タグ:樹木 ( 904 ) タグの人気記事

『姫卯木(ヒメウツギ)と梅花卯木(バイカウツギ)と浦島草(ウラシマソウ)の花達・・・・・』

今の季節は毎日どこかで新しく花が開いているように思えますね・・・・・
公園や街中でもウツギの花をよく見かけます
今日は木曽川水園で3日に写した花を載せました・・・・・

ウツギの仲間も今は他の種類も咲いていますね~
今度は箱根卯木や錦卯木や更紗卯木も撮りに行きたいと思っています・・・・・・
ウツギは漢字表記では『空木』と書く場合もありますが私のブログでは『卯木』と統一して書く事にします・・・・・



1.『姫卯木(ヒメウツギ)』 アジサイ科ウツギ属の落葉低木
学名はDeutzia gracilis 
d0054276_2013940.jpg

以前はウツギもアジサイと同じようにユキノシタ科になっていましたが現在は独立したアジサイ科になりました・・・・・
ウツギと名の付く花には色々な科のものがありますね~



2.
d0054276_20132370.jpg

ウツギやヒメウツギは可愛い花です~(*´∀`*)



3.
d0054276_20133488.jpg

4.
d0054276_2013474.jpg

枝にビッシリと花をつけていました~♪



5.
d0054276_20135994.jpg




6.『梅花卯木(バイカウツギ)』 アジサイ科バイカウツギ属の落葉低木 
学名はPhiladelphus satsumi
d0054276_20141153.jpg

原産地は南東ヨーロッパ~小アジア(トルコ近辺)と言われています・・・・・
日本では本州以南の山野に自生していますが観賞用に栽培されているものが多いです~



7.
d0054276_20142296.jpg

8.
d0054276_2014334.jpg

9.
d0054276_20144497.jpg




10.『三葉卯木(ミツバウツギ)』 ミツバウツギ科ミツバウツギ属の落葉低木
学名はStaphylea bumalda DC.
d0054276_20145670.jpg

これはアジサイ科ではなくミツバウツギ科です・・・・・
葉が3小葉で枝がウツギのように中空のために名付けられたものです~
ミツバウツギ科の樹木にはゴンズイがあります・・・・・♪



11.
d0054276_2015615.jpg

12.
d0054276_20151836.jpg

13.
d0054276_20152877.jpg




14.『要黐(カナメモチ)』 バラ科カナメモチ属の常緑小高木
学名はPhotinia glabra
d0054276_20154233.jpg

15.
d0054276_20155359.jpg




16.『八重山吹(ヤエヤマブキ)』 バラ科 ヤマブキ属の落葉小低木
学名はKerria japonica f. plena
d0054276_2016659.jpg

17.
d0054276_20161975.jpg

18.
d0054276_20163090.jpg

19.
d0054276_20164395.jpg




20.『沢蓋木(サワフタギ)』 ハイノキ科ハイノキ属の落葉低木
学名はSymplocos sawafutagi
d0054276_20165523.jpg

別名にルリミノウシコロシと言う物騒な名前がありますがこれは材湿が固いことからの名で実が瑠璃色をしているからのようです・・・・・



21.
d0054276_2017878.jpg

アップで見るとこんなに可愛い花が咲いています~(o ̄∇ ̄o)♪



22.
d0054276_20172018.jpg

23.
d0054276_20173191.jpg





24.『黐躑躅(モチツツジ)』 ツツジ科ツツジ属の落葉低木
学名はRhododendron macrosepalum
d0054276_20174375.jpg

花の萼や柄や葉や若枝そして子房と果実に腺毛が多く見られそこから分泌される液滴によって粘着性を持つのでトリモチのようなので名が付けられています~
この植物に多くの昆虫が粘着して捕らえられているのが見られます・・・・・
この腺毛は花にやって来て花粉媒介をする以外の昆虫を捕殺して花を昆虫に食害されるのをふせぐために発達したものらしいですが勿論食虫植物ではありません~



25.
d0054276_20175556.jpg

26.
d0054276_2018812.jpg

27.
d0054276_20182418.jpg

28.
d0054276_2018407.jpg

29.
d0054276_20185318.jpg




30.『浦島草(ウラシマソウ)』 サトイモ科テンナンショウ属の宿根性多年草
学名はArisaema urashima
d0054276_20192775.jpg

木曽川水園では固まって咲いています~
この植物の学名にある『urashima』を見ると嬉しくなりますね・・・・・♪



31.
d0054276_20193884.jpg

32.
d0054276_20195156.jpg

33.
d0054276_2020337.jpg

34.
d0054276_20201677.jpg

35.
d0054276_20202966.jpg

36.
d0054276_20204351.jpg

37.
d0054276_20205690.jpg

テンナンショウ属の植物は性転換をすることが知られていますがウラシマソウも同じです~
比較的小型の個体は雄性となって仏炎苞内部の肉穂花序に雄花群を形成します・・・・・
大型の個体は雌性となって肉穂花序には雌花群を形成する性質が現れます~(*´∀`*)
これは種子由来の若い個体や子球由来の小型の個体は雄性となって大型の個体は雌性に転換していくこととなります~
植物の不思議の一つですね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



38.
d0054276_2021898.jpg

39.
d0054276_20212081.jpg




40.『樒(シキミ)』 マツブサ科シキミ属の常緑高木
学名はIllicium anisatum
d0054276_20213123.jpg

山中に自生している事もありますが墓地などによく植えられています・・・・・
葉は長楕円形で光沢があり四月頃から淡黄白色の花を開き秋には星形の果実ができます~
全体に香気がありますが果実は有毒です・・・・・
仏前に供えられたり葉と樹皮からは線香や抹香が作られます



41.
d0054276_2021423.jpg

42.
d0054276_20215386.jpg


先日から黄砂が多く見られるようになりました
これから明日は雨のようなので車に付着している黄砂を洗い流してくれれば良いのですが中途半端だと汚くて見苦しくなりますね・・・・・゚(゚´Д`゚)゚

黄砂で遠くも景色も霞んで見えました
明日は山の中を散策して見た山藤の花や風景を載せたいと思っています~





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-05-09 21:17 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『金神社のナンジャモンジャの花と橿森神社のカラタネオガタマの花』

