<   2015年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『満作(マンサク)と逆川(さかしまがわ)の風景~』

私のホームグランドのようにしている『達目洞(だちぼくぼら)』に河川環境楽園や薬樹園の帰りに寄ってみました
まだ植物達は冬眠から目覚めないものが多くて湿地帯では花らしいものは見られませんでした・・・・・

バイパスから達目洞に入って未舗装の道を少し走った所にマンサクの黄色い花が見られました
まだ蕾が多いですがここで見る花の第一号になりました~
今日はこのマンサクと季節になると『ヒメコウホネ』が咲く『逆川(さかしまがわ)』と散策木道の風景を載せます~



1.『満作(マンサク)』  マンサク科マンサク属の落葉小高木
学名はHamamelis japonicaと言います~ 
d0054276_1947527.jpg

漢字表記には他に『万作』や『金縷梅』と書く事もあります~
このマンサクは日本の固有種です・・・・・




2.
d0054276_1948541.jpg

マンサクには亜種や変種も多くオオバマンサク・マルバマンサク・ウラジロマンサク・ウラジロマルバマンサク・アテツマンサク・アカバナマンサクがあります・・・・・
外国産のものではシナマンサク・ハヤザキマンサク・アメリカマンサクがあります~♪

また似たようなトキワマンサク属のトキワマンサク・ベニバナトキワマンサクも見られますので気をつけていないと混同しそうになりますね・・・・・(´;ω;`)




3.
d0054276_19481613.jpg

黄色く細い花弁は『錦糸卵』のように見えますね~
私は子供の頃に吹くと伸びる紙製の『ピロピロ笛』のようにも思えていました~(*´∀`*)




4.
d0054276_19482613.jpg


5.
d0054276_1948377.jpg


6.
d0054276_19484895.jpg


7.
d0054276_19485875.jpg


8.
d0054276_19491071.jpg


9.
d0054276_19492122.jpg





10.『逆川(さかしまがわ)』  岐阜市達目洞地内
d0054276_19493434.jpg

達目洞は逆川(さかしまがわ)の源流地になります・・・・・
金華山からの湧き水を水源とする逆川には絶滅危惧種のヒメコウホネが咲きます~
平成20年6月には環境省の『平成の名水百選』にも選定されました・・・・・(#^.^#)




11.
d0054276_19494875.jpg


12.
d0054276_1950420.jpg


13.
d0054276_19501685.jpg


14.
d0054276_1950298.jpg

達目洞に自生するヒメコウホネは環境省レッドデータブックの絶滅危惧II類に指定される絶滅危惧種で岐阜市自然環境の保全に関する条例に定める『貴重野生動植物種』に指定されています・・・・・

平成19年達目洞を流れる逆川の内ヒメコウホネの生育する一帯112mの区域を岐阜市自然環境の保全に関する条例に基づいて『達目洞ヒメコウホネ特別保全地区』に指定しました~♪




15.
d0054276_19504161.jpg

またヒメコウホネの咲く頃や他の花達の咲く季節にも訪れて写真を撮りたいと思います~

明日は2月1日・・・・・
今から10数年前の私なら今頃は何本かのフライ(毛鉤)を巻いてロッドの調子やリールにオイルを差したりと渓流釣り解禁日の明日の行き場所を考えながら過ごしていたでしょうね~~
明日の朝はリコール対象の車を点検して貰っている間に長良公園を少し散策してみようと思っています
それから昔の釣り仲間がいるかも知れない長良川中流あたり(関市~美濃市)をひと周りしたいと思っています~~
懐かしい仲間たちに逢えるといいな・・・・・(*´∀`*)




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-01-31 20:26 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『薬樹園の樹実と春待芽達~♪』

今日は各務原市川島のエーザイ薬草園(薬樹園)で見られた木の実と春を待つ葉芽や花芽を載せることにしました・・・・・
薬草園の方は何も見られずひっそりとしていましたが薬樹園では冬風景の中でも少しばかりの実や春待芽が見られました~

『アクア・トトぎふ』の帰りに立ち寄って写しました~♪


1.『姫沙羅(ヒメシャラ)』  ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木
学名はStewartia monadelphaと言います~
d0054276_2074182.jpg

