タグ:樹木 ( 908 ) タグの人気記事

『ヤツデ』の花

梅林公園の近くに咲いていた『ヤツデ』に花が咲いているのを見ましたので写してみました・・・・・

昔は家の前や庭にヤツデを植えてある所が多くありましたが最近ではあまり見られなくなりました


『ヤツデの花』 ウコギ科
1.
d0054276_2043111.jpg


2.
d0054276_2044331.jpg


3.
d0054276_2045522.jpg


4.
d0054276_20553.jpg


5.
d0054276_2052122.jpg


6.
d0054276_2053382.jpg




ヤツデはウコギ科の植物で、タラやハリキ゜リ、ウコギと同じ仲間ですが山菜として食べられると言う話は聞い

た事が無いので多分食べられないのでしょうね~^^

ウコギ科の植物は大体どれも同じようにこのヤツデみたいな集合した花を咲かせます・・・・・




(E-500)
by shizenkaze | 2009-12-18 20:11 | 身近な自然の話 | Comments(20)

落ち葉を踏みながら・・・・・

岐阜市にある金華山、水道山には団栗の生る木が半数以上を占めています・・・・・

特に金華山はスダジイが多く花の時期には山全体が金色っぽく見えるので『金華山』と呼ばれるようになったと言われます・・・・・

金華山山頂の岐阜城までは幾つもの登山道があります

その一つが梅林公園の神社横にあるのですが時間が無かったので少しだけ歩いてナラの落ち葉を踏みながら『カサカサ』と言う乾いた感触と落ち葉の音をを楽しんできました・・・・・



『落ち葉の道』
d0054276_19532258.jpg

d0054276_19533842.jpg

d0054276_1953519.jpg

ここに生えている木はコナラ、カシワ、ナラガシワ、クヌギ、アベマキ等が落葉樹で、アカガシ、シラカシ、ウラジロガシ、アラカシ、スダジイ、ツブラジイ、マテバシイ等は常緑樹です・・・・・
勿論落ち葉は落葉樹のものが殆どです・・・・・^^




『ナラ類の落ち葉達』
d0054276_195442.jpg

落ち葉の中には常緑樹の葉も混じっている時がありますが、これらは風で落ちた葉や動物や虫が落とした葉が枯れているものでしょうね~♪




『見かけた木々達』
d0054276_19541960.jpg

d0054276_19543312.jpg

d0054276_1954476.jpg

ここでは、ナラ、カシ以外にも多くの木々が見られます
こんな木の名前が全部分かれば楽しいでしょうね~~^^




『木の上の鳥の巣』
d0054276_195572.jpg

上ばかり見ていたら木の上に巣があるのを見つけました~
何の鳥が造ったものか私には分かりませんが詳しい人なら「ぱっ」と見ただけで分かるのでしょうね~




土曜日の朝にタイワンリスを見たので次の朝も出掛けて見ましたがいませんでした・・・・・

リスの代わりにフィルム一眼を持った人がいて暫く話をする事が出来ました~

ここには良く写真を撮りに来るようで長く話し込んでしまいましたが、とても楽しい時間が過ごせました・・・・・




(EX-FH20)
by shizenkaze | 2009-12-15 20:10 | 身近な自然の話 | Comments(18)

不思議な伝説の多い池  『夕べが池』

昔々ある所に・・・・・こんな出だしで始まる昔話やお伽噺ですが、岐阜市より少し西に位置している北方町に数多くの伝説がある『夕べが池』と言う小さな池があります・・・・・