今日の中日新聞に金神社(こがねじんじゃ)のナンジャモンジャの花が紹介されていました・・・・・
撮られたのは4日のようでしたが私は1日前の3日に撮りました~
まだ満開ではありませんでしたが毎年撮っている花なので今年も写しました

それから毎日確認していた橿森神社(かしもりじんじゃ)の横にあるカラタネオガタマにも花が多くなりましたので一緒に写しましたので載せました~
季節の花は見ないと落ち着かないですね・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



1.『金神社(こがねじんじゃ)のナンジャモンジャ』
d0054276_2029181.jpg

正式和名は『一つ葉田子(ヒトツバタゴ)』です~
モクセイ科ヒトツバタゴ属の落葉高木
学名はChionanthus retusus



2.
d0054276_2017463.jpg

日本では本種は希少種のひとつで絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)に指定されています~
天然での分布域も狭く長野県、愛知県の木曽川流域、岐阜県東濃地方および長崎県対馬市に自生していてそれぞれの県のレッドデータブックに掲載されています・・・・・
長野県および愛知県では絶滅危惧I類、岐阜県および長崎県では絶滅危惧II類に指定されている樹木です・・・・・



3.
d0054276_20181448.jpg

最近は至る所に植樹されて見かける事は多くなりました~
エーザイの薬草園やフラワーパーク江南や道の駅(富有柿の里)などにもたくさん見られます



4.
d0054276_20182928.jpg

5.
d0054276_20184241.jpg

6.
d0054276_20185662.jpg

7.
d0054276_2019790.jpg

8.
d0054276_20191859.jpg

9.
d0054276_20192953.jpg

10.
d0054276_2019414.jpg

11.
d0054276_20195576.jpg

4枚の花弁が綺麗です~



12.
d0054276_20201066.jpg

13.
d0054276_20202218.jpg

14.
d0054276_20203414.jpg

15.
d0054276_20204827.jpg

16.
d0054276_2021028.jpg

17.
d0054276_20211439.jpg

18.
d0054276_20212716.jpg

19.
d0054276_20213915.jpg

20.
d0054276_20215211.jpg

21.
d0054276_2022759.jpg

22.
d0054276_20222116.jpg

23.
d0054276_20223682.jpg

ここのナンジャモンジャの木は3本ありますが一番大きなものは10mあります~
いろいろな所の木を見ますが樹形はこの木が一番美しく思います~



24.『橿森神社(かしもりじんじゃ)のカラタネオガタマ』
d0054276_20224832.jpg

唐種招霊(カラタネオガタマ)はモクレン科オガタマノキ属の常緑樹
学名はMichelia figo



25.
d0054276_2023234.jpg

中国原産で江戸時代に渡来したようです・・・・・
暖かい地方の神社の境内や庭木などに多く植えられています~
樹高は3~5mで花期は5~6月頃になります
花にはバナナのような強い甘い香りがあるので近くを通るだけで花が咲いているのが判ります~



26.
d0054276_20231378.jpg

英名はバナナツリーと呼ばれるようです~(o ̄∇ ̄o)♪



27.
d0054276_20232434.jpg

28.
d0054276_20233662.jpg

蕾もまだ多いです~



29.
d0054276_20234892.jpg

30.
d0054276_2024099.jpg

こうして見ているとタイサンボクやホウノキのようなモクレン科の花って判りますね~♪



31.
d0054276_20241248.jpg

32.
d0054276_20242477.jpg

33.
d0054276_20243537.jpg

34.
d0054276_20244681.jpg

色が濃い目のクリーム色で花弁に濃い色の縁りが見られます・・・・・
特別綺麗な色ではないですね・・・・・



35.
d0054276_20245787.jpg


連休も明日1日になりました
今日は家にある使わないものなどの整理とリサイクル施設へ服やダンボール等を持って行ったりして1日が終わりました・・・・・・

明日は近い所で少しだけ自然と接しようかと思っています~





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-05-06 20:52 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『曼陀羅寺公園の江南藤まつり』

愛知県江南市にある曼陀羅寺公園の藤を4月30日に見に行きました
21日にも出掛けましたがその時には殆ど咲いていませんでした
ここの藤まつりは4月20日(木)〜5月7日(日)までやっているのでGWに出掛けられるのも良いと思います~
連休中ならイベントもいろいろされていると思います~(*´∀`*)

東海地方では有名な藤の名所になっていますので今日もテレビの番組で取り上げられていました~
最近は韓国や中国やフィリピン等からの見物客も多くなっています~(o ̄∇ ̄o)♪


1.
d0054276_2015261.jpg

藤の下にはツツジが咲いています・・・・・
場所によっては牡丹や石楠花と芍薬も見られます~♪



2.
d0054276_2015406.jpg

3.
d0054276_20155726.jpg

4.
d0054276_20161114.jpg

5.
d0054276_20162468.jpg

一番藤らしい色の花ですね・・・・・
藤の花のイメージはいつもこの色の花になっていました~(*´∀`*)



6.
d0054276_20163630.jpg

7.
d0054276_20164829.jpg

8.
d0054276_2017177.jpg

9.
d0054276_20171323.jpg

10.
d0054276_2017261.jpg

11.
d0054276_20173920.jpg

12.
d0054276_20175151.jpg

白藤もたくさん見られましたが写したものは少なかったです・・・・・



13.
d0054276_2018423.jpg

14.
d0054276_20181793.jpg

3色の藤の花が続いて見られました・・・・・



15.
d0054276_20182923.jpg

16.
d0054276_20184320.jpg

17.
d0054276_20185747.jpg

18.
d0054276_20191031.jpg

19.
d0054276_20192489.jpg

20.
d0054276_20194164.jpg

21.
d0054276_20195574.jpg

22.
d0054276_2020780.jpg

八重の藤は少なくて有名なのがこの『八重黒龍(やえこくりゅう)』です・・・・・



23.
d0054276_20202190.jpg

24.
d0054276_20203337.jpg

25.
d0054276_20204756.jpg

26.
d0054276_202117.jpg

27.
d0054276_20211392.jpg

28.
d0054276_2021248.jpg

29.
d0054276_2021415.jpg

『九尺藤』と言われる藤です~
1尺が約30cmなので270cmの藤になるのですが実際にはそんなに長くはなりそうにないですね~



30.
d0054276_20215834.jpg

31.
d0054276_20221276.jpg

32.
d0054276_20222714.jpg

ピンク色の藤の花は『花藤(はなふじ)』と呼ばれる品種のようです~
可愛いですね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



