようになって花粉を付けたハエは花から出て行けるようになります・・・・

複雑な植物の知恵ですね・・・・・




3.
d0054276_20184522.jpg

余談ですが水戸黄門で印籠に描かれている『徳川葵』の紋はアオイ科の植物ではなくてこのウマノスズクサ科の植物紋と言う事は知らない人が多いですね~




4.
d0054276_20185556.jpg

ずっと写したかった花が写せて良かったです~(*´∀`*)




5.
d0054276_2019528.jpg






6.『ツノゴマ』  ツノゴマ科ツノゴマ属の一年草
学名はProboscidea louisianicaと言います~
d0054276_20191577.jpg

原産地は北米南部やメキシコです
1989年に食虫植物の仲間入りをした植物で小さい虫を粘着させて捕まえますが消化酵素の分泌等について詳しいことは不明のようです~




7.
d0054276_20192546.jpg

植物は子孫を残すため種の散布方式を色々な方法で工夫していますね・・・・・
風や鳥に運ばせるものや蟻などの虫に持って行かせるもの・・・・・
水に乗せて遠くまで移動させるものや自分で弾けるもの等その方法は様々で面白いですね~
ツノゴマの実は極限な『ひっつき虫』で地面に転がる実を野生動物などが踏むと2本の巨大な鈎爪が深く刺さって痛さに暴れ回りながら細かい種を撒き散らせるようです・・・・・

ですから別名を『悪魔の爪』とか『旅人泣かせ』と言うようです~




8.
d0054276_20193658.jpg



9.
d0054276_20194696.jpg



10.
d0054276_20195614.jpg

花は可愛いいですね~
以前紹介した『カイケイジオウ』の花や『キササゲ』の花に色は違いますが感じが似ていますね~




11.
d0054276_2020955.jpg






12.『キササゲ』  ノウゼンカズラ科キササゲ属の落葉高木
学名はCatalpa ovataと言います~
d0054276_20201924.jpg

中国原産で高さ10mを越える高さに生長します・・・・・

以前載せたものは長良川の河川敷に咲いていたひとり生えの木でしたがこの写真のものは薬樹園で育てられているものです~




13.
d0054276_20202993.jpg

薬樹園で栽培されているのは古くから薬用植物として導入されているからですが河川や小川のほとりなどに野化したものが生育している事もあります~
花は美しく薄い黄色の地に赤紫色の斑紋があって綺麗に見えます~

6月から7月に開花して花が終わると急速に果実が生長し長さ30cmほどの紐状に見えるのでこれをササゲに例えて『キササゲ』と名付けられました~
果実は利尿薬として使われているようです・・・・・(#^.^#)




14.
d0054276_20203954.jpg

河川敷に咲いていた花はもう少し大きかったような気がします・・・・
でも花の色などから見てどちらもアメリカキササゲやハナキササゲではなくキササゲのようです~




15.
d0054276_20204983.jpg



16.
d0054276_2021020.jpg

もう実が生っていました~(*´∀`*)
最近は河川敷のキササゲの近くに行っていませんが同じように今頃は実が生っているのでしようね~




17.
d0054276_2021101.jpg


キササゲはノウゼンカズラ科の植物ですが本家のノウゼンカズラも可愛い花を咲かせていますね
通勤途中ではノウゼンカズラのオレンジ色の花とアメリカノウゼンカズラの濃朱色の花が見られます~
まだ梅雨明けまでには長くかかりますがこの花を見ていると『夏が来たな~』って思いますね・・・・・






(OLYMPUS E-500)
(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-06-26 21:07 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『夏椿と柘榴と銀梅花』

今年の梅雨は各地で異常な気候になっているようですね
東京では大規模にヒョウが降ったりこちらでも東濃地方では激しい雨が降っていたりして心配になります・・・・・

今日はこの時期に見られる花を3種類紹介します・・・・・
特に珍しいものはないのですが白い花と赤い花を載せましたので紅白で少しは目出度い気持ちになりたいですね・・・・・(*´∀`*)



『薬樹園で見られた花達・・・・・♪』

1.『夏椿(ナツツバキ)の花』  ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木
学名はStewartia pseudocamelliaと言います~
d0054276_20115956.jpg

別名をシャラノキ(娑羅樹)と言いますが仏教の聖樹『フタバガキ科の娑羅樹(さらのき)』に似ているのでこの名が付けられたと言われています~

本家の『沙羅樹』は殆ど見ることがありませんが岐阜市内では『三甲美術館』の敷地内で見られます




2.
d0054276_20121517.jpg

本州(宮城県以西)、四国、九州に自生する植物です・・・・・
庭木としてや公園などで育てられていることが多いですね~~
白くて上品なツバキに似た花と少し光沢の有る葉は夏には涼しげに感じます・・・・・

