タグ:花 ( 1702 ) タグの人気記事

『渓流に咲く射干(シャガ)の花・・・・・』

シャガの花は公園や近くの神社などでもよく見られます・・・・・
郊外を車で走るとシャガが山裾に咲いていたり林道や県道脇でも群生が見られます~♪

今日は山藤を見に出かけた山県市を流れる武儀(むぎ)川やその支流の円原(えんばら)川の川岸で見たシャガをメインに載せました・・・・・(撮影日は5日です)

やっぱり水辺が似合うアヤメ科の植物なので渓流がとても似合っていました~


1.
d0054276_2012739.jpg

武儀川を見下ろすように咲いていたシャガ達でした・・・・・
県道200号の道路際で写しました~♪



2.
d0054276_2014413.jpg

3.
d0054276_2015651.jpg

4.
d0054276_2021145.jpg

5.
d0054276_2022819.jpg

6.
d0054276_2024024.jpg

7.
d0054276_2025314.jpg

8.
d0054276_20356.jpg

9.
d0054276_2031871.jpg

10.
d0054276_2033032.jpg

11.
d0054276_2034757.jpg

この辺りにはオドリコソウも多く咲いています~
岐阜市内では滅多に出逢うことはありませんが山県市の武儀川沿いにはたくさんの場所でオドリコソウの群生が見られます~



12.
d0054276_204031.jpg

13.
d0054276_2041357.jpg

14.
d0054276_2042715.jpg

15.
d0054276_2044643.jpg

武儀川から支流の神崎川に入りその支流の円原川に沿って上流へ向かいました~
流れの近くにはシャガがよく見られます・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



16.
d0054276_20524.jpg

人が植えたものではなくこの自然の中には野生のシャガが一面に咲いて見にれます~
空気がヒンヤリして気持ちが良かったです・・・・・



17.
d0054276_2052153.jpg

18.
d0054276_2053947.jpg

アジサイの季節やマタタビの花の季節やツリフネソウの季節には何度もここに通いました・・・・・
私のブログを見て頂いている皆さんはこの風景に記憶があると思います~
円原川に架かるこの橋をいつも撮ってしまいます・・・・・(*´∀`*)



19.
d0054276_2055661.jpg

20.
d0054276_2061418.jpg

円原川の流れが耳に響きました・・・・・
目には優しく咲くシャガが映っています~(o ̄∇ ̄o)♪



21.
d0054276_2063320.jpg

22.
d0054276_2064989.jpg

23.
d0054276_207542.jpg

ヤマブキも咲いていました・・・・・
勿論このヤマブキも自然のものです~



24.
d0054276_207189.jpg

25.
d0054276_2073421.jpg

26.
d0054276_2074985.jpg

奥に見える吊り橋は通行禁止になっています
傷みが激しいのでこの吊り橋を渡れるのは山にいる小さな生き物達と森の妖精達何でしょうね~



27.
d0054276_208659.jpg

吊り橋を渡った対岸に今は使われていない小屋があります
いつも出掛けるとこちら側から見ていますが時々視線を感じるような気がします~
鳥がこちらを見ているのか遊び疲れた樹の精達かも知れません・・・・・(*´∀`*)



28.
d0054276_2082127.jpg

この円原川の少し上流に『伏流水』が見られます・・・・・
河川や湖沼の水のようにその存在が完全に地表面にあるものを表流水と言いますが伏流水は河川の流水が河床の地質や土質に応じて河床の下へ浸透して上下を不透水層に挟まれた透水層が河川と交わる 時に透水層内に生じる流水の事で水脈を保っている極めて浅い地下水のことです~



29.
d0054276_209110.jpg

若い頃にはここにも渓流釣りで通いました・・・・・
その頃は長良川中央漁協の鑑札で釣れましたが今は美山漁協が管理しています~



30.
d0054276_2091520.jpg

31.
d0054276_2093113.jpg

山際のシャガの群生~(o ̄∇ ̄o)♪



32.
d0054276_2094817.jpg

一緒にツルニチニチソウ(ツルギキョウ)も咲いています~



33.
d0054276_2010061.jpg

この花もこちらではよく見かけます~
公園などでは植えられたものが主に見られますがここでは彼方此方に一人生えのものが見られます~



34.
d0054276_20101316.jpg

35.
d0054276_20102960.jpg

円原川の川の流れる風景を見てください~♪



36.
d0054276_2010446.jpg

37.
d0054276_20105921.jpg

38.
d0054276_2011165.jpg

39.
d0054276_20113399.jpg

40.
d0054276_20114925.jpg

41.
d0054276_2012599.jpg

渓流風景を写そうとしているとシャガが入り込んで来ます~
それだけたくさんのシャガが咲いています・・・・・



42.
d0054276_20121957.jpg

43.
d0054276_20123664.jpg

44.
d0054276_20125218.jpg

45.
d0054276_20131128.jpg

46.
d0054276_20133155.jpg

この日はまだマタタビの花は咲いていませんでした
マタタビの木を見ましたが蕾も見られませんでした・・・・・
この辺は山裾に多くのマタタビが見られますので季節になると白くなった葉が風に揺れると綺麗です~♪

今日5月11日から長良川の『鵜飼』が始まります・・・・・
観光客が減少しているようなので今年から特に外国観光客の増加に力を入れるようです~

長良川の鵜飼は日本で唯一皇室御用の鵜飼で長良川の鵜匠は職名を宮内庁式部職鵜匠と言い長良川の鵜飼用具一式122点は国の重要有形民俗文化財になっています~
長良川鵜飼漁法は岐阜県指定重要無形民俗文化財で鵜匠家に伝承する鮎鮓製造技術と長良川鵜飼観覧船造船技術と長良川鵜飼観覧船操船技術は岐阜市指定無形民俗文化財となっています~

是非皆さんも岐阜市に来られて長良川の鵜飼見物を楽しんでください~(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-05-11 21:07 | 風景 | Comments(14)

