2018年 04月 23日 ( 1 )

『黐躑躅(モチツツジ)や小葉の莢迷(コバノガマズミ)や和蘭芥子(オランダガラシ)等の花達・・・・・』

今日も昨日の続きで木曽川水園で出逢った花達と鳥です~
気温が高くなると木々の花達も早く咲いてしまっていつもの年より早く見られなくなりそうです・・・・・

今日も半袖で丁度良い気温でした~(*´∀`*)


1.『黐躑躅(モチツツジ)』 ツツジ科ツツジ属の半落葉低木
学名はRhododendron macrosepalum
d0054276_20201757.jpg

2.
d0054276_20202895.jpg

3.
d0054276_20203976.jpg

4.
d0054276_20204921.jpg

5.
d0054276_2021019.jpg




6.『小葉の莢迷(コバノガマズミ)』 スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木
学名はViburnum erosum punctatum
d0054276_20211040.jpg

7.
d0054276_20211919.jpg

8.
d0054276_20213219.jpg

9.
d0054276_2021426.jpg

10.
d0054276_20215135.jpg

11.
d0054276_2022161.jpg




12.『山藤(ヤマフジ)』 マメ科フジ属の蔓性落葉樹
学名はWisteria brachybotrys
d0054276_20221058.jpg

13.
d0054276_20221965.jpg

14.
d0054276_20222921.jpg




15.『姫楮(ヒメコウゾ)』 クワ科コウゾ属の落葉低木
学名はBroussonetia kazinoki
d0054276_20223817.jpg

16.
d0054276_20224937.jpg

17.
d0054276_20225943.jpg

18.
d0054276_2023858.jpg

19.
d0054276_20231851.jpg




20.『紅花常盤万作(ベニバナトキワマンサク)』 マンサク科トキワマンサク属の中高木
学名はLoropetalum chinense var. rubra
d0054276_20232832.jpg

21.
d0054276_20233778.jpg

22.
d0054276_20234753.jpg

23.
d0054276_20235769.jpg

24.
d0054276_2024932.jpg




25.『姫空木(ヒメウツギ)』 アジサイ科ウツギ属の落葉低木
学名はDeutzia gracilis
d0054276_20242029.jpg

26.
d0054276_20243090.jpg

27.
d0054276_20244475.jpg




28.『杜若(カキツバタ)』 アヤメ科アヤメ属の多年草
学名はIris laevigata
d0054276_20245557.jpg

29.
d0054276_20251710.jpg




30.『黄菖蒲(キショウブ)』 アヤメ科アヤメ属の多年草
学名はIris pseudacorus
d0054276_20253284.jpg




31.『和蘭芥子(オランダガラシ) クレソン』 アブラナ科オランダガラシ属の多年草
学名はNasturtium officinale
d0054276_20254883.jpg

32.
d0054276_202559100.jpg

33.
d0054276_2026899.jpg

34.
d0054276_20261945.jpg




35.『カルガモ』
d0054276_2026278.jpg




36.『オオバン』
d0054276_20263762.jpg




37.『カワセミ』
d0054276_20264766.jpg




38.『木曽川水園の風景~』
d0054276_20265854.jpg

39.
d0054276_2027761.jpg

40.
d0054276_20271673.jpg

41.
d0054276_20272775.jpg

42.
d0054276_20273687.jpg

今日は午後から曇ってきました・・・・・
明日から明後日にかけて雨が降るようで今回は本格的な雨になるようです~
雨が降ると木々や草花が元気になって花の開花も進みそうです・・・・・
今年のGWは花が終わっている所も多くなりそうですね~゚(´;ω;`)

今日の仕事帰りに少しだけ堤防を見ながら歩きました・・・・・
スギナが異常に育っていてコバンソウやカラスムギも星の数くらい生えていました~(*´∀`*)
この分だと外来種で今まで堤防を独り占めのようにしていたヒサウチソウやセイヨウヒキヨモギの現れる隙間も無くなっていそうです~♪




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-04-23 20:54 | 身近な自然の話 | Comments(14)