<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

『郡上市美並町の星宮神社から矢納ヶ淵へ』

急に滝を見たくなり調べていて家から1時間もかからない場所に滝らしきものがある事を知りました
家を出たのが1時20分とのんびりした出発になりました・・・・・

家から国道156号を北上して関市と美濃市を通り郡上市まで走りました
途中の県道315号に入り美並町刈安で橋を渡り長良川の対岸を走り支流の粥川(かゆかわ)の上流に向かいました・・・・・

暫く走っていくと星宮神社が見えて来ました


1.『星宮神社』
d0054276_19401870.jpg

星宮神社(ほしのみやじんじゃ)は岐阜県郡上市美並町高砂にある神社で高賀山を囲む高賀六社の一社で粥川谷(長良川支流)にあります・・・・・
神体が仏像(虚空蔵菩薩)であることや平安時代~鎌倉時代の懸仏があるなど廃仏毀釈以前の神仏習合の形が残っています~

かつて別当寺であった粥川寺は『円空ゆかり』の寺であり雑役のかたわら経文や手習いを教えられた場所と伝えられています(ただし円空の出生地については諸説あります)

近くの粥川谷(矢納ケ渕)の水は岐阜県の名水50選に指定されていて『粥川ウナギ生息地』は大正13年(1924年)に国の天然記念物に指定されています・・・・・



2.
d0054276_19403585.jpg

3.
d0054276_19404769.jpg

円空仏なども見られるようですが時間がなかったので入りませんでした



4.
d0054276_1941234.jpg

5.
d0054276_19411637.jpg

社伝によると天暦年間(947年~957年)にこの地に妖怪『さるとらへび』が住み付き村人に危害を加えているのを聞いた朝廷は藤原高光をこの地に遣わせ妖怪を退治したという(承平3年(933年)の説もありますが藤原高光の生誕年との矛盾があるようです)
この時に高賀山大本神宮大行事神社(現・高賀神社)を再建し七昼夜妖怪退治の祈願をしたと言います

その後高賀山麓の六ヶ所に神社(高賀六社)を建立したとされていて星宮神社はこの高賀六社の一つとして創建されました・・・・・
伝説では藤原高光がこの辺りまで来たときに道がわからなくなってしまいましたが粥川谷の鰻が正しい道を教えたことにより無事『さるとらへび』を退治したといいます・・・・・

また藤原高光に義貴星という神が粥を施した地とも言われています
平安時代後期以降は神仏習合により独自の信仰形態をとっていました
現在の建物は享保12年(1727年)以降の再建と言われています~



6.
d0054276_19413016.jpg

7.
d0054276_19414334.jpg

星宮神社を見ていると雨がパラパラ降り始めました



8.
d0054276_19415598.jpg

道路から下を流れている粥川を写しました~



9.
d0054276_19421286.jpg

10.
d0054276_19422616.jpg

11.
d0054276_19424254.jpg

12.
d0054276_19425631.jpg

13.
d0054276_19432258.jpg

『矢納ケ渕』の石碑が見られました・・・・・



14.
d0054276_19433850.jpg

右手には祠が建てられていました
左手に矢納ケ渕が見られます・・・・・



15.
d0054276_19435458.jpg

16.
d0054276_1944915.jpg

この淵には3箇所の滝が見られます
正面のものは細い流れでした・・・・・



17.
d0054276_19442347.jpg

川の上流に見える滝『矢納(やと)の滝』が一番大きく落差約12mです・・・・・



18.
d0054276_19443788.jpg

19.
d0054276_19445077.jpg

藤原高光は持っていた弓矢で見事退治することができ、その後高光は弓を宮に納め矢を滝に納めたのでその滝を『矢納ヶ淵』というようになったと言われています~

粥川の人々は自分たちを悩ませていた鬼を退治する手伝いをした鰻を神の使いとして崇めて以後食べることを禁止したと言います
人々が鰻を大切にしていたこともあってか昭和の半ばまでは粥川には鰻が大量に生息していたようです~



20.
d0054276_1945550.jpg

21.
d0054276_19451815.jpg

22.
d0054276_19453112.jpg

23.
d0054276_19454598.jpg

24.
d0054276_19455879.jpg

25.
d0054276_19461016.jpg

26.
d0054276_19462675.jpg

27.
d0054276_19464157.jpg

大きい滝の右からもうひとつの滝が見えます・・・・・



28.
d0054276_19465756.jpg

29.
d0054276_1947121.jpg

30.
d0054276_1947289.jpg

道路の上から見た風景です・・・・・
自然の石などで作られた遊歩道があるので下から見ることができます~



31.
d0054276_19474498.jpg

32.
d0054276_194807.jpg

33.
d0054276_19481652.jpg

34.
d0054276_19483370.jpg

35.
d0054276_19484843.jpg

釣りをしていた頃も伝説のせいなのか近寄り難くてこの粥川に入った事はなかったです
鰻以外の魚も禁漁だったのかどうかは判っていませんでした・・・・・



36.
d0054276_1949325.jpg

37.
d0054276_19491999.jpg

『百年杉の森』と書かれた石碑がありました
この辺はもっと樹齢の長い杉の木があるようでした・・・・・
雨が降り始めたのでゆっくり写せなくて残念でしたが杉林も圧巻でした~♪



38.
d0054276_19493630.jpg

39.
d0054276_19495144.jpg

途中寄った美並町の『道の駅』の案内板を写してみました



40.
d0054276_1950733.jpg

この道の駅はよくカヌーの風景を撮っていたところです~
滝はここから30分も掛かりませんでした・・・・

帰る途中には雷雨が激しくなり前方が見えないくらい降りました
休憩していた道の駅では停めてある車まで5mでしたがずぶ濡れになってしまったくらいです
途中で美濃市手前からは雨雲と競争になり私が信号で停るとザーと車に雨がかかり走り出すと雨が付いてこれなくなるって感じで岐阜市内まで雨雲と追いつ追われつしていました~(o ̄∇ ̄o)♪

最近は花が少なくなっているのもあって滝ばかり見に行っています
8月になったら花ももっと見られなくなりそうなので何を写そうかと悩んでしまいます・・・・・
あまり無理せず載せる写真の枚数も少なめにして続けることになりそうです~





(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-07-31 20:30 | 風景 | Comments(20)

『木曽川水園の夏水仙(ナツズイセン)の咲く風景・・・』

今日も午後から木曽川水園に出かけました・・・・・
先日出掛けた時に写したピンク色の花がナツズイセンとは違うようなので確かめたかったので行く事にしました
夏休みに入って最初の土曜だったので多くの家族が来ていました
親水エリアでは子供達が楽しそうに水遊びをしていたり茅葺古民家横の川ではニジマスの掴み捕りもやっていました・・・・・♪