この木は日本の特産種です・・・・・
夏椿に似た可愛い花が咲きます~♪




2.
d0054276_2075263.jpg


3.
d0054276_208370.jpg


4.
d0054276_2081519.jpg


5.
d0054276_2082616.jpg


6.
d0054276_2083543.jpg





7.『白木蓮(ハクモクレン)』  モクレン科モクレン属の落葉高木
学名はMagnolia heptapetaと言います~
シノニム学名ではMagnolia denudataとなります~
d0054276_2084713.jpg

毛皮のコートを着ているような姿の春待芽は大好きです・・・・・
これから暫くはモクレン科やヤナギ科の木々に見られますね~♪




8.
d0054276_208569.jpg


9.
d0054276_209858.jpg


10.
d0054276_2091867.jpg


11.
d0054276_2092820.jpg


12.
d0054276_2093860.jpg





13.『旱蓮木(カンレンボク)』  ヌマミズキ科(又はミズキ科)カンレンボク属の落葉高木
学名はCamptotheca acuminata Decne.と言います~
d0054276_2095054.jpg

実ったばかりの時には小さな若い緑色のバナナのように見えます
もうすっかり熟しきって乾燥してしまいました・・・・・




14.
d0054276_2010051.jpg


15.
d0054276_2010129.jpg


16.
d0054276_20102375.jpg


17.
d0054276_20103349.jpg





18.『定家葛(テイカカズラ)』  キョウチクトウ科テイカカズラ属の蔓性常緑低木
学名はTrachelospermum asiaticumと言います~
d0054276_20104490.jpg

花は少し捻じれたような姿で咲きます・・・・・
茎や葉を切ると白い乳液が出ますがこれは有毒です~゚(゚´Д`゚)゚




19.
d0054276_20105567.jpg


20.
d0054276_2011529.jpg


21.
d0054276_20111639.jpg





22.『栃の木(トチノキ)』  トチノキ科(APG植物分類体系ではムクロジ科)トチノキ属の落葉広葉樹
学名はAesculus turbinataと言います~ 
d0054276_20112980.jpg

岐阜県の山には多い樹木です~
特に飛騨地方では『栃の実せんべい』や『栃餅』としてお土産にもなっています~




23.
d0054276_20114042.jpg


24.
d0054276_20114958.jpg


25.
d0054276_2012015.jpg





26.『満天星(ドウダンツツジ)』  ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉広葉樹
学名はEnkianthus perulatusと言います~
d0054276_20121362.jpg

たくさんの春待芽が出ていました・・・・・(*´∀`*)
白くて可愛い花と秋の紅葉がとても綺麗です~♪




27.
d0054276_20122383.jpg


28.
d0054276_20123320.jpg


29.
d0054276_20124696.jpg


今日は6種類の実や春待芽を載せてみました・・・・・
まだ自然の中では花は少ないですが2月に入れば少しずつ花も見られるようになると思います~
少し前までは仕事が終わる頃には真っ暗でしたが最近は少し明るくて春が少しずつやって来るような気がしますね・・・・・

1月も明日1日です
新年を迎えたかと思ったらもう1ヶ月過ぎてしまいました・・・・・
本当に早く時間が通り過ぎて行きます・・・・・・♪





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-01-30 20:43 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『アクア・トトぎふの館内を歩いて・・・・・♪』

『世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ』の魚達を2日間載せて昨日は特別展示の『美濃和紙あかりアート作品』を載せましたが今日は淡水魚水族館の館内を紹介します~

この水族館は入館すると大きなリクガメやカピバラを見てからエレベーターで最上階(4階)に行って展示されている魚達を見ながら通路を歩いて下に降りるようになっています・・・・・
階によって『長良川上流』から『下流』そして『アジアの魚』や『ナイル川・アマゾン川』へと続いています~

通路は全てスロープになっていますのでバリアフリーになっています
その通路には色々な魚に関係しているオブジェや民芸品が飾られていてそれを見るだけでも楽しいです~


1.
d0054276_2004835.jpg

最上階からゆっくり歩きながら魚や色々なものを見る事が出来ます~
通路はこのように照明を落としてあるので雰囲気がいいですよ・・・・・(*´∀`*)




2.
d0054276_201519.jpg

通路横に置いてある色々な魚のオブジェや民芸品が見られます~
これは木彫りの金魚のようですが如何にも中国のものって感じがしますね・・・・・♪




3.
d0054276_2011675.jpg


4.
d0054276_2012623.jpg

スロープになっている通路には魚などのオブジェの他に照明の変化で足元に波や水紋等が見られて楽しいです~♪




5.
d0054276_2013761.jpg

何となく南米の民芸品のような感じがします~(*´∀`*)




