タグ:薬草園 ( 239 ) タグの人気記事

『鳩麦(ハトムギ)と胡麻(ゴマ)と秋葵(オクラ)と黄蜀葵(トロロアオイ)等・・・・・』

薬科大学の薬草園で見た植物達は一応今日で終わります・・・・・
今日はハトムギやオクラやトロロアオイとワタやゴマなどを載せます~

また薬草園には少し経ってから行こうと思っています~(o ̄∇ ̄o)♪


1.『鳩麦(ハトムギ)』 イネ科ジュズダマ属の1年草
学名はCoix lacryma-jobi var. frumentacea
d0054276_19183857.jpg

ジュズダマとは同種で栽培化によって生じた変種になります~
ハトムギ粒のデンプンは糯性でジュズダマは粳性です・・・・・



2.
d0054276_19185159.jpg

3.
d0054276_191967.jpg

4.
d0054276_19192076.jpg




5.『胡麻(ゴマ)』 ゴマ科ゴマ属の一年草
学名はSesamum indicum
d0054276_19193990.jpg

花は終わって見だけが見られました・・・・・



6.
d0054276_19195289.jpg

7.
d0054276_1920451.jpg




8.『黄蜀葵(トロロアオイ)』 アオイ科トロロアオイ属の一年草
学名はAbelmoschus manihot
d0054276_19201855.jpg

9.
d0054276_19203062.jpg

花はオクラにソックリですが実は違いますね~



10.
d0054276_19204247.jpg

11.
d0054276_19205644.jpg




12.『秋葵(オクラ)』 アオイ科トロロアオイ属の一年草
学名はAbelmoschus esculentus
d0054276_19211159.jpg

13.
d0054276_19212338.jpg

14.
d0054276_19213624.jpg




15.『棉(ワタ)』 アオイ科ワタ属の多年草
学名はGossypium spp.
d0054276_19214911.jpg

16.
d0054276_1922414.jpg

17.
d0054276_19221759.jpg




18.『生姜(ショウガ) ジンジャー』 ショウガ科ショウガ属の多年草
学名はZingiber officinale
d0054276_19222963.jpg

19.
d0054276_1922435.jpg

20.
d0054276_19225917.jpg




21.『波布草(ハブソウ)』 マメ科ジャケツイバラ亜科センナ属の一年草
学名はSenna occidentalis
d0054276_19231368.jpg

22.
d0054276_1923271.jpg

23.
d0054276_19234157.jpg




24.『蛇瓜(ヘビウリ)』 ウリ科カラスウリ属の蔓性一年生草
学名はTrichosanthes anguina
d0054276_19235282.jpg

25.
d0054276_1924589.jpg

26.
d0054276_1924185.jpg




27.『花火菅(ハナビスゲ)』 カヤツリグサ科スゲ属の多年草
学名はCarex cruciata
d0054276_19243128.jpg

28.
d0054276_19244398.jpg

29.
d0054276_19245623.jpg




30.『薬草園周辺の風景~』
d0054276_192513100.jpg

木々の上には青い空・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



31.
d0054276_19252724.jpg

岐阜薬科大学の薬草園入口です~
岐阜市街からは椿洞の畜産センターを通り過ぎた先に見られます・・・・・
岐阜市椿洞字東辻ヶ内935

無料ですが月・水・金・日が開園日になっています~
117科約700種の植物を見ることができます・・・・・



32.
d0054276_19254116.jpg

畜産センターに隣接していて薬草園の前にある芝生広場です~
休日には子供連れの家族が多く来ています・・・・・・



33.
d0054276_1925548.jpg

34.
d0054276_1926969.jpg

35.
d0054276_1926229.jpg

ここのメタセコイア並木は私のお気に入りの所です~

今日は11時から車の車検に出かけました
最初の車検なので悪い所がなくて基本料金だけで済みましたがブレーキオイルだけ交換してもらいました~
昼は近くの回転寿司で食べてから久し振りに各務原市の河川環境楽園(木曽川水園)に行って散策してきました・・・・・
彼岸花の3色が見られコスモスやノカンゾウ等も見られました~

明日は孫の運動会ですが台風の影響で雨が降りそうなのでどうなるか判りません・・・・・
日曜も雨のようなので月曜日に何処かへ出かけたいです~




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-15 20:09 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『野鶏頭(ノゲイトウ)と大千成(オオセンナリ)と何首烏芋(カシュウイモ)等・・・・・』

大型台風が日本に沿って北上するようで暴風域になっている所では激しい風雨に襲われているようです
東海地方も明日は晴れそうですが土曜日と日曜日は荒れた天気になるようです・・・・・(´;ω;`)

今日も岐阜薬科大学の薬草園で出逢った花や実などを載せます・・・・・


1.『野鶏頭(ノゲイトウ) 花』 ヒユ科セロシア属の一年草
学名はCelosia argentea
d0054276_20284933.jpg

園芸種のケイトウよりこのノゲイトウの色姿が好きです~
淡い色が綺麗です・・・・・・



2.
d0054276_2029176.jpg

3.
d0054276_20291230.jpg

4.
d0054276_20292356.jpg

ツマグロヒョウモンの♂がノゲイトウに来ていました~♪



5.
d0054276_20293499.jpg

6.
d0054276_202945100.jpg

7.
d0054276_20295967.jpg

8.
d0054276_20301159.jpg




9.『紫式部(ムラサキシキブ) 実』 シソ科ムラサキシキブ属の落葉低木
学名はCallicarpa japonica
d0054276_20302410.jpg

ムラサキシキブの実が少し色付き始めました~(o ̄∇ ̄o)♪



10.
d0054276_20303623.jpg

11.
d0054276_20304742.jpg

12.
d0054276_2031244.jpg




13.『大千成(オオセンナリ) 花と実』 ナス科オオセンナリ属の一年草
学名はNicandra physalodes
d0054276_20311373.jpg

別名を『千成鬼灯(センナリホオズキ)』とも言います~
原産地は南アメリカで日本へは江戸時代の末期に渡来して逸出したものが日本全国で野生化しているようです~♪
葉の脇から細長い花柄を出しその先に1つずつ花をつけます・・・・・
合弁花で花径は3~4cmで先が浅く5つに裂けます
裂片は淡い青色で筒部は白くなっています~♪



