タグ:樹木 ( 872 ) タグの人気記事

『凌霄花(ノウゼンカズラ)と鉤葛(カギカズラ)と西洋人参木(セイヨウニンジンボク)の樹木達・・・・・♪』

今日は樹木に見られた花や実等を載せてみました・・・・・
写した所は岐阜県各務原市川島のエーザイ薬樹園と愛知県江南市のフラワーパーク江南です~
鉤葛(カギカズラ)は初めて載せましたが花や実は見られず茎にできる鉤状の突起物が見られただけでしたが変わった姿なので面白く感じました~

他のものは特別珍しいものはなかったですが季節季節に出逢うものたちを写しました~


1.『凌霄花(ノウゼンカズラ)』  ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属の蔓性落葉樹
学名はCampsis grandifloraと言います~
d0054276_2022404.jpg

街中でもお寺の境内などでも綺麗に咲いています・・・・・・
夏の初めの花としては鮮やかで素敵に咲きますね~
ノウゼンカズラ科の花は可愛いものが多いですね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



2.
d0054276_20225299.jpg

3.
d0054276_2023289.jpg

4.
d0054276_20231226.jpg




5.『鉤葛(カギカズラ)』  アカネ科カギカズラ属の蔓性常緑樹
学名はUncaria rhynchophylla (Miq.) Jacks.と言います~
d0054276_20232427.jpg

南方系の植物で茎に鉤が見られます・・・・・
鉤を乾かしたものを漢方で釣藤鉤(ちょうとうこう)と言って小児のひきつけや頭痛・高血圧などに用いられます



6.
d0054276_20233564.jpg

鉤は1つのものと対のものが交互に見られます
不思議な姿ですが元々はこの鉤は葉だったとも言われています・・・・・



7.
d0054276_20234767.jpg

8.
d0054276_20235842.jpg



9.『西洋人参木(セイヨウニンジンボク』  シソ科ハマゴウ属の落葉低木
学名はVitex agnus-castusと言います~
d0054276_2024844.jpg

ヨーロッパ南部、西アジア原産です
掌状の細い葉がチョウセンニンジンに似ていることから『ニンジンボク』と呼ばれますがヨーロッパ原産であることから『セイヨウ』が付けられています~

世界各地で古くから栽培されていて生理痛などの婦人病に効果のある薬として用いられてきました・・・・・
近年ではホルモンに似た成分を有することが分かり治療薬としての研究が進められています(*´∀`*)
花後の果実にはコショウに似た風味があることから香辛料としても利用されていました・・・・・♪



10.
d0054276_2024191.jpg

11.
d0054276_20243166.jpg

12.
d0054276_20244433.jpg

13.
d0054276_20245641.jpg




14.『大葛藤(オオツヅラフジ)』  ツヅラフジ科ツヅラフジ属の蔓性落葉樹
学名はSinomenium acutumと言います~
d0054276_2025924.jpg

有毒種ですが薬効もあります~
オオツヅラフジの蔓性の茎と根茎は生薬『防已(ぼうい)(日本薬局方での定義)』で鎮痛や利尿作用などがあります・・・・・
木防已湯(もくぼういとう)防已茯苓湯(ぼういぶくりょうとう)などの漢方方剤に配合されていて主な有効成分はアルカロイドのシノメニン(sinomenine)などですが作用が強くて用法を間違えると中枢神経麻痺などの中毒を起こす事になるので注意が必要になります・・・・・



15.
d0054276_20251977.jpg

16.
d0054276_20253057.jpg

17.
d0054276_20254150.jpg




18.『白熊の木(ハグマノキ)』  ウルシ科ハグマノキ属の落葉樹
学名はCotinus coggygriaと言います~
d0054276_20255761.jpg

ハグマノキよりスモークツリーの方が知名度が高いですね~
花は円錐状に咲きあまり目立ちません・・・・・
雌雄異株なので煙状にならない株もあります
葉は緑葉もありますが赤紫になる品種が特に多いです~♪
寒冷地では紅葉も綺麗です・・・・・



19.
d0054276_20261161.jpg

20.
d0054276_2026259.jpg




21.『山桃(ヤマモモ)』  ヤマモモ科ヤマモモ属の常緑樹
学名はMorella rubraと言います~
d0054276_20263757.jpg

日本や中国南部~インドに自生しています~
雌雄別株で雌木は梅雨時期にルビー色の美しい果実を付けます・・・・・
この果実は平安時代から食用として親しまれていたようです~

日本に自生している樹木で果樹としても古くから知られていますが葉も光沢があって美しく樹形もきれいに整い病害虫にも強いので近年では街路樹などにも利用されていますが落ちた実が地面を汚しベタベタしたようになるので取り除かれてしまったところも多いようです・・・・・



22.
d0054276_20264838.jpg

23.
d0054276_20265937.jpg

もっと赤くなると食べられますがただ甘いだけなので酸味があれば尚美味しく感じられますね~
キンキンに冷やせば美味しく食べられます~♪



24.
d0054276_20271062.jpg

25.
d0054276_20272178.jpg

26.
d0054276_20273453.jpg

27.
d0054276_20274754.jpg




28.『中国切葉人参木(チュウゴクキリハニンジンボク)』  シソ科ハマゴウ属の落葉低木
学名はVitex cannabifoliaと言います~
d0054276_20275916.jpg

セイヨウニンジンボクの元になる木です・・・・・



29.
d0054276_20281188.jpg

30.
d0054276_20282337.jpg

淡い紫色の唇形花が見られます~
下唇の中央裂片には黄色と濃紫色の蜜標が目立ち白い長毛があります・・・・・
下唇の中央列片はセイヨウニンジンボクに比べて大きいです~
オシベとメシベは花冠から飛び出しています・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



31.
d0054276_20283860.jpg




32.『山法師(ヤマボウシ)』  ミズキ科ミズキ属の落葉高木
学名はCornus kousaと言います~
d0054276_20285176.jpg

花が終わり今はこんなに多くの実が生っていました
この木は実付きが良くて毎年凄くたくさんの実が生ります・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



33.
d0054276_2029595.jpg

近くに『常緑山法師』と言う木がありましたがそれにはまだ綺麗な花がビッシリと咲いていました
ヤマボウシにも種類が多くあるのですね~(*´∀`*)



34.
d0054276_20291762.jpg

35.
d0054276_20292847.jpg

この実が赤くなるととても綺麗です
公園のものなので摘んで口にする人は少ないですが子供たちに自然からの恵みの味を体験させるのも良いでしょうね~



36.
d0054276_20294048.jpg

37.
d0054276_20295238.jpg




38.『木通柿(アケビガキ)・ポポー』  バンレイシ科ポポー属の落葉高木
学名はAsimina trilobaと言います~
d0054276_2030360.jpg

