タグ:川原 ( 146 ) タグの人気記事

『砂苔(スナゴケ)を青空バックに写して見ました~』

私のブログには地面スレスレに咲いている小さな植物や堤防や河川敷で見られる花等を青空バックで載せている事が多くあります~

どんな植物でも青い空が背景にあるととても可愛くなったり綺麗に感じられる事もより多くなるような気がするので写してしまいます・・・・・
ドアップ写真や超ローアングルで今まで色々なものを撮りましたがまだ写していないものの中で『苔』もいつか撮ってみたいと思っていました~

今日の河川敷散歩で『スナゴケ』を見ていたらどうしても写したくなりました~
研究している人や図鑑などでは見られると思いますが単なる好奇心で写したので綺麗じゃないかも知れませんが私なりに写してみました・・・・・^^



『長良川河川敷の砂苔・・・』  シッポゴケ目ギボウシゴケ科シモフリゴケ属の蘚類です・・・
学名はRacomitrium canescensと言います~^^

1.
d0054276_20173552.jpg

北半球の温帯域から亜寒帯域に分布して日本でも全国的に分布が見られます・・・
苔玉や屋上緑化の材料として利用されることがあるようです~^^




2.
d0054276_20174881.jpg

日当たりの良い湿った土壌の上や岩上に群生して茎は3~5cmで直立または斜上しますが大半が埋もれたように見られるので地面スレスレに生えているように見えます・・・・・
茎には葉が密についています
葉は長卵形で葉縁は外側に反り返り蒴は長卵形で長さ1.5cm程の柄の先に見られます~♪^^




3.
d0054276_20175917.jpg

光と水だけで生育が出来るので土がなくても生育可能とされていることから緑化資材として注目を集めているようです・・・・・
栽培技術も確立されているので超軽量の緑化資材として断熱効果や気温緩和効果を期待されています~




4.
d0054276_20181033.jpg

アップで見ると半透明のように見えてとても綺麗です~
小さな植木鉢にでも植えて『観葉植物』にしたら楽しいですが見て楽しむのにはルーペ(虫眼鏡)が要りますね~~(笑)




5.
d0054276_20182127.jpg



6.
d0054276_20183265.jpg

地面スレスレに咲いているものを写すのは慣れましたが低い位置でカメラを構えていると腰が痛くなったり足が攣ったりする事も・・・・・><




7.
d0054276_20184394.jpg



8.
d0054276_20185420.jpg

小さな虫達はこんな風景を毎日見ているのですね・・・・・
何となく自分が蟻んこにでもなった気分になります~^^




9.
d0054276_2019580.jpg



10.
d0054276_20191588.jpg



11.
d0054276_20192581.jpg

スナゴケを青空背景で写してみました・・・・・^^
私が今までに撮った超ローアングルでもこれが一番低い位置から写しました~
葉の上に飛び出ているものが『蒴』のようです~
普通の植物で言えば『花』のようなものだと思います・・・・・♪^^




12.
d0054276_20193512.jpg

何とかスナゴケを青い空の背景で写す事が出来ました~
休み時間が終わる前には会社に戻りましたがズボンには『くっ付き』達が色々付いていました・・・
少し大変でしたが楽しい写真が撮れたと思います~^^




13.
d0054276_20194562.jpg



14.
d0054276_20195540.jpg

ピントが曖昧になってしまいましたが暈けた分少し幻想的になったのでは・・・・・なんて自己満足しています
また他の苔でも写して観たいですね~~♪^^




15.
d0054276_2020673.jpg



16.
d0054276_20202380.jpg


今日の散策では河川敷の隅っこに『スズメウリ』の実が沢山見られたり『ピラカンサ』も鈴生りのものが見られました・・・・・
あまり見られるものが無くなったかな・・・なんて思っていましたがまだまだ河川敷には見所が一杯です~






(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-11-14 20:44 | 身近な自然の話 | Comments(30)

『綺麗に色付いた石実皮(イシミカワ)の実・・・』

長良川の河川敷でイシミカワが見られた堤防階段下の藪ではここ暫くは見る事がありませんでした・・・・・
イシミカワの実は普通の植物の実とは構造が違いますが色が何色にも見られるので秋になると探してしまう植物です~

