カテゴリ:身近な自然の話( 2243 )

『関市武芸川町宇多院のカタクリの里』

今年は自然に咲く花の開花が例年より少し早いですね~
去年は21日頃に出掛けてカタクリの花より蕾が多かったところも今年は23日に出掛けると綺麗に花が咲いていました~

カタクリの里を散策しながらショウジョウバカマやカンアオイも見て楽しんでいましたが今の季節にはヒサカキの匂いが漂っていて苦手な人は嫌そうな顔をしながら歩いていました~
独特の匂いですが私はそんなには気にしません・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪


1.『片栗(カタクリ)』 ユリ科カタクリ属の多年草
学名はErythronium japonicum Decne.
d0054276_20272437.jpg

関市武芸川町宇多院(一色地区)の保木山地内でこの山の利権者の白寿会の皆さんの手で育てられ大切に保護され守られているカタクリです~
毎年出掛けて見ていますが去年は最初に出掛けたときは蕾だけでしたので毎週のように出掛けて3度行きましたが今年は最初から綺麗に咲いているカタクリが見られました~



2.
d0054276_20273597.jpg

3.
d0054276_20274556.jpg

4.
d0054276_20275698.jpg

カタクリの花弁の中に見られる『桜の花模様』が可愛いですね・・・・・
これはハッキリ見えるものと全く見られないものがあります~
この模様はハニーガイドと言います・・・・
日本語では蜜標と言ってミツバチや蝶達にここに蜜があると教えるサインです~♪



5.
d0054276_2028623.jpg

6.
d0054276_20281838.jpg

7.
d0054276_20283023.jpg

8.
d0054276_20284139.jpg

9.
d0054276_20285233.jpg

10.
d0054276_2029587.jpg

11.
d0054276_20291740.jpg

12.
d0054276_20292980.jpg

13.
d0054276_20294075.jpg

14.
d0054276_20295141.jpg

15.
d0054276_2030161.jpg

16.
d0054276_20301264.jpg

17.
d0054276_2030247.jpg

18.
d0054276_20303515.jpg

19.
d0054276_20304899.jpg

ここのカタクリの葉には斑入りが多いですが全く入らないところもあるようです~
今日出かけた各務原市の自然遺産の森に咲いていたカタクリの葉は全緑でした・・・・・



20.
d0054276_203142.jpg

21.
d0054276_2031178.jpg

22.
d0054276_20312744.jpg

23.
d0054276_20313979.jpg

24.
d0054276_20315120.jpg

25.
d0054276_2032218.jpg

26.
d0054276_20321742.jpg

27.
d0054276_20323099.jpg

花弁が反り返っている姿が可愛いですね~(o ̄∇ ̄o)♪



28.
d0054276_20324224.jpg

29.
d0054276_20325322.jpg

たくさんのカタクリが咲いています~
4月の半ばにはギフチョウが見られるようです・・・・・



30.
d0054276_2033373.jpg

31.
d0054276_20331650.jpg

32.
d0054276_20332816.jpg

陽の当たる場所にはカタクリが嬉しそうに咲いています~



33.
d0054276_20333971.jpg




34.『猩々袴(ショウジョウバカマ)』 メランチウム科ショウジョウバカマ属の多年草
学名はHeloniopsis orientalis
d0054276_20335117.jpg

カタクリの咲いている所にはショウジョウバカマもよく見られます~
でもショウジョウバカマがよく咲いている所にカタクリが咲くとは限りません・・・・・(´;ω;`)
ショウジョウバカマは以前はユリ科ショウジョウバカマ属でしたが新しい分類法ではユリ目メランチウム科ショウジョウバカマ属になりました・・・・・



35.
d0054276_2034158.jpg

36.
d0054276_20341361.jpg

37.
d0054276_20342664.jpg

ショウジョウバカマにもよく出逢います・・・・・
この場所とファミリーパークと山県市のカタクリの咲く所でも逢いましたが今日出かけた須衛湿原にも咲いていました~
カタクリも可愛いですがこのショウジョウバカマも可愛いですね・・・・・♪



38.
d0054276_20343749.jpg




39.『寒葵(カンアオイ)』 ウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草
学名はAsarum nipponicum
d0054276_20344974.jpg

