<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『フラワーパークの花達・・・・・(ピンポンノキの花等~♪)』

今日は愛知県の江南市にあるフラワーパーク江南で見た花達を載せました・・・・・
ここは園芸種が多いので今の季節には色鮮やかな花が見られます~

私の好きな淡い紫系の花を最初に続けて載せています・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪


1.『柳花笠(ヤナギハナガサ)』  クマツヅラ科クマツヅラ属の多年草
学名はVerbena bonariensisと言います~
d0054276_2018738.jpg

この仲間の中では一番綺麗に思えます・・・・・
以前は長良川の河川敷でも見られましたが河川敷ではもう随分出逢っていません~

別名を三尺バーベナとも言いますね~♪



2.
d0054276_2018199.jpg

群生しているととても綺麗です~♪



3.
d0054276_20182958.jpg

4.
d0054276_20183949.jpg

アップで見るととても愛らしいです~(o ̄∇ ̄o)♪



5.
d0054276_20184926.jpg

6.
d0054276_2019020.jpg

7.
d0054276_20191071.jpg

8.
d0054276_20192564.jpg




9.『麦仙翁(ムギセンノウ)アグロステンマ』  ナデシコ科ムギセンノウ属の一年草
学名はAgrostemma githagoと言います~
d0054276_20193636.jpg

私は最初に覚えた『アグロステンマ』と呼んでいますが別名には『ムギナデシコ』と呼ぶこともあるようです
ヨーロッパでは麦畑の邪魔者扱いにされていますが日本では花が好まれるので花壇などに植えられることが多いです~♪



10.
d0054276_20194787.jpg

11.
d0054276_20195860.jpg

12.
d0054276_2020967.jpg




13.『花葱(ハナネギ)アリウム・ギガンチュウム』  ヒガンバナ科ネギ属の多年草
学名はAllium giganteumと言います~
d0054276_20202113.jpg

ハナネギなんて書くより学名のままの『アリウム・ギガンチウム』で呼ばれますね~
大きな花はネギ坊主ですが色も綺麗で大きいので人気者ですね・・・・・



14.
d0054276_2020333.jpg

小さな花一つ一つがとても可愛いです~♪



15.
d0054276_20204629.jpg




16.『昼咲月見草(ヒルザキツキミソウ)』  アカバナ科マツヨイグサ属の多年草
学名はOenothera speciosaと言います~
d0054276_20205711.jpg

17.
d0054276_2021862.jpg




18.『西洋藪苺(ブラックベリー)』  バラ科キイチゴ属の低木
学名はRubus fruticosusと言います~
d0054276_20211975.jpg

19.
d0054276_20212994.jpg

20.
d0054276_20213836.jpg

実が生っていました・・・・・♪



21.『ブルーベリー』  ツツジ科スノキ属の落葉低木
学名はVaccinium corymbosumと言います~(品種によって違う事もあります)
d0054276_20215099.jpg

22.
d0054276_2022112.jpg




23.『オレンジタイム』  シソ科イブキジャコウソウ属の耐寒性常緑低木
学名はThymus fragrantissimusと言います~
d0054276_20221323.jpg

24.
d0054276_20222327.jpg




25.『洋種伊吹麝香草(ヨウシュイブキジャコウソウ)』 シソ科イブキジャコウソウ属の耐寒性常緑低木
学名はThymus serpyllumと言います~  
d0054276_20223414.jpg

クリーピングタイムと言われています~♪



26.
d0054276_20224455.jpg

27.
d0054276_20225558.jpg




28.『ピンポンの木(ピンポンノキ)』  アオギリ科ピンポンノキ属の常緑高木
学名はSterculia nobilisと言います~
d0054276_2023718.jpg

クリスタルフラワーの室内に咲いていました~
実の姿がピンポンの玉のようなので付けられたと言います・・・・・
室内で薄暗かったのでブレてしまいました



29.
d0054276_20231840.jpg

30.
d0054276_20232942.jpg

31.
d0054276_20234057.jpg




32.『白蝶草(白蝶草)ガウラ』  アカバナ科ガウラ属の多年草
学名はGaura lindheimeriと言います~
d0054276_20235136.jpg

和名では白蝶草や山桃草とも言われますが学名の『ガウラ』が一番使われていますね~
本当に白い蝶のようで可愛い花です~♪



33.
d0054276_2024148.jpg

34.
d0054276_20241198.jpg




35.『柘榴(ザクロ)』  ミソハギ科ザクロ属の落葉小高木
学名はPunica granatumと言います~
d0054276_20242380.jpg

花も実も可愛いですが最近はザクロなんてあまり食べないですね?



36.
d0054276_20243444.jpg

37.
d0054276_20244459.jpg




38.『梅花空木(バイカウツギ)』  アジサイ科バイカウツギ属の落葉低木
学名はPhiladelphus satsumiと言います~
d0054276_2024541.jpg

他でも見られましたがここでも綺麗に可愛く咲いていました~
ウツギの仲間もまだ彼方此方で見られますね・・・・・



39.
d0054276_2025468.jpg

40.
d0054276_2025142.jpg

5月も今日で終わり明日からは6月です・・・・・

6月と聞くとすぐに梅雨をイメージします
ジトジトする季節は気分も落ち込みそうになりますが花菖蒲や紫陽花の綺麗な花を見て気分だけでも爽快になりたいですね~

暑い夏もすぐ目の前です・・・・・
体調管理に注意しながら楽しく過ごしたいですね~(o ̄∇ ̄o)♪






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-05-31 21:25 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『泰山木(タイサンボク)と姫泰山木(ヒメタイサンボク)と・・・・・』

今日は少し涼しく感じる一日でした・・・・・
雨も思ったより少なく昼前にはやみました~

フラワーパーク江南で見たタイサンボクとヒメタイサンボクを写しましたがタイサンボクは花は上の方だけに咲いていて下で見られたのは蕾が多かったです・・・・・
近くに咲いていたヒメタイサンボクは花が綺麗に咲いていました~


1.『泰山木(タイサンボク)』  モクレン科モクレン属の常緑高木
学名はMagnolia grandifloraと言います~
d0054276_20221187.jpg

ここで見たタイサンボクはまだ蕾が多かったです・・・・・
梅林公園の近くや山県市の香りの森公園でも岐阜公園にも見られますのでまた花がよく見えるものを写したいです~



2.
d0054276_20222130.jpg

タイサンボクはアメリカ合衆国南部を象徴する花木とされていてミシシッピ州とルイジアナ州の州花に指定されています・・・・・
大きな国なので州花も大きいものが選ばれたのですね~(o ̄∇ ̄o)♪