『山藤(ヤマフジ)を探しに・・・・・』

藤棚に下がり咲く花房の長い藤の花も綺麗で魅力がありますが自然の中で毎年咲き続けている野生の藤はとても素晴らしくて毎年どこかで見ています~
今年は5月5日に山県(やまがた)市に出掛けて武儀川と神崎川と円原川でヤマフジやシャガと渓流風景を写しました~

川の流れも空気も気持ちが良くて半袖Tシャツで散策していました~(o ̄∇ ̄o)♪


1.
d0054276_20243521.jpg

山県市のヤマアジサイで有名な三光寺の近くの道路際に咲いていました~



2.
d0054276_20245154.jpg

3.
d0054276_2025776.jpg

大きな木に巻きついて花を咲かせるのでよく目立って綺麗ですが巻き付かれた木は迷惑なのでしょうね・・・・・



4.
d0054276_20252294.jpg

5.
d0054276_20254055.jpg

6.
d0054276_20255526.jpg

7.
d0054276_20265332.jpg

8.
d0054276_2027916.jpg

栽培されている藤と変わらなく綺麗に咲いていました~



9.
d0054276_20272696.jpg

下を流れているのは武儀(むぎ)川です・・・・・♪



10.
d0054276_20274396.jpg

11.
d0054276_20275914.jpg

12.
d0054276_20281564.jpg

県道200号を走ると彼方此方の山際にヤマフジが見られます~



13.
d0054276_20283123.jpg

14.
d0054276_20284712.jpg

15.
d0054276_2029339.jpg

武儀川の流れも綺麗でした・・・・・



16.
d0054276_20291961.jpg

17.
d0054276_20293527.jpg

18.
d0054276_20295035.jpg

19.
d0054276_2030681.jpg

20.
d0054276_2030235.jpg

途中で一番目立っていたヤマフジです~
近くに車を停めて暫く眺めたり写真を撮ったりしてから釣人道のような所から川近くに行きました



21.
d0054276_2030391.jpg

22.
d0054276_20305659.jpg

23.
d0054276_20311215.jpg

24.
d0054276_20312528.jpg

25.
d0054276_20314180.jpg

26.
d0054276_20315785.jpg

27.
d0054276_20321391.jpg

武儀川に架かる青い橋の手前に車を停めて歩いて来ました~



28.
d0054276_2032289.jpg

29.
d0054276_20324312.jpg

ここには渓流魚のアマゴがいます~
釣りをしていた頃にはここでも釣りました・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



30.
d0054276_20325956.jpg

川底もハッキリ見えています~
流れに手を入れてみましたが冷たかったです・・・・・



31.
d0054276_20331679.jpg

32.
d0054276_20333316.jpg

33.
d0054276_20334913.jpg

ウワミズザクラとヤマフジが一緒に見られました~



34.
d0054276_2034351.jpg

ここに大きな堰堤があります・・・・・



35.
d0054276_2034194.jpg

36.
d0054276_20343115.jpg

青い橋のトラスを額にしてヤマフジを・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



37.
d0054276_20344722.jpg

武儀川から上流支流の神崎(かんざき)川に入りました・・・・・



38.
d0054276_2035319.jpg

ここはよく写しているキャンプ十近くの吊り橋があるところです~
GWだったので家族連れが川を楽しんでいました・・・・・・



39.
d0054276_20352170.jpg

この辺りもヤマフジは多く見られました~



40.
d0054276_20353751.jpg

まだ色が淡い緑の大手毬(オオデマリ)が咲いていました~
スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木で園芸種なので近くの人が道路際に植えたのでしょうね~



41.
d0054276_20355359.jpg

42.
d0054276_2036863.jpg

43.
d0054276_20362168.jpg

こうして見るとアジサイのように見えますね~
葉がガマズミのようなので区別は楽です・・・・・・



44.
d0054276_20363317.jpg

今日は武儀川をメインにヤマフジを載せましたが明日は神崎川から上流の円原(えんばら)川で流れの風景と咲いていたシャガの花などを載せる予定です~

この季節の岐阜市内は金華山や水道山等に多いブナ科の木々に咲く花の匂いが漂っています
栗の花と同じ匂いが雨の前後ではより強く漂っていて市街から来られた人は不思議に思われます・・・・・
山を見ると今年も金華山が緑から黄金色(?)になっています~
織田信長が稲葉山を見て黄金色になった姿から『この山を金華山と呼ぶ・・・』と言ったと記されているようです~




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-05-10 21:22 | 風景 | Comments(20)

『姫卯木(ヒメウツギ)と梅花卯木(バイカウツギ)と浦島草(ウラシマソウ)の花達・・・・・』

今の季節は毎日どこかで新しく花が開いているように思えますね・・・・・
公園や街中でもウツギの花をよく見かけます
今日は木曽川水園で3日に写した花を載せました・・・・・

ウツギの仲間も今は他の種類も咲いていますね~
今度は箱根卯木や錦卯木や更紗卯木も撮りに行きたいと思っています・・・・・・
ウツギは漢字表記では『空木』と書く場合もありますが私のブログでは『卯木』と統一して書く事にします・・・・・



1.『姫卯木(ヒメウツギ)』 アジサイ科ウツギ属の落葉低木
学名はDeutzia gracilis 
d0054276_2013940.jpg

以前はウツギもアジサイと同じようにユキノシタ科になっていましたが現在は独立したアジサイ科になりました・・・・・
ウツギと名の付く花には色々な科のものがありますね~



2.
d0054276_20132370.jpg

ウツギやヒメウツギは可愛い花です~(*´∀`*)



3.
d0054276_20133488.jpg

4.
d0054276_2013474.jpg

枝にビッシリと花をつけていました~♪



5.
d0054276_20135994.jpg




6.『梅花卯木(バイカウツギ)』 アジサイ科バイカウツギ属の落葉低木 
学名はPhiladelphus satsumi
d0054276_20141153.jpg

原産地は南東ヨーロッパ~小アジア(トルコ近辺)と言われています・・・・・
日本では本州以南の山野に自生していますが観賞用に栽培されているものが多いです~



7.
d0054276_20142296.jpg

8.
d0054276_2014334.jpg

9.
d0054276_20144497.jpg




10.『三葉卯木(ミツバウツギ)』 ミツバウツギ科ミツバウツギ属の落葉低木
学名はStaphylea bumalda DC.
d0054276_20145670.jpg

