<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『暑さしのぎに養老の滝へ・・・・・』

今日は久し振りに連れ合いと休みが合ったので『滝でも見に行こうか?』と昼少し前から出掛けました
去年は郡上市の阿弥陀ケ滝に行きましたし養老の滝も何度も行っていますが最近の暑さでマイナスイオンを浴びたくなったので一番近くで大きい『養老の滝』にしました~

途中で食事をしながら行きましたが慣れている所なのでのんびり走りました
以前は紅葉シーズンだったので駐車場までが長い渋滞でしたが今日は平日なので観光バスが数台見られましたが車も少なくて駐車場は空いていました(300円払うのが嫌で近くの道横に停めている車も見かけました)

駐車場から土産物売り場辺りまでは暑くて地獄の歩行になりましたが川沿いになると川風が涼しくて気持ちよく歩けました~



1.
d0054276_20422020.jpg

日差しは強くとても暑い一日でしたが川から吹く風は冷たくて汗が『スー』と引くようでした~♪




2.
d0054276_20423636.jpg


3.
d0054276_20424864.jpg

流れを見ているだけで気分良くなりますが久し振りに坂道を歩いたのでバテました・・・・・
でも私より年配の方達の中には元気人も多くて私達をスイスイと抜いて行きました~(凄いパワーです^^)




4.
d0054276_204318.jpg


5.
d0054276_20431537.jpg

この渓谷は落差が強いので昔の人が人力で岩や石を積んで流れが保つようにしているようです
自然というより人工的な光景に感じますが周囲の風景と流れが合っていて自然に溶け込んでいるようにも思えます~




6.
d0054276_20433167.jpg


7.
d0054276_20434380.jpg

シュウカイドウが咲いていました
植えたものではなく一人生えのもののように思えます・・・・・
疲れて歩いてもこんな花に出会うと元気になれますね~(*´∀`*)




8.
d0054276_20435884.jpg


9.
d0054276_20441146.jpg

大きな岩等の隙間を練るように流れています・・・・・




10.
d0054276_20442482.jpg


11.
d0054276_20443665.jpg

顔を上げると遠くに滝が現れました~




12.
d0054276_20445035.jpg

近付く程に流れの音が大きくなります~♪




13.
d0054276_204547.jpg


14.
d0054276_20451865.jpg

いつも濡れている岩には苔が見られ味わい深い光景を見せてくれます~




15.
d0054276_2045308.jpg


16.
d0054276_20454433.jpg

途中から見た養老の滝は今日は水量が多いように感じられました
ここまで登って来た道で彼方此方に清水が湧き出している所も見られましたので山中には多くの保水があるようです~




17.
d0054276_20455914.jpg


18.
d0054276_20461248.jpg


19.
d0054276_20462662.jpg


20.
d0054276_20464092.jpg

養老の滝です・・・・・
落差32mで幅4mの滝は揖斐関ヶ原養老国定公園の中にあります~(*´∀`*)




21.
d0054276_20465454.jpg


22.
d0054276_2047769.jpg

日本の滝百選に選ばれている『養老の滝』と『菊水泉』は名水百選にも選定されています~
菊水泉にも伝わる古今著聞集に記載されている滝の水がお酒になったという親孝行の伝説『養老孝子伝説』などの故事は有名ですね・・・・・




23.
d0054276_20472112.jpg


24.
d0054276_2047353.jpg


25.
d0054276_20474777.jpg


26.
d0054276_2048291.jpg

湧き出ているこの水は名水100選にもなっているのでペットボトルやポリタンクを持って汲みに来る人も多いそうです・・・・・
でもいくら孝行な人でもこの水がお酒に変わることはないでしょうね~




27.
d0054276_20481548.jpg

この養老神社下の湧水も多くの人が汲みに来ています
写真を写していた時にも汲んで去っていった人を見かけましたし私が写すのを待っている人もいました




28.
d0054276_20482974.jpg

今日は急に思い付いて出かけた養老公園の養老の滝を載せました・・・・・

明日は羽島市の向日葵畑に行ってヒマワリを写したいと思っています

今日は『ブルームーン』なんですね~
私は月の写真は苦手なので撮りませんがきっと撮された人も多いでしょうね・・・・・(*´∀`*)






(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
by shizenkaze | 2015-07-31 20:40 | 小旅行 | Comments(20)

『黄色い花達~♪』

今日も暑い一日になりました・・・・・
昼に河川敷に出かけようとコンデジを持って仕事に出かけましたが丁度昼休みの時間帯に夕立のような雨が降って出掛けられませんでした・・・・・

蒸し蒸しして嫌な日が続いていますので今日は少しでも明るい気分になれるように黄色い花を載せてみました


1.『大根草(ダイコンソウ)』  バラ科ダイコンソウ属の多年草
学名はGeum japonicumと言います~
d0054276_20294056.jpg

北海道から九州にかけて山地の林の中や道ばたに分布しています・・・・・
海外では朝鮮半島や中国にも分布しているようです~




2.
d0054276_20295463.jpg

花径10mmから20mmくらいの黄色い花を疎らにつけます・・・・・
花弁は5枚で花弁の形は円形で萼片も5枚です~
萼片の間には5枚の副萼片があります
オシベとメシベはたくさんありメシベの花柱は先が鉤状に曲がり花の後まで残ります~




3.
d0054276_2030463.jpg


4.
d0054276_20301493.jpg


5.
d0054276_20302248.jpg


6.
d0054276_20303285.jpg

根際から生える葉が『大根』の葉に似ているというのが和名の由来になります~
全草を乾燥させたものを生薬の『水楊梅(すいようばい)』と言って利尿薬や止瀉薬に利用されます~♪




7.
d0054276_20304096.jpg






8.『波布草(ハブソウ)』  マメ科カワラケツメイ属の一年草
学名はCassia occidentalisと言います~
d0054276_20305266.jpg

汁が蛇毒に効くということで蝮草(マムシグサ)の別名もありますが実際には効果は無いようです・・・・・><
原産地は熱帯アメリカで日本へは江戸時代に渡来他とされます
沖縄や小笠原諸島には帰化したものがよく見られます~




9.
d0054276_2031249.jpg

茎先に総状花序を出して数輪の黄色い五弁花をつけます・・・・・
マメ科ですがマメ科特有の蝶形ではなく五弁花です~




10.
d0054276_2031138.jpg


11.
d0054276_20312442.jpg

花の後にできる実は豆果で豆は夷草(エビスグサ)とともに『ハブ茶』の材料になります~
煎じたものは健胃、緩下、解毒の薬として利用されます・・・・・




12.
d0054276_20313597.jpg






13.『河原柴胡(カワラサイコ)』  バラ科キジムシロ属の多年草
学名はPotentilla chinensisと言います~
d0054276_20314452.jpg