14.
d0054276_20312760.jpg

15.
d0054276_20313748.jpg

実はホオズキと同じように球形の液果で袋のような大きな萼に包まれています~
有毒なので食べられませんが切り花やドライフラワーなどに用いられる事もあるようです・・・・・



16.
d0054276_20314955.jpg

17.
d0054276_2032010.jpg

綺麗な色の花です~



18.
d0054276_20321247.jpg

19.
d0054276_20322584.jpg

20.
d0054276_20323541.jpg

21.
d0054276_20325075.jpg

22.
d0054276_2033633.jpg

23.
d0054276_20331764.jpg

24.
d0054276_20332813.jpg

25.
d0054276_2033413.jpg

26.
d0054276_20335470.jpg

27.
d0054276_2034629.jpg




28.『仙人草(センニンソウ) 花』 キンポウゲ科センニンソウ属の多年草
学名はClematis terniflora
d0054276_20341832.jpg

センニンソウの仲間は世界中に300種あり日本には20種以上があると言われています~
花の美しいカザグルマやそれに類似の外国種が栽培されクレマチスと呼ばれています・・・・・
日本産のもので蔓になって小型の花を多数つけるものはセンニンソウの他にボタンヅルがあります~



29.
d0054276_2034291.jpg

30.
d0054276_20344066.jpg

31.
d0054276_20345426.jpg




32.『鳳仙花(ホウセンカ) 花』 ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草
学名はImpatiens balsamina
d0054276_2035827.jpg

ツリフネソウとは同じ仲間なので花をよく見ると似ていることが判ります~



33.『何首烏芋(カシュウイモ) ムカゴ』 ヤマノイモ科ヤマノイモ属の多年草
学名はDioscorea bulbifera f.domestica 
d0054276_20351871.jpg

薬草園では『宇宙芋(ウチュウイモ)』で紹介されていました~
写真のものはムカゴです・・・・・
非常に大きなムカゴを付けるのでジャガイモのように利用できます~(o ̄∇ ̄o)♪



34.
d0054276_2035314.jpg

カシュウイモは最近では『宇宙いも』や『エアーポテト』などの商品名で販売されていますがこれは高い位置に付くムカゴを芋に見立てたネーミングのようです~(*´∀`*)



35.『鵯花(ヒヨドリバナ) 花』 キク科ヒヨドリバナ属の多年草
学名はEupatorium makinoi
d0054276_20354611.jpg




36.『烏瓜(カラスウリ) 実』 ウリ科カラスウリ属の蔓性多年草
学名はTrichosanthes cucumeroides
d0054276_20355659.jpg

薬草園のフェンスに絡んで生っていました・・・・・



37.
d0054276_2036921.jpg


明日は昼前に車検を済ませてから何処かに出掛けようと思っています・・・・・
明後日は孫の運動会で明後日は台風の影響で1日雨のようなので明日は一日楽しみたいです~

彼岸花は去年は17日に津屋川の群生を見に行きましたがその時には少し早かったので今年はもう少し後に出掛けようかと思っています~
近くで見られる所があれば写したいです・・・・・・




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-14 21:14 | 身近な自然の話 | Comments(12)

『竜髭菜(アスパラガス)と樒(シキミ)の実や色々な花達~』

空を見ると秋の空が広がっています・・・・・
道路際に彼岸花の蕾が見られました
蝉の声は全く聞こえなくなりコオロギやスズムシの鳴き声が聞こえます~

今日から暫くは岐阜市の椿洞にある岐阜薬科大学の薬草園で見たものを載せることにしました・・・・・
薬草園は私にとってテーマパークや遊園地のように楽しい所です~♪


1.『現の証拠(ゲンノショウコ)』 フウロソウ科フウロソウ属の多年草
学名はGeranium thunbergii
d0054276_1954226.jpg

赤花のゲンノショウコです・・・・・
野山でも時々見かけます~(o ̄∇ ̄o)♪



2.
d0054276_19543425.jpg

3.
d0054276_19544593.jpg

4.
d0054276_19545661.jpg

5.
d0054276_1955620.jpg

6.
d0054276_19552145.jpg

7.
d0054276_1955338.jpg

白花のゲンノショウコです~
この白花の方が岐阜市近郊には多いです・・・・・
昔は人為的な事で白花が関東に多く赤花が関西に多いと言われていましたが最近は違うようです



8.
d0054276_19554889.jpg

9.
d0054276_19555955.jpg

実が多く見られるようになりました~
これが爆ぜると神輿のように見えますね・・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



10.
d0054276_19561414.jpg

11.
d0054276_19562781.jpg




12.『竜髭菜(アスパラガス)』 キジカクシ科クサスギカズラ属の多年草
学名はAsparagus spp.
d0054276_19563667.jpg

食用になる部分は若い芽ですが成長した葉も綺麗です~
赤くなる実も可愛いです・・・・・
あまり見る機会が無い実ですね~♪



13.
d0054276_19564815.jpg

スーパーなどでもよく見かけるアスパラですね~(o ̄∇ ̄o)♪
ベーコン巻きにするのが好きです・・・・・♪



14.
d0054276_1957059.jpg

15.
d0054276_19571187.jpg




16.『浜栲(ハマゴウ)』 シソ科ハマゴウ属の常緑小低木
学名はVitex rotundifolia
d0054276_19572285.jpg

17.
d0054276_19573124.jpg

18.
d0054276_19574356.jpg

実がたくさん生っていました~



19.『丸葉藍(マルバアイ)』 タデ科イヌタデ属の一年草
学名はPolygonum tinctorium
d0054276_1957578.jpg

藍染に使用される植物です~
紀元前より世界各地で青色の染料として重用されていましたが化学合成したインディゴ染料が発明されて以降は合成染料が工業用によく用いられているために染料用途で用いられることは少なくなりました~



20.
d0054276_1958899.jpg

21.
d0054276_19581996.jpg

22.
d0054276_19583141.jpg

23.
d0054276_19584291.jpg

24.
d0054276_19585597.jpg




25.『四角豆(シカクマメ)』 マメ科シカクマメ属の多年草
学名はPsophocarpus tetragonolobus
d0054276_1959740.jpg

