タグ:自然公園 ( 493 ) タグの人気記事

『絹柳(キヌヤナギ)と猫柳(ネコヤナギ)』

以前は柳(枝垂柳)が家の近くに並木としてありましたがケヤキに代わってから粕森公園前に少し見られるだけになってしまいました・・・・・
柳にも色々な種類がありますが私は『ネコヤナギ』のような『毛皮のコート』を身に纏っているものが好きなので出逢いがあるととても嬉しくなります~^^

今日は昨日出掛けた『河川環境楽園・木曽川水園』で見られた『キヌヤナギ』と『ネコヤナギ』を載せてみました・・・・・
よく似ていますが比べて頂くと違いが分かると思います・・・・・♪^^


『可愛いヤナギ達』

1.『絹柳(キヌヤナギ)』 ヤナギ科ヤナギ属の落葉小高木
学名はSalix kinuyanagi Kimuraと言います~
d0054276_2103414.jpg

絹毛の密生した銀白色の花穂や葉裏などから絹柳(キヌヤナギ)とつけられました・・・・・
関東地方以西の本州、四国、九州などで栽植され野生化していることもあります~

雄木だけが見られます・・・・・
朝鮮などから渡来したものと推察されている樹木です~
中部地方以北の本州、北海道に自生する近似種エゾノキヌヤナギS. petsusu Kimuraは本種より枝が細くて花穂はやや疎らで枝と葉共に毛が少ないです・・・・・




2.
d0054276_2104696.jpg



3.
d0054276_2105580.jpg



4.
d0054276_211416.jpg



5.
d0054276_2111545.jpg



6.
d0054276_2112428.jpg



7.
d0054276_2113383.jpg



8.
d0054276_2114373.jpg



9.『猫柳(ネコヤナギ)』 ヤナギ科ヤナギ属の落葉小高木
学名はSalix gracilistyla Miqと言います~
d0054276_21231034.jpg

葉は革質で裏面は灰色で絹毛があります・・・・・
早春の葉が出る前に花穂を出します~
雄しべは2本で花糸は合着しています
雌しべは花柱が子房より長くなっていて柱頭は短いです・・・・・
腺体(せんたい)が1個見られます(包鱗は白毛を密生しています)
日本全土の水辺に分布しているので良く見られる種類です~
銀白色の花穂がネコの尾に見えるので『ネコヤナギ』と付けられました~♪^^




10.
d0054276_212544.jpg



11.
d0054276_2121541.jpg

花が咲いているものも見られますね~^^




12.
d0054276_2122369.jpg



13.
d0054276_2123448.jpg



14.
d0054276_2124387.jpg



15.
d0054276_2125619.jpg

このような姿の柳は多くどれも最初は綺麗で可愛く見えますが中には花が咲き出すと可愛さが無くなってしまうようなものもありますね~~><

昨日の続きでセリバオウレンを載せようかと思いましたが色々な所に出掛けたので順番が前後になりますが同じようなものが続かないようにしてみました・・・・♪^^





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-03-04 22:31 | 身近な自然の話 | Comments(32)

『鳥達と午後の風景・・・・・』

今日は寝過ごしたのでのんびりしていました~
久し振りに連れ合いと『立ち寄り温泉』に行こうと思い国道157号を北上したのですが『本巣トンネル』を出るとそこは雪国のようになっていたので連れ合いの実家に寄ってから引き返して谷汲(たにぐみ)にある温泉に入って来ました・・・・・

カメラを持って出掛けましたが車の中が暖かくて外気温がとても低かったので結露すると嫌なので出しませんでした・・・・・><

今日載せた写真は『河川環境楽園・木曽川水園』で写したシロハラやジョウビタキと同じ日のものです・・・・・♪




『鳥達と少しばかりの風景を・・・・・』

1.『エナガ(柄長)』 スズメ目エナガ科エナガ属
学名はAegithalos caudatusと言います~
d0054276_20475677.jpg



2.
d0054276_2048714.jpg



3.
d0054276_20481694.jpg



4.『セグロセキレイ(背黒鶺鴒)』 スズメ目セキレイ科セキレイ属
学名はMotacilla grandisと言います~
d0054276_20483011.jpg



5.
d0054276_20484198.jpg



6.『木曽川水園下流部の風景~』
d0054276_20485261.jpg



7.『シジュウカラ(四十雀)』 スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ 属
学名はParus minorと言います~
d0054276_2049282.jpg



