タグ:水辺風景 ( 222 ) タグの人気記事

『津屋川の彼岸花風景・・・・・』

今年も岐阜県海津市南濃町津屋の堤防沿いに咲く彼岸花を見に出かけました~
家からの距離は約30km程の所にあります・・・・・
10時過ぎにのんびり出掛けました~
国道21号で大垣市を過ぎ国道258号から県道56号(薩摩カイコウズ街道)で養老町を通り過ぎて南濃町津屋に着いたのが11時少し過ぎていました~
彼岸花の見学用に指定されている駐車場に車を停めて散策を始めました~(*´∀`*)

今日の中日新聞朝刊で紹介されていたので見物客がとても多く来ていました・・・・・


1.
d0054276_19533056.jpg

ここに来ると必ず写してしまうお地蔵様・・・・・
今日も彼岸花が供えられていました~(*´∀`*)



2.
d0054276_19534418.jpg

津屋川の岸辺に咲く彼岸花・・・・・



3.
d0054276_19535687.jpg

海津市津屋川の堤防沿い3キロは彼岸花の群生地として東海地方では良く知られています・・・・・
養老の滝で有名な養老山地から流れ下る津屋川流域は豊かな自然や今では見られない風景がたくさん残っています~♪



4.
d0054276_1954854.jpg

今年で出掛けるようになって3度目(3年目)になりますが蕾も多く見られましたが今までの中では一番花が多く見られました~



5.
d0054276_19541920.jpg

6.
d0054276_19543026.jpg

彼岸花の他には白花彼岸花やこのニラの花やツルボ等もよく見られました~



7.
d0054276_19544320.jpg

8.
d0054276_19545668.jpg

9.
d0054276_1955736.jpg

綺麗な彼岸花が多く咲いていました~



10.
d0054276_19552189.jpg

久しぶりに彼岸花の赤色を背景にして彼岸花を撮ってみました~
他では撮り難い光景ですがここでは花が多いので写せました・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



11.
d0054276_19553273.jpg

12.
d0054276_19554263.jpg

13.
d0054276_1955556.jpg

14.
d0054276_1956533.jpg

キアゲハが来て彼岸花に留まりましたがすぐに飛び立って行きました・・・・・



15.
d0054276_1956184.jpg

16.
d0054276_19563057.jpg

17.
d0054276_19564160.jpg

18.
d0054276_19565632.jpg

19.
d0054276_19571074.jpg

ススキと彼岸花と津屋川の流れ・・・・・



20.
d0054276_19572483.jpg

養老山脈を背景に流れる津屋川の風景に彼岸花の赤い色が綺麗でした・・・・・



21.
d0054276_19573750.jpg

22.
d0054276_19574887.jpg

23.
d0054276_1958164.jpg

24.
d0054276_19581490.jpg

25.
d0054276_19582543.jpg

26.
d0054276_19584187.jpg

27.
d0054276_19585237.jpg

28.
d0054276_1959545.jpg

29.
d0054276_19591579.jpg

アオサギが空から彼岸花を見物しているようでした~(*´∀`*)



30.
d0054276_19592770.jpg

31.
d0054276_19594071.jpg

32.
d0054276_19595587.jpg

33.
d0054276_200744.jpg

この近くには『津屋川水系清水池ハリヨ生息地』があります・・・・・
津屋川にハリヨがいるかどうかは判りませんがこの川にもブラックバスがいます
ブラックバス(オオクチバス・コクチバス・フロリダバスの3種)は特定外来生物に指定されていて移動や放流が禁止されています
在来種の希少な魚達がいなくなるのを避けなくてはなりません・・・・・



34.
d0054276_200186.jpg

艶々に輝く彼岸花でした~(o ̄∇ ̄o)♪



35.
d0054276_200301.jpg

36.
d0054276_2004182.jpg

37.
d0054276_200571.jpg

38.
d0054276_201829.jpg

彼岸花をローアングルで写しましたが空の色が真っ青じゃなかったのが残念でした・・・・・



39.
d0054276_2011920.jpg

40.
d0054276_2013269.jpg

41.
d0054276_2014878.jpg

42.
d0054276_202484.jpg

アマチュアカメラマン達がいっぱいでした~



43.
d0054276_202197.jpg

44.
d0054276_2023687.jpg

45.
d0054276_2024976.jpg

今日も去年と同じようにここから大垣市に向かい赤坂町の明星輪寺(みょうじょうりんじ)にも行きました・・・・・
このお寺もこちらでは彼岸花の名所になっています~
ここでは秋明菊や秋海棠も見られました・・・・・




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-23 20:34 | 風景 | Comments(18)

『秋桜(コスモス)と女郎花(オミナエシ)の咲く水辺風景』

メキシコで大きな地震がありました・・・・・
異常豪雨や大型台風等の自然災害が地球全体を襲う事が多くなったような気がします
自然は優しい顔だけではないことも覚えて暮らさなきゃならないのですね・・・・・

今日は木曽川水園のコスモスやオミナエシが見られる風景を載せました
まだ本格的なコスモスは見られませんがこれから少しずつ休耕田などではコスモス祭りが開催されるのでしょうね~


1.『コスモスが見られる水辺の風景・・・・・♪』
d0054276_19461616.jpg

2.
d0054276_19462940.jpg

3.
d0054276_19464093.jpg

4.
d0054276_19465143.jpg

5.
d0054276_1947231.jpg

6.
d0054276_19471452.jpg

ヒガンバナやノカンゾウも見られます・・・・・



7.
d0054276_19472614.jpg

8.
d0054276_1947385.jpg

手前にはコスモス・・・・・
対岸にはオミナエシが見られます~



9.
d0054276_19475025.jpg

10.
d0054276_1948197.jpg

11.
d0054276_19481529.jpg

12.
d0054276_19483180.jpg

木舟が置かれている所ではコスモスと一緒にヒメガマも見られます~
こんな風景が好きです・・・・(*´∀`*)