薬科大学の薬草園で何度も写して載せていますがこのポポーはフラワーパークのものです~
ポポーの呼び方の他にポーポーやポポーノキ、ポポ、アケビガキとも呼ばれます・・・・・♪



39.
d0054276_20301332.jpg

まだスーパーなどで売られているのを見たことはないですがこれからたくさん収穫されるようになれば店頭にも並ぶでしょうね~(o ̄∇ ̄o)♪



40.
d0054276_2030258.jpg


毎日少しは雨が降ります
九州方面では豪雨の被害も出ていて関東では水不足になっていて制限もされているくらいなので小さな島国の日本の中でも全く別の気象になっているようです
地震も熊本であってから函館でもあり長野や東北でも起きているようです

自然は優しくて大切なものですが反面とても恐ろしいものにもなります・・・・・
できるなら優しい姿のままでいて欲しいです~~






(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-06-28 21:37 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『夏椿(ナツツバキ)と蛍袋(ホタルブクロ)とエゴのネコアシ等・・・・・』

今日は蒸し暑い一日でした
明日の昼前後には雨が激しく降るようです
災害にならないような雨だといいのですが・・・・・

今日は河川環境楽園の木曽川水園で見た植物達を載せました
夏椿が綺麗な花を咲かせ蛍袋も優しい姿で咲いていました・・・・・
花の終わったエゴノキには実が生っていましたがここでは虫コブのネコアシがたくさん見られました~♪



1.『夏椿(ナツツバキ)』  ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木
学名はStewartia pseudocamelliaと言います~
d0054276_2022549.jpg

仏教の聖樹『フタバガキ科の娑羅樹(サラノキ)』に擬せられて別名を娑羅樹(シャラノキ)とも言います~
ツバキのように肉厚の光沢のある葉ではなく秋には落葉します・・・・・



2.
d0054276_2023660.jpg

3.
d0054276_20231730.jpg

4.
d0054276_20233069.jpg

5.
d0054276_20234198.jpg

とても優しく咲く花ですね~(o ̄∇ ̄o)♪



6.
d0054276_20235393.jpg

7.
d0054276_2024613.jpg




8.『萵苣木(エゴノキ)』 エゴノキ科エゴノキ属の落葉高木 
学名はStyrax japonicaと言います~
d0054276_20241619.jpg

エゴノキの漢字表記にはいろいろあって『野茉莉や斉墩果』と書かれることもありますが実際は別の植物のようなので別名として使われている『チシャノキやチサノキ』の漢字表記の萵苣木を使いました



9.
d0054276_20243085.jpg

果実は卵球形の核果で灰白色で熟すと果皮は裂けて種子が落下します
果皮にエゴサポニンを多く含むので石鹸の代わりにしたり魚毒性があるので毒流し漁に使われたこともありました(これは違法行為です)
しかしそれほど毒性は強くないと言われています・・・・・



10.
d0054276_2024419.jpg

11.
d0054276_20245296.jpg

エゴノキの実に見られる虫コブ『エゴノネコアシ』と言います~
これはイネ科の『アシボソ』を一次寄主としてエゴノキとの間で寄主転換を行うアブラムシの『エゴノネコアシアブラムシ』が春に二次寄主になっているエゴノキに移動してきて新芽を変形させたものです~(*´∀`*)



12.
d0054276_2025397.jpg

肉球のある猫の足裏のように見えるので『猫脚(ネコアシ)』と言われますが本当にそんな感じですね~



13.
d0054276_2025143.jpg

14.
d0054276_2025243.jpg

15.
d0054276_20253621.jpg

普通の実とネコアシと両方が見られます~(o ̄∇ ̄o)♪



16.
d0054276_20254665.jpg




17.『柘榴(ザクロ)』  ミソハギ科ザクロ属の落葉小高木
学名はPunica granatumと言います~
d0054276_20255893.jpg

果実は花托の発達したもので球状で秋に熟すと赤く硬い外皮が不規則に裂けて赤く透明な多汁性の果肉の粒が無数に現れます・・・・・
果肉一粒ずつの中心に種子が入っているので可食部は少ないです
観賞用に植えられている所が多いようです・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



18.
d0054276_2026992.jpg

19.
d0054276_20262531.jpg

20.
d0054276_20263677.jpg

21.
d0054276_2026472.jpg

22.
d0054276_20265729.jpg

23.
d0054276_2027988.jpg

24.
d0054276_202722100.jpg




25.『富有柿(フユウガキ)』  カキノキ科カキノキ属の落葉樹
学名はDiospyros kaki 'Fuyu'と言います~
d0054276_20273420.jpg

代表的な甘柿のひとつで扁平な球形で果皮は橙紅色になります・・・・・
甘みが強くジューシーで食味が良く完熟状態で出荷される柿です~
岐阜県本巣市が原産で1898年の柿品評会で一等受賞になった品種です・・・・・♪



26.
d0054276_20274460.jpg

27.
d0054276_20275613.jpg




28.『白雲木(ハクウンボク)』  エゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木
学名はStyrax obassiaと言います~
d0054276_2028738.jpg

エゴノキの実と比べるとよく似ていますがこちらの方が丸くて茎柄に付く姿が少し違いますね~♪



29.
d0054276_20281852.jpg

30.
d0054276_20283485.jpg

このハクウンボクにはネコアシが見られませんので同じ仲間でも性質が違うので虫もちゃんと選ぶのですね



31.
d0054276_20284579.jpg




32.『蛍袋(ホタルブクロ)』  キキョウ科ホタルブクロ属の多年草
学名はCampanula punctata Lam.と言います~
d0054276_2028564.jpg

和名は子供がこの袋のような花にホタルを入れて遊んだことに由来するようです~



33.
d0054276_2029852.jpg

白花もありましたが不思議なことに白花だけ萎れたものが多くて写しませんでした・・・・・



34.
d0054276_20291856.jpg

35.
d0054276_20292940.jpg

36.
d0054276_20294657.jpg

37.
d0054276_20295622.jpg




38.『糊空木(ノリウツギ)』  アジサイ科アジサイ属の落葉低木
学名はHydrangea paniculataと言います~
d0054276_203087.jpg

姿を見ても科属名を見ても学名を見ても紫陽花ですね~
実際に紫陽花の仲間ですが樹液を和紙を漉く際の糊に利用したためにこの名が付けられました



39.
d0054276_20301820.jpg

各地に分布していて山地の林縁などに自生しています~
よく目立つ花ですが虫達にも人気があるようでハナムグリやマメコガネなどの訪花性の昆虫が多く集まっています~(o ̄∇ ̄o)♪