8.
d0054276_20491345.jpg



9.『ツグミ(鶇)』 スズメ目ツグミ科ツグミ属
学名はTurdus naumanni Temminckと言います~
d0054276_20492315.jpg



10.『夕暮れ風景』
d0054276_20493222.jpg



11.『ハシボソカ゜ラス(嘴細烏)』 スズメ目カラス科カラス属
学名はCorvus coroneと言います~
d0054276_20494358.jpg



12.
d0054276_2049531.jpg



13..『木々達のシルエット・・・・・♪』
d0054276_2050389.jpg

明日からは暫く堤防や河川敷で見られたものを載せるようにしたいですね~
今日写さなかったのでストックも無くなりました・・・・・(笑)

身近なものを写す事が好きなので堤防散策が丁度いいかも~~♪^^





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-02-24 21:09 | | Comments(22)

『愛想の良い尉鶲(ジョウビタキ)』

シロハラを写していると近くで行ったり来たりしているジョウビタキが見られました・・・・・
水辺近くの立て札や竹の手摺辺りで飛んで行ったり戻って来たりしていますので近くまで行ってカメラを向けていました・・・・・

このジョウビタキは何処かで喧嘩でもして来たのか狭い所を潜って遊んでいたのか分かりませんが頭から首辺りの羽根が乱れていました・・・・・
でも怪我などは見られなかったのできっとヤンチャ坊主で遊んでいてボサボサになったのでしょうね・・・・・(笑)
シロハラのようには近くに来ませんでしたがそれでも私と30分近く一緒にいました~
他で風景などを写して戻ってくるとまだ居たのでそれから20分近く写真を撮っていました・・・・・

同じジョウビタキと約50分間も一緒にいたのは珍しいですね~~♪^^




『ジョウビタキの男の子・・・・・♪^^』 スズメ目ツグミ科 (ヒタキ科)ジョウビタキ属
学名はPhoenicurus auroreus Pallasと言います~

1.
d0054276_20425985.jpg

チベットから中国東北部や沿海州それにバイカル湖周辺で繁殖して非繁殖期には日本や中国南部やインドシナ半島北部で越冬します・・・・・

日本では冬鳥として全国に渡来する渡り鳥ですが韓国では留鳥になっているようです~♪




2.
d0054276_20431271.jpg

この竹の柵がお気に入りのようでした・・・・・^^




3.
d0054276_20432145.jpg

何処かへ飛んで行っても・・・・・




4.
d0054276_20433270.jpg

1分もしない内に戻って来ます~♪^^

首の所の羽根がボサボサですね・・・・・><
きっとヤンチャなのでどこかでこんなふうになったのでしょうね~
きっとすぐに元通りになると思います・・・・・♪^^




5.
d0054276_2043423.jpg

この柵の端から端まで行ったり来たり飛んだり戻ったりしていました・・・・・
色々なポーズもしてくれましたが服装(羽根)の乱れが気になりますね~~(笑)




6.
d0054276_204351100.jpg

『ここでは魚を獲らないでね』なんて公園のスタッフの代わりに来ている子供達に注意しているようでした・・・・・^^




7.
d0054276_2044062.jpg

『準備よし・・・・・離陸開始~♪』




8.
d0054276_2044954.jpg

『スピード マックス・・・・・!!』な~んて・・・・・^^




9.
d0054276_20441872.jpg

『悔いが残らないように杭に着陸~~^^』




10.
d0054276_20442695.jpg

こんな枝より竹の柵の方が安定しているから『好き~^^』




11.
d0054276_2044359.jpg

あ~~嫌になっちゃうね・・・・・この寝癖・・・・・
今度逢う時までには直しておくからね~~♪




12.
d0054276_20444518.jpg

何となく笑ってしまうくらい懐いてくれました~^^




13.
d0054276_20445397.jpg

今度来る時にも色々な仕草を見せてくれるかな~~♪^^




14.
d0054276_2045826.jpg

昨日載せたシロハラもこのジョウビタキも好奇心旺盛のような気がしました~
今までにもカメラを向けられていたと思うのですがこちらをジッと見つめてくれたり飛んでいって引き返したりと楽しい姿を見せてくれました~^^