3.
d0054276_20223139.jpg


4.
d0054276_20224331.jpg


5.
d0054276_20225385.jpg


6.
d0054276_2023466.jpg


7.
d0054276_20231611.jpg


8.
d0054276_20232695.jpg

開いていた花は上過ぎてシベが撮れませんでした・・・・・(´;ω;`)



9.
d0054276_20233850.jpg


10.
d0054276_20235013.jpg





11.『姫泰山木(ヒメタイサンボク)』  モクレン科モクレン属の半落葉樹
学名はMagnolia virginianaと言います~
d0054276_2024198.jpg

原産地の北米南部では常緑ですが日本では紅葉して落葉する葉が見られます・・・・・
緑から黄色そして黄色からオレンジと色づく葉が混じり合う光景は綺麗です~



12.
d0054276_20241179.jpg


13.
d0054276_2024224.jpg


14.
d0054276_20243312.jpg


15.
d0054276_20244488.jpg


16.
d0054276_20245383.jpg

低い所にも花が多く咲いていたので撮りやすかったです~(o ̄∇ ̄o)♪



17.
d0054276_2025581.jpg


18.
d0054276_2025159.jpg

この花なんて足元近くに咲いていました~♪



19.
d0054276_20252634.jpg


20.
d0054276_20253743.jpg





21.『コリウスとムクドリ』
d0054276_20255072.jpg

花壇に植えられているコリウスの中に1羽のムクドリが飛んで来て餌を探していました~



22.
d0054276_2026219.jpg

あっちへ行ったりこっちに来たりと暫くここでウロウロしていました・・・・・(*´∀`*)



23.
d0054276_20261371.jpg





24.『白花合歓木(シロバナネムノキ)』  マメ科カリアンドラ属の常緑樹
学名はCalliandra portoricensis (Jacq.) Benth.と言います~
d0054276_20262452.jpg

学名のまま『カリアンドラ・ポルトリケンシス』と呼ばれる事もあるようです~
日本の『ネムノキ』とは属が異なり『ベニゴウカン』 や『ギンネム』 と同じマメ科カリアンドラ属の仲間になります白髪のように長い房状がオシベでメシベはこの中に隠れて見えません・・・・・
西インド諸島の亜熱帯から熱帯原産ですが耐寒性があるので日本でも栽培されています~♪



25.
d0054276_20263662.jpg


26.
d0054276_20264781.jpg





27.『丘虎の尾(オカトラノオ)』  サクラソウ科オカトラノオ属の多年草
学名はLysimachia clethroidesと言います~
d0054276_20265924.jpg

好きな花なので咲いていたのを見てすぐ写しましたがまだ花の開きが少なかったです・・・・・
いっぱい咲いている所を知っているので出かけて写そうと思っています~(o ̄∇ ̄o)♪



28.
d0054276_2027974.jpg


29.
d0054276_2027219.jpg


30.
d0054276_20273361.jpg


31.
d0054276_20274587.jpg





32.『西洋靭草(セイヨウウツボグサ)』
学名はPrunella vulgaris/grandifloraと言います~
d0054276_20275662.jpg

フラワーパーク江南のシンボル『クリスタルフラワー』の入口近くに咲いていました~
ウツボグサも好きな花なので見てすぐに気に入ってしまいました・・・・・
色が2色見られたので楽しく撮れました~♪



33.
d0054276_2028783.jpg


34.
d0054276_20281770.jpg


35.
d0054276_20283197.jpg

土日や祝祭日は駐車場もいっぱいで来ている人も多いのですが平日は人が少なくのんびりと散策ができます
気に入った花の前で長く花達にカメラを向けるのも楽しいです~

この日は若いカメラマンが1人でハナギハナガサ(三尺バーベナ)の群生している所に佇んでずっと写している姿が見られました・・・・・
よほど気に入ったのでしょうね~(o ̄∇ ̄o)♪






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-05-30 21:08 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『文殊の森のササユリ達・・・・・』

今日は空が白く見える曇った天気でした・・・・・
昼から早いとは知りつつ本巣市文殊(もんじゅ)にある文殊の森公園へササユリに逢いに出掛けました
花菖蒲も紫陽花もまだ早そうなので今の季節は行く所に悩んでしまいます~

岐阜市内から国道と県道を走り途中から少しだけ国道157号(淡墨桜の根尾谷に向かう国道)を走って細い道から文殊の森に向かいます
文殊の森にはハイキングコースや登山路もありビジターセンターの近くにはバーベキューエリアもあるので駐車場には車が多く停まっていました

私達の他にササユリを写しに来ていたカメラマンが一人だけいました~♪



1.『笹百合(ササユリ)』  ユリ科ユリ属の多年草
学名はLilium japonicumと言います~
d0054276_19252115.jpg

和名の由来は葉の形が『笹』に似ていることからきています・・・・・



2.
d0054276_19253017.jpg

3.
d0054276_19254070.jpg

ユリの仲間の中では開花時期が早いです・・・・・
茎先に2~3輪の淡い紅色か白色の花をつけます
花は大輪で長さが10cmから15cmくらいある漏斗状で横向きに花をつけ花には独特の香りがあります~
メシベは1本でオシベは6本で葯は赤褐色です・・・・・



4.
d0054276_1925518.jpg

5.
d0054276_1926247.jpg

6.
d0054276_19261417.jpg

7.
d0054276_19262532.jpg

日本固有種で本州の中部地方から九州にかけて見られます~(o ̄∇ ̄o)♪



8.
d0054276_19263627.jpg

まだ蕾が多かったです・・・・・
花が少なく正面から撮れるものが少なかったので2週間後くらいに再度出掛けたくなりました~



9.
d0054276_19264842.jpg

10.
d0054276_19265897.jpg

11.
d0054276_19271241.jpg

12.
d0054276_19272354.jpg

13.
d0054276_19273483.jpg

14.
d0054276_19274713.jpg




15.『緑の風景~』
d0054276_1928148.jpg

16.
d0054276_1928169.jpg

17.
d0054276_19283046.jpg




18.『野薊(ノアザミ)』  キク科アザミ属の多年草
学名はCirsium japonicumと言います~
d0054276_19284254.jpg

ここでもノアザミがたくさん咲いていました・・・・・
今年はノアザミとの出逢いが多いです~(*´∀`*)