40.
d0054276_20303494.jpg

41.
d0054276_20304532.jpg

明日は夏至ですね・・・・・
月日の流れるスピードについて行けなくなりそうです
『あっ』と言う間に半年が経ってしまいます

一日なんて本当に短いですね
一日が36時間くらいあれば少しはのんびり出来そうですが・・・・・・・(´;ω;`)





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-06-20 21:27 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『紫陽花・・・・♪』

紫陽花の花が綺麗に咲いていた山県市の三光寺で写した紫陽花の中で赤色系の花と白色系の花を載せました

今日は細かな説明はやめて学生時代にやっていたフォークソングのグループで歌っていた『紫陽花』って言う歌の歌詞を載せてみました(歌詞は11と18の写真のところに載せました)
今から45年も前の歌で歌詞もよくありませんが私が作った紫陽花をテーマにした数曲の中の1曲です・・・・・

今なら携帯電話やメールですぐ連絡できますが当時は逢えない話せないという辛い日々がある時代でした



1.『紫陽花』
d0054276_20295419.jpg

2.
d0054276_2030514.jpg

3.
d0054276_20301580.jpg

4.
d0054276_20302740.jpg

5.
d0054276_20303997.jpg

6.
d0054276_20304984.jpg

7.
d0054276_2031115.jpg

8.
d0054276_20311287.jpg

9.
d0054276_20313658.jpg

10.
d0054276_2032136.jpg

11.
d0054276_20321022.jpg

『紫陽花』 作詞作曲 45年前の自然風  
      歌 インテグラ

1.思えば僕の心に いつも君がいてくれた
 遠く離れていても 優しさに包まれていられた
 君を故郷(ふるさと)に呼び 街を歩きながら
 紫陽花の 咲く公園で 夢を語り合っていた

 突然の雨に傘も差さず 抱き合っていたあの小道
 今年も同じように紫陽花が 淡く綺麗に咲きました

12.
d0054276_20322271.jpg

13.
d0054276_20323387.jpg

14.
d0054276_20324639.jpg

15.
d0054276_20325691.jpg

16.
d0054276_2033780.jpg

17.
d0054276_20331834.jpg

18.
d0054276_20332972.jpg

2.たとえ今すぐでなくても きっといつか結ばれて
 子供と一緒に手をつなぎ この道を歩こうねと言っていた
 君の仕草が 愛しくそして切なくて
 紫陽花の花に隠れて 強く君を抱きしめた
 
 雨が降っても傘を差さず 肩寄せ歩いたあの小道
 今年も同じように紫陽花が 優しい色で咲きました

 雨が降っても傘を差さず 肩寄せ歩いたあの小道
 今年も淡く綺麗な紫陽花が あの日と同じように咲いています
 
19.
d0054276_20334135.jpg

20.
d0054276_20335266.jpg

21.
d0054276_2034453.jpg

22.
d0054276_20341654.jpg

23.
d0054276_20342623.jpg

24.
d0054276_20343757.jpg

25.
d0054276_20344855.jpg

26.
d0054276_2035494.jpg

27.
d0054276_20351516.jpg

28.
d0054276_20352736.jpg

29.
d0054276_20353960.jpg

30.
d0054276_20355070.jpg

31.
d0054276_2036224.jpg

32.
d0054276_20361314.jpg

33.
d0054276_20362624.jpg

34.
d0054276_20363875.jpg

35.
d0054276_20364833.jpg

36.
d0054276_2037050.jpg

37.
d0054276_2037122.jpg

38.
d0054276_20372351.jpg

若い頃の思い出は何十年も経っていると頭の中で綺麗なものや美しいものに変換されてしまうことがあるようです・・・・・

この歌を作ったのは歌詞の中に出てくる内容の1年後でそのままの歌詞を載せていますので途中が書き加えたりしていません~
写真を写していた三光寺とは関係の無い所の話です・・・・・

今現在で当時の若さだったらこんな結果にはなっていないかも知れません
時代や環境や立場の僅かな時の悪戯で人の一生って変わってしまいますね・・・・・・・

でも紫陽花は毎年綺麗に咲いて多くの人を楽しませてくれています

時々昔の思い出のようなものを載せてしまうことがあります
あと何年この世にいられるのか判りませんが私の人生の足跡として年に一度くらいは振り返ってみたいです






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-06-15 21:07 | 私の歌 | Comments(28)

『更紗空木(サラサウツギ)と小鬼百合(コオニユリ)と丘虎の尾(オカトラノオ)の花達・・・・・』

最近あまり河川環境楽園の木曽川水園に行っていないのに気が付いて昨日行ってみました・・・・・
この頃は花に出逢うタイミングが少しズレたようになっている私なので綺麗な花に出逢えればいいなって言うくらいの気持ちで散策を始めました~

職場近くでいつも写していたサラサウツギが今年は撮れず諦めていましたがここで咲いているのを見て撮ることができました~
他の花達も綺麗な姿を見せてくれたので短い時間でしたが楽しく過ごすことができました・・・・・・



1.『更紗空木(サラサウツギ)』  ユキノシタ科ウツギ属の落葉低木
学名はDeutzia crenata f. plenaと言います~
d0054276_20343871.jpg

別名をツカサウツギとも言う事があります・・・・・
ウツギの園芸品種になります~♪
木曽川水園には彼方此方で見られましたがこんなに多く植えられていることに気が付かなかったのはまだ植えられてそんなに経っていなかったがでしょうか~不思議です~(o ̄∇ ̄o)♪



2.
d0054276_20345360.jpg

八重咲きで花弁の外側が紅紫色になる品種で香りの良い花を下向きに咲かせています~
今年もこの可愛い花に出逢えて良かったです・・・・・



3.
d0054276_2035353.jpg

4.
d0054276_20351396.jpg

5.
d0054276_20352242.jpg

6.
d0054276_20353429.jpg

7.
d0054276_20354410.jpg

8.
d0054276_20355444.jpg

蕾の姿も愛らしいです~(o ̄∇ ̄o)♪



9.『小鬼百合(コオニユリ)』  ユリ科ユリ属の多年草
学名はLilium leichtlinii var. tigrinumと言います~
d0054276_2036526.jpg

茎先に総状花序を出して濃オレンジ色の花を下向きに2~10輪くらいつけます・・・・・
花被片は6枚あって披針形で上部がそり返ります~♪
花被片の内側には黒紫色の斑が散りばめたように入っています・・・・・



10.
d0054276_20361669.jpg

近縁種の『鬼百合(オニユリ)』と一緒に中国から渡来したものと考えられています・・・・・
両者の違いはコオニユリの方が花が小さくて珠芽(ムカゴ)がつかないことで区別できます~♪