6.
d0054276_2014899.jpg


7.
d0054276_201595.jpg

こんな大きなカタツムリの置物もありました~♪
デンデンムシですが全然無視しないで見てください~(*´∀`*)




8.
d0054276_2021192.jpg

こんな可愛いものもありました~
これはアジアのものって感じがしますがどうなんでしょうね・・・・・♪^^




9.
d0054276_2022327.jpg

『メコン川』の展示コーナーです・・・・・
魚も民芸品や住んでいる人達の生活なども紹介されています~
木彫りの『メコンオオナマズ』がありました・・・・・
木の温もりが感じられました~(#^.^#)




10.
d0054276_2023557.jpg


11.
d0054276_2024594.jpg

水槽は通路に沿ってこんな感じで見られます~
大きな海水魚の水族館と違って比較的のんびりと楽しめますが決して人気がないので空いている訳じゃないですよ~~(*´∀`*)




12.
d0054276_202561.jpg

カップル達も手を繋いでのんびり楽しくデートしていました~(いいですね~^^)




13.
d0054276_203723.jpg

そしてまた下の階に降りて行きます~♪




14.
d0054276_2031870.jpg

これから『アマゾン川』に向かいます~(*´∀`*)




15.
d0054276_2033379.jpg


16.
d0054276_2035133.jpg

アマゾン川に棲んでいる魚達がたくさん見られます~
水槽は一つじゃなくて何箇所にもあります・・・・・
魚によっては追ったり追われたり食べたり食べられたりするようなものもいるので分けてあるものもいます~




17.
d0054276_204417.jpg

今は企画展として『赤い清流・アマゾン』をやっています~
これを見るだけでも価値がありますね・・・・・(*´∀`*)




18.
d0054276_2041821.jpg


19.
d0054276_2042992.jpg

見ている子供より大きな魚も泳いでいます~
あまりの大きさに見ている子供は『ギョ~・・・』ですね~(*´∀`*)




20.
d0054276_2044058.jpg


21.
d0054276_204522.jpg


22.
d0054276_205367.jpg


23.
d0054276_2051489.jpg


24.
d0054276_2052695.jpg

『アクア・トトぎふ』のショップ『フィッシュタンク』です~




25.
d0054276_2053821.jpg

ここでしか買えないものもたくさんあるようで若い人達が買っているのが見られました~
私も欲しいものはありましたが今回は何も買わず冷やかしに入って見て来ただけでした・・・・・♪




26.
d0054276_2055076.jpg

『ピラルク カレースナック』や『カピバラおやつ』ってどんな味なんでしょうね~
興味津々だけど買わないです~(*´∀`*)




27.
d0054276_206195.jpg

お魚プリントのトイレットペーパーまでありました~(#^.^#)




28.
d0054276_2061378.jpg

『アクア・トトぎふ』の入口です~




29.
d0054276_2062530.jpg

このピラルクと一緒に写真が撮れます~
後ろに回ってピラルクを撫でながら写せますよ・・・・・(*´∀`*)




30.
d0054276_2063924.jpg

『木曽川水園』の端から見た『アクア・トトぎふ』の建物です~
いつもこの風景を見ながら木々や鳥を写していました・・・・・・

これで今回の『世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ』の紹介は終わりです~
年間パスポートがあるのでこれから時々出掛けますので何か変わったものが見られたらまた載せたいと思います~~




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
by shizenkaze | 2015-01-29 20:51 | 風景 | Comments(14)

『清流のあかり(アクア・トト ぎふ×美濃和紙あかりアート作品)』

今日は『アクア・トトぎふ』で見られる『美濃和紙あかりアート』の展示を載せてみました・・・・・
昨年に『本美濃和紙』がユネスコ無形文化遺産登録されましたので記念展示のようにしているみたいです~
水族館と灯りアートのコラボは珍しいと思います・・・・・・(*´∀`*)

色々な淡水魚と一緒にこの幻想的なあかりの世界もお楽しみください~♪


1.
d0054276_20145326.jpg

長良川の清流と伝統から生まれた美しいあかり
「美濃和紙あかりアート作品』が館内に展示されています~
昨年『ユネスコ無形文化遺産登録』された1,300年の伝統を受け継ぐ『本美濃紙』を使った灯りの数々です

