タグ:自然公園 ( 425 ) タグの人気記事

『扉(トベラ)の花』

今日は『ハーブ』等の園芸種ではなく野山で見掛けた樹木の花を載せる事にしました・・・・・
散策路や遊歩道を歩いていると良く目に付く花です
色が2色見られるのは『金銀花』と呼ばれる『スイカズラ』に似ていますね~^^

秋に生る実は赤くて可愛いのですがなかなか出会う機会がありません
毎年写しているのは花ばかりになっています~



『白と黄色のトベラの花・・・・・^^』 トベラ科トベラ属の常緑低木です
学名はPittosporum tobiraと言います~^^
学名の中に『tobira(トビラ)』とありますが和名は『トベラ』なんです・・・・・♪^^

1.
d0054276_19374512.jpg

潮風や乾燥に強くて艶のある葉を密生する事などから海岸近くに多く植えられている事があります
観賞用や街路樹としても見られる樹木ですが道路の分離帯などに見られる事もしばしばあります~
雌雄異株なので雄花と雌花は別々の木に咲きます・・・・・




2.
d0054276_19375950.jpg

節分にこの木の枝を扉に挟んで邪鬼を払う風習があったので『とびらの木』と呼ばれていたようですが次第に変化をし『トベラ』になったと言われます・・・・・

ヒイラギの代用としてイワシと一緒に飾る地域もあるようです・・・・♪^^




3.
d0054276_1938103.jpg

花には芳香がありますが枝を折ると樹液に悪臭がある為に『邪気払い』とされるようになったようです




4.
d0054276_19382313.jpg

雌雄異株なので雄花と雌花は一緒には見られません・・・・
白い花と黄色の花が同じ場所に見えるので雌雄の花と勘違いする人もいますがこのトベラの花は初めは白い花ですが時が経つと黄色く変色します・・・・・
ですから同じ株に2色以上の花が見られます~♪^^




5.
d0054276_19383469.jpg

漢名では『海桐花』と書くようです・・・・・♪




6.
d0054276_19384487.jpg

花弁が丸まっているみたいで可愛く見えますね・・・・・^^
集まって咲いている花の色をよく見ると白と黄色だけでなく中間の色の花も見られますね~
白から次第に色付いて行く変化が判ります・・・・・♪^^




7.
d0054276_1938564.jpg

この花の後に見られる赤い実が可愛いのに『なかなか見られないです』と初めに書きましたが多分この場所(ふれあいの森)には雄木しか植えられていないのかも知れません・・・・・

秋にもここへは何度も出かけていますので赤い実を見逃す事は無いと思います~♪^^




8.
d0054276_1939872.jpg



9.
d0054276_19392063.jpg

こんな感じで花を咲かせています・・・・・^^
後が山なので薄暗くて白っぽい花は良く目立っていました・・・・・^^




10.
d0054276_19393397.jpg

木々の花は草の花よりタイミングが難しく思えます~><
低い所に咲いているものはまだ良いのですが高い所だけに咲いているものではお手上げになってしまいます

今日の新聞に穂高方面では今が水芭蕉の見頃のようです・・・・・
名古屋の公園ではラベンダーが見頃だとか百合園ではユリが綺麗に咲いているとか聞いていたFMから花情報が流れていました~^^

来週頃には『紫陽花祭り』の開かれる所もあるようで梅雨の憂鬱な季節でも綺麗な『花見』が出来ますね・・・
今週末はこちらの天気は『雨』になっていました・・・・・><
雨の晴れ間を見つけて楽しみたいですね~^^




(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-06-13 20:11 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『瑠璃萵苣(ルリヂシャ)の花、妖艶に・・・・・』