これはアジサイ科ではなくミツバウツギ科です・・・・・
葉が3小葉で枝がウツギのように中空のために名付けられたものです~
ミツバウツギ科の樹木にはゴンズイがあります・・・・・♪



11.
d0054276_2015615.jpg

12.
d0054276_20151836.jpg

13.
d0054276_20152877.jpg




14.『要黐(カナメモチ)』 バラ科カナメモチ属の常緑小高木
学名はPhotinia glabra
d0054276_20154233.jpg

15.
d0054276_20155359.jpg




16.『八重山吹(ヤエヤマブキ)』 バラ科 ヤマブキ属の落葉小低木
学名はKerria japonica f. plena
d0054276_2016659.jpg

17.
d0054276_20161975.jpg

18.
d0054276_20163090.jpg

19.
d0054276_20164395.jpg




20.『沢蓋木(サワフタギ)』 ハイノキ科ハイノキ属の落葉低木
学名はSymplocos sawafutagi
d0054276_20165523.jpg

別名にルリミノウシコロシと言う物騒な名前がありますがこれは材湿が固いことからの名で実が瑠璃色をしているからのようです・・・・・



21.
d0054276_2017878.jpg

アップで見るとこんなに可愛い花が咲いています~(o ̄∇ ̄o)♪



22.
d0054276_20172018.jpg

23.
d0054276_20173191.jpg





24.『黐躑躅(モチツツジ)』 ツツジ科ツツジ属の落葉低木
学名はRhododendron macrosepalum
d0054276_20174375.jpg

花の萼や柄や葉や若枝そして子房と果実に腺毛が多く見られそこから分泌される液滴によって粘着性を持つのでトリモチのようなので名が付けられています~
この植物に多くの昆虫が粘着して捕らえられているのが見られます・・・・・
この腺毛は花にやって来て花粉媒介をする以外の昆虫を捕殺して花を昆虫に食害されるのをふせぐために発達したものらしいですが勿論食虫植物ではありません~



25.
d0054276_20175556.jpg

26.
d0054276_2018812.jpg

27.
d0054276_20182418.jpg

28.
d0054276_2018407.jpg

29.
d0054276_20185318.jpg




30.『浦島草(ウラシマソウ)』 サトイモ科テンナンショウ属の宿根性多年草
学名はArisaema urashima
d0054276_20192775.jpg

木曽川水園では固まって咲いています~
この植物の学名にある『urashima』を見ると嬉しくなりますね・・・・・♪



31.
d0054276_20193884.jpg

32.
d0054276_20195156.jpg

33.
d0054276_2020337.jpg

34.
d0054276_20201677.jpg

35.
d0054276_20202966.jpg

36.
d0054276_20204351.jpg

37.
d0054276_20205690.jpg

テンナンショウ属の植物は性転換をすることが知られていますがウラシマソウも同じです~
比較的小型の個体は雄性となって仏炎苞内部の肉穂花序に雄花群を形成します・・・・・
大型の個体は雌性となって肉穂花序には雌花群を形成する性質が現れます~(*´∀`*)
これは種子由来の若い個体や子球由来の小型の個体は雄性となって大型の個体は雌性に転換していくこととなります~
植物の不思議の一つですね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



38.
d0054276_2021898.jpg

39.
d0054276_20212081.jpg




40.『樒(シキミ)』 マツブサ科シキミ属の常緑高木
学名はIllicium anisatum
d0054276_20213123.jpg

山中に自生している事もありますが墓地などによく植えられています・・・・・
葉は長楕円形で光沢があり四月頃から淡黄白色の花を開き秋には星形の果実ができます~
全体に香気がありますが果実は有毒です・・・・・
仏前に供えられたり葉と樹皮からは線香や抹香が作られます



41.
d0054276_2021423.jpg

42.
d0054276_20215386.jpg


先日から黄砂が多く見られるようになりました
これから明日は雨のようなので車に付着している黄砂を洗い流してくれれば良いのですが中途半端だと汚くて見苦しくなりますね・・・・・゚(゚´Д`゚)゚

黄砂で遠くも景色も霞んで見えました
明日は山の中を散策して見た山藤の花や風景を載せたいと思っています~





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-05-09 21:17 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『浅中運動公園と赤坂スポーツ公園の花散策~』

4日に大垣市でカモミール畑を見てから2ヶ所のスポーツ公園へ行ってみました・・・・・
ツツジが綺麗だと言われている浅中運動公園と長い藤棚が有名な赤坂スポーツ公園です~

赤坂スポーツ公園には毎年出掛けていましたが浅中運動公園は初めて行きました
岐阜市で言えば競技場が集まっているメモリアルセンターのような所でこの日も競技会が行われていました・・・・・


1.『浅中運動公園の躑躅(ツツジ)』 岐阜県大垣市浅中2丁目11番地1
d0054276_20185717.jpg

岐阜県大垣市にある都市公園(運動公園)で浅中公園総合グラウンドとも言い多目的運動公園となっています・・・・・
通称を『アスピック(Asanaka Athletic Park Inter Colosseumの略)』と言います~



2.
d0054276_20191393.jpg

陸上競技場や野球場と多目的広場などがある運動公園でスポーツだけでなく広場や遊具も揃っているので小さな子どもから年配の方まで楽しんでめる公園施設です~

浅中公園には約10種類のツツジが約4万7千6百本植えられていて4月~6月にかけて綺麗に咲くのが見られます・・・・・
毎年5月中旬にはツツジを楽しむイベント『四季の里 ツツジまつり』が開催されます~♪