26.
d0054276_19592076.jpg

27.
d0054276_19593347.jpg

シカクマメの豆鞘です~♪



28.
d0054276_19594323.jpg




29.『樒(シキミ)』 マツブサ科シキミ属の常緑高木
学名は Illicium anisatum
d0054276_19595670.jpg

葉には強い香りがありシキミの葉の乾燥粉末はお線香の原料となっています・・・・・
地域の伝統・文化・風習によって異なりますが関西地方では神事には『榊(サカキ)』を使い仏事には『樒(シキミ)』を用います・・・・・



30.
d0054276_200631.jpg

樹木全体に毒を持っていて果実も猛毒な事から『悪しき実』が訛って『樒(シキミ)』と呼ばれるようになったと言われています・・・・・



31.
d0054276_2002044.jpg

32.
d0054276_2003021.jpg

33.
d0054276_2004024.jpg

34.
d0054276_2005184.jpg


長良川の堤防のベニバナマメアサガオもマメアサガオも満開状態で花を咲かせていました~
キツネノマゴやコニシキソウやカタバミも今が一番元気みたいに見えました・・・・・

週末には台風が接近するので天気が悪くなりそうです
金曜日は車の車検で土曜日は孫の運動会なので日曜日と月曜日に自然の中へ出かけようと思っていましたが天気が悪いと出かけられないですね・・・・・
雨でも楽しめる所を探したいです~




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-13 20:34 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『薬樹園の木の実達・・・・・』

今日はエーザイの薬樹園で見た木々の実を6種載せることにしました・・・・・
特別珍しい実はありませんが木の実や草の実を見ると楽しいので色々撮りました~

1.『旱蓮木(カンレンボク)』 ミズキ科カンレンボク属の落葉高木
学名はCamptotheca acuminata Decne.
d0054276_20265423.jpg

小さなバナナのような実が生ります~
原産地は中国雲南省で夏に淡いクリーム色の花が咲きます~



2.
d0054276_2027483.jpg

カンレンボクからカンプトテシンという抗がん作用を持つ成分が発見されこの物質の類縁物質が化学的に合成されて抗がん剤のイリノテカン(略号CPT-11、商品名:トポテシン、カンプト)が開発されました・・・・・
カンプトテシンは強い副作用のため米国では抗がん薬としての開発が中断されましたが日本の製薬メーカーにより開発が継続されカンプトテシン誘導体のイリノテカン(irinotecan)が抗癌剤として市販され抗がん剤として利用されています~



3.
d0054276_20271543.jpg

イリノテカンは植物アルカロイドに分類される抗がん剤でDNAの複製の時に必要なトポイソメラーゼという酵素を阻害することによって細胞分裂中のDNAを切断しがん細胞が分裂増殖するのを阻害します・・・
国内では大腸がんや肺がん、子宮頸がん、卵巣がん、胃がん、乳がん、悪性リンパ腫等に適用される薬剤で今日のがん臨床で広く用いられている極めて有望な抗がん剤と言えます~(*´∀`*)



4.
d0054276_20272969.jpg

5.
d0054276_20274127.jpg

6.
d0054276_20275332.jpg

7.
d0054276_2028448.jpg

8.
d0054276_20281499.jpg

9.
d0054276_20282881.jpg

10.
d0054276_20284073.jpg




11.『支那油桐(シナアブラギリ)』 トウダイグサ科アブラギリ属の落葉高木
学名はAleurites fordil
d0054276_20285294.jpg

12.
d0054276_2029633.jpg

13.
d0054276_20291928.jpg

14.
d0054276_20292939.jpg

15.
d0054276_20294421.jpg

16.
d0054276_20295774.jpg




17.『枳殻(カラタチ)』 ミカン科カラタチ属の落葉低木
学名はPoncirus trifoliata
d0054276_2030935.jpg

18.
d0054276_20302146.jpg

19.
d0054276_20303315.jpg

20.
d0054276_20304587.jpg




21.『栃(トチ)』 トチノキ科トチノキ属の落葉広葉樹
学名はAesculus turbinata
d0054276_2030588.jpg

22.
d0054276_20311040.jpg

23.
d0054276_20312172.jpg

24.
d0054276_20313245.jpg




25.『信濃柿(シナノガキ)』 カキノキ科カキノキ属の落葉高木
学名はDiospyros japonica Sieb. & Zucc.
d0054276_20314513.jpg

26.
d0054276_20315665.jpg

27.
d0054276_20321044.jpg

28.
d0054276_20322389.jpg

29.
d0054276_20323980.jpg




30.『萵苣木(エゴノキ)』 エゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木
学名はStyrax japonica
d0054276_20325316.jpg

31.
d0054276_2033875.jpg

32.
d0054276_20331897.jpg

33.
d0054276_20332978.jpg

34.
d0054276_20334089.jpg




35.『薬樹園から見た くすり博物館』
d0054276_20335283.jpg

くすり博物館では年に二度ほど企画展が催されます・・・・・
いつでも常設展示されているものを見ることができます(入館料は無料です)
私設の博物館としては以前の調査では全国の博物館のベスト5に入ったようです~

堤防のマメアサガオ達がたくさん咲いていました~
今日は仕事から帰る頃から雨になりました・・・・・
明日の昼過ぎまで雨のようです




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-05 20:56 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『海葱(カイソウ)と亜米利加塊芋(アメリンホドイモ)等の花達・・・・・』

朝晩は涼しくなり秋の気配がしています~

今日もエーザイの薬草園で見た花や実を載せます・・・・・
薬草園には普段見かけない植物が多いので散策が楽しいです~


1.『海葱(カイソウ)』  キジカクシ科オーソニガラム属の宿根性越年草 
学名はUrginea maritima
d0054276_2025712.jpg

地中海沿岸地方、カナリー諸島、シチリア島に分布し海岸の砂丘地に生えています・・・・・
古代エジプトやギリシャでは薬用として栽培され利用されていました・・・・・
日本には明治時代初期に導入されましたが有毒成分の配合が難しく現在ではほとんど薬用としては使われておらず鑑賞用として栽培されています~♪
鱗茎は卵形で人の頭ほど有り大きく重さは1~2.5kgにもなります・・・・・
鱗茎の外皮は白色でほとんどが地上部位露出しています
披針形の30cm程の長い大きな葉は全てが根生します~♪
他のユリ科同様に花後に出ます・・・・・
花期は8~9月で1~1.5mに花茎を伸ばし白色の小さな花を50~100個を総状花序につけます~