近くには『円鏡寺』と言う歴史のあるお寺もあって何となく伝説が本当のようにも思えてしまいます・・・・・



『夕べが池』
d0054276_19305626.jpg

d0054276_19311153.jpg

色々な伝説の残る夕べが池。その周辺は釣りも楽しめる水辺の自然あふれた公園となっています。



『赤い橋』
d0054276_19312637.jpg

d0054276_19313822.jpg

d0054276_19315444.jpg

前に来た時には橋の色が木の色だったように思えましたので赤く塗りなおされたようです・・・・・




『釣り人』
d0054276_1932513.jpg

ここにはヘラブナ、コイ、モロコ、バスなどがいて釣りを楽しめます・・・・・
釣る為には『長良川漁協』の遊漁証がいります~^^




『流れ』
d0054276_19321959.jpg

d0054276_19323486.jpg



『伝説の書かれている案内板』
d0054276_1932497.jpg

ここの全てので仮説はインターネットでは調べられませんでしたので詳しく書かれていた立て札の写真をそのまま載せました・・・・・

『夕べが池の伝説』 (この池の一番有名な伝説だけ書いておきますね~)
昔、この地一帯が深い沼地だったころ、田植えを迎えた一人の作男がこの沼を眺めていいました。
「ここの田植えは嫌だなあ。股まで浸かっちまうから疲れることこの上ない、いっそのこと、池にでもなってしまえばいいのに」
そして翌朝、再び田植えにやってきた男はびっくりしてしまいました。
なんとそこは、一面に水があふれ、池になってしまっていたのです。
それからこの池はゆうべのうちに出来たということで「夕べが池」と呼ばれるようになりました。 




『ナンキンハゼ』
d0054276_193362.jpg

d0054276_19332051.jpg

池の近くに生えていたナンキンハゼに沢山の実が生っていました・・・・・
これだけあったら和蝋燭が何本出来るのでしょうね・・・・・^^♪




身近な所にも伝説の場所があったり、歴史的な所や伝統工芸の職人さんが見られたりします・・・・・

今まで気が付かなかったり気が付いていても通り過ぎていた事を反省しながらこれからは沢山の場所や物、人と出逢いたいと思っています~~^^♪



(M20)
by shizenkaze | 2009-12-12 19:49 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『鳥人間が集まる山』と『イビチャ』 (池田山風景)

岐阜市内から西に向かって40分程の所にある池田町には自然を楽しんだり体を動かしたり出来る『霞間ケ渓(かまがたに)スポーツ公園』と言う素敵な施設が整備されていますが、近くの池田山の山頂から飛び立つハングライダーやパラグライダーの姿を見掛ける事も良くあります・・・・・

この日(12月10日)は用があり近くに来ましたが時間が少しあったので少しだけ休憩をしながら写真を撮りました・・・・・

天気が曇っていた事とコンデジだったのでスッキリしたものが写せませんでした・・・・・



『池田山風景』
d0054276_2082392.jpg



『スポーツ公園内の木々』
d0054276_2084027.jpg



『パラグライダー』
d0054276_2085417.jpg

d0054276_209777.jpg

d0054276_2091884.jpg



『水路のある風景』
d0054276_2095080.jpg

d0054276_201084.jpg



『池田山と揖斐茶の畑』
d0054276_20103642.jpg

d0054276_20105169.jpg



『池田山(いけだやま)について』

標高923.9m。単独の山ではなく、広域でいえば伊吹山を中心とした山系の山の一つになります。
伊吹山のほぼ東北東に位置して揖斐関ヶ原養老国定公園に指定されています。

山麓の霞間ヶ渓(日本さくら名所100選の一つ)から、山頂までの付近一帯の約103haは「池田の森」として整備され、登山道もあります。
また、池田温泉付近から山頂付近まで自動車用道路が整備されていますが、急勾配、急カーブが多く、道路は狭くなります。
この道路は冬季(12月中旬から3月末)は閉鎖されてしまいます。

東側(池田町側)は急斜面になっていて、遮るものが全く無い為、岐阜市、大垣市、一宮市方面への見晴らしが良く、条件がよければ名古屋市までも望めます。
また、金華山と並んで東海地方有数の夜景スポットとして有名な山です。
急斜面の地形や風の条件が良い事から、ハンググライダー、パラグライダーの離陸所が設置されており、スカイスポーツの盛んな山なので多くのスカイスポーツファンが集まってきます。