3.
d0054276_20192621.jpg

4.
d0054276_20193723.jpg

5.
d0054276_20195191.jpg

6.
d0054276_2020226.jpg

見頃のようで花が綺麗でした~(o ̄∇ ̄o)♪



7.
d0054276_20201536.jpg

8.
d0054276_20202918.jpg

9.
d0054276_20204165.jpg

10.
d0054276_2020543.jpg

11.
d0054276_2021639.jpg

12.
d0054276_2021186.jpg

敷地内に川が流れているので公園を繋ぐ橋がありました・・・・・



13.
d0054276_2021325.jpg

14.
d0054276_20214770.jpg

15.
d0054276_20215931.jpg





16.『赤坂スポーツ公園の藤(フジ)』 大垣市草道島町40番地1
d0054276_20221629.jpg

面積23,317平方メートルの多目的グラウンドを中心としてテニスコート、屋内ゲートボール場、児童遊園地を備えている総合運動公園です・・・・・

園内には、延長840mで面積約4,430平方メートルの東海地方最大級の藤棚があります~



17.
d0054276_20223173.jpg

18.
d0054276_20224714.jpg

19.
d0054276_2023225.jpg

藤棚には多くの藤が見られましたがここは花房の長いものは殆ど見られません
藤棚の下がウォーキングやジョギングコースになっているからだと思います~



20.
d0054276_2023169.jpg

21.
d0054276_20232967.jpg

22.
d0054276_20234485.jpg

23.
d0054276_20235868.jpg

24.
d0054276_2024956.jpg

25.
d0054276_20242323.jpg

26.
d0054276_20243782.jpg

27.
d0054276_20245215.jpg

ここは綺麗でしたが藤棚の一部が藤の木の植え替えで花の見られない所も2箇所ほどありました



28.
d0054276_2025584.jpg

29.
d0054276_20252142.jpg

30.
d0054276_20253338.jpg

31.
d0054276_20254680.jpg

ここでも八重黒龍が見られます~♪



32.
d0054276_2026080.jpg

33.
d0054276_20261356.jpg

34.
d0054276_20262974.jpg

35.
d0054276_2026496.jpg

36.
d0054276_2027274.jpg

オウシュウトウヒ(ドイツトウヒ)の木に赤い色の雌花が見られました~



37.
d0054276_20271592.jpg

38.
d0054276_20272953.jpg

先日出かけた高山市荘川の『であいの森』でもこの松毬を見ました・・・・・
その時にはたくさん落ちていたので拾って3つ家に持ち帰りましたがここでは落ちている松毬が見られませんでした・・・・・
公園の管理をされている人がいつも掃除をしているからなのかな?



39.
d0054276_20274121.jpg

40.
d0054276_2027563.jpg

41.
d0054276_20281157.jpg

淡い色のフジが綺麗でした~



42.
d0054276_20282590.jpg

43.
d0054276_20283847.jpg

公園の周囲にはツツジも植えられていました~♪
去年出かけた時には藤まつりのイベントがありましたが今年は3日だったようでした
4日はグランドで少年サッカーの試合が行われていました・・・・・

明日の午後から天気が悪くなりそうです
明日はウツギの花などを載せる予定です・・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-05-08 20:59 | 公園 | Comments(14)

『日本一の大垣市のカモミール畑へ・・・・・』

毎年この季節になると出掛ける大垣市のカミツレ(カモミール)畑です・・・・・
4月22日にもお茶屋敷の牡丹を見てから寄ってみましたがその時にはまだ殆ど見られませんでした
今年もGWの期間にはカモミール摘み等のイベントもあったようですがこれからは刈り取られて製品の材料として使われるようです・・・・・

今日載せた写真は4日に撮ったものです~♪
カモミールの香りは好き嫌いが分かれますね・・・・・
私も良い香りには感じられない香りです



1.『カモミール畑の風景~』 大垣市入方2丁目周辺
d0054276_20351184.jpg

大垣市では特産物として気候と土地条件に適し低コストで収益性の高い薬草のカモミールが市内南部を中心に栽培されています~
その生産量は日本一と言われています・・・・・(*´∀`*)

安全かつ安心なカモミールを生産するために化学合成肥料や農薬を使用せず一連の作業は手作業中心で行われています・・・・・
生産されたカモミールは乾燥後にエキスが抽出されて石鹸や入浴剤などの製品に加工されます・・・・・



2.
d0054276_20352717.jpg

3.
d0054276_20354224.jpg

4.
d0054276_20355373.jpg

栽培農家では『カミツレ』と呼ぶ事が多く私も普段は『カミツレ』と呼ぶ事が多いです~
カミツレはカモミールの和名になります・・・・・♪

加密列(カミツレ)はキク科シカギク属の耐寒性一年草です
学名はMatricaria recutita L.と言います~
カモミールにも種類がありますがここで栽培されているカモミールは『ジャーマン・カモミール(German chamomile)』のようです~



5.
d0054276_2036521.jpg

6.
d0054276_20361761.jpg

7.
d0054276_20363441.jpg

これが全てカモミールです
他にも何箇所も栽培されています~(o ̄∇ ̄o)♪



8.
d0054276_2054876.jpg

凄い量なので写真を撮っていると香りが漂ってきます・・・・・
カモミールという言葉は『大地のリンゴ』を意味するギリシャ語に由来しているようで確かにカモミールの香りはリンゴのような香りも微かに感じることができますが周囲に漂う匂いはリンゴと言うより別の匂いが強いですね~゚(゚´Д`゚)゚



9.
d0054276_2037782.jpg

10.
d0054276_20372054.jpg

11.
d0054276_20373268.jpg

12.
d0054276_20374433.jpg

13.
d0054276_20375796.jpg

14.
d0054276_20381123.jpg

15.
d0054276_20382435.jpg

16.
d0054276_20383851.jpg

ピンクの絨毯は『紫雲英(ゲンゲ)・レンゲソウ』です~
この日は近くで写しませんでした・・・・・♪



17.
d0054276_203853100.jpg

18.
d0054276_2039817.jpg

19.
d0054276_2039232.jpg

20.
d0054276_20393682.jpg

21.
d0054276_20395081.jpg

少しローアングルで・・・・・・(*´∀`*)