13.
d0054276_19484541.jpg

14.
d0054276_19485548.jpg

15.
d0054276_1949965.jpg

ススキも風に靡いていました~
秋の風景には欠かせない植物ですね・・・・・・♪



16.『オミナエシか見られる風景の中を歩いて・・・・・』
d0054276_19492091.jpg

17.
d0054276_19493451.jpg

18.
d0054276_19494746.jpg

散策用の木道の両側にはたくさんのオミナエシが咲いています~
オトコエシは僅かなので探さないと見られないくらいです・・・・・



19.
d0054276_1949599.jpg

木道横にもヒガンバナが僅かに咲いていました・・・・・



20.
d0054276_19501190.jpg

21.
d0054276_19502266.jpg

22.
d0054276_19503287.jpg

金曜日でしたので木舟遊覧も客が少なくて船頭さん達は退屈そうでした・・・・・



23.
d0054276_19504445.jpg

24.
d0054276_19505416.jpg




25.『木曽川水園の散策路・・・・・』
d0054276_1951788.jpg

26.
d0054276_19511928.jpg




27.『茅葺古民家』
d0054276_19512933.jpg

土日には賑やかな古民家もこの日はとても静かでした~



28.
d0054276_19514424.jpg

29.
d0054276_19515450.jpg

軒下に干してあるのは唐辛子ですがこちらで栽培されている『あじめコショウ』かも知れません~

中津川市の名産で昔からこの地方で栽培されていた特有の在来品種の唐辛子です・・・・・
市内を流れる付知川に生息しているアジメドジョウに似ていることから『あじめコショウ』と呼ばれています~
果実は細長く程良い辛さで風味があり若採りすると辛味は少なく生食として利用できます・・・・・



30.
d0054276_1952472.jpg




週末は雨かと思っていましたが今日の天気予報では曇りか晴れのようなのでお墓参りと何処かで自然散策をするつもりです~




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-20 20:22 | 風景 | Comments(18)

『渓流と滝と花達と・・・・・』

粥川から国道156号に戻り岐阜市方面に向かいました・・・・・
途中で釜ヶ滝にも寄る事にしましたが前回と同じで幾つかある滝の一番手前にある第三の滝だけ見て来ました・・・・・
この釜ヶ滝の駐車場辺りでも花が見られることがあるので散策を楽しみました~

去年は花が終わりかけていたイワタバコも花を見ることができました・・・・・
思いもよらずキツリフネにも出逢えたので寄って良かったと思いました~(o ̄∇ ̄o)♪


1.『釜ヶ滝渓谷の流れ・・・・・』
d0054276_20171320.jpg

駐車場のすぐ近くに見られます・・・・・
この先に流しそうめんの『滝茶屋』がありますがその中を通って滝に向かいます~



2.
d0054276_20172597.jpg

土曜日だったので駐車場には多くの車が停まっていましたが滝茶屋の客が大半で滝への散策路には人は少なかったです~



3.
d0054276_20173786.jpg

4.
d0054276_20174925.jpg

5.
d0054276_2018063.jpg

6.
d0054276_20181298.jpg

前回は暑い日でしたが谷風は涼しく感じられました
この日は少し風が吹くとヒンヤリして冷え性の連れ合いは『寒い~』と言っていました・・・・・



7.
d0054276_20182380.jpg

8.
d0054276_20183540.jpg




9.『岩煙草(イワタバコ)』 イワタバコ科イワタバコ属の多年草
学名はConandron ramondioides
d0054276_20184651.jpg

山の岩肌に生え葉がタバコの葉に似るために名付けられました・・・・
短い根茎で岩の隙間などに付着します
土とは異なるので常に湿った岩場でないと生活できない植物です・・・・・・♪
林道脇など日陰で適当な明るさがある場所で岩を覆うように見られます~



10.
d0054276_20185998.jpg

11.
d0054276_20191167.jpg

葉は冬には枯れますが新葉が縮んだ冬芽として越冬します~



12.
d0054276_20192657.jpg

13.
d0054276_20193810.jpg




14.『流れ・・・・・』
d0054276_20195110.jpg

15.
d0054276_2020388.jpg

16.
d0054276_20201613.jpg

17.
d0054276_20202965.jpg

18.
d0054276_20204115.jpg




19.『逞しき木々達』
d0054276_2020541.jpg

渓流の流れに沿って散策路を歩いていると岩や山肌から苔生した木々が見られます
曲がったまま伸びたものや岩を割ってでも真っ直ぐ生えている木々も見られます・・・・・
自然の中に生きているもの全ては逞しいように思えました~



20.
d0054276_2021798.jpg

21.
d0054276_20212258.jpg

象のように見える木~(*´∀`*)



22.
d0054276_20213599.jpg




23.『釜ヶ滝 第三の滝』 落差20m
d0054276_20215049.jpg

これが第三の滝です・・・・・
第一の滝と第二の滝は坂や階段を進まないと見られませんので最近はここだけで引き返しています
途中に行者の滝もありますが今回は載せませんでした



24.
d0054276_2022464.jpg

25.
d0054276_20221764.jpg

26.
d0054276_20223032.jpg

27.
d0054276_20224469.jpg

28.
d0054276_20225739.jpg




29.『苔生した風景~』
d0054276_20231030.jpg

30.
d0054276_20232348.jpg

31.
d0054276_20233869.jpg

32.
d0054276_20234993.jpg

33.
d0054276_202419.jpg

シダの仲間も多いです~



34.
d0054276_20241377.jpg

35.
d0054276_20242498.jpg

キノコ(ホコリタケ)が湿った苔の上に出ていました~♪



36.
d0054276_20243532.jpg




37.『黄釣船(キツリフネ)』 ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草
学名はImpatiens noli-tangere
d0054276_20244752.jpg