本州から九州と朝鮮半島、台湾、中国、アムール地方、ウスリー地方の日当たりのよい河原や海岸の砂地に見られます~
長良川の河川敷でもキジムシロやミツバツチグリと同じような所で見かける事があります~




14.
d0054276_20315512.jpg

茎先で枝分かれをして花径10~15mmくらいの黄色い小さな花を次々に開かせます~
花弁は5枚で萼の背面は緑色で毛が生えています・・・・・




15.
d0054276_2032621.jpg

葉は奇数羽状複葉で互生です・・・・・
小葉が13~27枚くらいで1枚の葉となり小葉の形は倒披針形で羽状にさらに深く裂けて先は鋭く尖っています・・・・・
小葉と小葉の間に付属の小葉片があるのがこの植物の特徴になります~(*´∀`*)




16.
d0054276_20321833.jpg

この『河原柴胡(カワラサイコ)』が咲いている河川敷を散策しながら『河原は最高~』なんてつい言いたくなります~(*´∀`*)
でもここまで咲いているような所は少ないようです・・・・・




17.
d0054276_20322882.jpg


18.
d0054276_20324041.jpg


19.
d0054276_20325078.jpg






20.『棉(ワタ)』  アオイ科ワタ属の多年草
学名はGossypium herbaceumと言います~
d0054276_2033059.jpg

世界各地の熱帯または亜熱帯地域が原産でその種類は40種以上あるようです~
先日載せた『トロロアオイ』やオクラと同じような色と姿の花が咲くので可愛いですね




21.
d0054276_20331137.jpg

日本へは799年(延暦18年)に愛知県の西尾市に伝わったとされています
以前西尾市役所職員の方と話をした事が有りましたが今は栽培面積は少なくなっているようですが子供たちの学習用として利用されているそうです~




22.
d0054276_20333567.jpg


明日は羽島市のヒマワリ畑か滋賀県醒ヶ井の梅花藻がどちらかに行こうと思っています~
天気は良いようですがまた暑くなりそうです~(´;ω;`)






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-07-30 21:15 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『三田洞弘法(法華寺)と八大龍王総本殿の睡蓮と鯉・・・・・』

今日も暑い一日でした
熱帯夜も続き寝苦しさも感じます・・・・・

今日は以前別々に出かけていた岐阜市の三田洞弘法と各務原市の八大龍王総本殿で写した風景(睡蓮と鯉と景色)を纏めて載せることにしました~


1.『三田洞弘法』  岐阜県岐阜市三田洞131
d0054276_20324114.jpg

法華寺(ほっけじ)は岐阜県岐阜市にある高野山真言宗の寺院で山号は霊鷺山(りょうじゅさん)と言います
通称を三田洞弘法と言いますが正式名より通称の方で知られています~
山号は景観がインド(天竺)の霊鷺山に似ていたためと言われています・・・・・




2.
d0054276_20325443.jpg

本尊は木造聖観音菩薩立像です
他に愛染明王を祀っていますがこの愛染明王は頭を2つ腕を8つ持つ両頭愛染明王坐像で共に岐阜市指定文化財となっています~
岐阜市で一番高い山の百々ヶ峰(標高417.9m)の山麓にあり本堂は池の中島にあります・・・・・




3.
d0054276_2033589.jpg


4.
d0054276_20331698.jpg


5.
d0054276_20332819.jpg

美濃三十三観音霊場第十五札場
美濃四国札所第六十一札場
東海白寿三十三観音第三十二番札場
美濃三弘法(乙津寺、法華寺、円鏡寺)第二札場になっています・・・・・




6.
d0054276_20334346.jpg


7.
d0054276_20335531.jpg

境内の建物は本堂のほかに不動堂、太子堂、鐘桜、稲荷堂、庫裡と、優雅な茶室があります・・・・・




8.
d0054276_2034812.jpg


9.
d0054276_20342014.jpg


10.
d0054276_20343274.jpg


11.
d0054276_20344373.jpg

花数は多くないですが睡蓮の見られる池があります・・・・・




12.
d0054276_2034533.jpg


13.
d0054276_203533.jpg

睡蓮を写している私に『何してるの?』と言いたそうな顔で鯉が顔を出しました~(*´∀`*)




14.
d0054276_20351769.jpg


15.
d0054276_20353151.jpg


16.
d0054276_2035433.jpg


17.
d0054276_20355698.jpg


18.
d0054276_2036897.jpg






19.『八大龍王総本殿』  岐阜県各務原市各務苧ヶ瀬町6
d0054276_20362364.jpg

この苧ヶ瀬池(おがせいけ)は『奈良時代宝亀年間(770年頃)に一晩でできた』とも『大蛇や龍神が棲み竜宮城の入口がある』など数々の伝説がある池です・・・・・

古くから観光地としても親しまれていて『岐阜県新八景』の第1位に選ばれている名勝地です~




20.
d0054276_20363392.jpg

池の中に龍の神様を奉った社殿(八大竜王)があり多くの参拝客が来るようです
日曜日などは特に多くの人が参拝したり池の鯉にエサをやっている光景が見られます
エサの麩は境内で売っています~(#^.^#)




21.
d0054276_20364494.jpg

苧ヶ瀬池では鯉と亀は神様の使いとして大切にされています・・・・・




22.
d0054276_2036556.jpg


23.
d0054276_2037610.jpg

池の中の『八大竜王』の祀られている社です・・・・・
ここには近づく事はできません~




24.
d0054276_20371681.jpg

周囲には睡蓮が見られます
この池の睡蓮は有名ですが岸から離れているので新聞社は特別に舟を使って写す事ができますが一般の人は岸からしか写せません・・・・・




25.
d0054276_20372612.jpg

近くにいた子供連れの家族が池に餌を投げるとこんな状態になりました・・・・・
狂ったように集まって来ました~




26.
d0054276_20373787.jpg

『紅一点』




27.
d0054276_20374825.jpg

何となくバーゲンセールの特設会場に集まる人達を見ているような気がしました~(*´∀`*)




28.
d0054276_2038065.jpg


29.
d0054276_20381052.jpg

八大龍王壮本殿の近くに白龍大神が崇められています・・・・・
八大白龍大神には悪さをしている白大蛇が八大龍王に諭され仏修行を積んだものを祀り崇めているそうです




30.
d0054276_2038226.jpg

この角度で見ると池の中の社がよく見えます・・・・・(#^.^#)




