<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『更紗空木(サラサウツギ)と泰山木(タイサンボク)と常磐山査子(トキワサンザシ)の花~♪』

今日は午前中にMTBに乗って忠節橋南斜面に咲いている『サラサウツギ』を写しに行って梅林公園近くの家に咲いているタイサンボクとトキワサンザシの花も写しました・・・・・

それから車で各務原市の消防署で見られる『トケイソウ』と『ヤマボウシ』を写してエーザイの薬草園にも寄っていろいろな花を写しました~
相変わらず咳が出ますが喉の痛みも少なくなり熱や頭痛は元々無かったので今日は思い切ってカメラ散策をしました~


1.『更紗空木(サラサウツギ)』  ユキノシタ科ウツギ属の落葉低木(園芸品種)
学名はDeutzia crenata f. plenaと言います~
d0054276_20302424.jpg

別名をツカサウツギとも言うようです~
花の外側が紅紫色で内側が白色になるので更紗と名付けられました・・・・・




2.
d0054276_20303526.jpg


3.
d0054276_20304529.jpg


4.
d0054276_20305528.jpg


5.
d0054276_2031476.jpg


6.
d0054276_20311452.jpg

八重咲きの空木で香りのよい花を下向きにつけるのですが今日は風が強くて花が大きく揺れていたので花が上向きになった時に写すこともありました・・・・・




7.
d0054276_20312458.jpg


8.
d0054276_20313426.jpg


9.
d0054276_20314445.jpg


10.
d0054276_20315453.jpg






11.『泰山木(タイサンボク)』  モクレン科モクレン属の常緑高木
学名はMagnolia grandifloraと言います~
d0054276_2032475.jpg

漢字表記では『大山木』と書くこともあります・・・・・
原産地は北アメリカで日本へは明治時代の初期に渡来しました



12.
d0054276_2032145.jpg


13.
d0054276_20322574.jpg


14.
d0054276_20323644.jpg


15.
d0054276_20324668.jpg


16.
d0054276_20325717.jpg

大輪のクリーム色の花でほどよい香りがありますが上の方に咲くので香りを嗅げたらラッキーでしょうね~
花径は50cmから60cmくらいなので日本の樹木の花としては最大級です~(*´∀`*)
花冠は杯状で普通は花弁が6枚で萼片が3枚あり9枚の花弁があるように見えますが花弁の数は一定していないので9枚から12枚になることもあります・・・・・
花冠の中央にはたくさんの雄シベと雌シベが集まって円錐状についています~♪




17.
d0054276_2033980.jpg


18.
d0054276_20332187.jpg


19.
d0054276_20333242.jpg

高い所に花が咲くことの多い樹木なので花の中心をハッキリ見たり写真に写すことは難しいです
岐阜市内では岐阜公園で見られる泰山木には低い位置に花が見られるので中央部が写し易いです~♪




20.
d0054276_20334812.jpg

どうしても写せない泰山木(タイサンボク)なら『僕 退散(ボク タイサン)~』と言いながらその場を離れましょう~~(´;ω;`)




21.
d0054276_20335865.jpg






22.『常磐山査子(トキワサンザシ)』  バラ科トキワサンザシ属の常緑低木
学名はPyracantha coccineaと言います~
d0054276_2034893.jpg

原産地は東ヨーロッパや西アジアで日本へは明治時代の中期に渡来しました・・・・・
和名の由来は山査子(サンザシ)に似ていて常緑であることからきています~♪
園芸的には属名のピラカンサと呼ばれることが多いですが日本で流通しているピラカンサには『常磐山査子(トキワサンザシ)』の他に中国の南西部原産で黄橙色の実をつける『橘擬(タチバナモドキ)』とヒマラヤ原産で紅橙色の実をつける『ヒマラヤ常磐山査子(ヒマラヤトキワサンザシ)』がありますがこれらを交配させた園芸品種も多く出回っているので区別が難しくなっているようです・・・・・・




23.
d0054276_20342052.jpg


24.
d0054276_20343161.jpg

トキワサンザシの実です~
これから赤くなりますね・・・・・♪^^




25.
d0054276_20344139.jpg


26.
d0054276_20345365.jpg

ピラカンサ達の花は小さいですがバラ科の花の特徴がよく出ていますね~
可愛い花なので毎年どこかで写しています・・・・・




27.
d0054276_2035314.jpg

今日は岐阜市内で見掛けた花達を載せました・・・・・
明日は各務原市で写した『時計草』を載せたいと思います~

昨日載せた岐阜県の『アイドルユニット・みりおん』のプロモーション画像を見て頂いた人も多いようなので嬉しくなりました~
このユニットが歌っている『おかえり』がFMギフのマンスリーソングだったので仕事中に耳に入る事も多くて気に入っていました
全国的なCDショップでは売られていないかも知れないですがこちらでは『タワーレコード』で売っていました(500円)・・・・・(*´∀`*)

今日はショートバージョンのものをここに紹介しておきます~
『みりおん・おかえり』
画像の中に今建設中のメディアコスモスの建物の内部や長良川や川原町や柳ケ瀬商店街や本巣市のショッピングモール・モレラ岐阜や高山の街並みや白川郷に飛騨古川のような街並みと水都大垣も写っています
私の産まれ育った『岐阜』の事を極僅かでも共有して頂けたら嬉しいです~(*´∀`*)





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-05-31 21:15 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『当帰(トウキ)や小紫陽花(コアジサイ)や姫川骨(ヒメコウホネ)等の花達』

今日も暑くなりました・・・・・
今週から職場に出かける日が少なくなりましたので昨日(金曜日)から休みになっていますが慣れていないので普通の休みのように出掛けたりが出来ないですね~
金曜日は床屋に行ったり休みの取れた連れ合いと娘と買い物に行ったりして過ごしましたが今日は先日から咳が出ていたので病院に午前中に行ってそれからは部屋の中でカメラのメンテをして過ごしていました~