ここでキツリフネに出逢えるとは思っていませんでした~
嬉しい出逢いでした・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



38.
d0054276_2025111.jpg

39.
d0054276_20251442.jpg

40.
d0054276_20252627.jpg

41.
d0054276_2025406.jpg

42.
d0054276_20255144.jpg




43.『水玉草(ミズタマソウ)』 アカバナ科ミズタマソウ属の多年草
学名はCircaea mollis
d0054276_2026230.jpg

駐車場近くの山裾で見ました~


44.
d0054276_20261690.jpg

45.
d0054276_20262562.jpg


岐阜市内から1時間程度で行けるので時間が少なくてもここなら滝を見に行けます~
他にもこれくらいで行ける滝はあります・・・・・

朝から少し遠くまで行きたいのですがなかなか出掛けられないです・・・・・゚(゚´Д`゚)゚
白川郷や高山が無理なら郡上八幡や琵琶湖の畔でのんびり散策したいです~

明日からは岐阜薬科大学の薬草園で見た花等を載せる予定です・・・・・




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-12 21:07 | 風景 | Comments(10)

『星宮神社と矢納ケ滝』

昨日は柳ケ瀬商店街のジュラシックアーケードを載せましたので今日は土曜日に出掛けた郡上市美並の粥川辺りを散策した時の写真に戻ります~

ツリフネソウ等を見た所から少し行くと星宮神社(ほしのみやじんじゃ)があります
高賀山を囲む高賀六社の一社で粥川谷(長良川支流)にあります・・・・・
神体が仏像(虚空蔵菩薩)であることや平安時代 ~鎌倉時代の懸仏があるなど廃仏毀釈以前の神仏習合の形が残っています・・・・・
かつて別当寺であった粥川寺は円空ゆかりの寺であり雑役のかたわら経文や手習いを教えられた場所と伝えられています~


1.『粥川周辺を歩いて・・・・・』
d0054276_19301357.jpg

ここの近くにヤマジノホトトギスやヒカゲカズラが見られました・・・・・



2.
d0054276_19302316.jpg

3.
d0054276_19303670.jpg

この場所にツルボが多く見られました~
アキノタムラソウもここに咲いていました・・・・・・



4.
d0054276_19304821.jpg

山に囲まれている所では空が少し狭く感じます~(o ̄∇ ̄o)♪



5.『星宮神社の参道から境内へ』
d0054276_1931232.jpg

石灯籠がたくさん並んでいます・・・・・



6.
d0054276_19311584.jpg

星宮神社の境内に入りました・・・・・♪



7.
d0054276_19312699.jpg

8.
d0054276_19313988.jpg

拝殿と本殿が見られます・・・・・
拝殿も再建されていますが本殿は享保12年(1727年)以降の再建のものになっています~



9.
d0054276_19315344.jpg

10.
d0054276_1932617.jpg

11.
d0054276_19323663.jpg

美並ふるさと館には円空仏が展示されています(入館料210円)



12.
d0054276_19324976.jpg

13.
d0054276_193322.jpg

14.
d0054276_19331717.jpg

15.
d0054276_19332846.jpg

16.
d0054276_19333934.jpg

17.
d0054276_19335166.jpg

威厳のある本殿です・・・・・



18.
d0054276_1934270.jpg

19.
d0054276_1934155.jpg

20.
d0054276_19342658.jpg

21.
d0054276_1934389.jpg

粥川地区の氏子は粥川谷の鰻を捕まえたり食したりすることを禁忌としています・・・・・
これは粥川谷の鰻が藤原高光に正しい道を教えたことによって『さるとらへび』を退治できたことから鰻が星宮(明星天子)の使いとされていたからです・・・・・
やがて明星天子と虚空蔵菩薩が同一とされ鰻は虚空蔵菩薩の使いとなってこの地域独自の民間信仰となりました・・・・・
他に牛返し岩より上では牛を飼わないということも虚空蔵菩薩信仰の影響と言われています(虚空蔵菩薩は丑年の干支守であることから)
粥川地区の氏子の多くは粥川谷の鰻以外の鰻も食べないと言われるので『土用丑の日に鰻を食べない地域』としてニュースなどで話題になることもあるようです~



22.
d0054276_19345415.jpg

23.
d0054276_1935798.jpg

左鎌の奉納が行われています・・・・・
これは双生児の場合は一方が左遣いとされていて双生児の大碓命と小碓命のうち大碓命が左遣いであったことに由来しています(大碓命は美濃国を開拓したと伝えられています)
所願の成就を祈る時に左鎌を奉納していました・・・・・
かつては鎌を板壁に突き刺して奉納していたようですが現在は左鎌が描かれた絵馬になっています~



24.
d0054276_19351668.jpg

本殿に近寄ってみました・・・・・



25.
d0054276_19353018.jpg

星宮神社の本殿正面です・・・・・
厳かで近寄るのも憚りましたが近くまでの道のようなものがあったので行ってみました・・・・



26.
d0054276_19354225.jpg

27.
d0054276_19355544.jpg

28.
d0054276_1936726.jpg

拝殿には賽銭箱はありませんでした・・・・・



29.『粥川の流れ・・・・・』
d0054276_19361937.jpg

30.
d0054276_19362864.jpg

31.
d0054276_19364187.jpg

32.
d0054276_19365193.jpg




33.『矢納ヶ淵(やとうがふち)の矢納ヶ滝(やとうがたき)』
d0054276_1937520.jpg

滝の上流にはあまり行かなかったので少し先に行きましたがツリフネソウ以外には珍しい植物も見られなかったので戻りました・・・・・



34.
d0054276_1937151.jpg

矢納ヶ滝(やとうがたき)は今までに何度も載せています・・・・・
小さな滝ですが伝説が残っているので近くに行くときは寄ってしまいます~



35.
d0054276_19372671.jpg

鬼退治の為に天皇から遣わされた藤原高光(三十六歌仙)が鬼退治の際に矢をこの渕に納めたことから矢納ヶ渕と呼ばれるようになったそうです・・・・・
この矢納ヶ滝よりも藤原高光の伝説の残る矢納ヶ渕が綺麗です~
いつ見てもエメラルドグリーンの水をたたえていて気持ちが穏やかになります・・・・・