先日24時間の心電検査をして今日結果が出ましたが心臓には何も異常は無くて不整脈なども発見されませんでした・・・・・^^
相変わらず血圧が高かったので薬を新しいのにして貰いました~
これで暫くは楽しく安心して自然の中で写真が撮れそうですがあの大陸からのpm2.5だけは嫌ですね・・・・・

花粉症で無いので杉花粉などが今年は多そうですが今の所大丈夫なので杉林の中でも写真を撮ってきます~~♪^^

きょうは2月22日で『猫の日』ですが今年のブログにはニャンコは無しです~><




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-02-22 21:15 | | Comments(30)

『愛想の良かった白腹(シロハラ)』

国営木曽三川公園の河川環境楽園・木曽川水園の水辺近くで写真を撮っていましたら突然シロハラが飛んで来て私のすぐ近くに降りました・・・・・

地面の落葉を掻き分けたり小石を動かしたりと色々な仕草をしていましたが私が近付いても全くお構い無しに自分の世界に没頭しているようでした~
一番近くに来た時は私から1m程の所まで近寄ってくれたので私の方がビックリしてしまいました・・・・・♪^^

今日はシロハラをたくさん載せましたがたくさん写した中からこれだけ選んでみました~^^



『白い腹だよ シロハラちゃん~♪』 スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科ツグミ属シロハラ種
学名はTurdus pallidusと言います~

1.
d0054276_20503285.jpg



2.
d0054276_20504278.jpg



3.
d0054276_2050523.jpg



4.
d0054276_2051319.jpg



5.
d0054276_20511491.jpg



6.
d0054276_20512333.jpg



7.
d0054276_20513536.jpg



8.
d0054276_20514441.jpg



9.
d0054276_2051551.jpg



10.
d0054276_2052510.jpg



11.
d0054276_20521734.jpg



12.
d0054276_20522834.jpg



13.
d0054276_20523716.jpg



14.
d0054276_20524730.jpg



15.
d0054276_20525827.jpg



16.
d0054276_2053836.jpg



17.
d0054276_20531723.jpg



18.
d0054276_20532854.jpg

今まで『シロハラ』は梅林公園や河川敷等でも良く見かけましたが似た仲間の『アカハラ』は滅多に見られません・・・・・><
同じような所に棲んでいるようなのですが地域的なものかも知れないですね・・・・・

だからシロハラを撮りながら心の中で『シロハラ撮ってアカハラ撮れない~アカハラ撮らずにシロハラ撮って~シロハラ撮らない振りしてシロハラ撮って・・・・・』なんてマンネリシロハラを楽しく撮っています~^^
いつか『シロハラ撮ってアカハラも撮る~』と言ってみたいですね・・・・・(笑)


最近話題になっている中国からの『pm2.5』が風に乗ってやって来ているようですね・・・・・><
時に今週末あたりは関西から関東まで多くやって来るようです~><
写真を撮りに出掛けるのにもマスクが要りますね
それにこれからは黄砂に杉花粉とこのpm2.5が降り注ぐのでカメラの中やレンズの中に入り込むと困りますね・・・・・・
何とか対処しなくては・・・・・・・♪





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-02-21 21:09 | | Comments(26)

『紫陽花(アジサイ)の終花(おわりばな)と春待芽(はるまちめ)』

今日のお昼休みに近くの堤防をいつものように散歩しました・・・・・^^
オオイヌノフグリが多く見られるようになりホトケノザも濃ピンクの花を見せていました
タネツケバナはとても小さな十字花をたくさん開いて春が近いのを知る事が出来ましたが今日は冷たい風が強く吹いていました・・・・・

散歩中に長良川の堤防で地面から顔を出したばかりの『ツクシ』を見ました
『もう生えてるんだ・・・^^』と思いながら私がいつも見ている範囲を隈なく見ましたが今日は2本だけ見る事が出来ました~

いつもより初見日が早いようでした・・・・・^^

今日は『紫陽花』の終花(花の枯れ姿を私はこう呼ぶ事にしています)を載せましたが昨日まで黄色い花や春の女神のような花達を載せたのに今頃こんな写真を載せて・・・・・と思われるでしょうが最後3枚の写真で今日この光景を載せた事が判って頂けると思います