今日もタイトルの植物名を漢字で『瑠璃萵苣(ルリヂシャ)』と書きましたがハーブとして扱われている『ボリジ(borage)』の事です・・・・・♪^^

ハーブ等の園芸植物に疎い私ですが去年からハーブ園等にも出かけるようになりました
先日載せた『ニゲラ』のように自然の中では見られないような姿の植物を見る事が出来るので色々なものに興味が出る私には『植物の遊園地』や『花の玉手箱~』のように思えて楽しくなってしまいます・・・・・♪^^

去年もここで『ボリジ』を見てその変わった姿に目が釘付けになりました
今回は雨が降っていた事もあって雨の雫に濡れた『ボリジ』がより妖艶に感じられました~~



『ボリジ』 ムラサキ科ボラゴ属
学名はBorago officinalisと言います・・・・・^^
和名はルリヂサ(ルリヂシャ)とも言います
英名はボリジ(Borage)ですがこれはイタリア語、フランス語で『綿毛』を意味する『Burra』に由来していると言われています・・・・・
原産地は南ヨーロッパです~♪^^

1.
d0054276_20301289.jpg

この花を見ると何か不思議なものを見ているような気になりました・・・・・

植物と言うより未知の世界からやってきた生き物のように思えました~^^




2.
d0054276_2030251.jpg

新鮮なボリジはキュウリに似た風味を持っていてセージやパセリやミントと共にサラダの主要な素材の一つとして重宝されているようです~

病気の治療にも用いられて腫瘍を消滅させる効果があると記載されている書物もあるようです・・・・・




3.
d0054276_20303416.jpg

『ボリジ』は古代美術に於いても重宝されたようで多くの画家達はボリジの花弁から採れる汁を使ってマドンナブルーと呼ばれる色素を作って聖母マリアの青い衣服を塗っていたと言われています・・・・・^^

『マドンナブルー』が『どんなブルー』なのか判りません・・・・・><




4.
d0054276_20304472.jpg

この種子から抽出した油(ボリジオイル、ボラージオイル)はキャリアオイルやサプリメントとして利用されているようです・・・・・♪^^

この花を見ているとこの成分で作られたサプリメントって効くような気がしますね~~^^
でも何に効くんだろ?(笑)




5.
d0054276_20305525.jpg

茎や葉に見られるトゲトゲは産毛のようなものなので触れても全く痛くないです~
そっと触れていると植物を触っているような気にならずなにか小さくて華奢な小動物を撫でているような錯覚を覚えました・・・・・♪^^




6.
d0054276_2031635.jpg

この姿を見ていると本当に変わっている姿に不思議さを感じます・・・・・
アニメは見ないので良く判りませんがテレビのCMで『ポケモン』のゲームソフトを紹介している時に出てくる『モンスター』のようにも見えました・・・・♪^^




7.
d0054276_20311675.jpg

河川敷や山裾を散策していてもこんな植物には出会えません・・・・・

これからも知識として『ハーブ』や『園芸植物』等も色々見たいと思います~
勿論私のメインは『野山で見られるもの』ですが時々はこんな植物ともチョッピリ浮気してみたいと思っています~


毎日曇り空ばかりです・・・・・
今日も雨が降ったり止んだり、止んだり降ったりの一日になりました~><





(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2012-06-12 21:02 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『朝鮮薊(チョウセンアザミ)と蒔蘿(イノンド)』

本当は良く知られている植物なのに難しく漢字でタイトルを書いてしまう『意地悪』をしていると嫌われそうですね・・・・・

今日は『香りの森』で見た2種類の植物を載せてみました~
本当は1種類ずつ載せたかったのですが近くに咲いていたので同じ画面の中に写ってしまいましたので一緒にしました

丸っこい植物と開いたような植物なので何となく『ジャンケン』をしているように思えましたが『パー』を出しているような『イノンド』がいつも勝ちますね・・・・・♪^^



『朝鮮薊(チョウセンアザミ)はアーティチョークの事です』 キク科チョウセンアザミ属の多年草
学名はCynara scolymusと言います~^^

1.
d0054276_20282412.jpg

若い蕾を食用とする『花菜類』の一種です・・・・・
地中海沿岸原産で高さは1.5~2mで葉は50~80cmになります
食用となる蕾は8~15cmにもなる大きさです
江戸時代にオランダから日本に渡って来ましたが日本人には蕾を食べる習慣が少なくてあまり受け入られなかったようです・・・・・