19.
d0054276_19285717.jpg




20.『山法師(ヤマボウシ)』  ミズキ科ミズキ属の落葉高木
学名はCornus kousaと言います~
d0054276_1929865.jpg

この文殊の森のビジターセンターから散策路にかけてヤマボウシが多く見られます
今日ここに来たのも他でヤマボウシの花を見ているので以前ササユリを写した時に咲いていたヤマボウシを思い出したからなんです・・・・・・♪



21.
d0054276_19292052.jpg

22.
d0054276_19293275.jpg

23.
d0054276_19294792.jpg

24.
d0054276_1930029.jpg

25.
d0054276_19301624.jpg




26.『周囲を散策しながら・・・・・』
d0054276_19303279.jpg

砂防提の周辺にもノアザミが見られカエデなども多く植えられています



27.
d0054276_19304724.jpg

28.
d0054276_1931124.jpg

道が見えませんが散策路が続いていました~♪



29.
d0054276_19311738.jpg

散策路(ハイキングコース)も充実しています・・・・・
文殊の森公園の周辺には古墳や城跡や仏閣などの史跡がたくさんあります・・・・・
望郷の小道、ワラビの小道、学習の道などの遊歩道や広場などもあって史跡と自然を同時に満喫できる所になっています~



30.
d0054276_19313315.jpg

緑の中に子供用の遊具施設が見られます・・・・・
長い滑り台(全長67mkローラー滑り台)もありますが私の子供が幼い頃にここで遊ばせた事がありました・・・・・
もう随分昔の話になりました~(o ̄∇ ̄o)♪



31.『ビジターセンター』 本巣市文殊1-109
d0054276_19314554.jpg

32.
d0054276_19315890.jpg

ビジターセンターの前には紫陽花などいろいろな花が植えられていました~♪



33.
d0054276_19321560.jpg

34.
d0054276_19322688.jpg

35.
d0054276_19323898.jpg

これから日が経てばもっと綺麗に咲きそろうのでしょうね~(*´∀`*)



36.
d0054276_19324987.jpg

37.
d0054276_1933160.jpg


今日はこの場所(本巣市)から関市に向かい百年公園も散策して来ました・・・・・
まだ花菖蒲も紫陽花も早かったですがハコネウツギや少し咲いていた花菖蒲を楽しみました~





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-05-29 20:10 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『時計草(トケイソウ)が咲き始めました~』

何年も前にトケイソウを初めて見て不思議な姿の花に驚き興味を持ちました・・・・・
それからいろいろな場所でトケイソウを写しましたが私が一番気に入っているのは各務原市の消防本部の壁面に見られるトケイソウです~

温暖化などの対処としてのグリーンカーテンとして出来たもののようですが消防本部の建物に咲く花が何となくミスマッチのようで楽しく思って眺めていました~
昨日はすぐ横の道路に車を停めて少しの時間写していました・・・・・

戻って来た消防署の車が駐車場に入って行くのを見ながら邪魔ならすぐに離れようと思っていましたが消防署に帰ってきた署員の皆さんがこちらを見てニコニコしながら声も掛けてくださいました~
一人が近付いて来て『トケイソウは咲いていましたか~』と声をかけてくれながらいろいろな話をしてくれました
署員や隊員のみなさんもこのトケイソウを気に入っている人が多そうでした~♪



1.『時計草(トケイソウ)』  トケイソウ科トケイソウ属の多年草
学名はPassiflora caeruleaと言います~
d0054276_2025342.jpg

フルーツの『パッションフルーツ』もこの仲間です・・・・・
ですから時計草のことを『パッションフラワー』と呼ぶ事もあります~
和名は3つに分裂した雌しべが時計の長針、短針、秒針のように見える花を咲かせることに由来しています~
本当にそう見えますね~(o ̄∇ ̄o)♪



2.
d0054276_2025163.jpg


3.
d0054276_2025272.jpg


4.
d0054276_20254012.jpg

トケイソウはハーブとして鎮痛・精神安定・抗痙攣・不眠の緩和・血圧の降下・ヒステリーやノイローゼの緩和・更年期障害など『精神や痛みを静める』働きがあるといわれていてヨーロッパでは伝統生薬製剤の欧州指令に従って医薬品にもなっています・・・・・



5.
d0054276_20255218.jpg


6.
d0054276_202622.jpg


7.
d0054276_20261380.jpg


8.
d0054276_20262474.jpg

蕾も多く見られました・・・・・
最初の頃には壁一面に花が見られたようですが少しずつ花の数が少なくなっていると消防署の人に聞きました・・・・・・



9.
d0054276_2026356.jpg


10.
d0054276_20264685.jpg


11.
d0054276_20265852.jpg


12.
d0054276_20271022.jpg


13.
d0054276_20272258.jpg

他の植物の一緒に生えているのでいろいろな葉が見られます・・・・・
消防署の人も『少し手入れしないとダメですね・・・・』と苦笑いをしていました~



14.
d0054276_20273367.jpg


15.
d0054276_20274430.jpg


16.
d0054276_2028152.jpg


17.
d0054276_20281372.jpg


18.
d0054276_20282638.jpg


19.
d0054276_20283760.jpg





20.『忍冬(スイカズラ)』  スイカズラ科スイカズラ属の常緑蔓性低木
学名はLonicera japonicaと言います~
d0054276_20284821.jpg

同じ場所に咲いていました♪
別名を金銀花(きんぎんか)や忍冬(ニンドウ)とも呼びます・・・

白い花が徐々に黄色くなるために一つの枝に白い花と黄色い花が見られることが珍しくないです・・・・・
ですから別名の金銀花(きんぎんか)と呼ばれます~



21.
d0054276_20285845.jpg





22.『西洋金糸梅(セイヨウキンシバイ)』  オトギリソウ科オトギリソウ属の常緑低木
学名はHypericum calycinumと言います~
d0054276_2029996.jpg

トケイソウの咲いている壁面の下の花壇に咲いていました
別名をヒメキンシバイ(姫金糸梅)とも呼ばれるようです・・・・・

花の中央には1つの基部から出た長い雄蕊が多数あってほぼ同じ高さで整然と纏まってつきます・・・・・
同科同属のビヨウヤナギ(美容柳)と似ていますが、ビヨウヤナギの雄蕊は5つの基部から出ていて数も少なく少しシベが疎らな感じがします・・・・・♪



23.
d0054276_20292074.jpg


24.
d0054276_20293295.jpg


25.
d0054276_20294324.jpg


26.
d0054276_20295534.jpg

このセイヨウキンシバイにもたくさんの蕾が見られました~

今の季節にはこのオトギリソウ科の花達がよく見られますね・・・・・
ビヨウヤナギやキンシバイとタイリンキンシバイやコボウズオトギリが近くに見られます~(*´∀`*)