展示場所は3階の『長良川中流エリア』通路で展示期間は平成27年1月14日(水)〜2月28日(土)までです




2.『美濃和紙と竹ひごで造られた作品です~』
d0054276_2015462.jpg

一つ一つには作品名もありましたが見た人が感じるものは個々で違いますので見て頂いてそれぞれの感じ方で楽しんでください~♪




3.
d0054276_20151483.jpg


4.
d0054276_20152587.jpg


5.
d0054276_20153748.jpg


6.
d0054276_20154855.jpg


7.
d0054276_2016018.jpg


8.
d0054276_20161245.jpg


9.
d0054276_20162352.jpg


10.
d0054276_20163354.jpg


11.
d0054276_20164332.jpg


12.
d0054276_20165657.jpg


13.『3階の長良川中流エリア通路です~』
d0054276_2017634.jpg

アクア・トトで最上階から下に降りながら魚を見ていますとここに辿り着きます~
この水族館は入場すると最初にエレベーターで最上階(4階)に行って通路を歩きながら下に降りるようになっています・・・・・




14.
d0054276_2017177.jpg

この展示は2月いっぱいやっていますので興味のある人はお早めに~~(*´∀`*)

明日は館内で見かけたオブジェや展示水槽風景や通路や売店などの写真を載せたいと思っています
それで今回の『アクア・トトぎふ』の紹介は終わりにします~♪^^




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
by shizenkaze | 2015-01-28 20:32 | 風景 | Comments(18)

『メコン川やアマゾン川等の魚達~』

昨日は日本の淡水魚を多く載せましたが今日はメコン川やアマゾン川等に棲んでいる魚達を載せました~
メコンオオナマズが悠々と泳ぎピラルクが潜水艦みたいに横切ると今度はピラニアが集まって来ます・・・・・

実際に行ってみることは出来ませんがこの『アクア・トトぎふ』ではすぐ近くで見られます~
今日も詳しい説明は載せませんがよく知られている魚の名前は書いておきました・・・・・♪^^



1.『木彫りのピラルク』
d0054276_20303218.jpg

本物そっくりのピラルクが木彫りで作られていました~
凄かったです~(*´∀`*)




2.
d0054276_2030458.jpg


3.
d0054276_20305696.jpg


4.『メコンオオナマズ』
d0054276_2031731.jpg


5.『バーカーホー』
d0054276_20311936.jpg


6.
d0054276_20313118.jpg


7.
d0054276_20314316.jpg


8.『テッポウウオ』
d0054276_20315367.jpg


9.
d0054276_2032536.jpg


10.
d0054276_20321830.jpg


11.
d0054276_20323034.jpg


12.
d0054276_2032416.jpg


13.『バタフライフィッシュ』
d0054276_20325390.jpg


14.『ナイルパーチ』
d0054276_2033430.jpg


15.『プロトプテルス・アネクテンス』
d0054276_20331669.jpg


16.『アロワナ(上にいる魚)』
d0054276_20332745.jpg


17.『ピラルク』
d0054276_20334060.jpg


18.
d0054276_20335315.jpg


19.
d0054276_2034891.jpg


20.
d0054276_20341943.jpg


21.『ピラニア』
d0054276_20343034.jpg


22.
d0054276_20344162.jpg


23.
d0054276_20345253.jpg


24.
d0054276_2035562.jpg


25.
d0054276_20351878.jpg


26.
d0054276_20352918.jpg


27.
d0054276_20354191.jpg


28.
d0054276_2035521.jpg

とにかく色々な淡水魚が多くて全部写したつもりでも撮れていないものが多かったような気がします
それに動きが早いものはピンボケばかりでした
今度出掛けるときには他の方法で写したいですね~~

『アクア・トトぎふ』の魚以外の館内光景やイベントも載せますね・・・・・♪^^




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-01-27 20:59 | 生物達 | Comments(12)

『アクア・トトぎふの魚達・・・♪』

今日は『アクア・トトぎふ』で見た淡水魚を日本の魚を主に載せてみました~
普通の水族館なら色鮮やかな魚が多く見られますがここは淡水魚専門なので色は地味ですが身近な魚なので川などで見たものも多いですね~(*´∀`*)

名前等はネームプレートも写していましたが全てじゃないので判りやすいものだけ書きました~♪


1.『イワナ』
d0054276_20494530.jpg

川の上流にいて釣り人の憧れる魚です~
庄川のダム湖には60cmくらいのイワナもいます~
勿論私には釣れない魚です・・・・・(´;ω;`)