今日写して来たイシミカワは私の散策コースの忠節橋に向かう狭い道の堤防側で見られました
他にはツヤクサやイヌコウジュ、クズにカナムグラやアレチウリ等も見られる所で今までここではイシミカワは見ていませんでした~

以前見たエビヅル(ブドウ科)に実が生っているかどうか見に行って見つけました・・・・・^^




『イシミカワの可愛い実~』  タデ科イヌタデ属のつる性の一年草です
学名はPersicaria perfoliataと言います~^^
和名の漢字表記は他には石見川・石膠と書く場合もあります・・・・

1.
d0054276_2039152.jpg

毎年この季節になると河川敷を歩きながらこの実を探します・・・・・^^
一つの集まりの中に何色もの違う色の実が見られるのはノブドウのようですがこちらの実は艶があってとても可愛く思えます~^^




2.
d0054276_20392889.jpg

東アジアに広く分布して日本では北海道から沖縄まで全国で普通に見られる1年草です
林縁・河原・道端・休耕田等の日当たりが良く少し湿り気のある土地に生えています~~♪^^

茎の長さは1~2mで蔓状になります
葉は互生し葉柄は長く葉の裏側についています・・・・・
葉の形は三角形で淡い緑色で表面に白い粉を吹いたようになっています
丸い托葉が完全に茎を囲むので葉の真ん中を茎が突き抜けたようになっているのが特徴になっています
他の種にも類似した托葉が見られるものがありますがこの種では特に大きいためによく目立ちます
茎と葉柄には多数の下向きの鋭いとげ(逆刺)が生えているのが見られます・・・・・




3.
d0054276_20393999.jpg

7~10月に薄緑色の花が短穂状に咲いて花後につく5mmほどの果実は熟して鮮やかな藍色となります・・・丸い皿状の苞葉に盛られたように見えるのでとても面白いです~^^

この藍色に見えるのは実際には厚みを増して多肉化したガクです・・・・・
そのガクに包まれて中には艶のある黒色の固い痩果があります
本当の果実は痩果なのですが付属する器官も含めた散布体(実)全体としては鳥が食べ易い漿果のような形態をとっているようになっています~




4.
d0054276_20395143.jpg

生り始めの実はまだ色が緑色です・・・・・




5.
d0054276_2040164.jpg

茎に付いている逆棘が良く見えます~
普通に触ったくらいでは痛くないですが下から上へ茎をしごくと痛いでしょうね~><
そんな事をする人はいないでしょうが・・・・・(笑)




6.
d0054276_20401753.jpg

ブドウのような付き方ですがこの実は下から上に盛られているような房に見えます・・・・・




7.
d0054276_20403357.jpg

色々な実を今までに見ましたが色鮮やかで楽しいものはこのイシミカワが最高だと思います~
こんな色合いをイシミカワに与えた自然の神様ってセンスのあるアーティストなんでしょうね・・・・・♪^^




8.
d0054276_2040508.jpg

つい笑ってしまうような可愛らしさです・・・・・^^
ブルーベリーに見えたりウメボシに見えたりブドウのように見えたり~^^
一つで二度楽しいどころじゃないですね~♪^^




9.
d0054276_2041278.jpg

この黒く見えるものが本当のイシミカワの『実』なんです・・・・・
実をガクが包むようにする姿は同じタデ科ではツルソバにも見られますが色の変化はこちらが派手ですね~




10.
d0054276_2041156.jpg

イシミカワは達目洞でも見られました・・・・・
でも長良川の河川敷は私が一番見ている自然の観察場所なのでここに咲いているものや生えているもの達を最初に載せたいですね~~♪^^

今日は他にも色々なもの穂写して来ましたが珍しいものは少ないですね・・・・・







(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-10-11 21:09 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『木大角豆(キササゲ)と鮎釣人達』

今まで気が付かなかった木が長良川の河川敷(河原)に生えていました
毎日のように河川敷散歩をしていたのに不思議と私の目に入らなかったようです~><

先日の散歩中に河原に生えているタデ科の花を見ていて気が付いたのですがもう実が沢山生っていました
キササゲは前々から知っているので長く垂れ下がっている実を見ればキササゲだと分かります~

でも本当はもっと早く気が付けば良かったな~と思いました・・・・・
このキササゲやアメリカキササゲにはとても可愛い花が咲くのでいつも写したいと思っていました
椿洞の薬草園でも見られますが大きな木なので花がハッキリ見られなかったのでここのような低い木なら目の前で花が観察出来ただろうな・・・・と残念に感じています~><