1.
d0054276_20282123.jpg

棚田と茅葺古民家・・・・・
河川環境楽園の木曽川水園へ西口駐車場から入ると最初に見える風景です~♪



2.
d0054276_20283698.jpg

3.
d0054276_2028514.jpg

4.
d0054276_2029564.jpg

秋明菊(シュウメイギク)が咲いていました・・・・・
もう見られる季節になったのですね~(o ̄∇ ̄o)♪



5.
d0054276_20292787.jpg

藪蘭(ヤブラン)が彼方此方で見られました・・・・・



6.
d0054276_20294223.jpg

7.
d0054276_20295620.jpg

8.
d0054276_2030119.jpg

木曽川水園で見られる小さな流れを写してみました~



9.
d0054276_20302539.jpg

10.
d0054276_20303942.jpg

11.
d0054276_20305759.jpg

12.
d0054276_20311386.jpg

水辺にたくさんのナツズイセンが咲いていました
先日見た時にはこの花はまだ咲いていませんでした・・・・・



13.
d0054276_20313028.jpg

14.
d0054276_20314650.jpg

15.
d0054276_2032637.jpg

16.
d0054276_20322285.jpg

17.
d0054276_20323944.jpg

18.
d0054276_20325177.jpg

19.
d0054276_2033732.jpg

こんな風景が好きです・・・・・
暑かったですが少しだけ気持ちが涼しくなりました~



20.
d0054276_20332434.jpg

21.
d0054276_2033407.jpg

22.
d0054276_20335736.jpg

23.
d0054276_20341391.jpg

24.
d0054276_20342883.jpg

25.
d0054276_20344134.jpg

この花を先日写してナツズイセンかなと書いていたものですが今日もたくさか咲いていました
近くにいた公園スタッフに尋ねると『ナツズイセンです』と言いました・・・・・
それで『花のつき方や全体がナツズイセンとは少し違うような気がするのですが・・・』と言いますと調べてみますと言って立ち去りました・・・・・



26.
d0054276_20345440.jpg

『自然発見館』の中へ行って他の人とも話しましたが『最初にナツズイセンの球根を植えた時に他のものが混じっていたのかも知れないですがどこから仕入れたものなのか詳しく調べないと判らないです』と言われました
今のところ考えられるのはナツズイセンの亜種なのか桃色花のノカンゾウの仲間じゃないかと言うくらいで本当のことはまだ判りません・・・・・
私としてはヒガンバナ科ではないと思うのですが判らないので暫くこの花につきましては調べたいと思っています~



27.
d0054276_2035889.jpg

28.
d0054276_20352323.jpg

木曽川水園の下にある池の島にヒマワリが見られます~



29.
d0054276_20353937.jpg

30.
d0054276_20355639.jpg

見られる数は僅かですが季節の花が見られるのはいいですね~(*´∀`*)



31.
d0054276_20361269.jpg

水辺ではミソハギもまだ綺麗に咲いていました・・・・・



32.
d0054276_2036281.jpg

33.
d0054276_20364451.jpg

女郎花(オミナエシ)も以前より多く綺麗に咲いていました・・・・・
他の場所では男郎花(オトコエシ)も見られました~



34.
d0054276_20365983.jpg

大きな建造物のようなものが見られますがこれは『かわしま燦々(さんさん)夏まつり』に使う船です

川島地区の市民総参加で繰り広げられるまちづくりイベントでメインとなるのは江戸時代に始まったといわれる伝統の『かわしま川祭り』で色鮮やかな提灯を飾りつけた巻きわら船が川面に浮かびお囃子を奏でながら川を上り下りする姿は幻想的で趣があります・・・・・
その他たくさんのイベントや祭り気分を盛り上げる屋台も登場し人出は例年約7万人ほどで毎年大好評のイベントのようです~



35.
d0054276_20371695.jpg

36.
d0054276_20373261.jpg

立派なものです・・・・・
見に出かけて撮影をしたいと思うのですが夜に出かけるのは目が弱くなってから億劫になっているので自分でも暗くなってからの運転を最近しないので難しいですね~゚(゚´Д`゚)゚



37.
d0054276_20374699.jpg

38.
d0054276_2038247.jpg

古民家近くに有る親水エリアで楽しそうに水遊びをしている子供たちです~
毎年何度も石に付く藻や汚れを清掃しているので小さな子供達にも安心して遊ばせることができるようです



39.
d0054276_20381578.jpg

この下流が木舟遊覧の場所になっていたり冬場にはカモ達の楽園になっているところです~♪



40.
d0054276_20383186.jpg

気にしていたピンクの花の名前は結局教えて頂くことができませんでした
持っている図鑑やネット検索でも今のところ全く同じものが判りません・・・・・

明日メディアコスモスにある中央図書館に行って調べようかなと思いますが他に出掛けるところがあれば出掛けてしまうかも知れないです~
でもなるべく早く判るようにしたいです・・・・・

『河川環境楽園』の関係者及びスタッフの皆様で判る人がいらっしゃいましたら是非早目にお知らせ頂ければ幸いです・・・・・




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-07-30 21:18 | 身近な自然の話 | Comments(26)

『不破(ふわ)の滝と大半夏(オオハンゲ)』

今日はどこに行ってみようかと昼食を食べながら考えていました~
知っていたのに今まで一度も行ったことがなかった『不破の滝』に行ってみようということになり昼から出掛けました・・・・・
岐阜からは大縄場大橋を渡って県道53号を池田方面に向かい梅谷片山トンネルを抜けて垂井町に入りました
そこから滝に向かう道路は近いのでそちらに向かって車を走らせました・・・・・

途中の道は車1台が通れる程度の幅で山から流れている水が道路を横切っている場所も多く見られました
前方に自転車に乗った若いグループがいたので徐行して走ると自転車を横に寄せて挨拶してくれました
高校生くらいの地元の子供のようでした

私と連れ合いが滝近くの少し広い場所に車を停めて写真を写していると自転車を押しながら追い付いて笑顔で挨拶をしてくれました~
ポケモンGOに夢中になっている若者達よりずっと健全な若者たちでした~(o ̄∇ ̄o)♪
滝近くで水遊びをするようでした・・・・・♪