33.
d0054276_20224427.jpg

34.
d0054276_20225511.jpg

35.
d0054276_2023627.jpg

マメ科の蝶形花が好きな私にとって藤を見に行くと楽しくなって写す枚数も多くなってしまいます~



36.
d0054276_20232082.jpg

こんな色の八重藤もありました~♪



37.
d0054276_20233126.jpg

38.
d0054276_20234776.jpg

39.
d0054276_2024417.jpg

40.
d0054276_20242027.jpg

ここ何年も江南市の曼陀羅寺公園で藤を見ています
何年も前に津島の天王川公園の藤を見に行きましたが来年あたりは津島の藤を見に行きたくなりました~

今日は以前に大垣市の牡丹園を見た帰りに寄ってみたカモミール畑と赤坂スポーツ公園の藤が早すぎてダメでしたので今日再び出掛けました・・・・・
カモミール(カミツレ)はイベントが終わっていて連休後に刈り取られるようでした・・・・
赤坂スポーツ公園の藤は藤棚の藤を植え替え作業中で見られる藤が少なかったです~

途中で寄ってみた浅中運動公園ではツツジが綺麗に咲いていました
また順番に載せたいと思いますが飛び入りのものがあれば少し遅れます・・・・・
季節の移り変わるスピードが早すぎて追い付くのが精一杯です~(´;ω;`)





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-05-04 20:45 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『桜以外の樹花を8種ほど・・・・・♪』

今日は愛知県江南市の木曽三川公園『フラワーパーク江南』に咲いていた桜以外の木に咲く花を載せることにしました・・・・・
身近なものから少し変わったものも今の季節には綺麗に花を咲かせていました~

今まで出逢いがなくて見たかったジャノメエノカとキクモモの花に出逢うことができて嬉しかったです・・・・・


1.『亜米利加花蘇芳(アメリカハナズオウ)』 マメ科ハナズオウ属の落葉中低木
学名はCercis canadensis
d0054276_20311288.jpg

よく見かけるハナズオウより色が綺麗に感じました・・・・・・♪



2.
d0054276_20312198.jpg

3.
d0054276_20313325.jpg

4.
d0054276_20314331.jpg

5.
d0054276_20315517.jpg

6.
d0054276_203267.jpg




7.『蛇の目エリカ(ジャノメエリカ)』 ツツジ科エリカ属の常緑低木
学名はErica canaliculata
d0054276_20321839.jpg

今まで出逢うことがなくて逢いたかった花でした~
とても綺麗で可愛く思えました・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



8.
d0054276_2032295.jpg

9.
d0054276_20324122.jpg

10.
d0054276_20325124.jpg

11.
d0054276_2033265.jpg




12.『菊桃(キクモモ)』 バラ科サクラ属の落葉小高木
学名はAmygdalus persica cv. Stellata
d0054276_20331224.jpg

この花も探していたのに逢えなかった花でした
でも実際には以前に出逢っていたようでした・・・・・
花の名札に花桃と書かれていたので気にしていなかったようでした~
今回初めて写真が撮れました・・・・・(*´∀`*)



13.
d0054276_20332497.jpg

14.
d0054276_20333477.jpg

15.
d0054276_20334675.jpg

16.
d0054276_20335651.jpg




17.『石楠花擬(シャクナゲモドキ)』 マンサク科シャクナゲモドキ属の常緑低木 
学名はRhodoreia henryi
d0054276_2034951.jpg

花も綺麗に咲いていました~
この花も今までに蕾からだと数回写していました・・・・・・
シツコイですがこのシツコイ性格こそが探究心だと思っています~(o ̄∇ ̄o)♪



18.
d0054276_20342025.jpg

19.
d0054276_20343290.jpg

20.
d0054276_20344535.jpg

21.
d0054276_20345773.jpg




22.『梨(ナシ)』 バラ科ナシ属の落葉高木
学名はPyrus pyrifolia(Burm.f.) Nakai var. culta (Makino) Nakai 
d0054276_2035993.jpg

去年は本巣市にある梨畑で写しましたがここで見られましたので今年はここの梨の花を撮りました
桜や梅や桃とは少し感じが違う花で優しく可愛い花ですね~



23.
d0054276_20351958.jpg

24.
d0054276_20353168.jpg

25.
d0054276_20354274.jpg

26.
d0054276_20355457.jpg

27.
d0054276_2036585.jpg




28.『木通柿(アケビガキ) ポーポー』 バンレイシ科ポポー属の落葉高木
学名はAsimina triloba
d0054276_20361657.jpg

普通は英名の『Pawpaw(ポーポー)』と呼びますが和名では実がアケビに似ているのでアケビガキなんて呼ぶようですね~
でもそんな名前で呼ぶ人を見た事がないですね~(o ̄∇ ̄o)♪



29.
d0054276_2036263.jpg

咲き始めは緑色の花のようですがすぐに赤茶色(?)になるようです~
この花もいつもは薬科大学の薬草園で撮ることが多かったです・・・・・♪



30.
d0054276_20363664.jpg

31.
d0054276_20364786.jpg

32.
d0054276_20365759.jpg

33.
d0054276_203779.jpg




34.『格阿利納茉莉花(カロライナジャスミン)』 マチン科ゲルセミウム属の常緑蔓性低木
学名はGelsemium sempervirens
d0054276_20372275.jpg

ジャスミンと言う名前が付けられていますがモクセイ科ソケイ属(Jasminum)のジャスミンとは全く違うものでこのカロライナジャスミンは有毒です
ジャスミンティーとして使うことは出来ません・・・・・・・