今日は最近見た植物などをまとめて載せてみました~



1.『当帰(トウキ)』  セリ科シシウド属の多年草
学名はAngelica acutilobaと言います~
d0054276_2063661.jpg


2.
d0054276_2064794.jpg


3.
d0054276_2065838.jpg

このトウキの花は岐阜薬科大学の薬草園で写しました





4.『小紫陽花(コアジサイ)』  アジサイ科アジサイ属の落葉低木
学名はHydrangea hirtaと言います~
d0054276_20791.jpg


5.
d0054276_2072336.jpg


6.
d0054276_2073436.jpg

このコアジサイは達目洞(だちぼくぼら)の山裾で写しました





7.『紫陽花(アジサイ)』  アジサイ科アジサイ属の落葉低木
学名はHydrangea macrophyllaと言います~ 
d0054276_2074472.jpg

この紫陽花は粕森公園で写しました・・・・・♪





8.『莢蒾(ガマズミ)』  スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木
学名はViburnum dilatatumと言います~
d0054276_2075573.jpg


9.
d0054276_208782.jpg


10.
d0054276_2081884.jpg

このガマズミは達目洞の山裾で写しました





11.『大葉子(オオバコ)』  オオバコ科オオバコ属の多年草
学名はPlantago asiaticaと言います~
d0054276_2082922.jpg

このオオバコは岐阜薬科大学の薬草園で写しました





12.『塔花(トウバナ)』  シソ科トウバナ属の多年草
学名は Clinopodium gracile と言います~
d0054276_2084046.jpg


13.
d0054276_2085391.jpg

このトウバナは岐阜薬科大学の薬草園で写しました






14.『雪の下(ユキノシタ)』  ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草
学名はSaxifraga stoloniferaと言います~
d0054276_20945.jpg


15.
d0054276_2091486.jpg


16.
d0054276_2092483.jpg

このユキノシタは達目洞の道端下に咲いていました





17.『姫川骨(ヒメコウホネ)』  スイレン科コウホネ属の浮葉性多年草
学名はNupher subintegerrimumと言います~
d0054276_209355.jpg


18.
d0054276_2094517.jpg


19.
d0054276_2095594.jpg


20.
d0054276_2010691.jpg

このヒメコウホネは達目洞の逆川(さかしまがわ)に咲いていました





21.『藪虱(ヤブジラミ)の実』  セリ科ヤブジラミ属の越年草
学名はTorilis japonicaと言います~
d0054276_20101810.jpg


22.
d0054276_20102850.jpg


23.
d0054276_2010389.jpg

このヤブジラミは達目洞の山裾で写しました・・・・・





24.『母子草(ハハコグサ)』  キク科ハハコグサ属の越年草
学名はGnaphalium affineと言います~
d0054276_20105145.jpg


25.
d0054276_2011150.jpg


26.
d0054276_2011139.jpg


27.
d0054276_20112425.jpg

このハハコグサは畜産センターの道端に咲いていました





28.『定家葛(テイカカズラ)』  キョウチクトウ科テイカカズラ属の蔓性常緑低木
学名はTrachelospermum asiaticumと言います~
d0054276_20113640.jpg


29.
d0054276_20114669.jpg


30.
d0054276_2012094.jpg


31.
d0054276_20121117.jpg

このテイカカズラは達目洞のローズガーデン横に咲いていたものです~

今日は詳しい事は書きませんでした~
明日はどこかへ出掛けてカメラ散策をしようと思っています・・・・・




他の都市より認知度が低いと言われる岐阜県ですがいろいろなアイデアを使ってPRをしています
ご当地アイドルなんて言うものも多くなっていますが岐阜県のご当地アイドル『みりおん』が今月CDを出しました・・・・・歌は『おかえり』
普通のアイドルグループではなく15歳から98歳の美少女たちが頑張っているので
『自然風』も地元民としてエールを送ろうと思っています~
下をクリックすると映像が見られます
私がブログで紹介していたJR岐阜駅前の信長夢広場と黄金の信長像や長良川に大垣城や白川郷と暑さで有名になった多治見市や飛騨の小京都と言われる高山市等の風景もこのプロモーション画像に写っていますので是非見てください
そして応援もヨロシク~(*´∀`*)


岐阜100万人アイドル化プロジェクト みりおん『おかえり』

この『みりおん』の感想もお願いします~(*´∀`*)

岐阜をもっと全国的にアピールしたいな・・・・・・♪





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-05-30 21:00 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『達目洞(だちぼくぼら)ローズガーデン』

バラの季節には毎年出掛けて載せている所なので私のブログを見て頂いている人には馴染みのある光景だと思います~
このローズガーデンは個人の所有です・・・・・
ご夫婦がこの達目洞(だちぼくぼら)に趣味のガーデニングとして始められたものなんです~
何種で何本と言うのはハッキリしていませんがたくさんの種類や本数が見られます

今年は今までより花が多かったような気がします
バラだけでなく小さなギャラリーの周囲には紫陽花や花梨などの樹木もあって年中何かが見られます・・・・・
植物の他に色々な置物やオブジェもあって楽しい所です~♪^^



1.
d0054276_20253437.jpg

ここに置かれている置物は小さなものは数センチのものから大きいものでは私の身長くらいのものまでたくさん見られます~♪




2.
d0054276_20254438.jpg



3.
d0054276_2025546.jpg



4.
d0054276_202664.jpg



5.
d0054276_20355728.jpg

後ろに見える山は金華山です
ここから金華山へ向かう登山者やハイカーが毎日多くいます~




6.
d0054276_2027468.jpg



7.
d0054276_20272015.jpg

このような飾り方にセンスを感じます~(*´∀`*)




