マツバウンラン

毎年堤防に咲く「マツバウンラン」が先日までは咲いていませんでしたが今日見に行ったところ10本ほどが花を咲かせていました

いつも咲いている場所には1本も咲いていませんでしたが少し離れた堤防の階段寄りに咲いていたのを見つけました
d0054276_20441528.jpg


マツバウンランは茎も葉も細いのでなかなか遠くからでは見えませんが近くだと薄紫色の花が良く目に付きます

ゴマノハグサ科の植物で園芸種では金魚草などに少し似ています

私が始めてマツバウンランを見たのは借りていた駐車場の側溝近くでしたがそれから気にしていたところ関市の百年公園などにも見られました

長良川の堤防には今から7~8年前に咲き始めましたが最初は青柳公園の横だったと記憶していますが短期間に広い場所に繁殖したようです

去年の5月には同じ場所にヒサウチソウが大発生しましたが今年はまだ新芽も見当たりません

ゴマノハグサ科の植物は花の形に特徴があり慣れれば判別は楽だと思います
# by shizenkaze | 2009-04-16 20:45 | 身近な自然の話 | Comments(4)