『亜麻(アマ)と烏柄杓(カラスビシャク)と紅花(ベニバナ)や目弾(メハジキ)等の花達・・・・・』

今日は梅雨の中休みでとても良い天気になり気温も上昇しました・・・・・
岐阜市内でも30度を越したようです~(´;ω;`)

今日は17日に出かけた岐阜薬大の薬草園で見たものを載せます~
真夏に近付くと薬草園で見られる植物達も少なくなりますが今はまだ色々なものが見られました・・・・・



1.『亜麻(アマ)』 アマ科アマ属の一年草
学名はLinum usitatissimum
d0054276_2035217.jpg

中央アジアなどが原産で日本では江戸初期に亜麻仁油をとるため栽培が始まりました・・・・
明治時代になって繊維をとるため北海道に導入してテントやロープや軍服など軍需のため日清、日露戦争をはじめ第1次、第2次世界大戦の頃には増反されてビートとともに2大工芸作物で繊維工場も85ヵ所を数えました・・・・・
戦後は軍需が激減し低コストの化学繊維の台頭などから減り続け1967年になって繊維工場との契約栽培が終わり栽培されなくなりました~



2.
d0054276_2035308.jpg

3.
d0054276_20353920.jpg

4.
d0054276_20354796.jpg




5.『烏柄杓(カラスビシャク)』 サトイモ科ハンゲ属の多年草
学名はPinellia ternata
d0054276_20355620.jpg

地下の小球茎から長柄の葉を1~2個出します・・・・・
葉は三小葉からなり初夏に花茎の上端に緑色の仏炎苞に包まれた肉穂花序をつけます~
球茎を漢方で『半夏(ハンゲ)』と言って悪阻や咳止めの薬とします・・・・・



6.
d0054276_2036814.jpg

7.
d0054276_20361816.jpg




8.『紅花(ベニバナ)』 キク科ベニバナ属の一年草または越年草
学名はCarthamus tinctorius
d0054276_2036277.jpg

西アジア原産で古くから栽培されてきた重要な染料植物で推古天皇の時代に高麗から日本に伝わったと言われ染料や化粧料や薬用として栽培されました・・・・・
現在は山形県で栽培され県花になっています~
草丈は 40~130cmで茎は円筒形で硬く多数分枝します・・・・・
葉は互生し葉身は広披針形で葉縁に鋭い棘があり総包と上部の葉は成熟するにつれて棘状となります~
アザミに似た頭状花は小管状花だけから成り初め黄色で次第に赤色に変わっていきます~♪



9.
d0054276_20363664.jpg

10.
d0054276_20364744.jpg




11.『目弾(メハジキ)』 シソ科メハジキ属の越年草
学名はLeonurus japonicus
d0054276_2036581.jpg

和名の由来は子供が茎を短く切って瞼にはめて目を開かせて遊んだところから来ていると言われています・・・・・
別名は益母草(ヤクモソウ)と言いますがこれは中国では古くから婦人薬として利用されて来たと言うことから付けられています~♪
茎の上部の葉の脇に淡い紅紫色の唇形花を輪生状につけます~
花冠は10~13mmくらいで外側には白い毛が密生して下唇は3つに裂けて濃い紅紫色の筋が入っています・・・・・
花一つを見ると私の好きな唇形花でカキドオシやオドリコソウに似ていますね~(o ̄∇ ̄o)♪



12.
d0054276_203788.jpg

白花は今まであまり見掛けませんでした・・・・・



13.
d0054276_20371658.jpg

14.
d0054276_20372635.jpg




15.『金水引(キンミズヒキ)』 バラ科キンミズヒキ属の多年草
学名はAgrimonia pilosa var. japonica
d0054276_20373626.jpg