『揖斐茶について』
揖斐茶(いびちゃ)は、岐阜県揖斐郡で生産されている日本茶のひとつです。
同郡の池田町や揖斐川町が主産地となっています。

静岡茶、宇治茶、狭山茶など有名な銘柄に比べると、ややマイナーな存在なのは否めませんが、元サッカー日本代表の監督にイビチャ・オシムが就任したのに伴い、オシムの知名度にあやかってラベルを片仮名表記に変えるという計画など、揖斐茶独自のブランドで町興しをしようとの機運が高まりました・・・・・。
オシム氏公認で『イビチャ』として現在も売られています~^^




(M20)
by shizenkaze | 2009-12-11 20:15 | 身近な自然の話 | Comments(12)

紅葉を見ているだけで・・・・・♪

12月になってからも山々では木々の葉が赤や黄色に色付いて私達の目を楽しませてくれます・・・・・
d0054276_19104569.jpg



紅葉を見て気持ちが安らぐのは私達日本人だけの特権とも言われていますが外国からの観光客や、こちらに来て過ごしている外国の人達も紅葉を綺麗だと思っているようです・・・・・
d0054276_1911339.jpg



葉が色付くと私達は秋を感じ、春から夏までの半年間に起きた出来事を思い浮かべると同時にこれから冬に向かって慌しくなる準備に心が待機をするそうです・・・・・
d0054276_19111820.jpg



赤色は暖色で元気になる色なので紅葉狩等で赤い葉を見るとアドレナリンが増えて少しのストレスなどは消えるようです~^^  
d0054276_19113140.jpg



紅葉の効用・・・・・駄洒落みたいですが本当に素敵なんですね~^^♪
d0054276_19114991.jpg



『真っ赤になったモミジ・・・・・』
d0054276_19123174.jpg



『大きな手と小さな手』
d0054276_1913858.jpg

大きな手は「ヤツデ」です・・・・・
まるでお母さんの手に赤ちゃん達が手を重ねているように思えました・・・・・



今日は梅林公園でモミジだけをアップしました

まだここの紅葉は見頃のようです~^^♪


(ブログのフロク)
『猫の梅之介の事・・・・・』
梅林公園で出会って時々写真を写している地域猫の『梅之介』と『梅次郎』を兄弟って以前紹介しましたが、実は姉妹のようでした・・・・・^^
d0054276_1927135.jpg

梅林公園に良く来て猫達を知っている『猫好き』さんからのコメントで判りました~
でもメスにオスみたいな名前はどうかな~と思いましたが宝塚歌劇団の人達も男名前の人がいるので、私が勝手に付けた名前はこのままにして、逢ったら『梅之介~』って呼ぼうと思っています~^^♪



(E-500)
by shizenkaze | 2009-12-10 19:24 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『圓龍寺』の大銀杏(天然記念物指定)

昨日の東別院の前にあるお寺ですが、パッと見るとお寺より銀杏の木に目がとまります・・・・・

それ程大きな銀杏の木がこのお寺にはあります・・・・・

『圓龍寺正面』
d0054276_2143971.jpg

d0054276_2145237.jpg



『銀杏の木』
d0054276_2151013.jpg

この銀杏は天然記念物に指定されています~^^




『お寺の屋根と銀杏』
d0054276_215239.jpg



『圓龍寺と金華山』
d0054276_2153931.jpg




『圓龍寺と大銀杏について』

圓龍寺(えんりゅうじ)は800年前に創建された古刹で、この大銀杏は樹齢500年と言われています。

樹高約30m・幹周り約6mという巨木で、岐阜市内ではおそらく一番古く大きな銀杏でしょう。

明治24年の濃尾大震災の時、この辺り一面焼け野原となったそうですが、寺の手前まで火が回って来た時に大銀杏から水気が発したので寺は焼けずに済んだ、という伝承があり、別名『火伏せの銀杏』とも呼ばれているそうです。

狭い境内に圧倒的な存在感を示しています。

このイチョウは雌の木なので実(銀杏)を付けますが実は小さな銀杏だと言うことです・・・・・。



明日からは自然の中で見た色々なものを載せたいと思っています~^^

お寺ばかりが続いてしまって・・・・・御免なさいね~^^♪



(E-500)
by shizenkaze | 2009-12-09 21:11 | 神社仏閣 | Comments(16)

