カテゴリ:神社仏閣( 120 )

『弓削寺の紫陽花風景』

毎年出掛けている岐阜県揖斐郡池田町の池田山裾野にある弓削寺(ゆげじ)へ今年も紫陽花を見に出かけました・・・・・・(8日)

弓削寺は臨済宗妙心寺派の寺院で山号は阿梨耶山で伝教大師(最澄)が開基と伝わり開創当初は天台宗の寺院でした・・・・・
西美濃三十三霊場9番札所になっています~


1.
d0054276_20431014.jpg

紫陽花の咲く参道から見た山門・・・・・



2.
d0054276_20431991.jpg

3.
d0054276_20432899.jpg

いろいろな紫陽花が植えられています・・・・・♪



4.
d0054276_20433883.jpg

5.
d0054276_20434751.jpg

6.
d0054276_20435515.jpg

7.
d0054276_2044785.jpg

8.
d0054276_20441655.jpg

9.
d0054276_20442667.jpg

10.
d0054276_20443617.jpg

11.
d0054276_20444840.jpg

12.
d0054276_2045179.jpg

13.
d0054276_20451046.jpg

14.
d0054276_20452071.jpg

15.
d0054276_20452835.jpg

16.
d0054276_20453816.jpg

この花は天城甘茶(アマギアマチャ)のようでした・・・・・
ここの紫陽花には名前が書かれていないので花を愛でるだけが良さそうです~(*´∀`*)



17.
d0054276_20454834.jpg

弓削寺の鐘楼です・・・・・



18.
d0054276_2046917.jpg

19.
d0054276_20463960.jpg

20.
d0054276_20465157.jpg

21.
d0054276_2047085.jpg

22.
d0054276_20471144.jpg

23.
d0054276_20472015.jpg

弓削寺の山門です・・・・・
右にある名前を見ると弓削禅寺が正式の寺院名なのですが殆どの人が弓削寺と言っています~♪



24.
d0054276_20473043.jpg

本堂です・・・・・・
弓削寺の開創は平安時代に遡ります・・・・・
弘仁8年(817年)に美濃国安八郡を伝教大師が巡錫の際に池田山に紫雲が漂っているのに気づき訪れたところ温泉が湧きだしているのを見つけました・・・・・
その温泉を錫杖でかき回したところ馬頭観音が顕現したと伝わっています・・・・・
その馬頭観音を祀るために寺が建てられ奇瑞に因んで阿梨耶山湯華寺と名付けられました

開創時の寺は現在の位置よりも山頂に近い位置に建っていたようです・・・・・
その後、応徳年間に白河法皇が谷汲山華厳寺を参拝の帰途に俄の病に見舞われましたがこの温泉に入り平癒したため弓削寺の寺号を下賜されました・・・・・
その際に大般若経600巻も授かりその経典を納めるため平安寺が建立されたと伝わっています
その後臨済宗に改宗し弓削禅寺と称するようになりました~♪



25.
d0054276_20474146.jpg

本堂から山門を見て・・・・・



26.
d0054276_20475098.jpg

27.
d0054276_2048032.jpg

28.
d0054276_20481117.jpg

住職の奥様(お母様?)がいらして丁寧に説明をして頂けました・・・・・
天井絵や本堂の中の写真も撮らせて頂きましたので初めてブログで紹介致します~



29.
d0054276_20482185.jpg

天井絵が一面に見られました・・・・・



30.
d0054276_20483125.jpg

右下の欄間彫刻は日光東照宮の左甚五郎に関わりのある人が彫られたものだと聞きました・・・・・



31.
d0054276_20484193.jpg

32.
d0054276_20485231.jpg

建物と紫陽花の途中に板塀がありましたが去年の台風で壊れてしまったと話されました・・・・・
茶室も危ない状態のようでしたが何事もなくてホッとしたと言われました~
山の斜面にあるので風当たりが強いのですね・・・・・



33.
d0054276_2049139.jpg

34.
d0054276_2049115.jpg

35.
d0054276_20492029.jpg

36.
d0054276_20493016.jpg

37.
d0054276_20494395.jpg

38.
d0054276_20495512.jpg

39.
d0054276_2050690.jpg

40.
d0054276_20502017.jpg

41.
d0054276_20503020.jpg

42.
d0054276_20504243.jpg

43.
d0054276_20505437.jpg

44.
d0054276_2051785.jpg

ツツジも咲いていました~(*´∀`*)



45.
d0054276_20511876.jpg

アマギアマチャはアジサイと比べると葉に滲みが現れるような気がします・・・・・
アジサイ・ガクアジサイ・ヤマアジサイ・アマチャ・ツルアジサイ・イワガラミ・ノリウツギ・ガクウツギとアジサイ科(旧ユキノシタ科)の花達の区別は難しいです・・・・・・
なかなか覚えられないので花を見るだけにしたいです~(*´∀`*)



46.
d0054276_20512829.jpg

47.
d0054276_20513857.jpg

柏葉紫陽花も結構多く見られました~



48.
d0054276_20514878.jpg

49.
d0054276_2052010.jpg

50.
d0054276_20521185.jpg

51.
d0054276_20522317.jpg

52.
d0054276_20523424.jpg

53.
d0054276_20524552.jpg

54.
d0054276_20525770.jpg

山の斜面に紫陽花が多く見られます・・・・・
枯れたものも多くあれば新しく植えれたものも多いようで正式な種類や株数は判らないようですが100種以上で1万株以上だとガイドブックなどには書かれているようです・・・・・

この日はここから本巣市に向かい特別養護老人ホーム『さはら苑』の敷地にある紫陽花園にも寄ってみました・・・・・
最初はこの施設の館長がひとりで作り始めた紫陽花園ですが今は広く花数も多くなって見物用の駐車場まで出来た紫陽花園になりました~♪
明日はこの紫陽花園の風景を載せたいと思います~(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-06-13 21:26 | 神社仏閣 | Comments(10)

『大智寺と永昌寺を散策して・・・・・』

畜産センターでバラを見てから国道418号(通称・ヤマボウシ街道)へヤマボウシの花を見に行きましたが途中にある岐阜市北野の大智寺(だいちじ)に寄って少し散策をしました~
それから関市武芸川町高野にある永昌寺(えいしょうじ)にも立ち寄ってみました・・・・・
大智寺は彼岸花の季節などに何度も訪れてブログでも紹介していましたが永昌寺は初めてのお寺です~