牛蒡(ゴボウ)も日本では根菜ですが諸外国では花の蕾を食べるようですね・・・・・^^
昔、日本に来た外国の人にキンピラゴボウを食べさせたら『日本人は客に木の根を食べさせた』なんて怒ったとか・・・・・><

食文化の違いは仕方ないですね・・・・・




2.
d0054276_20283840.jpg

後では『イノンド(ディル)』も見られます・・・・・^^
同じ所に咲いていました~^^

だから今日は一緒に載せたんです・・・・・(笑)




3.
d0054276_20284819.jpg

アーティチョークの花はアザミのような花が咲きます・・・・・
大きくて迫力があります~^^





『蒔蘿(イノンド)はディルの事です~』 セリ科イノンド属(カワラボウフウ属とされる事もあります)の一年草
学名はAnethum graveolensと言います~^^

4.
d0054276_20285929.jpg

英名をディル (dill)と言って種子や葉を香味料や生薬として用いられます・・・・・

西南アジアから中央アジアが原産の植物で成長すると高さ40~60cmになります
細い茎には細かく裂開した柔らかな葉が互生します・・・・・
成長した葉の長さは10~20cmで幅1~2mmほどになります
花は白か黄色で2~9cmほどの小さな繖形花序をつくっています・・・・・




5.
d0054276_20291320.jpg

先日載せた『トウキ』や『シシウド』や『ハナウド』に似ていますが色が黄色くなるものも見られるのが相違点です・・・・・




6.
d0054276_20292425.jpg

羊歯(シダ)状の葉にはキャラウェイのような芳香があって今も香草としてボルシチなどのスープやピクルスなど様々な料理に使用されていますがイノンド(ディル)の葉は乾燥するとすぐに香りが失われてしまうので新鮮なものを使用することが原則です~^^

種にも強い香りと味があってスパイスとしてカレーやピクルスなどに使用されています・・・・・
それ以外として種には薬用成分があるので薬としても使用されています~♪^^




7.
d0054276_20293726.jpg

同じセリ科のフェンネルとは交雑し易いので繁殖用にして種子採るために栽培するものは互いを近くで栽培しない事が大切なようです・・・・・^^

雨の雫が細い茎にたくさん付いた姿がとても綺麗でした・・・・・
遠くの景色が雨粒の中に映って見えます~~♪^^




8.
d0054276_20294726.jpg

梅雨の季節は気分が滅入ってしまいがちですがこんな雫が見られるならもっと楽しみたいと思いますね・・・・・^^
『梅雨には梅雨の楽しみ方』を見つけなきゃ・・・・・♪^^




9.
d0054276_20295791.jpg

セリ科の白くて可愛い花達を今まで色々写しましたが黄色いセリ科の花もいいものですね・・・・・
姿形や『科』は違いますが『オミナエシ』っぽく感じられました~~♪^^




10.
d0054276_2030940.jpg

研究や観光の為に色々な花を植えている所はあまり知らなくて行く事がありませんでしたが去年辺りから身近にある所から出かけるようになりました・・・・・

河川環境楽園の木曽川水園、畜産センター、薬科大学の薬草園、ファミリーパーク、百年公園、薬博物館の薬用植物園等・・・・・

普段見られないものや貴重なものも場合によって見られる事があるので図鑑の中だけしか見られなかったものに逢える喜びがあります~^^

これからも自然の中をメインに、いつもの河川敷や近くの山の中・・・・・
郊外見られる田園風景や渓流と山々・・・・・
色々な所で多くの出会いを大切にしたいと思っています~~♪^^