岐阜別院周辺の散歩

今日は天気が良く、午前中には岐阜市内のお寺や公園をカメラを持って一回りして来ました・・・・・

一番最初に出掛けた『岐阜別院』周辺の風景を載せてみます・・・・・


『境内のイチョウの木』
d0054276_19323456.jpg


d0054276_19435098.jpg


d0054276_19333951.jpg



『イチョウと鐘突堂』
d0054276_19325864.jpg


d0054276_19332171.jpg



『鐘突堂と六角堂』
d0054276_19335981.jpg


d0054276_19341688.jpg



『本堂』
d0054276_19342839.jpg



『舞い散る銀杏』
d0054276_19344391.jpg



『重要文化財指定の正門』
d0054276_1935045.jpg


d0054276_19351692.jpg


d0054276_19353274.jpg



『紅葉と鐘』
d0054276_19355480.jpg




『本願寺岐阜別院(西別院)について』

1570年~1590年頃、本願寺11世顕如上人が美濃国に巡教の折に、美濃国厚見郡西野(現岐阜市西野町)の土豪、一柳直高(一柳直末、一柳直盛の父)が信徒となって帰依しました。一柳直高の没後、その墳墓のそばに一寺が建立されたことが始まりと伝えられています。

1603年(慶長8年)、准如上人が当地を巡教した際に、一柳直盛が父の一柳直高の遺命により申し出、この寺を本願寺の坊舎別院とすることになります。1645年(正保2年)年には本堂が再建されましたが、1713年(正徳3年)全焼してしまいました。

1720年(享保5年)に再建されましたが、1945年(昭和20年)7月9日、岐阜大空襲により山門、鐘楼、経蔵等を除く本堂などが焼失してしまいました。現在の本堂は1951年(昭和26年)の再建によるものです。

1975年(昭和50年)、岐阜市芥見南山3丁目に「岐阜別院芥見分院」が建立されています。


所在地  岐阜県岐阜市西野町3-1
宗旨   浄土真宗
宗派   浄土真宗本願寺派
寺格   別院
本尊   阿弥陀如来
創建年  慶長8年(1603年)
別称   西本願寺岐阜別院




今週は岐阜市内の神社仏閣や公園などを紹介したいと思っています・・・・・

勿論、紅葉や他のものも色々アップする予定です~^^





(E-500)
by shizenkaze | 2009-12-06 19:44 | 神社仏閣 | Comments(20)

紅葉の梅林公園散歩

梅林公園は何度も紹介していますが今回は今までとは少し違った所を歩いてみました・・・・・

ここは『梅林公園』と言うので梅が主体ですが秋には秋の散策に適している所も沢山あります~^^


『梅林公園の木々』
d0054276_19574245.jpg


d0054276_19575766.jpg


d0054276_2095277.jpg


『龍興寺』
d0054276_19582419.jpg

ここは今まで通り過ぎていましたが今回はゆっくり見て歩きました・・・・・
なかなか雰囲気の良いお寺でした・・・・・



d0054276_19583752.jpg



『池のある風景』
d0054276_19585490.jpg


d0054276_1959654.jpg



『満天星(ドウダンツツジ)の紅葉』
d0054276_19592552.jpg

ドウダンツツジの葉が真っ赤に色付いていました
この前出かけて入られなかったお寺のドウダンツツジも今頃はこんなふうに赤く色付いているんだな~なんて思いながら見ていました・・・・・



d0054276_1959394.jpg



『梅林公園について』
梅の名所として知られる公園で、約50種1,300本の梅の木が植えられています。
もとは私有地でしたが、岐阜市に寄贈され更に整備拡張され現在に至っています。
毎年1月中旬から早咲きの梅が咲き始め3月上旬から見頃を迎え、3月下旬まで様々な梅の花が楽しめます。
また、3月上旬には梅まつりが開催され多くの人で賑わいます。