22.
d0054276_2040417.jpg

23.
d0054276_20401787.jpg

24.
d0054276_2040308.jpg

25.
d0054276_20404546.jpg

26.
d0054276_20405929.jpg

27.
d0054276_2041137.jpg

28.
d0054276_20412741.jpg

29.
d0054276_20414262.jpg

30.
d0054276_2041546.jpg

アイレベルで撮ると花の可愛さが感じられるような気がします~(o ̄∇ ̄o)♪



31.
d0054276_2042824.jpg

32.
d0054276_20422157.jpg

33.
d0054276_2042322.jpg

34.
d0054276_20424525.jpg

35.
d0054276_20425665.jpg

36.
d0054276_20431018.jpg


今日でGWの5連休が終わりました・・・・・
今日は昼前から江南市のフラワーパーク江南へ行きました
それから各務原市の伊木の森にも寄りましたが写すものが無く関市の百年公園で少し散策をしてから帰りに以前は良く行っていた『達目洞』を少しだけ歩いて来ました・・・・・

GW前から今日までに色々な写真を撮っているのでブログにアップするのが遅れ気味になっています
季節ものなので鮮度の良い内に紹介したいと思っていますが多少のズレはお許し下さい~





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-05-07 21:15 | 身近な自然の話 | Comments(24)

『金神社のナンジャモンジャの花と橿森神社のカラタネオガタマの花』

今日の中日新聞に金神社(こがねじんじゃ)のナンジャモンジャの花が紹介されていました・・・・・
撮られたのは4日のようでしたが私は1日前の3日に撮りました~
まだ満開ではありませんでしたが毎年撮っている花なので今年も写しました

それから毎日確認していた橿森神社(かしもりじんじゃ)の横にあるカラタネオガタマにも花が多くなりましたので一緒に写しましたので載せました~
季節の花は見ないと落ち着かないですね・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



1.『金神社(こがねじんじゃ)のナンジャモンジャ』
d0054276_2029181.jpg

正式和名は『一つ葉田子(ヒトツバタゴ)』です~
モクセイ科ヒトツバタゴ属の落葉高木
学名はChionanthus retusus



2.
d0054276_2017463.jpg

日本では本種は希少種のひとつで絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)に指定されています~
天然での分布域も狭く長野県、愛知県の木曽川流域、岐阜県東濃地方および長崎県対馬市に自生していてそれぞれの県のレッドデータブックに掲載されています・・・・・
長野県および愛知県では絶滅危惧I類、岐阜県および長崎県では絶滅危惧II類に指定されている樹木です・・・・・



3.
d0054276_20181448.jpg

最近は至る所に植樹されて見かける事は多くなりました~
エーザイの薬草園やフラワーパーク江南や道の駅(富有柿の里)などにもたくさん見られます



4.
d0054276_20182928.jpg

5.
d0054276_20184241.jpg

6.
d0054276_20185662.jpg

7.
d0054276_2019790.jpg

8.
d0054276_20191859.jpg

9.
d0054276_20192953.jpg

10.
d0054276_2019414.jpg

11.
d0054276_20195576.jpg

4枚の花弁が綺麗です~



12.
d0054276_20201066.jpg

13.
d0054276_20202218.jpg

14.
d0054276_20203414.jpg

15.
d0054276_20204827.jpg

16.
d0054276_2021028.jpg

17.
d0054276_20211439.jpg

18.
d0054276_20212716.jpg

19.
d0054276_20213915.jpg

20.
d0054276_20215211.jpg

21.
d0054276_2022759.jpg

22.
d0054276_20222116.jpg

23.
d0054276_20223682.jpg

ここのナンジャモンジャの木は3本ありますが一番大きなものは10mあります~
いろいろな所の木を見ますが樹形はこの木が一番美しく思います~



24.『橿森神社(かしもりじんじゃ)のカラタネオガタマ』
d0054276_20224832.jpg

唐種招霊(カラタネオガタマ)はモクレン科オガタマノキ属の常緑樹
学名はMichelia figo



25.
d0054276_2023234.jpg

中国原産で江戸時代に渡来したようです・・・・・
暖かい地方の神社の境内や庭木などに多く植えられています~
樹高は3~5mで花期は5~6月頃になります
花にはバナナのような強い甘い香りがあるので近くを通るだけで花が咲いているのが判ります~



26.
d0054276_20231378.jpg

英名はバナナツリーと呼ばれるようです~(o ̄∇ ̄o)♪



27.
d0054276_20232434.jpg

28.
d0054276_20233662.jpg

蕾もまだ多いです~



29.
d0054276_20234892.jpg

30.
d0054276_2024099.jpg

こうして見ているとタイサンボクやホウノキのようなモクレン科の花って判りますね~♪



31.
d0054276_20241248.jpg

32.
d0054276_20242477.jpg

33.
d0054276_20243537.jpg

34.
d0054276_20244681.jpg

色が濃い目のクリーム色で花弁に濃い色の縁りが見られます・・・・・
特別綺麗な色ではないですね・・・・・



35.
d0054276_20245787.jpg


連休も明日1日になりました
今日は家にある使わないものなどの整理とリサイクル施設へ服やダンボール等を持って行ったりして1日が終わりました・・・・・・

明日は近い所で少しだけ自然と接しようかと思っています~





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-05-06 20:52 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『甘野老(アマドコロ)と宝鐸草(ホウチャクソウ)と稚児百合(チゴユリ)等の花達~♪』

今日はこどもの日で各地ではいろいろなイベントが多くなっているようですね・・・・・
岐阜市内の道路も所々で車が多くなっていました

今日は3日に出掛けて写した甘野老(アマドコロ)と宝鐸草(ホウチャクソウ)と稚児百合(チゴユリ)と小葉立浪草(コバノタツナミソウ)や海老根(エビネ)達を載せることにしました・・・・・
鳴子百合(ナルコユリ)はまだ花が見られませんでしたので撮れませんでした~(´;ω;`)



1.『甘野老(アマドコロ)』 クサスギカズラ科アマドコロ属の多年草
学名はPolygonatum odoratum
d0054276_204571.jpg

このアマドコロだけエーザイの薬草園で写しました・・・・・



2.
d0054276_205852.jpg

茎には6本の稜があって触ると少し角張った感じがします・・・・・
葉は普通の緑のものと斑入りのものがあるようです~
花期は春で花は鐘形で色は白く先の方は少し緑がかっていて色の雰囲気は園芸種の『スノーフレーク』等にも似ているように思います~
ナルコユリとは違って花と花柄のつなぎ目は突起状にはなりません~



