『郡上市白鳥町から高山市荘川町へ・・・・・』

今日は岐阜県北部へ出掛けました・・・・・
目的は『水芭蕉(ミズバショウ)』を見るためでした~

岐阜市を出発したのが9時30分でしたが慌てずのんびりと高速道(東海北陸道)を使わず国道156号を走りました・・・・・
途中の郡上市白鳥町で休憩しましたがまだソメイヨシノが綺麗に咲いていました
昼食のために行った高山市荘川町辺りではまだ桜は蕾でした

食事を済ませてから牧戸にある『荘川であいの森』を少し散策してから目的地の『ひるがの高原』に向かいました・・・・・
今日は『荘川であいの森』までの写真を載せます~


1.『郡上市白鳥町の道の駅周辺で・・・・・』
d0054276_20482831.jpg

残雪の見られる山とソメイヨシノです・・・・・
山は多分『大日ヶ岳(だいにちがたけ)標高1,709 m』だと思います~



2.
d0054276_20484341.jpg

3.
d0054276_20485918.jpg

ここは長良川の上流になります~



4.
d0054276_20491683.jpg

5.
d0054276_20493213.jpg

道の駅『白鳥』に隣接している『白山文化博物館』です~
『白山文化の里』のシンボル施設として白山をイメージした外観となっていて内部は白山に関する文化を写真・映像で紹介するテーマ展示室や各地の史跡・施設を紹介するインフォメーションプラザ文化財を展示する文化財展示室や郡上一揆を展示する歴史民俗展示室やミュージアムショップが設けられています・・・・・



6.
d0054276_20494951.jpg




7.『駒ケ滝(こまがたき)』
d0054276_2050412.jpg

高さ約10mの小さな滝ですが国道156号に面しているので車中からも見ることができます・・・・・
大寒前後には滝全体が凍りつくこともあるようです~
いつもここを通る時には車を駐車スペースに停めて眺めています・・・・・



8.
d0054276_20501943.jpg

9.
d0054276_20503763.jpg

10.
d0054276_2051830.jpg

11.
d0054276_20512333.jpg

12.
d0054276_2051397.jpg

小さな虹が見えました~(o ̄∇ ̄o)♪



13.
d0054276_2052934.jpg




14.『高山市荘川町の庄川上流の風景~』
d0054276_20522512.jpg

蛭ヶ野(ひるがの)の分水嶺を越して北上しましたのでこの川は庄川になります
国道156号から高山市内に向かう158号に入りました~



15.
d0054276_20524337.jpg

16.
d0054276_20525967.jpg

17.
d0054276_20531378.jpg

この辺はソメイヨシノはまだ蕾でした・・・・・
気温は昼過ぎで13度でした~♪



18.
d0054276_20532936.jpg




19.『荘川の五連水車』
d0054276_20534359.jpg

荘川町中畑の『そばの里』にある五連水車は国道から見て左端の最大のものが直径13mで順に直径4.5mと5.0mと5.5mと3.6mの水車が並んでいて五連水車としては日本一の大きさになります~
水車小屋では最大の水車の動力を利用して直径2.2mの石臼を回して蕎麦を挽いています・・・・

荘川は標高800m以上で冷涼な気候は蕎麦栽培に適しています・・・・・
そこに着目し昔から受け継がれた蕎麦文化による新たな村づくりを目指して平成15年に拠点施設として『そばの里 荘川』をオープンさせて五連水車はそのシンボルとして作られました~♪



20.
d0054276_20535673.jpg

21.
d0054276_20541031.jpg

止まっているように見えますが実際には一番右の小さい物以外は動いていました~
特にこの大きな水車は迫力がありました・・・・・



22.
d0054276_20542580.jpg

23.
d0054276_20543952.jpg

24.
d0054276_20545415.jpg

まだ雪が残る山々・・・・・



25.『荘川であいの森』
d0054276_205589.jpg

私は白樺が好きなので毎年のようにこの場所を訪れます~
流れている川は庄川の支流『御手洗川(みたらいがわ)』です
釣りをしていた頃から来ていたのでこの風景との付き合いは30年以上になります~



26.
d0054276_20552087.jpg

ネコヤナギのような柳の花序が見られましたが名前を調べる時間がなくて名前を書かずに載せました
別に載せたものも同じ場所で撮りましたがこれも品種が違うようなので時間があるときに調べようと思っています~



27.
d0054276_20553158.jpg

28.
d0054276_20554627.jpg

私の大好きな白樺(シラカンバ)の木・・・・・・
短い時間でしたが今年も逢えました~(o ̄∇ ̄o)♪



29.
d0054276_20555832.jpg

もう1種の柳の花序・・・・・・♪
ネコヤナギよりずっと大きかったです~



30.『欧州唐檜(オウシュウトウヒ)の球果』 マツ科トウヒ属の針葉樹
学名はPicea abies
d0054276_20561417.jpg

たくさん落ちていました~
球果マニア(?)の連れ合いがまた持ち帰ると言って2個拾っていました~
これで靴箱の上にある球果ケースに何種類になったのだろうって暫く考えてしまいました~♪



31.
d0054276_20562890.jpg

32.
d0054276_20564425.jpg

御手洗川の流れ~



33.
d0054276_2057054.jpg

34.
d0054276_20571996.jpg

35.
d0054276_20573498.jpg

36.
d0054276_20575291.jpg

彼方此方に雪が残っていました~



37.
d0054276_2058714.jpg

こんな注意案内が彼方此方に貼ってありました・・・・・
最初から腰にクマ避け鈴を付けて歩いていましたが今日は平日で他に人がいないのでいつも行く白樺の多いところには行きませんでした・・・・・



38.『落葉松(カラマツ)の球果』 マツ科カラマツ属の落葉針葉樹
学名はLarix kaempferi
d0054276_20581878.jpg

日本の固有種で東北地方南部・関東地方・中部地方の亜高山帯から高山帯に分布しています~
日本の針葉樹の中でカラマツはただ一つの落葉性の高木です・・・・・



39.
d0054276_20583039.jpg

松毬は長さ2.0~3.5 cmで中に30-50個の種子があります・・・・・
松毬は最初は緑色ですが受粉後4~6ヶ月が経過して十分に熟すと茶色に変化し種子を散布します~
通常古くなった松毬は樹にそのままついていて鈍い灰黒色に変色しています・・・・・
下向きの雄花と紅紫色の雌花が同じ株の樹木で見られ花期は5月ころです~♪



40.
d0054276_20584192.jpg

古い松毬と小さな松毬の赤ちゃんとこれから伸びる葉がとても可愛く見えました~



41.
d0054276_20585357.jpg

42.
d0054276_205988.jpg

この流れを今まで何度見たことでしょう・・・・・
写真を撮るようになってからでも10回以上は見ているような気がしますが釣りをしていた時も入れたら100回近くになりそうです~



43.
d0054276_20592659.jpg

44.
d0054276_20594190.jpg

45.
d0054276_20595584.jpg

46.
d0054276_2101281.jpg

今年は白樺を見るのはこれが最後かな?
出来れば秋にもここに来たいです~



47.
d0054276_2102853.jpg

48.
d0054276_2104439.jpg

ひるがの高原の湿原で見た水芭蕉は明日載せます~
今年は全体に気温が低かったようで御母衣湖の横に湖底に沈むのをここに移植されて有名になっていた『荘川桜』もまだ蕾のようでした
行く予定でしたが道の駅の案内に『28日現在蕾』とあったので行きませんでした~





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
# by shizenkaze | 2017-04-28 22:03 | 風景 | Comments(24)