35.
d0054276_20373290.jpg

36.
d0054276_20374347.jpg




37.『 夏茱萸(ナツグミ)』 グミ科グミ属の落葉小高木
学名はElaeagnus multiflora
d0054276_20375373.jpg

以前には木曽川水園で写した蕾を載せていますがナツグミも花を開いていました~
海岸の岩などに付いているカメノテやフジツボのような生き物の姿に似ているような気がします・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



38.
d0054276_2038419.jpg

39.
d0054276_20381632.jpg

40.
d0054276_20382891.jpg


今日の昼に堤防を少し歩きましたがコバンソウの数の多さにビックリしました・・・・・
ヒメコバンソウも見られました
ヒサウチソウが白い花を咲かせ始めていて彼方此方で見られるようになりました
シロバナマンテマやイヌコモチナデシコも僅かでしたが花が見られました~
これから堤防や河川敷も面白くなりそうです~(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-04-25 21:36 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『粕森公園の花樹たち・・・・・』

ここ暫くは岐阜市から離れた所ばかり紹介していましたので私の家から自転車なら5~6分程で行ける『粕森公園』で咲いていた木の花を撮りました~
粕森公園は(かしもりこうえん)と読みますが岐阜市内に住んでいる人でも『柏森公園』だと思っている人が多いです・・・・・・

橿森神社(かしもりじんじゃ)の近くで見られる枝垂桜と遊歩道に見られる采振り木(ザイフリボク)や八重桜と公園近くに咲いていた利休梅を撮りました~



1.『采振り木(ザイフリボク)』 バラ科ザイフリボク属の落葉小高木
学名はAmelanchier asiatica
d0054276_20242275.jpg

別名を『四手桜(シデザクラ)』とも言います~



2.
d0054276_2024333.jpg

3.
d0054276_2024443.jpg

4.
d0054276_20245584.jpg

5.
d0054276_2025798.jpg

6.
d0054276_20251854.jpg

4~5月頃に白い花を咲かせます・・・・・
花弁の長さは1.5㎝で雄蕊は20本あります~

白く細長い花弁をつけた花が采配に似ていることから『采振り木』の名が付けられました・・・
果実は熟すると黒紫色になって食べることができます~♪
北アメリカ産の近縁種『アメリカザイフリボク (A. canadensis) 』はジューンベリーと呼ばれて赤く熟した果実を果物として食用にされています~



7.
d0054276_20253215.jpg

粕森公園の南遊歩道にはこのザイフリボクが4本見られます~(o ̄∇ ̄o)♪



8.
d0054276_20254450.jpg

9.
d0054276_20255560.jpg

10.
d0054276_2026713.jpg

11.
d0054276_20261913.jpg

12.
d0054276_20263248.jpg

花のアップです~
こうして見ると桜や梅とは感じが違いますね・・・・・・



13.
d0054276_2026435.jpg




14.『八重桜(ヤエザクラ)』 バラ科サクラ属の落葉園芸種
d0054276_20265910.jpg

ザイフリボクのすぐ横に植えられた桜ですが植えられてからそれ程年数が経っていません
詳しい品種も判らない桜ですが蕾の時が赤くて花が開くと色が次第に白っぽくなる綺麗な桜です



15.
d0054276_20271390.jpg

こうして見ると先日載せた『揖斐二度ザクラ』のような色違いに見えますがこの花は次第に同じ色になります~
近くで見られるので毎年眺めていますがとても可愛い桜です~



16.
d0054276_20272896.jpg

ザイフリボクと並んで・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



17.
d0054276_20274113.jpg

18.
d0054276_2028183.jpg

19.
d0054276_20283199.jpg

20.
d0054276_20284349.jpg

結構長く咲いています~(*´∀`*)



21.
d0054276_20285517.jpg




22.『利休梅(リキュウバイ)』 バラ科ヤナギザクラ属の落葉低木
学名はExochorda racemosa
d0054276_2029718.jpg

別名はウメザキウツギ、バイカシモツケ、ウツギモドキ、マルバヤナギザクラなどと言われています
前出のザイフリボクの色合いに良く似ている花です~♪



23.
d0054276_20291941.jpg

24.
d0054276_20293230.jpg

ザイフリボクと比べると花弁が丸っこいので可愛く見えますね~
たくさんの花をつけていました・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



25.
d0054276_20294339.jpg

26.
d0054276_20295650.jpg

27.
d0054276_2030788.jpg

28.
d0054276_20301845.jpg




29.『八重紅枝垂桜(ヤエベニシダレザクラ)』 バラ科サクラ属の落葉高木
学名は Cerasus spachiana Lavalee ex H.Otto f. spachiana‘Yaebenishidare’
d0054276_2030304.jpg

橿森神社から粕森公園の間に5本の八重紅枝垂桜があります・・・・・
新しく植えられてものもあります~



30.
d0054276_20304566.jpg

この螺旋階段の所にある2本が一番大きい八重紅枝垂桜です・・・・・
この桜の下で以前は猫のオガタマやカエデやクヌギ達とよく遊びました
今は猫たちの姿は殆ど見られず寂しいです・・・・・



31.
d0054276_2031113.jpg

32.
d0054276_20311546.jpg

33.
d0054276_20313017.jpg

螺旋階段の途中から撮ってみました・・・・・



34.
d0054276_20314344.jpg

35.
d0054276_20315488.jpg

36.
d0054276_2032678.jpg

37.
d0054276_20321839.jpg

この花は八重でも花弁の数が少ない品種のようです・・・・・
花弁が重なって見えるので一重じゃない事は良く判ります~(*´∀`*)



38.
d0054276_20322958.jpg

39.
d0054276_20324144.jpg

40.
d0054276_20325399.jpg

花を見る角度で全く別の桜のように見えますが同じ桜を写しています~
花弁の多い八重と比べると本当に優しく思えます・・・・・♪



41.
d0054276_2033415.jpg

42.
d0054276_20331681.jpg

今日の昼に長良川の河川敷と堤防を歩きました
カメラを持って行かなかったのが悔やまれました・・・・・(´;ω;`)