36.
d0054276_19373784.jpg

37.
d0054276_19374926.jpg

この日は水量が少し多いような気がしました・・・・・
とても涼しかったです~



38.
d0054276_19375880.jpg

39.
d0054276_19381011.jpg

長良川は私が一番好きな川です・・・・・
数えられない程の支流もありその支流に注ぐ細流の全てが私は好きです~
岐阜市で生まれ育ち岐阜市の水道水(源泉は長良川の伏流水)を飲みこの歳になっているので私の体の60~65%は長良川の水のような気がします・・・・・

もし叶うことであれば末期の水はその日に流れている長良川の流れを汲んだものが飲みたいです~

明日はこの場所から南下して釜ヶ滝に寄って写したものを載せる予定です~




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-11 20:22 | 神社仏閣 | Comments(14)

『粥川沿いでの花散策(ツリフネソウ・ツルボ等)・・・・・』

今日は昼前から郡上方面に出かけました
陽射しが強く暑かったので流れの近くで木陰を歩きたくなりました~
最初に粥川の星宮神社近くを散策してから釜ヶ滝でも少しですが散策をしました
今日は粥川の矢納ケ淵辺りで花を探しながら流れの近くを歩いて撮ったものを載せます・・・・・


1.『釣舟草(ツリフネソウ)』 ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草
学名はImpatiens textori
d0054276_20465435.jpg

先日ここで咲いているのを見つけたので今日も最初に寄って見ました・・・・・
花数が増えていて綺麗に咲いていましたが離れている事と日陰になっていたのでブレた写真が多くなってしまいました・・・・・



2.
d0054276_20471029.jpg

3.
d0054276_20472031.jpg

4.
d0054276_20473159.jpg

5.
d0054276_20474167.jpg

6.
d0054276_20475390.jpg

7.
d0054276_2048981.jpg

8.
d0054276_20482065.jpg

9.
d0054276_20483378.jpg

10.
d0054276_20484623.jpg

11.
d0054276_20485859.jpg

12.
d0054276_20491287.jpg

13.
d0054276_2049234.jpg

14.
d0054276_20493679.jpg




15.『山路の杜鵑草(ヤマジノホトトギス)』ユリ科ホトトギス属の多年草
学名はTricyrtis affinis
d0054276_20494895.jpg

日本固有種で北海道西南部、本州、四国、九州に分布し山野の林内に生育しています・・・・・
ここでは彼方此方に咲いていましたが地面から僅かな所で花が1輪咲いているものが多かったです~



16.
d0054276_20495936.jpg

17.
d0054276_20501344.jpg

18.
d0054276_20502666.jpg

19.
d0054276_20503842.jpg




20.『蔓穂(ツルボ)』 キジカクシ科ツルボ属の多年草
学名はBarnardia japonica
d0054276_20505239.jpg

ツルボは可愛い花だと思います~
色や雰囲気がヤブランのように感じますがツルボの花は細かくて優しく思います~



21.
d0054276_2051528.jpg

22.
d0054276_2051158.jpg

23.
d0054276_20513052.jpg

24.
d0054276_20514432.jpg

こんな感じの花って殆どが下から順に花を咲かせますね~



25.
d0054276_20515815.jpg

26.
d0054276_2052924.jpg

27.
d0054276_20522245.jpg

28.
d0054276_20523457.jpg

29.
d0054276_20524880.jpg

30.
d0054276_2053087.jpg




31.『現の証拠(ゲンノショウコ)』 フウロソウ科フウロソウ属の多年草
学名はGeranium thunbergii
d0054276_20531329.jpg

32.
d0054276_20532351.jpg




33.『秋の田村草(アキノタムラソウ)』 シソ科アキギリ属の多年草
学名はSalvia japonica
d0054276_20533492.jpg

34.
d0054276_20535233.jpg




35.『水引(ミズヒキ)』 タデ科イヌタデ属の多年草
学名はPersicaria filiformis
d0054276_2054481.jpg




36.『金水引(キンミズヒキ)』 バラ科キンミズヒキ 属の多年草
学名はAgrimonia pilosa var. japonica
d0054276_20541773.jpg

37.
d0054276_20542862.jpg




38.『日陰蔓(ヒカゲノカズラ)』 ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属の羊歯植物
学名はLycopodium clavatum
d0054276_20544091.jpg

39.
d0054276_20545493.jpg




40.『蝮草(マムシグサ)』 サトイモ科テンナンショウ属の多年草
学名はArisaema serratum
d0054276_2055842.jpg




41.『カワラタケの仲間』
d0054276_20552055.jpg


歩いていると栗のイガもよく落ちていましたが栃の実も幾つか見られました・・・・・
また連れ合いが木の実や松毬拾いを始めました~(o ̄∇ ̄o)♪

明日はこの近くにある星宮神社と矢納ケ淵を載せたいと思っています~
柳ケ瀬商店街のジュラシックアーケードを見に出かけた時にはそちらを載せる予定です・・・・・




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE
by shizenkaze | 2017-09-09 21:35 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『高砂百合(タカサゴユリ)と赤芽槲(アカメガシワ)と長良川・・・・・』