『秋から冬 冬から春へ 紫陽花の終花』 アジサイ科アジサイ属
学名はHydrangea macrophyllaと言います~

1.
d0054276_20425658.jpg

この光景も河川環境楽園の木曽川水園で撮りましたが紫陽花が咲いている時にも何度となく来ていた筈なのですが紫陽花の花をここで写した記憶がありません~><

紫陽花はいつも関市や本巣市で写したり時々岐阜公園等でも撮るくらいでしたので今年の紫陽花シーズンにはここでも写して見ようと思いました~^^




2.
d0054276_204388.jpg

青色や薄紅色の紫陽花も今の季節には全て枯れ落ちて見られない事も多いのですが場所的な事や乾燥状態などでいつまでも自然のドライフラワーのようになって見られる事もあります・・・・・♪

私は花が枯れた後の姿を『終花(おわりばな)』と呼んで敬意を表しています
色鮮やかだった花達も『終花』になって今度はシックな色合いを見せてくれるようです・・・・^^




3.
d0054276_20431750.jpg

これ等の紫陽花は『額紫陽花や山紫陽花』のようで飾り花がそのまま残っていますね・・・・・^^




4.
d0054276_20432722.jpg



5.
d0054276_20433781.jpg

触れると壊れそうなくらいデリケートのようなので触れる事はしませんでしたが触れれば『カサカサ・・・』と優しい音を聞かせてくれたでしょうね~

時々吹く強い風に揺れながら欠片を少し散らす姿も見られました・・・・・




6.
d0054276_20434721.jpg



7.
d0054276_20435552.jpg



8.
d0054276_2044519.jpg



9.
d0054276_20441613.jpg

普通の紫陽花は全部が飾り花なので額紫陽花などと比べると重いようなので項垂れた姿をして見られました
こんな姿を見ていると『花の時に見てくれて有り難う~』なんて頭を下げてお礼を言っているようでした・・・・・




10.
d0054276_20442587.jpg



11.
d0054276_20443763.jpg

紫陽花達の『終花』姿を見ていると茎には新しい今年の『春待芽』がたくさん見られました
葉芽や花芽が寒い季節なのにもう一杯付いています・・・・・

紫陽花の『葉跡』や『春待芽』を見るとピエロや小人達のような顔に見えます~
こんな紫陽花の顔を見ていると植物の精霊達が『春待芽(花芽や葉芽)』になって春の女神様に挨拶しているように思えました・・・・・




12.
d0054276_2044481.jpg

今年も梅雨頃になれば綺麗な花を私達に見せてくれるのでしょうね~
今から楽しみです~♪^^




13.
d0054276_20445952.jpg

明日のお昼休みには今年のツクシ達の姿をとってみようかと思っています~
まだ胞子穂も地面スレスレの状態なのでツクシらしい姿を撮るにはもっと後の方が良いのですが折角出て来た今年最初のツクシなので撮ってやりたいな~と思っています・・・・・♪^^






(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-02-19 21:16 | 身近な自然の話 | Comments(32)

『満作(マンサク)の花も咲きました』

マンサクの花が河川環境楽園の木曽川水園からオアシスパークへ行く途中に咲いているのが見られました
家の近くには見られないので嬉しくなって暫く色々な角度から眺めていました~

子供が良く遊んでいた吹くと伸びる笛の玩具『ピロピロ笛』のようにも金糸玉子のようにもみえるこの花は面白いし可愛いのでいくら見ていても飽きないです・・・・・^^

黄色い花で中央に濃い色が見られるパターンはロウバイのようですがこちらは花弁が細くて多いのでロウバイとは違った魅力があるように思います~^^



『マンサクの優しい花~』 マンサク科マンサク属 の落葉小高木
学名はHamamelis japonicaと言います
漢字の別表記では万作と書く場合もありますし金縷梅と書く事もあるようです・・・・・

1.
d0054276_205186.jpg

マンサクの名前の語源は明らかではありませんが早春に咲く事から『まず咲く』が『まんずさく』と東北地方で言い訛ったものとも言われています・・・・・
これはヒガンバナの『まんずさく』から『マンジュシャゲ』に変化したと言われている事と同じようなものですね・・・・・♪^^