1日花なので咲いた花はその日のうちに散ってしまいます・・・・・
儚いですね~(´;ω;`)




3.
d0054276_20122535.jpg

通常はツバキというと冬も常緑ですがナツツバキは冬には落葉します
一般に『ナツツバキ』と言うより『沙羅の木』と呼ばれることが多いですね~




4.
d0054276_20123669.jpg



5.
d0054276_20124778.jpg



6.
d0054276_20125891.jpg

ナツツバキより花の小さいヒメシャラ(Stewartia monadelpha)も山地に自生していますが栽培もされています・・・・・・
ナツツバキ属(Stewartia)は東アジアと北アメリカに8種ほど分布している植物になります




7.
d0054276_20131092.jpg

ナツツバキの名所は岐阜県内では以前紹介した紫陽花寺『弓削寺』のある池田山(岐阜県揖斐郡池田町)ですが私はまだ池田山のナツツバキを見たことはありません・・・・・

いつか見に行ってみたいです~(*´∀`*)





8.『柘榴(ザクロ)の花』  ザクロ科ザクロ属の落葉小高木
学名はPunica granatumと言います~
d0054276_20132062.jpg

近年発達した分子系統学のAPG植物分類体系では『ミソハギ科(学名: Lythraceae)』に分類されるようですがミソハギやサルスベリと同じには見えないですね~

漢字表記には石榴や若榴と書く事もあります・・・・・




9.
d0054276_20133156.jpg

西南アジア原産で日本へは10~11世紀頃に渡来したと言われています~
ザクロと言う名前についてはハッキリしませんが面白い説として原産地近くの『ザグロブ山』の名前に由来していると言うものがあります・・・・・(*´∀`*)



 
10.
d0054276_20134124.jpg



11.
d0054276_20135283.jpg



12.
d0054276_2014312.jpg

この花は八重咲きですが普通は一重のものが多いですね・・・・・
一重のものの方が山で見かけると綺麗に思えます~




13.
d0054276_2014138.jpg



14.
d0054276_20142561.jpg







15.『銀梅花(ギンバイカ)の花』  フトモモ科ギンバイカ属の常緑低木
学名はMyrtus communisと言います~
d0054276_20143980.jpg

別名をギンコウバイ、ギンコウボク、イワイノキという事もあるようです・・・・・

地中海沿岸原産で属名からミルトスとも呼ぶようです・・・・・
原産地では花が結婚式などの飾りによく使われるので『祝いの木』とされています~(#^.^#)




16.
d0054276_20145083.jpg



17.
d0054276_2015092.jpg

初夏になると葉の付け根に5枚の花びらをもった梅に似た白い花を咲かせます・・・・・
糸のように細いオシベが特徴的で美しくて花弁より目立っています~

花の後には小さな果実が出来て秋になると黒青色に熟し食べることが出来るようです・・・・・♪
葉はやや先が尖った卵形で長さは3cm~5cmで厚めの革のような質感で艶があって美しいです~
葉を揉むと同じ科のユーカリのような強い芳香がします・・・・・




18.
d0054276_2015972.jpg



19.
d0054276_20151938.jpg

内藤記念薬博物館(エーザイ製薬)には同じ敷地の中に薬草園と薬樹園があります
一般解放されていますので見学者もいますが薬草園と博物館を見学する人は多いですがこの薬樹園をゆっくり見ている人は少ないようです・・・・・

目立つものが少ないからでしょうがのんびり散策していると結構色々なものに出会えて楽しくなります
昨日載せた『エゴノネコアシ』もここで見られました~~





(OLYMPUS E-500)
(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-06-25 21:01 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『エゴノキの実とネコアシとヤマモモの実~』

各務原市川島の『内藤記念くすり博物館』の薬草園の中にある『薬樹園』に色々な実が生っていました
近くでもエゴノキの実を見ることができますが私が気に入っていた粕森公園の木が無くなってからはエゴノキに見られる『ネコアシ』を見ることがなくて最近は見られませんでした・・・・・

日曜に行った薬樹園のエゴノキにはたくさんのネコアシが見られたので嬉しくなって何枚も写真を写しました
ここのネコアシは粕森公園で見られたものより大きくて形もハッキリしていました~(#^.^#)