1.
d0054276_20544164.jpg

不破の滝に向かう道の横には渓流が流れています・・・・・



2.
d0054276_20545542.jpg

先日出かけた『岩門の滝』からの流れよりずっと水量も多く幅も広い川でした・・・・・



3.
d0054276_2055989.jpg

4.
d0054276_20552475.jpg

5.
d0054276_20553976.jpg

滝に通じる道は狭く所々にこのように山から流れ出てくる水が流れていました~



6.
d0054276_20555612.jpg

この流れは山からの湧き水のようでした・・・・・
道路を横切って川に流れていました~♪



7.
d0054276_20561226.jpg

護岸はシッカリしていますが彼方此方に土砂崩れの跡のような場所も見られました



8.
d0054276_20562929.jpg

9.
d0054276_20564527.jpg

10.
d0054276_20565827.jpg

11.
d0054276_20571641.jpg

12.
d0054276_20573217.jpg

ここも砂防堤のような所から水が多量に流れていて道路に水が溜まっていました



13.
d0054276_20574578.jpg

14.
d0054276_2058057.jpg

15.
d0054276_20581385.jpg

時々車を停めて周囲を写していましたが連れ合いが『ウラシマソウみたいなものがいっぱいあるよ』と言うので行ってみたら『オオハンゲ』でした~
カラスビシャクより少し大きなサトイモ科の植物です・・・・・



16.
d0054276_20582789.jpg

17.
d0054276_2058398.jpg

18.
d0054276_20585217.jpg

このような流れの横で見るのは初めてだったので楽しく写せました~
本当に私よりいろいろなものを見つけてくれますのでこんな時だけは頼もしいです・・・・・(*´∀`*)



19.
d0054276_2059689.jpg

20.
d0054276_20592042.jpg

21.
d0054276_20593323.jpg

相当な数のオオハンゲが見られました~♪



22.
d0054276_20594652.jpg

23.
d0054276_210172.jpg

車を停められる所のすぐ近くにこんな落ち込みが見られました
双子のようなミニ滝でした~
でも停めた場所のすぐ横に土砂崩れの痕跡が見られましたので少し離れた所に車を移動させました



24.
d0054276_2101427.jpg

斜め上からの光景も良かったです~



25.
d0054276_21029100.jpg

26.
d0054276_210442.jpg

27.
d0054276_2105849.jpg

流れが少し激しくなって来ました・・・・・



28.
d0054276_2111362.jpg

29.
d0054276_2113459.jpg

前方に『不破の滝』が見えました・・・・・
この不破の滝には伝説があります
不破の滝と養老の滝のお不動様が自慢話から大ゲンカになってしまい見かねた天上の偉いお不動様がそれぞれに長所(不破の滝は幅と水かさの豪快さから来る男らしい力強さ、養老の滝は高さと形で女のような美しさ)があると説教してやっと仲直りしたそうでそれ以来『不破の滝は男滝』、『養老の滝は女滝』と言うようになったと言われています~



30.
d0054276_2115051.jpg

養老の滝は何度も行きましたがこの滝は初めて見ました
実際に見ると本当に力強い滝に感じられました・・・・・



31.
d0054276_212852.jpg

落差は15mです・・・・・
2009年の水害によって滝壺迄は危険になって行けなくなっています
先程出会った地元の子供達は少し離れた場所から降りて水遊びをしているようですが私達は知らない場所なので無理せず離れた所から眺めていました~



32.
d0054276_212257.jpg

33.
d0054276_2123970.jpg

34.
d0054276_2125630.jpg

35.
d0054276_2131188.jpg

36.
d0054276_2132525.jpg

37.
d0054276_2133982.jpg

滝から流れる水は激しく流れていました・・・・・
水温は思ったより冷たくなかったです
きっと上流部でも標高が高くないからなんだと思います~

この流れは下流で相川と合流し杭瀬川になり牧田川になって揖斐川と合流します・・・・・



38.
d0054276_2135387.jpg

39.
d0054276_214599.jpg

40.
d0054276_2141974.jpg

岐阜県の滝の数は全国一多いと以前のブログにも書きましたが近くにあっても知らなかった所や知っていても険しくて行けない場所もありました
この頃少しでも行けそうな場所だったら出掛けてみたいと思うようになりました

体力は落ちているので山道を何時間も歩いて行くのは無理ですが短い距離でしたら何とかなりそうなのでこれからも散策したいと思っています~

滝目当てで花や綺麗な風景にも出逢えたら素敵だな・・・・・と思います~(*´∀`*)






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-07-29 21:39 | 風景 | Comments(16)

『長良川河川敷の植物たち~』

今日は朝から蒸し暑い日でした
昼の河川敷散策をしていると汗が流れるように出ました・・・・・

河川敷の川原一面をタデ科植物が埋め尽くしていました
ナンキンハゼも実が多く見られ今年は見られなかったイタチハギに新しく2度目(?)の花が見られました
こんな暑い日でも自然小さな命は元気のように思えました~


1.『河川敷いっぱいのタデ科の植物達・・・・・』
d0054276_2038229.jpg

久し振りに河川敷散歩をして少し先まで歩きましたらこんな具合にタデ科の植物が蔓延っていました~
イヌタデやオオイヌタデやシロバナイヌタデ等が見られました・・・・・



2.
d0054276_20383920.jpg

3. 
d0054276_20385176.jpg

タデ科の花達は可愛いですね~



4.
d0054276_203932.jpg

5.
d0054276_20391370.jpg

6.
d0054276_20392376.jpg

7.
d0054276_20393460.jpg

8.
d0054276_20394993.jpg

ナンキンハゼの実がたくさん見られました
熟して爆ぜて中の白い部分が見られるようになると綺麗ですね~



9.
d0054276_2040038.jpg

10.
d0054276_20401160.jpg

11.
d0054276_20402339.jpg

12.
d0054276_2040354.jpg

13.
d0054276_20404792.jpg

14.
d0054276_2041193.jpg

15.
d0054276_20411411.jpg

いつも春に長い花穂の姿を撮っているのですが今年は撮れませんでした
今日何となくイタチハギを見ると花が咲いていました
小さな花穂ですが紛れもなくイタチハギの花でした・・・・・
梅雨の前に見た時には何も見られなかったので2度目に咲いた花のようです~



16.
d0054276_20412766.jpg

17.
d0054276_20413912.jpg

シベも見られました・・・・・
今年は色々な花が変な咲き方をすることがあるようなのでこのイタチハギもそうなのかも知れませんね~



18.
d0054276_20415147.jpg

19.
d0054276_20422100.jpg

アカネ科ヤエムグラ属のカワラマツバです・・・・・
丸く見えるものは実のようです~(*´∀`*)



20.
d0054276_20421446.jpg

21.
d0054276_2042253.jpg

22.
d0054276_20423751.jpg

コマツナギの花がまだ少しだけ見られました
長良川の河川敷で私が散策する所に1本だけ見られます・・・・・
小さな木であまり成長していないように思えます~(´;ω;`)