2.『ニゴイ』
d0054276_20495926.jpg

長良川の私の散歩するところでも春になると産卵で賑わいます~
ウグイに似ていますが大きいです~




3.『オオサンショウウオ』
d0054276_205012100.jpg

天然記念物にもなっていて世界最大の山椒魚です~
増水後に希に私の散歩場所に絶命したものが見られることもありました・・・・・
水槽ガラスに私の手とカメラが映りこんでしまいました~><




4.『ナマズ』
d0054276_20502480.jpg


5.
d0054276_20503515.jpg


6.
d0054276_20504846.jpg


7.
d0054276_2051066.jpg


8.
d0054276_20511224.jpg


9.
d0054276_20512557.jpg


10.『チチブ』
d0054276_20513725.jpg


11.
d0054276_20514878.jpg


12.『ミシシッピーアンミミガメ(ミドリガメ)』
d0054276_2052388.jpg

外来種の亀が今は全国的に広がっていますね・・・・・
在来種が少なくなってしまいました~゚(゚´Д`゚)゚




13.
d0054276_20521629.jpg


14.
d0054276_20522933.jpg


15.
d0054276_20524176.jpg


16.
d0054276_20525768.jpg


17.
d0054276_20531059.jpg


18.『イトウ』
d0054276_20532418.jpg

日本では北海道に住む大型のサケ科の魚です~
釧路川などに生息していて本州の釣り人が幻の魚だと呼んでいます




19.
d0054276_20533626.jpg


20.
d0054276_20534834.jpg


21.『オヤニラミ』
d0054276_20535922.jpg

何となくブルーギルやブラックバスに近いようにも見えます
生息地が限られているので岐阜県内の川では見られません・・・・・♪




22.
d0054276_2054123.jpg


23.『アジア大陸の魚』
d0054276_2054272.jpg

ハクレンやコクレン等が大きな水槽で泳いでいました~




24.
d0054276_20544095.jpg

これらの魚は日本には棲んでいません・・・・・




25.
d0054276_20545278.jpg

魚の名前や科属も細かく載せたほうが良いかなと思いましたが今日は色々と野暮用があったので更新が遅くなってしまいました~

熱帯魚のような鮮やかな魚だと見ていて楽しいでしょうがこんな少し地味の魚たちは明日も続きます~




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-01-26 21:18 | 生物達 | Comments(16)

『世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふのコツメカワウソ』

今日は久し振りに河川環境楽園と同じ敷地にある『世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ』へ行って来ました
何年も前に一度行きましたが近くにある施設なのでもっと利用してみようと思って今回は『年間パスポート』を買いました~
これから木曽川水園に出掛けて時間があれば入ってみようと思っています~♪
入場料が1500円ですが年間パスポートは1年間に何度入っても3000円なのでお得です・・・・・(*´∀`*)

今日は魚達より先にここの人気者『コツメカワウソ』を載せてみました
水族館のような建物の中で写すことの少ない私ですのでカメラの設定がよく分からずこれから少しずつ綺麗に写せるようにしたいです~♪


1.『小爪川獺(コツメカワウソ)』  イタチ科ツメナシカワウソ属
学名はAonyx cinereaと言います~
d0054276_2029961.jpg

インド、インドネシア(スマトラ島、ボルネオ島)、カンボジア、タイ、中華人民共和国南部、ネパール、バングラデシュ、フィリピン(パラワン島)、ブータン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス等に分布しているカワウソです・・・・・♪




2.
d0054276_20292099.jpg

体長41~64cmで尾長25~35cmで体重は2.7~5.4kgの小動物です~
背面の毛は灰褐色や薄黒褐色で喉は白や灰白色の体毛で被われています・・・・・♪
指趾には非常に小型の爪があり指趾先端の関節まで水掻きが見られます~(*´∀`*)




3.
d0054276_2029321.jpg

周囲には色々なもので生活している場所の雰囲気を出しています~♪




4.
d0054276_20294342.jpg


5.
d0054276_20295445.jpg


6.
d0054276_203052.jpg


7.
d0054276_20301833.jpg


8.
d0054276_20303090.jpg

とても可愛い目をしていますね~




9.
d0054276_20304299.jpg


10.
d0054276_2030538.jpg


11.
d0054276_203149.jpg

河川の周辺などに生息していて家族群を形成し生活します~~
12種類以上の鳴き声を使い分けていると考えられています・・・・・♪
食性は動物食で魚類、カエル、甲殻類、貝類などを食べています~(#^.^#)