岐阜県道94号線を走り三輪神社に寄ってから岐阜市街に向かいました・・・・・
途中の溝口公園前を通り普段だと溝口童子から坂を登って県道94号のバイパストンネルを通りますがこの日は通らず下の道を走りました・・・・・

番場山の麓の護岸に毎年多くのタカサゴユリが咲くので連れ合いに見せたかったので少し遠回りしました~♪

今年も例年のようにたくさんのタカサゴユリが咲いていました・・・・・
道路から長良川を見るとここでもアカメガシワの雌花が見られました~


1.『長良川の風景~』
d0054276_202351.jpg

長良川は河口から上流の高鷲まで1本の河川ですが関市近くで今川と分かれてこの近くで再び合流しています・・・・・
写真の場所は合流部より少し上流になります~
遠くに岐関(ぎせき)大橋が見えます・・・・・♪



2.
d0054276_202539.jpg




3.『高砂百合の咲く風景』
d0054276_203658.jpg

山の斜面にたくさんの高砂百合が見られますがまだ蕾も多かったです~



4.
d0054276_2032168.jpg




5.『高砂百合(タカサゴユリ)』 ユリ科ユリ属の多年草
学名はLilium formosanum
d0054276_2033454.jpg

原産地は台湾で観賞用に1923年~1937年に導入されたと言われています
花は横からやや下向きに咲き花被片は6枚で白色で外面の特に中肋に沿って淡い赤紫色の筋が見られます~
花全体が白色のテッポウユリの近縁で両者の間に『シンテッポウユリ』と呼ばれる雑種ができています・・・・・・・
シンテッポウユリはタカサゴユリによく似ていますが花は白色で筋は見られません~♪



6.
d0054276_2034611.jpg

7.
d0054276_204546.jpg

誰が植えた訳でもなく毎年同じように花を咲かせます~
でも時々テッポウユリやシンテッポウユリのような花が見られることもあります・・・・・
今年はタカサゴユリだけのようでした~(o ̄∇ ̄o)♪



8.
d0054276_2041679.jpg

9.
d0054276_2042889.jpg

10.
d0054276_2044280.jpg

11.
d0054276_2045519.jpg

12.
d0054276_205740.jpg

13.
d0054276_2052147.jpg

14.
d0054276_2053194.jpg

15.
d0054276_2054578.jpg

16.
d0054276_2055744.jpg

17.
d0054276_2061061.jpg

タカサゴユリの咲いている山裾の反対側は長良川です~
河原に車を停めてディーキャンプ等をしている人が見られました・・・・・
長良川では禁止エリアもありますが殆どの場所でキャンプやバーベキューが楽しめます
次に来る人のために汚さないようにして来た時以上に綺麗にして帰って欲しいです~



18.
d0054276_2062293.jpg

川面を背景にして撮ってみましたが花が咲いていなくて蕾ばかりでした~(´;ω;`)



19.『赤芽槲(アカメガシワ)』 トウダイグサ科アカメガシワ属の落葉高木
学名はMallotus japonicus
d0054276_2063639.jpg

長良川発電所の所でも咲いていたので写しましたがここにもアカメガシワの雌花が咲いていました
本当に今年はアカメガシワによく出逢います~(o ̄∇ ̄o)♪



20.
d0054276_2064918.jpg

花穂(花序)があまり綺麗ではありませんでした・・・・・
こうして見ると長良川発電所で見たアカメガシワの花は姿がとても綺麗でした~♪



21.
d0054276_207138.jpg

22.
d0054276_2071565.jpg

長良川を背景にたくさんの花を咲かせていました~

今日は岐阜市内でも激しい雨が降りました・・・・・
今も降り続いています~゚(゚´Д`゚)゚
名古屋市や多治見市で激しい雨が降りましたがそれに近い豪雨となりました
昨日今日は雷雨が続いて気象状況がとても不安定になっているようです・・・・・

25日の朝から引越ししますが今のところ片付けものをしながらブログ更新を続けたいと思っていますがどうしても無理になれば数日はお休みするかも知れません~
それに今度行く所は息子がインターネットをしているので環境は出来ているようですが私のPCで無線ランをするのは初めてなのですぐ使用できるかどうかも判りませんので暫くは平常更新が出来ないかも知れません・・・・・・・

なるべく更新は続けたいと思っています~(o ̄∇ ̄o)♪






(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-18 20:40 | 身近な自然の話 | Comments(12)

『洲原ひまわりの里のヒマワリ達~』

今日は最近行く市のゴミ処理場でなく以前よく行っていた東部の処理場へ片付けて出たものを運んでから少しドライブに出かけました~
処理場は国道156号の芥見近くなのでそのまま国道を北上しました・・・・・
途中の関市で昼になったのでうどんを食べに入りました~
盆休み中なので月曜日でも混んでいました

昨日から郡上市では日本三大盆踊りになっている『郡上踊り』の徹夜踊りが始まっているので参加者や見学者らしき車が多く北に向かっていて国道が混んでいました・・・・・゚(゚´Д`゚)゚
あまり奥に行くのは大変なので美濃市の洲原で毎年見ている『洲原ひまわりの里』でヒマワリを見てから戻ることにしました~


1.『洲原ひまわりの里』
d0054276_20404321.jpg

長良川沿いの長閑な景色に囲まれた洲原地域ふれあいセンターに隣接する『洲原ひまわりの里』では7月下旬から8月中旬にかけて約3万本のヒマワリが咲き誇ります~
さまざまな品種のヒマワリが栽培されていてカラフルなヒマワリ畑が楽しめます・・・・・

8月上旬から中旬にかけては『ヒマワリ迷路』も登場します~
ヒマワリ迷路の開花期間中はヒマワリの上を魔女が飛んでいるように見える写真を各自で撮影して投稿する『魔女コンテスト』もやっています~(o ̄∇ ̄o)♪