 
2.
d0054276_20251821.jpg

3.
d0054276_20252764.jpg

名前の由来は巨大なタマネギのような鱗茎の形から英名は見ためそのままに『Sea onion』といいますので和名はその直訳で『海の葱』で海葱カイソウと付けられました~



4.
d0054276_20253789.jpg

5.
d0054276_20254996.jpg




6.『檜扇(ヒオウギ)』 アヤメ科アヤメ属の多年草
学名はIris domestica
d0054276_2026021.jpg

7.
d0054276_20261237.jpg

8.
d0054276_20262422.jpg




9.『猫の髭(ネコノヒゲ)』 シソ科ネコノヒゲ属の多年草
学名はOrthosiphon stamineus Bentham
d0054276_20263730.jpg

園芸店などでは『クミスクチン』と呼ばれることが多いようです~
クミスクチンは古くから民間薬として知られ世界各国でその高い薬効が認められています・・・・・
100年以上も前からヨーロッパ各国で大量に利用され初めて現在もドイツやフランス、オランダなどでは医薬品原料(利尿剤)として盛んに利用されています・・・・・♪^^



10.
d0054276_20264950.jpg

11.
d0054276_20265912.jpg

12.
d0054276_2027109.jpg

13.
d0054276_2027284.jpg




14.『旃那(センナ)』 マメ科ジャケツイバラ亜科センナ属の小低木
学名はSenna alexandrina
d0054276_20274564.jpg

15.
d0054276_20275847.jpg

実が生っていました・・・・・



16.
d0054276_2028962.jpg

17.
d0054276_20282392.jpg

18.
d0054276_20283496.jpg




19.『亜米利加塊芋(アメリンホドイモ)』 マメ科アピオス属の多年草
学名はApios americana
d0054276_20284684.jpg

原産は北アメリカ大陸東部で日本には明治時代中期に導入されたと言われています~
英名はポテトビーン、インディアンポテト、グラウンドナッツと呼ばれていますが日本では属名のアピオスやホド(ホドイモ)と呼ばれています~♪



20.
d0054276_20285783.jpg

21.
d0054276_20298100.jpg




22.『薬樹園から薬草園を眺めて・・・・・』
d0054276_20292197.jpg

このプラントアーチはサネカズラで出来ています・・・・・(*´∀`*)



23.『薬草園から薬樹園を眺めて・・・・・』
d0054276_20293663.jpg

こちらのプラントアーチはテイカカズラで出来ています~(*´∀`*)



24.
d0054276_20294873.jpg




25.『蝦夷譲葉(エゾユズリハ)』 ユズリハ科ユズリハ属の常緑低木
学名はDaphniphyllum macropodum subsp. humile
d0054276_2030041.jpg

ユス゜リハ達は以前はトウダイグサ科でしたが今は独立したユズリハ科になっています~
雌雄異株で太平洋側の温暖な地方に分布するユズリハが本州の日本海側の多雪地帯に適応した亜種になっています・・・・・・



26.
d0054276_20301141.jpg

27.
d0054276_20302440.jpg

28.
d0054276_20303577.jpg

美味しそうに見えますが食べられません~
ブルーベリーの実に似てますがエゾユズリハの実はアルカロイドなどの有毒成分を含んでいて有毒です・・・・・・



29.
d0054276_2030476.jpg




30.『薬樹園の風景~』
d0054276_2031042.jpg

明日は薬樹園をメインに載せることにします~
殆どの木に名札がつけられていますので判り易いです・・・・・
何度も通っているのでここで見られる樹木の殆どは顔見知りです~(o ̄∇ ̄o)♪



31.
d0054276_20311182.jpg

32.
d0054276_2031237.jpg

33.
d0054276_20313398.jpg

34.
d0054276_2031459.jpg


今日の仕事後に前の家の貸店舗の鍵を1軒開け忘れていたので開けに行って少し見てきました・・・
今まで住んでいた部屋の畳が無くなっていたり壁を少し取り壊してあるのを見て悲しかったです
これで1ヶ月ほど経てば全てが無くなっていると思うので見納めのように感じました・・・・・

今週の土日には柳ケ瀬商店街で今年もジュラシックアーケードが開催されます
恐竜ロボがまたたくさん見られるようです~


今年の10月最初の土日に行われる岐阜祭りでは武者行列で織田信長公に扮するのは仮面ライダーでお馴染みの『藤岡弘さん』に決まりました・・・・・

また10月1日から11月30日までの期間に『長良川おんぱく』が始まります
『岐阜の本物に出会える170の小さな旅』で催し物がたくさんです
詳しくは長良川おんぱく2017





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-04 21:17 | 身近な自然の話 | Comments(12)

『薬草園で見た色々な実~ 』

草木に生る実は秋に多く見られますが探せば1年中何かの実が見られますね~
昨日出かけたエーザイの薬草園(薬樹園)でも色々な実が生っていました・・・・・・
小さな実・・・大きな実・・・有り触れた実・・・珍しい実と色々ありますがどんな実でも見ると嬉しくなります~(o ̄∇ ̄o)♪

1.『ローゼル 』 アオイ科フヨウ属の多年生の亜灌木(亜低木)
学名はHibiscus sabdariffa L.
d0054276_18535218.jpg

別名にはロゼリ草、ローゼリ草、レモネードブッシュ等があります~
高さ2~3mに育ち花はクリーム色で葉腋に単生し短日植物で9~11月頃に開花します・・・・・
萼と苞は肥厚して赤く熟します~



2.
d0054276_1854224.jpg

ローゼルは花や果実(正確には肥大した萼と苞)をハーブティー(ハイビスカス・ティー)に利用します ハイビスカス・ティーは赤くクエン酸などの植物酸が豊富で酸味がありビタミンCの補給源にもなります~(*´∀`*)