カンアオイにも種類が多いですが詳しく判りませんのでカンアオイとして毎回紹介しています~



40.
d0054276_2035130.jpg

ギフチョウがよく現れるようなのでカンアオイがカタクリの群生地の中に見られました~
ギフチョウの幼虫の食草なのでこの辺りには探せば何カ所も見られます・・・・・



41.
d0054276_20351224.jpg

この日はここからファミリーパーク(岐阜市)を散策してから山県市大桑のカタクリを見に行きました

今日は初めて各務原市にある『須衛湿原』に行って今綺麗に咲いているシデコブシを見ながら散策をしてきました~
その帰りに自然遺産の森にも寄って暫く散策をしました・・・・・
少し山際なので桜は咲き始めでした~




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-03-24 21:10 | 身近な自然の話 | Comments(18)

『各務原浄化センターのモクレン達とハナノキの花・・・・・』

今日は朝から一日中雨が降っていました・・・・・
カメラ散策は無理なので家でカメラのメンテナンスをしていました~

今日は17日に出掛けて最後に寄った各務原市の浄化センターで写したものを載せました・・・・・
各務原の航空宇宙科学博物館がリニューアルされて24日に開館になりますので堤防の上から建物を見ながら走っていました~
暫くは混むので少し経ってから行こうと思っています・・・・・(o ̄∇ ̄o)♪


1.『白木蓮(ハクモクレン)』 モクレン科モクレン属の落葉高木
学名はMagnolia quinquepet
d0054276_20132167.jpg

彼方此方でハクモクレンが見られるようになりました~
花が白くてたくさん咲いているので家の庭や公園などに咲いていると遠くからでもよく見えますね~



2.
d0054276_20133835.jpg

3.
d0054276_20134978.jpg

4.
d0054276_201406.jpg

5.
d0054276_20141035.jpg

6.
d0054276_20142135.jpg

7.
d0054276_20143630.jpg

8.
d0054276_2014494.jpg

9.
d0054276_2015766.jpg

10.
d0054276_20151826.jpg

11.
d0054276_20153040.jpg




12.『辛夷(コブシ)』 モクレン科モクレン属の落葉高木
学名はMagnolia kobus
d0054276_20154119.jpg

ハクモクレンと比べると違いがすぐに判りますね・・・・・
この木は花が少しでした~(´;ω;`)



13.『紫木蓮(シモクレン)』 モクレン科モクレン属の落葉低木
学名はMagnolia quinquepeta
d0054276_20155177.jpg

普通にモクレンと言えばこちらを言います~
最近はハッキリ区別をするためにこちらをシモクレンと呼ぶようになりました・・・・・
ハクモクレンより花が開くのは少し遅いです~♪



14.
d0054276_2016210.jpg

15.
d0054276_20161293.jpg




16.『彼岸桜(ヒガンザクラ)』 バラ科サクラ属の落葉高木
学名はPrunus subhirtella Miq.
d0054276_20162333.jpg

春の彼岸の頃に開花するので彼岸桜と言われ3~4月に葉が出る前に約2.5cmの淡紅色花を開きます~ガクは下方がす少し膨らみ柄とともに短毛があります・・・・・
江戸彼岸(エドヒガン)に似ていますが花柱に毛はなく葉は倒卵形です~
自生していることもありますが中部地方以西の本州に多く植栽されます・・・・・



17.
d0054276_20163684.jpg

18.
d0054276_20164615.jpg

19.
d0054276_20165754.jpg

20.
d0054276_2017993.jpg

ここには多くの桜の品種が見られますがこの日に花が見られたのはこのヒガンザクラだけでした~



21.
d0054276_20172274.jpg

22.
d0054276_20174291.jpg




23.『花の木(ハナノキ)』 カエデ(ムクロジ)科カエデ属の落葉高木
学名はAcer pycnanthum
d0054276_20175564.jpg

日本の固有種で長野県南部・岐阜県南部・愛知県北東部の3県県境のおもに木曽川流域の山間湿地に自生し長野県大町市の居谷里湿原に隔離分布しています~
自生地は山間の川岸や湿原などの湿地で滋賀県の国の天然記念物に指定されているものは自生地から移植されたものと考えられています・・・・・
最近では街路樹や公園などに植栽されていることも多くなりました~