23.
d0054276_20424766.jpg

24.
d0054276_2043110.jpg

河川敷に多く見られるメマツヨイグサです・・・・・
この花とオオマツヨイグサの終花は赤くなりません



25.
d0054276_20431380.jpg

26.
d0054276_20432535.jpg

コマツヨイグサも咲いていました~



27.
d0054276_20433897.jpg

コマツヨイグサの葉は特徴がありますね~♪



28.
d0054276_20434938.jpg

終花になるとオレンジ色に変化します・・・・・
これはマツヨイグサも同じです~



29.
d0054276_204418.jpg

ヘクソカズラも花をつけていました
最近は学名を使って『パエデリア』と呼ぶことが多いです~(o ̄∇ ̄o)♪



30.
d0054276_20441319.jpg

31.
d0054276_20442529.jpg

32.
d0054276_20443961.jpg

堤防一面に広がっている『マメアサガオ』です~
マメアサガオには白花とピンクの花がありますがこのマメアサガオはピンク色の花を咲かせます



33.
d0054276_20445468.jpg

34.
d0054276_2045922.jpg

凄い葉の数でしょ?
でもまだ蕾は一つも見られませんでした・・・・・
毎年花が咲いて実ができると種子を集めています~



35.『近くで見たハイビスカスのシベだけを・・・・・(*´∀`*)』
d0054276_20452189.jpg

36.
d0054276_20453081.jpg

37.
d0054276_20454194.jpg

38.
d0054276_20455282.jpg


月曜から木曜日が私の仕事日なので明日からまた3日間は休みです
本当はもう少し働きたいのですが会社の事情もあるので仕方ないです・・・・・

カラリとした天気にはならなくて青空を写すことができないです~゚(゚´Д`゚)゚
遠くに行っても同じだと思うので近くの薬草園や自然公園で花などを写していた方が良さそうですね




(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-07-28 21:38 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『塚原遺跡公園(岐阜県関市)』

今までにも2度程この遺跡を紹介したことがありますが改めて紹介します・・・・・
関市が管理している遺跡公園で見学も無料ですが知名度としてはそれ程高くなく見学者も少ないようです
関市は板取の『シモネ池』や五郎丸ポーズで有名になった『関善光寺』が全国的に有名になりましたが『刃物の産地』や『関鵜飼』も知られています・・・・・

円空仏の円空上人の最後の地として遺跡近くにある弥勒寺には円空上人のお墓や円空仏館もあります
ここには先日出掛けた『岩門の滝』の後で寄りました~(*´∀`*)

百年公園と岐阜県博物館や数多い歴史的な神社仏閣もあり21世紀の森や紫陽花街道も素晴らしい『関市』を皆様に知って頂こうと思います・・・・・

『塚原遺跡公園』の代表者の方と色々な話ができました
少しでも役に立てればと思いました~♪


1.『塚原遺跡』
d0054276_2038654.jpg

昭和62年度に発掘した遺跡を保存整備した遺跡公園で屋外には縄文時代の竪穴建物や古墳などを復元し展示館では遺跡と出土品の展示解説をしています・・・・・

発掘調査では縄文時代の早期(第1期)と縄文時代の中期(第2期)と古墳時代後期(第3期)の遺構が発見されました・・・・・♪



2.
d0054276_20381978.jpg


3.
d0054276_20383243.jpg

4.
d0054276_203847100.jpg

5.
d0054276_2039157.jpg

6.
d0054276_20391639.jpg

遺構は
縄文時代早期 屋外炉:8基
縄文時代中期 竪穴式住居:17軒 掘立柱建物:19軒 土器捨場:5基 蒸焼場:7基
古墳時代後期 古墳:16基 古墳の周溝:11条 石室の前の穴:4基
がここには見られます・・・・・



7.
d0054276_20393199.jpg

8.
d0054276_2039441.jpg

縄文時代の住居と古墳時代に造られた古墳は同時に存在したわけではありませんが地下には3つの時代に利用されたというこの土地の歴史が残されていたことを表現するために3つの時代の遺構を共存させています

展示館にパンフレット等がありますので貰って見学すると判りやすいです~(o ̄∇ ̄o)♪



9.
d0054276_20395513.jpg

日曜でもこんな状態です・・・・・
せっかくの施設なのでもっと見て欲しいですね~



10.
d0054276_2040976.jpg

11.
d0054276_2040234.jpg

12.
d0054276_20403695.jpg

13.
d0054276_20405140.jpg

14.
d0054276_2041855.jpg

15.
d0054276_20412052.jpg

16.
d0054276_20413499.jpg

17.
d0054276_20414928.jpg

18.
d0054276_2042272.jpg

19.『塚原遺跡公園展示館』
d0054276_20421527.jpg

塚原遺跡公園展示館(つかはらいせきこうえんてんじかんTsukahara Ruins Museum)は塚原遺跡に関する資料館です・・・・・
塚原遺跡展示館と呼ばれる場合もあります~♪



20.
d0054276_20422662.jpg

21.
d0054276_20423861.jpg

22.
d0054276_20425036.jpg

こんな土器が目前にあると楽しくてドキドキします~(o ̄∇ ̄o)♪



23.
d0054276_2043177.jpg

24.
d0054276_2043116.jpg

25.
d0054276_20432275.jpg

26.
d0054276_20433360.jpg

27.
d0054276_20434665.jpg

28.
d0054276_2044096.jpg

29.
d0054276_20441058.jpg

30.
d0054276_20442352.jpg

31.
d0054276_20443452.jpg

32.
d0054276_20444695.jpg

33.
d0054276_20445918.jpg

これ程近くで土器などを見る機会は少ないので興味のある人には楽しいと思います
写真の撮影はOKです~(o ̄∇ ̄o)♪



34.
d0054276_20451034.jpg

35.
d0054276_20452277.jpg

36.
d0054276_20453725.jpg

37.
d0054276_20455158.jpg

展示館の屋上から見た風景です~
大昔の村のボスになった気分です・・・・・(*´∀`*)



38.
d0054276_2046352.jpg

今までは渓流釣りが解禁する2月に昔の釣り仲間を探しにこの辺りに来るので夏に来たのは初めてでした
日陰がなく暑いですがそれでも駐車場には他の車はなく私の車だけが停まっていました・・・・・

ここの館長(施設長)さんも関市の他の施設などと一緒にここを紹介する方法を考えているようですがなかなか実現ができないようです・・・・・
変なイベントをして人を集めると大切なものを壊されることもあるので難しいようです
遺跡跡も資料館も立派ですので多くの人に見た欲しいと思います~


『問い合わせは・・・』
塚原遺跡公園展示館 関市千疋1777番地1 (電話・ファクス)0575-28-5955
関市教育委員会 文化課 文化財保護センター
〒501-2695 関市武芸川町八幡1446番地1 電話:0575-45-0500 ファクス:0575-46-1221

テレビ局や旅行雑誌等でここを取り上げていただけるのでしたら上記まで連絡してくださいね~(*´∀`*)




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-07-27 21:19 | 文化施設 | Comments(14)

『木曽川水園夏景色・・・・・』

行く所が無いときには必ず出かけてしまう河川環境楽園の木曽川水園ですが今は渓流やヒマワリ畑やお寺に滝と彼方此方出かけているので寄る回数が少し減っていますがそれでも時間があれば出かけてしまいます・・・・・