11.
d0054276_2036271.jpg

12.
d0054276_20363899.jpg

まだ蕾がたくさん見られました・・・・・
他の場所では花がまだ咲いていない所も多く見られましたのでこれからが楽しみになります~
ここには山百合(ヤマユリ)も咲いていましたがまだ蕾も無い状態でした・・・・・



13.
d0054276_20364975.jpg

14.
d0054276_20370100.jpg

15.
d0054276_20371194.jpg

16.
d0054276_20372110.jpg




17.『丘虎の尾(オカトラノオ)』  サクラソウ科オカトラノオ属の多年草
学名はLysimachia clethroidesと言います~
d0054276_20373129.jpg

人里から低山の草地や林縁に生える多年草で花穂の姿が虎の尾に似ているのでこの名が付けられています
トラノオと名がつく植物は多くの科や属にまたがっていますが科属としての『トラノオ科』や『トラノオ属』は存在しません・・・・・
このサクラソウ科以外にもシソ科やタデ科等にも『何々トラノオ』があります~(o ̄∇ ̄o)♪

よく似た種類はいくつかありますがオカトラノオと並んでよく見られるのがヌマトラノオで花穂がほぼまっすぐ上を向いて全体に少し貧弱な感じがして湿り気のあるところに生える植物です~



18.
d0054276_20374262.jpg

19.
d0054276_20375482.jpg

このオカトラノオは自然の中に咲く自生種では私の好きな花のベスト10に入ります~(o ̄∇ ̄o)♪



20.
d0054276_2038490.jpg

21.
d0054276_2038156.jpg

22.
d0054276_203825100.jpg




23.『河原撫子(カワラナデシコ)』  ナデシコ科ナデシコ属の多年草
学名はDianthus superbus L. var. longicalycinus (Maxim.) F.N.Williamsと言います~
d0054276_20383565.jpg

秋の七草のひとつ『ナデシコ』です~(*´∀`*)
別名はナデシコ、ヤマトナデシコと言います~♪



24.
d0054276_203846100.jpg

25.
d0054276_20385767.jpg

蕾が解けて花開くようです~
時間があれば眺めていたいですがどれくらい掛かるか判らないので先へ進みました~♪



26.
d0054276_2039867.jpg




27.『榊(サカキ)』  モッコク科サカキ属の常緑小高木
学名はCleyera japonicaと言います~
d0054276_20391870.jpg

以前はツバキ科とされていましたが現在はモッコク科に分類されるようです
学名のCleyeraはツバキと同じです・・・・・



28.
d0054276_2039315.jpg

日本では古くから神事に用いられ『榊』と言う字もそこから生まれたようです~

古来から植物には神が宿り特に先端が尖った枝先は神が降りるヨリシロとして若松やオガタマノキなど様々な常緑植物が用いられました・・・・・
近年はもっとも身近な植物で枝先が尖っていて神のヨリシロに相応しいサカキやヒサカキが定着しています~

家庭の神棚にも捧げられ月に二度取り替える習わしになっていますが我が家の神棚にも榊立に新しい榊を月に二度取り替えています・・・・・



29.
d0054276_20394361.jpg

30.
d0054276_20395896.jpg

31.
d0054276_204097.jpg

32.
d0054276_20402069.jpg




33.『野萱草(ノカンゾウ)』 ススキノキ科ワスレグサ属の多年草
学名はHemerocallis fulva var. distichaと言います~
d0054276_20403175.jpg

この花も以前はユリ科でしたが今はあまり聞き覚えのないススキノキ科に移されています

野山の川岸などによく咲いていますね
八重のヤブカンゾウとは花以外はよく似ています・・・・・



34.
d0054276_20404182.jpg

35.
d0054276_20405144.jpg




36.『箆沢瀉(ヘラオモダカ)』  オモダカ科サジオモダカ属の多年草
学名はAlisma canaliculatumと言います~
d0054276_2041223.jpg

全国に分布していて水田周辺の湿地を含めて発生しています~
北海道や東北地方に多く温暖地以西の標高の高い水田や早期栽培の水田にも発生します・・・・・

主に種子繁殖しますが種子には深い休眠性があり5~10℃の畑水分土壌中で覚醒するようです~
13~15℃から発芽して湛水下では地表下1.5cm以内から出芽します・・・・・
生育のよい株では2000~3000の種子が出来るようなので繁殖力は強いです~(´;ω;`)



37.
d0054276_20411395.jpg

38.
d0054276_20412439.jpg

39.
d0054276_20413558.jpg


行けば何かに出逢えるのが木曽川水園です・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪
近くの公園も薬草園も何度も通っていると同じものばかり写してしまうので時々は違う所に出かけたいですね

この日は初めて見る花もありました
今までに植えられていなかったものが新しく植えられることもあるようなのでチェックしないと後悔します・・・・・

明日は山紫陽花の三光寺で写した紫陽花の写真を載せる予定です
また毎年のように枚数が多くなるので花色を分けて2日間載せたいと思っています~






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-06-13 21:49 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『美江寺公園の科木(シナノキ)と美江寺観音の菩提樹(ボダイジュ)の花』

今日は岐阜市内で見られたシナノキ科の樹木の花を2種載せました・・・・・
毎年今の季節になると写しているので私のブログを見ていただいている人には馴染みの花たちです~♪

美江寺公園と美江寺観音は100m位離れています・・・・・
美江寺観音の道路を挟んだ東には『メディアコスモス』や『せせらぎ並木テニテオ』があります~(*´∀`*)



1.『科木(シナノキ)』  シナノキ科(アオイ科)シンノキ属の落葉高木
学名はTilia japonicaと言います~
d0054276_19255642.jpg

日本特産種です・・・・・



2.
d0054276_1926824.jpg

長野県を信濃と呼ぶ事がありますが古い時代には『科野』と記していたようでシナノキを多く産出したからだと言われています~♪



3.
d0054276_1926194.jpg

私は菩提所の花よりこの科木の花の方が好きです~(o ̄∇ ̄o)♪



4.
d0054276_19263092.jpg

5.
d0054276_19264079.jpg

6.
d0054276_19265144.jpg

7.
d0054276_1927386.jpg

8.
d0054276_19271573.jpg

9.
d0054276_19272585.jpg

10.
d0054276_19273742.jpg

11.
d0054276_19274969.jpg

この花には蝶達が多くやって来ます
今までにも映しているとナミアゲハがよく見られましがこの日は全く来ませんでした・・・・・(´;ω;`)



12.
d0054276_1928019.jpg

13.
d0054276_19281217.jpg

14.
d0054276_19282497.jpg

15.
d0054276_19283529.jpg

16.
d0054276_19284958.jpg

17.
d0054276_1929186.jpg

18.
d0054276_19291219.jpg

19.
d0054276_19292438.jpg

花序の柄には苞葉が見られます~(*´∀`*)