2.
d0054276_20405668.jpg

『洲原地域ふれあいセンター』の建物がヒマワリに合っていて毎年撮ってしまいます~



3.
d0054276_2041880.jpg

4.
d0054276_20412238.jpg

ここには1本の茎からたくさんのヒマワリが咲く品種も多いです・・・・・



5.
d0054276_20413638.jpg

6.
d0054276_20415331.jpg

7.
d0054276_2042899.jpg

右に見える赤い橋は『洲原橋(すはらばし)』です~
国道156号からこの橋を渡って行きます・・・・・・



8.
d0054276_20422314.jpg

9.
d0054276_20423669.jpg

10.
d0054276_20424983.jpg

このタイプのヒマワリも綺麗に咲いていました~



11.
d0054276_2043059.jpg

12.
d0054276_20431686.jpg

ヒマワリ迷路です~
ここはまだ良いですが反対側のヒマワリ畑は先日の台風5号の影響で倒れてしまったものが多かったようでした・・・・・
写真に撮るには偲びなかったので撮りませんでした・・・・・(´;ω;`)



13.
d0054276_20433044.jpg

14.
d0054276_20434552.jpg

15.
d0054276_2044276.jpg

背が一番高いヒマワリは5m以上はありそうでした~
最近こんなヒマワリは少なくなりました・・・・・(*´∀`*)



16.
d0054276_20441674.jpg

17.
d0054276_20442816.jpg

18.
d0054276_20444219.jpg

19.
d0054276_20445695.jpg

20.
d0054276_2045856.jpg

ヒマワリ達をアップで・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



21.
d0054276_20452275.jpg

22.
d0054276_20453784.jpg

23.
d0054276_204549100.jpg

24.
d0054276_2046221.jpg

最近はこの黒いハチをよく見かけます・・・・・
外来種の『台湾竹熊蜂(タイワンタケクマバチ)』と言うハチでクマバチの仲間です
中国南部からインドや台湾に幅広く分布していますが2006年に愛知県豊田市で本種の侵入が初めて報告されてから愛知県と岐阜県に定着が広がっているハチになります・・・・・

刺されれば痛いですがスズメバチのような毒性は無いと言われています



25.
d0054276_20461674.jpg

26.
d0054276_2046294.jpg

『魔女コンテスト』の案内看板が飾られていました~
去年まで無かったような気がします・・・・・(*´∀`*)



27.
d0054276_20464246.jpg

この写真のように魔女の姿でヒマワリの上を飛ぶ光景を撮ります~
合成写真ではないですよ・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



28.『朝鮮朝顔(チョウセンアサガオ) 実』 ナス科チョウセンアサガオ属の多年草
学名はDatura metel
d0054276_20465695.jpg

洲原地域ふれあいセンターの敷地内に見られました~
花は萎んでいましたがトゲトゲの特徴ある実がたくさん生っていました・・・・・



29.
d0054276_2047625.jpg

30.
d0054276_20471838.jpg

実が割れて中の種子が見えているものもありました~



31.『長良川の鮎釣師達~』
d0054276_20473228.jpg

洲原ひまわりの里の前を長良川が流れています~
洲原地域ふれあいセンターの駐車場から長良川を見ると鮎釣りの釣人が数名見られました~
私は鮎釣りは1度したくらいですがこの場所より少し上流にある上河和橋の辺りには釣りをしていた初期の頃には良く出掛けていました・・・・・
型の良いアマゴが釣れるポイントでした~(o ̄∇ ̄o)♪



32.
d0054276_2047472.jpg

33.
d0054276_2048286.jpg

34.
d0054276_20481536.jpg

長良川の鮎釣りは友釣りです・・・・・
この釣人は今鮎が釣れた瞬間のようです~



35.
d0054276_20482921.jpg

36.
d0054276_20484338.jpg

オトリ鮎(地域によって呼び名が変わります 種鮎や親鮎等と言う所もあります)の状態をチェックしているようです~
やっぱりオトリ鮎が元気だと釣果が出るようです~
でも私の知っている名人は死んだ鮎でも竿さばきで生きたように見せてちゃんと釣りました~
今は天の川で鮎釣りをしているかも知れません~♪



37.
d0054276_20485838.jpg

今日はここから国道156号を使わず横道に逸れて長良川を眺めながら古い発電所の前を通って三輪神社から自宅に向かいました~
途中で私がよく撮っている高砂百合の見られるところも通り車を停めて少し写真を撮りました~

盆休みも明日が最終日ですが明日も片付けものです~
水木と仕事に出かけるとまた3日間休みになるのでその3日間で片付けものを終わらせたいと思います~

天気予報では明日から天気が悪くなりそうです・・・・・・




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-14 21:40 | 風景 | Comments(14)

『円空街道の鯖大師石像や円空仏と粥川の橋の鰻飾りなど・・・・・』

郡上市美並町粥川の散策を長く続けましたが今日で終了です~
今日は川干谷川と粥川が合流する場所で見られた円空仏などが立てられている風景と粥川の橋に付けられていたウナギの飾りプレート等を載せることにしました~

この辺は伝説の多いところです~
藤原高光の鬼退治の伝説の舞台で粥川のウナギが鬼の居所へと藤原高光を導いたと言われている場所であったり円空上人が誕生した地であると言われて数多いものが残されています~


1.
d0054276_2041075.jpg

県道白川~内ケ谷線(通称・円空街道)と円空岩に向かう林道の分岐に見られました・・・・・
これらの円空仏は円空上人が彫られたものではありませんがこの地域には数多くの円空仏が見られます・・・・・
国道156号から入って今回通って来た道沿いには数十の円空仏(木彫仏)が見られます~