近くに生っていたヤマモモの実が色付いていましたのでそれも一緒に写しました・・・・・



1.『エゴノキの実』  エゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木
学名はStyrax japonicaと言います~
d0054276_2020521.jpg

別名をチシャノキやロクロギとも言います・・・・・

実を齧るとがエグイので付けられた和名です・・・・・
別名のチシャノキは実の成りかたを動物の乳に見立てた乳成り(チナリ)の木から転化したとされているようです~(*´∀`*)
ロクロギは傘の柄に使われたためにそう呼ばれたこともあるようです~




2.
d0054276_20201751.jpg

果実は卵球形の核果で灰白色です~
10月ころに熟すと果皮は裂けて種子が落下します・・・・・
果皮にエゴサポニンを多く含むので石鹸の代わりにしたり魚毒性があるので磨り潰して毒流し漁に使うこともあったようですが現在は漁法で禁止されています・・・・・

果皮にエゴサポニンを多く含むので誤食すると溶血作用や胃腸障害を起こします・・・・゚(゚´Д`゚)゚




3.
d0054276_20202862.jpg



4.
d0054276_20203727.jpg

こんな感じでたくさんの実がぶら下がっている光景は可愛いですね~




5.
d0054276_20204733.jpg



6.『虫コブの一種 ネコアシ~』 
d0054276_202114.jpg

葉の中に見られるものが『エゴノネコアシ』と呼ばれている『虫こぶ』です・・・・・
何となく猫の脚のように見えるのでネコアシと呼ばれるようになりました~

イネ科の『アシボソ』を一次寄主とするアブラムシ『エゴノネコアシアブラムシ』が春に二次寄主であるエゴノキに移動(寄主転換)して新芽を変形させて猫の足を連想させるような『エゴノネコアシ』という虫こぶを作ります・・・・・・♪




7.
d0054276_20211177.jpg



8.
d0054276_20212145.jpg



9.
d0054276_20213248.jpg

粕森公園にエゴノキがあった時にはよく見られましたが粕森公園には『アシボソ』が生えていなかったのでチヂミザサ等の他のイネ科植物を一次寄主にしたようですがこの薬樹園でも同じように思えました~




10.
d0054276_20214443.jpg



11.
d0054276_20215427.jpg

ここのエゴノキにはたくさんのネコアシが見られました~(*´∀`*)
これから見たくなったらここに来るでしょうね・・・・・・♪




12.
d0054276_2022476.jpg





13.『山桃(ヤマモモ)の実』  ヤマモモ科ヤマモモ属の常緑樹
学名はMyrica rubraと言います~
d0054276_20222287.jpg

以前は岐阜市役所南庁舎の正面左に植えられていて実が良くなっていましたが実が落ちでベタベタすると言うクレームなどで切られてしまいました・・・・・(´;ω;`)

清流と緑をテーマにしている岐阜市なのにこの扱いは酷いと思いました
一緒に他の木々も切られてしまったので南庁舎前には木が1本もありません(街路樹のイチョウは別として)




14.
d0054276_20223371.jpg

ヤマモモは本州の関東~福井県よりも南西部~四国や九州や沖縄の暖地の沿岸域に生育して台湾から中国やフィリピンにも分布しています・・・・・

樹形は良い方なので庭木や公園木などとしても植栽されている所が多いです~
雌雄異株で雌木に生る果実は夏には黒赤色に熟して独特の松ヤニのような味がしますが悪くない味です




15.
d0054276_20224448.jpg



16.
d0054276_20225643.jpg

たくさんの実を付けていますね~(*´∀`*)




17.
d0054276_2023980.jpg

岐阜市内では溝端公園の北側に実をたわわに付けるヤマモモの木があります~
風が強い日にはたくさん落ちてしまいますのでその前に利用出来そうなら貰って来た方が良いでしょうね
自然からの恵みを今の子供達にも味わって欲しいです・・・・・♪^^




18.
d0054276_20232118.jpg



19.
d0054276_20233137.jpg



20.
d0054276_20234282.jpg



21.
d0054276_20235348.jpg



22.
d0054276_2024414.jpg

ヤマモモやヤマボウシの実等をそのまま食べるならキンキンに冷やしてから食べるといいですね~
甘さが引き立ちと思います・・・・・(*´∀`*)




23.
d0054276_20241655.jpg



24.
d0054276_20244569.jpg



25.
d0054276_20245766.jpg


木の実や草の実は秋に見られるものが多いように感じますが今の季節にも秋に負けないくらい色々な実が生りますね・・・・・
食べる食べないに関係なく見て楽しむだけでもいいですね~~(#^.^#)