24.
d0054276_2018523.jpg

25.
d0054276_20181621.jpg

ハナノキの主な生育地の阿智川や木曽川支流域の低湿地は住宅、工場、ゴルフ場建設など近年急激に土地開発の対象となり、これによって多くのハナノキの生育地が消失し集団の分断・孤立化、小集団化が進んでいます・・・・・
現在では胸高直径5cm以上のハナノキが100個体を越える集団は長野県飯田市と岐阜県中津川市の2カ所だけになってしまい50個体に満たない集団が多くなっています・・・・・



26.
d0054276_20182743.jpg

27.
d0054276_20183727.jpg

28.
d0054276_20184868.jpg

29.
d0054276_2019155.jpg

30.
d0054276_20191235.jpg

31.
d0054276_20192481.jpg

岐阜には他では見られない樹木がありました
今では移植されて各地で見られますがナンジャモンジャの『ヒトツバタゴ』や『シデコブシ』とこの『ハナノキ』は元々は地域限定の樹木でした・・・・・
いつも見られると思って何もしなかった岐阜県からこう言う貴重な植物が減ってしまったのは残念に思います・・・・・



32.
d0054276_20193474.jpg

33.
d0054276_20194491.jpg

34.
d0054276_20195687.jpg

35.
d0054276_2020586.jpg

36.
d0054276_20201984.jpg

37.
d0054276_20203028.jpg




38.『周囲の風景~』
d0054276_20204340.jpg




39.『柄長(エナガ)』 スズメ目エナガ科エナガ属
学名Aegithalos caudatus
d0054276_20205559.jpg

鳴き声がするので見上げたらエナガがいましたがすぐに飛び去ってしまいました~



40.『小啄木鳥(コゲラ)』 キツツキ目キツツキ科アカゲラ属
学名はDendrocopos kizuki
d0054276_2021734.jpg

ここでもコゲラに逢えました・・・・・



41.
d0054276_20211995.jpg

42.
d0054276_20213017.jpg

43.
d0054276_20214457.jpg


週末は天気が良いようなので彼方此方に出掛けようと思います

桜の花も色々見られると思いますが今桜の木が消滅するかも知れないと話題になっていますね
クビアカツヤカミキリが大発生すれば日本の桜は見られなくなると言います・・・・・
繁殖力旺盛でこの虫がいると木を切らなくてはならないようです
それが天然記念物のものであってもシンボルになっているサクラでも・・・・・゚(゚´Д`゚)゚
散策していて異常を見つけたらすぐに連絡しようと思い携帯電話に関係施設の電話番号を入れました・・・・・

カタクリやショウジョウバカマ・・・・・
桜や花桃・・・・
ミズバショウやイワナシやイワウチワやザゼンソウ~
今年も出逢いたい花たちばかりです~(o ̄∇ ̄o)♪





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-03-21 21:09 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『河跡湖公園のシデコブシとネコヤナギと鳥達・・・・・』

17日に木曽川水園から河跡湖公園に向かいました・・・・・
ちょうど昼になったので以前出かけてメジロを見ながら食事をした喫茶店に入りましたがメジロは他の花のある所にでも行ったようで1羽も見られませんでした~

河跡湖公園のシデコブシが綺麗に咲いていました・・・・・
アカメネコヤナギやネコヤナギの花穂に見られる花が開いていたりハナニラが咲いていたりと春の風景になっていました~
鳥も少しでしたが見られました・・・・・


1.『幣辛夷(シデコブシ)』 モクレン科モクレン属の落葉小高木
学名はMagnolia stellata (Siebold & Zucc.) Maxim.
d0054276_20292016.jpg

2.
d0054276_20293656.jpg

3.
d0054276_20294744.jpg

4.
d0054276_20295820.jpg

日本の固有種で愛知県、岐阜県、三重県の一部にだけ分布する『周伊勢湾要素(東海丘陵要素植物群)』の1種で第三紀鮮新世のころにできた東海湖の沿岸地帯とシデコブシの分布域がほぼ-致しています・・・・・
養老山地東麓の扇状地と木曽川・庄内川流域と渥美半島などに分布し丘陵地域の水が浸み出す湿地などに自生しています・・・・・
連続的に分布する東濃地域以外はごく限られた場所に隔離分布しています・・・・・