8.
d0054276_20273118.jpg



9.
d0054276_20274451.jpg



10.
d0054276_20275553.jpg



11.
d0054276_2028722.jpg



12.
d0054276_20282044.jpg

園内に通っている散策用の木道がステキです~♪




13.
d0054276_20283339.jpg



14.
d0054276_20284579.jpg



15.
d0054276_20361652.jpg



16.
d0054276_20363035.jpg



17.
d0054276_20295797.jpg



18.
d0054276_20301448.jpg



19.
d0054276_20302774.jpg



20.
d0054276_20303936.jpg

ここに来るとつい写してします風見鶏です~
私の好きな立体的な風見鶏を探しましたが見つけられませんでした・・・・・
取り外されたのでしょうか?
気になります・・・・・




21.
d0054276_20305017.jpg



22.
d0054276_2031274.jpg



23.
d0054276_20311420.jpg

薔薇も少し傷みの出ているものがありましたが綺麗なものも多いのでまだ少し楽しめそうです~(*´∀`*)




24.
d0054276_20312696.jpg

こんなものも植えられていました~(*´∀`*)
そう言えばイチゴ達だってバラ科の植物ですね~♪^^




25.
d0054276_20314097.jpg

像が持っている器の中にバラが入っているように写してみました~(*´∀`*)




26.
d0054276_20364657.jpg



27.
d0054276_20321468.jpg

ローズガーデンの周囲には野生の動物が入るといけないのでフェンスがありますがそのフェンスにもたくさんのバラが見られます~♪




28.
d0054276_20323186.jpg

バラ園の入口です~
入口はこのメインともう一箇所左に小さな入口があります・・・・・
鍵などはないので自由に入って見ることができますがイノシシやシカが入らないように扉は必ず閉めてくださいね・・・・・・・

今日載せたものは24日の日曜に写したものです








(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-05-29 20:54 | 私の好きな場所 | Comments(16)

『畜産センターから武儀川へ・・・・・』

畜産センターで薔薇を写しましたがせっかくなのでここにいる動物達にもカメラを向けました~
ここでは名前の通り畜産関係の生き物しかいませんのでトラやライオンは勿論ペンギンなどもいないです・・・・・
牛や豚や馬や山羊や羊等は見られます~

独特の香りを嗅ぎつつ園内を散策しました・・・・・・♪


1.
d0054276_20471056.jpg

畜産センターの中にあるビジターセンターです
この中にティールームや畜産に関係する資料などがあります




2.
d0054276_20472447.jpg

畜舎と運動場です~
ここには多く見られます・・・・・




3.
d0054276_20473691.jpg

この牛の前で大きな声では話せませんが・・・・・
飛騨牛の黒毛和牛だそうです~(*´∀`*)




4.
d0054276_20474941.jpg

牛の後ろにいて後ろ向きの牛も飛騨牛の黒毛和牛のようなので・・・・・
モウ~食べたくなりますね~♪




5.
d0054276_2048143.jpg

オイラ達は黒毛じゃないし牛でもないから・・・・・
豚より牛がいいなんて言う人には~




6.
d0054276_20481423.jpg

『あっかんべー』だ・・・・・!




7.
d0054276_20482788.jpg

だけど丸々太っているから食べごろでしょ?




8.
d0054276_2048419.jpg

たくさん食べさせて運動させて引き締まった体にさせるのにはちゃんと意味があるんだね・・・・・




9.
d0054276_20485563.jpg

そっと教える『豚(ブタ)小屋の舞台(ブタい)裏』・・・・・(#^.^#)




10.
d0054276_2049894.jpg

ウマい・・・・・♪




11.
d0054276_2049223.jpg

『父ちゃん くさいね くさいね・・・・・』
『何言ってる~ お前まだ7歳だぞ~』なんて会話も仲良し家族~(*´∀`*)




12.
d0054276_20493638.jpg

13.
d0054276_20495262.jpg

『ポニー居てる?』から『ポニーテール』が始まったとか始まらなかったとか・・・・・・
ウマく撮ってね~




14.
d0054276_2050327.jpg

少しだけウマい・・・・・
でも『半分だけ面白い~(尾も白い)』




15.
d0054276_20501523.jpg

羊達は・・・・・
羊だけに・・・・・




16.
d0054276_20503048.jpg

メエメエに餌を食べていました~




17.
d0054276_20504231.jpg

何となくウマいような気がする~♪




18.
d0054276_20505647.jpg

19.
d0054276_20511127.jpg

20.
d0054276_2051253.jpg

21.
d0054276_2051394.jpg

22.
d0054276_20515336.jpg

23.
d0054276_2052580.jpg

24.
d0054276_20521648.jpg

畜産センターの生垣に無断侵入をして花を咲かせていました~
アカネ科かな~とも思いましたが違うようで少し調べていたのですが結論が出ませんでした・・・・・
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください~(#^.^#)




25.
d0054276_20522770.jpg

26.
d0054276_2052384.jpg

27.
d0054276_20525078.jpg

哺乳類だけじゃなくこんな生き物もいました~
毛虫達は苦手な方ですが良く見ると何となく笑っているようだったのでムシ出来ませんでした~♪




28.
d0054276_2053452.jpg

畜産センターから国道418号の『やまぼうし街道』へ向かっている途中に彼方此方で見られた『オオキンケイギク』です
今は外来生物法による『特定外来生物』に指定されていますがこの花を使った花祭りも以前はやっていました
昨日まではアイドルで今日からは犯罪者みたいな扱いは可愛そうですね~




29.
d0054276_20531780.jpg

国道418号と武儀川が並行しているのでその岸辺に咲いていました~




30.
d0054276_20532934.jpg

31.
d0054276_20534177.jpg

『武儀(むぎ)川』の横にある『麦側』で・・・・・
今の季節にはこの実った麦の穂の色がとても綺麗ですね
稲より今は麦がイーネ~~(*´∀`*)