『木大角豆(キササゲ)』 ノウゼンカズラ科キササゲ属の落葉高木です
学名はCatalpa ovataと言います~^^

1.
d0054276_20253251.jpg

長良川の河原に生えているキササゲですが高さは2mくらいだったでしょうか・・・・・
ここまで育つにはどれ程の日数が掛かるのか分かりませんが気が付かなかったのが不思議でした
実が生っている事は花も咲いていた証拠なので来年に見られたら絶対写そうと思いました~^^

台風やゲリラ豪雨などで増水すれば水の中になってしまう場所なのでよくここまで成長したって思うと強い植物なんだな~と感じました・・・・・^^




2.
d0054276_20254875.jpg

高さ5~10mに育つ樹木で中国原産とされていますが日本各地の河川敷などの湿った場所に野生化しと見られる帰化植物になります・・・・・

花期は6~7月で淡い黄色の内側に紫色の斑点のある可愛い花を咲かせます~
果実は細長いさく果でマメ科のササゲ(大角豆)に似るのでキササゲ(木大角豆)と名付けられました・・・・・




3.
d0054276_20255914.jpg

キササゲとその同属植物のトウキササゲ(学名C. bungei)の果実は日本薬局方に収録の生薬『キササゲ』になります・・・・・
これは梓実(しじつ)とも言って利尿作用がありますが伝統的な漢方薬ではほとんど使わずに民間薬的なものに使われる事が多い民間薬になります~♪^^




4.
d0054276_20261042.jpg

長い実が細い枝から下がっている姿は面白く感じます・・・・・・




5.
d0054276_20262253.jpg

忠節橋(ちゅうせつばし)をバックにして・・・・・

この橋を中学時代には3年間渡って学校に通いました~
子供達も同じようにして通学しましたが今年の春から中学校が合併新設されたので今の中学生達はこの橋を渡らなくなりました・・・・・

アーチ型の橋で岐阜市内でも珍しい形の橋なのでいつまでも残して欲しい橋です~^^




6.
d0054276_20263916.jpg

沢山の実が見られます~
利尿作用があるようですが採取して利用するような事は今の所無いので見ているだけにします^^
『ササゲ』と名付けられていてもマメ科じゃ無いので豆としては食べられないです~><




7.
d0054276_20265259.jpg

こんな形の葉っぱです~^^




8.
d0054276_2027350.jpg

珍しいものではありませんがここに生えていた事を私が気付かなかったのでキササゲにお詫びのつもりで今日は載せる事にしました

来年にこの花の写真が載せられたらいいな・・・・・って思っています~^^




9.
d0054276_20271652.jpg

今の季節には長良川では『落ち鮎』を狙う釣人が多く見られます・・・・・
今日のお昼にも平日なのに5人くらいの釣人が川に入っていました~

鮎は友釣りが有名で面白いのですが今の季節には『ガリ』と言う正式名を『コロガシ釣り』と言う釣り方で産卵で下ってくる落ち鮎を釣ります・・・・・
錘を付けた沢山の針が付いたもので流れの中を転がして川底にいる鮎を掛ける釣り方です・・・・・
この漁法は私にとっては好きではないので一度もやった事はありませんでした~♪^^




10.
d0054276_20272715.jpg

鮎は漁協も力を入れているのでアマゴやオイカワなどを釣るより遊漁証が高いです・・・・・><

長良川の鮎は美味しくてここの鮎を食べたら他の川のものは食べられない・・・・・なんて言われる時代もありましたが今はどうなんでしょうね~?






(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-10-04 21:04 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『何となく葛の実を・・・・・♪^^』

今日も昼休みに長良川の河川敷を歩いてみました・・・・・
河川敷に災害用の緊急道路を造っているようなので工事の重機が入っていました
多分道路を通すだけなので私の気に入っているセンダンやオニグルミの木達はそのまま残るとは思うのですが国のすることは判らないのでちょっぴり心配しています~><

川原の小道を歩いても花の姿は全く見られませんでした
緑色をしているものも先日載せた『苔』と少しばかりの草達だけでした・・・・・

藪を見るとクズの冬枯姿に実が沢山生っていました
クズの葉痕は可愛くて何度も写していましたが実はあまり可愛いとは思わなかったので写す事は少なかったのですが良く見れば面白く感じたので今日は小動物のようなクズの実を写してみました~