(OLYMPUS E-500)
(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-06-24 21:11 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『半夏生咲く水辺の光景・・・』

梅林公園の池の周囲とガマの咲いている所に見られた半夏生を以前載せましたが私が半夏生の見られる所では一番気に入っている河川環境楽園の木曽川水園下流部で今年も半夏生を写しました・・・

この場所では木舟を使っての水郷めぐりが見られるので去年は半夏生の向こうに木舟が見られる風景を載せましたが今回は他のイベントがあったようなので木舟遊覧を楽しむ人がまだ集まっていませんでした~
木船の見られる水辺に咲く半夏生は絵になりますが今回は風景だけになりました・・・・・

この日はいつも使っているカメラじゃなくなかなか言うことを聞いてくれない頑固者のカメラ2台を使って写しました




『半夏生咲く頃~』
1.
d0054276_20153528.jpg

いつも見られるカルガモも一羽もいなくて静かな水辺になっていました~
水面に見られる生き物はアメンボだけでした・・・・・♪




2.
d0054276_20154997.jpg



3.
d0054276_2016342.jpg

静寂っていう表現がピッタリのように思えました・・・・・(#^.^#)




4.
d0054276_20161479.jpg



5.
d0054276_20162672.jpg

葉を白くして遠くにいる虫に花の在処を知らせているのですね・・・・・
受粉して虫の助けを必要としなくなる頃には葉は元のように緑一色になります~




6.
d0054276_20163710.jpg



7.
d0054276_20164922.jpg



8.
d0054276_2017047.jpg



9.
d0054276_20171591.jpg



10.
d0054276_20172945.jpg

木舟遊覧に使われなくなったものが静かに余生を楽しんでいるように思えました・・・・・
以前書いた『創作写真物語』の古舟のようにこの舟がいつの日か私に話し掛けてくれるかも知れませんね~




11.
d0054276_2017426.jpg

『シ~~ン』とした光景でした・・・・・
『ポトリ』と落ちて来たクスノキの小さな実の音がよく聞こえました~(*´∀`*)




12.
d0054276_20175381.jpg

半夏生はドクダミに近い香りがするようなのでここで思い切り大きく鼻で息を吸ってみました
嫌な臭いは感じられず何となく清々しく感じられました~♪




13.
d0054276_2018533.jpg



14.
d0054276_20181797.jpg



15.
d0054276_20183087.jpg



16.
d0054276_20184556.jpg

やっぱり半夏生は水辺が似合いますね~
小さな池でも似合っていますがこんな場所だと元気いっぱいに感じられますね・・・・・




17.
d0054276_2019095.jpg



18.
d0054276_20191342.jpg



19.
d0054276_20192789.jpg


昨日はサーバーのせいなのか写真のアップに凄く時間がかかりました
それでイライラも頂点まで行ってしまいましたが今日は前のように繋がって更新も早く出来ています

機械ものは思うようにならないので本当に困りますね~
これからこの調子で動いてくれると助かります~(*´∀`*)

日曜には久し振りにカメラを変えて写しました
デジイチですが1000万画素と800万画素の2台を連れての散策は楽しかったです~(*´∀`*)





(OLYMPUS E-510)
(OLYMPUS E-500)

(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-06-23 20:48 | 私の好きな場所 | Comments(20)

『淡桃色の柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)がたくさん咲いていました~』

先日のブログで紫陽花寺の『三光寺』で柏葉紫陽花で白い花に赤い点々のようなものが見られて少しピンク色のものも見られたので写して紹介しましたが今日出かけた木曽三川公園の河川環境楽園オアシスパークで彼方此方にピンク色になっているカシワバアジサイを見ました・・・・・
もちろん同じ所には白い普通の花も咲いていましたが淡桃色の花を咲かせているものの方が多く感じました

今まで柏葉紫陽花は白花だと思っていたのですが咲いてから時が経つと色の変化が出てくるのではと疑問に思いましたがそうではなくてこのような色になる品種が出来ているのかも知れませんね~(#^.^#)
今日はオアシスパークで見かけた柏葉紫陽花を載せてみました・・・・・



『ピンク色のカシワバアジサイ達・・・・・』
1.
d0054276_2043693.jpg



2.
d0054276_21145717.jpg



3.
d0054276_2129291.jpg



4.
d0054276_21301118.jpg



5.
d0054276_21315417.jpg



6.
d0054276_21331652.jpg



7.
d0054276_22194660.jpg

今日は画像のアップが出来なくて20枚の画像があるのですが8時から初めてこの時間まで休憩無しで7枚しか載せられませんでした・・・・・゚(゚´Д`゚)゚

理由は判りませんがこれ以上時間をかけられないのでこれだけアップして今日は終わりたいと思います






(OLYMPUS E-500)
(OLYMPUS E-510)