32.
d0054276_20535293.jpg

33.
d0054276_2054465.jpg

色々ある人生ですがこの日も葱達に労(ネギ)らって貰いながら楽しく過ごせました~




34.
d0054276_20543167.jpg

35.
d0054276_2054425.jpg

36.
d0054276_20545264.jpg

37.
d0054276_2055455.jpg





38.
d0054276_20551560.jpg

ダンダンギキョウを見ているうちに段々と時間も過ぎていきました・・・・・
そろそろ家に向かって車を走らせなくっちゃ~~

今日は頭の固い人はパソコンに向かってモンクの一つ二つ言われたでしょうね~
私と同じような人は楽しんで頂けましたか??
無理矢理の駄洒落が多いので書きながら『没』にしようかとも思いましたがボツボツ書いて載せてしまいました~





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(OLYMPUS E-410)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 40-150 1:4-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-05-28 21:35 | 生物達 | Comments(14)

『岐阜畜産センターの薔薇の花達』

今日は暑くなりました・・・・・
岐阜市内では34度になったようです~゚(゚´Д`゚)゚

岐阜県はバラの生産が多く色々な所でバラを見ることができます~
よく紹介している大野町のバラ公園でも150種2000本のバラが無料で見られます
国内でも最大級の可児市『花フェスタ記念公園バラ園』では有料ですが7000種61000本のバラが見られます
今日紹介した『畜産センターバラ園』は260種560本が無料で見られます・・・・・
牛や馬や羊や豚などと一緒にバラの花を楽しむ人が多く来ていました

薬大の薬草園のすぐ近くなので薬草園の帰りに立ち寄って写しました~
今日はバラの品種などは書かずに花だけ載せました・・・・・♪^^


1.
d0054276_20234138.jpg

2.
d0054276_2023551.jpg

3.
d0054276_2024522.jpg

4.
d0054276_20241581.jpg

5.
d0054276_20242528.jpg

6.
d0054276_20243515.jpg

7.
d0054276_20244546.jpg

8.
d0054276_20245660.jpg

9.
d0054276_2025892.jpg

10.
d0054276_20251870.jpg

11.
d0054276_20253163.jpg

12.
d0054276_20254226.jpg

13.
d0054276_20255299.jpg

14.
d0054276_2026362.jpg

15.
d0054276_20261535.jpg

16.
d0054276_20262668.jpg

17.
d0054276_20263792.jpg

18.
d0054276_2026488.jpg

19.
d0054276_20265926.jpg

20.
d0054276_20271329.jpg

21.
d0054276_2027244.jpg

22.
d0054276_20273629.jpg

23.
d0054276_20274729.jpg

24.
d0054276_20275876.jpg

25.
d0054276_20281198.jpg

26.
d0054276_20282545.jpg

27.
d0054276_20283839.jpg

28.
d0054276_20285025.jpg

29.
d0054276_2029075.jpg

30.
d0054276_20291116.jpg

31.
d0054276_20292343.jpg

32.
d0054276_20293592.jpg

33.
d0054276_20294545.jpg

34.
d0054276_20295673.jpg

35.
d0054276_2030613.jpg

36.
d0054276_20301717.jpg

37.
d0054276_20303279.jpg

38.
d0054276_20304514.jpg

ただ花を並べただけになってしまいましたがバラのような花には何も書かない方がいいですね~
こう言う花って写すのが難しいです~(´;ω;`)

明日は多少は気温は下がるようですが水分を多めに摂って熱中症にならないようにしなくちゃ・・・・・♪






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-05-27 20:38 | 身近な自然の話 | Comments(26)

『懐慶地黄(カイケイジオウ)と五色葉蕺(ゴシキバドクダミ)と猿梨(サルナシ)等の花達・・・・・』

今日は暑くなりましたが明日は岐阜では32度くらいになるようです・・・・・
まだ5月だと言うのに『真夏日』だと大変です~(´;ω;`)

今日も薬草園(岐阜薬科大学所有)で写した花たちを載せました
今日載せたものの中では最初の『カイケイジオウ』が好きです~~
以前載せた『センリゴマ』を地味にしたような花なので気に入っていますが普通の野山では見る事ができないです・・・・・♪



1.『懐慶地黄(カイケイジオウ)』  ゴマノハグサ科(オオバコ科)ジオウ属で多年草
学名はRehmannia glutinosa var. hueichingensisと言います~
d0054276_20194121.jpg

中国の華北などに自生する赤矢地黄(アカヤジオウ)から改良された栽培種で主産地の河南省『懐慶』にちなんで名づけられました・・・・・
中国や朝鮮半島で栽培されていて日本へは1940年に渡来して研究機関などで保存されていました~
草丈は10~30cmくらいで全体に灰白色をした軟毛を密生しています・・・・・
地下茎は太く赤褐色で横に這い根際から生える葉は長い楕円形で皺が多く裏面は紫色を帯びています
茎につく葉は疎らで互生です~♪




2.
d0054276_20195152.jpg

茎先に総状花序を出し淡い紅紫色をした筒状の花を横向きにつけます
花冠は先で浅く5つに裂けています~
この植物の特徴は株が大きくて根茎がよく肥大していることです・・・・・
根茎を生薬の『地黄(じおう)』と言って補血、強壮、解熱、緩下、止渇などの薬効があります
母種の『赤矢地黄(アカヤジオウ)』は奈良県で薬用に栽培されているようです~




3.
d0054276_202016.jpg


4.
d0054276_20203164.jpg


5.
d0054276_20204041.jpg

綺麗とか可愛いと言うより何か不思議な姿に見えるので私は気に入っています~
これも唇形花だからでしょうね・・・・・(笑)




6.
d0054276_2020511.jpg


7.
d0054276_2021480.jpg


8.
d0054276_20211442.jpg






9.『五色葉蕺(ゴシキバドクダミ)』  ドクダミ科ドクダミ属の多年草
学名はHouttuynia cordataと言います~
d0054276_20212613.jpg

ゴシキバドクダミと書きましたが普通は『斑入りドクダミ』と呼ばれることが多いです~
園芸品種では『カメレオン』と呼ばれるものが多く普及しています・・・・・♪




10.
d0054276_20213948.jpg


11.
d0054276_20215089.jpg

葉の色がとても鮮やかで綺麗でしたが花はまだ見られませんでした
蕾が少し見られるくらいでした・・・・・




12.
d0054276_2022227.jpg


13.
d0054276_20221442.jpg

置くに別の品種のドクダミが花を咲かせていました・・・・・♪




14.
d0054276_20222671.jpg

普通見られるドクダミのようでしたが茎を伸ばしてとても元気に見えました~(*´∀`*)