(OLYMPUS E-510)
(OLYMPUS E-330)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2012-06-11 21:55 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『黒種草(クロタネソウ)の実・・・♪^^』

今日は雲ひとつ無いような快晴でしたが行きたかった所には行く事が出来ませんでした・・・・・
午後3時過ぎに『達目洞』まで行きましたがそこで出会った『達目洞を守る会』の人と出会って二人で1時間位話をしてそのまま帰りました~

今日の写真は昨日出かけた『山県市の四国山香りの森』で写して来たものです・・・・・
『黒種草(クロタネソウ)』は園芸植物の『ニゲラ』の事ですが今丁度花と実が見られるようでした~
面白い実なので何枚も写しました



『ニゲラ(黒種草)(クロタネソウ)は変わった姿でした~』 キンポウゲ科クロタネソウ属
学名はNigella damascenaと言います・・・^^

1.
d0054276_19361863.jpg

なんとなく西瓜(スイカ)にモジャモジャしたものが付いているように思えます・・・・・^^




2.
d0054276_1936307.jpg

『ニゲラ』の学名は『黒い』と言う意味のラテン語『Niger』が語源となっています・・・・・
南ヨーロッパ、中東、南西アジアに自生する一年草で花の色には白、青、黄、ピンク色、薄紫などがあります

原種の花弁の数は5〜10枚で葉は細裂しています
名前の通り花後に結実して黒い種子が出来ます・・・・・♪^^
果実は裂開果で熟すと膨らみます~




3.
d0054276_1936404.jpg



4.
d0054276_19365047.jpg

ニゲラにこんな実が出来るのは初めて知りました・・・・・
何とも言えないほど可愛く不思議な形だったので暫く眺めていました~^^




5.
d0054276_1937770.jpg



6.
d0054276_1937216.jpg

ニゲラの実(朔果)は不思議な形をしています・・・・・
花は 『Love in a mist 』と呼ばれる程に愛らしいのに実になると 『Devil in a bush』 と呼ばれるようです
これ程の変貌はまるで『ジキルとハイド』みたいですね・・・・・♪><




7.
d0054276_19373360.jpg

ニゲラの花を初めて見たのは長良川の河原でした・・・・・
大雨などで上流にあった花壇などから種が流されて私が散策している所まで流れ着き根を下ろして花を咲かせたのだと思いますが初めて見る不思議な花にビックリしたのを思い出します~

園芸図鑑で調べて名前を知りました・・・・・♪^^




8.
d0054276_19374581.jpg



9.
d0054276_19375616.jpg



10.
d0054276_1938621.jpg


昨日パソコンが少し変になって今まで分類してブログに載せるための写真のタイトルや数字などが全部見えなくなりました・・・・><
番号を打って順番に載せていましたが暫くは写した順番にしか載せられなくなったので醜い並び方になるかも知れません・・・・・

原因が判らないので直しようがなく新しくデーターを作らなくちゃ駄目なのかな・・・・・・・・><





(OLYMPUS E-510)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2012-06-10 19:58 | 身近な自然の話 | Comments(28)

『可憐に咲く笹百合(ササユリ)の花・・・』

岐阜市北部の山に『ササユリ』が咲く季節になりました・・・・・
私が今までにササユリを見ているのは『関市の百年公園』や『本巣市の文殊の森』が多かったのですが岐阜市内で見られる所があるのだからと思って今日は出掛けました~^^

他にも色々な花に出会えたので有意義な一日になりました(出掛けたのは昼過ぎでしたが・・・・・^^)