31.
d0054276_20383361.jpg


32.
d0054276_20384486.jpg

今日は池の鯉と睡蓮が見られる神社仏閣を2箇所載せました
毎日暑くて昼の堤防や河川敷散策には出掛けない日が多くなっています

明日は少しだけでも河川敷散策をしてみようかな・・・・・と思っているのですが太陽次第です~
休みになればヒマワリや梅花藻を見に行こうと思っています~♪




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-07-29 21:19 | 神社仏閣 | Comments(16)

『黄蜀葵(トロロアオイ)と木賊(トクサ)と蕃瓜樹(パパイヤ)等の花達・・・・・』

今日も真夏日の岐阜市内でした
これだけ暑い日が続くと体調が変になりそうです・・・・・

夏バテしないように日頃から体力と体質改善をしないといけないのですが急には無理ですね
栄養ドリンクもいいでしょうが自然の中にある植物達の成分で体質改善ができればいいでしょうね~
そんな事を思いながら薬草園を散策しています・・・・・(*´∀`*)

今日は薬科大学の薬草園で見たものと各務原市のエーザイの薬草園の温室で見た『実』を載せました



1.『黄蜀葵(トロロアオイ)』  アオイ科トロロアオイ属の低木
学名はAbelmoschus manihotと言います~
d0054276_20404795.jpg

オクラに似た花を咲かせることから花オクラとも呼ばれます・・・・・・
原産地は中国でこの植物から採取される粘液は『ネリ』と呼ばれ和紙作りの他に蒲鉾や蕎麦のつなぎ材や漢方薬の成形などに利用されます・・・・・(*´∀`*)




2.
d0054276_20405735.jpg

大形の花穂を立て黄色くて中心が暗い紫色をした5弁花を開きます・・・・・
花は一日花で夕方の早い時間に閉じてしまいます~♪




3.
d0054276_2041842.jpg

アオイ科の花は今の季節にはよく似合いますね
原色のハイビスカス等よりこの花やオクラの花や綿花が優しくて可愛いと思います~




4.
d0054276_20411930.jpg


5.
d0054276_20413050.jpg






6.『檜扇(ヒオウギ)』  アヤメ科アヤメ属の多年草
学名はIris domesticaと言います~
d0054276_20414031.jpg

以前はヒオウギ属(Belamcanda)に属していて『B. chinensis』の学名が付けられていましたが2005年になって分子生物学によるDNA解析の結果からアヤメ属(Iris)に代わりました・・・・・




7.
d0054276_20415078.jpg


8.
d0054276_2042323.jpg






9.『木賊(トクサ)』  トクサ科トクサ属の多年草
学名はEquisetum hyemaleと言います~  
d0054276_20421385.jpg

漢字表記には他に『砥草』と書く場合もあります
茎は直立していて同じトクサ科のスギナやイヌドクサ、ミズドクサの様に枝分かれをしなくて中空で節があります・・・・・




10.
d0054276_20422347.jpg

茎の先端にツクシの頭部のような胞子葉群をつけてここに胞子ができます~(*´∀`*)




11.
d0054276_20423436.jpg


12.
d0054276_20424419.jpg






13.『鬼百合(オニユリ)』  ユリ科ユリ属の多年草
学名はLilium lancifoliumと言います~
d0054276_20425524.jpg

茎の上部の葉の脇から長い花柄を出し花径10cmくらいの橙赤色をした花を総状につけます~
花は下向きに咲き6枚の花被片が反り返ります・・・・・
花被片の内側には黒紫色の斑点がみられます~♪




14.
d0054276_2043533.jpg

大形の鱗茎を百合根として食用にするため古い時代に中国から渡来したと言われています
種子ができず珠芽(むかご)で繁殖します・・・・・
近縁種のコオニユリとよく似ていますがコオニユリには珠芽(むかご)はなく種子ができます




15.
d0054276_2043157.jpg

鱗茎を乾したものを生薬で『百合(ひゃくごう)』と言って鎮咳、解熱、利尿などの薬として利用されます




16.
d0054276_20433049.jpg






17.『蕃瓜樹(パパイヤ)』  パパイヤ科パパイヤ属の常緑小高木
学名はCarica papaya L.と言います~
d0054276_2043449.jpg

こんな花が咲きます~
種類が多いようなので同じパパイヤでも花の姿に変化が多いようです~




18.
d0054276_20435593.jpg

ここに生っていたものは実が長い種類のものでした・・・・・(#^.^#)





19.『三尺甘蕉(サンジャクバナナ)』  バショウ科バショウ属の常緑多年草
学名はMusa acuminata(cv.Dwarf Cavendish)と言います~
d0054276_2044846.jpg

東アジアから中国にかけて分布しています・・・・・
高さは3mくらいになるので木のように見えますが草本です~♪
バナナの栽培の歴史はとても古く5千年以上も前から栽培されています
花は両性花で苞の基部近くに雌花をつけて先端の苞の間に雄花をつけます・・・・・(*´∀`*)





20.『華陀爾拉(バニラ)』 ラン科バニラ属の蔓性植物
学名はVanilla planifoliaと言います~
d0054276_20441988.jpg

バニラの花なんてあまり見かけないですね~
これはまだ蕾のようでした・・・・・




21.
d0054276_20444343.jpg






22.『加加阿(カカオ)』  アオイ科(クロンキスト体系や新エングラー体系ではアオギリ科)カカオ属の常緑樹
d0054276_20445729.jpg

この小さな花は何度も載せていますね~
見る度に不思議な感じなのでいつも写してしまいます・・・・・




23.
d0054276_2045925.jpg


24.
d0054276_20452055.jpg

小さな実が付いています~




25.
d0054276_20453377.jpg


26.
d0054276_20454826.jpg

種子をココアやチョコレートの原料にします~
古くからメキシコでは飲料や薬用とされていて16世紀にヨーロッパへと伝わりました・・・・・
現在では中南米,アフリカ,東南アジアで広く栽培されています~




27.
d0054276_20455911.jpg


28.
d0054276_20461086.jpg

薬草園は普通見られない植物が間近で見られるので私にとって遊びの場であり学びの場でもあります~

最近は撮るものがないと薬草園に頼ってしまうので違う所で自然の中に咲いているものも撮らないとダメですね・・・・・
でもこれだけ暑い日が続くと太陽の下には長くは居られませんね~゚(゚´Д`゚)゚





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 35mm 3.5Macro)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-07-28 21:45 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『旱蓮木(カンレンボク)と槐(エンジュ)と猿梨(サルナシ)と庭漆(ニワウルシ)達・・・・・』

今日も暑い一日でした・・・・
水分補給しながら過ごしていましたが体温より高い気温には閉口します

今日は25日に出掛けたエーザイの薬草園にある『薬樹園』でみた木々の花や実を載せてみました
食べられる食べられないに関わらず『実』って見付けると楽しくなりますね~(*´∀`*)