2.
d0054276_20511921.jpg

他の名の由来としては早春に花が枝一杯につく状態を豊作(満作)に例えたものから来ているとも言われています・・・・・
こちらの方が信憑性がありますね~♪^^




3.
d0054276_2051278.jpg



4.
d0054276_20513626.jpg

ピロピロ笛や金糸玉子のように見えて愛嬌のある花のようにも見えますが・・・・・




5.
d0054276_20514785.jpg

何となく大きな口を開けたエイリアンのようにも見えたりして・・・・・><




6.
d0054276_20515684.jpg



7.
d0054276_2052546.jpg



8.
d0054276_20521411.jpg

この色以外に赤い花の咲く『アカバナマンサク』や『ベニバナトキワマンサク』のように黄色じゃなくて赤や濃ピンクの花の咲く種類もありますね・・・・・

粕森公園には濃ピンクのマンサクが咲いていました~^^




9.
d0054276_20522363.jpg



10.
d0054276_20523259.jpg



11.
d0054276_20524126.jpg

この日はマンサクの花を見ながらつい『与作』を鼻歌で唄いながら写真を写していました・・・・・(笑)




12.
d0054276_20525289.jpg

これからは黄色い花も多くなりますね~
サンシュユやオウバイ、レンギョウなど木の花も黄色の花を咲かせますが堤防や河川敷でも黄色い花がこれからは多くなりますね

早いもので後10日程で3月です・・・・・
ドンドン時の経つのが早くなります~><





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-02-18 21:13 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『福寿草(フクジュソウ)の花』

今日は午後3時過ぎから『河川環境楽園・木曽川水園』へ行って来ました・・・・・
先週はまだ咲いていなかった福寿草に逢いたくて早足で花の見られる所まで歩いて行きました~

途中で楽しそうにしているジョウビタキのオスがいたので暫く写していましたがエナガやシジュウカラも見られて足止めをしてしまいました・・・・・
『早く福寿草のところへ・・・・』なんて思っていると今度はシロハラが近くに来て餌探しをしたり歩き回ったりするので鳥達を写してしまいました~><

福寿草もまだ思っていたより少なかったのですが春の女神を今年も写す事が出来ました・・・・・♪




『優しく咲いていた福寿草』 キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草
学名はAdonis ramosaと言います~

1.
d0054276_21115119.jpg

一年振りに見るフクジュソウはやっぱり可愛く思えました・・・・・
去年はこの花とセツブンソウを写したのが始まりでたくさんのキンポウゲ科植物に出逢う事が出来ました
今年もこれから多くの花達に出逢いたいです~^^




2.
d0054276_2112058.jpg



3.
d0054276_21121040.jpg



4.
d0054276_21121988.jpg



5.
d0054276_211228100.jpg



6.
d0054276_21123849.jpg



7.
d0054276_21124877.jpg



8.
d0054276_21125748.jpg

まだ蕾も見られました・・・♪




9.
d0054276_2113669.jpg

これから蕾達が膨らんで花を咲かせるともっとこの場所が明るく感じられるでしょうね~^^




10.
d0054276_21131555.jpg

綺麗な青空ではありませんでしたが空をバックに写しました・・・・・
どんな花も青空バックは良く似合いますのでフクジュソウにも本当は青い空を背景にしい写したかったですね・・・・・><




11.
d0054276_21132584.jpg



12.
d0054276_21133426.jpg

今日見られた鳥達と花の写真はこれから順に載せる事にします・・・・・
やっぱり今日も鴨達は工事のせいなのか全く見られませんでした~><

今日の夜(6時半)から町内の総会があって先程帰って来ましたので今慌ててブログ更新をしています
載せたものがフクジュソウなので詳しく書かなくても皆さん知っていらっしゃるので今日は少しばかり『手抜き』しました・・・・・(笑)




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OptioRZ10)
by shizenkaze | 2013-02-17 21:23 | 身近な自然の話 | Comments(26)

『榛の木(ハンノキ)の花達・・・』

ハンノキは私の好きな木になります・・・・・
今まで色々な所でハンノキを写して果実や花も写しましたが今日は先日出掛けた『河川環境楽園・木曽川水園』近くで見られたハンノキの花(雌雄別花)を載せてみます・・・・・

公園にあるものなので採ってはいけませんが山や河川敷などで見られたもので昔はよくリース等にこのハンノキの球果を使いました~
ハンノキの花が今の季節に咲く事を知らない人が多いですがカバノキ科の木々には天邪鬼さんが多いようですね・・・・・^^