ブログに載せる写真の数がいつも多くなってしまいます
最初の頃は10枚程度が多かったのですが最近は多い時には50枚くらいになることもありました・・・・・
数が多いので間違えるって事はないと思いますが最近特に文字間違いやキーの打ち間違いも多く載せている植物や虫などの名前も間違えることが多くなりました・・・・・
薬草園や公園等で書かれている名前自体が間違っている事もあったり名札が立てられている植物が枯れて消え去って別の花が咲いていることにも気が付くこともありますがこの頃は気が付かないで一緒に撮っておいた名札の名称を何も考えずに載せて紹介することが多くなっているようで今までのようなブログ構成から少し違うようにした方が良いのかなと思うようになりました・・・・・

科属名や学名も無くても良いのかなと思うようになりましたがいつも見ていただいている皆様のご意見も知りたいです~
まだこれからも長く続けたいのでいろいろアドバイスをお願いします~(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-05-28 21:12 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『笹(ササ)の花を見に・・・・・』

先日見ていたテレビのニュースで笹の花が咲いていることを知りました
私は今までに何度も笹の花を見ていますが写真に撮っていなかったので今日出掛けて写してきました・・・・・

笹の花が咲いていたのは各務原市那珂門前町にある市民公園の北西の植え込みで公園を管理していている市の職員が見つけて話題になったようです・・・・・

植え込みの約15mにササが薄い黄色の花を咲かせていました~
笹は説によっては60年から100年に1度花を咲かせてその後には一斉に枯れると言われています
でも生えた時期が別々なので運さえ良ければ毎年のようにいろいろな所で見られる事もありますね・・・・・

今日は笹の花と近くに咲いていた木々の花等も載せてみました~


1.『笹(ササ)』  イネ科ササ属の多年草
学名はSasa Makino et Shibataと言います~
d0054276_20354956.jpg

他のイネ科植物もこのような花の咲くものが多いですね・・・・・
似た花なら堤防で毎年のように見られますがササの花を見ることは本当に少ないです~(*´∀`*)



2.
d0054276_2036060.jpg

3.
d0054276_20361157.jpg

4.
d0054276_20362132.jpg

5.
d0054276_20363122.jpg

6.
d0054276_20364216.jpg

7.
d0054276_20365135.jpg

よく見るとなかなか可愛いものです~(o ̄∇ ̄o)♪



8.
d0054276_2037298.jpg

9.
d0054276_2037144.jpg

10.
d0054276_20372425.jpg

11.
d0054276_20373569.jpg

12.
d0054276_203746100.jpg

13.
d0054276_20375746.jpg

14.
d0054276_2038745.jpg

15.
d0054276_20381990.jpg

16.
d0054276_20382957.jpg

17.
d0054276_20384057.jpg

18.
d0054276_20385187.jpg

19.
d0054276_2039429.jpg

この場所の近くで笹の花を見て写しました・・・・・



20.『格好のいい松でした~♪』
d0054276_20391839.jpg

松の仲間だとは判るのですが詳しい種類は判りませんでした・・・
樹形が凄かったので写してしまいました~(o ̄∇ ̄o)♪



21.
d0054276_20393311.jpg

凄い枝ぶりです~♪



22.『少し風景を・・・・・』
d0054276_20395054.jpg

23.
d0054276_2040696.jpg

24.
d0054276_20402298.jpg




25.『椋の木(ムクノキ)の花』  アサ科ムクノキ属の落葉高木
学名は Aphananthe asperaと言います~
『鼠黐(ネズミモチ)』  モクセイ科イボタノキ属の常緑低木
学名はLigustrum japonicumと言います~
d0054276_20403320.jpg

公園にあった名札に『ムクノキ』と付けられていたので信じてしまいました
何となく葉がおかしいな・・・と思ったのですが無知なのでカメラに収めた名札の名前を載せてしまいましたがご指摘があり確認しましたらネズミモチでした・・・・・

最近公園などの名札が違うこともあって『よく調べないといけないね』と連れ合いと話しながら写していましたが間違いに気がつきませんでしたのでここに訂正させていただきます



26.
d0054276_20404510.jpg

27.
d0054276_20405595.jpg

28.
d0054276_2041515.jpg

花は6月頃に咲き花序は円錐形で枝先に出て長さ5-12cmの多数の花房をつけます・・・・
花は5~6mmで花冠は白で中程まで四つに割れてそれぞれが反り返ります~
オシベはこの花冠の裂け目の内の対面する二つのところから出て花冠の裂片くらいの長さがまっすぐに突き出ます・・・・・
花序が多数出るため木全体に真っ白の花の塊が散らばったようになるので遠目にもよく目立ちます・・・・・



29.
d0054276_204116100.jpg

30.
d0054276_20412835.jpg

31.
d0054276_20413872.jpg

可愛い花ですね~(o ̄∇ ̄o)♪



32.
d0054276_20414951.jpg




33.『竹林・・・・・』
d0054276_2042310.jpg

蒸し暑い時でも竹林を見ると何となく涼しく感じます~(*´∀`*)



34.
d0054276_20421839.jpg

35.
d0054276_20423178.jpg

ただいま『脱皮中~(@^▽^@)』



36.
d0054276_20424248.jpg

『見ちゃいや~』なんて言ってるのかも・・・・・・(*´∀`*)✿



37.
d0054276_2042564.jpg

育ち過ぎた筍(竹?)がたくさん出ていました~
筍は食べるのも好きですが見るだけでも好きです・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

今日は各務原市の『市民公園』と『学びの森』を散策してから消防本部に咲いている時計草を写してから愛知県の『フラワーパーク江南』に行ってきました・・・・・
太陽の日差しが強かったのですが風があったので木陰に入ると涼しく感じました~





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-05-27 21:19 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『曇り空の河川敷散策・・・・・♪』

今日も天気予報では雨でした・・・・
ても雨らしい雨は降らず少し地面が濡れて見えるくらいでした
仕事の昼休みに堤防から河川敷を歩きましたが青空じゃないと何となく物足りないです・・・・・

今日出逢った植物たちを少しだけ載せてみました~(*´∀`*)


1.『藪虱(ヤブジラミ)』  セリ科ヤブジラミ属の越年草
学名はTorilis japonicaと言います~
d0054276_20103673.jpg

2.
d0054276_20104775.jpg

3.
d0054276_20105655.jpg

4.
d0054276_2011558.jpg

5.
d0054276_20111582.jpg




6.『鬼胡桃(オニグルミ)』  クルミ科クルミ属の落葉高木
学名はJuglans mandshurica var. sachalinensisと言います~  
d0054276_20112911.jpg