1.『旱蓮木(カンレンボク)』  ヌマミズキ科カレンボク属の落葉高木
学名はCamptotheca acuminata Decneと言います~
d0054276_2132778.jpg

実が育つと小さなバナナの房のように見えるカンレンボクですが花はこんな可愛い姿です
まるで他の植物の花のように思えます~(*´∀`*)




2.
d0054276_2133725.jpg


3.
d0054276_213497.jpg


4.
d0054276_2135865.jpg

蜜が美味しいのか色々な虫達が来ていました・・・・・




5.
d0054276_214770.jpg


6.
d0054276_2141657.jpg


7.
d0054276_2142697.jpg


8.
d0054276_2143791.jpg


9.
d0054276_2144665.jpg


10.
d0054276_2145580.jpg

空が青かったので目立たない花も可愛く感じます~♪




11.
d0054276_215652.jpg


12.
d0054276_2151730.jpg






13.『槐(エンジュ)』  マメ科エンジュ属の落葉高木
学名はStyphnolobium japonicumと言います~
d0054276_2152865.jpg

開花は7月で枝先の円錐花序に白色の蝶形花を多数開いて蜂などの重要な蜜源植物となっています~
豆果の莢は種子と種子の間が著しくくびれるので面白い姿に感じられます

花や蕾にはルチンを多く含有していて蕾を乾燥させたものは『槐花(かいか)』と言う生薬で止血作用があります・・・・・♪




14.
d0054276_2153926.jpg


15.
d0054276_2155085.jpg


16.
d0054276_216041.jpg


17.
d0054276_2161261.jpg






18.『猿梨(サルナシ)』  マタタビ科マタタビ属の蔓性落葉樹
学名はActinidia argutaと言います~
d0054276_216225.jpg

キウイにソックリですが色が茶色く見えてもキウイまような産毛はありません
味はキウイと同じですが小さいのでたくさん食べないと満足できないでしょうね~
アイスクリームやヨーグルトのトッピングなら1~2個でも良さそうですね・・・・・(*´∀`*)




19.
d0054276_216333.jpg


20.
d0054276_2164544.jpg


21.
d0054276_2165572.jpg


22.
d0054276_217650.jpg






23.『庭漆(ニワウルシ)』  ニガキ科ニワウルシ属の落葉高木
学名はAilanthus altissimaと言います~
d0054276_217178.jpg

別名をシンジュ(神樹)と言います~
和名に『ウルシ』と付けられていますがウルシ(ウルシ科)とは全くの別種なので触れても被れることはありません・・・・・(*´∀`*)




24.
d0054276_2172821.jpg


25.
d0054276_217418.jpg


26.
d0054276_2175224.jpg


27.
d0054276_218236.jpg


28.
d0054276_2181211.jpg

生長が早い樹木で庭木や街路樹などに用いられる事もあります・・・・・
中国では根皮や樹皮を『樗白皮(ちょはくひ)』と呼んで解熱・止瀉・止血・駆虫などに用いています~♪




29.
d0054276_2182389.jpg


30.
d0054276_2183323.jpg


今日は薬大の薬草園の花を載せるつもりで途中まで書いたのですがどうしても気になる植物があって調べ直していましたがハッキリしないので急遽こちらの薬樹園の木々を載せることにしました

明日は薬草園の花を載せたいと思います~(*´∀`*)








(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-07-27 21:37 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『みんなの森 ぎふメディアコスモス』

今月18日にオープンした岐阜市の施設『メディアコスモス』に今日行って来ました
18日と19日はオープンイベントで人が多そうだったので今日行ったのですが駐車場には車がいっぱいで建物横にある駐輪場も自転車がいっぱいで停められなかったので別の駐輪場に停めました

18日から8月23日までは南側の『みんなの広場・カオカオ』で屋台や音楽イベントが行われているようです~♪


1.『せせらぎの並木 テニテオ』
d0054276_2033555.jpg

今まで何度も紹介している並木道です
これからはメディアコスモスの一部として岐阜の街を彩ります・・・・・(*´∀`*)




2.
d0054276_20331933.jpg


3.
d0054276_20333338.jpg


4.『みんなの森 ぎふメディアコスモス』
d0054276_20334660.jpg

“知の拠点”「岐阜市立中央図書館」、“絆の拠点”「市民活動交流センター」、“文化の拠点”展示ギャラリー等からなる複合施設です・・・
最大所蔵可能数90万冊、座席数910席を誇り、施設最大の特徴のひとつといえる木造格子屋根を持つ「市立中央図書館」や、活動・発表の場となるスタジオ等を備え、岐阜市の市民活動を積極的に支援する「市民活動交流センター」、展示や発表会、講演会やセレモニーなど多様な使い方ができる「みんなのホール」、「みんなのギャラリー」のほか、国際交流の場となる「多文化交流プラザ」も開設されます・・・・・




5.
d0054276_20335662.jpg

ガラス張りの建物は岐阜市内でも珍しいです~




6.
d0054276_2034823.jpg

イベントが毎日開催されています
特設ステージや観覧者のためのテーブルや椅子もたくさん置かれていました・・・・・




7.
d0054276_20341787.jpg

屋台村も創られています~




8.
d0054276_20343012.jpg


9.
d0054276_20344365.jpg


10.
d0054276_20345789.jpg

気候の良い頃にはここでテニテオを見ながらのんびり過ごしたいです~




11.
d0054276_20358100.jpg


12.
d0054276_20351956.jpg


13.『メディアコスモスの中へ・・・・・』
d0054276_20353144.jpg

これから館内を紹介します~♪
天井の板は全て東濃産の檜で作られています




14.
d0054276_20354347.jpg

写真に見られる格子状のものは図書館などに使われている檜製の格子重ねの展示です




15.
d0054276_20355434.jpg

このホールの壁を全開すると外の円と繋がって丸い空間が現れるようです・・・・・




16.
d0054276_2056993.jpg

外側の半円部がこんな感じになっています~
よくこんな設計を思いつしたものだと思います・・・・・(#^.^#)




17.『市民のための施設があります』
d0054276_20361835.jpg

市民活動交流センターや多文化交流プラザなどが1Fにあります~




18.
d0054276_20363252.jpg


19.
d0054276_2036466.jpg


20.『岐阜市立中央図書館へ・・・』
d0054276_20365886.jpg

エスカレーターとエレベーターで2Fに行くとそこは不思議な空間になっています
市立図書館が私の家の近くからこの場所に移転されたのですが立派過ぎてどこから見ようかと迷いました