『笹百合が可愛く咲いていました~』 ユリ科ユリ属の球根植物
学名はLilium japonicumと言います~^^

1.
d0054276_19352277.jpg

ササユリは日本特産のユリで日本を代表するユリになります・・・・・
地域によってはヤマユリと呼ぶ所もあるようです~♪^^




2.
d0054276_1935391.jpg

本州中部地方以西から四国、九州に分布しています・・・^^

茎は立ち上がって間隔をおいて葉を付けます・・・・・
葉はやや厚くて楕円形で比較的大きな葉をしています
6~7月頃に可愛い花を咲かせます・・・・・♪
花の大きさは10~15cm位で雄しべは6本で赤褐色をしています
芳香があって花の色は淡いピンク色ですが希に純白のアルビノのものもあると図鑑などでは書かれていますがここのササユリは白い花のものが多く見られました~
葉や茎が笹に似ていることからこの名が付けられました・・・・・♪^^




3.
d0054276_19355136.jpg

別名をサユリと言う事もありますがこれは皐月(サツキ)百合の略から出来た言葉のようです
古事記に神武天皇が狭井川の畔での恋の場面でササユリが出て来る所がありますのでこれに因んで現在も奈良の率川神社の三枝祭りの際には巫女の手によって三輪山より集めたササユリを奉納する場面が見られます・・・・・




4.
d0054276_1936238.jpg

ここでは20本くらいのササユリが見られました・・・・・
蕾姿のササユリも少し花が痛みかけているものも見られましたので少し前から咲き始めてもう少し先まで咲き続けるようです・・・・・^^




5.
d0054276_19361420.jpg

盗掘があったり環境の変化で自生地のササユリも数が減ったり絶滅してしまった所もあるようです
日本固有の花で他のユリより可憐ですが地味に咲いています・・・・・
スカシユリ等のように他の園芸種と一緒に庭で咲かせようとしないで野に生きている花を見守ってやりたいですね・・・・・^^




6.
d0054276_19362472.jpg

他の場所で見たササユリは淡いピンク色のものが多かったように思えましたがここでは白花が多く見られました・・・・・




7.
d0054276_19363681.jpg

このササユリはほんの少しピンクかかっているように見えますね^^




8.
d0054276_19364722.jpg

蕾もまだ幾つも見られました・・・・・^^
咲きが少しピンクっぽいのが判りますね~♪




9.
d0054276_19365888.jpg



10.
d0054276_19371059.jpg


今日はここから帰る時に『ふれあいの森』にも立ち寄ってみましたがそこでは鳥撮りの集団に遭遇して少し嫌な気分になりました・・・・・><
丁度今『サンコウチョウ』が抱卵しているようで多くのカメラマンが来ていましたが散策路を占領して散策している人が通れない状態になっていました・・・・・

花でも鳥でも同じですが自然のものは皆さんの宝物だと思います
特定の人だけのものじゃないので花を採ったり他の人の生活や通行の邪魔になるような事をしてはいけないですね・・・・・><

私も気が付かないだけで人に迷惑をかけて写真を撮っているのかも知れないので周囲を見ながら行動するように心掛けたいと思いました・・・・・^^





(OLYMPUS E-620)
(OLYMPUS E-410)
(OLYMPUS E-500)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2012-06-03 20:15 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『茱萸(グミ)の蕾』

このグミの木を写したのは少し前になりますので今は蕾は見られず花が満開になっていると思われます
今日は仕事ですが仕事が終わってから用があって名古屋まで出かけて帰りが遅くなりますので『予約投稿』を初めて使ってみました

コメントの返事は帰宅してからしますが他のブログへのコメントは出来ないかも知れません・・・・・><



『木曽川水園の茱萸(グミ)』 グミ科グミ属
学名はElaeagnus multifloraといいます~^^
グミの種類の中の『ナツグミ』になります・・・・・

1.
d0054276_2371631.jpg



2.
d0054276_2372821.jpg



3.
d0054276_237403.jpg



4.
d0054276_2375271.jpg



5.
d0054276_238384.jpg



6.
d0054276_2381415.jpg



7.
d0054276_2382380.jpg



8.
d0054276_2383549.jpg



9.
d0054276_2384629.jpg

グミの花は青銅のような何となく作り物のようにも思えます・・・・・
今回は蕾の写真になりましたがまたいつか花も撮りたいと思っています~

ナツグミが無理でもアキグミもありますからね・・・・♪^^




(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-04-29 19:00 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『錨草(イカリソウ)の花が風に揺れて・・・・・』