3.
d0054276_18541188.jpg

齧ると酸っぱいですが爽やかな酸っぱさです・・・・・
薬草園にあるものは採ってはダメなので味わうことは出来ませんのでどこかで見かけたら持ち主に話して味わうといいでしょうね~



4.
d0054276_1854191.jpg

5.
d0054276_18543116.jpg




6.『海島綿(カイトウメン)』 アオイ科ワタ属の一年草
学名はGossypium barbadense
d0054276_18544117.jpg

7.
d0054276_18545435.jpg




8.『実葛(サネカズラ)』 マツブサ科サネカズラ属の蔓性常緑樹
学名はKadsura japonica
d0054276_1855694.jpg

美男葛(ビナンカズラ)とも言いますが正式和名はサネカズラです~♪
色が少し赤くなり始めていました~



9.
d0054276_18551851.jpg

10.
d0054276_18553138.jpg

11.
d0054276_18554245.jpg




12.『アシュワガンダ(ashwagandha)』  ナス科セキドメホオズキ属の常緑低木
学名はWithania somnifera
d0054276_18555351.jpg

抗ストレスのハーブとして知られている薬用植物です~♪
アーユルヴェーダ医学によれば『インドのバイアグラ』とか『インドの朝鮮人参』などと称されています~
アシュワガンダは関節痛、腰痛の緩和、血液浄化作用、滋養強壮、抗ストレス性、精力増強、リウマチなどに効果があるとされ近年では脳機能改善作用や免疫力強化、抗炎症作用などの効果もあると言われます~♪



13.
d0054276_185676.jpg

14.
d0054276_18562356.jpg

小さいホオズキみたいな姿です~



15.
d0054276_18563695.jpg

16.
d0054276_1857993.jpg

17.
d0054276_185722100.jpg

18.
d0054276_18573357.jpg




19.『郁子(ムベ)』 アケビ科ムベ属の蔓性常緑樹
学名はStauntonia hexaphylla
d0054276_1857462.jpg

アケビ科でもアケビ属ではないのでアケビの実とは少し感じが違いますね~
熟してもアケビのように割れません・・・・・



20.
d0054276_1858029.jpg

21.
d0054276_18581383.jpg




22.『猿捕茨(サルトリイバラ)』 サルトリイバラ科シオデ属の多年草(半低木)
学名はSmilax china
d0054276_18582986.jpg

まだ色付いていませんでした~
赤くなると可愛いですね・・・・・
この実が付いた蔓を輪にしてリースのように飾ると素敵です~(o ̄∇ ̄o)♪



23.
d0054276_18583964.jpg

24.
d0054276_18584936.jpg




25.『棗(ナツメ)』 クロウメモドキ科ナツメ属の落葉高木
学名はZiziphus jujuba
d0054276_1859325.jpg

26.
d0054276_18591786.jpg

他で見かける実より一回りくらい大きかったです~(o ̄∇ ̄o)♪



27.
d0054276_18593185.jpg

28.
d0054276_18594327.jpg




29.『夷草(エビスグサ)』 マメ科ジャケツイバラ亜科センナ属の小低木または草本
学名はSenna obtusifolia
d0054276_18595443.jpg

熱帯地方に広く分布している植物です
原産地では宿根して亜灌木になることもあるようですが日本の場合では普通は一年草として栽培されます~
草丈は1m以上になって葉は互生で5~6枚の小葉の羽状複葉です・・・・・

花は夏に咲き葉腋に一輪か二輪ずつ咲きますがマメ科でも蝶形花でなく歪な5弁花で10本見られる雄シベも不揃いです・・・・・



30.
d0054276_190725.jpg

31.
d0054276_1902036.jpg




32.『波布草(ハブソウ)』マメ科ジャケツイバラ亜科センナ属の一年草
学名はSenna occidentalis
d0054276_1903268.jpg

アメリカ合衆国南部から熱帯アメリカにかけてが原産地で江戸時代に毒虫や毒蛇(特にハブ)に咬まれたときの民間薬として導入されたのでハブソウと言う名前が付けられました・・・・・

今では南西諸島や小笠原諸島では帰化植物となっていて普通に見られるようです~



33.
d0054276_1904919.jpg

34.
d0054276_191047.jpg

35.
d0054276_1911367.jpg


今日は何処にも出掛けず前の家に残っていたカラーボックスなどと一緒にバーベキュー用の木炭やチャコールブリックスをこちらに運びました・・・・・
今日の夕食を庭でバーベキューしたいと息子が言ったのですることになりましたが火の付け方もシッカリ出来ない息子たちなので最初は私が全部やりました~

私は釣りとアウトドアのサークルで20年間会長をしていて釣行会の昼などでは野外料理を毎回やっていたので20年以上のアウトドアライフのキャリアがありますが最近は少々面倒になりました~
本当なら息子たちに任せて食べるだけに専念したいのですが見ているとハラハラ&イライラするのでつい手を出してしまいます~
いつか何もしないで食べるだけのアウトドアライフがしたいです~(o ̄∇ ̄o)♪




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-03 19:48 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『久し振りの薬草園で見た蔓性の植物達~』

今日は解体する家のお祓いを金神社から来て頂いて済ませてから久し振りにエーザイの薬草園に行きました・・・・・
ほぼ半月振りの散策になりました~
あまり変わったものは見られませんでしたが半月前には花が咲いていたものに実が出来ているものが多く見られました~