21.
d0054276_20371116.jpg


22.
d0054276_20372213.jpg

市立中央図書館では岐阜の山々の稜線を思わせる形状の木造格子屋根(東濃檜製)からそれぞれのエリアをやさしく包み込む『グローブ』が吊り下げられ、その中は明るく快適な空間となっています・・・・・
グローブを中心に渦を巻くかのように配置された書棚は来館者を本の森へと誘い込むように思えます~




23.
d0054276_20373283.jpg

受け付けも『グローブ』の下にあります




24.
d0054276_20374322.jpg

何箇所にもある『グローブ』は全て模様が違っています
その模様で近くにある書籍の分野が判るようになっているようです・・・・・




25.
d0054276_20375636.jpg

東濃檜の板を組み合わせて作られている天井とLEDの照明器具です
昼の天気の良い時にはグローブの上から太陽光を取り入れて省エネになっているようでした




26.
d0054276_2038998.jpg


27.
d0054276_20382073.jpg

グローブの上から注ぐ太陽の光~(*´∀`*)




28.
d0054276_20383117.jpg

まだ本の数は少ないですがこれから増えるようです




29.
d0054276_20384241.jpg

見事な天井です~
檜の香りが漂っているように感じました・・・・・




30.
d0054276_20385379.jpg


31.
d0054276_2039322.jpg


32.
d0054276_2039149.jpg

外観を見ると建物のガラス面が凹んでいるような部分がこのような場所になっています
ここからも明るい光が入って来ますしここから下を見ると『テニテオ並木』等がよく見えます~♪




33.
d0054276_20392677.jpg


34.
d0054276_20394039.jpg

再び外に出ましたがこの場所は普段見ている所の反対側なので『テニテオ』を写していた時にも写ることのなかった所になります・・・・・
今日は敷地内を一周しながら『メディアコスモス』の全景を撮りました~(*´∀`*)




35.
d0054276_20395540.jpg


36.
d0054276_20401072.jpg


37.
d0054276_20402454.jpg


38.
d0054276_20563634.jpg


39.
d0054276_20404841.jpg

一周回って正面玄関に来ました・・・・・
思っていたより凄くて『岐阜市にこんな建物って必要なの?』と思ってしまいましたが図書館はこれから調べ物等のために通う事になりそうです~




40.
d0054276_2041070.jpg

これからも『せせらぎの並木 テニテオ』では季節毎に咲く花を写しますが建物の中は余程の事がなければ撮らないでしょうね・・・・・

明日からはまた薬草園や薬樹園で見た花たちを載せる予定です~~





(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
by shizenkaze | 2015-07-26 21:31 | 街角風景 | Comments(20)

『浜栲(ハマゴウ)と胡麻(ゴマ)と大帽子花(オオボウシバナ)等の花達・・・・・』

今日は長良川の花火大会です
毎年7月最後の土曜と8月最初の土曜に中日新聞と岐阜新聞主催で行われます
写しに出かけようかと思いましが暑いしカメラ散策を昼間にして疲れたのでやめました・・・・・

今日はエーザイの薬草園に出掛けました
そこで写した花達を載せましたが昨日出かけた薬科大学の薬草園に咲いていた同じ花も一緒に載せることにしました(どの写真がどちらの薬草園のものかは今日は区別しませんでした~)



1.『浜栲(ハマゴウ)』  シソ科(クマツヅラ科)ハマゴウ属の常緑小低木(海浜植物)
学名はVitex rotundifoliaと言います~
d0054276_209325.jpg

最初から青空背景で・・・・・・・・
今日はとても良い天気でした~~(*´∀`*)

本州の東北地方南部から九州で見る事ができます
海外では朝鮮半島、中国、東南アジアなどにも分布しています・・・・・




2.
d0054276_2094378.jpg

枝先に円錐花序を出して私の好きな青紫色の唇形花をたくさんつけます~
花径は10~15mmくらいで花冠は上下2つの唇に分かれ上の唇は2つに裂けていて下の唇は3つに裂けます・・・・・
真ん中の裂片は両側の裂片の5倍くらいあってつけ根には2つの白斑紋が見られます~♪




3.
d0054276_2095334.jpg


4.
d0054276_2010469.jpg


5.
d0054276_201014100.jpg


6.
d0054276_20102314.jpg

秋になると球形で硬い核果が淡い黒色に熟します・・・・・
実はコルク質で海流に運ばれて広がります
実を乾燥させたものを生薬で『蔓荊子(まんけいし)』と言って滋養強壮や解熱や消炎などの薬効があります~




7.
d0054276_20103398.jpg


8.
d0054276_20104228.jpg


9.
d0054276_20105452.jpg


10.
d0054276_2011562.jpg






11.『胡麻(ゴマ)』  ゴマ科ゴマ属の一年草
学名はSesamum indicumと言います~
d0054276_20111633.jpg

アフリカのサバンナに約30種の野生種が生育していてゴマの起源地はサバンナ地帯やスーダン東部だと言うのが有力です・・・・・




12.
d0054276_2011264.jpg


13.
d0054276_20113629.jpg


14.
d0054276_20114661.jpg


15.
d0054276_20115793.jpg

ゴマには抗酸化物質として働く『リグナン』が含まれています・・・・・
ゴマの代表的なリグナンは『セサミン』です~(*´∀`*)
ゴマ自体も抗酸化作用を持っているので活性酸素が体内で生成されるのを抑え肝臓機能を強化して細胞の老化やガン化を抑制する作用があります・・・・・
脂質はオレイン酸とリノール酸が80%を占めていてたんぱく質も豊富に含んでいてコレステロール抑制にも効果もあるて言われています~




16.
d0054276_2012973.jpg


17.
d0054276_20121913.jpg






18.『大帽子花(オオボウシバナ)』  ツユクサ科ツユクサ属の一年草(栽培種)
学名はCommelina communis var. hortensisと言います~
d0054276_20123392.jpg

花径は3~5cmとツユクサより大きい花を咲かせます
3枚の花弁のうち2枚が大きく残りの1枚は小さな白い色をしています~
ツユクサと同様に早朝に花を開き午前中には閉じます・・・・・




19.
d0054276_20124281.jpg

ツユクサの突然変異した変種を栽培したものです・・・・・
滋賀県草津市では市の花に指定されています
花の色から『アオバナ』とも呼ばれ和紙に染み込ませて乾燥させ青花紙を作ります
青花紙を水に浸すとアオバナが水に溶ける性質を利用して友禅染の下絵書きに使用されます・・・・・
現在では化学合成した色素が登場しているので栽培量は減少していますが花が大きいので観賞用にも栽培されている事が多くなりました~