15.『実芰答利斯(ジギタリス)』  ゴマノハグサ科(オオバコ科)ジギタリス属の多年草
学名はDigitalis purpureaと言います~
d0054276_20223733.jpg

以前少し咲いていたところを写して載せていますので詳しい説明は省きます~
有毒種なので注意が必要です・・・・・(´;ω;`)




16.
d0054276_20224796.jpg


17.
d0054276_20225819.jpg


18.
d0054276_202397.jpg


19.
d0054276_20232088.jpg


20.
d0054276_20233299.jpg


21.
d0054276_20234256.jpg






22.『猿梨(サルナシ)』  マタタビ科マタタビ属の蔓性落葉植物
学名はActinidia argutaと言います~
d0054276_20235390.jpg

雌雄異株または雌雄雑居性の植物で果実が梨に似て甘くて猿の好物ということから『猿梨』と名付けられています・・・・・♪
山地に生えていて蔓は他の樹木などにからみつき5mから20mにも伸びます
6月から7月にかけて新しい枝の脇に白い梅の花に似た花が咲きその後楕円球の実を着けますがその実の姿はキューイフルーツによく似ています~♪




23.
d0054276_2024368.jpg


24.
d0054276_20241490.jpg

受粉して花弁が散って実になりかかっているものもありました・・・・・
これがもっと膨らむとスベスベで表面に毛のないキウイ状の実になりますね~(*´∀`*)




25.
d0054276_20242449.jpg


26.
d0054276_20243433.jpg


27.
d0054276_20244530.jpg


28.
d0054276_20245873.jpg


29.
d0054276_20251025.jpg


今日もいつものように会社に行って同じように仕事をしてきました・・・・・
他の社員から見れば昨日と同じような私なのかも知れませんが自分では『今日から一番下だから今まで以上に仕事をしなくちゃ・・・・・』と思いながら仕事をしていました~

堤防や河川敷散歩も昼の休み時間なら出掛けてもいいだろうと思いますのでこれからも続けたいと思っています~♪





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-05-26 21:04 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『靫草(ウツボグサ)と伊吹麝香草(イブキジャコウソウ)と深山苧環(ミヤマオダマキ)の花~』

今日は日曜日に出かけた薬大の薬草園で見た花達を紹介します~
私の好きなシソ科の唇形花を2種載せました・・・・・♪

薬草園にある木々からは毛虫達が彼方此方でぶら下がっていたり足元の植物にも色々な姿の毛虫達が見られました・・・・・
特別嫌いじゃないですが気が付かないうちに服に止まってるなんて事だけは嫌ですね~


1.『靫草(ウツボグサ)』  シソ科ウツボグサ属の多年草
学名はPrunella vulgaris subsp. asiaticaと言います~
d0054276_20224873.jpg

北方領土を含む北海道から沖縄 朝鮮半島、台湾、中国、サハリン、シベリアに分布しています~

和名の名の由来は花穂を靫(矢を携帯する用具)に見立てたものです・・・・・
花穂を乾燥させたものを生薬で夏枯草(かこそう)と言って利尿薬として利用されています~




2.
d0054276_20225985.jpg

茎先に紫色の唇形花が穂状に固まって咲き上唇は帽子のような形に見えます~
下唇は3つに裂け真ん中の裂片は細かく切れ込んでいます・・・・・
萼片は5枚で先が鋭く尖っています




3.
d0054276_20231029.jpg


4.
d0054276_20232134.jpg

花の後に花穂だけが枯れたような褐色に変わります・・・・・
これは結実する為ですがこの色から『夏枯草(カコソウ)』と呼ばれる事もあるのですね~
花の後にできる実は分果になります・・・・・




5.
d0054276_20233112.jpg


6.
d0054276_20234278.jpg


7.
d0054276_20235562.jpg

花を一つだけ見ると同じシソ科のオドリコソウの花と良く似ている事が判りますね~
いつも書くので『また書いてる・・・』と言われそうですがシソ科達の『唇形花』は可愛いです~(*´∀`*)




8.
d0054276_2024784.jpg






9.『伊吹麝香草(イブキジャコウソウ)』  シソ科イブキジャコウソウ属の小低木
学名はThymus quinquecostatusと言います~
d0054276_20241835.jpg

和名は伊吹山に多く産していて芳香があることから付けられましたが北海道、本州、九州にも分布していて海岸から高山帯までの日当たりの良い岩地に生育しています~
アジアでは朝鮮、中国、ヒマラヤにも分布しています・・・・・♪




10.
d0054276_20242866.jpg

日本産の野生種のタイムですね~
先日載せた『タイム』の和名が『立ち麝香草(タチジャコウソウ)』なので同じ仲間だとわかりますね~♪




11.
d0054276_20243955.jpg


12.
d0054276_20244995.jpg


13.
d0054276_2025076.jpg


14.
d0054276_20251136.jpg

可愛い花ですね~(#^.^#)




15.
d0054276_20252218.jpg


16.
d0054276_20253450.jpg


17.
d0054276_20254677.jpg

伊吹山に登って見たい花ですが薬草園では足元に咲いているので楽して楽しめます~
でも今年は久し振りに伊吹山に登りたいです・・・・・(*´∀`*)




18.
d0054276_20255636.jpg






19.『深山苧環(ミヤマオダマキ)』  キンポウゲ科オダマキ属の多年草
学名はAquilegia flabellata var. pumila f. albiflorusと言います~
d0054276_2026513.jpg

北海道から本州の中部地方にかけて分布し山地帯の草原や礫地に生えています・・・・・
『苧環(オダマキ)』というのは麻糸を巻いた管のことで距を立てた花の形がこの形に似ていることから名がつけられました~
花が綺麗なので栽培されるものも多いです・・・・・(*´∀`*)