『クズの実(鞘)』 マメ科クズ属

1.『冬枯れ風景の中に・・・・・』
d0054276_20353694.jpg



2.『モノトーンの中に葛の鞘だけが輝いて見えました~^^』
d0054276_20355128.jpg



3.『向こうに堤防道路が見えます・・・・・』
d0054276_2036329.jpg



4.『セイタカアワダチソウも冬枯姿で見られました』
d0054276_20361571.jpg



5.『沢山集まって生るものですね~^^』
d0054276_20362784.jpg



6.『蔓延るってこの植物の為にある言葉のように思えます・・・♪』
d0054276_20363931.jpg



7.『何となく動物のように見えます~^^』
d0054276_20365239.jpg



8.『狸や狢の毛皮みたい・・・・・』
d0054276_2037367.jpg



9.『中の豆は食べないですね~^^』
d0054276_20371464.jpg



10.『また春になれば葉が広がります・・・・・♪^^』
d0054276_20372777.jpg


今の日本には外国から入って来た『帰化植物』や『外来種』が多くて自然体系が壊されているので今後がとても心配ですが『葛』は逆に日本から世界中に侵略した植物のようですね・・・・・
今話題の『特定外来種』と同じようにアメリカでは葛を無闇に増やせば罰せられるとの事です~

葛饅頭や葛切りを世界中に広げれば喜ばれるかな・・・・・♪^^


明日は休みなので何かを写しに出掛けたいですね~~
野山に花が少なくて只今ピンチです・・・・・><



(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-02-10 20:57 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『長良川のフライフィッシャー達』

岐阜県は全国的にも渓流釣りの解禁が早くて毎年2月1日に解禁になります(一部の河川は3月1日)
ですから2月初旬の長良川は中部地方の釣りファンは当然来ますが遠くは関東や関西からも釣り人が集まってきます・・・・・

特にゲーム性のある『フライフィッシング(毛鉤釣り)』や『ルーフィッシング(疑似餌釣り)』では人気のある釣り場で今の季節には『降海型のアマゴ(こちらではシラメと呼ばれる銀毛アマゴの事)』がこの季節にでも浮かんでいる小さな毛鉤に出るので人気があります・・・・・^^

私も1980年から2001年までこのような釣りのクラブで会長をしていたので懐かしくてこの季節には竿の代わりにカメラを持って川に向かってしまいます・・・・・♪^^

去年までは美濃市の美濃橋付近で写真を撮っていましたが今年は関市の『関観光ホテル』前の長良川でフライマン達を写して来ました・・・・・




『長良川と西洋毛鉤釣師達』

1.『長良川を見つめるフライマン達』
d0054276_20331099.jpg

今年は雪が少ないようなので遠くまで出かけている釣り人が多いようです・・・・・
美濃橋近くでは多くのフライマンを見ましたがこの場所には10人ほどしかいませんでした~




2.『今年の川に出会いを求めて集まって来ました・・・・・』
d0054276_20332515.jpg

毎年釣り人は自分の好きな場所や釣果の良かった川に最初は入りたがるものです・・・・
ここに来ている人達はきっとここで去年はアマゴやシラメを釣ったのでしょうね~^^

右下のフライマンはシラメ(降海型のアマゴ)を釣ったようで毛鉤を外しているようです~^^
この後すぐにリリース(釣った魚を川に戻す事)したようです・・・・・♪^^




3.『見つめるのは遠くに見られる小さな波紋だけ・・・♪』
d0054276_2033362.jpg

渓流魚が川の水面を流れてくる羽虫(ブユやヌカカ、カゲロウ)等を食べる時に水面に波紋が出ます
これを『ライズリング』や『ライズ』と言って魚が活発な餌捕りをしている事の確認になります・・・・
フライマン達は目を凝らしてこれを探すのです~~




4.『関観光ホテル前は有名なポイントです~^^』
d0054276_20334897.jpg

長良川中央漁協の管理している所では美濃橋下とこの場所が早期のフライフィッシングの好ポイントになっていますので各地からここに集まって来ます・・・・・




5.『対岸には残雪も見られました・・・』
d0054276_20344288.jpg

先日降った雪がまだ日陰では残って見られて気温も低いのですが釣り人にはそんな事は関係がありません
冷えて竿のガイド(ラインを通す部分)が凍っても川の水に浸けて溶かしてでも続けます・・・・・^^