1.『獅子庵近くの睡蓮池の睡蓮の花・・・・・』
d0054276_2033584.jpg

小さな池ですが睡蓮が綺麗に咲いていました~



2.
d0054276_2034722.jpg

3.
d0054276_20341795.jpg

4.
d0054276_20342595.jpg

5.
d0054276_20343546.jpg

6.
d0054276_20344420.jpg

『獅子庵』は蕉門十哲の一人美濃派俳諧の始祖各務支考の住居跡です・・・・・
支考は寛文5年(1665)山県郡北野村西山組で村瀬家の二男として生まれ元禄3年(1690)3月26歳の時に近江粟津の無名庵に芭蕉を訪ねその教えを乞い門下生となり芭蕉に従って各地を遍歴しました~
正徳元年(1711)46歳の時に郷里に帰り獅子庵を建てこの庵に住んで20年の享保16年(1731)2月7日に67歳で没しました・・・・・・
獅子庵は瓦葺平屋建で座敷4畳半、寝室3畳、表の間6畳の簡素な建物です・・・・・
獅子魔の東側庭には鑑塔がありその付近には歴代道統の句碑が建ちならんでいます~
鑑塔は支考の遺骨を納めたもので和泉の青石を以て作られていて直径40cmの円形で表面には梅花仏が刻み込まれています・・・・・



7.
d0054276_20345451.jpg




8.『大智寺』
d0054276_2035498.jpg

岐阜県岐阜市にある臨済宗妙心寺派別格地寺院で山号は雲黄山と言います・・・・・
本尊は釈迦如来です・・・・・



9.
d0054276_20351382.jpg

10.
d0054276_20352582.jpg

11.
d0054276_20353511.jpg

寺紋は徳川葵です・・・・・
江戸時代には18石8斗の御朱印を受け葵の紋が許されている寺院になります~♪


12.
d0054276_20354556.jpg

山門の上に見える巨木が樹齢800年を越す大檜(オオヒノキ)で岐阜県指定天然記念物になっています~



13.
d0054276_2035556.jpg

本堂古瓦を使用した瓦土塀(信長塀)がここでは風景の中に溶け込んでいます~



14.
d0054276_2036431.jpg

15.
d0054276_2036179.jpg

『大檜(オオヒノキ)』は根元の幹周囲9.1mで目通り幹周囲6.6mそして樹高30mの巨樹です・・・・・
幹の内部は空洞になっていて根元の東側に縦の裂け目が見られます
また幹が捻れていますがこれはかつての落雷が原因であると思われています~♪



16.
d0054276_20362862.jpg

17.
d0054276_20363923.jpg

境内を歩いて・・・・・



18.
d0054276_20365033.jpg

19.
d0054276_2037268.jpg

20.
d0054276_20373273.jpg

21.
d0054276_20374516.jpg

22.
d0054276_20375780.jpg

23.
d0054276_20381055.jpg

24.
d0054276_20382144.jpg

25.
d0054276_20383136.jpg

26.
d0054276_20384154.jpg

27.
d0054276_20385174.jpg

28.
d0054276_2039116.jpg

29.
d0054276_20391120.jpg

30.
d0054276_20392236.jpg

31.
d0054276_20393371.jpg

32.
d0054276_20394226.jpg

33.
d0054276_20395568.jpg

34.
d0054276_2040819.jpg

35.
d0054276_20402570.jpg




36.『関市郊外の田園風景~』
d0054276_20403873.jpg




37.『永昌寺』
d0054276_20405315.jpg

岐阜県関市武芸川町高野にある臨済宗妙心寺派の寺院で山号は景久山といいます~
本尊は十一面観世音菩薩です・・・・・
美濃三十三観音霊場第五番礼所と台湾三十三観音霊場の発起寺になっています・・・・・



38.
d0054276_2041148.jpg

馬籠宿本陣島崎家の菩提寺として知られ島崎藤村の遺髪と爪が納められている墓碑が建立されています・・・・・
小説『夜明け前』で登場する万福寺は永昌寺をモデルにしているとされ藤村にとっても馴染み深いお寺だったと思われています~♪



39.
d0054276_20412667.jpg

40.
d0054276_20413761.jpg

41.
d0054276_20414749.jpg

42.
d0054276_20415867.jpg

ここにも睡蓮が咲いていました~



43.
d0054276_2042925.jpg

44.
d0054276_20422048.jpg

最近は神社仏閣を載せることが少なくなりましたが今日は久し振りに載せました・・・・・
花散策をするので御朱印帳を持ってくる事がないので神社仏閣には立ち寄っていても御朱印の数が全く増えません・・・・・

明日はヤマボウシ街道で写したヤマボウシの写真を載せる予定です~
今日は本巣市の文殊の森までササユリを見に行ってきました・・・・・
去年より1週間から10日は早いようで綺麗な花が見られました~(*´∀`*)





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-05-26 21:16 | 神社仏閣 | Comments(16)

『林陽寺の枝垂桜・・・』

八幡山林陽寺は弘法大師の草創と伝わっています・・・・・
その後に春日明神別当観音堂として本村、丹羽左京亮の館外の鬼門守護として祠られていましたが久しく無住となり荒廃してしまいました・・・・・
1665年に宜公和尚が中興し師父の信州松本全久院(松本城主 松平丹波守菩提寺)了然玄超を開山に迎え曹洞宗寺院となりました・・・・・

私の家は禅宗でも『臨済宗妙心寺派』なので葬式や法事等は岐阜市寺町にある『瑞龍寺』のお坊様に頼んでいますが母が居るときには祖母の月命日のお経を林陽寺の岩水玄峰様(先代住職)に唱えてもらっていました・・・・・
この『林陽寺』は『曹洞宗』なのですが十一世の層雲玄峰様とは長いお付き合いが有り今まで不思議に思っていましたがこの日に枝垂桜を見に出かけた時に現住職の岩水龍峰さんと話が出来てやっと繋がりが判りました・・・・・

長い間の疑問が解けて気持ち良く枝垂桜を見ていました~(o ̄∇ ̄o)♪


1.
d0054276_20201329.jpg

林陽寺の山門です・・・・・



2.
d0054276_20202455.jpg

林陽寺の枝垂桜は市の保存樹になっています~
毎年3月第4日曜日には『しだれ桜コンサート』が催され宵になるとライトアップされた妖艶な夜桜が楽しめます~♪



3.
d0054276_20203513.jpg

4.
d0054276_20204530.jpg

この枝垂桜は樹齢150年と言われています~



5.
d0054276_20205764.jpg

6.
d0054276_2021925.jpg

7.
d0054276_20211952.jpg

8.
d0054276_20213176.jpg

9.
d0054276_20214135.jpg

10.
d0054276_20215865.jpg

11.
d0054276_20221088.jpg

12.
d0054276_20222115.jpg

天気が良かったので花が綺麗でした~



13.
d0054276_20223246.jpg

14.
d0054276_20224384.jpg

15.
d0054276_20225286.jpg

16.
d0054276_2023452.jpg

今年は花が多いような気がしました~(o ̄∇ ̄o)♪



17.
d0054276_20231515.jpg

18.
d0054276_2023276.jpg

19.
d0054276_20233912.jpg

20.
d0054276_20235026.jpg

21.
d0054276_2024299.jpg

22.
d0054276_20241239.jpg

23.
d0054276_20242383.jpg

24.
d0054276_20243411.jpg

25.
d0054276_2024463.jpg

26.
d0054276_20245832.jpg

27.
d0054276_20251032.jpg

28.
d0054276_20252142.jpg

29.
d0054276_20253274.jpg

岐阜七福神では布袋尊を祀るお寺になっています・・・・・
自分の体の良くないところを念じて布袋尊を撫でると御利益があるそうです~(*´∀`*)