今日も岐阜市内では春祭り(道三まつり)で近くの歩行者天国は人が溢れていました・・・・・
ユルキャラなどのパレードもあったようですが午後からはカタクリを見に市外へ出かけていました

去年より遅く出かけましたが花の咲き方はほぼ同じようでしたのでやっぱり今年は気温が低くて植物の生育が遅れている事が良く判りました
それに岐阜市より北にある山県(やまがた)市ではソメイヨシノもまだ蕾の所が多くて咲くのには後1週間はかかりそうでした・・・・・
有名な『寺尾の千本桜』はまだ咲いていないかも知れないと思いながら近くにある蕾だらけの木を見ていました・・・・・

今日は昨日写して来た木曽川水園の『イカリソウ』を載せます・・・・
今まで見る機会があっても写真に撮った事が無かったので私のブログでは初載せになります~^^


『錨草(イカリソウ)』 メギ科 イカリソウ属
学名をEpimedium grandiflorum Morr. ssp. grandiflorumと言います・・・

1.
d0054276_20421611.jpg

花は下向きに開いて大きさは約3cmで白または紅紫色です・・・
萼片(がくへん)は8枚で外側の4枚は早く落ちます
花弁は4枚で長い距(きょ)があってこれが船の錨(いかり)に似ているので錨(イカリ)草と言います




2.
d0054276_20422950.jpg

全草は淫羊霍(いんようかく、正確には淫羊藿)と呼ばれる生薬で精力剤として有名らしいです~^^
来ていたアリは知っていて来たのかな・・・(笑)




3.
d0054276_20424073.jpg

この花は『メギ科』の落葉多年草ですがナンテンやヒイラギナンテン、サンカヨウ等の木本類の多い科では珍しい草本類ですね・・・・・^^




4.
d0054276_20425179.jpg

白い花と緑色のコントラストがとても綺麗でした~^^




5.
d0054276_2043389.jpg

こんな感じで沢山咲いていました~




6.
d0054276_20431515.jpg



7.
d0054276_20432662.jpg



8.
d0054276_20433740.jpg



9.
d0054276_20434831.jpg



10.
d0054276_2044094.jpg


河川環境楽園の木曽川水園に来るようになって色々な植物達に出逢えるようになり楽しく思うようになりましたが手入れされている公園の中に咲いているものなので本当の自然の花とは違います・・・
でも本当の自然の中に咲くものが見られなくなっているのでこれも仕方ない事だと思います~><


先日動かなくなった『E-330』を出来る限り細かく清掃してレンズへのAF接点部分を1本1本綺麗に拭いて隙間にピンセットを使って潤滑油を付けたりして何とか動くようになりました~
AFとダスト機能が変なのでもしかすると電気的な部分の異常かなと思ってクリーニングして正解でした~^^
素人考えでしたがやってみるものですね~^^
これで修理に出さず暫くは使えそうです♪^^




(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-04-08 21:07 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『諸葛菜(ショカッサイ)の花・・・・・』

今日と明日は岐阜市の春祭り『道三(どうさん)まつり』ですがカメラを車に積んで花探しに出かけました~
去年の4月2日には満開だった『州上姫誓願桜』を見に行ったのですがまだ蕾ばかりで花は3つ咲いているだけでした・・・・><
近くにいた人が『明日の桜祭りは花が無いので寂しい祭りになる・・・><』と言っていました

今年は花が相当遅れている事が判りますね・・・・

仕方ないので予定変更で河川環境楽園の木曽川水園まで車を走らせましたが途中の堤防が桜の花見客で混んでいました・・・・
各務原の新境川の両岸に設けられた桜並木は『百十郎桜(ひゃくじゅうろうさくら)』と言って日本の桜100選に選ばれています・・・・・^^

木曽川水園に着いて今日も長い時間歩きながら写真を撮りました
先ず最初は『ショカッサイ』を載せる事にしますが皆さんの多くは『ムラサキハナナ』や『オオアラセイトウ』と呼ぶ事が多いのでしょうね?