梅林公園には私の好きな猫の『梅之介』達も行けば顔を見せてくれるので楽しい場所になりました・・・・・

今年はここに何度来たんだろう~って思うほど多く訪れました~~^^♪


(E-410)
by shizenkaze | 2009-12-03 20:11 | 身近な自然の話 | Comments(14)

アメリカフウ並木(金華橋通り)

岐阜市内には道路別に色々な街路樹が植えられていて並木道を作っています・・・・・
今日は金華橋通りの『アメリカフウ(モミジバフウ)』を紹介します
岐阜市内の繁華街周辺から長良川を渡って、ほぼ3km近くの並木道になっています・・・・・


『若宮町付近のアメリカフウ並木』
d0054276_19511891.jpg

d0054276_19513237.jpg

d0054276_19515014.jpg

あまり紅葉が進んでいませんがトゲトゲの実も付いているのが見られる木もありました・・・・・
実を拾って来てリースの材料にした事もあります



『岐阜中警察署付近の並木』
d0054276_1952431.jpg

冬支度で剪定をされたアメリカフウです・・・・・
この辺りは警察署、裁判所、消防署や中部電力等の建物があるので最初に剪定される事が多いようです・・・・・




『旧大学病院関係の建物』
d0054276_19521745.jpg

今は川向こうへ引越しをした岐阜大学の医学部のあった場所で、この建物も大学病院に係わりのある建物です・・・・・
記念として残すのか取り壊すのか判りませんが他の建物は全部取り壊されています・・・・・
窓に見える風船のような物に何となく不気味さを感じてしまいました~><




『プラタナス並木』
d0054276_19523976.jpg

アメリカフウの並木の途中、美江寺から金華橋手前の200m位だけがプラタナスの並木になっています
ここも剪定をされたので木が寒そうに思えます・・・・・




『金華橋の北にある並木』
d0054276_1953240.jpg

金華橋を過ぎるとアメリカフウの紅葉が見られます
少し離れているだけでこんなにも違うものなんですね~
川の影響なのかも知れません・・・・・



d0054276_19531664.jpg

金華橋の坂を下りながらMTBに乗ったままデジイチを構えて(危ないですね~^^)写した写真ですが、やっぱりピントがブレました・・・・・^^♪



この後でメモリアルセンター周辺の写真を写して来ました

メモリアルセンター一帯を『世界イベント村』と言って色々な催し物が出来るようになっています・・・・・

明日はメモリアルセンター周辺の『自然なもの』を紹介したいと思います~^^♪




(E-410)
by shizenkaze | 2009-11-26 20:09 | 身近な自然の話 | Comments(16)

山茶花咲く散策路(梅林公園にて・・・・・)

梅林公園の一番奥にある小さな神社の前には少し広い空間があって木々の中でのんびりする事が出来ます・・・・・

ここには以前たくさんのタイワンリスが遊びに来るので良く出掛けていました(今は殆ど見られません)

ここから金華山の頂上まで歩く事の出来る登山道があるのでリュックを背負って訪れる人を良く見掛けます・・・・・


『山茶花』
1.
d0054276_1932993.jpg


2.
d0054276_19323232.jpg



『神社』
d0054276_19325589.jpg


『狛犬』
d0054276_1933963.jpg


『モミジと赤い橋』
d0054276_19332447.jpg

前にアップした橋の近くのモミジですが、あの頃から少しだけ色付いていますが、赤くなっていませんでした



『いつもお供え物が絶える事の無い像』
d0054276_19334087.jpg

何の像なのか良く見て来なかったのですが、『平和関係』の像のようだったと思っています・・・・
いつも花等がお供えしてあります~♪



『木々』
d0054276_19335559.jpg

d0054276_1934951.jpg

この木々の中の落ち葉を踏みながらカサカサと言う快い音を聞いて楽しんでいます~^^


家から自転車で20分は掛からない公園なので、今年は春から何度訪れたか判らない位来ました・・・・
年中散策が楽しい場所です・・・・・^^♪



(E-510)
by shizenkaze | 2009-11-20 19:41 | 身近な自然の話 | Comments(18)