2.
d0054276_20411746.jpg

3.
d0054276_20413126.jpg

『鯖大師』の説明が書かれていました~♪



4.
d0054276_20414740.jpg

この辺は『歴史と伝説のふるさと』として『円空と山伏・鬼退治伝説と鰻の群棲地』を観光アピールしています~
自然も川や渓流そしていろいろな木々や植物も多くて散策は楽しいところです~



5.
d0054276_2042117.jpg

6.
d0054276_20421595.jpg

7.
d0054276_20422746.jpg

サルスベリも綺麗に咲いていました~
背の低い矮性のサルスベリのようでした・・・・・



8.
d0054276_20424349.jpg

カーブミラーにも円空仏~(o ̄∇ ̄o)♪



9.
d0054276_20425989.jpg

10.
d0054276_2043155.jpg

11.
d0054276_20433414.jpg

橋の欄干にも円空仏を使ったものが付けられています・・・・・
これの本物は星宮神社近くの『ふるさと館』で見られるようです~(o ̄∇ ̄o)♪



12.
d0054276_20434893.jpg

サルスベリと一緒に・・・・・・♪



13.
d0054276_2044230.jpg

この橋に取り付けられていた鰻のプレートです
橋全体には6枚付けられていました~

ここにある伝説です・・・・・
昔瓢ヶ岳には鬼が住んでいて度々粥川の里に下りて来て人々を悩ませていました・・・・・
そこで御門の命により藤原高光が鬼退治をすることになったのですが鬼は変幻自在に行方をくらまし見つける事ができずに高光は困り果てました・・・・・
すると目の前に一匹のウナギが現れ道案内をするかのように前を行くのであとを追うと高光は鬼を見つけだすことができて持っていた弓矢で見事退治することができました・・・・・

その後高光は弓を宮に納め矢を滝に納めたのでその滝を『矢納ヶ淵』と言うようになりました~

粥川の人々は自分たちを悩ませていた鬼を退治する手伝いをしたウナギを神の使いとして崇めてそれ以後食べることを禁止したと言います・・・・・
また人々がウナギを大切にしていたこともあって昭和の半ばまでは粥川にはウナギが大量に生息し大正13年には『ウナギの群棲地』として国の天然記念物にも指定されました~(*´∀`*)

過去に病気によって大量死したこともあり現在ではあまりウナギの姿を見つけることが少なくなっていますが美並の昔を伝える資料館『美並ふるさと館』には粥川の辺でお釜を洗う女性に無数のウナギが群がっている写真を見ることができますし星宮神社の境内にある池ではたくさんの大きなウナギの姿を見ることができます・・・・・・・



14.
d0054276_20441674.jpg

ウナギをこの写真で見られたら凄く視力の良い人か嘘付きかも・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



15.
d0054276_20443029.jpg

別のプレートです~
同じ時に付けられたものでも傷み方は違いますね・・・・・
手摺りもこちらは錆が多かったです~(´;ω;`)



16.
d0054276_20444461.jpg

成魚のウナギだったらこれくらいの堰堤は簡単に上ります~



17.
d0054276_20445869.jpg

この川は粥川ではなく川干谷川です・・・・・
この奥に円空岩がありました~

暫くは3日間の休みの1日を散策日にして2日間は片付けをしようかと思っています
盆休みが5日間あるのでその間で終わらせれば・・・と考えています~
とにかく予定日が迫って来るので気持ちが苛立ちます

こんな時には自然の中で綺麗なものや可愛いものに出逢いたいです・・・・・





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-02 21:25 | 風景 | Comments(12)

『円空の森水と円空岩を見に行きました・・・・・』

岐阜県郡上市美並町粥川の瓢ケ岳の麓には微笑みの木彫仏を彫り続けた円空の出生の地という伝説があります・・・・・
今回は寄りませんでしたが星宮神社の隣にある『ふるさと館』には美並町内の円空仏が展示されています・・・・・
瓢ケ岳からの湧水を引いた星宮神社の駐車場の脇に水汲み場が作られ『円空の森水』と名付けられていて多くの人がポリタンクなどを持って水を汲みに来ています~

今日はここの風景と粥川下流部で合流している川干谷沿いの林道奥に見られる『円空岩』で撮った写真を載せます・・・・・
林道は軽自動車でも横の木の枝が車体に触れるくらい狭いところでした・・・・・


1.『円空の森水』
d0054276_2040547.jpg

湧き出ている水の説明が書かれています・・・・・
この山の反対側にも湧水で有名な『高賀神水庵』がありマラソンの高橋尚子さんが飲んでいたと言われて多くの人が汲みに来ます~
同じ源泉のようなのでこちらで汲んだ方が楽に思えます~(o ̄∇ ̄o)♪



2.
d0054276_20411131.jpg

3.
d0054276_20413564.jpg

この案内図で見るとツリフネソウとウバユリは『円空の森水』の横に見える粥川の近くです
ヒカゲノカズラは現在地から『粥川の森』に向かう途中で見ました・・・・・



4.
d0054276_20415374.jpg

本物ではありませんがこの辺りには円空仏が多く見られます
ここの県道を『円空街道』と言うようです~



5.
d0054276_2042893.jpg




6.『円空岩へ・・・・・』
d0054276_2042265.jpg

県道を国道方面に向かい途中の川干谷から林道に向かいました
谷川の流れもあり雰囲気は良いのですが道が狭くなっていきました・・・・・



7.
d0054276_20424159.jpg

この近くに車を停めて舗装してある細い道を歩きました・・・・・
案内には120mと書かれているので一安心です~(o ̄∇ ̄o)♪



8.
d0054276_2042574.jpg

軽自動車なら通れそうですが行かなくて良かったです~
円空岩がある所で道が無くなりUターンも出来ない所でした・・・・・
蛇行している細い山道をバックで120m戻るのは嫌ですね~(´;ω;`)