3.
d0054276_2051832.jpg

4.
d0054276_2052945.jpg

5.
d0054276_205401.jpg

とても可愛いので気に入っています~♪



6.
d0054276_2055183.jpg




7.『稚児百合(チゴユリ)』  イヌサフラン科チゴユリ属の多年草
学名はDisporum smilacinum
d0054276_206321.jpg

チゴユリは以前は『ユリ科』だったので小さなユリの花を咲かせるのでチゴユリと名付けられましたが科名が変化すると元々の意味が判らなくなりそうですね・・・・・

ここからは河川環境楽園・木曽川水園で写したものです~♪



8.
d0054276_2061471.jpg

9.
d0054276_2065126.jpg

10.
d0054276_207320.jpg

11.
d0054276_2071619.jpg

12.
d0054276_2073027.jpg




13.『宝鐸草(ホウチャクソウ)』  イヌサフラン科チゴユリ属の多年草
学名はDisporum sessile
d0054276_2074332.jpg

名前の由来は花の姿が仏閣の四隅に飾りとして吊り下がっている『宝鐸(ほうたく・ほうちゃく』に因んでいます・・・・・



14.
d0054276_207556.jpg

近くにチゴユリが咲いていると時々自然交配して『ホウチャクチゴユリ』が出来る場合もあります
この『ホウチャクチゴユリ』は花の大きさは『ホウチャクソウ』なのに花姿は『チゴユリ』のように小さくなります~♪



15.
d0054276_208615.jpg

16.
d0054276_2081828.jpg

ホウチャクソウの花にクマバチが潜り込んでいました~(o ̄∇ ̄o)♪



17.
d0054276_2082996.jpg

18.
d0054276_2084083.jpg

19.
d0054276_2085261.jpg




20.『小葉立浪草(コバノタツナミソウ)』 シソ科 タツナミソウ属の多年草
学名はScutellaria indica var. parvifolia
d0054276_209335.jpg

21.
d0054276_2091596.jpg

22.
d0054276_2092775.jpg

23.
d0054276_2093869.jpg

24.
d0054276_2095120.jpg

白花も見られました~
この白花が家のすぐ近くにたくさん咲いている所を先日見つけました~
いろいろな所に生えるものなのですね~(o ̄∇ ̄o)♪



25.『海老根(エビネ)』 ラン科エビネ属の多年草
学名はCalanthe discolor
d0054276_2010384.jpg

26.
d0054276_20101449.jpg

27.
d0054276_20102798.jpg

28.
d0054276_20104162.jpg

29.
d0054276_20105350.jpg

30.
d0054276_2011561.jpg

31.
d0054276_20111840.jpg




32.『黄海老根(キエビネ)』 ラン科エビネ属の多年草
学名はCalanthe sieboldii 
d0054276_20113097.jpg

日本に自生していたエビネの仲間になります~
元々は西日本に生息していたもののようです・・・・・・



33.
d0054276_20114129.jpg

34.
d0054276_20115262.jpg

35.
d0054276_2012481.jpg


今日は昼から山県市の山間部へ出掛けました
目的は山に自生しているヤマフジを見るためでした~♪
たくさんのヤマフジが綺麗に咲いていました
神崎川上流の円原川辺りで川の流れと自然生えのシャガも写しました

今日は天気がよく暑いくらいでしたので半袖のTシャツで過ごせました~(o ̄∇ ̄o)♪






(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-05-05 22:54 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『曼陀羅寺公園の江南藤まつり』

愛知県江南市にある曼陀羅寺公園の藤を4月30日に見に行きました
21日にも出掛けましたがその時には殆ど咲いていませんでした
ここの藤まつりは4月20日(木)〜5月7日(日)までやっているのでGWに出掛けられるのも良いと思います~
連休中ならイベントもいろいろされていると思います~(*´∀`*)

東海地方では有名な藤の名所になっていますので今日もテレビの番組で取り上げられていました~
最近は韓国や中国やフィリピン等からの見物客も多くなっています~(o ̄∇ ̄o)♪


1.
d0054276_2015261.jpg

藤の下にはツツジが咲いています・・・・・
場所によっては牡丹や石楠花と芍薬も見られます~♪



2.
d0054276_2015406.jpg

3.
d0054276_20155726.jpg

4.
d0054276_20161114.jpg

5.
d0054276_20162468.jpg

一番藤らしい色の花ですね・・・・・
藤の花のイメージはいつもこの色の花になっていました~(*´∀`*)



6.
d0054276_20163630.jpg

7.
d0054276_20164829.jpg

8.
d0054276_2017177.jpg

9.
d0054276_20171323.jpg

10.
d0054276_2017261.jpg

11.
d0054276_20173920.jpg

12.
d0054276_20175151.jpg

白藤もたくさん見られましたが写したものは少なかったです・・・・・



13.
d0054276_2018423.jpg

14.
d0054276_20181793.jpg

3色の藤の花が続いて見られました・・・・・



15.
d0054276_20182923.jpg

16.
d0054276_20184320.jpg

17.
d0054276_20185747.jpg

18.
d0054276_20191031.jpg

19.
d0054276_20192489.jpg

20.
d0054276_20194164.jpg

21.
d0054276_20195574.jpg

22.
d0054276_2020780.jpg

八重の藤は少なくて有名なのがこの『八重黒龍(やえこくりゅう)』です・・・・・



23.
d0054276_20202190.jpg

24.
d0054276_20203337.jpg

25.
d0054276_20204756.jpg

26.
d0054276_202117.jpg

27.
d0054276_20211392.jpg

28.
d0054276_2021248.jpg

29.
d0054276_2021415.jpg

『九尺藤』と言われる藤です~
1尺が約30cmなので270cmの藤になるのですが実際にはそんなに長くはなりそうにないですね~



30.
d0054276_20215834.jpg

31.
d0054276_20221276.jpg

32.
d0054276_20222714.jpg

ピンク色の藤の花は『花藤(はなふじ)』と呼ばれる品種のようです~
可愛いですね・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