夏休みに入ったので土日は子供連れの家族が多いですが平日は人が少ないので静かに散策できます
オミナエシやミソハギとヤブカンゾウも見られますが淡い色で咲いているのはナツズイセンでしょうか・・・・・
水辺にたくさん咲いていました~


1.
d0054276_2017279.jpg

茅葺き古民家の見える所からのんびり散策開始です~♪



2.
d0054276_20171714.jpg

3.
d0054276_20173350.jpg

4.
d0054276_2017488.jpg

5.
d0054276_2018280.jpg

流れの近くでヤブランも見られました
今年はヤブランをアップで写していないことに気がつきました・・・・・
小さな花ですが可愛いですね~(o ̄∇ ̄o)♪



6.
d0054276_20181555.jpg

淡紫色の桔梗は綺麗ですね・・・・・



7.
d0054276_20183197.jpg

岸辺にはミソハギとヤブカンゾウが咲いていました~♪



8.
d0054276_20184431.jpg

9.
d0054276_2019058.jpg

10.
d0054276_20191741.jpg

この花はナツズイセンなのでしょうか?
他で見るナツズイセンは茎の上に数輪の花をつけていましたがここは1輪ずつでした・・・・・



11.
d0054276_20193116.jpg

花の咲く水辺・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



12.
d0054276_20194482.jpg

13.
d0054276_20195695.jpg

真っ白なユリも咲いていました・・・・・
綺麗なユリでした~♪



14.
d0054276_20201077.jpg

10と同じ花ですが正面を向いていた花がありました~
ナツズイセンじゃないのかな~? (o ̄∇ ̄o)♪



15.
d0054276_20202454.jpg

オミナエシの黄色い花は遠くからでもよく目立ちます~



16.
d0054276_20203573.jpg

17.
d0054276_20204775.jpg

18.
d0054276_2021155.jpg

19.
d0054276_20211716.jpg

20.
d0054276_20213439.jpg

21.
d0054276_20214983.jpg

22.
d0054276_2022651.jpg

ヒメガマもこれから穂綿を見せ始めるのでしょうね・・・・・
今年もガマは3種類に出会えました~(*´∀`*)



23.
d0054276_20222189.jpg

24.
d0054276_20224335.jpg

シオカラトンボは一番よく見かけるトンボです~♪



25.
d0054276_20225721.jpg

26.
d0054276_20231185.jpg

水生植物用の散策木道・・・・・・
毎回ここを通ります~(*´∀`*)



27.
d0054276_20232396.jpg

散策木道の小さな橋の下に見られたスイレン・・・・・♪



28.
d0054276_20234219.jpg

29.
d0054276_20235644.jpg

半夏生が僅かに白残りしていました・・・・・



30.
d0054276_2024975.jpg

31.
d0054276_20242313.jpg

32.
d0054276_20243788.jpg

毎回同じような風景を撮ってしまいます・・・・・

今日は関市で写した『塚原遺跡』にしようか久し振りに写した『テニテオ』の写真にしようかと迷いましたがどれも風景なので花が写っているもので今載せられるものを選びました~

明日は『塚原遺跡』を載せたいと思っています~






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-07-26 20:54 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『岩門の滝まで歩いて・・・・・』

日本国内の都道府県の中で一番滝の多いのは岐阜県だと言われています
下呂市小坂町だけでも200の滝があると言われています

私の家から近い滝を調べていましたら今まで知らなかったところに滝のある事を知り出掛けてみました・・・・・
場所は関市洞戸ですが国道や県道から入る場所が見つけられず周囲をウロウロしてしまいました
近くにいた人に聞いて滝の近くの駐車スペースまで行く事ができました

土曜日でしたが他には誰もいませんでした
車を停めた場所近くに流れがありその上流に滝があることを感じました~


1.
d0054276_203135.jpg

車を停めた場所の近くで見られた小さな流れ・・・・・
周囲の空気はヒンヤリしていました~



2.
d0054276_20311952.jpg

3.
d0054276_20313635.jpg

散策路は完備されていました・・・・・
観光者や滝に打たれて修行する修験者のための道のようです~
この坂を登っていきますが『杖』が置いてありましたので使わせていただきました・・・・・



4.
d0054276_20315449.jpg

流れは細かったです・・・・・
石で作られた護岸が見られましたので手入れされた山道のように思えました



5.
d0054276_20323614.jpg

6.
d0054276_20325247.jpg

7.
d0054276_203356.jpg

流れの横にタマアジサイの蕾が見られました
ここはまだ花は見られませんでした・・・・・



8.
d0054276_20332280.jpg

最近は山間部に行くことが多くてこのタマアジサイのよく出逢いました
家の近くでは見られない植物なので何度も眺めていました~
花がたくさん咲く頃に見たいです・・・・・



9.
d0054276_20333841.jpg

木々に囲まれた小さな流れには小さな落ち込みがよく見られました



10.
d0054276_20335282.jpg

こうして大きく写すと滝のように見えますが高さは1mも無い大きさです~♪



11.
d0054276_2034878.jpg

お地蔵さまが見られました・・・・・

右の石段を登るとお堂がありましたが今回は行きませんでした
それにここの手前には山に登る道が続いていて上には大きな岩がくり抜かれたような『岩門』があって神秘的な光景のようですがこの季節はマムシやヒルも居そうで道も草が茂っていたし誰も通っていないようで蜘蛛の巣が張っていたので行くのをやめました・・・・・(´;ω;`)



12.
d0054276_20342811.jpg

お地蔵様を左に行くと鳥居があり『岩門の滝』が見られました・・・・・



13.
d0054276_2034444.jpg

太郎兵衛山の中腹にあるこの滝は高さがおよそ20mもあります~
その滝の右上側には上にも書いた高さ10m幅10m奥行き7mの岩の門があるのでこの滝は『岩門の滝』と呼ばれています・・・・・

鎌倉時代の後期に岩の門の下に不動明王が祀られ『岩門の滝』に打たれて修行に励むことが盛んに行われました・・・・・
江戸時代になると高賀山系に集まる修験者たちの数も少なくなりましたがその頃から『岩門の滝』周辺は修行より物見遊山の場所として知られるようになりました・・・・・
現在も毎月8日、18日、28日には参拝者の姿が見られ県外から訪れる人や滝に打たれて願をかける人もいるようです~(*´∀`*)



14.
d0054276_2035226.jpg

15.
d0054276_20351639.jpg

滝の傍にあるお堂には不動明王が祀られています
この滝の傍にあるお堂には不動明王が祀られています
この不動明王は、昔この近くの鉱山に行き来していた人たちによって祀られたといわれています