30.
d0054276_20254415.jpg

31.
d0054276_20255578.jpg

林陽寺のワンコです~
大人しくて参拝者に頭を撫でられていました・・・・・



32.
d0054276_2026519.jpg

白木蓮(ハクモクレン)も今年は綺麗に見られました~
ちょうど良い時期に行ったようです・・・・・(*´∀`*)



33.
d0054276_20261575.jpg

34.
d0054276_20262796.jpg

去年は少し遅くて花が傷んでいましたがこの日(25日)は花が真っ白でした~



35.
d0054276_20263771.jpg

36.
d0054276_20264756.jpg

37.
d0054276_20265883.jpg

ハクモクレンの下でお茶やお饅頭などを販売していました~♪



38.
d0054276_2027941.jpg

この日は林陽寺から各務原市の学びの森に寄ってからエーザイの薬草園と河跡湖公園と木曽川水園も散策しました~(o ̄∇ ̄o)♪

通勤途中のソメイヨシノが満開になっていました~
揖斐の二度ザクラや池田町の霞間ヶ渓の桜もそろそろ見頃のようです・・・・・
私の好きな芥見の中将姫誓願桜も今年は早く咲くのではないかと気にしています~
根尾谷の淡墨桜や高山の荘川桜や臥龍桜はまだ蕾のようですが今年は例年より早く咲くようです・・・・・

体が一つでは回りきれません・・・・・
こんな時には分身の術が使えたらなァ~なんて思ってしまいます~(*´∀`*)




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-03-29 20:56 | 神社仏閣 | Comments(8)

『高賀神社と高賀川と円空狛犬・・・・・』

昨日は板取川から高賀川の川風景を載せましたが今日は高賀川の近くにある高賀神社と円空上人が彫られた狛犬のレプリカが飾られている橋の欄干や高賀川の流れを載せることにしました・・・・・

長良川と板取川に挟まれた関市北西部(旧武儀郡西部)と郡上市南西部(旧郡上郡南西部)の境をなしている高賀の山脈には高賀山(1,224m)を主峰に瓢ケ岳(1,162m)と今淵ケ岳(1,048m)の山々がそびえ高賀三山と呼ばれる信仰の山になっています~

高賀山の南の山腹には高賀神社があり山の背面の北側に本宮神社、新宮神社、東側に星宮神社が鎮座しています・・・・・
瓢ケ岳の南の山麓には金峰神社があり今淵ケ岳の南山腹には瀧神社がありこの一帯が高賀山信仰地域になっていて山全体が厳かな雰囲気に包まれています・・・・


1.
d0054276_20195652.jpg

高賀川の近く(写真の右側)に2本の木が見られます・・・・・
これは『夫婦欅(メオトケヤキ)』で2本が寄り添って聳えています~



2.
d0054276_2020724.jpg

詳しい事は何も書かれていませんが小さな杭に『夫婦欅』とだけ書かれていました・・・・・



3.
d0054276_20201941.jpg




4.『高賀神社』
d0054276_20203280.jpg

近くにある駐車場に車を停めてこれから高賀神社の境内に入ります~



5.
d0054276_20204094.jpg

6.
d0054276_20205273.jpg

7.
d0054276_2021273.jpg

高光公とサルトラヘビの像です
高賀山周辺には藤原高光の妖怪退治伝説が残っています・・・・・
妖怪の名は『サルトラヘビ』で頭は猿、胴体は虎、尾は蛇という姿をしていたと言われます~
退治をした藤原高光は優れた歌人としても知られ三十六歌仙にも選ばれています



8.
d0054276_2021145.jpg

この伝説は高賀山全体にありよく載せている粥川の滝にもこの話があります
近くにある星宮神社にも残されている話です・・・・・



9.
d0054276_20212429.jpg

10.
d0054276_20214055.jpg

11.
d0054276_20215488.jpg

12.
d0054276_2022547.jpg

13.
d0054276_20221571.jpg

この石段を上って高賀神社の本堂に向かいます・・・・・♪



14.
d0054276_20222336.jpg

15.
d0054276_2022342.jpg

拝殿に参拝しました・・・・・
この後で御朱印を頂きました



16.
d0054276_20224677.jpg

拝殿はまだ新しいです・・・・・



17.
d0054276_2022576.jpg

本殿です・・・・・
高賀神社(こうかじんじゃ)は岐阜県関市洞戸高賀にある神社で別名を高賀山大本神宮と言います
標高1,224mの高賀山の山麓にあり高賀山を囲む高賀六社の一社で旧社格は郷社になります・・・

平安時代から室町時代にかけて白山信仰の影響を受け本地垂迹説により十一面観音(白山比咩神)と大日如来を本地仏として信仰されました・・・・・
さらには牛頭天王信仰や虚空蔵菩薩信仰がされていました



18.
d0054276_2023946.jpg

19.
d0054276_20232040.jpg

社伝によれば創建は奈良時代の養老年間と言います(養老元年という説もあるようです)
言い伝えによれば霊亀年間に高賀の地には光を放つ魔物住み着いたと言われこれを聞いた朝廷は使者を派遣しこの山の麓に21柱の神々をまつり退魔の祈祷を行なったといいます・・・・・
すると魔物は姿を消しその後この山は『秀でて高き故まためでたい』という意味で『高賀山』と呼び神社を『高賀山大本神宮大行事神社』と名付けたといいます・・・・・



20.
d0054276_20233291.jpg

ヒノキが多いです・・・・・



21.
d0054276_20234455.jpg

高賀(こうか)神社の大鳥居です・・・・・
御影石造りでは日本一と言われいてる高賀神社の大鳥居で高さは約11メートルあります~
平成4年4月4日に完成し四を重ねて『しあわせ』=『幸世』大鳥居と呼ばれていました
この時の完成式典には海部元首相夫妻をはじめ多くの来賓を招いて盛大に行われました