今日はその中で蔓性の植物を多目に載せてみました


1.『内藤記念くすり博物館』
d0054276_19295190.jpg

エーザイの薬草園と紹介している所はこの内藤記念くすり博物館の薬草園になります~



2.
d0054276_1930241.jpg

薬草園の風景~(o ̄∇ ̄o)♪



3.『蛇瓜(ヘビウリ)』 ウリ科カラスウリ属の蔓性一年草
学名はTrichosanthes anguina
d0054276_19301586.jpg

4.
d0054276_19302482.jpg

5.
d0054276_19303698.jpg

6.
d0054276_19304887.jpg

実が生っていました・・・・・
蛇みたいに長い姿です~



7.『糸瓜(ヘチマ)』 ウリ科ヘチマ属の蔓性一年草
学名はLuffa cylindrica (L.) Roem
d0054276_19305893.jpg

8.
d0054276_1931773.jpg

9.
d0054276_19311662.jpg

実も生っていました~♪



10.『蝶豆(チョウマメ)』 マメ科チョウマメ属の蔓性多年草
学名はClitoria ternatea L.
d0054276_19312549.jpg

11.
d0054276_19313964.jpg

12.
d0054276_1931533.jpg

13.
d0054276_1932331.jpg

14.
d0054276_19321779.jpg

15.
d0054276_19323122.jpg




16.『角胡麻(ツノゴマ)』 ツノゴマ科ツノゴマ属の一年草
学名はProboscidea jussieui Steud
d0054276_19324329.jpg

17.
d0054276_19325621.jpg

18.
d0054276_1933951.jpg

19.
d0054276_1933196.jpg

これがツノゴマの実です・・・・・
果実は長さ約15センチで上部は嘴状の鉤角(こうかく)形になります
この果実の形が面白いので熟果を枝ごと乾かして活花や装飾に利用する事もあります~

ツノゴマの名はこの果実の形に由来します・・・・・
この角状の突起が歩行者の衣服にひっかかって悩ますところから『タビビトナカセ』の別名もあるようです
若芽はピクルスとして食用されるようです~♪



20.
d0054276_19333088.jpg

21.
d0054276_19334389.jpg

22.
d0054276_19335556.jpg




23.『小槐花(ミソナオシ)』 マメ科ヌスビトハギ属の小低木
学名はDesmodium caudatum
d0054276_1934980.jpg

花が終わって実が生っていました~
『味噌直し』と書く事も多いようです・・・・・
この面白い名前は防腐効果のある葉や茎を味噌や醤油の中に入れておくと味が良くなるからだとか味噌が腐りかけた時に味が元に戻るということから付けられたそうです~



24.
d0054276_19342132.jpg

25.
d0054276_19343285.jpg

26.
d0054276_19344384.jpg

27.
d0054276_19345649.jpg




28.『葛(クズ)』 マメ科クズ属の蔓性多年草
学名はPueraria montana var. lobata
d0054276_1935666.jpg

29.
d0054276_19351985.jpg

30.
d0054276_19353047.jpg

31.
d0054276_19353998.jpg

32.
d0054276_19355298.jpg

久し振りにエーザイの薬草園を散策して江南市のフラワーパーク江南にも行きました
日陰は涼しく感じられましたが陽のあたるところはジリジリと刺すような暑さでした・・・・・・

今日のテレビアニメ『コナン』は岐阜市が舞台でした
岐阜駅からメディアコスモスや岐阜市歴史博物館や水の資料館が描かれていましたよ・・・・・
見られましたか?





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-09-02 20:08 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『浜栲(ハマゴウ)や鬼百合(オニユリ)やアニスヒソップ等の花達・・・・・』

今日は天気が良くて暑い一日になりました・・・・・
盆休みの3日目でしたが相変わらず朝から私の部屋の本棚の整理をしたり引き出しに入っていた色々なガラクタ(私には宝物なんですが~)を片付けていました~

今日も薬草園や薬樹園で見た植物達を載せます・・・・・


1.『浜栲(ハマゴウ)』 シソ科ハマゴウ属の常緑小低木
学名はVitex rotundifolia
d0054276_20285316.jpg

本州、四国、九州、沖縄に分布し海岸の砂浜に群生しますが内陸の淡水湖の琵琶湖沿岸にも生育しています~
世界では中国、朝鮮、東南アジア、ポリネシア、オーストラリアに分布して砂が吹き飛ばされて何mも横に伸びた茎が露出する場合もあるようです・・・・・
砂に埋もれても負けずに伸びるのは海浜植物として重要な適応と言えますね~



2.
d0054276_2029713.jpg

3.
d0054276_20291924.jpg

4.
d0054276_20293077.jpg

5.
d0054276_20293918.jpg

6.
d0054276_20295252.jpg

カメラを変えてアップで撮りましたら色が変わってしまいました
実際の色は1~5の写真の色に近いです~



7.
d0054276_2030195.jpg




8.『アニスヒソップ』 シソ科カワミドリ属の多年草
学名はAgastache foeniculum
d0054276_20301798.jpg

別名をアガスターシェ(Agastache)、ジャイアントヒソップ、フェンネルヒソップと言うハーブです~♪
原産地は北アメリカやメキシコです・・・・・(*´∀`*)
野生では乾燥した潅木帯や草原などに生え高さは90cmほどになります・・・・・
葉は卵形で先端が尖り縁には鋸歯があって対生します~
全体に『アニス(Pimpinellaanisum)』のような芳香があり6月から10月ごろに枝先に穂状花序を出して紫色から白色の小さな私の好きな唇形花を咲かせます~~

葉はハーブティーやサラダに利用されインディアンの人々は咳止め薬として使ったそうです~



9.
d0054276_20302633.jpg

10.
d0054276_20303963.jpg

11.
d0054276_20305046.jpg

12.
d0054276_2031583.jpg

13.
d0054276_20311689.jpg




14.『鬼百合(オニユリ)』 ユリ科ユリ属の多年草
学名はLilium lancifolium
d0054276_20312780.jpg

種子は出来ませんが葉の付け根に暗紫色のムカゴを作りそれで繁殖します~(*´∀`*)
似た仲間のコオニユリにはムカゴは出来ません・・・・・



15.
d0054276_20314028.jpg

16.
d0054276_20315163.jpg

17.
d0054276_2032335.jpg

18.
d0054276_20321699.jpg

19.
d0054276_20322677.jpg

20.
d0054276_20323941.jpg

野山などの自然の中でこの花に出逢うと嬉しくなります~
コオニユリとクルマユリも花は似ていて可愛く思えます・・・・・



21.
d0054276_20325112.jpg




22.『目薬木(メグスリノキ)』 ムクロジ科カエデ属の落葉高木
学名はAcer maximowiczianum
d0054276_2033471.jpg

日本国内だけに自生し主に標高700m付近に多く見られる木です~
大きいものでは樹高10m程になります・・・・・
雌雄異株で葉は長さ5〜13cm程度の三枚の小葉からなる複葉ですがウリカエデ等のような形の葉も見られるので全体を見ないと判り難い木です~