今は8月18日の縁日に黒谷地区の人々によって不動まつりが行われます~
滝の水には薬効があるといわれ商売繁盛のため持ち帰る人もいるようです・・・・・♪



16.
d0054276_20353055.jpg

不動明王像が滝の横にありました・・・・・



17.
d0054276_20354666.jpg

18.
d0054276_2036356.jpg

岩を伝って流れ落ちる滝の姿が涼しげでした・・・・・



19.
d0054276_20362050.jpg

20.
d0054276_20363539.jpg

21.
d0054276_20364826.jpg

献灯用の台の他に蝋燭台も置かれていました・・・・・



22.
d0054276_2037293.jpg

23.
d0054276_20371879.jpg

不動明王に奉納する幟も立っていました
今まで見た滝風景とは全く違う光景でした・・・・・・



24.
d0054276_2037332.jpg

25.
d0054276_20374729.jpg

葉黒草(ハグロソウ)が咲いていました・・・・
キツネノマゴ科ハグロソウ属の一年草で学名はPeristrophe japonicaと言います~
自然の中で見かけるのは初めてのような気がします・・・・・



26.
d0054276_2038357.jpg

帰りながら景色を見ていました~
途中で滝に行く人に出逢いました・・・・・
一人は散策だけのようでしたがもう一人は三脚を持っていたので写真を撮りに来たようです



27.
d0054276_20383172.jpg

今度はこの長い坂道を下って行きます・・・・・
下りの方が転びやすくて足の負担が大きいようなので気をつけて歩きました~
後ろでつまづきそうになった連れ合いが『きゃ~』なんて声を上げていました・・・・・

後ろで転ばれたら私も一緒に下まで転げ落ちてしまいますね~゚(゚´Д`゚)゚

最近は滝散策は連れ合いと一緒が多いようです
私より目がいいので気がつかなかったものを見つけてくれるのはいいです~(o ̄∇ ̄o)♪
今回のタマアジサイとハグロソウも私より先に見つけました・・・・・





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-07-25 21:32 | 風景 | Comments(20)

『いちのえだ田園フラワーフェスタ ひまわり2016』

毎年この季節に岐阜県羽島市の下中町市之枝で開催される『ひまわりフラワーフェスタ』に今年も行って来ました・・・・・・♪
去年はこの場所のヒマワリにはタイミングが合わなくて綺麗な花が見られませんでした

今年はちょうど綺麗に咲いていました・・・・・
見物客も多くて会場に設置されている駐車場には入れられず許可されている道路際に車を停めて散策しました

約2.9haの広大な田園に約16万本のヒマワリが植えられています~(o ̄∇ ̄o)♪
ここのヒマワリから私の今年のヒマワリ追いが始まります・・・・・


1.
d0054276_19331025.jpg

今年もヒマワリ畑に出掛ける季節になりました・・・・
ヒマワリの周囲にタデ達の花が多く見られました~



2.
d0054276_1933311.jpg

3.
d0054276_19334520.jpg

空がもっと青かったら良かったのですが・・・・・
でも自然相手には贅沢は言えませんね~(´;ω;`)



4.
d0054276_19335911.jpg

5.
d0054276_19341154.jpg

6.
d0054276_19342548.jpg

今年もたくさんのハイブリッド系ヒマワリが見られました~
背丈の低いヒマワリが多くなりましたね
子供が小さい頃には2m位のヒマワリ畑もよく見られましたが今は見られなくなりました・・・・・



7.
d0054276_19343820.jpg

8.
d0054276_19345257.jpg

ヒマワリ畑の中を一周する『花トラクター』の運行もいつものようにありました~
乗車賃は4歳以上が一人200円のようでした・・・・・



9.
d0054276_1935646.jpg

10.
d0054276_19351835.jpg

11.
d0054276_19353024.jpg

12.
d0054276_19354122.jpg

13.
d0054276_19355345.jpg

14.
d0054276_1936597.jpg

15.
d0054276_19361619.jpg

16.
d0054276_19362734.jpg

綺麗に後ろを向いていました~(o ̄∇ ̄o)♪



17.
d0054276_19363972.jpg

18.
d0054276_19365092.jpg

エノコログサのマイクで何か話しているようなヒマワリも見られました~(*´∀`*)



19.
d0054276_1937374.jpg

20.
d0054276_19371887.jpg

21.
d0054276_1937305.jpg

22.
d0054276_19374545.jpg

23.
d0054276_19375936.jpg

24.
d0054276_19381138.jpg

ミツバチ達には日曜日なんて無いですね・・・・・
いつも働いています~♪



25.
d0054276_19382337.jpg

26.
d0054276_19383948.jpg

27.
d0054276_19385234.jpg

28.
d0054276_1939594.jpg

29.
d0054276_19391730.jpg

30.
d0054276_19393035.jpg

31.
d0054276_19394451.jpg

32.
d0054276_19395615.jpg

33.
d0054276_1940915.jpg

今年は特にタデが多く見られました
オオイヌタデが一番多く見られましたがイヌタデやオオケタデも棲み分けるようにして咲いていました



34.
d0054276_19402322.jpg

何か話し合っているみたいに見えました~(o ̄∇ ̄o)♪



35.
d0054276_19403614.jpg

ヒマワリ タデ エノコログサ ヒマワリ タデ エノコログサ ヒマだな~


36.
d0054276_19404722.jpg

37.
d0054276_1941314.jpg

38.
d0054276_19411812.jpg

39.
d0054276_19413394.jpg

40.
d0054276_19415070.jpg

魚眼レンズで・・・・・
でもヒマワリはヒマワリですね~✿



41.
d0054276_1942252.jpg

42.
d0054276_19421527.jpg

43.
d0054276_19422745.jpg

コスモスがヒマワリやタデやエノコログサの間から彼方此方で顔を出していました
今年はコスモスの季節が早く来そうですね~



44.
d0054276_19424857.jpg

今日は家で昼食を食べてから出掛けました
昼過ぎの一番暑い時間帯でしたが来ている人が多くて最近ではネット検索して来られる人が多いのでしょうね

岐阜市内の商店街や店舗の中でも『ポケモン』を探している人を見かけるようになりました
自然公園やここのような花を楽しむ人の多い所では『ポケモン探し』はやめてほしいです・・・・・
ゲームの中のモンスターや妖精を探すよりこんな自然の中には本物の妖精や可愛いモンスターに出逢うかも知れませんよ・・・・・

明日からまた4日間仕事です
水分補給しながらお勤めしてまた金曜日からの休みを充実させたいです~
今度の土曜日は岐阜の長良川の花火大会です・・・・・
夜景は苦手なので昼に出かけて夜はのんびりしていたいです~♪






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-07-24 20:12 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『円原川・神崎川の流れと玉紫陽花』