20.
d0054276_20125253.jpg


21.
d0054276_201338.jpg

成分に糖質吸収を妨げる作用があることが判ったので健康食品として注目されています・・・・・
和名の由来はツユクサの別名になっている『ボウシバナ』からきています~♪




22.
d0054276_20132157.jpg


23.
d0054276_20133137.jpg

ニホンミツバチが写真を撮っている私に『邪魔だな~ちょっと退いてよ・・・』なんて言いたそうに飛んで来ました





24.『アメリカホド』  マメ科アピオス属の蔓性多年草
学名はApios americanaと言います~
d0054276_20134121.jpg

去年エーザイの薬草園でアキカラマツに絡んでいたのを初めて見ました
最初はアキカラマツに関係したものかと不思議に思っていましたがブロ友さんに教えて頂いて名前が判りました・・・・・
今年も同じように花を咲かせていましたがやっぱり薬草園で植えたものじゃなく自然生のようでした
アキカラマツより立派な花を咲かせているので私のように知らなかった者は名前板を見てアキカラマツって思うでしょうね~




25.
d0054276_20135161.jpg

原産は北アメリカ大陸東部で日本には明治時代中期に入って来たようです・・・・・
英名はポテトビーンやインディアンポテトとかグラウンドナッツと言うようです
日本では属名のアピオスやホド(ホドイモ)とも呼ばれる事が多いです
日本には在来種のホド (Apios fortunei) が存在していますが多くは野生種で栽培はごく一部に留まり東北地方を中心に作物として主に栽培されているのはこのアメリカホドになります~




26.
d0054276_2014271.jpg


27.
d0054276_20141267.jpg

マメ科なので私の好きな蝶形花を咲かせていますがビッシリと固まっているので判り難いですね~♪




28.
d0054276_20142147.jpg






29.『チャボトケイソウ』  トケイソウ科・トケイソウ属
学名はPassiflora incarnataと言います~
d0054276_20143299.jpg

約500種あるトケイソウの仲間の中でもチャボトケイソウはもっとも有名な鎮静作用のあるハーブで北アメリカ南部から南アメリカにかけて分布していて今では熱帯・亜熱帯地域で栽培もされています・・・・・
古くは精神安定作用のある薬草として北米先住民のアルゴンキン族によって用いられいてたようで19 世紀には不眠の治療薬として米国でも用いられていました~
現在では非習慣性の精神安定薬としてこの植物のエキスが鎮静剤などの構成成分となっています
パッションフラワー( Passion flower )と言う名でハーブティーとしても利用されることがあります~




30.
d0054276_20144142.jpg


31.
d0054276_2014558.jpg


32.
d0054276_20151288.jpg


33.
d0054276_20152719.jpg





34.『エーザイ薬草園の風景』
d0054276_20153948.jpg

青い空が綺麗でした~
写真では清々しく感じますが実際は立ち眩みするくらい暑かったです~゚(゚´Д`゚)゚




35.
d0054276_20155181.jpg

薬草園の向こうにはエーザイ製薬の製薬工場があります
もちろん一般者は立ち入り禁止です~
ここで作られた薬が全国へ出荷されています・・・・・




36.
d0054276_2016266.jpg

今日は『ウォーキング大会』があったようでこの薬草園にある『くすり博物館』の前が給水所になっていたようなので多くの参加者が来り出て行ったりしていました
犬山城から一宮市の真清田神社までの26kmがコースで他にも短いコースもあるようですが暑かったので大変だったと思います~
ここからの帰りに道路横の日陰に座り込んだり寝転んでいる人達をよく見かけました・・・・・

熱中症を心配しながら私はエアコンの効いた車で通り過ぎました~~(#^.^#)






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(Close-up lens #3×2)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)


(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-07-25 21:27 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『暑さを逃れて渓流へ・・・・・』

今日は天気がよくとても暑い一日になりました
8月の1ヶ月間は休園する薬科大学の薬草園に寄って咲いていた花を写しましたが今日は公開日なのにボランティアの人もいませんでした・・・・・
テントの中のテーブルも無くて記名用のノートもありませんでした
一回りしながら写真を写しましたが薬草園で出逢った人は草刈機を使って下草の処理をしていた人だけでした

そして今日の目的地の『円原川(えんばらがわ)』に向かいました~



1.
d0054276_2034396.jpg

僅かに濁りが入っていましたがそれでもこの川の流れは綺麗です~♪
今日は水量も多いようでした・・・・・




2.
d0054276_20341564.jpg

長良川の大支流の板取川・・・その支流の武儀川・・・そしてその支流の神崎川の支流になる『円原川』なので長良川から見れば阿弥陀籤のスタートみたいな所です~(*´∀`*)




3.
d0054276_20342812.jpg

山からは多くの湧水が流れ出しています
今日の気温は岐阜市内では34度くらいになっていましたがこの辺りは私の携帯温度計では28度でした
水温計が無かったので水温は測れませんでしたが冷たくて気持ち良かったです~♪




4.
d0054276_2034421.jpg


5.
d0054276_20345237.jpg

川岸に百日紅が咲いていました・・・・・




6.
d0054276_2035578.jpg

風景全部にピントが合うように写すとこんな感じになりました・・・・・♪




7.
d0054276_20351763.jpg

近くの人が散歩をしていましたが被っている笠が風景に似合っているな~って思いながら写していました




8.
d0054276_20353179.jpg


9.
d0054276_20354336.jpg


10.
d0054276_20355449.jpg

クサギの花が咲いていました
今年初めての出逢いでした・・・・・・(*´∀`*)




11.
d0054276_2036486.jpg


12.
d0054276_20361770.jpg


13.
d0054276_20363161.jpg


14.
d0054276_20364368.jpg


15.
d0054276_20365762.jpg


16.
d0054276_2037983.jpg

この橋は老朽化していて通る事が出来ないようです
対岸の建物も使われていない家のようでした・・・・・




17.
d0054276_20372242.jpg


18.
d0054276_20373627.jpg


19.
d0054276_20374946.jpg


20.
d0054276_2038213.jpg


21.
d0054276_20381428.jpg


22.
d0054276_20382531.jpg


23.
d0054276_20383738.jpg

円原川には長良川水系では最大とも言われる伏流水のある川で『ぎふ・水と緑の環境百選』にも選ばれています・・・・・
伏流水(ふくりゅうすい)は流れる川が一旦地下に潜って再び川の流れとなるものです~(*´∀`*)




