2018年 03月 21日 ( 1 )

『各務原浄化センターのモクレン達とハナノキの花・・・・・』

今日は朝から一日中雨が降っていました・・・・・
カメラ散策は無理なので家でカメラのメンテナンスをしていました~

今日は17日に出掛けて最後に寄った各務原市の浄化センターで写したものを載せました・・・・・
各務原の航空宇宙科学博物館がリニューアルされて24日に開館になりますので堤防の上から建物を見ながら走っていました~
暫くは混むので少し経ってから行こうと思っています・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪


1.『白木蓮(ハクモクレン)』 モクレン科モクレン属の落葉高木
学名はMagnolia quinquepet
d0054276_20132167.jpg

彼方此方でハクモクレンが見られるようになりました~
花が白くてたくさん咲いているので家の庭や公園などに咲いていると遠くからでもよく見えますね~



2.
d0054276_20133835.jpg

3.
d0054276_20134978.jpg

4.
d0054276_201406.jpg

5.
d0054276_20141035.jpg

6.
d0054276_20142135.jpg

7.
d0054276_20143630.jpg

8.
d0054276_2014494.jpg

9.
d0054276_2015766.jpg

10.
d0054276_20151826.jpg

11.
d0054276_20153040.jpg




12.『辛夷(コブシ)』 モクレン科モクレン属の落葉高木
学名はMagnolia kobus
d0054276_20154119.jpg

ハクモクレンと比べると違いがすぐに判りますね・・・・・
この木は花が少しでした~(´;ω;`)



13.『紫木蓮(シモクレン)』 モクレン科モクレン属の落葉低木
学名はMagnolia quinquepeta
d0054276_20155177.jpg

普通にモクレンと言えばこちらを言います~
最近はハッキリ区別をするためにこちらをシモクレンと呼ぶようになりました・・・・・
ハクモクレンより花が開くのは少し遅いです~♪



14.
d0054276_2016210.jpg

15.
d0054276_20161293.jpg




16.『彼岸桜(ヒガンザクラ)』 バラ科サクラ属の落葉高木
学名はPrunus subhirtella Miq.
d0054276_20162333.jpg

春の彼岸の頃に開花するので彼岸桜と言われ3~4月に葉が出る前に約2.5cmの淡紅色花を開きます~ガクは下方がす少し膨らみ柄とともに短毛があります・・・・・
江戸彼岸(エドヒガン)に似ていますが花柱に毛はなく葉は倒卵形です~
自生していることもありますが中部地方以西の本州に多く植栽されます・・・・・



17.
d0054276_20163684.jpg

18.
d0054276_20164615.jpg

19.
d0054276_20165754.jpg

20.
d0054276_2017993.jpg

ここには多くの桜の品種が見られますがこの日に花が見られたのはこのヒガンザクラだけでした~



21.
d0054276_20172274.jpg

22.
d0054276_20174291.jpg




23.『花の木(ハナノキ)』 カエデ(ムクロジ)科カエデ属の落葉高木
学名はAcer pycnanthum
d0054276_20175564.jpg

日本の固有種で長野県南部・岐阜県南部・愛知県北東部の3県県境のおもに木曽川流域の山間湿地に自生し長野県大町市の居谷里湿原に隔離分布しています~
自生地は山間の川岸や湿原などの湿地で滋賀県の国の天然記念物に指定されているものは自生地から移植されたものと考えられています・・・・・
最近では街路樹や公園などに植栽されていることも多くなりました~



24.
d0054276_2018523.jpg

25.
d0054276_20181621.jpg

ハナノキの主な生育地の阿智川や木曽川支流域の低湿地は住宅、工場、ゴルフ場建設など近年急激に土地開発の対象となり、これによって多くのハナノキの生育地が消失し集団の分断・孤立化、小集団化が進んでいます・・・・・
現在では胸高直径5cm以上のハナノキが100個体を越える集団は長野県飯田市と岐阜県中津川市の2カ所だけになってしまい50個体に満たない集団が多くなっています・・・・・



26.
d0054276_20182743.jpg

27.
d0054276_20183727.jpg

28.
d0054276_20184868.jpg

29.
d0054276_2019155.jpg

30.
d0054276_20191235.jpg

31.
d0054276_20192481.jpg

岐阜には他では見られない樹木がありました
今では移植されて各地で見られますがナンジャモンジャの『ヒトツバタゴ』や『シデコブシ』とこの『ハナノキ』は元々は地域限定の樹木でした・・・・・
いつも見られると思って何もしなかった岐阜県からこう言う貴重な植物が減ってしまったのは残念に思います・・・・・



32.
d0054276_20193474.jpg

33.
d0054276_20194491.jpg

34.
d0054276_20195687.jpg

35.
d0054276_2020586.jpg

36.
d0054276_20201984.jpg

37.
d0054276_20203028.jpg




38.『周囲の風景~』
d0054276_20204340.jpg




39.『柄長(エナガ)』 スズメ目エナガ科エナガ属
学名Aegithalos caudatus
d0054276_20205559.jpg

鳴き声がするので見上げたらエナガがいましたがすぐに飛び去ってしまいました~



40.『小啄木鳥(コゲラ)』 キツツキ目キツツキ科アカゲラ属
学名はDendrocopos kizuki
d0054276_2021734.jpg

ここでもコゲラに逢えました・・・・・



41.
d0054276_20211995.jpg

42.
d0054276_20213017.jpg

43.
d0054276_20214457.jpg


週末は天気が良いようなので彼方此方に出掛けようと思います

桜の花も色々見られると思いますが今桜の木が消滅するかも知れないと話題になっていますね
クビアカツヤカミキリが大発生すれば日本の桜は見られなくなると言います・・・・・
繁殖力旺盛でこの虫がいると木を切らなくてはならないようです
それが天然記念物のものであってもシンボルになっているサクラでも・・・・・゚(゚´Д`゚)゚
散策していて異常を見つけたらすぐに連絡しようと思い携帯電話に関係施設の電話番号を入れました・・・・・

カタクリやショウジョウバカマ・・・・・
桜や花桃・・・・
ミズバショウやイワナシやイワウチワやザゼンソウ~
今年も出逢いたい花たちばかりです~(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-03-21 21:09 | 身近な自然の話 | Comments(16)