(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2014-06-22 22:30 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『牧野ヶ池緑地を少し歩いて・・・』

今日は昼前から名古屋に出かけていました
息子夫婦がいるので1歳になった孫の顔見たさに今日は自然の多い所には出かけず名古屋市内に向かって車を走らせました~
同じ距離でも名古屋は疲れます~゚(゚´Д`゚)゚
郡上八幡なら気楽に行けるのは田舎道が好きだからでしょうね~(*´∀`*)

昼過ぎに緑の多い公園にでも行こうと言う事になって『牧野ヶ池緑地』に出かけました・・・
あまり花は見られませんでしたので写真は少なかったのですが今日はこの公園で見たアジサイやクチナシや桐の実等を載せてみました・・・・・
たくさん写した写真の殆どは孫の写真になってしまいました~~親バカならぬ『爺バカ』ですね~(#^.^#)



『牧野ヶ池緑地で見た花達・・・』 愛知県名古屋市名東区猪高町大字高針
1.
d0054276_21121629.jpg

牧野ヶ池緑地は愛知県名古屋市名東区(一部は天白区)にある愛知県営の都市公園になります・・・
牧野池は江戸時代の正保3年(1646年)に灌漑用に作られたため池で名古屋市内でもっとも大きく面積は16ha)かつて周辺は尾張徳川家の御狩場で現在では渡り鳥の飛来地としても知られています

今日は池は車で通り過ぎただけで写真は写せませんでした~゚(゚´Д`゚)゚




2.
d0054276_21123262.jpg

八重のクチナシがたくさん咲いていました・・・・・
同じクチナシでも八重のものは香りがいいですね~♪




3.
d0054276_21125126.jpg



4.
d0054276_21131829.jpg

ここには竹林が多く見られました・・・・・
竹がたくさん見られると涼しく感じられますね~
『タケノコを採らないで・・・』って言う立札が建てられていました・・・・・




5.
d0054276_21135117.jpg

小さな花がたくさん下向きに咲いていました
ドウダンツツジのような花でしたがこれって何の花でしょうね?

ブロ友さんのコメントにもありましたので調べてみましたがツツジ科のネジキとシャンシャンボのどちらかのようでした・・・・・
所持している図鑑と近くの市立図書館に出かけて色々調べてみましたら花の姿と花の根元にある小さな葉の有無と幹にある模様などで『シャンシャンボ』のように思えました・・・・・





6.
d0054276_21145866.jpg



7.
d0054276_2115201.jpg

紫陽花と八重梔子が並んで咲いていました・・・・・
今日は天気が良くなって歩くと暑さを感じましたがそれでも日陰では涼しくて気持ちが良かったです




8.
d0054276_21154697.jpg

紫陽花も咲いていました・・・・・
特別珍しい紫陽花は無かったですがまだ綺麗な姿をしていました~

他にはセイヨウキンシバイが歩道脇に見られました・・・・・♪




9.
d0054276_2116646.jpg



10.
d0054276_21162831.jpg



11.
d0054276_21172671.jpg



12.
d0054276_21175140.jpg



13.
d0054276_21201957.jpg



14.
d0054276_21251541.jpg



15.
d0054276_2148355.jpg



16.
d0054276_2149642.jpg

桐の実がなっていました・・・・・
見た目はオニグルミのようなので何となく食べられそうに思いますが桐の実は細かなもので食用にはならないです・・・・・><




17.
d0054276_2149228.jpg



18.
d0054276_21514725.jpg

ムラサキシキブが花を咲かせ始めていました・・・・・
家の近くに見られるコムラサキはとっくに花が咲いていましたのでここは少し遅いみたいですね~

名古屋市には大きな公園がたくさんありますが滅多に行かないのでまだ知らないところばかりです
息子の家に出かけた帰りにでも寄りたいと思っていますが時間がかかると帰りが暗くなってしまいそうなのでゆっくりは出来ないですね・・・・・><

やっぱり私には小さな公園や有り触れた場所でも岐阜近郊がいいですね~
明日は午前中は雨のようなので午後からでも近くで写真を写そうと思っています・・・・・
by shizenkaze | 2014-06-21 22:26 | 公園 | Comments(26)