9.
d0054276_20431189.jpg

円空岩までの道は渓流が流れていてとても気持ちが良かったです~
金曜日でしたので人もいなくて静かなので熊にでも出逢ったらどうしようなんて連れ合いと話しながら歩きました~♪



10.
d0054276_20432796.jpg

11.
d0054276_20434231.jpg

12.
d0054276_20435531.jpg

13.
d0054276_2044849.jpg

円空岩の説明が書かれていました~



14.
d0054276_20442136.jpg

少し上から撮ったので小さく感じますが円空仏のある場所は高さが2mあるので私(身長171cm)が立ったままで楽に移動できます~



15.
d0054276_20443640.jpg

16.
d0054276_20444728.jpg

この奥は高さが50cm程なのですが手前が高くなっているので近くまで行けます・・・・・



17.
d0054276_2045193.jpg

18.
d0054276_20451452.jpg

勿論この円空仏も新しく信者の人が彫られたものなので円空上人の掘られたものではありません



19.
d0054276_2045278.jpg

20.
d0054276_20454252.jpg

円空岩の前はこんな風景になっています~
立派な杉林ですが利用されないのでしょうね・・・・・・
森林は木を利用して新しく植樹してサイクルが出来るので止められてしまえば森はいつか消えてしまいますね・・・・・



21.
d0054276_2045578.jpg

円空岩から車を停めてある林道に向かって歩きました~
こんな所を歩きながら細かく見ればツリフネソウなども見られるでしょうね・・・・・
時間が無かったので早く散策しましたが時間があればここだけで2時間は楽しめそうです~♪



22.
d0054276_20461457.jpg

以前からここにある『円空岩』に興味がありました
他にも『円空洞』や『星宮神社』等色々見られる場所が多いです・・・・・
いつも滝のある『矢納ヶ渕』までしか行きませんがもっと上流にも綺麗な風景の見られるところが多そうです~
いつかのんびり散策したいです~





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-01 21:30 | 風景 | Comments(14)

『姥百合(ウバユリ)と日陰鬘(ヒカゲノカズラ)』

粥川沿いにある『円空の森水』が湧き出ている所に車を停めて周辺を散策していて昨日載せたツリフネソウの花達を見ました・・・・・
同じ場所に見慣れないものが彼方此方にツンツンと出ていて先が蕾のように見られた植物が生えていました~♪
最初は何なのか判りませんでしたが蕾が少し開きかけのものも見られたのでこれがウバユリの蕾だと判りました・・・・・

そして近くの山裾を眺めながら歩くと所々にヒカゲノカズラが見られました~
この植物は荘川町の『であいの森』で初めて見て覚えた植物です・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪
今日はウバユリとヒカゲノカズラを載せることにしました~


1.『姥百合(ウバユリ)』 ユリ科ウバユリ属の多年草
学名はCardiocrinum cordatum
d0054276_2025399.jpg

この状態のウバユリを今まで見た事が無かったので最初は何の蕾なのか判りませんでした~
なんとなく『でっかいアスパラみたいだなァ~』と思いながら写真を撮りました・・・・・



2.
d0054276_2025554.jpg

下の流れは粥川です~
こんな感じで彼方此方に見られました・・・・・



3.
d0054276_202663.jpg

この姿のものも見られましたのでこれがウバユリだと判りました
でもウバユリなのかオオウバユリなのか少し迷いましたが花の数などからウバユリにしました・・・・・



4.
d0054276_20261940.jpg

5.
d0054276_20263133.jpg

6.
d0054276_20264665.jpg

7.
d0054276_2026565.jpg

8.
d0054276_20271265.jpg

9.
d0054276_20273389.jpg

花が咲いているものも少し下流部で見られました・・・・・
ウバユリの群生(30本程度でしたが・・・)を見る事がなかったので散策が楽しく感じられました~



10.
d0054276_20274424.jpg

渓流に咲くウバユリは初めて撮りました~(o ̄∇ ̄o)♪



11.
d0054276_20275678.jpg

12.
d0054276_20281338.jpg




13.『日陰鬘(ヒカゲノカズラ)』 ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属の多年草
学名はLycopodium clavatum
d0054276_20282520.jpg

一見大きな苔にも見えますが広義では常緑性シダ植物になります・・・・・
北海道〜九州の日当りのよい山麓に生えて地表を長く這って根を出し不規則に又状分岐する匍匐茎と葉を密生させる直立茎をだします・・・・・
葉は緑色の線形で開出し杉の葉の様な形状となります~
胞子嚢穂の柄は直立して線形の小さい葉を圧着させ先で分岐して円柱状の胞子嚢穂を数個つけます~



14.
d0054276_20283721.jpg

15.
d0054276_20284914.jpg

これがヒカゲノカズラの葉です~
ツヤのある緑色で綺麗に見えました・・・・・
カズラと名前に付けられていますが他の木々に絡むような事もなく地面を這っています~



16.
d0054276_2029180.jpg

これが胞子嚢穂です~



17.
d0054276_20291378.jpg

18.
d0054276_20292553.jpg

近くで眺めていると結構楽しい植物でした~
名前に日陰とあるので庭等では育たないのかも知れませんが特に湿地を好むわけでもないので今度住む所で育ててみたくなりました・・・・・
鮮やかな花のガーデニングより私好みの野生種コーナーが出来そうです~(o ̄∇ ̄o)♪

今日も暑くなりました
岐阜市内では35.6度のようでした・・・・・
私の体温より高い気温は辛いです~゚(゚´Д`゚)゚
明日は少し低くなるようですがそれでも32~33度にはなりそうです
水分補給ばかりしているのも嫌ですが飲まないと倒れそうになりますね~(´;ω;`)





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-07-31 21:01 | 身近な自然の話 | Comments(12)