『諸葛菜(ショカッサイ)』 アブラナ科オオアラセイトウ属
学名はOrychophragmus violaceusと言います・・・・・^^
別名にムラサキハナナとオオアラセイトウがありますが園芸家やガーデニングをしている人はムラサキハナナと呼ぶ事が多く植物を研究している人達はオオアラセイトウと呼ぶ事が多いようですね~^^
因みに属名はオオアラセイトウですが図鑑などにはショカッサイで載っている事が多いです・・・^^

1.
d0054276_20254846.jpg



2.
d0054276_2026266.jpg



3.
d0054276_202613100.jpg



4.
d0054276_20262496.jpg



5.
d0054276_2026363.jpg



6.
d0054276_20264826.jpg



7.
d0054276_20265872.jpg



8.
d0054276_2027836.jpg



9.
d0054276_20271970.jpg


今日はイカリソウ、タネツケバナ、ヒトリシズカ、ベニバナマンサク、アブラナ、シデコブシ、ラショウモンカズラにグミの花・・・・・
それにミモザ、スイセン、レンギョウ等の花と水郷巡り風景や対岸にある『138タワーパーク』の138タワーの写真なども撮りました~~

この中には時期がズレてボツになるものも出て来ると思いますが出来れば順に載せたいと思っています~




(OLYMPUS E-620)
(OLYMPUS E-410)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
(OptioRZ10)
(DSC1400Z)
by shizenkaze | 2012-04-07 20:34 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『小啄木鳥(コゲラ)』

キツツキの仲間は私にとって憧れの野鳥ですが近くの山等ではドラミング(木を突っつく音)が聞こえるものの姿があまり見られなくて写真に撮ることが出来ないでいました・・・・><

今までに撮ったキツツキは『コゲラ』だけで他の仲間はまだ近くで見たこともありませんでした

今日載せた『コゲラ』は河川環境楽園の木曽川水園にある梅林で写したものですが生憎の曇り空だったので綺麗な羽根の色が出ませんでした・・・・・



『梅と小啄木鳥(コゲラ)』 キツツキ科アカゲラ属コゲラ種
学名をDendrocopos kizukiと言います・・・・・
英語名はJapanese pygmy woodpeckerで『日本の小さなキツツキ』って言います~^^

1.『木曽川水園の梅の木にいました~^^』
d0054276_20261335.jpg

種名の「kizuki」は本種(コゲラ)を捕獲記録した時の採集地が豊後の杵築(大分県杵築市)だった事から付けられたものです・・・・・^^




2.
d0054276_20262554.jpg



3.
d0054276_20263654.jpg



4.
d0054276_20264862.jpg



5.
d0054276_20265987.jpg



6.『梅にコゲラ~^^』
d0054276_20271342.jpg

『梅にウグイス』や『梅にメジロ』は春の写真ではとても良い被写体になるので多くのカメラマンが狙っていますね・・・・・
でも『梅にコゲラ』だって決して引けをとりませんよ~♪^^




7.
d0054276_2027266.jpg



8.
d0054276_20273731.jpg


通勤途中に見られるモクレンも今日は花が大きく開いて見られました・・・・・
道路脇の街路樹下に植えられていたレンギョウも黄色い花を車が通る度に揺らしていました~

沈丁花も可愛い花の姿と素敵な香りで咲き誇った顔を見せています
染井吉野も花を咲かせていましたが陽の当たる所には多く咲き気温の上がらない所のものはまだ蕾だけでした・・・・・・