オニグルミの雌雄の花達がちょうど綺麗に咲いていました・・・・・
センダンの木には新芽が多く伸びてとても可愛かったです
堤防にはコバンソウが大袈裟でなく無数に生えていてその間にヒサウチソウが今年も生え始めていました・・・・・
ベニシジミと種類は確認できませんでしたが黒いアゲハとモンキチョウやモンシロチョウも見られました~
河川敷の叢からは彼方此方でウグイスが囀っていました~






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-04-20 21:20 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『鳥羽川サイクリングロードの桜並木』

山県市の四国山香りの森近くを流れている鳥羽川(とばがわ)の桜並木を見に行きました~

鳥羽川は岐阜県山県市と岐阜市を流れる木曽川水系の河川で長良川支流の伊自良川に合流する一級河川です・・・・・
現地では戸羽川とも呼ばれ岐阜市岩崎の旧国道256号(高富街道)にあるバス停の名前も戸羽川になっていますが現在使われている公式河川名は『鳥羽川』に統一されています・・・・・・♪

山県市の平井坂峠付近が水源で途中の新川、石田川、末洞川、天神川などを合流して岐阜市正木付近で伊自良川と合流し長良川に注ぎます~


1.『鳥羽川の桜並木風景~』
d0054276_20184896.jpg

全長6.3kmのサイクリングロードに約550本のソメイヨシノの桜並木が続いています・・・・・
桜を眺めながら散歩やサイクリングにピッタリです~(*´∀`*)

近くにある四国山香りの森公園内の香り会館で自転車の貸し出しをしています
見頃は3月下旬~4月中旬なので先日の風雨で今は散っているでしょうね・・・・・
(写真は4月16日に撮ったものです)



2.
d0054276_2019333.jpg

長閑な田園風景の中を流れている川です・・・・・



3.
d0054276_20191785.jpg

ちょうどサイクリングをしている人がいました~



4.
d0054276_20193291.jpg

5.
d0054276_20194432.jpg

6.
d0054276_20195749.jpg

7.
d0054276_20201022.jpg

川の流れの中にはオランダガラシ(クレソン)やセリが見られました・・・・・(*´∀`*)



8.
d0054276_20202322.jpg

9.
d0054276_20203896.jpg

鳥羽川の周囲には田畑も多く民家も並んでいます・・・・・
今の季節には庭などに植えられている源平咲きの花桃が彼方此方で見られました~
菜の花もよく咲いていました~♪



10.
d0054276_20205468.jpg

11.
d0054276_2021106.jpg

12.
d0054276_20212486.jpg

13.
d0054276_20213875.jpg

14.
d0054276_20215142.jpg




15.『垣通し(カキドオシ)』 シソ科カキドオシ属の多年草
学名はGlechoma hederacea subsp. grandis
d0054276_2022383.jpg

隣接地から垣根を通して進入してくることがカキドオシの名前の由来になっています~
全草を乾燥したものは和種を連銭草と言い中国種は金銭草という名で生薬にされて子供の癇の虫に効くとされています・・・・・
この事から『カントリソウ』の別名があります~
全草を使ってジュースにして飲むことができます・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



16.
d0054276_20221647.jpg

17.
d0054276_20222631.jpg




18.『桜と蒼鷺と菜花~♪』
d0054276_20224147.jpg

菜の花の所に1羽のアオサギがいました~
判りますか?



19.
d0054276_20225621.jpg

ボーっと佇んでいるアオサギ~
いつも長い時間こんな姿で立っていますね・・・・・



20.
d0054276_20231155.jpg




21.『紫雲英(ゲンゲ)・蓮華草(レンゲソウ)』 マメ科ゲンゲ属の多年草
学名はAstragalus sinicus
d0054276_20232453.jpg

蜂蜜の源となる蜜源植物として利用されています~
岐阜県の県花になっています~(o ̄∇ ̄o)♪



22.
d0054276_20233710.jpg




23.『桜並木の遠景~』
d0054276_20234991.jpg

24.
d0054276_2024249.jpg

25.
d0054276_20241564.jpg

26.
d0054276_20242950.jpg

27.
d0054276_20244533.jpg

サイクリング道路は桜並木の両側にあります~
行き帰りで違う道を走れますね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



28.
d0054276_2025115.jpg

ここは一般道です・・・・・
この道路の隅っこに車を停めて写真を撮っていました~



29.
d0054276_20251543.jpg

30.
d0054276_20252884.jpg

ソメイヨシノの咲く風景はこれで終わりです~
これから載せる桜もまだ多くなりそうです・・・・・

今日の仕事帰りに見た青柳公園のソメイヨシノも本願寺や小さな公園や幼稚園にあるソメイヨシノは葉桜になっていました・・・・・
でも近くで見られたハナミズキに花が咲き始めていました~(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-04-19 20:58 | 風景 | Comments(16)

『霞間ヶ渓の桜(国の名勝天然記念物・日本さくら100選)』

『揖斐二度ザクラ』を見てから目的地の揖斐郡池田町藤代にある『霞間ヶ渓(かまがたに)』に向かいました・・・・・
新聞の桜情報では『散り始め』で平日なので花見客はそれ程多くないと思って出掛けました・・・
思っていたように駐車場も空いていて人もそれ程多く来ていませんでした~
のんびり散策をしましたが去年出掛けた時がとても良かったので少し残念な気がしました・・・・・


1.
d0054276_2019276.jpg

霞間ヶ渓は池田町藤代字鎌ヶ谷を中心とした桜の名所です・・・・・
昭和3年に山桜や彼岸桜を交えた多くの天然変種を含む桜の植生地として『天然記念物』に指定されこれら多数の桜の織りなす景観が優れていることから『名勝』の指定を国から受けました・・・・・



2.
d0054276_2019207.jpg

3.
d0054276_20193324.jpg

4.
d0054276_2019465.jpg

数多くの種類の桜が一斉に咲き誇るので桜の花が咲き乱れる様子を遠くから見るとまるで霞がかかったように見えることから『霞間ヶ渓(かまがたに)』と呼ばれるようになったと言われています~