20.
d0054276_19294083.jpg

美江寺公園の藤棚から眺めたシナノキ・・・・・
涼しげな木です~♪



21.
d0054276_19295556.jpg

この木は別の所に見られる木です・・・・・
ここには3本のシナノキが見られます~(o ̄∇ ̄o)♪



22.
d0054276_19301063.jpg

23.
d0054276_19302240.jpg

24.
d0054276_19303560.jpg




25.『菩提樹(ボダイジュ)』  シナノキ科シナノキ属の落葉高木
学名はTilia miquelianaと言います~
d0054276_19304528.jpg

中国原産で日本には臨済宗の開祖栄西が中国から持ち帰ったと伝えられ各地の仏教寺院によく植えられているものが見られます~



26.
d0054276_19305652.jpg

お釈迦様が菩提樹の下で悟りを開いたとして知られていますがその菩提樹は本種ではなくクワ科のインドボダイジュ(印度菩提樹、Ficus religiosa)になります・・・・・
中国では熱帯産のインドボタイジュの生育には適さないので葉の形が似ているシナノキ科の本種を菩提樹としたと言われています・・・・・・



27.
d0054276_1931822.jpg

28.
d0054276_19312178.jpg

29.
d0054276_19313666.jpg

美江寺観音の境内です・・・・・・



30.
d0054276_19314773.jpg

31.
d0054276_19315967.jpg

32.
d0054276_19321123.jpg

33.
d0054276_19322235.jpg

綺麗な花とはお世辞にも言えませんが地味な色で咲く菩提樹の花には何となく味がありますね・・・・・



34.
d0054276_19324692.jpg

35.
d0054276_1933038.jpg

36.
d0054276_19331173.jpg

菩提樹の葉の下に金華山頂の岐阜城が見えます・・・・・♪



37.
d0054276_19332621.jpg

38.
d0054276_19333853.jpg

39.
d0054276_19335128.jpg

道路の向こうにはテニテオのカツラ並木が見えています・・・・・
最近はテニテオの風景を写していないのでまた撮りたいです~(*´∀`*)

今日は天気が良くなく雨が降りそうでしたので昼前から河川環境楽園の木曽川水園に行きました
昼過ぎに途中で食事をしてエーザイの薬草園でもしばらく散策をしていましたが雨が降り出したので家に帰りました・・・・・
あまり珍しいものは写せませんでしたが自然の中を歩くと楽しいですね~♪





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-06-12 20:01 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『河跡湖(かせきこ)公園を歩いて・・・・・』

今日は昼前からカメラ散策に出かけました・・・・・
ガソリンを入れてから各務原市川島の『河跡湖公園』に行ってしばらく歩きました
ここでよく出会う鳥撮りの人に出会って少し話をしながら風景を写していました
カワセミが見られないと言っていましたが別れて暫く歩くとカワセミにも出会いました~

あまり珍しいものには出会わなかったですがのんびり散策ができました


1.『河跡楜の風景~』
d0054276_20243315.jpg

2.
d0054276_20245142.jpg

散策していると水辺にネムノキが多く見られました・・・・・
今まで何度も来ていましたが気が付かなかったです~♪



3.
d0054276_2025689.jpg

4.
d0054276_20252260.jpg

今の季節は緑が目に眩しく感じます~



5.『翡翠(カワセミ)』
d0054276_20253322.jpg

鳥撮りの人が『今日はカワセミが見られない・・・』と言っていましたがここに来て10分程で出会えました~



6.
d0054276_20254575.jpg

7.
d0054276_20255690.jpg

8.
d0054276_20261144.jpg

9.
d0054276_2026276.jpg

10.
d0054276_2026449.jpg

今日はとても良い天気で陽射しが強かったのですが木々が多い所では木陰が涼しく感じられました~



11.
d0054276_20265691.jpg

別の場所でもカワセミがいました~
さっき出会ったカワセミとは別の個体のようでした~(o ̄∇ ̄o)♪



12.
d0054276_2027710.jpg

13.
d0054276_20271871.jpg

14.
d0054276_20273364.jpg

ここに来るといつも写してしまう風景です~
池の近くに立っているこの木がとても印象的に思えます・・・・・♪



15.
d0054276_20274984.jpg

今日は平日なので駐車場には私の車を入れて3台しか見られませんでした
1台はここで知り合いになった鳥撮りの人の車ですがもう1台は営業車で仮眠しているようでした~



16.
d0054276_2028453.jpg

17.
d0054276_20281754.jpg

静かだからなのかカワセミがよく見られました・・・・・
朝から来ていた鳥撮りさんに何となく悪いような気がしました・・・・・



18.
d0054276_20283158.jpg

19.
d0054276_20284561.jpg

20.
d0054276_20285736.jpg

21.
d0054276_20291257.jpg

22.
d0054276_20292849.jpg

23.
d0054276_20294312.jpg

24.
d0054276_20295955.jpg

私の鳥撮りは花の見られない冬場が多いので今の季節のような木々に葉が茂っていると写し難いです
バードウォッチャーの人達って凄いなーと思います~♪



25.
d0054276_20301547.jpg

26.
d0054276_20303017.jpg




27.『蒼鷺(アオサギ)』
d0054276_20304029.jpg

アオサギが飛んでいました~
大きな鳥が飛んでいる姿はいいですね・・・・・



28.
d0054276_20304915.jpg

29.
d0054276_2031078.jpg

30.
d0054276_20311898.jpg

31.
d0054276_20313651.jpg

32.
d0054276_20315260.jpg

歩いていると『コンコンコンコン・・・・・』とドラミングが聞こえてきました~



33.『小啄木鳥(コゲラ)』
d0054276_2032354.jpg

葉が茂っている所にいたのでハッキリ撮れませんでした~
キツツキの仲間で私が写真に撮れたのはこのコゲラだけです・・・・・
他のキツツキにも出会って写したいです~♪



34.
d0054276_20321858.jpg




35.『合歓の木(ネムノキ)』
d0054276_20323374.jpg

まだここのネムノキ達は蕾姿でした・・・・・
花の咲く頃にここで写したいです~♪



36.
d0054276_20324674.jpg




37.『雀(スズメ)』
d0054276_20325737.jpg

散策中にたくさんの雀に会いました・・・・・
数羽で遊んでいるような光景も見ました~



38.
d0054276_20331314.jpg

39.
d0054276_20332974.jpg

40.
d0054276_20334697.jpg

河跡楜を後にしてエーザイの薬草園に向かいました・・・・・

エーザイの薬草園で来ていた私くらいの年齢の夫婦と話をしながら写真を撮っていました
そして今度は岐阜市内に戻り畜産センターでササユリを写してから薬科大学の薬草園にも寄りました
そしてタイサンボクをハッキリ写したかったので山県市の香りの森公園に行って写しました~
今日も各務原市と岐阜市と山県市の3市でいろいろ楽しんで来ました・・・・・・