20.
d0054276_20261459.jpg

下向きや横向きに花をつけています~
花径は3~4cmくらいで中央の部分が花びらで5枚あって後ろの距とつながっています・・・・
外側から巻き込んでいるのは萼片で5枚あります・・・・・
花の中央にはたくさんの雄シベと5本の雌シベがあります
野生種としては『山苧環(ヤマオダマキ)』もありますがこちらは山地の草原や林の縁に生えていて色は赤紫色をしているものが多いです~




21.
d0054276_20262657.jpg


22.
d0054276_20263794.jpg


23.
d0054276_20264760.jpg

ミヤマオダマキは青紫の花が多いですが白花やこの写真のような少し黄色いものも見られます~♪




24.
d0054276_20265769.jpg


25.
d0054276_2027755.jpg


今日で40年間勤めてきた会社は定年になりました
明日からも同じ職場で正社員としてではなくパート扱いとして仕事は続けます
仕事をして家に帰り夕食後にパソコンに向かう日々が10年続いていますのでこれからもこのようなライフスタイルは続けたいと思っています・・・・・
パート扱いなので今までのように正規の時間働くことはできませんので休日が増えます
私にとってそれが良いのか悪いのか今の所では判りませんが健康を維持しながら前に向かって進もうと思っています~

これからも末永くお付き合いをお願いいたします~~






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-05-25 21:08 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『やまぼうし街道(国道418号)のヤマボウシ達』

岐阜県内には国道や県道などに多くの木を植えて『花の街道』として別名が付けられている事が多いです
今日紹介する国道418号は関市~美山町~本巣市根尾樽見に続く道ですが『淡墨桜』の季節になると渋滞する国道157号を避けて通られる人の多い道でもあります~

この道は何度も通っていてヤマボウシが綺麗なことは知っていたのですが車を停める場所が少ないので今までには写す事がありませんでしたが花の咲く前に2度ここに訪れて車を停めても邪魔にならない場所を見つけたので今日はシッカリ写して来ました~♪

普通見られる白花のヤマボウシも花弁のように見える総包片の広くて丸いものもありました
ここにはピンク色のヤマボウシも多くて紅白が揃って見られるので珍しい風景になっています
ピンクのヤマボウシは『源平』や『サトミ』と言う品種になるようです~


1.
d0054276_2040422.jpg

関市内の武儀川と並行している国道418号に『やまぼうし街道』と付けられています
長い区間にヤマボウシ並木が見られるので車を運転していても楽しい所です~




2.
d0054276_20405396.jpg

白いヤマボウシは爽やかで綺麗ですね~
私はハナミズキよりこのヤマボウシの方が何となく好きです・・・・・♪




3.
d0054276_2041490.jpg


4.
d0054276_20411461.jpg


5.
d0054276_20412489.jpg

背景の色は麦畑です~
今の季節は『麦秋』と言われるくらい麦が色づいて綺麗に見えます・・・・・(*´∀`*)




6.
d0054276_20413437.jpg


7.
d0054276_20414675.jpg


8.
d0054276_20415763.jpg

ヤマボウシの花(集合花)です~




9.
d0054276_204278.jpg

こまヤマボウシは『総包片』が幅広くて丸いですね・・・・・
品種が違うのかも知れません~♪




10.
d0054276_20421874.jpg


11.
d0054276_20422867.jpg


12.
d0054276_2042409.jpg


13.
d0054276_2042528.jpg

こうして見ていると並木のヤマボウシは『ピンク・白・白・ピンク・白・白・ピンク』で植えられているようですね
ピンク系のものは少ないようです~




14.
d0054276_2043412.jpg


15.
d0054276_20431422.jpg

淡紅色(ピンク)のヤマボウシです~
『源平』や『サトミ』と言う品種のようですがどちらなのかは判りませんでした・・・・・
ヤマボウシとは思わずハナミズキだと思う人がいるようです~




16.
d0054276_20432585.jpg


17.
d0054276_20434838.jpg


18.
d0054276_2044018.jpg


19.
d0054276_20441222.jpg

この写真だと判り易いですが花が淡紅色のヤマボウシは葉の色も普通のものに比べると赤っぽくなりますね
赤くなる遺伝子が花だけじゃなくて木全体にあるのでしょうね~♪




20.
d0054276_20442281.jpg


21.
d0054276_20443246.jpg


22.
d0054276_20444772.jpg

花付きは良さそうですね~(*´∀`*)




23.
d0054276_20445779.jpg


24.
d0054276_2045760.jpg


25.
d0054276_20451942.jpg


26.
d0054276_20453097.jpg


27.
d0054276_20454091.jpg


28.
d0054276_2045586.jpg

この花の集合花も少し赤っぽいですね~♪




29.
d0054276_2046922.jpg


30.
d0054276_204620100.jpg


31.
d0054276_20463328.jpg


32.
d0054276_20464444.jpg


33.
d0054276_20465418.jpg


34.
d0054276_2047423.jpg


35.
d0054276_20471645.jpg

国道脇の自販機の前にも車の停められるスペースがありますが自販機を使う人の邪魔になるので停めませんでした・・・・・
道路から少し入った所に工場などがあって日曜などは車を停めようと思えば停められるかも知れませんが私有地なので立ち入る事はしない方がいいですね・・・・・
ルールとマナーを守って楽しめるようにしたいですね~

今日は雨予報でしたが朝から良い天気だったので慌てて出かけました~
最初に薬大の薬草園に行って暫く散策をしてから畜産センターでバラの花と周辺の散策をしました
そして今日載せた『やまぼうし街道』を廻って達目洞のバラ園と周辺を歩いて来ました~






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-05-24 21:17 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『紫露草(ムラサキツユクサ)と河骨(コウホネ)と禅庭花(ゼンテイカ)等の花達~♪』