『ハンノキの花 風に揺れて~』 カバノキ科ハンノキ属の落葉高木
学名はAlnus japonicaと言います~

1.
d0054276_2172855.jpg

全国の山野の低地や湿地や沼近くに自生していて樹高は15~20mで直径が60cm位になる樹木です
湿原のような過湿地で森林を形成する数少ない樹木です
花期は12~2月頃で葉に先だって単性花をつけます・・・・・

雄花穂は黒褐色の円柱形で尾状に垂れて雌花穂は楕円形で紅紫色を帯びていて雄花穂の下部に見られます~
花はあまり目立ちません・・・・・><
果実は松かさ状の球果で10月頃に熟します
葉は有柄で長さが5~13cmの長楕円形をして縁には細鋸歯が見られます~♪^^




2.
d0054276_2174284.jpg

ハンノキ属植物の根にはフランキア属の放線菌が共生して窒素固定を行いますので比較的痩せた土地にもよく生育します・・・・・
オオバヤシャブシ等は緑化用に用いられる事も多いです~^^




3.
d0054276_2175148.jpg



4.
d0054276_218142.jpg

こんな光景を見て『チョコ菓子&うまか棒に見える~』なんて言う人が一人くらいはいるかも知れませんね~




5.
d0054276_2181044.jpg



6.
d0054276_2182041.jpg

この気木にはたくさんの花達が見られました・・・・・^^
これ程多く見られるものは他では少ないように思えました

以前載せた長良川近くの『川原町広場』のハンノキはもっと少なくて木自体も細かったようでした




7.
d0054276_2182816.jpg



8.
d0054276_2183743.jpg



9.
d0054276_218467.jpg



10.
d0054276_2185651.jpg

『♪この~木 ハンノキ 不思議な木~』と訳の分からない鼻歌を歌いながら何枚も写真を撮り続けていました~^^

カバノキ科には私の大好きな『白樺』もあるので私ってカバノキ科が本当に好きなんだな~と思いますね・・・・・^^
だけどカバノキ科の大きくて太い木の枝に『河馬(カバ)』がたくさん生っていたら怖いやら可笑しいやらできっと笑いながら逃げるでしょうね・・・・・(笑)




11.
d0054276_219581.jpg

そろそろ堤防にも野の花が顔を出し始めました
道端にも恥ずかしそうに小さな植物達が蕾を膨らませています~

あと2週間もしない内に3月になります・・・・・
堤防の近くでしゃがんでいると土の中から『もう春?』って聞いているような植物達の声がするようです





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-02-16 21:34 | 身近な自然の話 | Comments(20)

『私のジョウビタキ~♪』

いつも見慣れている『ジョウビタキ』ですがこの鳥を見るとつい『私のジョウビタキ(私の城下町の駄洒落)』を口ずさんでいます・・・・・^^

今日の写真も大きく写せていないので『どうせなら駄洒落特集でも・・・・・^^』なんて思い付きましたので鳥の名前を捩ったようなタイトルの歌をジョークで載せる事にしました~♪