昨日出掛けた薬草園から高富を通り山県市に向かい以前出掛けた神崎川上流の円原川に行きました・・・・・
以前出かけた時にはマタタビの花を写しましたのでマタタビの実があれば愛猫『ビアンカ』のプレゼントが出来るかも知れないと思いました・・・・・
それに去年出かけた時に偶然見つけたツリフネソウの群生も見たかったのですが私の勘違いで花の時期が違っていました(ツリフネソウは9月の終わりでした~><)



1.『円原川(えんばらがわ)の流れ・・・・・』
d0054276_2026523.jpg

円原川は神崎川(かんざきがわ)の支流です・・・・
神崎川は武儀川(むぎがわ)の支流で武儀川は長良川の支流になっています
岐阜県内には流れの綺麗な川が多くありますが岐阜市近郊の河川としては板取川と神崎川(円原川)が綺麗だと思います・・・・



2.
d0054276_20262011.jpg

3.
d0054276_20264038.jpg

このまま掬って飲めるほど綺麗ですが上流に民家もあるので飲まない方がいいでしょうね
でも道路際に流れ出ている湧水も多いのでそれは飲んでも構いません~
冷たくてとても美味しい水です・・・・・
飲料用に汲みに来る人もよく見かけます~(o ̄∇ ̄o)♪



4.
d0054276_2027121.jpg

5.
d0054276_20271751.jpg

まだマタタビの葉が白く見られました
風があったのでよく目立っていました~♪



6.
d0054276_20273232.jpg

川岸にカンゾウが咲いていました・・・・・



7.
d0054276_20274895.jpg

紫陽花も先日よりは少なくなりましたがまだ綺麗に咲いている花がありました~
こちらは気温が岐阜市より低いので紫陽花が長く見られます・・・・・(*´∀`*)



8.
d0054276_2028159.jpg

円原川の流れ・・・・・
今日はこのような写真を少し多めに載せることにしました~
暑い日が続いているのでこんな光景を見て少しでも『涼』を感じてもらえれば嬉しいです~♪



9.
d0054276_20281556.jpg

10.
d0054276_20283087.jpg

11.
d0054276_2028437.jpg

12.
d0054276_20285993.jpg

私の好きな吊橋の見える風景です
吊橋は老朽化しているので渡れませんが見ているだけでも素敵に思えます~



13.
d0054276_20291627.jpg

14.
d0054276_2029338.jpg

15.
d0054276_20294875.jpg

16.
d0054276_2030051.jpg

近くの葉にはセミの抜け殻がたくさん見られました
渓流の瀬音と蝉の声がここには響き渡っています・・・・・



17.
d0054276_20302048.jpg

18.
d0054276_20303719.jpg

19.
d0054276_20305355.jpg

20.
d0054276_2031113.jpg

21.
d0054276_20312951.jpg

ここから上流に行くと『伏流水』が見られます
伏流水は川などを流れる水が一旦地下に潜って再び現れることをいいます
円原の伏流水の魅力は岩間からこんこんと湧き出る水の美しさで白い岩と緑の苔が『ぎふ・水と緑の環境百選』にも選ばれた水の青さをいっそう引き立てています・・・・・
夏の朝には気象条件によって川霧に覆われた幻想的な景色を見ることができると言われています
釣りをしていた頃には何度も見ましたが今は早朝に出掛けることがないので見られません
いつか写真に撮って載せたいです・・・・・・



22.
d0054276_20314372.jpg

23.
d0054276_20315966.jpg

24.
d0054276_2032152.jpg

吊橋が老朽化して渡れなくなった先に今は使われていない小屋のようなものがあります
ここを通る時には必ず見る光景ですがいつもこの前に妖精が立っていたり左の大きな木の横に伸びている枝にも妖精達が座ってこちらに手を振っているように感じてしまいます・・・・・
一緒だった連れ合いも『あの枝に座れそうだね・・・』と指差して言っていました~
多分私達だったら『ボキッ』て折れるかも・・・・・゚(゚´Д`゚)゚



25.『神崎川の流れと彼方此方に見られた玉紫陽花達・・・・・』
d0054276_20323077.jpg

円原川から神崎川まで戻りました
この近くに『舟伏山(1040m)』があって登山者も訪れます
去年はこの近くで大型トラックと擦れ違うことができずこの登山道入口に入って回避しましたがその時にたくさんのツリフネソウを見たので寄ることにしました
連れ合いと探しましたが1輪も見られず悩んでしまいましたが去年のブログを見たら9月25日に載せていましたので時期を間違えていたみたいでした・・・・・



26.
d0054276_20324780.jpg

神崎川に架かる個人の橋の上から写した風景です
水面下にはアマゴやアユが泳いでいるのでしょうね~



27.
d0054276_2033232.jpg

紫陽花も見られました・・・・・



28.
d0054276_20331719.jpg

冷たく綺麗な川の流れです・・・・・
飲物やスイカなどをここで冷やしたらいいでしょうね~(o ̄∇ ̄o)♪



29.
d0054276_20333034.jpg

30.
d0054276_20334567.jpg

31.
d0054276_20335782.jpg

タマアジサイが見られました
気をつけて見ているとこの周辺はタマアジサイ花が群生していました



32.
d0054276_2034851.jpg

解けかけの蕾~~♪



33.
d0054276_20342067.jpg

丸くて可愛いタマアジサイの蕾達です・・・・・



34.
d0054276_20343673.jpg

35.
d0054276_20344880.jpg

36.
d0054276_2035253.jpg

37.
d0054276_20351851.jpg

38.
d0054276_20353091.jpg

39.
d0054276_20354483.jpg

もう少し経てば一面に花が見られるでしょうね~
こちにではタマアジサイは少ないのでまた見に行きたくなりました・・・・・



40.
d0054276_203602.jpg

41.
d0054276_20361613.jpg

渓流の近くにいると気持ちが癒されます
昔釣りをしていたからだけではなさそうです・・・・・・
人の体は殆どが水分なので体内の水分と自然を流れる水の流れが何処かで引き寄せ合うのでしょうね

今日は2日間続けて川の流れを見ていました
この場所の近くに『滝』がある事を知り出掛けました・・・・・
暑かったのと暫く人が行っていなかったようなので山道に蜘蛛の巣が多く時期的にマムシやヒルがいそうなので奥には行きませんでした
そして途中の『塚原遺跡公園』にも寄って暫く散策しました・・・・・
その写真は後日載せたいと思っています~

ビアンカにマタタビの枝を持って帰りましたが少し匂いを嗅いだだけで『プイッ』て無視されました・・・・・(´;ω;`)



(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-07-23 21:31 | 風景 | Comments(14)

『檜扇(ヒオウギ)と鬼百合(オニユリ)と鳩麦(ハトムギ)の花達・・・』

今日は久し振りに岐阜薬科大学の薬草園に行きました
最近はエーザイの薬草園に出掛けることが多くなっていました・・・・・
河川環境楽園(木曽川水園)や河跡湖公園やフラワーパーク江南に向かう場合だと同じ地域にあるエーザイの薬草園の方が近いので便利なんです~