これから1本咲きの名のある桜もたくさん見られる並木の桜も綺麗な花を咲かせて私達の目を楽しませてくれますね~




(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2012-03-31 20:44 | | Comments(19)

『山茱萸(サンシュユ)』

今日載せたサンシュユの写真は『木曽川水園』で写したものなので『もう遅いかな?』と思って載せるのを躊躇ってましたが今日の通勤途中に見た庭に咲いていたサンシュユがまだ綺麗に花を咲かせていましたので大丈夫だと思ってアップする事にしました~^^

秋に生る赤い実も可愛いものですが春に咲く黄色い花の集まりはとても綺麗なのでよく写します・・・・・♪^^

宮崎県の民謡『稗搗節(ひえつきぶし)』の歌詞は『庭のサンシュウの木 なる鈴かけて鈴の鳴るときゃ 出ておじゃれよ鈴の鳴るときゃ 何と言うて出ましょ駒(うま)に水くりょと言うて出ましょ・・・・・』ですがこの中に出て来る『サンシュウ』は『サンシュユ』では無く『サンショ(山椒)』の事なので今日のサンシュユとは全く関係が無いようです~^^
ずっと前に気になっていたので調べた事がありました~♪^^



『山茱萸(サンシュユ)』 ミズキ目ミズキ科ミズキ属サンシュユ種
学名はCornus officinalis Sieb. et Zuccと言います~^^
別名をハルコガネバナ、アキサンゴ、ヤマグミとも呼ばれています・・・・・♪

1.
d0054276_20184347.jpg

山茱萸の音読みがそのまま和名になっています・・・
早春に葉がつく前に木一面に黄色の花を付ける事から『ハルコガネバナ』とも呼ばれる事もあり、秋に生るグミのような赤い実を珊瑚に例えて『アキサンゴ』とも呼ばれます~^^

この沢山集まって咲く黄色い花はとても綺麗で可愛いですね~^^




2.
d0054276_20185592.jpg



3.
d0054276_2019595.jpg

高さ3-15 mになる落葉小高木で樹皮は薄茶色です
葉は互生して長さ4-10 cm程の楕円形で両面に毛が見られます~
3月から5月にかけて若葉が出る前に花弁が4枚ある鮮黄色の小花を木一面に集めて付けます・・・
花弁は4個で反り返り雄しべは4個見られます~
夏になると葉がイラガやカナブンの食害を受ける事が多くなります・・・・・
晩秋に付ける紅色楕円形の実は渋くて生食出来ません~><




4.
d0054276_20191591.jpg



5.
d0054276_20192676.jpg

完熟した果実から核を除いて乾燥したものを山茱萸(さんしゅゆ)と言って漢方では収斂(しゅうれん)、強壮剤、腰痛、耳鳴り、遺精、インポテンス、糖尿病などの治療に用いるようです~^^
リンゴ酸や酒石酸等を含んでいるので味は酸っぱく酒に浸した山茱萸酒は強壮強精作用があると言われています~♪




6.
d0054276_20193798.jpg

いつもこの花を写しながら心の中で『イチ、ニ~、サンシュユ、イチ、ニ~、サンシュユ』なんて呟いてしまいます・・・・・♪^^




7.
d0054276_20194760.jpg



8.
d0054276_20195870.jpg

ミズキ科の花の中では花の大きさが小さいものになりますがたくさん集まって咲くのでよく目に付きます
遠くからでも見えるこの黄色は『ほっ』とする美しさですね~♪^^




9.
d0054276_2020992.jpg



10.
d0054276_20202296.jpg


明日の土曜日は仕事ですが天気が悪くなるようで朝から雨になるみたいです・・・・・
最近は週末になると天気が悪くなりますね~><

今度の日曜にはタイヤ交換をしないと・・・・・><
もう雪が降る事は無いでしょうからね~~^^

午後からは色々な花に逢いに出掛けたいと思っています・・・・・




(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2012-03-30 20:39 | 身近な自然の話 | Comments(24)