現在の大鳥居は二代目で平成9年に元の位置より約3キロほど高賀川上流に再建立されました~♪



22.
d0054276_20235650.jpg

円空上人が掘った狛犬をそのままレプリカで飾られています
この辺は『奥長良川県立自然公園』に指定されています~



23.
d0054276_2024825.jpg

24.
d0054276_20242264.jpg

25.
d0054276_2024369.jpg

26.
d0054276_20245341.jpg

この狛犬像の本物は神社横にある円空記念館で見られます~



27.
d0054276_2025641.jpg

28.
d0054276_20252049.jpg

宮前橋の下を流れる高賀川です・・・・・



29.
d0054276_20253415.jpg

30.
d0054276_20254589.jpg

31.
d0054276_20255860.jpg

32.
d0054276_2026880.jpg

33.
d0054276_20261853.jpg

34.
d0054276_20262960.jpg

35.
d0054276_20263981.jpg

川の流れは冬には寒く感じられると思いますが実際に近くで見ていると寒さや冷えは感じられませんでした・・・・・
それどころか少し心地良くさえ感じられました~

今日は昼前から河川環境楽園・木曽川水園と河跡湖公園を散策しました・・・・・
また明日から4日間の仕事に出かけます~
明日からは気温が低くなるようです・・・・・・
暖かくして頑張らなきゃ~(o ̄∇ ̄o)♪



(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-01-21 21:05 | 神社仏閣 | Comments(16)

『今日は谷汲山華厳寺へ初詣に・・・・・』

初詣には神社仏閣どちらへ参拝しても構いません・・・・・
私は神社に行く事が多いですがお寺に出掛けることもあります~
今日は昼前から岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積にある谷汲山(たにぐみさん)華厳寺(けごんじ)へ初詣に行きました・・・・・

今日は今まで見た事が無い程の参拝者でした・・・・・
参道の石段近くでは参拝者の進行調整をされていました~


1.
d0054276_208307.jpg

総門から続く参道脇には土産店や飲食店や屋台が並んでいます・・・・・
参拝者が今日はとても多く来ていました~
ここまで人が多いのは初めて見たような気がします・・・・・♪



2.
d0054276_2084173.jpg

この参道は春にはソメイヨシノが咲き秋には紅葉風景がとても綺麗です・・・・・



3.
d0054276_2085138.jpg

総門から距離にして約1km(徒歩10分)ほどで仁王門に達します・・・・・
仁王門から本堂まではゆるやかな登りの石畳の参道になっています~



4.
d0054276_209260.jpg

仁王門・・・・・
山号の谷汲山と書かれています



5.
d0054276_2091229.jpg

宝暦年間に再建されました・・・・・
入母屋造、三間の二重門で奥の間左右に仁王像を安置しその手前の通路の左右に巨大な草鞋が奉納されています・・・・・



6.
d0054276_2092436.jpg

7.
d0054276_2093740.jpg

仁王門を潜って進むと右手には放生池、地蔵堂、茶所、一乗院、十王堂、羅漢堂、英霊堂、三十三所観音堂、左手には法輪院、明王院、一切経堂、観音勢至像、本坊などがあり本坊の一画には大師堂、内仏客殿、庫裏が建っています・・・・・



8.
d0054276_2094928.jpg

9.
d0054276_2010069.jpg

10.
d0054276_20101160.jpg

11.
d0054276_20102270.jpg

12.
d0054276_20103232.jpg

13.
d0054276_20104320.jpg

参道突き当りの石段を上ると本堂がありその右手に鐘楼堂、本堂背後には阿弥陀堂、笈摺堂、子安堂そこからさらに石段を上った先に満願堂があります・・・・・



14.
d0054276_20105356.jpg

15.
d0054276_2011315.jpg

16.
d0054276_2011122.jpg

17.
d0054276_20112522.jpg

18.
d0054276_20113682.jpg

19.
d0054276_20114683.jpg

20.
d0054276_20115689.jpg

21.
d0054276_2012484.jpg

22.
d0054276_2012221.jpg

23.
d0054276_20123473.jpg

24.
d0054276_20124363.jpg

谷汲山華厳寺の本堂です・・・・・
1879年(明治12年)豪泰法印によって再興されました
入母屋造、正面五間、側面四間の外陣部の奥に、棟を直行させて内陣部が接続しています
本尊は十一面観世音菩薩、脇侍として不動明王像と毘沙門天像(後者は重要文化財)を安置しています(いずれも非公開)
堂内右手に納経所、地下に『戒壇巡り』があり正面向拝の左右の柱には『精進落としの鯉』と称する銅製の鯉が打ち付けられていて西国札所巡礼を三十三番札所の当寺で満願した者はその記念にこの鯉に触れる習わしがあります・・・・・・



25.
d0054276_20125524.jpg

26.
d0054276_2013397.jpg

27.
d0054276_20131224.jpg

鐘楼です・・・・・
昨年の台風21号で横の樹が倒れて被害が出ています
その為に大晦日の除夜の鐘は出来なかったようです・・・・・



28.
d0054276_20132315.jpg

今は御朱印ブームのようですが以前から神社仏閣巡りをしている私も御朱印を戴きたく思っていました・・・・・
連れ合いと話して今年から神社仏閣に出掛けた時に御朱印を戴くことにしました
私の御朱印帳に初めて書いて戴いたものがこの御朱印です・・・・・♪



29.
d0054276_20133751.jpg

まだ雪が残っていました・・・・・



30.
d0054276_20134827.jpg

31.
d0054276_20135867.jpg

32.
d0054276_2014983.jpg

33.
d0054276_20142048.jpg

34.
d0054276_20143240.jpg

35.
d0054276_2014425.jpg

36.
d0054276_20145318.jpg

37.
d0054276_2015292.jpg

38.
d0054276_20151552.jpg

参道を戻って行きました・・・・・
午後3時半くらいですが参拝者の列は長く続いていました~



39.
d0054276_20152533.jpg

仁王門を過ぎてからお店の前で焼いている御手洗団子を3本買って私が2本連れ合いが1本食べました・・・・・
醤油の香りに癒されましたが斜め前で売っていた栗入りたい焼きの方が美味しそうだと後で気がつきました・・・・・(´;ω;`)



40.
d0054276_20153728.jpg

谷汲(たにぐみ)のマンホールの蓋です~
ギフチョウが描かれています・・・・・・♪
早春にはこの地域でギフチョウの飛び交う姿がよく見られるようです~

正月は初詣の内容ばかりになってしまいます・・・・・
明日は何処か郊外で自然のものを見たいです~
花は無理でしょうが風景か鳥の姿が見られれば良いのですが・・・・・(*´∀`*)




(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-01-02 20:52 | 神社仏閣 | Comments(10)

『あけましておめでとうございます』

明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願い致します~♪
1.
d0054276_18281920.jpg

今年はこの金神社から離れた所に引越しをしているので初詣は別の神社にしようと思っていましたが息子夫婦と娘夫婦と一緒に車で行く事にしました・・・・・
爺婆と若夫婦2組と孫3人の9人で初詣に出掛けました~(*´∀`*)