5.
d0054276_202013.jpg

6.
d0054276_20201822.jpg

7.
d0054276_20203683.jpg

8.
d0054276_20205251.jpg

9.
d0054276_2021930.jpg

10.
d0054276_20212879.jpg

11.
d0054276_20214466.jpg

12.
d0054276_2022085.jpg

13.
d0054276_20221849.jpg

14.
d0054276_2023183.jpg

15.
d0054276_20231851.jpg

16.
d0054276_20233387.jpg

17.
d0054276_20234833.jpg

このシダレザクラも人気があって多くのカメラマン達にカメラを向けられています~



18.『射干(シャガ)』 アヤメ科アヤメ属の多年草
学名はIris japonica
d0054276_202429.jpg

19.
d0054276_20241482.jpg




20.『桜草(サクラソウ)』 サクラソウ科サクラソウ属の多年草
学名はPrimula sieboldii
d0054276_20242856.jpg

21.
d0054276_20244161.jpg

22.
d0054276_20245764.jpg

23.
d0054276_20251323.jpg

24.
d0054276_20253067.jpg

25.
d0054276_20254688.jpg

26.
d0054276_202636.jpg

27.
d0054276_20261811.jpg




28.『紫華鬘(ムラサキケマン)』 ケシ科キケマン属の越年草
学名はCorydalis incisa
d0054276_20263088.jpg

29.
d0054276_20264368.jpg




30.『プリムラ・ジュリアン』 サクラソウ科サクラソウ属の多年草
学名はPrimula ×polyantha 
d0054276_2027095.jpg




31.『立坪菫(タチツボスミレ)』 スミレ科スミレ属の多年草
学名はViola grypoceras
d0054276_20271344.jpg




32.『諸喝采(ショカッサイ)』 アブラナ科オオアラセイトウ属の越年草
学名はOrychophragmus violaceus
d0054276_20272924.jpg

33.
d0054276_20284035.jpg

34.
d0054276_2028547.jpg

35.
d0054276_2029254.jpg

36.
d0054276_20293720.jpg

37.
d0054276_20295247.jpg




38.『揖斐茶(いびちゃ)の茶畑』
d0054276_2030845.jpg

岐阜県でお茶を栽培されている所は色々ありますが大きな茶産地としては白川茶(岐阜県加茂郡白川町、東白川村を中心に栽培される)と揖斐茶(岐阜県揖斐郡で生産されている)です・・・・・
この辺りには揖斐茶(美濃いび茶)の栽培が盛んです~(o ̄∇ ̄o)♪



39.
d0054276_20302446.jpg

2006年にサッカー日本代表の監督にイビチャ・オシムが就任した時に揖斐川町の宗宮孝生町長の発案でオシム氏に揖斐茶を差し入れるなどで各メディアで報じられました~(o ̄∇ ̄o)♪



40.
d0054276_20303933.jpg

これから垂井方面に向かいました・・・・・
そしてとても素敵な風景にも出逢えました~(o ̄∇ ̄o)♪

今日は朝から雨でしたが昼過ぎにやんだので午後から江南市のフラワーパーク江南と各務原市の浄化センターヘ行って来ました・・・・・
フラワーパーク江南の桜達は散ったものが多かったのですが枝垂桜は綺麗でした
八重の里桜はこれから満開へと向かうようでした・・・・・




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-04-15 21:06 | 身近な自然の話 | Comments(10)

『ここだけにしか見られない不思議な桜・揖斐二度ザクラ』

今日は天気がよく暖かな一日でした・・・・・
前々から出掛ける予定だった池田山の霞間ヶ渓の桜を見る為に朝から出かけましたが途中で見たい桜を思い出して寄ることにしました・・・・・
『揖斐二度ザクラ』はとても不思議な桜です
今まで梅や花桃や木瓜には源平咲きがあるのにどうして桜には無いのかと思っていましたが桜にも唯一存在することを忘れていました・・・・・
その桜が『揖斐二度ザクラ』です~
名前を見ると春とそれ以外に咲く桜のように思われますが違います(この花については写真に添えて紹介します~)



1.『揖斐二度ザクラ』 バラ科サクラ属の落葉小高木
学名はPrunus jamasakura 'Heteroflora'
d0054276_20214754.jpg

同じ枝に八重の白花と淡紅花が見られます・・・・・
これを源平咲きとすれば桜にも源平咲きがあることになります~♪



2.
d0054276_2022080.jpg

3.
d0054276_20221226.jpg

揖斐二度桜は岐阜県揖斐郡大野町大字南方字二度桜184番地2にあります・・・・・
国の天然記念物指定の桜で『飛騨・美濃さくら三十三選』に選定されています~



4.
d0054276_20222565.jpg

花は白花の一重も見られます・・・・・♪



5.
d0054276_20223662.jpg

6.
d0054276_20225013.jpg

今日は平日でしたがボランティアの案内人が数名いました~(o ̄∇ ̄o)♪



7.
d0054276_2023280.jpg

8.
d0054276_20231428.jpg

9.
d0054276_20232689.jpg

10.
d0054276_20233817.jpg

11.
d0054276_20235599.jpg

ヤマザクラの変種と考えられています・・・・・
一つの木に枝毎に『一重』と『八重』と異なったの2種類の花が咲き八重の花には一度しぼんでから再び開花する二段咲きの花もありますので名前を二度桜と名づけられています~
二度咲きするのは1本の桜の木で数個の花のみで見られればラッキーと言えます・・・・・

幹周はは160cm、高さは8m、樹齢は140年と推測されています・・・
この桜は2つの小さな古墳の上にあります
1923年3月7日に希少価値が認められ国の天然記念物に指定されました・・・・・
2009年2月には3本が追加指定されたので計4本が国の天然記念物に指定されています~

天保時代の1838年に初代の揖斐二度桜は暴風雨の為倒木しましたがこの初代の根元からの若芽を育てて2代目として復活させる事ができました・・・・・
この2代目も昭和初期の1934年に枯れてしまいましたが2代目の根元から出てきた4本の若芽を育て上げたのが現在の揖斐二度桜(3代目)になります~

過去には接木や種子からの育成などで揖斐二度桜の繁殖を試みたようですが異常な程特殊な変種の桜のため成功しなかったと言われています・・・・・



12.
d0054276_2024934.jpg

13.
d0054276_20242166.jpg

上の説明にある2度咲きの八重ですが中央に次に咲く蕾が見られます
ガイドの人に聞きましたが今年はまだ確認されていないようです
八重の花が萎む頃に見られるといいます~(*´∀`*)