頭の固い人やジョークや駄洒落の嫌いな人は見るとショックを受けますのでご注意を・・・・・♪

『ジョウビタキ』 スズメ目ツグミ科 (ヒタキ科)ジョウビタキ属
学名はPhoenicurus auroreus Pallasと言います~^^

1.
d0054276_2013556.jpg

『私のジョウビタキ』(小柳るみこ)
格子戸を潜り抜けたら見られたジョウビタキの歌・・・・・♪

『タゲリの渡り』(細川たかし)
連れ合って何処かへ飛んで行くタゲリの歌~♪

『いいヒタキ達』(山口ももえ)
新しい旅立ちの時に見られたヒタキ達の姿を唄った歌・・・・・




2.
d0054276_20131791.jpg

『朱鷺(トキ)のいたずら』(松山ちはる)
居なくなったと思った朱鷺が出て来て悪戯をする歌・・・・・><

『ツルがいた今日冬景色』(石川さゆり)
北海道で鶴が見られた日は雪の多い日だったという歌~

『ごめんねメジロ~』(奥村ちよ)
メジロを脅かせてしまったので謝っている歌・・・・♪

『アリスイ突然』(トアエモア)
急にアリスイが飛び出して来た日の歌~




3.
d0054276_20132549.jpg

『アオバズク恋歌』(さとうむねゆき)
木にとまっていたアオバズクの下で歌う恋の歌~♪

『アオゲラ尊し』(卒業式の定番ソング)
アオゲラも一生懸命木を突っついているので尊いんだぞ・・・って言う歌

『カモメかもね そうカモメ』(しぶがき隊)
あれってカモメかな~って尋ねながら相談している歌・・・・・




4.
d0054276_20133690.jpg

『女のミサゴ』(ぴんからとりお)
ミサゴのメスの事を唄った歌・・・・・^^

『いとしのケリー』(さざんおーるすたーず)
ケリが大好きでいつも愛しく思っている歌・・・・・♪

『キビタキがいて僕がいた』(舟木かずお)
キビタキが居た所に今自分も居るな~って言う歌




5.
d0054276_20134539.jpg

『ま~ヒーワ』(くれーじー けん ばんど)
マヒワを見ながら楽観している気持を唄っている歌・・・・・^^

『キバシリ番外地』(高倉けん)
キバシリが多い田舎の別荘地の歌・・・・・♪

『カラスの少年』(きんききっず)
子供のカラスが可愛いな~なんて優しい目で見ている歌~^^




6.
d0054276_20135545.jpg



7.
d0054276_2014459.jpg



8.
d0054276_20141377.jpg

今即席で考えて作ったものばかりなので変なものばかりになってしまいましたがジョウビタキの写真だけ並べるのも少し寂しいかなって思ったのでこんな駄洒落ソング集のようなものを書いてみました・・・・・><

曲名が古いものばかりなので歳が分かりますね(でもクレージーケンバンドの歌は新曲です~^^)

こう言うものが大嫌いな人は不愉快でしょうが今日は目を瞑ってくださいね~♪^^
そして野外などでここに載せた鳥を見た時に心の奥からふと今日の駄洒落を思い出して鼻歌が出る事を期待しながら今日はこれで・・・・・(笑)




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-02-15 20:51 | | Comments(36)

『木曽川水園の鴲(シメ)』

セツブンソウを撮って移動しながら木曽川水園(河川環境楽園の中にあります)を歩いていると沢山のフキノトウが見られました・・・・・
そのフキノトウを撮っていると木の上でなにやら動く姿が見られました
つい先程までいたエナガも遠慮して何処かに行ってしまいましたが太目の体で頭でっかちの『シメ』2羽は堂々とアキニレ等の木の枝にとまって下にいる私を見下ろしていました・・・・・♪^^

最近はこのシメに良く出会うようになりましたが河川環境楽園の中では初めての出会いでした
スズメよりは大きい鳥ですがヒバリ程度の大きさなのにとても大きな鳥に思えるのは太い体と頭が大きくて厳つい顔をしているからなんでしょうね~^^



『貫禄のある顔をしているシメ・・・・・^^』 スズメ目アトリ科シメ属
学名はCoccothraustes coccothraustesと言います~
蝋嘴鳥(ろうしょうちょう)という異称があるようです・・・・・^^

1.
d0054276_20432419.jpg

いつ見ても『シメ』の顔は厳つくて『達磨大師』や『御奉行様』のように思えます~
頭も全体から見ると大きいので実際の大きさより大きく感じますが体長は18cm程なのでそんなに大きくありません・・・・・




2.
d0054276_2043367.jpg

枝が邪魔でした・・・・・><
なかなか思うような所にはとまってくれませんね~~><




3.
d0054276_2043462.jpg



4.
d0054276_2044022.jpg



5.
d0054276_20441038.jpg



6.
d0054276_20441990.jpg



7.
d0054276_20442990.jpg



8.
d0054276_2044395.jpg

しかめっ面のシメも少し首を傾げていると可愛く見えますね~^^
きっと性格は優しくて可愛いのでしょうね・・・・・♪^^




9.
d0054276_20444819.jpg



10.
d0054276_20445781.jpg



11.
d0054276_2045774.jpg

以前は梅林公園で初めて見た『シメ』にはそれ以来なかなか逢えずにいつも同じ所を眺めては『いないな~』とガッカリする事が続いていましたが最近はシメには良く出会えるようになりました・・・・・

あれ以来4箇所で出会って沢山の写真が写せましたが気に入ったものはあまり写せませんでしたので今度は納得の出来る写真が撮りたいと思っています~~♪^^

野の花達も咲き始めました・・・・・
今日の堤防ではタネツケバナが沢山増えて咲いていました~
白い花が可愛いですね・・・・・♪^^





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2013-02-14 21:01 | | Comments(14)