イシミカワ

図鑑では何年も前から名前と姿は知っていた植物ですが、今まで出逢う事も無く無理に探して見たいと言う意欲もありませんでした・・・・・

今日いつものように堤防から川原に向かう階段を下りてセンダングサの種でも撮ろうかと思ってしゃがもうとした時にふと目に入った綺麗な草の実・・・・・

『あっイシミカワだ~』と声が出るほど喜んで早速何枚も写真に撮りました~

『イシミカワ』 タデ科タデ属
d0054276_19321966.jpg

初めは黄緑色で次第にブルーから濃い青等色とりどりになります・・・・・♪
d0054276_19323460.jpg

艶があってとても綺麗でした・・・・・
d0054276_19324981.jpg

蔓には細かな棘があり、触るとザラザラしています
d0054276_1933481.jpg

d0054276_19331628.jpg

『色が付く前の実』
d0054276_1934834.jpg


『イシミカワは・・・・・
宝石のような美しい実がよく目立ちます
花は黄緑色で開いているのがやっと分かる程度・・・・・
藍色や紅紫色の萼に包まれた実が人目を引きますが
それまでは地味の見本のような植物です・・・・・
道端や草地や溝の縁などに生えるつる性1年草
和名は大阪府の石見川に因るとか
イシニカワ(石膠)に因るとも言いますが由来不明です
花序の下に皿状の苞葉があるのが特徴の植物です』

イシミカワの説明文を資料から貼り付けてみました~^^

見た事の無いものと今日出逢えた事に感謝~~♪


(M20)
# by shizenkaze | 2009-10-24 19:41 | 身近な自然の話 | Comments(18)