今日は薬草園で少し散策してから渓流を見て少し涼しもうかと思いました~
薬草園は開いていましたが暑いので受付のボランティアの人達は居ませんでした
こんな日にはテント下にいたら熱中症になりそうですね・・・・・



1.『檜扇(ヒオウギ)』  アヤメ科アヤメ属の多年草
学名はIris domesticaと言います~
d0054276_20293582.jpg

以前はヒオウギ属(Belamcanda)に属するとされBelamcanda chinensisの学名を付けられていましたが2005年になって分子生物学によるDNA解析の結果からアヤメ属に編入されて現在の学名となりました・・・・・



2.
d0054276_20294752.jpg

3.
d0054276_20295850.jpg

4.
d0054276_20301044.jpg

5.
d0054276_20302110.jpg

6.
d0054276_20303356.jpg

花の後にできる実はさく果です・・・・・・
黒く艶のある丸い種子は『ぬばたま』や『うばたま』と呼んで和歌の枕詞(夜・夕・髪などに掛かる)とされます・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



7.
d0054276_20304688.jpg




8.『黄蜀葵(トロロアオイ)』  アオイ科トロロアオイ属の多年草
学名はAbelmoschus manihotと言います~
d0054276_20305825.jpg

オクラに似た花を咲かせるので『花オクラ』とも呼ばれます・・・・・
原産地は中国です
この植物から採取される粘液は『ネリ』と呼ばれ和紙作りの他に蒲鉾や蕎麦のつなぎや漢方薬の成形などに利用されます・・・・・♪



9.
d0054276_20311054.jpg




10.『鬼百合(オニユリ)』  ユリ科ユリ属の多年草
学名はLilium lancifoliumと言います~
d0054276_20312239.jpg

北海道から九州の平地から低山で普通に見られますが一説には中国からの渡来種と言われています・・・



11.
d0054276_20313552.jpg

12.
d0054276_20314583.jpg

13.
d0054276_20315796.jpg

種子は出来ませんが葉の付け根に暗紫色のムカゴを作りそれで繁殖します~(*´∀`*)



14.
d0054276_2032962.jpg

15.
d0054276_20322036.jpg

16.
d0054276_2032312.jpg




17.『浜栲(ハマゴウ)』  シソ科ハマゴウ属の常緑小低木
学名はVitex rotundifoliaと言います~
d0054276_20324258.jpg

別名に『ハマボウ』がありますがアオイ科にも『ハマボウ』と言う花があるので正式和名の『ハマゴウ』と呼びたいですね・・・・・



18.
d0054276_20325224.jpg

19.
d0054276_2033270.jpg

20.
d0054276_2033131.jpg




21.『鬼灯(ホオズキ)』  ナス科ホオズキ属の多年草
学名はPhysalis alkekengi var. franchetiiと言います~
d0054276_20332429.jpg

お盆の頃に見られるので花屋さんで売られている盆花の中に入れられる事も多いですね・・・・・
実の中のものを出して口り中に入れて音を出して遊ぶこともありましたが女性の方が上手に鳴らしました
私は全くできませんでした・・・・・゚(゚´Д`゚)゚



22.
d0054276_20333561.jpg

23.
d0054276_20334842.jpg




24.『木賊(トクサ)』  トクサ科トクサ属の多年草
学名はEquisetum hyemaleと言います~
d0054276_20335961.jpg

薬草園で連れ合いが『ツクシみたいなのがあるよ・・・』と笑っていました
スギナ(ツクシ)もトクサ科なのですが本家はこちらなんですね~(o ̄∇ ̄o)♪



25.
d0054276_2034995.jpg




26.『コロシントウリ』  ウリ科スイカ属の多年草
学名は Citrullus colocynthisと言います~
d0054276_20342133.jpg

熱帯アジア・アフリカ原産で葉はスイカに似ていますが小さく果実は径10cmほどの球形で黄熟します・・・
果肉は苦みが強く乾燥させて緩下薬とされます・・・・・

砂漠地帯では『悪魔の実』とも言われてい食べれば脱水症状で死に至るとも言われています



27.
d0054276_20343277.jpg

28.
d0054276_20344363.jpg




29.『鳩麦(ハトムギ)』  イネ科ジュズダマ属の栽培種
学名はCoix lacryma-jobi var. ma-yuenと言います~
d0054276_20345521.jpg

野生に見られるジュズダマとは同種で栽培化によって生じた変種になります・・・・・
ハトムギ粒のデンプンは糯性でジュズダマは粳性と言う性質の変化が生まれました・・・・・♪



30.
d0054276_2035633.jpg

日本でハトムギと言うと煎じた『はと麦茶』のイメージが強いですがタイなど東南アジアの国々ではハトムギの殻を割って中身を食べるなど気軽に食べられる『おやつ』としても親しまれています・・・・・

近年は日本でも美容に良い食材として知られ天然派の化粧品でよくハトムギの名前を見かけますし手軽な栄養補給としてや内側からの綺麗を目指すためにお米と混ぜて炊く・スープや煮込みに加える・お菓子の材料としてなど『食材』としての需要も高まっています・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



31.
d0054276_20351924.jpg

地味ですがちゃんと花が咲いています~♪



32.
d0054276_20353061.jpg

33.
d0054276_20354011.jpg




34.『鉈豆(ナタマメ)』  マメ科ナタマメ属の一年草
学名はCanavalia gladiataと言います~
d0054276_20355070.jpg

以前から漢方薬として知られていて近年では健康食品、健康茶としても一般的に知られるようになりました
夏に白またはピンク色の花を咲かせます・・・・・
実の鞘は非常に大きくて30~50cmほどにもなります~(o ̄∇ ̄o)♪



35.
d0054276_2036123.jpg

36.
d0054276_20361230.jpg

37.
d0054276_20362380.jpg

ピンク色の花も可愛いです~(*´∀`*)



38.
d0054276_20363443.jpg

39.
d0054276_20364420.jpg


薬草園も見られる花の数が真夏には減ります
この薬科大学の薬草園は8月は休園になります・・・・・

有名な盆踊り(郡上踊り)も始まっています
今日と明日は歌手の美川憲一さんが岐阜市内のイベントで柳ケ瀬商店街にいるようです
あの『柳ケ瀬ブルース』から今年で50年になるようです・・・・・

ことしも柳ケ瀬商店街の『お化け屋敷』がオープンするようです~
7月最後の土曜日と8月最初の土曜日には長良川の花火大会もあります
暑い夏ですが夏バテしないで楽しみたいものです~(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2016-07-22 21:37 | 身近な自然の話 | Comments(20)