12.
d0054276_20311746.jpg


13.
d0054276_20312899.jpg

繁殖形態は周年繁殖していて24~30日の間隔をおいて3日発情します・・・・・
妊娠期間は60~64日で1回に1~6頭の子を産み年に2回繁殖することもあるようです~
授乳期間は2か月半から3か月で幼獣は生後40日で開眼し生後9週間で泳げるようになります・・・・・♪^^




14.
d0054276_20314121.jpg


15.
d0054276_2031545.jpg


16.
d0054276_2032458.jpg


17.
d0054276_20322022.jpg

マレーシアでは飼い馴らされたコツメカワウソが漁業に利用されることもあるようです~
これは哺乳類と鳥類の違いがありますが『長良川の鵜飼』のようなものなんでしょうね・・・・・




18.
d0054276_20323343.jpg


19.
d0054276_20324377.jpg

笑っているような顔で犬や猫より可愛いようにも見えますが『お食事中』の顔は凄い形相になるので見ると引きます・・・・・・゚(゚´Д`゚)゚




20.
d0054276_20325626.jpg


21.
d0054276_2033731.jpg


22.
d0054276_20331777.jpg

今日はコツメカワウソを載せましたが明日から暫くはアクア・トトぎふの淡水魚を載せたいと思っています
それに丁度今は『美濃和紙』を使った灯りを紹介していましたのでそれも順次載せる予定です~

水族館などのような少し暗くて水槽の中にいる魚をうまく写すのってどうすれば良いのでしょうね?
ISOを高くしてシャッター速度を早くしてもブレました・・・・・
こう言う場所は高性能のコンデジの方が良いのかな~~?^^






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-01-25 20:56 | 生物達 | Comments(22)

『岐阜公園の冬・・・・・(雪吊り・菰巻き)』

今日は岐阜公園の冬の風物詩になっている『雪吊りと菰巻き』の風景を載せます~
公園内の風景も一緒に載せましたが今月始め頃のものなので今とは少し違っているかも知れません・・・・・

今日は町内の役員会があったので更新スタートが遅くなりました・・・・・(´;ω;`)


1.
d0054276_212338.jpg

金華山の山頂に行くロープウエイ乗り場の上に三重塔が見えます
下に見られる池の周囲にはツワブキが綺麗に咲きます・・・・・♪




2.
d0054276_2121745.jpg

雪吊り風景です・・・・・
奥の門は信長居住地への門になります




3.
d0054276_2123034.jpg

雪吊りと菰巻きが多く見られますが最近は枝が折れるほどの雪が降らなくなっています・・・・・
菰巻きも本当に役立っているのか疑問視されていますがこの光景が見られると『冬だな~』って言う気持ちになりますね・・・・・♪




4.
d0054276_2124422.jpg

風物詩的な光景になっていたとしてもこの風景は好きですね~♪




5.
d0054276_2125720.jpg


6.
d0054276_2131059.jpg

右の奥に少し見える像は『板垣退助』の像です
ここが『岐阜事件』の現場になっています

岐阜事件とは1882年(明治15年)4月6日に岐阜で自由党党首板垣退助が暴漢(相原尚褧)に襲われた事件です・・・・・
板垣退助遭難事件または岐阜遭難事件とも言います
『板垣死すとも自由は死せず』の由来となった事件として知られています・・・・・・




7.
d0054276_2132497.jpg


8.
d0054276_213365.jpg

好きな風景なのでここに来るといつも写してしまいます~(*´∀`*)




9.
d0054276_213498.jpg

岐阜金華山の三重塔は1916年建立の三重塔です・・・・・
国の登録有形文化財の岐阜公園三重塔(岐阜市槻谷)は長年の風雨で老朽化が進んでいるとして昨年8月に解体修理を始めて今は綺麗になっています~
建立から97年の建物なので塔にまつわる数々のなぞの解明にも期待がかかっていたようです~

この朱塗りの三重塔は国史跡の岐阜公園のランドマークにもなっていますが実際には寺院の建築物ではなくて大正天皇の即位を記念し岐阜市が市民の寄付をもとに1917(大正6)年に建てた塔なんです~
市ゆかりの日本画家川合玉堂が建設地を選び明治神宮や築地本願寺を手がけた日本建築史学の創始者伊東忠太が設計した三重塔です~