6.『ライズリング(魚が起こす小さな波紋)を見つけると素早く・・・・・』
d0054276_2035636.jpg

近くでライズを見ると釣り人は素早くフライ(毛鉤)をキャスティング(飛ばして投げる事)します・・・・・^^




7.『アオサギも見物に来ていました~♪^^』
d0054276_20352085.jpg

近くをアオサギが2羽飛んで来て釣り人達の上を一周してから飛び去って行きました・・・・・^^




8.『前方のライズに向かって竿を振ります・・・・・』
d0054276_20353138.jpg

何年もしている人や経験が少ない人は人目で判ります~
でもそれぞれの釣り人は今を楽しんでいるので釣れなくてもガッカリする事は少ないようです・・・・・
私もしていた頃は『世界一殺生の少ない釣り人』だと自慢していました(釣れない人って言う意味ですよ^^)




9.『こんな風景を見ているとあの頃が懐かしいですね~♪^^』
d0054276_2035446.jpg

フライフィッシングやルアーフィッシング、バスフィッシングを30年近くやりました・・・・・
もう10年近く竿を振っていませんがこんな風景を見ているとあの頃自分も渓流魚達を追いかけて庄川や飛騨川、九頭竜川等を走り回っていた事がつい最近のように思い出されて懐かしくなって来ます・・・・・




10.『風も無く穏やかな一日でした・・・・・』
d0054276_20355637.jpg

今日は風も無くてとても良い天気でした・・・・・
風に弱い釣り方のフライフィッシングには絶好のコンディションだったでしょうね・・・・・♪^^


今日は長良川の釣り風景を写したくて出かけましたが途中で『遺跡公園』に立ち寄ってみたり、神社を写したり冬の風景等を見たり出来ました・・・・・

花や植物達はまだ少し咲きに生りますが色々なものは今のシーズ何も見られるので楽しんでみたいと思いました・・・・・^^
今日はカメラをいくつか使っての写真散策になりました・・・・・♪^^





(OLYMPUS E-620)
(OLYMPUS E-300)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2012-02-04 21:11 | 私の好きな場所 | Comments(16)

『とてもコケティッシュな苔達~♪^^』

今日の朝は道路も少し凍結していましたが普通通りに会社に付く事が出来ました~
でも気温が低くて帰りには再び融けかかっていた雪が凍っていました・・・・・><

昨日の昼休みに長良川の河川敷や道路脇で『苔(コケ)』の写真を色々探して撮りました・・・・・
雪が降る前で晴れていましたがコケ達が小さいのであまり綺麗には撮る事が出来ませんでした
名前も調べましたが『スナゴケ』などは判り易かったのですが判らないものを無理して判断する事は間違いの元になりますので今日は写真だけ載せる事にしました~~^^

地味なもの達ですが良く見れば綺麗だったり可愛かったりするのでたまにはコケの近くにしゃがみ込んで虫眼鏡(ルーペ)で見てやってください・・・・・^^

なかなかコケティッシュな生き物達に思います~^^




『苔達の世界へようこそ~^^』

1.『河原でよく見かける苔~^^』
d0054276_20244046.jpg

この苔は河川敷では良く見られます・・・・・
スナゴケの仲間だと思いますが今日は詳しくは書かない事にしました~^^

苔の名前を間違えてしまうとズッコケますからね・・・・・><




2.
d0054276_20245611.jpg



3.
d0054276_20251061.jpg



4.
d0054276_20252336.jpg





5.『堤防で見られた苔』
d0054276_20253764.jpg

上の苔に近い苔のようですが形が少し違いました・・・・・
苔自体の大きさもこの苔の方が小さいでした~^^




6.
d0054276_20264072.jpg





7.『ブロック塀にしがみ付いていた苔~♪』
d0054276_20265371.jpg

自販機横のブロック塀にもコケが生えていたのでルーペで観察してから写してみました・・・・・
緑色の苔の中に薄茶色のようなものが見られますが、これって苔の花なんでしょうかね~^^