今年もたくさんの実が生っていました~
味が濃くて市販のクルミより美味しいですが食べられる中身が少ないのが欠点です・・・・・



7.
d0054276_201141100.jpg

8.
d0054276_20115416.jpg

長良川の河川敷にはたくさんのオニグルミが見られます・・・・
オニグルミは実が川の流れに流されて遠くで根付くのでドンドン増えます~♪



9.
d0054276_2012656.jpg

10.
d0054276_20121918.jpg




11.『苗代苺(ナワシロイチゴ)』  バラ科キイチゴ属の蔓性落葉低木
学名はRubus parvifoliusと言います~
d0054276_20123255.jpg

12.
d0054276_20124573.jpg




13.『茅萱(チガヤ)』  イネ科チガヤ属の多年草
学名はImperata cylindrica (L.) P.Beauv.と言います~
d0054276_2013073.jpg

河川敷に群生していました~♪



14.『赤詰草(アカツメクサ)』  マメ科シャジクソウ属の多年草
学名はTrifolium pratenseと言います~
d0054276_20131758.jpg

河川敷にヒメコバンソウと一緒に群生していました~(*´∀`*)



15.『庭石菖(ニワゼキショウ)』  アヤメ科ニワゼキショウ属の一年草
学名はSisyrinchium rosulatumと言います~  
d0054276_20133174.jpg

河川敷にヒメコバンソウと一緒に群生していました~(o ̄∇ ̄o)♪



16.『栴檀の下に咲く荒地花笠(アレチハナガサ)』  クマツヅラ科クマツヅラ属の多年草
学名はVerbena brasiliensisと言います~  
d0054276_20134710.jpg

河川敷では彼方此方に咲いています~♪



17.『亜米利加風露(アメリカフウロ)』  フウロソウ科フウロソウ属の一年草
学名はGeranium carolinianumと言います~
d0054276_20135991.jpg

花の見られるものも少しありましたが今はこのように実になっているものが多いです~



18.
d0054276_20141088.jpg

19.
d0054276_20142066.jpg

20.
d0054276_20143081.jpg




21.『草藤(クサフジ)』  マメ科ソラマメ属の多年草
学名はVicia craccaと言います~
d0054276_20144419.jpg

堤防に群生していますが咲き始めてから日が経つので萎みかけの花が多くなっています・・・・・



22.
d0054276_20145553.jpg

23.
d0054276_2015570.jpg

葉が(メメメ+ア)のように見えて面白かったです~(o ̄∇ ̄o)♪



24.『羊蹄(ギシギシ)』  タデ科スイバ属の多年草
学名はRumex japonicusと言います~
d0054276_20151698.jpg

堤防にはスイバと一緒に見られるので間違いやすいです・・・・・
同じ仲間なので実の姿がよく似ています~



25.
d0054276_20152651.jpg

26.
d0054276_20153739.jpg

27.
d0054276_20154837.jpg




28.『髭剃菜(コウゾリナ)』  キク科コウゾリナ属の越年草
学名はPicris hieracioidesと言います~
d0054276_20155912.jpg

29.
d0054276_20161145.jpg

30.
d0054276_20162331.jpg

コウゾリナの綿毛です~
タンポポよりは荒く感じますね・・・・・



31.
d0054276_20163466.jpg




32.『チガヤの綿毛~』
d0054276_20164533.jpg

33.
d0054276_20165680.jpg

34.
d0054276_2017872.jpg




35.『烏麦(カラスムギ)』  イネ科カラスムギ属の越年草
学名はAvena fatuaと言います~
d0054276_20172194.jpg

カラスムギの種子が落ちてしまって包頴(ほうえい)だけが風に靡いていました~
これをドライフラワーとしてフラワーアレンジに使うこともあるようです・・・・・♪



36.
d0054276_20173215.jpg

37.
d0054276_20174352.jpg

38.
d0054276_20175427.jpg

これには種子が見られます~
カラスムギの小穂は下に垂れて中に3つの種子ができますがその内の2つには長い芒(のぎ)があって包頴(ほうえい)から飛び出しています・・・・・
種子が稔ると芒は途中で写真に見られるように直角に曲がります~(o ̄∇ ̄o)♪



39.
d0054276_2018420.jpg

40.
d0054276_20181640.jpg

毎年このカラスムギが堤防に多くなっています
40年近く堤防を眺めていますが最初の頃と今とではスッカリ堤防や河川敷の植物体系が変わりました
これから先も毎年のように変化が見られるのでしょうね・・・・・

長良川の堤防や河川敷では外来種や帰化植物が60%以上になっています
在来種が少しずつ追いやられています・・・・・゚(゚´Д`゚)゚





(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-05-26 21:13 | 身近な自然の話 | Comments(10)

『まだ少し早い紫陽花寺を歩いて・・・・・(三光寺と神崎川風景)』

まだ紫陽花には少し早いと知りながら山県市の三光寺へ22日に行きました・・・・・
三光寺(さんこうじ)は岐阜県山県(やまがた)市富永にある真言宗醍醐派の寺院で山号は龍王山と言います

通称を山あじさいの寺やあじさい寺と言われています・・・・・
境内には140余品種9千株の山あじさいが植えられていてこの地方では最大規模と言われています~♪
6月初旬から7月初旬が見頃でこの時期には毎年『あじさい祭り』が開催されます~

流石に私達以外には誰も来ていませんでした・・・・・
花を咲かせていたコアジサイとウツギの仲間達とほんの少し咲きかけていたヤマアジサイを写してみました~


1.『小紫陽花』
d0054276_2016184.jpg

優しく咲いているのが見られました~
今が一番綺麗でこれから他のヤマアジサイが咲き出すまでが良いと言われました~♪



2.
d0054276_20161341.jpg


3.
d0054276_2016248.jpg

本当に可愛く咲いていました~(*´∀`*)



4.
d0054276_20163577.jpg


5.
d0054276_20164763.jpg


6.
d0054276_20165715.jpg


7.
d0054276_2017828.jpg


8.
d0054276_20171997.jpg


9.『山紫陽花達・・・』
d0054276_20173041.jpg

まだまだ花は僅かしか見られませんでしたが気の早い花が恥ずかしそうに咲いていました~♪



10.
d0054276_20174283.jpg


11.
d0054276_20175373.jpg


12.
d0054276_2018492.jpg


13.
d0054276_20181567.jpg


14.『桜空木(サクラウツギ)』 アジサイ科ウツギ属の落葉低木
学名はDeutzia crenata,forma bicolorと言います
d0054276_2018262.jpg