23.
d0054276_20331560.jpg

メグスリノキの樹皮や幹、葉などには抗菌作用や利尿作用を促進する成分(タンニン、カテキン、ロドデンドロンなど)が含まれていることが確認されていてこれらの効果から結膜炎をはじめ、かすみ目や老眼、近視など、目の健康に役立つとされてきました・・・・・
また、メグスリノキに含まれる有機物質のトリテルペンやフラボノイドに利尿効果があることや葉に含まれる配糖体の働きにより血管壁が硬くなるのを防ぎ成人病の引き金となる動脈硬化の予防、腎臓機能・肝機能の向上にも効果があるとも言われています~♪



24.
d0054276_20332764.jpg

最近の研究ではこのメグスリノキとビタミンCを併用することでガン細胞の増殖抑制効果があるという研究報告もありビタミンCと併用することも勧められています~
メグスリノキは、それぞれの部位で薬効が違うとされていて目の健康維持には小枝や葉を乾燥させたものが良くて肝臓には樹皮を使ったものが良く、動脈硬化には葉を煮出したものを飲むと良いとされています・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



25.
d0054276_20334081.jpg


今パソコンでブログを書いている部屋の床は色々なものが散乱しています~゚(゚´Д`゚)゚
朝から夕方まで片付けものをしていましたが今日は夕食後で片付けをやめました・・・・・
明日は出たゴミなどの普通ゴミは週2回のゴミ収集日(月・木)に出してから少し大き目で普通ゴミでは持って行かないものを岐阜市のゴミ処理センターまで持って行くことになっています・・・・・

昨日も今日も散策をしていませんのでゴミ処理センターに行ってから少し自然を眺めたいと思っています・・・・・
そして帰ったらまた片付けものです~(´;ω;`)





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-13 21:14 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『旱蓮木(カンレンボク)や旃那(センナ)や槐(エンジュ)等の花達~』

今日は我家のお墓参りと連れ合いの在所のお墓参りに行ってきました・・・・・
行く前にリサイクルセンターに衣料やダンボール紙と金属類を出してから供える花を買って上加納にある我家のお墓に行きましたが毎年私達が行くより先に姉夫婦が行って掃除や花を供えているのでいつも感謝しながらお参りしています・・・・・

今日はエーザイの薬樹園と薬草園で見た花を載せました
あまり珍しいものはありませんでしたがカンレンボクの花がちょうど見頃でした~(o ̄∇ ̄o)♪


1.『旱蓮木(カンレンボク)』 ヌマミズキ科(またはミズキ科)カンレンボク属の落葉高木
学名はCamptotheca acuminata
d0054276_19531197.jpg

小さなバナナのような実が生るので毎年撮っていますが花の姿も可愛いです~
こんな花の時期にはあまり撮っていなかったような気がします・・・・・



2.
d0054276_19533495.jpg

強い生命力と多くの実をつけることから子孫繁栄にたとえられる喜びの木として中国では喜樹(キジュ)と呼ばれています~(*´∀`*)



3.
d0054276_19534499.jpg

蜜が良いのかハチ達が来ていました~♪



4.
d0054276_19535760.jpg

5.
d0054276_1954775.jpg

花が終わりこれから実になります・・・・・



6.
d0054276_19541883.jpg




7.『旃那(センナ)』 マメ科ジャケツイバラ亜科センナ属の常緑低木
学名はCassia angustifolia Vahl
d0054276_19542910.jpg

センナにはアレキサンドリアセンナとチンネベリーセンナの2種がありますが薬草園などでは区別せずに『センナ』と表記されることが多そうです・・・・・
因みに学名として使用したものはチンネベリーセンナです~



8.
d0054276_19544239.jpg

エジプトやスーダン地方原産でインドなどで薬用として栽培されています・・・・・
日本では薬用植物園などで展示用として栽培されていることが多いです~♪

マメ科でも私の好きな蝶形花ではないです・・・・・(´;ω;`)
でもこの黄色い花は可愛いですね~



9.
d0054276_19545228.jpg

10.
d0054276_19555100.jpg

11.
d0054276_1955178.jpg




12.『槐(エンジュ)』 マメ科エンジュ属の落葉高木
学名はStyphnolobium japonicum
d0054276_19553067.jpg

開花は7月なので少し遅い状態です・・・・・
枝先の円錐花序に白色の蝶形花を多数開いて蜂などの重要な蜜源植物となっています~
豆果の莢は種子と種子の間が著しくくびれるので面白い姿に感じられます♪



13.
d0054276_19554130.jpg

14.
d0054276_19555422.jpg

15.
d0054276_1956560.jpg

16.
d0054276_1956173.jpg




17.『庭漆(ニワウルシ)』 ニガキ科ニワウルシ属の落葉高木
学名はAilanthus altissima
d0054276_19562915.jpg

別名をシンジュ(神樹)と言いますが標準和名はニワウルシです~
和名に『ウルシ』と付いていますがウルシ(ウルシ科)とは全くの別種なので触れても被れることはありません~(*´∀`*)



18.
d0054276_19564113.jpg

生長が早い樹木で庭木や街路樹などに用いられる事も多いですが河川敷や山裾などに普通に見られます~♪
中国では根皮や樹皮を『樗白皮(ちょはくひ)』と呼んで解熱・止瀉・止血・駆虫などに用いています~♪



19.
d0054276_19565538.jpg

20.
d0054276_1957828.jpg




21.『目箒(メボウキ)』 シソ科メボウキ属の一年草
学名はOcimum basilicum
d0054276_19572154.jpg

バジルの事です~♪
イタリア料理には欠かせないですね~(o ̄∇ ̄o)♪



22.
d0054276_19573315.jpg

バジルの種子はグルコマンナンを多く含むので水分を含むと乾燥状態の約30倍に膨張しゼリー状の物質で覆われます・・・・・
食物繊維を豊富に含むことからダイエット補助食品としても利用されていますが日本には最初は種子が漢方薬として輸入されました~
ゼリー状の物質によって目の表面の汚れを取り去る目薬とされたのでメボウキ(目箒)の名称が付けられました・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