8.
d0054276_2027581.jpg





9.『公園の地面で見られた柔らかい苔・・・・・♪^^』
d0054276_20271753.jpg

青柳公園のケヤキの下に固まって見られました・・・・・
触ってみると柔らかな感じがしました~^^
一つ一つの苔の形が何となく羽毛見たいな感じに見えました・・・・・♪^^




10.
d0054276_20273018.jpg



苔にもたくさんの種類があります・・・・・
専門に写真を撮られている人もいるようですが私は専門家じゃないので詳しく調べる資料がありませんので名前は判りませんが普段気にしないで通り過ぎたり知らないで踏んでいるような苔達も毎日他の植物達のように暮らしています・・・・・

よく考えれば他の植物達が枯れてしまっている寒い風が吹き晒す場所でも健気に緑色のまま生きている苔達なんですからもっと眺める機会を作り出したいですね・・・・・♪^^

こんな楽しい苔達がここにいるよ・・・・・ってニワトリのように教えたいですね~♪^^
『苔ココ~』なんて~~♪^^




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-02-02 20:49 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『冬枯れの散歩道(長良川河川敷)』

この季節では花の姿は見られません・・・・・
自然に出来たナチュラルドライフラワーのような植物達と葉の落ちた木々達が見られるくらいで目新しいものは何も無いのですがこの風景の中を歩いていると春を待ち遠しく思っている植物達の小さな息吹が感じられるような気になります・・・・・^^

周りに見られる草達はどれも同じような色合いになっていますが地面の下では新しい命が芽生え始めているのでしょうね・・・・・♪^^


1.『いつもの散歩道~^^』
d0054276_2071282.jpg

私が殆ど毎日のようにお昼の散歩をしている長良川の河川敷の中にある未舗装の道です・・・・・
いつ歩いても何かワクワクするような気がします~^^




2.『枯れた草達の向こうに見えるのは金華山です・・・♪』
d0054276_207281.jpg

緑色の草は殆ど見られません・・・・・
薄茶色に枯れた植物達の向こうに金華山が浮かんでいるように見えていました・・・・・♪^^




3.『金華山と岐阜城は毎日眺めています~』
d0054276_207405.jpg

金華山頂にある岐阜城は通勤途中でも休日に何処かに出かけた時にでも市内の多くの場所から見えるので毎日一度は見ているような気がします~^^
斎藤道三や織田信長は逆に城から城下を眺めていたのですね~・・・・・^^




4.『河川敷の木々は落葉樹ばかりです・・・・・^^』
d0054276_2075356.jpg

河川敷を歩いていると色々な木が見られますが今の季節には葉が落ちているものばかりで常緑樹は全く見られません・・・・・
大雨の時には水に浸かるような厳しい場所なのに枯れる事無く広く枝を張り元気に立っています・・・・・^^




5.『長良川の流れを見ていると何故かホッとします~♪^^』
d0054276_208484.jpg

散歩をしながら長良川の流れを見ています・・・・・
大雨で増水しても1~2日程で元のように戻る流れは私が子供の頃から同じように流れています
河口堰はありますが上流にダムの無い川なので流れも優しく感じています~^^




6.『散歩道から見た忠節橋と百々ケ峰や金華山』
d0054276_2081685.jpg

中学時代には3年間渡っていた忠節橋(ちゅうせつばし)が見えます・・・・・
橋の向こうには市内で一番高い山の『百々ケ峰(どどがみね)』が見られます~
川を挟んで対岸に金華山があります・・・・・
観光地としては城のある金華山の方が有名ですが散策は百々ケ峰の方が楽しいですね~^^




7.『クズやアレチウリ、カナムグラが鬱蒼としていた所も今は・・・・・』
d0054276_2082811.jpg

初夏から秋口にはここら一帯は緑色の蔓性植物で覆われています・・・・・
クズが一番多くてアレチウリやカナムグラが縺れ合い絡み合いながらテリトリーの攻防をしています・・・
でも今の季節には全くそんな気配も無くただ茶色くなった三種の残骸姿だけが風に揺れています~




8.『青空の下を歩いているだけで気分良くなります~^^』
d0054276_2083992.jpg

少し位風が冷たくてもこんな青空の下をのんびり自分一人だけで歩いていると気分が良いですね~
午前中の仕事疲れも『ほわ~ん』と消えてしまいます~~^^
そして午後からの仕事への活力も漲って来るように感じます・・・・・
自然からのパワーが身体の中に入ってくるのでしょうね~^^