24.
d0054276_20385063.jpg


25.
d0054276_2039295.jpg

青空を眺めていると気持ちがすっきりします




26.
d0054276_20391294.jpg

葛の花も今年はこの花が最初に見た花になりました・・・・・




27.
d0054276_20392484.jpg

葉陰に見える湧水も山の中から流れ出してきたものです~
神崎川や円原川にはこのような光景を多く見ることができます
湧水が豊富で良い事なんですが道路を走っていると『山崩れに注意』なんて標識があるのは怖いです~゚(゚´Д`゚)゚




28.
d0054276_20393629.jpg

こんな木々の隙間からも湧き出てくる流れを見ることがあります~




29.
d0054276_20394889.jpg

川の上には道路が続いています・・・・・




30.
d0054276_204011.jpg

こんな所にも路線バスが走っていますが車の無い人たちには生活の足になっているのでしょうね・・・・・
岐阜市内から山県市の神崎まで走っているバスです~




31.
d0054276_20401217.jpg


32.
d0054276_20402441.jpg


33.
d0054276_20403789.jpg

いつも神崎川に来ると写してしまう吊り橋なのですが今日は少し角度を変えて写してみました
この橋の下を流れているのは神崎川です・・・・・♪




34.
d0054276_20405632.jpg


35.
d0054276_2041944.jpg

いつも写している私の好きなビューポイントから見た風景です
季節を通じて今までに何度ここから写真を写したか覚えていないくらい写していますから(*´∀`*)




36.
d0054276_20412368.jpg

やっぱり水のある風景はいいですね~

最近は先週の郡上方面と今回の山県市の山奥方面で写真を写しているので次は東濃方面か西濃方面かな・・・・・・
西に向かうなら滋賀県まで出かけて醒ヶ井の地蔵川の梅花藻を今年も写したいです~

毎日暑いのでたまにはのんびり街中で過ごそうかな・・・・・なんて思うこともありますが私には無理でしょうね~






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2015-07-24 21:23 | 風景 | Comments(28)

『ありふれた藪枯らし(ヤブガラシ)の花でも・・・・・♪』

今日は朝から雨でしたが昼頃には少し止みました・・・・・
久し振りにカメラを持って堤防辺りを歩いてみましたが特別変わったものはなく仕方ないので近くに見られた『ヤブガラシ』を写しました~

最近は風景等が多くなっていたので堤防などで見られる花を写したのは本当に久し振りになりました・・・・・



1.『ヤブガラシ』  ブドウ科ヤブガラシ属の蔓性多年草
学名はCayratia japonicaと言います~
d0054276_2028021.jpg

日本全土の道端や空地や原野などに普通に見られます・・・・・
街の中でも公園のフェンスや庭の片隅などにも絡みついた姿を目にします~

根茎は柔らかい紐状で地下を縦横に這い回って至る所から芽を出して繁茂します
蔓の成長は早く細い巻きひげを四方八方に伸ばして他の植物に絡みつき覆いかぶさります・・・・・




2.
d0054276_20281058.jpg

葉は5枚の小葉からなる鳥足状複葉が互生します・・・・・
それぞれの小葉は縁に鋸歯のある先の尖った卵形をしています
花は葉と対生する散房状の集散花序につき6~8月頃に徐々に開花します
花は直径約5mmで薄緑色の花弁4枚と雄蕊が4本雌蕊が1本ありますが花弁と雄蕊は開花後半日ほどで散ってしまうので白色の雌蕊が中央に立った直径約3mmの橙色の花盤(盤状の花托)だけが見られることも多いです~

写真では右が花で左が散った後の花盤です・・・・・♪




3.
d0054276_20281991.jpg

ヤブガラシの花はあまり目立つものではないのですが蜜が美味しいのか虫達が非常に多く集まります
蜂の仲間が一番多いですが他にアリや蝶達もよく見かけますので虫の写真が撮りたくなればヤブガラシの花の近くで待っていると見られます・・・・・




4.
d0054276_20282954.jpg

ソフトフォーカスっぽく・・・・・(*´∀`*)




5.
d0054276_20284225.jpg


6.
d0054276_20285343.jpg

この花盤の姿を見ていると某製薬会社が出している『コバエ捕り』の容器の形によく似ていますね~
虫が集まる形なのでこんなものをヒントにしていたのかも知れませんね~
結構自然の形を模倣したものが出回っていますからね・・・・・・




7.
d0054276_2029314.jpg


8.
d0054276_20291361.jpg

雨の雫が彼方此方に見られました・・・・・




9.
d0054276_20292340.jpg

ヤブガラシの花を抱え込んでいるような蜂がいました
『花盤』にはあまり興味がなさそうです・・・・・
同じ『カバン』でもブランドの『鞄』なら女性には人気なのでしょうが~~(#^.^#)




10.
d0054276_20293352.jpg


11.
d0054276_2029438.jpg

アリがたくさん来ていました・・・・・
こう言う写真を『アリキタリの写真』って言うのでしょうね~(*´∀`*)




12.『ヤマトシジミ(大和小灰蝶)』  シジミチョウ科ヤマトシジミ属
学名はPseudozizeeria mahaと言います~
d0054276_20295385.jpg

堤防には草刈後に繁殖しているイネ科の植物がたくさん見られます
その葉の上にとまっていました・・・・・
この周辺にはカタバミが多いので近くに卵を産み付けに来のでしょうね~(#^.^#)




13.『オシロイバナ(白粉花)』  オシロイバナ科オシロイバナ属の多年草
学名はMirabilis jalapaと言います~
d0054276_2030426.jpg

皆はフェンスの向こうで押し合いへし合い・・・・・
通勤ラッシュやバーゲン会場に集まる人のようで汗だくになっているみたいです~~゚(゚´Д`゚)゚




14.
d0054276_20301776.jpg

私は静かでのんびりしていられる所が好きなのでこの『側溝』の隙間を見つけて『速攻』で根付きました~
とってもいい気分です~(*´∀`*)
・・・なんて言ってるみたいでした・・・・・(#^.^#)


明日は天気が良さそうなので薬草園にでも出掛けようかとも思っています~
平日なので静かに自然の中へ出かけるのも良いかも知れませんね?^^
起きた時の空模様で散策する場所を考えようかな・・・・・・・(*´∀`*)




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-07-23 21:10 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『盲導犬サーブの像と日本まん真ん中センター』

皆さんは『盲導犬サーブ』の話をご存知でしょうか?
サーブ(1977年4月8日~1988年6月13日)は雌のシェパードで盲導犬でした
日本では忠犬ハチ公と共に最も知られた犬の一頭だとも言われています・・・・・

釣りをしていた頃に長良川に掛かる下田橋の近くでこのサーブの像を初めて見ました
ブログをするようになって紹介しようと近くに出かけた時に探していましたが像は見られませんでした(場所が移されているのを知ってやっと再会できました)
同じ像が名古屋にもあるようですがこの郡上市美並は『盲導犬サーブ』の悲しく暖かい物語の現地なのでここで見る像のサーブが愛しくもありました・・・・・