今日は木曽川水園やエーザイの薬草園で見た花達です~
あまり珍しいものはないですが今見られる花なので載せてみました・・・・・

明日は雨のようなので晴れ間が少しあれば良いのですが~♪



1.『紫露草(ムラサキツユクサ)』  ツユクサ科ムラサキツユクサ属の多年草
学名はTradescantia ohiensis( = Tradescantia reflexa )と言います~
d0054276_20165561.jpg

原産地は北アメリカで花径2~3cmの紫色の三弁花が茎先に集まって咲きます~
花の色には青紫や赤紫のものもあります・・・・・
早朝に咲いて午後には萎んでしまう一日花です~♪




2.
d0054276_2017883.jpg

別名を蛍草(ホタルグサ)と言うようです~(*´∀`*)




3.
d0054276_20171888.jpg


4.
d0054276_20172995.jpg






5.『河骨(コウホネ)』  スイレン科コウホネ属の水生多年草
学名はNuphar japonicumと言います~
d0054276_20174039.jpg

これは木曽川水園の『ハリヨ池』の岸辺に見られました~
私の住んでいる所にはコウホネとヒメコウホネとオクラコウホネとベニバナコウホネが見られますがまだオグラコウホネだけは見に行っていません・・・・・




6.
d0054276_20175158.jpg


7.
d0054276_2018228.jpg


8.
d0054276_20181316.jpg


9.
d0054276_2018244.jpg


10.
d0054276_20183719.jpg

コウホネの茎にアメンボが抱き着いていました・・・・・
寂しがり屋の甘えんぼアメンボなのかな?^^




11.『悪戯坊主達』  霊長目ヒト科ヒト属ホモ・サピエンス種
学名は Homo sapiens sapiensと言います~
d0054276_20185055.jpg

散策用の木道の上から水中に手を伸ばしていました・・・・・
ザリガニか何かを見つけたようです~
今の子供たちはゲームなどばかりに夢中になっていて自然のもの達と遊ぶ事は少ないですのでこのような光景を見ていると嬉しくなります~(*´∀`*)




12.『禅庭花(ゼンテイカ)』  ススキノキ科(以前はユリ科)キスゲ亜科ワスレグサ属の多年草
学名はHemerocallis middendorffii var. esculentaと言います~
d0054276_2019418.jpg

ゼンテイカは普通は『ニッコウキスゲ』と呼ばれています~♪
北海道から本州の中部地方にかけて分布していて海外では朝鮮半島、中国、シベリアにも分布しています~

花はラッパ状に開き直径7cmくらいです
花弁(花被片)は6枚あって黄橙色をしていて 朝開いて夕方には萎む一日花です~♪




13.
d0054276_2019152.jpg

属名はワスレグサ『忘れ草』なので時々『勿忘草』と間違える人もいるようです・・・・・
この忘れ草の名は万葉集にも登場しています~




14.
d0054276_20192654.jpg






15.『日々草(ニチニチソウ)』  キョウチクトウ科ニチニチソウ属の一年草
学名はCatharanthus roseusと言います~
d0054276_20193864.jpg

エーザイの薬草園に咲いていました~




16.
d0054276_20194936.jpg

アトピーや湿疹などの皮膚病にはニチニチソウの全草を乾燥して10~20gを鍋などで煮出して煮出し液を風呂に入れて入浴すると症状の改善がみられると言います・・・・・
日々草の成分には約120種類のアルカロイドを含んでいて白血病などの抗がん作用があるビンクリスチン、ビンブラスチンを含有しているので製薬原料として用いられていますが『ニチニチソウは毒性が非常に強いので家庭では使用できません』




17.
d0054276_20195939.jpg


18.
d0054276_20201264.jpg


19.
d0054276_20202488.jpg


20.
d0054276_20204384.jpg






21.『柿の木(カキノキ)』  カキノキ科カキノキ属の落葉樹
学名はDiospyros kakiと言います~
d0054276_20205551.jpg

多分『富有柿』だと思いますが一般的な『カキノキ』として紹介しました
風が強かったので花を写してもブレてしまって綺麗に撮れませんでした・・・・・

アリが来ているので在り来り(アリ来り)の写真になりました~(*´∀`*)




22.
d0054276_2021677.jpg


23.
d0054276_20211667.jpg






24.『甘茶(アマチャ)』  ユキノシタ科(アジサイ科)の落葉低木
学名はHydrangea serratavar. thunbergiiと言います~
d0054276_20212910.jpg

ガクアジサイの変種と言われています~
葉に甘味の成分(フィロズルチン)が含まれているのでこの葉を乾燥して発酵させると『甘茶』ができます
4月8日の灌仏会にはお釈迦様に『甘茶』をかける儀式が行われますね・・・・・(*´∀`*)




25.
d0054276_2021402.jpg

まだ蕾が多くてこれから綺麗に見られますね・・・・・
また紫陽花の季節には一緒に見られれば写したいです~

この花を見て『ジェジェジェ・・・』なんて言いたそうな人
これは『アマチャ』ですからね~~(*´∀`*)




26.
d0054276_20215095.jpg


27.
d0054276_2022577.jpg

ブログ用の写真を明日少しは撮らないと載せるものがなくなってしまいます~
雨が続くようなら建物の中で何か写したいですが博物館等は撮影禁止が多いので淡水魚水族館の『アクア・トトギフ』でも行って何か目新しいものを見つけて写そうかな~

でも曇っていても良いので外で何か写したいです・・・・・(#^.^#)





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-05-23 21:13 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『朝鮮五味子(チョウセンゴミシ)と鳴子百合(ナルコユリ)と莢蒾(ガマズミ)達・・・・・♪』

今日も良い天気でした・・・・・
明日も岐阜市は28度位になるようです~(´;ω;`)

今の季節には花は勿論ですが実達も出来始めているものが見られるようになりました
今日は花と一緒にまだ出来たばかりの朝鮮五味子(チョウセンゴミシ)と猿捕茨(サルトリイバラ)の実も載せてみました~