住職の知り合いが持って来た花だと住職の奥様が言われました~
中国のウツギだと言われましたが教えていただいて調べてみましたら日本で生まれた園芸種のようでした

とても可愛く綺麗に咲いていますがアジサイ祭りの頃には見られなくなるのでここに来ている人でも見たことのない人が多いそうです・・・・・
丁寧に説明していただけたので判りやすかったです~(o ̄∇ ̄o)♪



15.
d0054276_20183648.jpg


16.
d0054276_20184777.jpg

まだ蕾も多かったです~♪



17.
d0054276_2018597.jpg


18.『梅花空木(バイカウツギ)もまだ見られました~』
d0054276_20191161.jpg

ここは気温が低いので木曽川水園では見られなくなっているバイカウツギも綺麗に咲いていました~♪



19.
d0054276_20192286.jpg


20.
d0054276_20202261.jpg


21.『野薊(ノアザミ)が輝いていました~』
d0054276_20203282.jpg

山裾にある三光寺ですが丁度太陽の光が野薊を照らしていました~
スポットライトに照らされたスターのようでした・・・・・(*´∀`*)



22.『定家葛(テイカカズラ)も見頃です~』
d0054276_20204464.jpg

紫陽花が植えられている所にある木々に絡みつくようにテイカカズラが花を咲かせていました
この花の実も可愛いですね・・・・・
実が爆ぜて中から現れる綿毛達も好きでよく写しています~(*´∀`*)



23.
d0054276_20205680.jpg


24.
d0054276_2021718.jpg


25.
d0054276_20211758.jpg


26.
d0054276_20212840.jpg


27.『多羅葉(タラヨウ)に実が生っています・・・・・』
d0054276_20213923.jpg

雌雄異株で花期は4~5月頃で4mmほどの小さな淡黄緑色の花が群れて咲きます・・・・・
秋になると8mmほどの小さな球形の実が熟して赤くなります~



28.
d0054276_20215032.jpg

日本では葉の裏面に経文を書いたり葉を炙って占いに使用したりしたため多くの寺社に植樹されています~
葉の裏面を傷つけると字が書けることから郵便局の木として定められていて東京中央郵便局の前などにも植樹されているようです・・・・・

文字を書くことのできる性質がインドで経文を書くのに使われた貝葉の原料のヤシ科のタラジュ(多羅樹Corypha utan)という木に良く似ているのでタラヨウ(多羅葉)の名前の由来となっています~♪

写真の葉にも願い事が書かれていますね~(o ̄∇ ̄o)♪



29.
d0054276_2022075.jpg


30.『慌てて咲いたようなヤマアジサイ達~♪』
d0054276_20221163.jpg

ここではいろいろな種類のヤマアジサイやガクアジサイが見られます
盛期になったらまた出かけたいと思っています~♪



31.
d0054276_20222254.jpg


32.
d0054276_20223313.jpg


33.
d0054276_20224445.jpg


34.
d0054276_20225435.jpg


35.
d0054276_2023570.jpg


36.
d0054276_20231554.jpg


37.
d0054276_20232823.jpg

やっばり小紫陽花は可愛いですね~~(*´∀`*)✽



38.『神崎川の流れ・・・・・』
d0054276_20234169.jpg

帰りに少し遠回りしました~
私のビューポイントなので近くに行った時には必ずここで風景を写しています・・・・・



39.
d0054276_20235574.jpg


40.
d0054276_2024928.jpg

ここでは見掛けませんでしたが少し下流では水浴びしている人達も見られました・・・・・
この日は確か岐阜市で31度を越していたようです~

岐阜には海が無いので川で遊ぶ人達が多いです
水温は低いのて都会から来た人は冷たくて入れないかも知れないです~(o ̄∇ ̄o)♪



41.
d0054276_20242328.jpg

この神崎川は武儀川の支流になります・・・・・
神崎川の支流では伏流水が有名で景色の良い円原川があります~

これから暑くなると水辺が恋しくなりますね
出来るだけ水辺風景を今年は多く載せたいと思っています~






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-05-25 21:05 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『薬草園の花達とミツバチの家(養蜂資料館)』

畜産センターの近くに私がよく出かけている岐阜薬科大学の薬草園があります・・・・・
薔薇の花を写す前に少し寄って咲いていた花を写しました

薔薇園を出たあとで近くにある養蜂の資料館『ミツバチの家』も入って見てきました~
この春に内装などがリニューアルされて小さな子供達にも養蜂のことが判りやすくなっていました・・・・・


1.『伊吹麝香草(イブキジャコウソウ)』  シソ科イブキジャコウソウ属の小低木
学名はThymus quinquecostatusと言います~
d0054276_20202088.jpg

学名にも見られますがタイムの仲間です~
和名は伊吹山に多く見られて芳香があることから付けられた名前ですが他の所でも見られる植物です~



2.
d0054276_20203119.jpg


3.
d0054276_20204112.jpg


4.
d0054276_20205153.jpg

シソ科の唇形花って可愛いですね~(o ̄∇ ̄o)♪



5.
d0054276_2021121.jpg





6.『当帰(トウキ)』  セリ科シシウド属の多年草
学名はAngelica acutilobaと言います~
d0054276_20211241.jpg

セリ科植物の花は小さな花がたくさん集まって見られるものが多いですね~
どの花も可愛いので好きです~



7.
d0054276_20212533.jpg


8.
d0054276_20213745.jpg





9.『懐慶地黄(カイケイジオウ)』  ゴマノハグサ科ジオウ属の多年草
学名はRehmannia glutinosa var. hueichingensisと言います~
d0054276_20214892.jpg

中国や朝鮮半島で栽培されている薬用植物で日本には1940年に渡来して研究機関などで保存されていました・・・・・
中国の華北などに自生する赤矢地黄(アカヤジオウ)から改良された栽培種で主産地の河南省『懐慶』にちなんでカイケイジオウと名づけられました・・・・・^^



10.
d0054276_20215794.jpg

根茎を生薬の地黄(じおう)と言って補血、強壮、解熱、緩下、止渇などの薬効があります・・・・・
原種(母種)の赤矢地黄(アカヤジオウ)は奈良県で現在も栽培されています~♪^^



11.
d0054276_2022719.jpg


12.
d0054276_2022194.jpg





13.『彌猴桃(キウイ)』  マタタビ科マタタビ属の蔓性落葉樹
学名はActinidia chinensisと言います~
d0054276_20222957.jpg