5.
d0054276_20301030.jpg

6.
d0054276_20302176.jpg

7.
d0054276_20303277.jpg

園芸用の苗木などが市販されていて庭木や公園樹として見かけることも多い木ですが自生個体群は準絶滅危惧に指定されています・・・・・
岐阜県では1995年(平成7年)12月に『大気環境推奨木』のひとつに選定され栽培品が環境浄化や鑑賞用として利用されています~(*´∀`*)



8.
d0054276_20304211.jpg

9.
d0054276_20305440.jpg

開き始めの蕾~(o ̄∇ ̄o)♪



10.
d0054276_2031513.jpg

11.
d0054276_20311761.jpg

12.
d0054276_2031291.jpg

13.
d0054276_20314328.jpg

14.
d0054276_20315433.jpg




15.『赤芽猫柳(アカメネコヤナギ)』 ヤナギ科ヤナギ属の落葉性低木
学名はSalix × leucopithecia Salix
d0054276_20322785.jpg

2月に写した時には赤くて綺麗な花穂でしたが今は他のネコヤナギのようになっていました~



16.
d0054276_20323774.jpg

17.
d0054276_20325013.jpg

18.
d0054276_2033188.jpg




19.『黄鶺鴒(キセキレイ)』 スズメ目セキレイ科セキレイ属
学名はMotacilla cinerea
d0054276_20331310.jpg

20.
d0054276_20332443.jpg

21.
d0054276_20333693.jpg

22.
d0054276_20334740.jpg

23.
d0054276_20335786.jpg




24.『花韮(ハナニラ)』 ヒガンバナ科ハナニラ属の多年草
学名はIpheion uniflorum
d0054276_2034877.jpg

25.
d0054276_20342099.jpg




26.『河跡湖公園ではお馴染みの風景~』
d0054276_20343589.jpg

27.
d0054276_20344934.jpg




28.『猫柳(ネコヤナギ)』 ヤナギ科ヤナギ属の落葉低木
学名はSalix gracilistyla
d0054276_2035138.jpg

29.
d0054276_20351298.jpg

30.
d0054276_2035266.jpg

31.
d0054276_20353693.jpg

32.
d0054276_20354771.jpg

33.
d0054276_2036214.jpg

34.
d0054276_20361597.jpg




35.『四十雀(シジュウカラ)』 スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属
学名はParus minor
d0054276_20362779.jpg

36.
d0054276_20363873.jpg

37.
d0054276_20364914.jpg

38.
d0054276_2037161.jpg




39.『河跡湖公園の流れ・・・・・』
d0054276_20371450.jpg

40.
d0054276_20372596.jpg

41.
d0054276_20373882.jpg




42.『翡翠(カワセミ)』 ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属
学名はAlcedo atthis
d0054276_20374919.jpg

43.
d0054276_2038076.jpg

44.
d0054276_20381282.jpg

45.
d0054276_20382364.jpg




46.『目白(メジロ)』 スズメ目メジロ科メジロ属
学名はZosterops japonicus
d0054276_20383417.jpg

47.
d0054276_20384789.jpg

48.
d0054276_20385712.jpg

この公園は落葉樹が殆どなので今の季節は鳥を見るには便利です・・・・・
これから木々に葉が茂ると鳥の観察は難しくなります~(´;ω;`)

明日は春分の日で休みですが雨の一日になりそうです・・・・・
連れ合いは娘と買い物に出かけるようなので天気が良かったら何処かへ出かけるところですが雨では行けそうもないです~
またカメラのメンテをしたり1月に御朱印帳を買ったのでそれを入れる小さなバックでも作ろうかと思っています~♪





(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-03-20 21:08 | 身近な自然の話 | Comments(16)

『木曽川水園の春の花と鳥・・・・・♪』

今日は岐阜市のソメイヨシノの開花が発表されました~
朝から雨で今日は少し気温は低いですが桜の開花宣言が出ると何となく嬉しくなります~

今日は土曜日に出掛けた河川環境楽園の木曽川水園で見た花や鳥を載せますが久しぶりにヤナギ3種の花を載せることが出来ました・・・・・
それに草の陰でハッキリと撮れませんでしたが長い間見たかったキツツキ科のアリスイを見ることが出来ました~(*´∀`*)