2.
d0054276_18282975.jpg

金(こがね)神社も最近は列に並んで拝殿に進むようになっていますので20分程並んで参拝をしました



3.
d0054276_18284077.jpg

4.
d0054276_18285281.jpg

5.
d0054276_1829265.jpg

昨年までは家に大きな神棚(三扉のもの)があって御札だけでも5種類を祀っていましたが今住んでいる家に神棚を付けなかったので御札は買わずお守りだけにしました・・・・・



6.
d0054276_18291255.jpg

岐阜市内では伊奈波神社に次いで初詣に行く人が多い神社です・・・・・



7.
d0054276_18292236.jpg

8.
d0054276_18293226.jpg

この金色の鳥居が金神社の新しいシンボルになりました
普段は御朱印は黒墨で書かれますが毎月の最後の金曜日には金色の文字で書かれますのでそれを求めて平日でも長い行列ができます・・・・・・




9.『球果(松毬)等を使ったナチュラルリース・・・・・』
d0054276_18294415.jpg

初詣の風景が少なかったので最近作った球果を使ったナチュラルリースを載せることにしました~
クリスマスリースとは少し違って一年中飾る事のできるリースです・・・・・
昔作っていたものに比べると道具が少なくて良く出来ませんでしたがこれからこんなものも少しずつ作ってみたいと思います~



10.
d0054276_18295537.jpg

アカマツとコウヨウザンとメタセコイアの球果にセンダンやノイバラとナンキンハゼの実も付けてヒマラヤスギの雄花球果も飾ってみました~



11.
d0054276_1830524.jpg

9.10は市販のリース台を使用しましたがこのリースは長良川の河川敷に生えていたクズの蔓を採って来たものをリース台にしました・・・・・
荒くて雑ですがこの方が私は気に入っています~♪


明日は新聞も休刊だし郵便物の配達もないので何処かに出掛けようと思っています~
神社仏閣へ初詣に行くか自然の中を歩いてみるか行き当たりばったりに過ごしてみようかと思っています・・・・・

今年もひとつのものに拘らず色々なものに興味を持ちながらブログを続けたいと思っています~
今のところ年中無休で更新をするつもりです・・・・・・
何もすることがなくて退屈な時には是非お越し下さい~~(o ̄∇ ̄o)♪



(Kenko DSC1400Z)
(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-01-01 18:56 | 神社仏閣 | Comments(22)

『迎春の準備 (本荘神社)』

家から自転車で数分の所にある本荘神社で煤払いと迎春の準備をしていました・・・・・
今までは岐阜市内では大きい伊奈波神社と金神社に初詣には出掛けていましたが今年は住んでいる家が遠くなったので初詣を何処に出かけようかと迷っていますが本荘神社も近くになった事なので初詣には出掛けようかと思っています~
去年の1月20日に『最強のパワースポット本荘神社』と私のブログで紹介しています・・・・・

本荘神社(ほんじょうじんじゃ)は岐阜県岐阜市敷島町9丁目24番地にある神社で岐阜市本荘地区の産土神とされています~
美濃国神名帳の美濃国厚見郡『正六位上楡賀保明神(にれがほみょうじん)』とされていて元々は1つの神社でしたが現在は3つに分霊されていて本荘神社はその一つになります~

この神社がある場所は山岳信仰の霊峰『富士山』と島根の『出雲大社』を結ぶ線上と同じ山岳信仰の『白山』と三重県の『伊勢神宮』を結ぶ線上が交わった所になるので『しあわせ祈願の宮』と言われパワースポットになっています~


1.
d0054276_1946510.jpg

迎春の準備をされていました・・・・・
この地域の人達ですが15人くらいで作業をしていました~♪



2.
d0054276_19462070.jpg

元々は現在地の約3km東北東に鎮座していたといわれます・・・・
この地域は平安時代は美濃国厚見郡平田荘と言って長講堂(後白河法皇ゆかりの寺院)の荘園であったと言われています

1599年(慶長4年)頃に織田信雄により楡賀保明神は3つに分霊されてその中のひとつとして本荘神社が創建されました・・・・・
3つに分霊した理由は徳川家康と石田三成の対立により岐阜城で戦いが起きると考えたからと言われましたが事実そのとおり関ヶ原の戦いの前哨戦として岐阜城の戦いが発生しています・・・・・
1873年(明治6年)に郷社となりました
1931年(昭和6年)に稲葉郡本荘村は岐阜市に編入されてこの時に例祭を岐阜まつり(伊奈波神社の例祭)に合わせて4月5日に変更されました・・・・・

1989年(昭和54年)9月に銀幣社に指定されました
2012年(平成24年)3月には東に「富士山」 西に「出雲大社」 南に「伊勢神宮」 北に「白山」の交点に位置し四方拝のできる『しあわせ祈願の宮』遙拝所が建立されました~



3.
d0054276_1946333.jpg

本荘神社の拝殿です・・・・・
煤払いの最中でした・・・・・♪



4.
d0054276_19464447.jpg

5.
d0054276_19465132.jpg

6.
d0054276_1947550.jpg

本殿です・・・・・



7.
d0054276_19471471.jpg

榊(サカキ) モッコク科サカキ属の常緑小高木
学名はCleyera japonica
神社に植えられていることが多いですね~
前の家では大きな神棚があったので月に何度も榊を取り替えていました・・・・・



8.
d0054276_19472452.jpg

9.
d0054276_19473784.jpg

10.
d0054276_19474799.jpg

11.
d0054276_1947583.jpg

前回は敷地内を詳しく散策しませんでしたので今回は境内を全部歩きながら見ました・・・・・
木々の種類が多く殆どの木に名前がつけられていましたので木の名前調べには親切な心遣いだと思いました~



12.
d0054276_1948953.jpg

13.
d0054276_19481977.jpg

14.
d0054276_19483244.jpg

15.
d0054276_19484543.jpg

黐の木(モチノキ) モチノキ科モチノキ属の常緑高木
学名はIlex integra
雌雄異株の常緑高木で株単位で性転換する特性がある木だと言われています~
モチノキは花粉を受粉しなくても種子を形成して果実まで成熟することができる能力があるようです
樹皮から鳥黐(トリモチ)を作ることができるのでこれが名前の由来ともなったと言われています~