23.
d0054276_19574257.jpg

24.
d0054276_19575389.jpg

今日は連れ合いの家のお墓参りのために本巣市まで行きましたので途中で何か撮れればと思ってカメラを持って出かけたのですがあまりにも暑くて買い物に寄ったスーパーまでノンストップで帰りましたので風景写真1枚も撮れませんでした・・・・・

ブログに載せる写真も残り少なくなっていますので僅かな時間を見つけてでも何か撮りたいです~
明日は朝から片付けです~゚(゚´Д`゚)゚




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-12 20:31 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『大根草(ダイコンソウ)や犬薄荷(イヌハッカ)や胡草(エビスグサ)等の花・・・・・』

今日からお盆休みの人も多いでしょうね・・・・・
テレビを見ていると各地の高速道路で渋滞が出ているのが判りますが帰省も旅行もこの時期は大変ですね・・・・・

今日の午後に名古屋で集中豪雨があったようで道路冠水の光景をニュースで見ました
中部から関西は気温が高く関東から東は気温が低くて不安定な天気が続きそうです・・・・・

今日も薬草園で見た植物を載せます~♪


1.『大根草(ダイコンソウ)』 バラ科ダイコンソウ属の多年草
学名はGeum japonicum
d0054276_19401028.jpg

根生葉が大根の葉に似ているので名付けられました・・・・・
ダイコンソウは生薬では水楊梅(すいようばい)といいます

水楊梅は利尿、止瀉薬として、腎臓病、浮腫、膀胱炎、下痢に刻んだもの1日量15~20グラムを水0.4リットルで約2分の1量まで煎じて1日3回食前か食間に服用します・・・・・
乳幼児の湿疹や皮膚病には全草約200グラムを4~5リットルの水で約3分の2量まで煎じて患部を何度も洗浄すると良いようです~



2.
d0054276_19402490.jpg

3.
d0054276_19403436.jpg

4.
d0054276_19404761.jpg

5.
d0054276_1941018.jpg




6.『犬薄荷(イヌハッカ)』 シソ科イヌハッカ属の多年草
学名はNepeta cataria
d0054276_19411458.jpg

和名はイヌハッカですが英名をキャットニップと言います~
若葉にカルバクロール、ネペトール由来の芳香があって古くから薬草として利用された品種であり肉料理の香り付けに用いたりサラダに入れたりそしてハーブティーにも利用されます~
8月〜9月にかけて白か紫色の6mmほどの花を咲かせます・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪



7.
d0054276_19412866.jpg

8.
d0054276_19414217.jpg




9.『西洋弟切(セイヨウオトギリ)』オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草
学名はHypericum perforatum
d0054276_1941553.jpg

英名をセント・ジョーンズ・ワートと言います~
セントジョーンズワートは米国ではサンシャインサプリメントとよばれNo1の売上を上げています~軽度から中度のうつ病や更年期障害,自律神経失調症,不安神経症などに効果があります・・・・・
ストレスの緩和やダイエット時のイライラ感などにも高い効果があるようです~



10.
d0054276_1942733.jpg

ハーブの先進国ドイツでは患者が『イライラする,ストレスを感じる,体がだるい,やる気が起きない』などの軽いうつ症状を示したとき処方されるのがセントジョーンズワートです・・・・・



11.
d0054276_19422127.jpg




12.『胡草(エビスグサ)』 マメ科ジャケツイバラ亜科センナ属の一年草

名はSenna obtusifolia
d0054276_19423256.jpg

種子を決明子(けつめいし)と言って漢方の生薬の一つになります~
『決明子』とは『眼をすっきりさせるタネ』という意味で石決明(せっけつめい・アワビの貝殻)と共に視力を回復させる薬として用いられて来ました・・・・・

便秘や排尿障害・高脂血症・高血圧などの生活習慣病の予防や改善にも効果があるとされ健康茶の一つとしてそのまま飲まれたり他のものと混合して売られていることもあります~
日本では炒ったものをお茶のようにお湯を注ぎ少し蒸らした後に飲むことが多いですが中国や韓国では生のものを煎じ薬として飲まれます・・・・・
少しばかり不快な青臭い匂いと苦みやえぐみがあります~



13.
d0054276_19424192.jpg

14.
d0054276_1943028.jpg

15.
d0054276_19431291.jpg

16.
d0054276_19432838.jpg

17.
d0054276_19434196.jpg




18.『棗(ナツメ)』 クロウメモドキ科ナツメ属の落葉高木
学名はZiziphus jujuba
d0054276_19435475.jpg

原産地は中国から西アジアにかけてで日本への渡来は奈良時代以前とされています・・・・・
先日来た時は花が見られましたが今では実もこんなに大きくなっています~



19.
d0054276_1944547.jpg

漢方でよく使われる生薬のひとつで緩和、強壮、利尿、鎮痙、鎮静などに応用されます・・・・・
特に緊張による痛みや急迫症状、知覚過敏などの症状を緩和して他の薬物の作用を穏かにするために他の生薬と配合した漢方薬が多くあります

滋養・強壮には大棗酒(たいそうしゅ)が効きます・・・・・ホワイトリカー1.8リットルに大棗(たいそう)300グラム、グラニュー糖150グラムを漬けます~
大棗は細かく切って3ヶ月以上冷暗所において布で漉してから1日30ミリリットルを限度に就寝前に飲用すると良いようです~(*´∀`*)



20.
d0054276_19441899.jpg

21.
d0054276_1944371.jpg

今日は昼前から片付けしていました・・・・・
運ぶ荷物も少しずつ向こうに持って行きました
使わなくなったカメラを近くのカメラ店で買い取ってもらうことにしましたがその安さにビックリ・・・
でも保管場所がないのでそれで手を打ちました~
これから釣具やキャンプ用品と古いレコードや本なども処分しなくてはならないので今年の盆休みはのんびの休んでいられないです・・・・・

明日は2箇所の墓参りに出かけますので一応カメラを持って行こうと思っています~
風景でも撮れればいいのですが~♪




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2017-08-11 20:27 | 身近な自然の話 | Comments(14)