1.『春蘭(シュンラン)』 ラン科シュンラン属の多年草
学名はCymbidium goeringii
d0054276_2028277.jpg

2.
d0054276_20283791.jpg

3.
d0054276_20284861.jpg

4.
d0054276_20285839.jpg

5.
d0054276_2029964.jpg




6.『片栗(カタクリ)』 ユリ科カタクリ属の多年草
学名はErythronium japonicum Decne.
d0054276_20292172.jpg

7.
d0054276_20293259.jpg




8.『日向水木(ヒュウガミズキ)』 マンサク科トサミズキ属の落葉低木
学名はCorylopsis pauciflora
d0054276_20294388.jpg

9.
d0054276_20295243.jpg

10.
d0054276_2030283.jpg

11.
d0054276_20301298.jpg

12.
d0054276_20302518.jpg




13.『山茱萸(サンシュユ)』 ミズキ科ミズキ属の落葉小高木
学名はCornus officinalis Sieb. et Zucc
d0054276_20303735.jpg

14.
d0054276_20304763.jpg

15.
d0054276_20305784.jpg




16.『雪柳(ユキヤナギ)』 バラ科シモツケ属の落葉低木
学名はSpiraea thunbergii
d0054276_2031988.jpg

17.
d0054276_20312588.jpg

18.
d0054276_20315967.jpg

19.
d0054276_20321350.jpg




20.『諸喝采(ショカッサイ)』 アブラナ科オオアラセイトウ属の越年草
学名はOrychophragmus violaceus
d0054276_20322356.jpg

21.
d0054276_20323544.jpg

22.
d0054276_20324611.jpg

23.
d0054276_2032577.jpg




24.『雲竜柳(ウンリュウヤナギ)』 ヤナギ科ヤナギ属の落葉高木
学名はSalix matsudana var. tortuosa
d0054276_2033754.jpg

25.
d0054276_20332172.jpg

26.
d0054276_20333244.jpg




27.『絹柳(キヌヤナギ)』 ヤナギ科ヤナギ属の落葉小高木
学名はSalix kinuyanagi Kimura
d0054276_20334167.jpg

28.
d0054276_20335240.jpg

29.
d0054276_2034523.jpg

30.
d0054276_20341578.jpg




31.『枝垂柳(シダレヤナギ)』 ヤナギ科ヤナギ属の落葉高木
学名はSalix babylonica
d0054276_20342836.jpg

32.
d0054276_20343823.jpg

33.
d0054276_20344998.jpg




34.『河原鶸(カワラヒワ)』 スズメ目アトリ科ヒワ属
学名はCarduelis sinica
d0054276_2035168.jpg

35.
d0054276_20351246.jpg




36.『山雀(ヤマガラ)』 スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属
学名はParus varius
d0054276_20352315.jpg

37.
d0054276_20353380.jpg

38.
d0054276_20354320.jpg




39.『青鵐(アオジ)』 スズメ目ホオジロ科ホオジロ属
学名はEmberiza spodocephala
d0054276_20355468.jpg




40.『尉鶲(ジョウビタキ)』 スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属
学名はPhoenicurus auroreus
d0054276_2036476.jpg

41.
d0054276_20361643.jpg

42.
d0054276_20362815.jpg




43.『蟻吸(アリスイ)』 キツツキ目キツツキ科アリスイ属
学名はJynx torquilla
d0054276_20364268.jpg

44.
d0054276_20365286.jpg




45.『お馴染みの木曽川水園下流部風景~』
d0054276_2037597.jpg

46.
d0054276_20371697.jpg

47.
d0054276_20372580.jpg

48.
d0054276_20373717.jpg

今日は色々な花と鳥を載せました~
この木曽川水園は私にとって一番親しみのある自然公園です・・・・・

明日はここから寄った河跡湖公園のシデコブシが見られる風景を載せる予定です~




(OLYMPUS E-30)
(ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5.6)

(OLYMPUS STYLUS SP-100EE)
by shizenkaze | 2018-03-19 21:06 | 身近な自然の話 | Comments(14)

『黄連(オウレン)と寒葵(カンアオイ)と・・・・・』

岐阜薬科大学の薬草園に咲いているセリバオウレンやバイカオウレンを少し前にも撮りましたが思うように撮れなかったので先日出かけて再度撮りました~
近くにカンアオイも見られましたので撮りました・・・・・
オオイヌノフグリやハコベも春の花として綺麗に可愛く咲いて周囲を明るくさせていました~♪