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-06-03 21:06 | 私の好きな場所 | Comments(14)

『フラワーパークの花達・・・・・(ピンポンノキの花等~♪)』

今日は愛知県の江南市にあるフラワーパーク江南で見た花達を載せました・・・・・
ここは園芸種が多いので今の季節には色鮮やかな花が見られます~

私の好きな淡い紫系の花を最初に続けて載せています・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪


1.『柳花笠(ヤナギハナガサ)』  クマツヅラ科クマツヅラ属の多年草
学名はVerbena bonariensisと言います~
d0054276_2018738.jpg

この仲間の中では一番綺麗に思えます・・・・・
以前は長良川の河川敷でも見られましたが河川敷ではもう随分出逢っていません~

別名を三尺バーベナとも言いますね~♪



2.
d0054276_2018199.jpg

群生しているととても綺麗です~♪



3.
d0054276_20182958.jpg

4.
d0054276_20183949.jpg

アップで見るととても愛らしいです~(o ̄∇ ̄o)♪



5.
d0054276_20184926.jpg

6.
d0054276_2019020.jpg

7.
d0054276_20191071.jpg

8.
d0054276_20192564.jpg




9.『麦仙翁(ムギセンノウ)アグロステンマ』  ナデシコ科ムギセンノウ属の一年草
学名はAgrostemma githagoと言います~
d0054276_20193636.jpg

私は最初に覚えた『アグロステンマ』と呼んでいますが別名には『ムギナデシコ』と呼ぶこともあるようです
ヨーロッパでは麦畑の邪魔者扱いにされていますが日本では花が好まれるので花壇などに植えられることが多いです~♪



10.
d0054276_20194787.jpg

11.
d0054276_20195860.jpg

12.
d0054276_2020967.jpg




13.『花葱(ハナネギ)アリウム・ギガンチュウム』  ヒガンバナ科ネギ属の多年草
学名はAllium giganteumと言います~
d0054276_20202113.jpg

ハナネギなんて書くより学名のままの『アリウム・ギガンチウム』で呼ばれますね~
大きな花はネギ坊主ですが色も綺麗で大きいので人気者ですね・・・・・



14.
d0054276_2020333.jpg

小さな花一つ一つがとても可愛いです~♪



15.
d0054276_20204629.jpg




16.『昼咲月見草(ヒルザキツキミソウ)』  アカバナ科マツヨイグサ属の多年草
学名はOenothera speciosaと言います~
d0054276_20205711.jpg

17.
d0054276_2021862.jpg




18.『西洋藪苺(ブラックベリー)』  バラ科キイチゴ属の低木
学名はRubus fruticosusと言います~
d0054276_20211975.jpg

19.
d0054276_20212994.jpg

20.
d0054276_20213836.jpg

実が生っていました・・・・・♪



21.『ブルーベリー』  ツツジ科スノキ属の落葉低木
学名はVaccinium corymbosumと言います~(品種によって違う事もあります)
d0054276_20215099.jpg

22.
d0054276_2022112.jpg




23.『オレンジタイム』  シソ科イブキジャコウソウ属の耐寒性常緑低木
学名はThymus fragrantissimusと言います~
d0054276_20221323.jpg

24.
d0054276_20222327.jpg




25.『洋種伊吹麝香草(ヨウシュイブキジャコウソウ)』 シソ科イブキジャコウソウ属の耐寒性常緑低木
学名はThymus serpyllumと言います~  
d0054276_20223414.jpg

クリーピングタイムと言われています~♪



26.
d0054276_20224455.jpg

27.
d0054276_20225558.jpg




28.『ピンポンの木(ピンポンノキ)』  アオギリ科ピンポンノキ属の常緑高木
学名はSterculia nobilisと言います~
d0054276_2023718.jpg

クリスタルフラワーの室内に咲いていました~
実の姿がピンポンの玉のようなので付けられたと言います・・・・・
室内で薄暗かったのでブレてしまいました



29.
d0054276_20231840.jpg

30.
d0054276_20232942.jpg

31.
d0054276_20234057.jpg




32.『白蝶草(白蝶草)ガウラ』  アカバナ科ガウラ属の多年草
学名はGaura lindheimeriと言います~
d0054276_20235136.jpg

和名では白蝶草や山桃草とも言われますが学名の『ガウラ』が一番使われていますね~
本当に白い蝶のようで可愛い花です~♪



33.
d0054276_2024148.jpg

34.
d0054276_20241198.jpg




35.『柘榴(ザクロ)』  ミソハギ科ザクロ属の落葉小高木
学名はPunica granatumと言います~
d0054276_20242380.jpg

花も実も可愛いですが最近はザクロなんてあまり食べないですね?



36.
d0054276_20243444.jpg

37.
d0054276_20244459.jpg




38.『梅花空木(バイカウツギ)』  アジサイ科バイカウツギ属の落葉低木
学名はPhiladelphus satsumiと言います~
d0054276_2024541.jpg

他でも見られましたがここでも綺麗に可愛く咲いていました~
ウツギの仲間もまだ彼方此方で見られますね・・・・・



39.
d0054276_2025468.jpg

40.
d0054276_2025142.jpg

5月も今日で終わり明日からは6月です・・・・・

6月と聞くとすぐに梅雨をイメージします
ジトジトする季節は気分も落ち込みそうになりますが花菖蒲や紫陽花の綺麗な花を見て気分だけでも爽快になりたいですね~

暑い夏もすぐ目の前です・・・・・
体調管理に注意しながら楽しく過ごしたいですね~(o ̄∇ ̄o)♪






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-05-31 21:25 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『泰山木(タイサンボク)と姫泰山木(ヒメタイサンボク)と・・・・・』

今日は少し涼しく感じる一日でした・・・・・
雨も思ったより少なく昼前にはやみました~

フラワーパーク江南で見たタイサンボクとヒメタイサンボクを写しましたがタイサンボクは花は上の方だけに咲いていて下で見られたのは蕾が多かったです・・・・・
近くに咲いていたヒメタイサンボクは花が綺麗に咲いていました~


1.『泰山木(タイサンボク)』  モクレン科モクレン属の常緑高木
学名はMagnolia grandifloraと言います~
d0054276_20221187.jpg

ここで見たタイサンボクはまだ蕾が多かったです・・・・・
梅林公園の近くや山県市の香りの森公園でも岐阜公園にも見られますのでまた花がよく見えるものを写したいです~



2.
d0054276_20222130.jpg

タイサンボクはアメリカ合衆国南部を象徴する花木とされていてミシシッピ州とルイジアナ州の州花に指定されています・・・・・
大きな国なので州花も大きいものが選ばれたのですね~(o ̄∇ ̄o)♪