キウイは雌雄異株なので雄花と雌花が其々の株に咲きます・・・・・
写した花は雌花なので白いメシベが見られます~♪
可愛いですね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



14.
d0054276_20224034.jpg


15.
d0054276_20224973.jpg


16.
d0054276_20225957.jpg

キウイもサルナシもマタタビも同じ仲間なので花の姿は似ていますがキウイは花も大きいので可愛く感じます・・・・・♪



17.
d0054276_2023950.jpg


18.
d0054276_20232041.jpg


19.
d0054276_20233129.jpg





20.『サトイモ科の小さな花が・・・・・』  サトイモ科テンナンショウ属の多年草
大まかな学名はArisaemaです~
d0054276_20234265.jpg

薬草園の花の中に一人生えのように咲いていました・・・・・
ボランティアの人達も正式な名前は判らないようで『よく見つけられましたね・・・』と言われました~♪



21.
d0054276_2023539.jpg

カラスビシャクより小さ目ですがアンテナが伸びていないのでカラスビシャクやウラシマソウでは無いようです
マムシグサの赤ちゃんでも無さそうです・・・・・(´;ω;`)



22.
d0054276_2024374.jpg





23.『公益財団法人 ミツバチの家』  岐阜県岐阜市椿洞776-3
d0054276_20241696.jpg

近代養蜂発祥の地の岐阜県に全国の養蜂家の協力で作られた施設でミツバチの不思議な世界を科学的に理解することができます・・・・・

岐阜市椿洞の畜産センターの一角にありミツバチの巣のような六角形の展示室にはミツバチに関するさまざまな子供向けの資料等がいっぱい展示されています~



24.
d0054276_2024301.jpg


25.
d0054276_20244388.jpg

蜜源植物のトチノキが建物の前に植えられていました~(*´∀`*)



26.
d0054276_20245567.jpg

岐阜県は近代養蜂発祥の地と呼ばれています
日本での本格的な養蜂が始まるのは明治時代になってからで多採蜜で群の勢いが強い西洋ミツバチの移入と巣箱、人工巣礎、蜂蜜分離器の発明により技術が確立され、それらを導入することで現在のような近代養蜂が発展することとなりました・・・・・

明治30年代前半から養蜂業に従事し始めた岐阜県の渡辺寛氏が明治42年に月刊誌『養蜂之友』を発刊し養蜂の普及ならびに欧米の優良品種の導入や養蜂器具の作成に着手して実質的に日本における近代養蜂の基礎を築いたとされています~♪

明治43年に第1回全国養蜂家大会が岐阜県で開催されたことから岐阜県は『近代養蜂発祥の地』と言われるようになりました・・・・・



27.
d0054276_2025675.jpg

靴を脱いでスリッパに履き替えて見学します・・・・・



28.
d0054276_20251829.jpg


29.
d0054276_20253083.jpg


30.
d0054276_20254421.jpg


31.
d0054276_20255664.jpg

今年の4月29日にリニューアルオープンして室内が明るくなりました・・・・・
展示説明も子供用に向けたものが多くなり小さい子供でも楽しめますが面白がるのかな~?



32.
d0054276_2026792.jpg


33.
d0054276_20261886.jpg


34.
d0054276_20263014.jpg


35.
d0054276_20264167.jpg

無料なので夏休みの自由研究にするなら便利かも知れませんね~
このブログを見られた小学生の子供のいる人で岐阜市の近くにお住まいでしたら今年の夏休みの自由研究に是非どうぞ・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



36.
d0054276_20265689.jpg


37.
d0054276_2027988.jpg


38.
d0054276_20272046.jpg


39.
d0054276_20273215.jpg


40.
d0054276_20275885.jpg


41.
d0054276_20281445.jpg


42.
d0054276_20282532.jpg


43.
d0054276_20283733.jpg


地味な資料館(博物館)なので岐阜市在住者でも知らない人が多いようです
それに岐阜県が近代養蜂発祥の地とされている事も知らないようですが岐阜市内でも蜂蜜メーカーが彼方此方にあるので地元のハチミツが売られていることはスーパーなどで気が付いているかも知れないですね~

本当に美味しいハチミツは高いです・・・・・
でもやっぱり本物は美味しいですね~
特に岐阜では『蓮華蜂蜜』が有名です・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

皆さんが今使っている蜂蜜は『 made in Gifu』ではないですか~♪






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-05-24 21:33 | 文化施設 | Comments(18)