14.
d0054276_20243365.jpg

15.
d0054276_20244440.jpg

16.
d0054276_20245858.jpg

この桜が珍しい品種だと調べられた植物学者の三好学博士は中将姫誓願桜も調査された人です~



17.
d0054276_20251552.jpg

すぐ隣が公園になっています~
駐車場もありますので散策にいいです・・・・・♪



18.
d0054276_20253134.jpg

19.
d0054276_20254953.jpg

20.
d0054276_2026110.jpg

満開になって少し経っているようで葉が多くなったと案内の人が言っていました・・・・・
先週末くらいが良かったようです~



21.
d0054276_20261487.jpg

22.
d0054276_20262534.jpg

23.
d0054276_20263892.jpg

24.
d0054276_20264975.jpg

25.
d0054276_2027218.jpg

26.
d0054276_20271563.jpg

27.
d0054276_20272692.jpg

28.
d0054276_20273880.jpg

29.
d0054276_20275257.jpg

綺麗で可愛いですがそれ以上に不思議な気持ちになれます~
この桜の存在は知っていましたがバラを見に行くときに横を通るだけでしたので花は今日初めて見ました・・・・・・
来年からは毎年最高の時期に見たいと思います~



30.
d0054276_2028436.jpg

31.
d0054276_2028168.jpg

32.
d0054276_20282840.jpg

33.
d0054276_20284091.jpg

34.
d0054276_20285369.jpg

この少し赤っぽい葉の色を見るとヤマザクラ系の桜だと判りますね~
葉も綺麗でした・・・・・



35.
d0054276_2029441.jpg

36.
d0054276_20291714.jpg

37.
d0054276_20293085.jpg

早咲きの一重咲きと八重咲きと遅咲きの八重咲きと二段咲きの4種類の花をつけますが花の色も白・薄いピンク・濃いピンクとバラエティに富んでいます・・・・・
名の由来の『二段咲き』の花は遅咲きの八重の花の中にまれに現れますが二段咲きの花は年によって出現率が異なり全く現れない年もあるようです~~

蕾の時期に花の区別をすることはできません・・・・・゚(゚´Д`゚)゚
すべての木すべての枝に現れるのではなく現れる枝はおおよそ決まっているようです~
二段咲きの花は八重の花弁の中心に新たな花芯をのぞかせていて他の花が散りはじめる頃になると二段咲きの花も外側の花弁が散り始め内側の花芯が開花して小さい花を新しくつけます・・・・・
遅咲きの八重咲きの花と二段咲きの花は4月中旬頃から半月ほど咲いているようです



38.
d0054276_20294240.jpg

39.
d0054276_20295882.jpg

40.
d0054276_20301782.jpg

如何でしたでしょうか?
この『揖斐二度ザクラ』はここだけで見られる桜です・・・・・
『中将姫誓願桜』は今年初めて縁のある奈良の当麻寺に贈られて見られる所が2箇所になりましたが『揖斐二度ザクラ』は今後もここから他に移したり送られることは無いようです・・・・・

この桜を楽しんでから池田の日本桜100選になっている『霞間ヶ渓の桜』を見に行きました
それから垂井町の朝倉スポーツ公園を散策してから相川水辺公園の桜と鯉幟の風景を見てきました~
とても有意義な一日でした~(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-04-14 21:14 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『桜花五種が美しく・・・・・』

今日は私の好きな桜の多い施設で写した今咲いている桜を載せました~
他にも多くの品種が見られますが今回(8日)に咲いていたのはこの桜達でした・・・・・

彼岸桜(ヒガンザクラ)と八重紅大島(ヤエベニオオシマ)と天城吉野(アマギヨシノ)と臥龍桜(ガリュウザクラ)と山桜(ヤマザクラ)の5種です~


1.彼岸桜(ヒガンザクラ)  バラ科サクラ属の落葉高木
学名はCerasus spachiana Lavalee ex H.Otto var. spachiana forma ascendens (Makino) H.Ohba, 1992)
d0054276_20345284.jpg

桜の野生種十種の内の一種です~



2.
d0054276_2035866.jpg

3.
d0054276_2035204.jpg




4.八重紅大島(ヤエベニオオシマ)  バラ科サクラ属の落葉高木
学名はCerasus serrulata var. speciosa 'Yaebeni-ohshima'
d0054276_203557100.jpg

5.
d0054276_20361382.jpg

6.
d0054276_20362514.jpg

7.
d0054276_20363941.jpg

8.
d0054276_20371798.jpg

9.
d0054276_20373160.jpg

10.
d0054276_2037463.jpg

11.
d0054276_2038083.jpg

12.
d0054276_20381310.jpg




13.天城吉野(アマギヨシノ)  バラ科サクラ属の落葉高木
学名はPrunus × yedoensis ‘Amagi-yoshino’
d0054276_20385817.jpg

オオシマザクラを母にエドヒガンを父とした交雑種



14.
d0054276_2039198.jpg

15.
d0054276_20393171.jpg

16.
d0054276_20394359.jpg




17.臥龍桜(ガリュウザクラ)  バラ科サクラ属の落葉高木
学名はCerasus spachiana Lavalee ex H.Otto var. 'Garyu-Sakura'
d0054276_20404663.jpg

実際の臥龍桜は岐阜県高山市一之宮町にある桜で龍が地に臥しているように見えることからその名が付いたもので品種は『江戸彼岸桜』です・・・・・
ここに植えられているものはその子孫たちです~(*´∀`*)



18.
d0054276_2041271.jpg

19.
d0054276_20411678.jpg

20.
d0054276_20413152.jpg

21.
d0054276_20414473.jpg

22.
d0054276_2041559.jpg

23.
d0054276_2042975.jpg




24.八重紅大島(ヤエベニオオシマ)  バラ科サクラ属の落葉高木
学名はCerasus serrulata var. speciosa 'Yaebeni-ohshima'  
d0054276_20432422.jpg

別の場所に咲いていた八重紅大島ですが撮ってから気がつきました
重複していますが載せました~♪



25.
d0054276_2044690.jpg

26.
d0054276_2044197.jpg

27.
d0054276_20443057.jpg

28.
d0054276_2044452.jpg




29.山桜(ヤマザクラ)  バラ科サクラ属の落葉高木
学名はCerasus jamasakura (Siebold ex Koidz.) H.Ohba, 1992
d0054276_20453278.jpg

ここにはヤマザクラが多く見られます~♪
桜の野生種十種の内の一種です~



30.
d0054276_20454526.jpg

31.
d0054276_204627.jpg

32.
d0054276_20461845.jpg

薔薇園近くから西に向かってヤマザクラが続いています・・・・・
道の両側じゃないので『並木』とは言えないのかな?