岐阜市によると塔高は25・8mで3層とも約5・5m四方の石造の2重の基壇に建っているようです
1891(明治24)年の濃尾地震で倒壊し鎹(かすがい)の跡がある木造の長良橋の古部材が柱や梁(はり)に使われているのでリサイクルな建物になっています~
心柱を鎖でつり下げ礎石から浮かせる『懸垂式』という工法は全国でも僅かしか残っていないので珍しい建物になっています~♪




10.
d0054276_214297.jpg

ここで時々休憩をしています~♪




11.
d0054276_2142026.jpg


12.
d0054276_214331.jpg


13.
d0054276_2144769.jpg


14.
d0054276_214592.jpg

どう見ても寺院にある三重塔に見えますね~(*´∀`*)
宗教には全く関係のない三重塔は珍しいですね~♪

今日は飲めないアルコール(生ビール・ジョッキー1杯)を飲んでいるのでここまでにも何度も打ち間違いをしています~゚(゚´Д`゚)゚

明日は何処か今まであまり行かないところに行きたいです~~




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-01-24 21:37 | 公園 | Comments(20)

『寒葵(カンアオイ)の花咲く水辺を・・・・・』

毎年見に行って写している木曽川水園の『カンアオイ』もそろそろ見られるかなといつも見ている所へ行ってみました・・・・・
毎年2月頃に写していたと記憶していますが1月半ばでも数は少ないのですがちゃんと花を咲かせていました
花は地味なので知っている人以外ではまず見る事がなさそうです・・・・・♪

木曽川水園最上流部に咲いていたカンアオイの花と瑞々しい葉を写し水辺の渡り石を歩きながら近くに見られたヤツデと水辺の風景を少しだけ撮りました~(*´∀`*)


1.『寒葵(カンアオイ)』  ウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草
学名はAsarum nipponicumと言います~
シノニム分類ではHeterotropa nipponicaやAsarum kooyanum var. nipponicumとなります
d0054276_20215936.jpg

別名をカントウカンアオイと言う事もあるようです・・・・・
カンアオイには種類が多いので実際には細かな分類は難しいようです~(´;ω;`)
岐阜蝶(ギフチョウ)の幼虫の食草としても知られいます~
岐阜市近郊の山裾などにギフチョウの為に研究者やボランティアでカンアオイを植える事もされています~♪

花は本当に地味ですね~(*´∀`*)




2.
d0054276_20221021.jpg

葉は艶があって綺麗です~
水戸黄門のドラマなどに出てくる徳川の家紋『徳川葵(三葉葵)』はアオイ科の植物ではなくこのウマノスズクサ科の植物の葉なんです・・・・・・♪




3.
d0054276_2022208.jpg


4.
d0054276_20223218.jpg

靄の立ち込める水辺です~♪




5.
d0054276_20224261.jpg


6.
d0054276_2022541.jpg

蕾も見られました・・・・・
咲いていた位置がよくなくて花の中央が撮れませんでした・・・・・゚(゚´Д`゚)゚




7.
d0054276_2023576.jpg


8.
d0054276_20231545.jpg

今までにここでギフチョウの幼虫を見た事はないですがいつかここにギフチョウがやって来て産卵して卵から孵った幼虫達が見られる日が来るといいですね~




9.
d0054276_20232655.jpg


10.
d0054276_20233891.jpg


11.
d0054276_20235054.jpg

この木曽川水園は木曽川の源流から河口までの姿や生育している植物などを忠実に人工的に造られた所なので時々人工物が目に入って来ます・・・・・
この朝靄も木曽川水園の演出なので下に見える『靄&霧発生装置』から出ているものです~
時々見られるものなのでずっと出ているものじゃないです・・・・・(#^.^#)




12.
d0054276_2024197.jpg

ヤツデが見られたので可愛い姿でしたので写しました~
ヤツデの蕾や花も可愛いですし実も可愛いものです・・・・・♪




13.
d0054276_20241350.jpg


14.
d0054276_20242413.jpg

最初から全てが人工的なものとして見ながら歩いても途中から自然の中にいるような気になります~
それ程周囲の風景や木々の姿が自然体に感じられます
小さい子供を自然の中に連れて行くのは最初は大変なのでこんな所から自然に接するようにすると親も楽ですし子供達も足場が良いので歩く事も平気でしょうね~(*´∀`*)