33.
d0054276_20224427.jpg

34.
d0054276_20225511.jpg

35.
d0054276_2023627.jpg

マメ科の蝶形花が好きな私にとって藤を見に行くと楽しくなって写す枚数も多くなってしまいます~



36.
d0054276_20232082.jpg

こんな色の八重藤もありました~♪



37.
d0054276_20233126.jpg

38.
d0054276_20234776.jpg

39.
d0054276_2024417.jpg

40.
d0054276_20242027.jpg

ここ何年も江南市の曼陀羅寺公園で藤を見ています
何年も前に津島の天王川公園の藤を見に行きましたが来年あたりは津島の藤を見に行きたくなりました~

今日は以前に大垣市の牡丹園を見た帰りに寄ってみたカモミール畑と赤坂スポーツ公園の藤が早すぎてダメでしたので今日再び出掛けました・・・・・
カモミール(カミツレ)はイベントが終わっていて連休後に刈り取られるようでした・・・・
赤坂スポーツ公園の藤は藤棚の藤を植え替え作業中で見られる藤が少なかったです~

途中で寄ってみた浅中運動公園ではツツジが綺麗に咲いていました
また順番に載せたいと思いますが飛び入りのものがあれば少し遅れます・・・・・
季節の移り変わるスピードが早すぎて追い付くのが精一杯です~(´;ω;`)





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-05-04 20:45 | 身近な自然の話 | Comments(22)

『上溝桜(ウワミズザクラ)と紫雲英(ゲンゲ)と草藤(クサフジ)等の花達・・・・・』

今日からGWが始まった人も多いでしょうね・・・・・
国道や県道でも普段より多くの車が走っていました~
事故が起こらないといいですね・・・・・♪

今日は岐阜市の畜産センター周辺で見れた花や木々を載せました
珍しいものは見られませんでしたが季節の花達として載せます~~(o ̄∇ ̄o)♪



1.『上溝桜(ウワミズザクラ)』 バラ科ウワミズザクラ属の落葉高木
学名はPadus grayana
d0054276_2026239.jpg

畜産センターの北側にある市民公園駐車場の道路の前に咲いていました・・・・・
最近は彼方此方でよく見かけますが家から一番近くて綺麗に咲くのがここなのでよく撮りに行きます



2.
d0054276_202751.jpg

3.
d0054276_202818100.jpg

これくらい花が咲くので見ていると楽しくなります~(o ̄∇ ̄o)♪



4.
d0054276_20303693.jpg

5.
d0054276_203888.jpg

6.
d0054276_20393775.jpg

花の下に葉が見られますが似ているイヌザクラにはこの葉がないので区別ができます~♪



7.
d0054276_2037649.jpg




8.『紫雲英(ゲンゲ)・レンゲソウ』 マメ科ゲンゲ属の越年草
学名はAstragalus sinicus
d0054276_20355085.jpg

普通はレンゲと言われますね・・・・・
本当は蓮華(レンゲ)は蓮の花を現すので正式和名は紫雲英(ゲンゲ)です
いつもこの名前に拘るように書いていますがこの花が私の住んでいる岐阜県の県花なのできちんと書こうと思っているからです~



9.
d0054276_20353998.jpg

10.
d0054276_20352879.jpg

11.
d0054276_20351526.jpg


12.
d0054276_2035182.jpg

13.
d0054276_20344833.jpg

14.
d0054276_20343545.jpg

15.
d0054276_20342356.jpg

16.
d0054276_2034868.jpg

ギリシア神話では祭壇に捧げる花を摘みに野に出た仲良し姉妹の話が有名でニンフが変身した紫雲英(ゲンゲ)を誤って摘んでしまった姉のドリュオペが代わりに紫雲英(ゲンゲ)にされてしまい・・・・・
『どの花もみんな女神が姿を変えたものなのですから花をこれ以上摘まないでください』と言い残したとされています~(o ̄∇ ̄o)♪
可愛い花を大切にしたいという言い伝えなのでしょうね・・・・・・・



17.
d0054276_20335664.jpg




18.『二輪草(ニリンソウ)』 キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草
学名はAnemone flaccida
d0054276_2033444.jpg

畜産センターの湿地植物エリアにさいていました~
この場所には数は少ないですが色々な花が見られることもあって時々覗いています~♪



19.
d0054276_20333272.jpg

20.
d0054276_20331922.jpg

21.
d0054276_2033616.jpg




22.『草藤(クサフジ)』  マメ科ソラマメ属の多年草
学名はVicia cracca
d0054276_20325273.jpg

今の季節には彼方此方で見かける花です~
長良川の堤防でも固まって咲いています・・・・・・
道路際の叢でも見ることが多いです~



23.
d0054276_20323846.jpg

色が綺麗なのでよく写しています~
いつも書いていますが私は花の中でもマメ科の蝶形花やシソ科の唇形花が特に好きなのでこんな姿の花を見ると必ず撮ってしまいます~(o ̄∇ ̄o)♪



24.
d0054276_20322587.jpg

25.
d0054276_20321176.jpg

26.
d0054276_20315727.jpg

色が少し違うものも見られました・・・・・



27.
d0054276_20314392.jpg




28.『沢菊(サワギク)』  キク科サワギク属の多年草
学名はNemosenecio nikoensis
d0054276_20313132.jpg

別名を襤褸菊(ボロギク)と言います・・・・・
沢沿いや湖沼沿いなどの湿気の多い場所に生息しています・・・・・
果実期になると冠毛が襤褸(ぼろ)のように見えるのでサワギクとボロギクの名の由来になっています



29.
d0054276_20311928.jpg

30.
d0054276_2031841.jpg

31.
d0054276_20305533.jpg

32.
d0054276_20293566.jpg




33.『染井吉野(ソメイヨシノ)』 バラ科サクラ属の落葉高木
学名はCerasus × yedoensis (Matsum.) A.V.Vassil. ‘Somei-yoshino’)
d0054276_20292484.jpg