33.
d0054276_20463132.jpg

34.
d0054276_20464464.jpg

こんな感じでヤマザクラだけが続いています~
あまりこちらでは見掛けない風景です・・・・・



35.
d0054276_2047034.jpg

36.
d0054276_20471184.jpg

雨が降った後なので雫がついていました~(o ̄∇ ̄o)♪



37.
d0054276_20472588.jpg

38.
d0054276_2047391.jpg

39.
d0054276_20475398.jpg

ブルーベリーの木越しに見たヤマザクラ達~(*´∀`*)

ここには15種くらいは桜が見られます
これからも花の開花に合わせて行く予定です~
去年は7~8回通ったような気がします・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-04-12 21:14 | 身近な自然の話 | Comments(12)

『中将姫誓願桜(ちゅうじょうひめせいがんざくら)』

各地には有名な桜の木や桜風景があって『日本さくら100選』で紹介されたり市町村の桜名所になっていたり天然記念物になっているものも多く見られます~
桜の品種は約600種あるといいますので素晴らしい花の咲く木や樹形の凄い桜もあると思います・・・・・
でも私個人としては桜の花としてはこの『中将姫誓願桜』が日本一美しい桜だと思っています~

岐阜市大洞にある願成寺の境内にある桜でヤマザクラの変種ですが同種の桜は他に確認されていないのでこの1本の桜の木だけに『Prunus furoridora  miyoshi(プルヌス・フロリドラ・ミヨシ)』の学名が与えられています~

今日は私の大好きな桜の花を見ていただきたいと思います
曇空で青空を背景に撮れなかったのが心残りでした・・・・・・


1.『中将姫誓願桜(ちゅうじょうひめせいがんざくら)』
d0054276_20385963.jpg

花弁の数が多くとても綺麗で可愛い花が咲きます~



2.
d0054276_20392541.jpg

3.
d0054276_20393768.jpg

20~30弁の花弁を持った淡い桜色の花が咲きます・・・・・(*´∀`*)



4.
d0054276_20394979.jpg

5.
d0054276_20395837.jpg

6.
d0054276_2040949.jpg

7.
d0054276_20402013.jpg

8.
d0054276_20403773.jpg

樹齢は1200年程度とされています・・・・・
平安時代初期に中将姫が病気の治癒をこの寺で祈り平癒したためにこの桜を植えたという伝承があって今でもこの桜に祈ると婦人病に霊験があると言われています~~♪

1929年(昭和4年)に国の天然記念物に指定されました
樹高が8.1mで幹径は150cmの桜木です・・・・・・



9.
d0054276_2040537.jpg

10.
d0054276_2041972.jpg

11.
d0054276_20412469.jpg

この中将姫誓願桜も多くの添え木がしてあります
地域の人達がこの木を大切に守っています~



12.
d0054276_20413770.jpg

13.
d0054276_2041537.jpg

14.
d0054276_2042423.jpg

15.
d0054276_204217100.jpg

16.
d0054276_20422872.jpg

『中将姫誓願桜』を増やそうとして採取した種子を蒔いても絶対に発芽しなかったようです
それが一度宇宙へ持って行き帰ったものを蒔くと発芽したそうです・・・・・
国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)で時を過ごした桜の種から育った4歳の苗木は通常より6年も早く花を咲かせたので関係者が驚いたと言われています
その『宇宙から帰って来た中将姫誓願桜の子孫』も近くに花を咲かせていますが先祖返りをして花弁は一重になりました・・・・・・



17.
d0054276_20424035.jpg

18.
d0054276_20425138.jpg

19.
d0054276_2043226.jpg

20.
d0054276_20431445.jpg

21.
d0054276_20432615.jpg

22.
d0054276_20433615.jpg

23.
d0054276_20434658.jpg

24.
d0054276_20435686.jpg

25.
d0054276_20441123.jpg




26.『もうひとつの中将姫誓願桜』
d0054276_20442424.jpg

平成21年に接木で枝分けに成功して植えられているものが近くにありました・・・・・
この木まで行く人は少ないようでしたが私も初めてで今回は近寄ってみました~



27.
d0054276_20443983.jpg

まだ小さかったですが花は親木と同じ花が咲いていました・・・・・
今年はこれと同じ木がこの場所から初めて中将姫の関係する奈良県の当麻寺に贈られ移植されました



28.
d0054276_20445156.jpg

29.
d0054276_2045240.jpg

こちらも綺麗に花を咲かせていました~



30.
d0054276_20451393.jpg

31.
d0054276_20452419.jpg

32.
d0054276_20453616.jpg

33.
d0054276_20454678.jpg

34.
d0054276_20455629.jpg

35.
d0054276_204696.jpg

36.
d0054276_20462050.jpg

37.
d0054276_20463046.jpg

38.
d0054276_20464569.jpg

39.
d0054276_20465740.jpg

40.
d0054276_20471172.jpg

接木されて枝分けの木から親木を見下ろしてみました・・・・・
2本の中将姫誓願桜は同じ木なので当然遺伝子も同じです
この木がハナノキやシデコブシのように全国に植えられるのは反対です
淡墨桜も他に移されれば薄墨桜です・・・・・
その地だけにしか無いものがその場にあるのって私は良い事だと思っています~
国内外来種(一つの地方にあるものを全国に広げたもの)は外国産だけでなく生態系を悪くしそうな気がします・・・・・

明日はこの周辺で見た花達を紹介します~




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-04-10 21:22 | 身近な自然の話 | Comments(18)