『薔薇の名前を調べて来ました~(畜産センター薔薇園)』

畜産センターにある薔薇園で写真を撮って載せましたが名前を書いていなかった事とまだ蕾で花が見られなかったものもあったので金曜に出かけて写し直しました~

色の変わっていた花の名前も判りましたので改めて紹介したいです~(o ̄∇ ̄o)♪


1.『ブラックティー』
d0054276_2092245.jpg

2.
d0054276_20104289.jpg


3.『コーヒーブレイク』
d0054276_20114174.jpg

4.
d0054276_20115392.jpg

5.
d0054276_2012667.jpg


6.『マチルダ』
d0054276_20133180.jpg

7.
d0054276_20135089.jpg

8.
d0054276_2014236.jpg


9.『エクレール』
d0054276_2015290.jpg

10.
d0054276_20151662.jpg


11.『オメガ』
d0054276_2016921.jpg

12.
d0054276_20162161.jpg


13.『オールドポート』
d0054276_20174387.jpg

14.
d0054276_20175851.jpg


15.『ピンクパーフェクト』
d0054276_2019341.jpg


16.『ブライダルピンク』
d0054276_20200100.jpg


17.『フローリック』
d0054276_20204426.jpg


18.『ベビーロマンティカ』
d0054276_2022568.jpg

19.
d0054276_20221711.jpg


20.『ゼプシー』
d0054276_2023367.jpg


21.『ピノキオ』
d0054276_20234693.jpg


22.『かがやき』
d0054276_20242398.jpg


23.『ふれ太鼓』
d0054276_2025472.jpg

24.
d0054276_20251710.jpg


25.『ブルーライン』
d0054276_20261050.jpg


26.『シャルルドゴール』
d0054276_2027358.jpg


27.『ミニチュアローズ』
d0054276_20275921.jpg


28.『クローネンブルグ』
d0054276_20284420.jpg


29.『シンディ』
d0054276_20292925.jpg


30.『ノスタルジー』
d0054276_20303430.jpg


31.『レモネード』
d0054276_20311695.jpg


32.『アップルティ』
d0054276_2032199.jpg


33.『パスカリ』
d0054276_203312.jpg


34.『セントセシリア』
d0054276_20335059.jpg


35.『デザートピース』
d0054276_20343713.jpg


36.『ラブ』
d0054276_20351232.jpg


37.『エバーゴールド』
d0054276_20354946.jpg


38.『ピーチアバランチェ』
d0054276_20363697.jpg


39.『スーパースター』
d0054276_20372915.jpg


40.『キャラメルアンティーク』
d0054276_20385316.jpg


41.『天津乙女』
d0054276_20395318.jpg


42.『ヘンリーフォンダ』
d0054276_20405417.jpg


43.『モンテリヒト』
d0054276_20413680.jpg


44.『ピース』
d0054276_20422025.jpg

45.
d0054276_20423167.jpg


46.『センチメンタル』
d0054276_20434325.jpg


47.『新雪』
d0054276_20445726.jpg


48.『パレード』
d0054276_20453286.jpg


49.『ハマナス』
d0054276_2046731.jpg

50.
d0054276_20462568.jpg

51.
d0054276_20465170.jpg

ラストはハマナスなのでバラとは違うのかも知れませんがこの薔薇園では以前から植えられています~

このような園芸品種の花達の名前を今日のように載せることは今までありませんでしたが珍しい品種があるかも知れないので一応写してきました~~
少し日が経っているだけなのに花によっては萎れたり色が少し褪せたりしているものも見られました
花の命って儚いものなのですね・・・・・




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-05-23 20:54 | 公園 | Comments(18)

『朴の花と駒繋の花と長良川鉄道・・・』

今日はPCの操作ミスなのかブログを完成しながら全部消えて(消して)しまいました・・・・・
同じものを2度作るのはストレスが溜まりますが出来るだけ最初のようにアップしたいと思います~

今日は長良川鉄道沿い(国道156号)を走っていて見られたホオノキの花とコマツナギの花を写してちょうど走ってきた長良川鉄道の車両も撮ったので載せることにしました~


1.『朴の木(ホオノキ)』  モクレン科モクレン属の落葉高木
学名はMagnolia obovataと言います~
d0054276_2016197.jpg

こちらの飛騨地方では朴葉味噌等の料理には大切な木になります
近くの水道山や金華山でも朴葉の落ち葉を見かけるので朴の木がある事は判りますが花を写すことが無かったです・・・・・



2.
d0054276_20162950.jpg

3.
d0054276_20164088.jpg

4.
d0054276_2016517.jpg

5.
d0054276_20172288.jpg

6.
d0054276_20173690.jpg

7.
d0054276_201747100.jpg

はっきり写すことができて良かったです~
同じ仲間のタイサンボクは毎年何度も写しています・・・・・



8.
d0054276_20175823.jpg

9.
d0054276_20181767.jpg

10.
d0054276_20182723.jpg

11.
d0054276_20184466.jpg

12.
d0054276_2018549.jpg

道路沿いに走っていて花を見かけて慌てて路肩に車を停めて写しました~(o ̄∇ ̄o)♪



13.
d0054276_20191139.jpg

14.
d0054276_20192176.jpg




15.『駒繋(コマツナギ)』  マメ科コマツナギ属の落葉低木
学名はIndigofera pseudotinctoriaと言います~
d0054276_20193393.jpg

ホオノキの花を写していて下に咲いていたコマツナギにも気がつきましたので写しました~
河川敷でも達目洞でもいろいろな所で見かけますが私の好きなマメ科なのでこの蝶形花を気に入っていてすぐ写してしまいます~♪



16.
d0054276_20194411.jpg

17.
d0054276_20195524.jpg

18.
d0054276_2020599.jpg

まだ咲き初めのようで蕾が多く見られました~



19.
d0054276_20201546.jpg

20.
d0054276_20202987.jpg

21.
d0054276_20203968.jpg

22.
d0054276_20205128.jpg




23.『長良川鉄道』
d0054276_2021534.jpg

第三セクターの長良川鉄道になる前はJRの越美南線と呼ばれていた路線です
美濃加茂市の美濃太田駅~郡上市の北濃駅までの72.1kmを走っています・・・・・



24.
d0054276_20212016.jpg

この車両はナガラ500形 (501 - 503)で『502』です・・・・・
2007年に1両が増備され同年4月9日より運行開始した新潟トランシス製の車両で長良川鉄道としては5年ぶりの新造車両でした・・・・・
2009年2月に1両増備され同月17日より運用開始して12月にも1両増備されました~

車体はナガラ300形をベースとしていますが側窓が拡大されています
カラーリングはナガラ300形同様ぶどう色ですが窓下の腰板部に水色と白のラインが追加されました

最初に導入された501号車は塗装でラインを入れていましたがその後に導入された502号車はラッピングとなったために501号車は水色で502号車は濃い青色となっています・・・・・
2009年12月に増備された503号車はカラーリングが白色に青とオレンジ色の帯を配した1形のカラーリングを踏襲するものに変更されてドア開閉ランプの設置など新たに設置されたものが見られます・・・・・
503号車はその後正面貫通扉の手すりの撤去など改造も行われたようです~



25.
d0054276_20213776.jpg

26.
d0054276_20215817.jpg

27.
d0054276_20221031.jpg

28.
d0054276_20224862.jpg

29.
d0054276_2023127.jpg

30.
d0054276_20231483.jpg

31.
d0054276_20232522.jpg

今年になって4月からクラシックなデザインの観光列車「ながら」が運行されました
まだ出逢ったことはないですが車両デザインはすべて九州の豪華寝台列車「ななつ星」でも有名な水戸岡鋭治さんが手掛けました~
金・土・日曜日やゴールデンウィークなどの連休に限定で運行されますので予約が凄かったようです

いつか出逢えたら写したいです~



32.
d0054276_20233657.jpg

33.
d0054276_20234985.jpg

34.
d0054276_202401.jpg

同じ内容を2度書くのは気分的に良くないですが多少の違いはありますが何とか作り直せました・・・・・

どうも慌てて何か別のキーに触れたようでした・・・・・゚(゚´Д`゚)゚

今日はヤマアジサイで有名な三光寺に行ってみましたがまだ小紫陽花が咲いていた他にウツギなどが少し見られただけでした・・・・・
紫陽花祭りは6月10日頃からのようでしたが住職の奥様(?)に丁寧に説明をしていただけました





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-05-22 20:56 | 鉄道を取り巻く風景 | Comments(18)