16.
d0054276_20374411.jpg

17.
d0054276_20375345.jpg

18.
d0054276_2038241.jpg

19.
d0054276_20381368.jpg




20.『猿梨(サルナシ) 実』 マタタビ科マタタビ属の蔓性落葉樹
学名はActinidia arguta
d0054276_2038229.jpg

実がたくさん生っていました~



21.
d0054276_20383298.jpg

22.
d0054276_2038413.jpg




23.『川緑(カワミドリ)』 シソ科カワミドリ属の多年草
学名はAgastache rugosa
d0054276_20385010.jpg

24.
d0054276_20385926.jpg

25.
d0054276_20391031.jpg

26.
d0054276_20392013.jpg




27.『河原紫胡(カワラサイコ)』 バラ科キジムシロ属の多年草
学名はPotentilla chinensis.
d0054276_2039296.jpg

28.
d0054276_20393959.jpg

29.
d0054276_20394847.jpg

薬草園は何度出掛けても何かが見られるので楽しいです~
1週間後に出かけてもその間に花の種類が増えていることもあります・・・・・

今日は予定していた谷汲のゆり園に行きましたが昼前にテレビの番組で紹介していたので平日ですが少し人が多かったです~
ここのユリ祭りは明日と明後日のようです・・・・・
当日は混むので今日出掛けたのが良かっただろうと思っています~

明日は天気が悪そうですね・・・・・゚(゚´Д`゚)゚





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-06-22 21:24 | 身近な自然の話 | Comments(8)
Commented by koneko3y at 2018-06-22 21:56
アマは好きな植物です。
カワラサイコは見たことがありませんが、キジムシロと
花はそっくりです。
今週はどこにも行かなかったので、いろいろな花がまた
咲きだしていると思うので、来週は梅雨の晴れ間を狙って
せっせと歩きたいと思います。
Commented by timata-sn at 2018-06-22 22:24
shizenkazeさん こんばんは
今日は良いお天気でした、暑かったですよ。

岐阜薬大の薬草園へ行かれたのですね。
アマの花が可愛いですね!!
これで油や繊維を軍需に使って居たのですね、沢山の工場も有ったのですね。
カラスビシャクも薬草として使われて居たのですね。
ベニバナが綺麗ですね、凄い棘のある花なんですね。
メハジキと言うんですね、可愛い花ですね。
カワミドリやカワラサイコも可愛いですね。
キンミズヒキが咲いて居るんですね、早いですね!!
サルナシの実も可愛いですね。
Commented by aitainya at 2018-06-22 22:51
こんばんは☆
アマ。。。可愛い~ですね~♪ でも、まだ見たことない気がします・・・
ベニバナ。。。横から見る形が キャンディーみたいで可愛いくて(*^^*)
サルナシも 可愛いですね~
Commented by ten-zaru at 2018-06-23 20:10
shizenkazeさん、今晩は。
この花から亜麻仁油が採れるんですか。
実際に花を見るのは初めてです。
ベニバナはこちらの市の花なんですよ。
今が満開ですよ。
Commented by shizenkaze at 2018-06-23 21:05
koneko3yさん アマの花は色も姿も可愛く綺麗ですね~
私もこんな色の花は好きです・・・・・♪
カワラサイコはキジムシロやミツバツチグリと花は同じように見えますが葉が違っています~
こちらも今日は雨でしたので出掛けませんでした・・・・・(´;ω;`)
明日は晴れそうなので近場の散策をしたいです~
Commented by shizenkaze at 2018-06-23 21:09
timata-snさん 今日は雨で気温は低かったです・・・・・
薬草園で見られる植物たちなのでどれにも多少は薬効があります~
漢方薬としての利用が多いようですが現代の医薬品にも使われているものも多いです~
アマの花は可愛いですね・・・・・
メハジキもシソ科の花で可愛いですね~(o ̄∇ ̄o)♪
サルナシがたくさん実をつけていました~
山のマタタビもそろそろ実が生っていそうです・・・・・♪
Commented by shizenkaze at 2018-06-23 21:12
aitainyaさん アマの花は色姿共に可愛く綺麗ですね~
ベニバナは色や棘のある姿がとても強そうです・・・・・
キウイの仲間のサルナシがこんなに実をつけていました~
山のマタタビも同じ仲間なので実が生っているかも知れません・・・・・
愛猫のために山に行って採ってきたいです~(*´∀`*)
Commented by shizenkaze at 2018-06-23 21:16
ten-zaruさん 亜麻仁油の元がこんな可愛い花なんて知らない人は多いでしょうね~
私も薬草園に行くようになった知った花でした・・・・・
薬草園は本当に勉強になりますよ~
ベニバナが市の花なんですか?^^
紅花で名が知られているのは山形ですがten-zaruさんがお住まいの所はO市なんですね~
紅花がたくさん見られる所があるのは綺麗でしょうね・・・・・
名前
URL
削除用パスワード


<< 『角胡麻(ツノゴマ)と木大角豆... 『21世紀の森を歩いて・・・・』 >>