3.
d0054276_20223139.jpg


4.
d0054276_20224331.jpg


5.
d0054276_20225385.jpg


6.
d0054276_2023466.jpg


7.
d0054276_20231611.jpg


8.
d0054276_20232695.jpg

開いていた花は上過ぎてシベが撮れませんでした・・・・・(´;ω;`)



9.
d0054276_20233850.jpg


10.
d0054276_20235013.jpg





11.『姫泰山木(ヒメタイサンボク)』  モクレン科モクレン属の半落葉樹
学名はMagnolia virginianaと言います~
d0054276_2024198.jpg

原産地の北米南部では常緑ですが日本では紅葉して落葉する葉が見られます・・・・・
緑から黄色そして黄色からオレンジと色づく葉が混じり合う光景は綺麗です~



12.
d0054276_20241179.jpg


13.
d0054276_2024224.jpg


14.
d0054276_20243312.jpg


15.
d0054276_20244488.jpg


16.
d0054276_20245383.jpg

低い所にも花が多く咲いていたので撮りやすかったです~(o ̄∇ ̄o)♪



17.
d0054276_2025581.jpg


18.
d0054276_2025159.jpg

この花なんて足元近くに咲いていました~♪



19.
d0054276_20252634.jpg


20.
d0054276_20253743.jpg





21.『コリウスとムクドリ』
d0054276_20255072.jpg

花壇に植えられているコリウスの中に1羽のムクドリが飛んで来て餌を探していました~



22.
d0054276_2026219.jpg

あっちへ行ったりこっちに来たりと暫くここでウロウロしていました・・・・・(*´∀`*)



23.
d0054276_20261371.jpg





24.『白花合歓木(シロバナネムノキ)』  マメ科カリアンドラ属の常緑樹
学名はCalliandra portoricensis (Jacq.) Benth.と言います~
d0054276_20262452.jpg

学名のまま『カリアンドラ・ポルトリケンシス』と呼ばれる事もあるようです~
日本の『ネムノキ』とは属が異なり『ベニゴウカン』 や『ギンネム』 と同じマメ科カリアンドラ属の仲間になります白髪のように長い房状がオシベでメシベはこの中に隠れて見えません・・・・・
西インド諸島の亜熱帯から熱帯原産ですが耐寒性があるので日本でも栽培されています~♪



25.
d0054276_20263662.jpg


26.
d0054276_20264781.jpg





27.『丘虎の尾(オカトラノオ)』  サクラソウ科オカトラノオ属の多年草
学名はLysimachia clethroidesと言います~
d0054276_20265924.jpg

好きな花なので咲いていたのを見てすぐ写しましたがまだ花の開きが少なかったです・・・・・
いっぱい咲いている所を知っているので出かけて写そうと思っています~(o ̄∇ ̄o)♪



28.
d0054276_2027974.jpg


29.
d0054276_2027219.jpg


30.
d0054276_20273361.jpg


31.
d0054276_20274587.jpg





32.『西洋靭草(セイヨウウツボグサ)』
学名はPrunella vulgaris/grandifloraと言います~
d0054276_20275662.jpg

フラワーパーク江南のシンボル『クリスタルフラワー』の入口近くに咲いていました~
ウツボグサも好きな花なので見てすぐに気に入ってしまいました・・・・・
色が2色見られたので楽しく撮れました~♪



33.
d0054276_2028783.jpg


34.
d0054276_20281770.jpg


35.
d0054276_20283197.jpg

土日や祝祭日は駐車場もいっぱいで来ている人も多いのですが平日は人が少なくのんびりと散策ができます
気に入った花の前で長く花達にカメラを向けるのも楽しいです~

この日は若いカメラマンが1人でハナギハナガサ(三尺バーベナ)の群生している所に佇んでずっと写している姿が見られました・・・・・
よほど気に入ったのでしょうね~(o ̄∇ ̄o)♪






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-05-30 21:08 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『朴の花と駒繋の花と長良川鉄道・・・』

今日はPCの操作ミスなのかブログを完成しながら全部消えて(消して)しまいました・・・・・
同じものを2度作るのはストレスが溜まりますが出来るだけ最初のようにアップしたいと思います~

今日は長良川鉄道沿い(国道156号)を走っていて見られたホオノキの花とコマツナギの花を写してちょうど走ってきた長良川鉄道の車両も撮ったので載せることにしました~


1.『朴の木(ホオノキ)』  モクレン科モクレン属の落葉高木
学名はMagnolia obovataと言います~
d0054276_2016197.jpg

こちらの飛騨地方では朴葉味噌等の料理には大切な木になります
近くの水道山や金華山でも朴葉の落ち葉を見かけるので朴の木がある事は判りますが花を写すことが無かったです・・・・・



2.
d0054276_20162950.jpg

3.
d0054276_20164088.jpg

4.
d0054276_2016517.jpg

5.
d0054276_20172288.jpg

6.
d0054276_20173690.jpg

7.
d0054276_201747100.jpg

はっきり写すことができて良かったです~
同じ仲間のタイサンボクは毎年何度も写しています・・・・・



8.
d0054276_20175823.jpg

9.
d0054276_20181767.jpg

10.
d0054276_20182723.jpg

11.
d0054276_20184466.jpg

12.
d0054276_2018549.jpg

道路沿いに走っていて花を見かけて慌てて路肩に車を停めて写しました~(o ̄∇ ̄o)♪



13.
d0054276_20191139.jpg

14.
d0054276_20192176.jpg




15.『駒繋(コマツナギ)』  マメ科コマツナギ属の落葉低木
学名はIndigofera pseudotinctoriaと言います~
d0054276_20193393.jpg

ホオノキの花を写していて下に咲いていたコマツナギにも気がつきましたので写しました~
河川敷でも達目洞でもいろいろな所で見かけますが私の好きなマメ科なのでこの蝶形花を気に入っていてすぐ写してしまいます~♪



16.
d0054276_20194411.jpg

17.
d0054276_20195524.jpg

18.
d0054276_2020599.jpg

まだ咲き初めのようで蕾が多く見られました~



19.
d0054276_20201546.jpg

20.
d0054276_20202987.jpg

21.
d0054276_20203968.jpg

22.
d0054276_20205128.jpg




23.『長良川鉄道』
d0054276_2021534.jpg

第三セクターの長良川鉄道になる前はJRの越美南線と呼ばれていた路線です
美濃加茂市の美濃太田駅~郡上市の北濃駅までの72.1kmを走っています・・・・・



24.
d0054276_20212016.jpg

この車両はナガラ500形 (501 - 503)で『502』です・・・・・
2007年に1両が増備され同年4月9日より運行開始した新潟トランシス製の車両で長良川鉄道としては5年ぶりの新造車両でした・・・・・
2009年2月に1両増備され同月17日より運用開始して12月にも1両増備されました~