9.『30分程の楽しい散歩タイムです・・・・・♪^^』
d0054276_2084976.jpg

時間にして約30分間程ですが天気の良い日の平日には殆ど出かけています・・・・・^^
以前私のブログを見て声を掛けてくれた人もいました・・・・・♪^^




10.『オマケ~♪ こんな所に椅子がありました・・・^^』
d0054276_209430.jpg

散歩途中に河原に椅子があるのを見ました・・・・・
折り畳みのパイプ椅子ですが他には何も無くてどうしてこんな所にあるのか不思議でした
不法投棄のようにも思えましたが椅子が一つだけできちんと置かれていたので捨てたものなのか使うために置いたのかも判りませんでした・・・・・

風の通り道なので風が時々この椅子に座って休むのかも知れないですね~
なんて思いながら私『自然風』も一応座ってみました~~(笑)




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-01-25 20:51 | 私の好きな場所 | Comments(18)

『葛(クズ)の葉痕も顔のよう~^^』

昨日ブログでオニグルミとセンダンの葉痕を載せましたら楽しく見て頂けましたので今日も河川敷で探してきました・・・・・^^

樹木の方がハッキリしているものが多いのですが皆さんが実際に見られるような植物で葉痕が無いものかと考えていましたが『クズ』なら何処でも見られますので今日は『クズ』の葉痕を写して来ました~

クズの場合は葉痕の形も色々に見えるので楽しいと思います・・・・・♪^^




『葛(クズ)の葉痕』 マメ科

1.『両手を挙げて笑っているみたい~』
d0054276_20163274.jpg



2.『ブタさん?^^』
d0054276_2016446.jpg



3.『陰気なチワワ?』
d0054276_20165516.jpg



4.『痩せた顔~』
d0054276_201764.jpg



5.『狸かな?』
d0054276_20171886.jpg



6.『何となく眠そう~』
d0054276_20173068.jpg



7.『埴輪・・・』
d0054276_20174165.jpg



8.『ナマケモノの顔みたい~』
d0054276_20175180.jpg



9.『可愛い生き物のようですね・・・・♪^^』
d0054276_201814.jpg



10.『こんな感じのものが一番多いかな~?^^』
d0054276_20181031.jpg



クズの場合には葉柄の太さが色々なので葉痕の顔っぽいものが色々に変化しているようですね~
狸顔だったりピエロのようだったり妖精のように思える顔も見られます・・・・・^^

クズだったら土手や河川敷や空地でも見られますので実際に見て頂けると楽しいです~
茎の股になっているような所に見られます・・・・・♪^^

これからも気が付けば写して紹介したいと思います~♪^^






(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-01-24 20:26 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『栴檀(センダン)と椋鳥(ムクドリ)』

最近は長良川の河川敷で写した写真を載せる事が少なくなっていましたので今日は河川敷で見られて私が気に入っている『センダン』を写しました・・・・・^^

私のブロ友さんがセンダンとヒヨドリの写真を載せていたので『鳥が来ているかも知れないな~」なんて期待して行ってみました~

このセンダンは河川敷の中では私の知っている木の中で一番大きなセンダンの木です・・・・・
離れた所からでも木にとまっているムクドリに気が付きました~^^



『栴檀と椋鳥』

1.『私の好きな栴檀の木』
d0054276_20143628.jpg

私は色々な所に見られる木の中で気に入ったものに勝手に『私指定保護樹』って付けて楽しんでいますがこのセンダンも『私指定保護樹』にしています~^^
私の散歩コースの中では一番大きくてたくさんの実が生るからです~^^

バックを流れている川が長良川です~♪^^




2.『黄色い実がたくさん生っています~』
d0054276_2014491.jpg

センダンは葉も涼しくて好きですし、花も薄紫色でとても涼しげな花なので好きですが今頃の葉が全部落ちた後のたわわに生っている実が一番好きですね~^^




3.『ムクドリが2羽来ていました・・・♪^^』
d0054276_2015124.jpg

ムクドリがセンダンの木の枝に2羽とまっている姿が見られました~♪




4.『鳴かないで木にいました』
d0054276_20151340.jpg

普段なら煩いくらい鳴いているムクドリですが今日は全く鳴きませんでした・・・・・
性格的に大人しくて物静かなムクドリだったようです~(笑)




5.『センダンの実を食べようとしているのかな?』
d0054276_20152422.jpg

センダンの実を銜えている所は見られませんでしたが生っているのを前から知っているようなので時々来ては食べているのでしょうね~♪^^




6.『これだけあると迷っているみたいですね~^^』
d0054276_2015356.jpg

『こっちが美味しいかな?』『あっちの方がいいかな~?』なんて迷いながら食べる実を選んでいるように見えました・・・・・^^
実際は鳥って食べる実(餌)を選り好みするのでしょうか・・・・・?