1.『朝鮮五味子(チョウセンゴミシ)』  マツブサ科マツブサ属の落葉性蔓植物
学名はSchisandra chinensisと言います~
d0054276_20114938.jpg

暑さに弱いことから西日本の平地で栽培すると生育が緩慢になるようです・・・・・
五味子の『五味』は甘味・酸味・辛味・塩(鹹)味・苦味の全ての味がすることから名前が付けられたようです~
成分としてリグナンのシザンドリンなどを含み咳を鎮めたり痰を除いたりすることを目的に一般用漢方製剤294処方中では小青竜湯(しょうせいりゅうとう)などの15処方に配合されています・・・・・♪
茶材としても利用され『五味子茶』は韓国の伝統茶で赤い色をしています~(*´∀`*)




2.
d0054276_201159100.jpg

もう実が生っていました・・・・・




3.
d0054276_2012896.jpg


4.
d0054276_20121751.jpg






5.『鳴子百合(ナルコユリ)』  キジカクシ科(ユリ科)アマドコロ属の多年草
学名はPolygonatum falcatumと言います~
d0054276_20122792.jpg

ナルコユリは『アマドコロ』とよく似ていますが茎が六角形になるので区別ができます~(*´∀`*)




6.
d0054276_20123959.jpg

中国では『カギクルマバナルコユリ』の根を乾燥させたものを黄精(おうせい)と言って滋養強壮として漢方の生薬に用いていますが日本ではこのナルコユリを黄精として用いています~♪




7.
d0054276_20125084.jpg


8.
d0054276_201306.jpg

名はこの花の姿を鳴子に見たてたものですが鳴子はもともと鳥や獣よけの道具なのですが高知の『よさこい鳴子おどり』をはじめ踊りの楽器としても使われているものです~(*´∀`*)




9.
d0054276_20131081.jpg


10.
d0054276_20132282.jpg

花と蕾が見られました・・・・・
この色具合が可愛いですね~
スノーフレークやスノードロップと同じような色合いです・・・・・





11.『立麝香草(タチジャコウソウ)( タイム)』  シソ科イブキジャコウソウ属の常緑性小低木
学名はThymus vulgaris Lと言います~
d0054276_20133516.jpg

ハーブの一種として知られています~
原産はヨーロッパ、北アフリカ、アジアです・・・・・
日本ではこの『タチジャコウソウ(コモンタイム、T. vulgaris)』のことを一般にタイムと呼ぶことが多いです~




12.
d0054276_20134627.jpg


13.
d0054276_20135840.jpg


14.
d0054276_2014914.jpg

シソ科の唇形花は私の好きな『花タイプ』なので咲いているのを見ると他の花立寄り多めに写してしまいます~(*´∀`*)




15.
d0054276_20142098.jpg


16.
d0054276_20143036.jpg


17.
d0054276_20144054.jpg






18.『猿捕茨(サルトリイバラ)』  サルトリイバラ科(ユリ科)シオデ属に分類される半低木多年草
学名はSmilax chinaと言います~
d0054276_20144940.jpg

東アジア(中国、朝鮮半島、日本)に分布していて日本では北海道から九州までの山野や丘陵の林縁などに自生しています~
日が当たって水はけのよい場所を好みます・・・・・
中国では近縁種のサンキライも自生しますが登山関係の人達はサルトリイバラをサンキライと言う事も多いようです~(*´∀`*)




19.
d0054276_20150100.jpg

四国地方などの関西圏以南では柏餅を包むのに柏の代わりにこの葉を用いる事が多いようです~




20.
d0054276_20151052.jpg

実が赤くなると綺麗なのでこれを蔓のまま輪にしてリースのように飾ると素敵です~




21.
d0054276_20152047.jpg

蔓には細かな刺があります・・・・・
この刺と伸びている先の蔓を使って他の木々に絡みつきます~




22.
d0054276_20153182.jpg


23.
d0054276_20154113.jpg


24.
d0054276_20155140.jpg


25.
d0054276_201632.jpg






26.『莢蒾(ガマズミ)』  スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木
学名はViburnum dilatatumと言います~
d0054276_20161487.jpg

開花時期は5~6月で枝先に散房花序を出して白い小さな花をたくさんつけます~
花冠は直径5mmくらいで先は5つに裂けています・・・・・
雄シベは5本ありますが小さいので判り難いですね~♪




27.
d0054276_2016245.jpg

葉は幅の広い卵形か円形で対生です~
葉には柄があって縁には鋸歯があります・・・・・
葉の両面に毛が生えていますが枝にも密に毛が生えています~(*´∀`*)




28.
d0054276_20163642.jpg


29.
d0054276_20164777.jpg


30.
d0054276_20165864.jpg


31.
d0054276_2017861.jpg

秋になると赤い実が沢山なります~
その実で果実酒を作ると疲労回復や滋養強壮に良いそうです・・・・・
作り方は・・・・・紅熟した果実を200~300g水洗いしてよく水気を切ってホワイトリカー1.8ℓでグラニュー糖200g程度を入れて冷暗所で2~3ヶ月浸透させてから濾して材料を引き上げます~
すぐ飲めますが暫く熟成させても良いようです・・・・・




32.
d0054276_20171871.jpg


明日は仕事で明後日はどこかに行こうと思っていましたが日曜は天気が良くなくて雨の一日になりそうです
薔薇の花や山法師やハーブ園のハーブと薬草園・・・・
色々見たいものばかりです~

晴れたら晴れの風景を雨なら雨の光景を・・・・・
そう思いながらのんびり散策したいですね~(#^.^#)

2005年5月21日に『自然風の自然風だより』をスタートしましたので10年になりました
ミニコミ誌の『自然風だより』が2000年5月に発行しましたので『自然風だより』と関わって15年目になりました
これからも出来る限り続けたいと思っています~

続けられたのは皆さんの御蔭だと思っています(*´∀`*)




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-05-22 21:21 | 身近な自然の話 | Comments(16)