車体はナガラ300形をベースとしていますが側窓が拡大されています
カラーリングはナガラ300形同様ぶどう色ですが窓下の腰板部に水色と白のラインが追加されました

最初に導入された501号車は塗装でラインを入れていましたがその後に導入された502号車はラッピングとなったために501号車は水色で502号車は濃い青色となっています・・・・・
2009年12月に増備された503号車はカラーリングが白色に青とオレンジ色の帯を配した1形のカラーリングを踏襲するものに変更されてドア開閉ランプの設置など新たに設置されたものが見られます・・・・・
503号車はその後正面貫通扉の手すりの撤去など改造も行われたようです~



25.
d0054276_20213776.jpg

26.
d0054276_20215817.jpg

27.
d0054276_20221031.jpg

28.
d0054276_20224862.jpg

29.
d0054276_2023127.jpg

30.
d0054276_20231483.jpg

31.
d0054276_20232522.jpg

今年になって4月からクラシックなデザインの観光列車「ながら」が運行されました
まだ出逢ったことはないですが車両デザインはすべて九州の豪華寝台列車「ななつ星」でも有名な水戸岡鋭治さんが手掛けました~
金・土・日曜日やゴールデンウィークなどの連休に限定で運行されますので予約が凄かったようです

いつか出逢えたら写したいです~



32.
d0054276_20233657.jpg

33.
d0054276_20234985.jpg

34.
d0054276_202401.jpg

同じ内容を2度書くのは気分的に良くないですが多少の違いはありますが何とか作り直せました・・・・・

どうも慌てて何か別のキーに触れたようでした・・・・・゚(゚´Д`゚)゚

今日はヤマアジサイで有名な三光寺に行ってみましたがまだ小紫陽花が咲いていた他にウツギなどが少し見られただけでした・・・・・
紫陽花祭りは6月10日頃からのようでしたが住職の奥様(?)に丁寧に説明をしていただけました





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2016-05-22 20:56 | 鉄道を取り巻く風景 | Comments(18)

『やまぼうし街道(国道418号)を走りながら・・・・・』

岐阜市内にもヤマボウシの花が目につくようになりました・・・・・
メディアコスモスの北を通っている道路に新しくヤマボウシの並木ができました
近くの公園や家の庭でもヤマボウシが白い花を咲かせていました~

今日はヤマボウシを一度に見ようと関市から本巣市を通る国道418号(通称ヤマボウシ街道)を走って来ました
ちょうど見ごろで白い花と薄紅色の花が綺麗に咲いていました~
去年も写しましたがそれまでは見ていても車を停められずに写せませんでしたが停められる場所がわかったのでこれからは毎年出かけて写したいですね~(*´∀`*)

今年はハナミズキがあまり写せませんでしたのでその分このヤマボウシを写したいです~♪


1.
d0054276_20174669.jpg

国道418号は関市~美山町~本巣市根尾樽見に続く道です・・・・・
『淡墨桜』の季節になると渋滞する国道157号を避けて通る人の多い道です~



2.
d0054276_20175672.jpg


3.
d0054276_2018621.jpg

ハッキリとは判りませんがこの街道には白花のヤマボウシでも花弁のように見える総包片が幅の広いものと狭いものの2種類あるようです
そして薄紅色の総包片のヤマボウシもあるので3種のヤマボウシが見られます~



4.
d0054276_20181731.jpg


5.
d0054276_20182752.jpg

白い部分が総包片なので本当の花は中央に見られる丸く見えるところです~
この花はまだ蕾ばかりですね・・・・・♪



6.
d0054276_20183996.jpg


7.
d0054276_20185058.jpg

薄紅色のヤマボウシも多く見られます
交互に植えられているように感じますが実際には白いヤマボウシの方が多いです~



8.
d0054276_2019092.jpg


9.
d0054276_20191085.jpg

薄紅色の総包片のヤマボウシはヤマボウシの園芸種のようで品種名が『源平』や『サトミ』と呼ばれるもののようです~♪



10.
d0054276_20192132.jpg

総包片の幅が広くて丸く見られるヤマボウシがこの花です~



11.
d0054276_20193295.jpg

薄紅色のヤマボウシは葉の色も少し赤っぽいですね~♪



12.
d0054276_20194349.jpg


13.
d0054276_20195339.jpg


14.
d0054276_2020363.jpg


15.
d0054276_20201674.jpg

走っていてヤマボウシの色が2色なので何となく嬉しくなります~(*´∀`*)



16.
d0054276_20202781.jpg

総包片の幅が少し狭く感じられる花のタイプです・・・・・
実際に見ると幅の違いは良く判ります~(o ̄∇ ̄o)♪



17.
d0054276_20203755.jpg


18.
d0054276_20204975.jpg


19.
d0054276_20205962.jpg


20.
d0054276_2021109.jpg


21.
d0054276_20212156.jpg


22.
d0054276_20213291.jpg


23.
d0054276_20214364.jpg


24.
d0054276_20215757.jpg

武儀川の流れる風景です・・・・・
国道418号はこの川に沿って通っています~♪



25.
d0054276_2022962.jpg


26.
d0054276_20222286.jpg

本巣市方面から関市に向かって走っていますので武儀川は道路の右を流れています・・・・・



27.
d0054276_20223433.jpg


28.
d0054276_20224883.jpg


29.
d0054276_20451498.jpg

ヤマボウシの蕾・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



30.
d0054276_20452673.jpg

ヤマボウシの花~
ちゃんとシベが見えますね~(*´∀`*)



31.
d0054276_20453673.jpg


32.
d0054276_20454616.jpg


33.
d0054276_20455698.jpg

これだけの木があるので実の生る季節には一杯実が生っていると思いますがその時期に通ることがないので実が鈴生りの光景を見た事がないです・・・・・
自然公園などでは実をたくさんつけた木を見ることは多いので一度はこの並木でも見たいです~



34.
d0054276_2046887.jpg

今日はここに来る前に薬科大学の薬草園と畜産センターにも寄りました
薬草園ではボランティアの人達と1時間近く話していました~
畜産センターの薔薇園で気に入っていたバラの名前を確認したりスタッフの人とも少し話をしました・・・・・

日差しが強く暑い日が続きそうです
熱射病には気をつけないとダメですね・・・・・・
水分補給しながら楽しみたいと思っています~




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2016-05-20 20:58 | 身近な自然の話 | Comments(14)