16.
d0054276_19485646.jpg

17.
d0054276_1949765.jpg

18.
d0054276_19491988.jpg

木々を眺めながら歩きました・・・・・
露出補正して少し明るくしています~(o ̄∇ ̄o)♪



19.
d0054276_19492739.jpg

20.
d0054276_19494093.jpg

21.
d0054276_1949524.jpg

22.
d0054276_1950583.jpg

23.
d0054276_1950179.jpg

24.
d0054276_19502979.jpg

ひと周りして本殿に戻りました・・・・・
地区の人達は社務所などに行ったようで見掛けなくなりました



25.
d0054276_19504296.jpg

2012年(平成24年)3月に作られた「富士山」 「出雲大社」 「伊勢神宮」 「白山」の交点に位置し四方拝のできる『しあわせ祈願の宮』遙拝所です・・・・・



26.
d0054276_1951113.jpg

ここで東西南北の方向を向いてお参りします・・・・・
拝めば四ヶ所同時にお参りしたのと同じ御利益があると言われます~(*´∀`*)



27.
d0054276_19511254.jpg

本殿の中を格子越えに写しました~
祭神は『素盞嗚尊(すさのおのみこと)』です・・・・・



28.
d0054276_19512524.jpg

29.
d0054276_19513529.jpg

30.
d0054276_19514430.jpg

31.
d0054276_1951566.jpg

拝殿ではまだ作業が行われていました・・・・・
古い注連縄(しめなわ)を外し新しく地域の人が作った注連縄が付けられていました



32.
d0054276_1952756.jpg

新しい鈴紐が付けられました・・・・・
赤緑白の色が鮮やかでした~(o ̄∇ ̄o)♪



33.
d0054276_19522233.jpg

34.
d0054276_19523482.jpg

35.
d0054276_19525033.jpg

迎春準備が終わったようなのでこれから集会場でお神酒かお茶等が出るのでしょうね~(*´∀`*)



36.
d0054276_1953275.jpg

ヒマラヤスギ マツ科ヒマラヤスギ属の常緑針葉樹
学名はCedrus deodara

鳥居の近くにヒマラヤスギがありました・・・・・
地面には球果が砕けたもの(種子)が散らばっていました~
タイミングが良ければバラの花に似たシダーローズが拾えるかも知れません・・・・・(*´∀`*)



37.
d0054276_19531382.jpg

38.
d0054276_19532833.jpg

39.
d0054276_19534291.jpg

40.
d0054276_19535399.jpg

41.
d0054276_19541222.jpg

世話人の人達が居なくなったので静かな境内で少しだけ写真を撮りました~



42.
d0054276_19542546.jpg

43.
d0054276_19544121.jpg

44.
d0054276_19545851.jpg

45.
d0054276_19551079.jpg

この薪はお正月のどんど焼き等に使われるのでしょうね~



46.
d0054276_19552475.jpg

一年間締めてあった注連縄がありました・・・・・
これも御札などと一緒に燃されるのでしょうね・・・・・



47.
d0054276_19553836.jpg

48.
d0054276_19555153.jpg

【平成30年祭典予定】
1月 1日午前10時 歳旦祭
    祭典後  四方拝
1月14日正午  左義長神事
2月17日午前10時 祈年祭
4月 5日午前10時 例祭
7月 7日午後 5時 夏越祭
9月30日午前10時 奉幣祭
11月23日午前10時 新嘗祭
【月次祭】
毎月第1土曜日午前10時
この神社には宮司が常勤していないので御朱印等は上記の日だけ書いて貰えるようです・・・・・

小さな神社は他にも多くありますがこの本荘神社が家から一番近い神社になるので時々は出掛けるつもりです~♪

明日は会社の大掃除なので終われば明後日から年末年始休暇になります・・・・・
金土日が休みの私は11連休になってしまいます~
行くアテもないのでのんびり近くを散策して過ごします・・・・・




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2017-12-27 20:57 | 神社仏閣 | Comments(18)

『虎渓山永保寺の紅葉風景・・・2』

昨日の続きで多治見市の永保寺で見た紅葉風景等を載せます・・・・・
国の名勝になっている永保寺庭園の風景と国宝の開山堂や土岐川の見える紅葉風景も写しました~

同じ虎渓山の塔頭寺院の保寿院・続芳院・徳林院も散策して写真を撮りましたが毎年載せているので今年は載せませんでした・・・・・


1.
d0054276_20253693.jpg

永保寺庭園のこの場所から見える風景が一番綺麗に思えます~
天気が良く水面も穏やかでした・・・・・(*´∀`*)

昨日書いたように12月1日から1週間は雲水(修行僧)の修行がされているので観光バス等で来られる団体客は立ち入り禁止になっていましたので観光客がとても少なく写真撮影にはラッキーでした~



2.
d0054276_2025457.jpg

3.
d0054276_20255442.jpg

梵音巌が左に見えて国宝の観音堂と無際橋が見える贅沢な光景です~



4.
d0054276_2026558.jpg

5.
d0054276_20261618.jpg

池に沿って少し歩くと開山堂が見えてきます・・・・・


6.
d0054276_2026255.jpg

振り返ると無際橋が真横から見えました~♪



7.
d0054276_20263439.jpg

8.
d0054276_20264681.jpg

国宝の開山堂です・・・・・
塀があるのでこれより先には近寄ることができません~

入母屋造檜皮葺きの建物で南北朝時代のものです・・・・・
永保寺開創の夢窓国師および開山仏徳禅師の頂相が安置されています
方一間裳階付きの祠堂の前に方三間の昭堂が建ちこれらを相の間でつないで1棟とする特異な形式になっています・・・・・
昭堂の奥に前述の祖師の頂相を安置し奥の祠堂には開山の墓塔である石造宝篋印塔を安置しています昭堂は三手先の組物を詰組とし垂木を扇垂木として堂内は石敷きの土間に化粧屋根裏とするなど本格的な禅宗様の意匠になっています・・・・・



9.
d0054276_20265514.jpg

10.
d0054276_2027576.jpg

開山堂を後にして土岐川の近くまで歩いてみました~



11.
d0054276_20271510.jpg

境内には他にも池があります・・・・・
この池も木々が映り込んで綺麗でした~



12.
d0054276_2027244.jpg

13.
d0054276_20273594.jpg

14.
d0054276_20274468.jpg

15.
d0054276_20275499.jpg

16.
d0054276_2028441.jpg

17.
d0054276_20281417.jpg

境内を歩いていると土岐川が見えて来ます・・・・・



18.
d0054276_20282372.jpg

19.
d0054276_20283323.jpg

20.
d0054276_20284376.jpg

21.
d0054276_202855100.jpg

夏だったら川遊びをする人や釣りをする人の姿も見られるのでしょうが12月の川は静かに流れていました・・・・・



22.
d0054276_202965.jpg

23.
d0054276_20291544.jpg

紅葉もそろそろ終わりの時が近付いているようです・・・・・



24.
d0054276_20292449.jpg

黄葉ももうすぐ散って見られなくなるのでしょうね・・・・・



25.
d0054276_2029331.jpg

26.
d0054276_20294413.jpg

27.
d0054276_20295545.jpg

境内を囲む信長塀(瓦土塀)・・・・・



28.
d0054276_2030645.jpg

塀の上に見える山茶花の花・・・・・
塀の瓦に『虎渓山』と文字が見えますね~(o ̄∇ ̄o)♪



29.
d0054276_20301731.jpg

30.
d0054276_20303392.jpg

31.
d0054276_20311545.jpg

境内に見られた小さな門には家紋が二つありましたが一つは十六枚菊なので天皇陛下の御紋章でもう一方は五七の桐で皇后陛下の御紋章なので一般者が入られる門ではなさそうに思えました・・・・・