ソメイヨシノに実が生っていました~
セイヨウミザクラ(サクランボ)の実のように食べて美味しいものではないですが実が生っている光景は楽しいものですね~



34.
d0054276_20291272.jpg

この実を植えてもソメイヨシノになるかどうかは判りませんね・・・・・
交配種は種から同じものが育つことは少なく先祖返りをしたり新しいものが生まれる確率が高いと言われています~
それにソメイヨシノに実が生るのは同じソメイヨシノの花粉で受粉したものでは無いことも昔から判っています・・・・・
このソメイヨシノに実を生らせた桜(相手)は誰なんでしょうね~(o ̄∇ ̄o)♪



35.『畜産センター前の木々達~』
d0054276_20285869.jpg

36.『畜産センター横の芝生広場(市民公園)』
d0054276_20284396.jpg

道路沿いにメタセコイアが植えられています
たくさんの球果が歩道に落ちていました・・・・・
球果マニアの連れ合いは拾っていたと思っていて実際にはまだ拾っていなかったようでした~
またこの球果も靴箱上の『球果ボックス』に飾られることでしょう~(o ̄∇ ̄o)♪

道路の左側が岐阜薬科大学の薬草園です~


今日は久し振りに河川環境楽園・木曽川水園に行ってきました
ホウチャクソウとチゴユリを撮りたかったからです
そしてエーザイの薬草園でナルコユリを撮りました・・・・
今の季節は花も多くて楽しいですね~
ウツギの花達も咲き始めていて綺麗でした・・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-05-03 21:30 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『郁子(ムベ)と碇草(イカリソウ)と哨吶草(チャルメルソウ)等の花達~』

今日も良い天気でした・・・・・
車を見ると黄砂のようなものが付いていましたので今は中国大陸から黄砂がたくさん飛んで来ているように思えました・・・・・

今日は岐阜薬科大学の薬草園で見た花等を載せました・・・・・
同じような花を載せているかも知れませんが今綺麗な花達をつい何度も撮ってしまいます~


1.『関東蒲公英(カントウタンポポ)と並揚羽(ナミアゲハ)』
d0054276_20544433.jpg

カントウタンポポにナミアゲハが来ていました~



2.
d0054276_20545539.jpg

3.
d0054276_2055677.jpg




4.『猿捕茨(サルトリイバラ)』 サルトリイバラ科シオデ属の多年草または半低木
学名はSmilax china
d0054276_20551736.jpg

5.
d0054276_20553063.jpg

6.
d0054276_20554040.jpg

7.
d0054276_20555079.jpg

8.
d0054276_2056185.jpg




9.『枳殻(カラタチ)』 ミカン科カラタチ属の落葉低木
学名はPoncirus trifoliata
d0054276_20561265.jpg

10.
d0054276_20562572.jpg

11.
d0054276_20563637.jpg

12.
d0054276_20564834.jpg




13.『郁子(ムベ)』 アケビ科ムベ属の常緑蔓性低木
d0054276_20565915.jpg

アケビやミツバアケビは雌雄の花の区別はすぐ判りますが宜は雌雄よく似ているので気が付きませんでしたが先日違いに気がついてからはムベも雌雄の花の区別がすぐにできるようにりました~



14.
d0054276_20571053.jpg

15.
d0054276_20572086.jpg

16.
d0054276_20573399.jpg




17.『猫の目草(ネコノメソウ)』 ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草
学名はChrysosplenium grayanum
d0054276_20574415.jpg

今年はネコノメソウによく出逢えます~



18.
d0054276_20575595.jpg

19.
d0054276_2058636.jpg




20.『哨吶草(チャルメルソウ)』 ユキノシタ科チャルメルソウ属の多年草
学名はMitella stylosa
d0054276_20581798.jpg

21.
d0054276_20582959.jpg

22.
d0054276_20583942.jpg

23.
d0054276_20585028.jpg

24.
d0054276_2059245.jpg

25.
d0054276_20591395.jpg




26.『羅生門葛(ラショウモンカズラ)』 シソ科ラショウモンカズラ属の多年草
学名はMeehania urticifolia
d0054276_2059248.jpg

27.
d0054276_20593759.jpg

28.
d0054276_20595073.jpg




29.『翁草(オキナグサ)』 キンポウゲ科オキナグサ属の多年草
学名はPulsatilla cernua
d0054276_210117.jpg

花が終わった後の翁の髭(実)が見られました・・・・・



30.
d0054276_210153.jpg

31.
d0054276_2103047.jpg




32.『穂咲錨草(ホザキイカリソウ)』 メギ科イカリソウ属の落葉多年草 
学名はEpimedium sagittatum
d0054276_2104263.jpg

イカリソウの中では一番小さい花のようです~(*´∀`*)



33.
d0054276_2105445.jpg




34.『碇草(イカリソウ)』 メギ科イカリソウ属の落葉多年草
学名はEpimedium grandiflorum var. thunbergianum
d0054276_211548.jpg

35.
d0054276_2111698.jpg




36.『梅花碇草(バイカイカリソウ)』 メギ科イカリソウ属の落葉多年草
学名はEpimedium diphyllum
d0054276_2112984.jpg

このバイカイカリソウは花に距がありません~



37.
d0054276_2114147.jpg

38.
d0054276_2115219.jpg

39.
d0054276_212376.jpg

白花のイカリソウもありました・・・・・
白花でもこれはトキワイカリソウではありませんでした~♪



40.
d0054276_2121488.jpg

園芸種でオレンジクイーンって言う名前のようです・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



41.
d0054276_2122620.jpg

イカリソウには園芸種も多いようで品種も多いようです~
可愛い花や綺麗な花が多いですね・・・・・



42.
d0054276_2123830.jpg


今日の昼に堤防を見ていましたらニワゼキショウの白花と紫花がたくさん咲いていました~
コツブツメクサやタチイヌノフグリ等賑やかな堤防風景になっていました~(o ̄∇ ̄o)♪

明日から5連休・・・・・
多分遠くには行かないと思います~
のんびりと近場を散策したいです・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)

(PENTAX OptioRZ10)
by shizenkaze | 2017-05-02 21:50 | 身近な自然の話 | Comments(24)