1.『芹葉黄連(セリバオウレン)』 キンポウゲ科オウレン属の多年草
学名はCoptis japonica var.dissecta
d0054276_20351931.jpg

セリバオウレンには雄花と雌花と両性花がありますが今回もよく探しましたが雌花は見つけられませんでした・・・・・・・
写真の花は両性花です~♪



2.
d0054276_20353028.jpg

3.
d0054276_20354043.jpg

4.
d0054276_20355333.jpg

5.
d0054276_2036370.jpg

雄花も多く咲いていました~
シベが綺麗です・・・・・♪



6.
d0054276_20361555.jpg

7.
d0054276_20362680.jpg

8.
d0054276_20363695.jpg

9.
d0054276_20364830.jpg

両性花にはオシベとメシベが見られます~



10.
d0054276_20365977.jpg

11.
d0054276_20371116.jpg

12.
d0054276_20372393.jpg

同じ株なのに両性花と雄花が見られるタイプもありました・・・・・
植物って不思議なことが多いですね~♪



13.
d0054276_20373525.jpg

14.
d0054276_20374779.jpg

15.
d0054276_20375775.jpg

16.
d0054276_2038823.jpg

17.
d0054276_20382115.jpg

18.
d0054276_20383387.jpg

19.
d0054276_20384541.jpg

20.
d0054276_2038561.jpg

21.
d0054276_2039631.jpg

22.
d0054276_20391622.jpg




23.『梅花黄蓮( バイカオウレン)』 キンポウゲ科オウレン属の多年草
学名はCoptis quinquefolia
d0054276_20392992.jpg

キンポウゲ科の植物には花弁に見える部分が萼片のものが多いです~
このバイカオウレンも花弁のように見えるものは萼片で実際の花弁は黄色い部分になります・・・・・



24.
d0054276_20394014.jpg

25.
d0054276_20395186.jpg

26.
d0054276_2040230.jpg




27.『寒葵(カンアオイ)』 ウマノスズクサ科カンアオイ属の常緑の多年草
学名はAsarum nipponicum F. Maekawa
d0054276_20401330.jpg

カンアオイの葉はギフチョウの幼虫の食草になっています~
カタクリが咲く頃に岐阜の山裾ではギフチョウの姿が見られ始めます・・・・・
今年もあの姿を見たいです~♪



28.
d0054276_20402415.jpg

29.
d0054276_20403596.jpg

30.
d0054276_20404628.jpg




31.『大犬の陰嚢(オオイヌノフグリ)』 オオバコ科クワガタソウ属の越年草
学名はVeronica persica
d0054276_20405734.jpg

『瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳』と呼ばれる花ですが和名は『大犬の陰嚢(オオイヌノフグリ)』です~
実の形が犬の陰嚢に見えるから付けられたようですが植物学者様はそんな気持ちで眺めていたのですね・・・・・
もし初めから瑠璃唐草なんて付けられていたのだったら植物学者が詩人のように後世に伝えられたでしょうね~(*´∀`*)



32.
d0054276_2041743.jpg

ツクシと一緒に見られることも多いですね~(o ̄∇ ̄o)♪



33.
d0054276_2041196.jpg

34.
d0054276_20413245.jpg

35.
d0054276_20414455.jpg

36.
d0054276_2041563.jpg

37.
d0054276_2042741.jpg

38.
d0054276_20421740.jpg

39.
d0054276_2042294.jpg

以前はゴマノハグサ科でしたが今はオオバコ科になっています・・・・・
最近は遺伝子などから植物の分類法が変更になっているようですが昔の分け方の方が良かったような気がします~



40.
d0054276_20424016.jpg




41.『小繁縷(コハコベ)』 ナデシコ科ハコベ属の越年草
学名は Stellaria media (L.) Villars
d0054276_20425318.jpg

ハコベの仲間は日本には約18種あるようですが全部を区別するのは到底無理な話です~
普通見られるハコベがこのコハコベですが他にミドリハコベやウシハコベがあります・・・・・
春の七草に入っているハコベはこのコハコベです~♪



42.
d0054276_2043389.jpg

43.