32.
d0054276_20312441.jpg

本堂の前を通り境内が見える高台へ向かいました・・・・・



33.
d0054276_20313362.jpg

坂道の途中から見えた永保寺の境内です~



34.
d0054276_20314214.jpg

手が届きそうな所に国宝の観音堂の屋根が見えました~
その先には永保寺庭園に掛かる無際橋(むさいきょう)が見えました・・・・・



35.
d0054276_20315190.jpg

虎渓山の塔頭寺院の保寿院・続芳院・徳林院に寄ってから駐車場への道を戻りました
途中で修行僧(雲水)達が周辺道路の清掃をしていました・・・・・



36.
d0054276_2032150.jpg

37.
d0054276_20321146.jpg

12月で足元は冷えているのに裸足に草鞋履きでした・・・・・
これも全て『修行』なのでしょうね・・・・・
修行僧と目が合ったので一礼してその場を後にしました~

ここから先日載せたモザイクタイル・ミュージアムのある多治見市笠原町へ向かいました

明日は午前中が天気が悪そうです
冬タイヤと一緒に新しく買った夏タイヤが来たと連絡があったので朝の内に受取に行ってから天気を見ながら近くを散策しようと思っています~





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2017-12-07 21:16 | 神社仏閣 | Comments(14)

『虎渓山永保寺の紅葉風景・・・1』

今年も多治見市の虎渓山(こけいざん)永保寺(えいほうじ)に行きました・・・・・
土曜日だったので毎年のように観光客や参拝客が多いと思いましたが寺に通じる小道に張り紙がしてあり12月1日から1週間は雲水が虎渓山専門道場で修行をしているので観光バスでの団体客の立ち入りが禁止されていました・・・・・
少ない人数だけが認められていたので来ていた人がいつもの1/10以下でした~
ですからのんびりと静かに散策ができました・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪

1.
d0054276_20375987.jpg

この通路の手前に『修行の為団体客ご遠慮下さい』の張り紙がありました~



2.
d0054276_20381481.jpg

3.
d0054276_20382427.jpg

4.
d0054276_20383371.jpg

5.
d0054276_20384668.jpg

永保寺(えいほうじ)は岐阜県多治見市にある臨済宗南禅寺派の寺院で山号は虎渓山(こけいざん)と言います~
雲水の修行道場(僧堂)の虎渓山専門道場を併設しています・・・・・
美濃七福神の一つ(寿老人)にもなっています~

2003年9月10日に本堂、大玄関、庫裏が火災で焼失しましたが2007年8月29日に庫裏(約520m2)が再建され完成式が行われました・・・・・
一般に本堂と呼ばれる方丈華藏庵と唐破風の大方玄関は平成23年4月18日に竣工されました~♪



6.
d0054276_20385747.jpg

7.
d0054276_2039763.jpg

8.
d0054276_20391877.jpg

境内の手入れされた砂紋を平気で踏んで歩く人が見られました・・・・・
結構年齢の高い人でしたが観光だけに来られているのか境内にある色々なものに対して知識が無さ過ぎますね・・・・・
他の寺院でも枯山水や石庭を話しながら横切る若者達を見た事がありました~(´;ω;`)



9.
d0054276_20393050.jpg

永保寺の大公孫樹です・・・・・
樹齢700年の大樹です~♪
平成15年の火災では大公孫樹も半分が焼けてしまったそうですが傷跡を感じさせることなく力強く色づく公孫樹には多くの人が励まされています・・・・・・



10.
d0054276_20394133.jpg

落ち葉を拾って持ち帰る人も見られました~



11.
d0054276_20395280.jpg

12.
d0054276_2040649.jpg

虎渓山専門道場です・・・・・
この中で雲水達が修行をされている最中のようです・・・・・



13.
d0054276_20401726.jpg

14.
d0054276_20402784.jpg

15.
d0054276_20403878.jpg

16.
d0054276_20404982.jpg

17.
d0054276_2041122.jpg

18.
d0054276_20411299.jpg

19.
d0054276_20412365.jpg

20.
d0054276_2041346.jpg

21.
d0054276_20414779.jpg

永保寺の鐘楼です・・・・・



22.
d0054276_2041587.jpg

23.
d0054276_20421193.jpg

この永保寺庭園は国の名勝になっています・・・・・
奥に見える観音堂は国宝になっています~
一重裳階(もこし)付き入母屋造檜皮葺きの仏殿で南北朝時代のものです・・・・・
『水月場』とも称し本尊の聖観世音菩薩坐像が安置されています~



24.
d0054276_20422174.jpg

信長塀(瓦土塀)が見られます・・・・・
私が知っていて見ている信長塀は3箇所(全て禅宗の寺)ですがここのものが一番長いです~
美しさでは岐阜市の大智寺のものが一番のような気がします・・・・・



25.
d0054276_20423274.jpg

26.
d0054276_20424563.jpg

信長塀と紅葉風景もいいですね~(*´∀`*)



27.
d0054276_20425827.jpg

28.
d0054276_20431091.jpg

一休みする楓の葉・・・・・



29.
d0054276_20432265.jpg

30.
d0054276_20433268.jpg

31.
d0054276_20434410.jpg

32.
d0054276_20435411.jpg

33.
d0054276_2044464.jpg

34.
d0054276_20441828.jpg

永保寺庭園の梵音巌が岩山の上に見えます・・・・・



35.
d0054276_204428100.jpg

永保寺庭園の無際橋はカメラマン達が集まる場所です~



36.
d0054276_2044405.jpg

無際橋と観音堂が見られる風景を撮るカメラマンも多いです
この日は人が少なくてゆっくりできました~



37.
d0054276_20445146.jpg

38.
d0054276_2045385.jpg

39.
d0054276_20451424.jpg

明日も永保寺の続きを載せたいと思います~
明日は紅葉風景を多く載せます・・・・・

今日は冷えました
西の空に雪雲のような雲が広がっていましたが雪にはならず雨が少し降りました
伊吹山も霞んでいて冠雪の状態は見られませんでしたがきっと晴れていたら青空に真っ白な伊吹山が見られた事でしょう~