1.『盲導犬サーブの像』
d0054276_2010894.jpg

1977年(昭和52年)4月8日に生まれたサーブは名古屋市の中部盲導犬協会で訓練を受けた後に岐阜県のマッサージ治療院を営む男性の元に行きました

1982年(昭和57年)1月25日岐阜県郡上郡美並村(現・郡上市)の国道156号を歩行中に雪でスリップして突っ込んできた車から主人を庇って重傷を負いその傷が原因で左前脚を切断することになりました・・・・・
この事故がきっかけとなって『盲導犬は視覚障害者の身体の一部』である事の認識が広がって事故にあった盲導犬にも自賠責保険が支払われるように法律が改正されました

1983年にはこの話が出版された事もあり日本だけでなく海外でもサーブの事が知られるようになって1985年(昭和60年)にアメリカ・テキサス州知事から主人と一緒に招待を受けたサーブは『テキサス名誉州犬』の称号を受け同年9月には内閣総理大臣中曽根康弘から功労賞を受賞しました
1986年(昭和61年)にはサーブを讃えるとともに交通安全の願いを込めて名古屋駅前にブロンズ像が設置されました・・・・・




2.
d0054276_20102020.jpg


3.
d0054276_20103297.jpg

1988年(昭和63年)6月13日未明に老衰のため11歳で永眠しました
お墓は名古屋市南区の長楽寺動物霊園にあります・・・・・

1988年12月18日にはNHKでテレビアニメ『がんばれ!盲導犬サーブ』が放送され翌1989年7月4日にはテレビ朝日の『火曜スーパーワイド』の枠で『三本足の名盲導犬サーブ・愛の物語』としてテレビドラマにもなりました・・・・・

名古屋駅のサーブ像の上部には1994年に着工1999年に竣工したJRセントラルタワーズの建設に伴い大階段が設置されましたが建物の陰であまりにも目立たなくなったサーブ像を憂う声が上がり2003年(平成15年)になって久屋大通公園のエンゼルパークへ移設されました




4.
d0054276_20104532.jpg

サーブ像は全部で3体存在しています
名古屋市のエンゼルパークのものが最初にできたものです
写真のものは岐阜県郡上市の健康福祉センターさつき苑(下田橋横から移設したものです)でもう1体はテキサス州へ贈られる予定であったものでしたが果たせず約25年もの間協会の旧施設に保管されていたものでその後に盲導犬協会が設立40周年を迎える2010年(平成22年)に名古屋市港区にある協会(盲導犬総合訓練センター)正面に設置され命日の6月13日に除幕式が行われました・・・・・




5.
d0054276_20105811.jpg

『盲導犬 サーブの像』の文字は設置当時の内閣総理大臣『海部俊樹』氏によるものです・・・・・
エンゼルパークの文字は当時の内閣総理大臣『中曽根康弘』氏の文字のようです




6.
d0054276_20111023.jpg


7.
d0054276_20112274.jpg

このサーブの存在が多くの盲導犬を訓練している人や待っている人達に大きな希望を与えました
今も眼科などには『盲導犬育成基金』等の募金箱が置かれていますが目が弱くて治療に行くときに僅かでも入れたくなります・・・・・
サーブのような盲導犬が多くの人のパートナーとなって『目』になれるようにと願います~




8.『サーブの書籍も多いです』
d0054276_2011326.jpg

この方以外にも何冊もの本が発行されています
幼児向けの絵本や児童本もあり小学校の国語の教科書にも載せられていたように思います





9.『日本まん真ん中センター』
d0054276_20114381.jpg

日本まん真ん中センターは500人収容の多目的ホールや会議室と図書室を設けた多目的施設です・・・
美並町ゆかりの『円空さん』の足跡などを研究展示した『円空研究センター』や『人口重心地』を表したモニュメントにもなっている世界最大級(37.3m)の日時計が組み込まれた施設外観などは美並町の主要な観光施設にもなっています~

この敷地の向かいにある健康福祉センターさつき苑の前に『サーブ』の像があります~♪




10.
d0054276_20115373.jpg

『人口重心地』のモニュメントのヤジロベーです~(*´∀`*)




11.
d0054276_2012372.jpg

建物全体が大きな日時計になっています~♪




12.
d0054276_20121654.jpg

建物の周囲には花や木々も多くこのような時間を表す数字も見られます~
12時ですね・・・・・(*´∀`*)




13.
d0054276_2012271.jpg

2時の数字の上には虫の形のモニュメントがありました・・・・・




14.
d0054276_2012439.jpg

周囲には花が多く植えられていますが時期的にあまり多くは見られませんでしたが桔梗は綺麗でした~♪




15.
d0054276_20125470.jpg


16.
d0054276_201354.jpg

建物の上に見られた日時計の柱が建物の中心まで突き刺さっているように見えます
迫力ありました~♪^^
そして日本地図では以前『人口重心地』の美並町を指しています・・・・・




17.
d0054276_20131554.jpg

いろいろな日時計についての図や解説が展示されています~




18.
d0054276_20132662.jpg

この美並も円空上人ゆかりの地なので現代の円空仏も多く見られます




19.
d0054276_20133718.jpg

こんな所にも円空仏が・・・・・・(#^.^#)




20.
d0054276_2013476.jpg

ここまで変化すると円空仏ではないように思えますがこれも有名な彫刻家の創った円空仏のようです~♪




21.
d0054276_20135730.jpg

施設見学は無料ですが『円空研究センター部』は入館料が要ります(高校生以上100円)




22.
d0054276_2014812.jpg


23.
d0054276_20141613.jpg


24.
d0054276_20142795.jpg


25.
d0054276_20143733.jpg


26.
d0054276_20144827.jpg


27.
d0054276_201506.jpg

今日載せた所は岐阜市から富山県に通じている国道156号からすぐの場所です
昔していた釣りではこの国道を通って白川郷方面に何十回も通りました
釣りをしなくなって写真を写すのにもこの国道周辺が好きなのでよく通っています
今も毎週1度は少しは通っている国道です・・・・・

刃物の街関市や和紙の里の美濃市や郡上八幡や白鳥町・・・・・
私が好きな白樺に逢いに出かける『ひるがの高原』や荘川町そして世界遺産の白川郷~
それを過ぎると国道156号にある標識が岐阜県と富山県を何度も繰り返します

私の好きな道では今の所1番の国道になります
これからもこの国道を通ってたくさんの風景や植物そして生き物たちに出逢いたいです~






(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2015-07-22 21:14 | 文化施設 | Comments(16)