7.『実の中の種子で数珠やアクセサリーが出来ますね~』
d0054276_2015466.jpg

センダンの実の中には大きめの種子が1個入っていますがこの種を乾燥させて穴を開けて紐で繋げば数珠になります・・・・・
センダンやボダイジュの種で昔から作られたようですね~^^

私は以前はこの実でブレスレットやネックレス、ペンダント等を造っていました・・・・・
リースの飾りにも使っていた事がありました~~♪^^




8.『忠節橋方向から見たセンダン』
d0054276_20155864.jpg

この木の横を何度も行ったり来たりしながら写していました・・・・・
お昼時には太陽はこの写真の左上にありますので色々な方向から撮るのも楽しいかなと思いながら歩いていました・・・・・♪^^




9.『河原に下りて下から岐阜城を入れて写してみました~♪^^』
d0054276_2016105.jpg

この写真だけ河原に降りて下から撮ってみました・・・・・^^
気に入った木を岐阜のシンボル『金華山』と山頂に見える『岐阜城』と一緒に写したかったので、そのような場所はここだけでしたからブラブラと歩きながらここまで来ました~♪^^


今日の長良川の河川敷(河原と堤防)には他にはムクドリの他にはハシボソガラスとドバト、セグロセキレイとトビしか見られませんでした・・・・
ホオジロやモズ、ツグミやカワラヒワが写したいな~現れないかな~と念じながら歩いていましたが駄目でした~~><




(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-01-18 20:50 | 身近な自然の話 | Comments(12)

『春を待つ緑色の薔薇達・・・・・』

今日はクリスマスイブ・・・・・
あと少しで今年も終わってしまいますね~
今日は仕事でしたがお昼の休みに河川敷や近くを歩きながら植物達の『根生葉』にカメラを向けていました
『根生葉』は植物達の地面に一番近い葉の事ですが植物によってはこの葉が薔薇の花の姿に似ている事から『ロゼット』と呼ぶ事が多いです~

今日のタイトルを見て『緑色の薔薇の写真が載っている?』なんて思われたら御免なさいですが植物達が寒い冬を耐えながら春を待っている『ロゼット』や他の姿で待っているものの写真を見て近くで見られれば春に花の咲く前から楽しみにしていてください~^^




『春を待つ野の植物達・・・・・』

1.『スイバ』 タデ科
d0054276_20174375.jpg



2.『ギシギシ』 タデ科
d0054276_20175954.jpg



3.『カントウタンポポ』 キク科
d0054276_20181220.jpg



4.『コウゾリナ』 キク科
d0054276_20182650.jpg



5.『ヨモギ』 キク科
d0054276_20183945.jpg



6.『ヘラオオバコ』 オオバコ科
d0054276_20185552.jpg



7.『タネツケバナ』 アブラナ科
d0054276_20193242.jpg



8.『カキドオシ』 シソ科
d0054276_20194682.jpg



9.『オオイヌノフグリ』 ゴマノハグサ科
d0054276_20195860.jpg



10.『アメリカフウロ』 フウロウソウ科
d0054276_20201174.jpg





『メリークリスマス^^』

今日はクリスマスイブなので長良川の河川敷から皆様に『世界一質素』なクリスマスツリーをプレゼントします・・・・・♪^^
d0054276_20215078.jpg

ツリーはセイタカアワダチソウでオーナメントにカワラハハコとノイバラを使いました・・・・・
小さくて地味でキラキラ輝くイルミネーションもありませんが私の好きな長良川の自然達です~~♪^^



明日は家の大掃除かな・・・・・><
でも少しだけでも時間があれば梅林公園にでも出掛けて鳥がいないか探してみます~^^




(OptioRZ10)
(DSC1400Z)
by shizenkaze | 2011-12-24 20:28 | 身近な自然の話 | Comments(22)