今週末は天気の悪い日が続きそうです・・・・・゚(゚´Д`゚)゚




(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2017-12-06 21:26 | 神社仏閣 | Comments(8)

『大矢田(おやだ)神社と楓谷のヤマモミジ・・・』

24日(金曜日)の午後から美濃市にある大矢田神社のある大矢田へヤマモミジを見に行きました~
大矢田神社一帯の楓谷には約3000本のヤマモミジの原生林があり中には樹齢1000年以上の古木もあります・・・・・
1930年(昭和5年)に指定名称楓谷のヤマモミジ樹林として国の天然記念物に指定されました・・・・・
2004年(平成16年)には飛騨・美濃紅葉三十三選の一つに指定されています~

紅葉シーズンの土日には駐車場までの道路が大渋滞するほど混みますが金曜日だったので渋滞はありませんでした~
でも駐車場には多くの車が見られました(観光バスも数台来ていました・・・・・)


1.
d0054276_20253295.jpg

駐車場から参道に向かうとこの鳥居が見られます・・・・・



2.
d0054276_20254268.jpg

鳥居の先には楼門があります・・・・・

創建は孝霊天皇の時代と言われています
深山に悪竜が棲み付き困った里人が喪山の天若日子廟所(現・喪山天神社)に加護を祈ったところ建速須佐之男命を祀るよう夢告があったと言います・・・・・
その通り勧請を行うと建速須佐之男命が現れ悪竜を退治してくれました
平和を取り戻した里人は建速須佐之男命と天若日子命を祀る祠を建てました・・・・・

716年(養老2年)に泰澄大師はこの地(天王山)一帯を開基し天王山禅定寺と号しました
祠はその一部となり牛頭天王として習合されることになりました・・・・・
禅定寺は7坊を有していたようですが1556年(弘治2年)に戦火で焼失しその後に極楽坊と常泉坊の2坊のみ再興されました・・・・・

1870年(明治3年)に神仏分離・廃仏毀釈により牛頭天王を建速須佐之男命に戻して奉祀し大矢田神社に改称して極楽坊の社僧・真清氏が神官となりました・・・・・
護摩堂・鐘楼・観音堂など仏教施設は廃されましたが唯一この楼門(仁王門)が残されました
このため大矢田神社の中には仏教式の門が残っているのです~♪



3.
d0054276_20255199.jpg

4.
d0054276_202606.jpg

5.
d0054276_2026989.jpg

6.
d0054276_20261861.jpg

とても立派な楼門(仁王門)です・・・・・
楼門は1723年(享保8年)に再建されたもので美濃市指定文化財に指定されています~



7.
d0054276_20263090.jpg

8.
d0054276_20263992.jpg

9.
d0054276_20264879.jpg

10.
d0054276_2027084.jpg

楼門(仁王門)を潜ります・・・・・
毎年仁王像を撮っていたのですが観光客が記念撮影をしていたので通り過ぎることにしました~



11.
d0054276_202797.jpg

杉や檜と共に多くの山モミジが見られます・・・・・



12.
d0054276_20271941.jpg

13.
d0054276_20272942.jpg

14.
d0054276_20273830.jpg

15.
d0054276_20275046.jpg

16.
d0054276_2027593.jpg

国の天然記念物に指定されている『楓谷のヤマモミジ樹林』を散策します~
普通は『大矢田もみじ谷』と呼ぶ事が多いです・・・・・



17.
d0054276_2028943.jpg

18.
d0054276_20281929.jpg

19.
d0054276_20282855.jpg

20.
d0054276_20283887.jpg

振り返ると楼門が見られます~



21.
d0054276_20284980.jpg

22.
d0054276_20285765.jpg

ここから拝殿や本殿のある所まで石段を登ります・・・・・
右側に長い坂道もありますが行きだけは無理してもこの石段を登りました~



23.
d0054276_2029712.jpg

24.
d0054276_20291617.jpg

若い人達は平気で登って行きますが私は途中で立ち止まりながら登りました~(´;ω;`)



25.
d0054276_20292679.jpg

26.
d0054276_2029359.jpg

キノコなどを見ながら登りました~
こういうものが見られると疲れが少しは消えますね・・・・・(*´∀`*)



27.
d0054276_20294452.jpg

28.
d0054276_20295546.jpg

29.
d0054276_2030464.jpg

大矢田神社の拝殿です・・・・・



30.
d0054276_20301451.jpg

ここには多くの狛犬や石灯籠があるのでそれだけ撮っても記念になります~



31.
d0054276_20302337.jpg

32.
d0054276_20303397.jpg

拝殿の奥に本殿が見られます・・・・・
この本殿の近くに入る事はできません・・・・・



33.
d0054276_20304242.jpg

34.
d0054276_20305217.jpg

35.
d0054276_2031018.jpg

拝殿と本殿を繋ぐ渡りの場所になりますが一般の人は通ることはできません



36.
d0054276_20311499.jpg

37.
d0054276_20312499.jpg

38.
d0054276_2031338.jpg

39.
d0054276_20314364.jpg

本殿は江戸時代初期の1672年(寛文12年)に拝殿は1671年(寛文11年)に再建されたもので共に重要文化財に指定されています・・・・・



40.
d0054276_20315234.jpg

『大矢田神社のひんここまつり』に使われた人形です
室町時代から伝わる祭りで手作りの人形で演じられるもので社伝による須佐之男命が悪竜を退治する物語が演じられます・・・・・
悪竜退治の上演と並行して稲田姫と蝮の戦の糸操り人形劇を上演もされます~

何故『ひんここ』と呼ばれているのか定説はないようですがお囃子の中に『ヒンココ チャイイココ チャイチャイホーイ』と言う掛け声からと言う説からのように言われています~
岐阜県の重要無形民俗文化財に指定されていて毎年2回(4月第2土曜日と11月23日)に行なわれます~
私が行った前日に祭りがあったようでした・・・・・(´;ω;`)



41.
d0054276_2032599.jpg

42.
d0054276_20321449.jpg

43.
d0054276_20322523.jpg

色付いた山モミジを見ながら帰りは石段ではなく坂道を歩きました・・・・・



44.
d0054276_20323616.jpg

大矢田の山モミジがとても綺麗でしたのでたくさん写真を撮りました・・・・・
明日は山モミジをたくさん載せたいと思います~

この大矢田楓谷の山モミジはまだ暫くは見られそうです~
他にも紅葉がまだ綺麗に見られるところがありそうです・・・・・
12月に入っても紅葉散策がしたいです~(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-30)
(OLYMPUS E-620)
(ZUIKO DIGITAL 14-42 1:3.5-5.6)
(ZUIKO DIGITAL 40-150 1:4-5.6)
by shizenkaze | 2017-11-27 21:18 | 神社仏閣 | Comments(16)