明日の土曜日は仕事です・・・・・
夜には町内の役員会があるので出かけますが帰り次第ブログの更新をしますので少し遅れるかも知れません・・・・・・(´;ω;`)
更新はしますので~~(*´∀`*)






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-01-23 20:57 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『冬の枯野を歩きながら・・・・・』

各務原市の『かさだ広場』や『木曽川水園』に見られる植物達の中には花後の乾いた実の姿になっているものや実も熟して種子が零れ落ちたようになっているものも見られました・・・・・

中には銀毛に身を纏い春を待っているもの達も見られました
寒い風の吹く乾いた枯野には小さな春待芽(はるまちめ)も見られましたが肩を寄り添いながら歩いている暖かい雰囲気の恋人達の姿も見られました~
春待芽や春待人には小さな春はもう来ているようですね・・・・・・(*´∀`*)


1.
d0054276_20335687.jpg

虎杖(イタドリ)の実が風に揺れていました~
小さな花達も可愛くてよく写していますがこの実の姿も可愛くて今の季節には乾ききった姿で風に靡いてカサカサと音が聞こえます~♪




2.
d0054276_2034869.jpg


3.
d0054276_20341866.jpg


4.
d0054276_203428100.jpg


5.
d0054276_20343969.jpg


6.
d0054276_20344984.jpg

薄っぺらな実の中に種子が入っています~
軍配のような形が陽に透けて綺麗でした・・・・・(*´∀`*)




7.
d0054276_20345968.jpg


8.
d0054276_2035951.jpg


9.
d0054276_20352270.jpg

風が吹いて少し寒く感じられる枯野の中を手を繋いで歩いている恋人達・・・・・
自分もあんな頃があったんだな~なんて見ていました




10.
d0054276_2035336.jpg

トサミズキの実もカラカラに乾いていました~
実の中の種子もすっかり落ちているみたいでした・・・・・
今見られるこんな姿も見ていて楽しく思えます~(*´∀`*)




11.
d0054276_20354419.jpg


12.
d0054276_20355413.jpg


13.
d0054276_2036591.jpg


14.
d0054276_20361550.jpg

こんなものをドライフラワーのように部屋に飾るのも素敵だと思います~
他の植物と一緒に飾ってみたいですね~(*´∀`*)




15.
d0054276_20362631.jpg


16.
d0054276_20363994.jpg

先程と同じカップルのようでしたが散策している方向が同じようなので時々出会いました~
二人の明るい笑い声を風が私の近くまで運んで来ました・・・・・・・♪
『お幸せに・・・・・』と心の中で呟いて別方向に向かいました~~(#^.^#)




17.
d0054276_20364912.jpg

キヌヤナギの春待芽です~
ネコヤナギの様に銀毛のコートに身を包んで春を待っているみたいでした・・・・・♪^^




18.
d0054276_2037087.jpg


19.
d0054276_20371043.jpg


20.
d0054276_20372181.jpg

たくさんの春待芽が見られます~
ヤナギの仲間にはこんな姿のものが多いので見るとカメラに収めてしまいます~(*´∀`*)




21.
d0054276_20373385.jpg


22.
d0054276_20374334.jpg

ハンノキの雄花穂が見られました~
ハンノキの花は12月から2月に咲くので今の季節が花期です・・・・・




23.
d0054276_20375343.jpg


24.
d0054276_2038315.jpg


25.
d0054276_20381524.jpg

これは去年の球果です・・・・・
ここから細かな種子が零れ落ちます~♪




26.
d0054276_20382536.jpg

雄花穂の色が少しずつ褐色から濃い色へと変化しますがまだそれはずっと先のことです~




27.
d0054276_20383670.jpg

雄花穂の花は目立たないのでどれが花なのかは近くでじっくり見ないと判らないですね~♪




28.
d0054276_20384761.jpg

今日載せたものは特別珍しいものではないですが今見られるものは少ないので彼方此方で何かないかと探してしまいます~

日曜には何か変わったものを写しに出かけたいですが・・・・・
自然の中では何もないかも知れませんので淡水魚水族館のアクア・トトギフや各務原市の航空宇宙博物館等に入って見学しながら写真でも写そうかなと思いますがやっぱり野山や川で何かを写したいですね~♪






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-01-22 21:10 | 身近な自然の話 | Comments(12)